猛虎Japan!

カテゴリ : ファーム公式戦

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
城島2軍戦で有終タイムリー

今季限りでの引退を表明した阪神城島健司捕手(36)が、ウエスタン・リーグ、オリックス戦に「3番捕手」で出場した。引退試合で1回限定でマスクをかぶり、家族と1700人を超えるファン、チームメートが見守る前でのラストゲームで勇姿を披露した。

一塁ベースに到達する前に、視界がかすんだ。最後の打席は1回無死一、二塁。2ストライクから投手の横を抜ける中前適時打だ。3人の子どもたちから花束を受け取ると、その目はさらに赤みを帯びた。同僚安藤、オリックス新井2軍監督から花束を贈られ、歓声に手を上げて応えた。

「プロに入っての初ヒットがセンター前で、タイムリーだったんですよね。最後のプロのヒットもセンター前で。18年間、引っ張りで、基本に忠実なバッティングはしていなかったんですけど、やめるときになって、素直なバッティングができました」

代走を送られると投手キャプテンの藤川が歩み寄る。城島のヘルメットを脱がせると、そっと土の上に置いた。本塁付近に導かれ、チームメートの手で7度、宙を舞った。「試合を止めたくなかったけど。みんなのそういう気持ちがうれしかった」とサプライズの胴上げを喜んだ。

投球練習の最後には「バズーカ」とたとえられた二塁送球を披露。「野球人の血が騒いで。投げた結果、激痛です。一時、さおを持てないです、これは」と大好きな釣りを持ち出して笑った。「胸を張ってユニホームを脱ぎます」と、最後まで捕手であり続けながら、ユニホームに別れを告げた。(ニッカン)


城島健司の引退試合を観に鳴尾浜へ行ってきました。鳴尾浜は異例の8時開門、9時には内野スタンドが埋まり、すぐに入場規制がかかったスタンド。入りきらないファンのために、通常は使用しない外野スタンドも開放し、観衆は下さんの最後の試合を上回る1717人。タイガースの3年間は結局のところ1年間だけの活躍に終わったけど、ダイエー・ソフトバンク、マリナーズ、阪神と歩んだ18年間のプロ人生はやはり偉大。城島クラスのキャッチャーは将来的には出てくるだろうけど、しばらくは出ないだろう。阪神の最後の2年間はリハビリだけに終わったけど、こんなにファンを集めたのはやっぱり城島が愛された証拠。18年間本当にご苦労様と言いたい。

試合は3番・キャッチャーで先発出場。城島のマスク姿もこの日で見納めとなるわけだけど、見ている限りではまだまだ頑張れるんじゃないかと。肘もひざも普通に動かせてるじゃないかと思うんだけど、先発した秋山とのピッチング練習の後、セカンドへスローイングした際に本人曰く「激痛が走って、現実に引き戻された」とのこと。3年前の大活躍を見て、まさか3年後引退ということになろうとは・・・。誰が信じたかね。

最後の守備機会となった1回オモテの守りは1番の安達をライトフライ、2番の森山はピッチャーゴロ、そして3番の由田を空振り三振。最後は捕球を弾いてしまい一塁へ送球して最後の守備機会となりました。

打つほうは1回ウラ、オリックス先発・古川から一二三がレフト前ヒット、柴田がデッドボールで無死1・2塁。続くは城島。打席に立つ前の素振り、屈伸運動、ネックレスへのキス。見慣れたルーティーンで打席に入ると、ファンからの大声援、後輩からのお膳立てに応えるようにセンター前へ先制タイムリー!相変わらずの勝負強さ、一塁上でのドヤ顔。いつもの城島の姿がありました。

本来ならばフルイニング打って、守って…と言いたいところだけど、身体がボロボロな城島。ここで代走を送られ、お役ごめん。18年間の現役生活にピリオドとなりました。本塁上で安藤とオリックス監督でホークスでも一緒だった新井監督から花束贈呈、そして家族からの花束に涙。前日の引退会見で城島家の家訓では人前で涙を見せてもいいのは4度だけと言ったにも関わらず、2日続けて涙したジョー。本人はあれは涙じゃないって言い放ってますが、あれは泣いてました(笑)このあと、ファームで調整中の球児が音頭を取り胴上げ。7回宙に待って、城島の最後の姿となりました。

城島との思い出といえば敵として戦った2003年のダイエーとの日本シリーズ。内弁慶シリーズで甲子園で王手をかけながら福岡で連敗してV逸。「城島のいるホークスともう1度戦って日本一になろう」って「打倒・ホークス、打倒・城島」が合言葉になっていたのを思い出します。城島が移籍してきてからは2010年の開幕シリーズ2戦目。大阪ドームでのサヨナラホームラン。本塁への生還では何故かヘッドスライディング(笑)ヒーローインタビューでの第一声が「長崎県佐世保市から来ました城島です。よろしくお願いします。」だったのも印象的です。個人的な生観戦での思いでは広島・マツダスタジアムでの城島、桜井、狩野の3連発。あの年は勢いもあったし優勝できておかしくないシーズンだっただけに、城島にしても金本にしても、アニキと優勝したかった新井さんにしても惜しいシーズンでした。

