投打かみ合い虎5連勝!スタン4勝目

阪神が投打がかみ合い、連勝を5に伸ばした。

一回1死二塁から、鳥谷が中前へ先制の適時打を放った。三回にはマートンが2試合連続本塁打となる7号3ランを右翼席へと放ち、4‐0とした。五回には新井の左中間適時二塁打で加点。九回には高山の2号ソロで加点した。

先発のスタンリッジは7回5安打1失点で、5月7日の巨人戦以来となる4勝目を挙げた。三回まで毎回走者を二塁へ進めたが、粘りの投球で無失点でしのいだ。五回、2死三塁から途中出場の佐藤の内野安打で1点を与えたが、なおも2死一、二塁のピンチではアブレイユを空振り三振に斬った。

スタンリッジはヒーローインタビューで「(打線が)たくさん打ってくれて、本当にうれしい。リードをもらった中で投げられるのは気持ちがいい。きょうのピッチングは満足できるものではなかったが、チームの勝利に貢献できてうれしい」と、笑顔で話した。(デイリー)


投打ガッチリとは今日みたいな試合のことを言うのだ!今季2度目の5連勝!首位がっちりキープであります!今季の日ハムとの交流戦は今日の勝ちで3戦負けなし。去年1勝もできなかったので、明日勝って去年の屈辱を晴らさないと。

打線は好調そのもの。電光石火の攻撃とはこのこと。初回、先頭の西岡が初球を叩いてセンター前ヒット、続く大和が送り、1死2塁の場面を作れば、3番鳥谷がセンター前へはじき返して、鮮やかに先制点。たった5球の間に1点先制。ハムの先発・吉川はなんのこっちゃ分からんかったんちゃうかな。それほどの速攻劇。

3回には1死から大和がライト前ヒット、鳥谷がストレートのフォアボールを選べば、マートンがライトポール際へ2試合連続の7号3ラン。4番の一振りでハムを突き放す4点目を奪えば、先発のスタンリッジも楽々ピッチング!

毎回のようにランナーを背負うスタンリッジでしたが、今日は低めにコントロールされ7回を投げ5安打4つのフォアボール。失点は5回に失点の1点のみの力投。7回に100球を超え、1アウトから2つのフォアボールを出したところを首脳陣に限界と見られたのか、この回で降板。球数的にはラストまで狙えたように思えたし、7回の2つのフォアボールも微妙な判定が重なってのものだったし・・・スタンリッジ本人は最後まで…という気持ちがありそうな感じでしたが、次回登板のことや明日の試合のことを考えれば妥当だったのかな。代え時というのは難しい。

9回には移籍してきた高山がバックスクリーンへトドメの2号ソロを放ち、継投も福原、加藤とビシッと決まり試合終了。

札幌ドームでは5連敗中だったこともあり、北海道の虎党には嬉しい一夜になったんじゃないかな。さぁ、もう一戦勝ってファイターズ戦全勝といきますか!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ1○6阪神タイガース〜札幌ドーム・3回戦

【神】○スタンリッジ−福原−加藤
【日】●吉川−モルケン−鍵谷−根本  

【勝ち投手】スタンリッジ(4勝5敗)
【負け投手】吉川(5勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン8号2ラン(3回オモテ•吉川)高山2号ソロ(9回オモテ•根元)

阪神タイガース通算成績 35勝22敗2分 対ファイターズ 3勝