阪神がオープン戦3連勝

阪神が序盤のリードを守りきり、引き分けを挟んで3連勝とした。

先発のメッセンジャーは4回を投げて2安打無失点と安定感のある投球を見せた。2番手の福原、3番手の加藤が1回を、4番手の伊藤和は2回を投げ、いずれも無失点だった。

九回に登板した5番手の二神は1死から高橋周に右越え三塁打を浴び、続く代打・野本の右犠飛で1点を失った。

打線は一回2死一、二塁からマートンが中前適時打を放って先制。二回は1死三塁から坂が右翼へ犠飛を放った。

1番の西岡、5番のマートンが2安打をマーク。7番の伊藤隼は2本の内野安打を含む3安打と結果を残した。(デイリー)


今日から甲子園5連戦。昨日に引き続いて同一リーグのドラゴンズと対戦。

先発マウンドはメッセンジャー。4回を投げ2安打無失点。いつでも開幕OKと言ったところ。ストレート、変化球ともキレ良し。今年の打線は西岡を筆頭にガンガン打ってくれそうな雰囲気が漂ってるだけに先発ローテの軸として、15勝くらいは勝たせてあげないと。。。昨季のような最少失点で抑えても、何故か負け投手になってる不憫なシーズンにはさせてはいけない。ランディは最多勝争いの出来るピッチャー。最多勝争いをさせてやらねば!

打線は甲子園初登場の西岡が2安打1フォアボールと全打席出塁。第1打席のレフト前ヒットをきっかけに良太のフォアボールからマートンのセンター前タイムリーを呼び込む、ナイス足掛かり!西岡が憧れのタテジマ、大好きな甲子園でハツラツとしていれば、マートンも虎の安打製造機の異名をとられてはなるまいと、今年にかける思いが伝わってくる。素人目から見てもスイングがよくなってるように思う。コンパクトに力強くスムーズに、214安打を放ったシーズンを思い出させるスイング。解説者の方々が口を揃えて、今年のマートンはやるぞ!と言うように、力強さが伝わってきます。今年は西岡が出て、大和が送り、トリが歩き、良太、マートン、福留で還す野球がたくさん見れそうな、打線としてスムーズに点数が取れる流れのいい攻撃が出来そう。新井さんの肩、腰の調子が良くなって帰ってきても割り込む余地はあるのかな・・・。

投壊気味だった中継ぎも福原、加藤と言ったベテランどころがビシッと抑えれば、不安定さが残る伊藤和も2回を1安打無失点で結果を残し、最終回を任された二神も失点はしたものの、サイドに変更して球威も上がったように思うし、コントロールの精度も上がったと思う。キャンプの時の二神は少し厳しいかな・・・と思ったけど、サイドに変更してシックリ来ているところを見ると、ちょっと化けそうな期待が持てる。二神は面白い存在になるかも。

ドラゴンズにオープン戦と言えども連勝!昨日は13−5と大勝し、今日は2−1と僅差をモノにした勝利。去年もドラゴンズには負け越し。今年こそは勝ち越したいシーズン。ドラゴンズはブランコが抜けた分、数少ない長打がいなくなったのが好材料?新外国人は3選手とも長打で打ち負かすような雰囲気はないし、怖さもなさげ。ピッチャーは相変わらずいいので、大味なゲームはあまりないと思うけど、今までドラゴンズにやられていた野球を今年はタイガースがやり返してそうな感じがする。西岡、福留、コンラッドにナゴヤアレルギーがないのも力強いかな。優勝するにはナゴヤとドラゴンズに勝つこと。今年はナゴヤでいくつ勝てるかな・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2○1中日ドラゴンズ〜甲子園

【神】○メッセンジャー−福原−加藤−伊藤和−S二神
【中】●西川−武藤− 高橋聡−岩瀬

【勝ち投手】メッセンジャー
【セーブ】二神
【負け投手】西川