矢野、城島と球界を代表する強いキャッチャーがふたりもいたタイガース。本塁を10年以上守ってくれた先輩方に追いつけ追い越せのスタート地点にも立ってない後輩たち。特に小宮山や今成は今の練習量ではダメだと思うし、桁違いに違うと思う。努力の賜物が矢野さんであり、ジョーが惜しまれて辞めていく姿、結果だと思う。後輩たちにはもっともっと頑張ってもらって先輩方からお墨付きをもらえるキャッチャーに育って欲しいもんです。

マリナーズから城島が来るかもしれないなんて報道があったのは4年前のオフ。個人的には09年は狩野が頑張ったし、矢野さんも時期に帰ってくるから城島は来なくていいというスタンスだったんですが、2010年は城島の一挙手一投足に注目して興奮したし、去年は怪我に泣かされたけど、今年はキャンプから元気でまた頑張ってくれそうな感じがしたし、また怪我はしたものの順調そうに治って復帰してたから、木曜日の晩に飛び込んできた引退の一報にはショックでした。城島の強気のリードに導かれて優勝、日本一という夢が叶わなかったのは残念だったけど、タイガースで一緒にプレーし、声援を送れたのはファンとして嬉しいことです。

指導者でタイガースのユニフォームを着るのがちょっと想像しづらいけど、また一緒にプレーできることがあればよろしくお願いします。18年間の現役、ご苦労様でした。ありがとう城島!

DPP_0184

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神スタンリッジ6回無失点 ウエスタン登板

開幕ローテーション入りを確実にしている阪神のジェイソン・スタンリッジ投手が19日、ウエスタン・ソフトバンク戦に先発。6回を3安打無失点と好投した。直球に加え、カットボール、チェンジアップなど変化球の制球も抜群。無四球で降板した。

2番手で登板した鄭凱文投手は2回を5安打3失点と打ち込まれた。試合は3‐3で引き分けに終わった。(デイリー)


今シーズン初観戦、ウエスタン・福岡ソフトバンクホークス2軍との試合を鳴尾浜球場へ観に行ってきました。

関西の虎ファンは試合に飢えてたのか、試合前には入場規制がかかる盛況ぶり。去年の開幕2戦目も観にいきましたが、立ち見が出るほどでもなかったのでビックリでした。試合開始前にはタイガース選手会を代表して、秋山投手が東日本大震災の義捐金活動を行い、少ない金額ながらも秋山投手と阪神球団に東北の復興への手助けになるよう、協力させていただきました。鳴尾浜での試合前には選手が募金活動をされるようなので、協力お願いします。

試合はタイガース先発に夜の帝王、スタンリッジ。6回を3安打2奪三振。
立ち上がりはややストレートが高かったようにも思えましたが、ホークス打線を球威で封じ込め、無失点ピッチング!3本のヒット、いずれもゴロヒットで完璧に捕らえられた打球はありませんでした。このままで行くと、来週のヤクルト戦で投げるのかな?去年はデーゲームがからっきしダメだったので、今日のような内容で次の登板を迎えて欲しいと思います。

打線は初回からスタンリッジを援護!
2アウトから柴田がホークス先発・巽からフォアボールを選ぶと、4番の浅井が右中間を破るタイムリー2ベースで先制!2回には先頭の森田がレフト線を痛烈に破る2ベースで出塁すると、小宮山の打席でホークスのバッテリーミスも絡み、犠牲フライでさらに1点追加。

得点は2点リードのまま、7回へ。7回からは2番手に鄭。
ヒットに上本のエラーも絡んだりして、7回に一挙3点を奪われ逆転。キャンプ、オープン戦と評判のよかった鄭ですが、決め球に欠ける内容・・・打たれだしたら止まらなかったり・・・と思えば、8回には別人のようにホークス打線を調理したり、安定さに欠けます。あの調子だと開幕の助っ投外国人はスタンとメッセで決まりな気がします。

ホークス投手リレーの前に決定打の出なかった打線は8回、ホークス3番手・デレオンからデッドボールやヒットでランナーを貯め、相手のエラーで3対3の同点。このあと両チーム譲らず、延長10回引き分けで試合終了しました。

投でスタンリッジが目立てば、打では新井弟・良太。2安打1死球。
打線の中では1番バットが振れていた良太くん。まだまだ粗いさんですが、右の代打の1枚に置いておくのもいいかもしれません。

明日も鳴尾浜ではホークス2軍との試合が12:30分からあります。試合開始30分前には義捐金活動もありますので、若虎の応援とともに、被災地にも応援よろしくおねがいします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2軍△福岡ソフトバンクホークス2軍〜鳴尾浜
(延長10回引き分け)

