阪神、メッセと安藤で完封リレー

阪神は六回、2死三塁から投失の間に1点を先制。この1点を守りきり完封勝ちした。

先発のメッセンジャーは5回を3安打無失点。2番手の安藤は4回4安打無失点と、ともに開幕へ向け順調。広島は先発のバリントンが5回を2安打無失点と、抜群の制球力でほぼ完璧な内容だった。(デイリー)


マートンの開幕絶望、久保、筒井のインフルエンザ、俊介も体調不良。開幕直前にして、暗雲が垂れ込めてきた新生・和田阪神。マートンの穴を埋めるべく、今日は林、柴田、伊藤隼太の3人が試合出場。3人とも1安打ずつ放つも、決定打にはならず。残り5試合のオープン戦でライト、ならびにセンター争いはどうなるのやら。。開幕戦を戦う中畑ベイスターズが、ラミレス、筒香が離脱、吉村も2軍落ちと他人事のように思っていたことが、我にも降りかかるとは…。外野はレフト・金本だけが当確。外野に救世主が現るのか…。

外野手争いに風雲急を告げる状態になったのとは裏腹に、先発投手陣はメッセンジャーに安藤が好投。先発のメッセンジャーは3回2アウトからヒットとフォアボールを与えてから若干制球を乱し、満塁のピンチを背負うも、梵を三振にピンチを脱すると、予定の5回を投げ3安打無失点ピッチング。メッセンジャーは開幕万全、大丈夫だ!

2番手の安藤も3年連続開幕投手の実績、エースとして君臨したピッチングを髣髴させる内容。メッセンジャーよりもよかったんじゃないかと思う今日のマウンド。4回を投げ4安打無失点。このオープン戦ではマウンドで踊るように投げる安藤が随所に見られ、13イニング連続無失点。相変わらずぶっきらぼうな感じだけど、内心はほくそ笑んでるはず。今日も低めのストレートが伸びに伸びていたし、2桁はいける気がする。今年の安藤は期待大。安藤も大丈夫だ。

今日から去年の正捕手・藤井が戦線復帰も、残りのオープン戦も開幕も小宮山でいいんじゃないかな。リードはまだまだなところがあるかもしれないけれど、開幕は小宮山を使ってやることで他の若手も奮起する。さぁ残りのオープン戦。救世主となる若手よ、出て来い!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1○0広島東洋カープ〜高松

【広】バリントン−●大竹
【神】メッセンジャー○安藤

【勝ち投手】安藤(1勝)
【負け投手】大竹(1敗)

阪神タイガースオープン戦成績 5勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!