ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が21安打15点でOP戦初戦大勝

阪神打線が21安打で15得点と大当たり。今年のオープン戦初戦を大勝で飾った。

日本ハム先発は開幕投手候補の武田勝だったが、阪神打線は一回、新井良の左前適時打で先制点を奪う。二回には4連続長短打などで3点を追加すると、三回にも伊藤隼の中前適時打などで2点。武田勝から3回で6点を奪った。その後も攻撃の手を緩めず、得点を重ねた。

上本、大和の1、2番がともに3安打。4番の新井良は2安打がともにタイムリー。新外国人のコンラッドは五回に右翼席に、オープン戦チーム1号となる2ランを放った。

投手陣は先発の岩田が3回1失点も、毎回走者を背負う不安定な内容。2番手の伊藤和、3番手の白仁田、4番手の高宮もそれぞれ失点し、課題が残った。(デイリー)


今日からオープン戦開幕。今キャンプは練習試合で既に6試合戦ってはいるものの、オープン戦という声を聞くと開幕前もあと1か月なんだな・・・と気持ちも少し引き締まったり。今段階はまだ勝敗にはこだわらなくてはいいものの、若手が奮起して勝つには越したことはないし、若手には自信になるし、レギュラー陣にはいい発奮材料になるし、内容のある試合を、身になる試合をお願いします。

オープン戦開幕の相手は北海道日本ハム。前回の練習試合では先発の岩本がWBCメンバー相手に結果を残し、大和、良太が大暴れしたのは記憶に新しいところ。今回も若手主体のファイターズでしたが若虎が大暴れしてしまいました。

ファイターズ先発は開幕候補であろう武田勝。初回、先頭の上本がヒット&二盗塁でチャンスを作ると、4番の良太が内角近めのストレートを強引にレフトへ引っ張り込んで先制打。2回には小宮山、黒瀬、上本、大和の4連打で3点をもぎ取り、3回にはマートンのレフトへの2塁打、コンラッドのレフト前ヒット、伊藤隼がセンター前タイムリー、黒瀬の内野ゴロの間にもう1点を取り、武田勝相手に9安打6得点を浴びせ倒し、名護球場は大盛り上がり。

5回にはさらにマートンのセンター前ヒットから、コンラッドが打ってくれ!と言わんばかりの真ん中ストレートを見逃さずにライトスタンドへ弾丸ライナーで飛び込む2ランホームラン!6回にも大和、柴田、良太、俊介の4連打で2点、さらに伊藤隼がセンターへ2点タイムリーを放ち、6回終了時で12得点。トドメは8回、ヒットと2つのフォアボールで満塁にしたところを坂がライトへ走者一掃の3点3ベース!終わってみれば21安打15得点。前回の練習試合でも14安打7得点をファイターズ投手陣に浴びせ倒した阪神打線。交流戦の時分には様相は変わってるだろうけど、ファイターズを圧倒しているのはチームとしていいイメージが残せたと思うし、ええんちゃうかな。去年の交流戦では4戦全敗だっただけに、今年はファイターズに対してギャフンと言わさなね。

打線はホクホクな話題が連日出てくるのに対し、投手陣がやっぱり心配。先発した岩田は3回3安打1失点。数字だけ見れば及第点をあげたいところだけど、立ち上がりが相変わらず悪いし、2アウトからフォアボールを出してしまうのが・・・。投げた3イニング、毎回走者を背負う内容だったし、まだまだかな。2番手の伊藤和も前回の巨人戦では2回無失点だったけど、今回はまた制球定まらず2回3安打2四球で2失点。内容が残せてないのは伊藤和に限らず、3番手の白仁田も4番手の高宮も共に失点。中継ぎ陣はちょっと厳しいなぁ。。受けるキャッチャーにも問題はあろうかと思うけど、中西コーチは頭が痛いところ。。

明日は浦添へ移動して東京ヤクルトとプレ開幕戦。神宮で開幕を迎えるに当たり、ヤクルトさんには嫌な印象を植え付けたいし、そのためにはしっかり勝たねばね。今年の阪神は違うぞ!ってところも見てもらいましょう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ6○15阪神タイガース〜名護

【神】○岩田−伊藤和−白仁田−高宮−藤原
【日】●武田勝−新垣−乾−植村−鍵谷−矢貫

【勝ち投手】岩田(1勝)
【負け投手】武田勝(1敗)

〜ホームラン〜
【神】コンラッド1号2ラン(5回オモテ・新垣)
【日】杉谷1号2ラン(8回ウラ・高宮)