【ソ】巽−久米−柳川−デレオン
【神】スタンリッジ−鄭−江草−横山

IMG_4180
















IMG_4174

















人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
全ウが快勝 阪神・森田一成が先制犠飛

全ウは初回、無死二、三塁から阪神・森田の犠飛で先制。1点リードの二回には中日・岩崎恭、ソフトバンク・猪本の本塁打で3点を追加。七回には、広島・堂林がソロ本塁打を放った。先発した広島の今村が2回1失点で勝利投手となった。全ウの川相昌弘監督(中日)は「ウエスタンは元気な選手が多いので、いつも通りのプレーをしてくれた」と話した。

全イは終盤に粘りを見せたが及ばなかった。

表彰選手は最優秀選手賞に中日・岩崎恭平内野手、優秀選手にソフトバンク・猪本健太郎捕手、オリックス・古川秀一投手、西武・斉藤彰吾外野手、ロッテ・細谷圭内野手が選ばれた。(デイリー)


我が阪神からは投手で秋山、横山、野手では森田と田上が出場。

投げるほうでは秋山がキラリと光る好投。
ファームで10試合に登板、2勝1敗の成績を上げてる秋山は4番手で登板。
下ではなかなかの評判で、5月に先発陣が揃って打ち込まれてる時には、
秋山を一軍に抜擢すれば面白いかも、なんて声もあったぐらい期待の選手。
アッチソンがつけていた背番号「27」をつけてるあたり期待の大きさ、
活躍度合いがわかるけど、今日のマウンドも躍動感バツグン。
5回1イニングだけでしたが、1つのデッドボールを与えるも、
腕をしっかり振って後続を併殺に打ち取り、三者凡退で完了。

打つほうでは育成枠から這い上がった田上が2番、森田が3番でスタメン。
まずウエスタンの先制犠牲フライとなる打球をセンターへ放つと、
田上は第1打席、第2打席でヒットを放ち、4打数2安打の成績。

今回のフレッシュオールスターでは残念ながら、
阪神の選手が表彰選手に選ばれることはなかったけど、
各々、それなりには存在感が示せたのではないかな?

フレッシュオールスターに出たなら、次は本家本元のオールスターにもね。
今日出場した12球団の選手で、誰が一番最初にオールスターに出れるか、
みんなして競争しやなね!ガンバレ!フレッシュオールスターよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

イースタン・リーグ3●−6○ウエスタン・リーグ〜長崎県営

【ウ】○今村−山田−古川−秋山−岩田−西−横山−武内
【イ】●戸村−豊島−石田−加藤−林−星野−加賀

【勝ち投手】今村
【負け投手】戸村

〜ホームラン〜
【ウ】岩崎恭1号2ラン(2回オモテ・戸村)猪本1号ソロ(2回オモテ・戸村)
堂林1号ソロ(7回オモテ・林)

【イ】細谷1号ソロ(2回ウラ・今村)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
代打・野原将、聖地で豪快3ラン

この日一番の歓声が聖地を包んだ。代打で出場した野原将が豪快な3ラン。最近5試合は19打数無安打と不振にあえぎ、スタメンを外れていたが、意地の一打を放った。

9点の大差を追う八回。2点を返しなおも2死一、二塁の場面で「いい流れで回してくれた。思いきりいこうと思っていた」と光原の初球をフルスイング。瞬く間に打球は左翼フェンスを越えた。4点差に詰め寄る貴重な一発に、平田2軍監督も「ああいう積極的な気持ちでやっていければ」とたたえる。その後、三塁の守備に入り、1軍さながらの“野原コール”を全身に浴びた。

ここ数日はバッティングの試行錯誤を繰り返していた。「結果が出てない分、何とかしないと」と体の使い方、バットの出し方を矯正。上からしっかりたたくことを意識して練習に取り組み、この日の一打につなげた。

「この1本がいいきっかけになれば。頑張るだけです」。力強くそう最後に言い残した野原将。プロ4年目。今年こそ1軍へ‐。その思いは、誰よりも強いはずだ。(デイリー)


昨日は東京ドームの首位攻防も気になりつつ、甲子園のウエスタン戦へ。
駒不足の投手陣を観に行ったつもりでしたが、繰り出す投手が打たれまくり。
オリックス打線がファームでそれはないやろってくらいの反則打線でしたが。

IMG_3801

















タイガース先発はプロ3年目の白仁田。
セギノール、ラロッカ、大村、濱中と続くオリックス打線をしとめれば、
大したものやな…と期待してピッチングを見ましたが・・・んんん。

5回を投げて1ホームラン5安打4失点。
ストレースは143キロ前後出ていたものの、キレがないというか、
マウンド上でも抑えてやろうって気迫が感じられなかったなぁ。。
これは2番手で投げて2回1ホームランを含む7安打6失点の蕭然り。
決め球がないから打たれだしたら打たれっぱなし。
キャッチャーの清水のリードも悪いのかもしれないけど、
こんな調子じゃ一軍どころかファームの登板機会も危ういんじゃないかと。
去年のドラ1、一昨年のドラ1がファームでくすぶってる場合じゃないし、
1軍のチャンスを鶴や横山、西村が奮闘してるのを見て聞いてしてると、
もっと奮起して好投してほしい。

