阪神タイガース5○1埼玉西武ライオンズ〜甲子園・1回戦

【西】西口−星野−●小野寺−岡本真−岡本篤
【神】上園−○久保田−ウィリアムス−S藤川

【勝ち投手】久保田(2勝1敗)
【負け投手】小野寺(1勝2敗)

阪神タイガース通算成績 31勝15敗1分 対ライオンズ 1勝


今日の先発は今季初めて一軍に上がってきた上園。
先週の火曜日のウエスタンで先発していたゾノを見たときは、
去年のようなマウンドでの躍動感もないし、球も荒れ放題だったので、
一軍のマウンドはもう少し遠いかなと思ったんですが…やってくれるね。

パ・リーグの首位をひた走る西武相手に6回5安打1失点、5奪三振。
初回こそ満塁のピンチを作ったけど、2回は三者連続三振で立ち直り、
3回以降は去年幾度となく胸躍らされた強気のピッチング!

6回こそ中島の2ベース、G・G佐藤のレフトタイムリー2ベースで、
失点したものの、ファームで1勝4敗の成績しか残せなかった男が、
即先発で、この出来栄え。次回も期待してもいいでしょ♪

打線は西武先発・西口の前に0行進だったのですが、
西口が降板した直後の7回、ライオンズリリーフ陣を攻略!

タイガースに流れがやってきた7回の先頭、鳥谷がセンター前ヒットで出塁、
野口さんがきっちり送り得点圏へ送り、1死二塁の同点のチャンス。
しかし続く関本があっさりピッチャーフライに倒れ、2アウト。
同点へ追いつきたいベンチは9番久保田に代え、代打の一番手、葛城投入。

春先は調子がよかったものの、最近はスタメンをひーやんに譲る日々。
今日はイクローさんが燃えた。センター前の同点タイムリーを放ち同点。

打順は一番にかえり、昨日の殊勲者・赤星。今日もナイスバッティング!!
初球から叩い打球は、センター前へ抜ける逆転のタイムリー。
ゾノの失点を作るきっかけを作った6回の不味い守備で、
足を引っ張ってしまって申し訳ないと、試合後も悔やんでいた選手会長。
選手会長のその熱い気持ちはゾノにはしっかり届いただろうし、
ゾノ自身も次回は今日以上のナイスピッチを魅せてくれるでしょ。

このあと、平野がフォアボールを選び、小野寺を引き摺り下ろし、
去年までドラゴンズの中継ぎエースだった岡本登場!
その岡本までも粉砕!新井さんレフト前タイムリーで4点目!
アニキライト前タイムリーも飛び出し、この回は5点のビッグイニング!
今日も2アウトからの大逆転劇!なんか03年を見てるようだ…。

パ・リーグNO.1の好調ライオンズ打線も、今日は子猫ちゃん。
セ・リーグNO.1の投手陣を誇るタイガースには適わないようやね。
さぁ明日も日本シリーズ前哨戦第一ラウンドを連勝で飾りたいぞ!