打線はこちらもオリックスの反則的な小刻み継投の前に沈黙。
序盤は4回の上本の右中間3ベースから森田のタイムリーで1点を返すのが
やっとの反攻。以降はランナーもほとんど出ることなく沈黙状態。
2度目の反撃は8回ウラ、上本がエラーで出塁し、田中がピッチャー強襲。
この強襲打でオリ6番手の菊地原を負傷退場させると、
緊急登板で上がった光原から高濱のセカンド内野安打と相手エラーで1点、
さらに橋本がライト前タイムリー、大城がフォアボールを選び、
僕のファームの期待星・野原将が代打で登場し右中間スタンドへ3ラン!
以前はファームの4番を任されていたものの、昨日はベンチスタート。
極度の不振が原因だったようで、この一発が復調のきっかけになるといいね。
サードの守備では内野陣で一番大きな声を出して、内野を盛り上げ、
ひとつひとつのプレーに真面目な野原将志には早いこと一軍に上がって、
将来はクリーンアップを張る選手になってほしい。
不振でもめげることなく、一生懸命練習すれば、止まない雨はないんでね。
野原将志よ、一軍目指して頑張れ!

昨日のファーム戦の収穫は今日、一軍昇格が決まった上本の打撃、走塁が
相変わらず魅力的だったことと、野原将志の特大3ランが見れたこと。

一番の目的だった投手陣は揃いも揃って打たれたのが残念無念。
ファームも一緒になって一軍みたく駒不足にしてんじゃないよ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース二軍6●13オリックス・バファローズ二軍〜甲子園

【オ】西川−前田祐−○レスター吉野−大久保−菊地原−光原−加藤
【神】●白仁田−蕭−金村曉−杉山

〜ホームラン〜
【オ】セギノール2号3ラン(3回オモテ・白仁田)
ラロッカ2号2ラン (6回オモテ・蕭)一輝2号3ラン(9回オモテ・杉山)
【神】野原将3号3ラン(8回ウラ・光原)

IMG_3803





























03年にはうねり打法でうねり打線の4番を打っていた濱ちゃんが
オリックス二軍の7番・レフトで出ている姿を見ると寂しかった。
トレード相手だった平野は2番セカンドで大活躍し、オールスター出場、
打撃十傑では3割3分4厘をキープし、堂々の4位でいるのを見ると余計に。
パ・リーグの水が合わないなら、セ・リーグに帰って来い。
昨日の濱ちゃん(中飛・中飛・中前打、3打数1安打、6回交代)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
ジェン“炎上”5回7失点で救援へ ウエスタンSB戦

ウエスタン・ソフトバンク戦に先発した2年目のジェンは5回を10安打7失点と振るわなかった。13日の教育リーグ・中日戦(鳴尾浜)でも8失点を喫し、苦しむ右腕。中西2軍投手コーチは「悩んでるな。練習していくしかない。短いイニングで結果を出させることも考える」と今後はリリーフで起用して復調を待つことになりそうだ。


3連休は福岡、広島とオープン戦ツアーに出かける予定でしたが、
都合により無くなってしまった為、なんとなく鳴尾浜球場へ。

IMG_3692


















(↑3月22日(日)のスタメン。)

先発陣が相次いで炎上していたので、いい若手がいないものか
探しにいったのもあったのですが、ファームもファームで・・・。

2年目のジェンくんが先発したのですが、ジェンくん大炎上。
(ジェンくんの画像はあるものの、ブレまくってるので割愛)
5回を投げて2ホームランを含む、10安打7失点。
球のキレがなかったし、ジェンくん自身、マウンドでの元気がなかった。

この日は全国的な強風が話題でしたが、鳴尾浜も浜風と相まって、
外野フライが上がれば、打球が浜風に乗って伸びること伸びること。
ジェンくんの7失点のうち、満塁ホームランの失点もあったりして、
自身の調子と登板のコンディション的にはあまりよくなかったかも。
ただコンディション云々に関してはホークスの小椋投手も同じ環境。
(小椋投手もルーキーの甲斐に満塁ホームランをかまされてましたが。)
上の投手陣の調子が不安定な現状、好投次第では開幕1軍のチャンスも
なきにしもあらずでしたが、ジェンくんはしばらく下で頑張って。

打線はホークス投手陣の前に6安打5得点。
ホークス先発の小椋投手の前には4回までパーフェクトに抑えられ、
5回にようやく小宮山のデッドボール、森田のヒットでノーヒットを逃れ、
藤井の内野ゴロを相手のエラーで満塁のチャンスを頂き、
この日8番に座ったルーキーの甲斐がレフトスタンドポールの遥か上をいく、
特大満塁ホームランを放って、どうにかこうにか3点差へ詰め寄るも、
打線の見せ場はこの回の攻撃のみ。

投手陣はジェンを継いだ黒田、吉岡ともに2回を投げるも、共に失点を許し、
守ってはエラーが3つもあり、終わってみれば5−12と大敗もいいところ。
ファームは勝利は二の次で育成の場なのは重々承知だけど、
この日先発したジェンや4番に座った林ちゃんはどうにかして欲しかった。
開幕ベンチに座れなくとも、一軍には一番近い存在だけにね。

ファーム開幕戦で投で鶴が好投、打では野原将が3試合連続安打!
育成の田上や野原佑、上本、柴田、白仁田、蕭と期待の若手が豊富!
今年も機会を見てはファームに期待の若虎探しをしに行きたいと思います。

IMG_3691
































この日の林ちゃんは4打数0安打。
キャンプ、オープン戦の序盤は絶好調だったのに・・・現状鳴尾浜。。
林ちゃんはこんなところにいてる場合じゃないんだけど。早く上がって来い!


IMG_3693































育成戦士の田上くん。田上は3打数ノーヒット1つのフォアボール。
フォアボールで出塁した際に盗塁を試みたものの、余裕のアウト。
赤星や福地なんかを見ていると、やはりスタートダッシュが遅く感じるし、
リードの幅も小さいような気がする・・・(素人が解説してごめんなさい。)
守りもまだ雑な感じがするし、打撃が非力。
ただ開幕から1番センターで抜擢されてるだけあって平田監督の期待は◎。
毎試合頑張って、本契約を目指して頑張ってください。

IMG_3700

















甲子園のファーム開催、オリックスのファーム(あじさいスタジアム北神戸)
中日のファーム(ナゴヤ球場)には行ったことがあるのに、
昨日の鳴尾浜球場への観戦は実は初めて。

あじさいスタジアムやナゴヤ球場に比べるとそっけなさ感が凄い。
近くて遠い甲子園なんていうけど、上手いこと言ったもんだ。
鳴尾浜は何年もいる場所じゃない。若虎諸君、早く卒業できるよう頑張れ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース二軍5●12福岡ソフトバンクホークス二軍〜鳴尾浜・3回戦

【ソ】○小椋−高橋秀−金−高橋徹
【神】●ジェン−黒田−吉岡

【勝ち投手】小椋(1勝)
【負け投手】ジェン(1敗)

〜ホームラン〜
【ソ】李杜軒1号ソロ(3回オモテ・ジェン)
江川2号満塁(5回オモテ・ジェン)高谷1号ソロ(9回オモテ・吉岡)
江川3号ソロ(9回オモテ・吉岡)

【神】甲斐1号満塁(5回ウラ・小椋)

阪神タイガース二軍通算成績 1勝1敗1分 対ホークス 1勝1敗1分

IMG_3698


















人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
ナゴヤ球場レポ@番外編

青春18きっぷのあまり1回分を使って大阪から在来線で3時間。
新快速を乗り継いでのナゴヤ遠征は案外ラクチンであります。

IMG_3537
















名古屋駅から東京方面へ一駅。JR尾頭橋駅下車、徒歩7分。
入場料はファミマで前売りチケットを買えば800円。
球場のチケット売り場で当日1000円。

IMG_3578
















かつての中日ドラゴンズ一軍の本拠地。住宅地にある球場でびっくり。
外野スタンドが取り払われ、テレビで見ていた姿とは若干違う感じ。
球場周辺も別段華やかでもなかったし、印象的にこじんまりとした球場。
閉鎖された広島市民球場や取り壊された西宮球場も晩年も綺麗でしたが、
未だに現役のナゴヤ球場は寂れた印象がありました。

IMG_3551
















ファームの醍醐味は選手が近いこと!
選手同士の会話やミーティングの内容が聞こえてきたり、
練習から引き上げてくる選手に声をかけると手を振ってくれたり・・・。
ファームの試合は一軍と違った楽しみがある。

IMG_3555






























先発した福原。6回7安打2失点。
本来なら一軍でバリバリ投げてなきゃいけない選手なんだけど・・・。
実績のある福原もタイガースのピッチングスタッフの層の厚さには適わない。

IMG_3563
















この日は5番ライトでスタメン出場だった林ちゃん。
内容はショートフライ、セカンドゴロ、ライトフライ、ショートフライ。
ドラゴンズのピッチャーとタイミングがあってないようで、4タコ。
林ちゃんらしい豪快なフルスイングが見たかったんだけど・・・。

IMG_3567

















2番手で登板したナベちゃん。

IMG_3573
















永遠の若手・秀太は9回ウラからバルディリスの守備固めで登場。
・・・しかし、いきなり三遊間のゴロをエラーし、失点のきっかけを作る。。

IMG_3569






























抑えで登板の久保田。
ブルペンで待機してる時は酔っ払いの親父に絡まれ、
マウンドに上がれば秀太のエラー、自身の劇場もありチームは引き分け。
普段も不機嫌そうな感じなのに、昨日は相当不機嫌だったろうな・・・(笑)

IMG_3576
















試合後の投手ミーティング。
久保田はふてくされ加減。その様子を見て、ナベとサジがニヤニヤ。
あと何故か横山龍之介が中西コーチに怒られていました。。

今年のファーム観戦は、鳴尾浜での週末のゲームもないので、これで終了。
来年も機会があれば、ファームの試合も行くつもりですが、
来年はひとりでもファームの若手が一軍の戦力になるよう祈るばかり。
特にW野原や上本、柴田、バル、上園、蕭、小嶋、玉置あたりは
常時一軍のベンチにおれるようにキャンプで頑張ってほしいと思います!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
中日ドラゴンズ3△3阪神タイガース〜ナゴヤ球場・21回戦

【神】福原−渡辺−桟原−久保田
【中】岩田−伊藤−長峰−金剛

〜ホームラン〜
【神】野原祐3号ソロ(4回オモテ・岩田)

阪神タイガース二軍成績 47勝31敗4分 対ドラゴンズ二軍 9勝8敗4分


昨日のナゴヤ球場、ウエスタンリーグ生観戦レポです。

IMG_3552
















気温34度。直射日光をガンガンに浴びながら試合時間3時間20分。
おかげで日焼けサロンに行ったかのように綺麗に日焼けしました(笑)

この試合を勝てば、優勝へのマジック7が点灯するタイガース二軍。
その大事な試合の先発マウンドを託されたのは福原。
6回を投げ、7安打5奪三振2失点。
立ち上がりは一軍のマウンドと同じく不安定な立ち上がり。

初回、先頭の西川にセンター前に運ばれると、続く中川はピッチャーゴロ。
しかし、ピッチャーゴロの間に1塁ランナーの西川が3塁へ。
ファーム事情で3人の審判で試合を回してる関係で、アウトのプレーも、
主審、塁審とも見てなかったらしく、まさかのセーフ。
平田監督の猛抗議も覆らず、タイガースファンの大ブーイングも実らず。。。
この後3番の野本を空振り三振、新井弟を3塁ゴロに仕留めピンチ脱出。

2回は先頭のデラロサにライト前、中村一にセンターへの2ベースで2・3塁。
続く、堂上弟の3塁ゴロで1点、小川のライト前タイムリーで2点目。
3回以降は尻上りによくなり三者凡退で仕留めるイニングもあるものの、
球速はMAX146キロのストレートを簡単に捕らえられてるのが・・・。
福原には格上のピッチングを見せてほしかったけど、個人的には不満でした。

打つほうは2回、岡崎のフォアボールから野原祐のライト前ヒットで1・3塁。
そして8番スタメンの水田がセンターへきっちり返し先制!
3回は先頭の柴田のセンター前のポテンヒットを中日の緩慢な守備を突いて
一気に二塁を陥れると、2番の上本がきっちり送り、庄田も四球を選び、
1アウト1・3塁のチャンスで4番のバルがレフトへ犠牲フライを放ち同点。

4回には7番スタメンの育成戦士・野原祐が左中間スタンドへ特大弾!
ナゴヤドームと同じサイズに改修されてるナゴヤ球場での一撃。
左中間方向へグングン伸びる打球はめちゃめちゃ魅力!
甲子園の浜風に乗れば、中段スタンドぐらいまで行くんじゃなかろうか・・・。
彼の持ち味である長打力をまざまざと見せ付けられ、この一発で満足。
秋季練習、来年の春季キャンプで一気に伸びて欲しい選手であります!

福原降板後は、渡辺−桟原−久保田と一軍並みの磐石リレー。
渡辺は7回1イニングを投げ、1フォアボール1奪三振。
球速は146キロ出てたものの、細かいコントロールがまだまだな感じ。

8回は桟原。MAX152キロのストレートを計測。
新井さんの弟から三振を奪うなどして、3者凡退。
サイドからの荒れ気味の球は二軍ではやっぱり格が違う感じ。
ストレートがいいだけに、ストレートが活きる変化球が欲しいな。。

そして、9回は我らが劇場王・久保田登場!
先頭の中村一の三遊間のゴロに仕留めるも、
この回から名手・バルディリスに代わった秀太がいきなりエラー。
このあと1アウトを取るも、続く代打の井上にフォアボールを与え、
代打の中村公にはレフト前へ同点タイムリー。
後続の打者をなんとか抑えるも、1点リードを守りきれず、まさかの引き分け。

秀太のエラー絡みの失点も、この日の久保田は制球が全く定まらず・・・。
先発では結果を残しているようだけど、一軍のマウンドではKOを食らったし、
ファームで抑えをやっても、簡単に終われないようじゃ・・・厳しい感じです。

この日の試合を勝てば、マジック7でしたが2日以降にお預けです。
ファーム・ナゴヤ観戦の収穫は野原祐の特大ホームランが見れたことと、
桟原が中継ぎでまずまずだったことくらいかな。
注目株の野原将志は未出場に終わったのが残念でした。

一軍はクライマックスシリーズが射程圏内に入ってきただけに、
若手選手、特に野手はなかなか呼ばれることはないだろうけど、
残りのシーズンで伸びしろを日頃の練習で磨いて、弱点を克服して、
一軍ベンチ入りを目指して汗かいて一生懸命頑張って欲しいと思います!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
バルディリス 上本と激突し気絶→入院

「ウエスタン、ソフトバンク11-2阪神」(15日、宇部)

阪神・上本博紀内野手とアーロム・バルディリス内野手が15日、ウエスタン・ソフトバンク戦の三回の守備で、二塁後方の飛球を捕球する際に接触。二人はその場に倒れ込み、そのまま救急車で運ばれた。試合も約15分間、中断した。

バルディリスは意識を失い、上本は意識はあるものの立ち上がれない状態。首脳陣、選手、チーム関係者全員が二塁後方に集まった。数分後にバルディリスは意識を取り戻したが「頭同士でぶつかったんで動かさなかった」と杉本トレーナー。二人はグラウンド内に直接入ってきた救急車で宇部市内の病院に運ばれ、CT検査を受けた。

二人とも検査結果に異常はなく上本は球場に戻った。ただ、バルディリスは脳しんとうを起こしているため入院。16日の状態によっては、帰阪し、再検査を受ける可能性もある。(デイリー)


昨日の某掲示板の鳴尾浜スレは上本、バルの激突事故の話題で持ちきり。
宇部からの情報が錯乱し、上本が意識不明になりドクターカーで搬送され、
バルもグランドに倒れたままピクリともしなかったという情報もあり、
昨日の晩は気が気でなかったんですが、ふたりとも大したことないようで
ひとまず安心・・・。だけど、バルが入院してしまうほどの状態なのが心配。

かつて、札幌の円山球場で巨人の吉村と栄村が衝突した事故があったように
今回の宇部の件も最悪なことも考えましたが、よかった・・・。。

昨日の宇部の状況、上本とバルとの声かけの面で上手くいかなかったのか、
ひとつのプレーを選手、首脳陣、審判団には大事にしてもらいたい。
大事に至らなくてホントによかった。


昨日の鳴尾浜スレ、現地さんの当時を物語るレス

509 名前:代打名無し@実況は野球ch板で[sage] 投稿日:2009/08/15(土) 22:06:25 ID:dQSvqT4/O
現地だが、状況整理すると、あのときは雨が強くて見にくい状況ではあった。
一死満塁、中村の打球はセカンド後方へ。
上本が手を上げ下がりながら落下点。
フライをつかんだと同時に突っ込んできたバルと激突
上本はその時点では一旦起きて内野に返した(3塁走者タッチアッフしかけたから)
返球後倒れて、バルとともに動かなくなり担架がすぐにきたが、乗せる様子がない
たぶんすぐに救急車呼んだと思われ、数分でサイレントが聞こえた。
二台グラウンド内に入りすぐ運ぶかと思ったがなかなか搬送しない。
たくさんの選手、首脳陣が囲んでいたのでよくはわからないが
救急車に乗せられるまで5、6分以上はあったように感じた。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース二軍8○5中日ドラゴンズ二軍〜甲子園・16回戦

【中】山本昌−●菊地−鈴木−赤坂
【神】阿部−清原−○横山−桟原−S西村

【勝ち投手】横山(2勝1敗) 【セーブ】西村(5セーブ)
【負け投手】菊地(2勝4敗)

タイガース二軍通算成績 37勝24敗5分 対ドラゴンズ二軍 7勝6敗3分
 
IMG_3379
















18日に行われた甲子園でのウエスタン、対ドラゴンズ戦のスタメン。
赤星がこの試合から実践復帰、2番にはファームの核弾頭・柴田、
4番にはウエスタンリーグ首位打者のバルディリスに、5番には我らが今岡!
7番・8番には僕の注目株、野原将に上本が名を連ねました。

個人的な願望の強い、赤星・柴田の一・二番コンビが見れたり、
久しぶりに今岡の名前を聞けたり、野原将、上本の登場に興奮しまくり。
スタメン発表であんなにワクワクしたのはいつ以来だろう(笑)
マンネリ化してる一軍のスタメンにも後半戦からおおっ!っと興奮したり、
ワクワクするような若い活きのいい選手たちをどんどん使ってもらいたい。

試合はドラゴンズ先発に大ベテランの山本昌が登場。
昌さんと対戦できるなんて、若手にしてみればいい経験。
どこまで昌さんに食いついていけるか注目してみていましたが、
昌さんもタイガース打線もなかなかのもんでした。

先制したのはドラゴンズ。タイガース先発は阿部でした。
2回先頭の新井さんの弟・良太に先頭打者フォアボールを与えると、
平田にセンター前、堂上兄弟の兄・剛裕にレフト前へ運ばれ先制。
このあとデラロサのセカンドゴロの間にもう1点取られ、0対2。

先発した阿部は1回・2回と球速が出ず、不安定な立ち上がり。
3〜5回まではなんとか立ち直るも、6回に野本のレフト前ヒットから、
新井弟にレフトオーバーのタイムリー二塁打、平田にもヒットを食らい3連打。
このあと何とか踏ん張ったものの、6回に球速が落ち、スタミナ不足を露呈。
厳しい先発争いを勝ち抜こうと思うと、ちょっとしんどいかな。。。
去年のように中継ぎで全力投球するほうが阿部には合ってる気がしました。

打つほうは先制された直後の2回ウラ、バルがレフト前ヒットで出ると、
今岡さんがレフトフェンス直撃の二塁打!続く清水はデッドボールで満塁。
ここで期待の野原将志はライトへきっちり犠牲フライを放って1点を返します。

3回には1死後、赤星がセンター前ヒットで出塁すると、柴田とエンドラン!
柴田が1・2塁間を抜く渋いヒットでエンドランがまんまと成功、チャンス拡大!
1死1・3塁のチャンスで3番の浅井がセンターへ犠牲フライ。2対2。
赤星は難なくホームイン!ドラゴンズ守備陣の緩慢なプレーを見た柴田は、
一塁から二塁へ果敢にタッチアップ!隙のない走塁で二塁を陥れます!
記録上はなんでもないプレーかもしれないけど、ああいう走塁は大きい。
積極的な走塁をする選手が一軍には少ないだけに、柴田は面白い存在。

打撃はシャープだし、振りが鋭い。守備も打球の落下点に入るのが早い。
柴田って選手は真弓監督が目指す野球に一番適してる選手。
後半戦、赤星、柴田の1・2番で上位チームを蹴散らして欲しい。
昨日のファームでの一番の収穫は柴田の走塁でした。

4回に1点を追加し、7回には橋本、前忠の連打、柴田、浅井の打球を、
それぞれセカンド、サードがフィルダースチョイス。1点を返し、なお満塁。
打席にはウエスタンの首位打者、バルディリス!
そのバルがあわや満塁ホームランのレフトフェンス直撃走者一掃、
3点タイムリー2塁打!ファームで3割8分打ってる打撃はやはり魅力!
守備では去年幾度となくピンチを救ったサードの好プレーも見れたし、
新井さんの代わりにバルディリスを我慢強く使ってくれると嬉しい。

試合は最終回に桟原劇場が開幕し2点を奪われ、締りの悪い最後でしたが、
赤星が元気な姿を見せ、柴田、バル、野原と注目している選手たちが結果を残し、後半戦への巻き返しへ素晴らしい戦力がチェックできたのは大収穫!

真弓監督は二軍を軽視してないだろうけど、もう少し若手に目を向けてくれ!
後半戦の巻き返しになるキーマンをファームから発掘してどんどん使え!!
後半戦、巻き返しのキーマンはファームにいるぞ!!

IMG_3412


















人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
東京ヤクルトスワローズ=(雨天中止)=阪神タイガース〜神宮・4回戦

阪神タイガース通算成績 12勝13敗1分 対スワローズ 1勝2敗


神宮球場のグランドは金魚が2匹くらい泳げる水たまりがいっぱいで、
今日実況予定だったサンテレビの小浜アナウンサーは気合い十分も、
まさかの2日連続の中止でかなりガックリしてた模様byABC楠アナ情報。

まぁ今日の阪神戦で一番ガックリして泣きたいのはヤクルト関係者かも。
一番入る阪神戦でしかも連休の2試合を流してしまったんだから。。。
チケット代、弁当代、飲み物代、グッズ代・・・あぁ可哀想。

選手たちは9連戦の束の間の休息が2日も転がり込んできてラッキーかな?
休養十分!明日からの4試合全部取るくらいの気持ちで試合に挑んでくれ!

さて、今日も甲子園ではタイガース二軍が、カープ二軍と対戦。

今日のタイガース先発はドラ1右腕・蕭一傑。
初めて投げるところを見た印象はちょっと期待はずれ。
ウエスタンの防御率トップのわりには・・・という感じ。
大崩れはしないだろうけど、昨日投げた若竹や期待の玉置みたいに
カーブがいいとか、ストレートがいいとか、目に留まるものがなかった。
今日の球速はMAX140前後で、あまり調子はよくなかったみたいです。
まとまった感じの投手で、なにか特色をつけないと一軍は厳しい感じ。
今日の蕭くんは5回を投げ8安打3失点3奪三振の内容でした。

打つほうは柴田が1番・センタースタメンで登場。
昨日は野原将志のセンターフライを見誤る走塁ミスを犯した柴田くん。
試合後に平田監督のお目玉を食らったそうですが、面白な選手です。
今日は4打席立って内野安打を含む2安打1三振。
ボールに食らいつく姿勢、積極的な走塁は認めるけど、どこか大雑把。
タイガースでは赤星に次ぐ、俊足の持ち主なのは確かなので、
昨日の打球判断のミスや走塁技術をもう少し磨けば、絶対戦力になる選手。
ひとつひとつのプレーに正確さを身につけて、早く上がってこい!

今日も4番レフトに座った林ちゃんは4打数2安打の活躍。
ファウルひとつにしても力強い打球を飛ばしていたし、
調子のいいときに上げといて損はないと思うんですがね。。。


阪神タイガース二軍1●5広島東洋カープ二軍〜甲子園・8回戦

【広】○今井−S森
【神】●蕭−横山−中村−吉岡−黒田

【勝ち投手】今井(1勝2敗)【セーブ】森(1勝2セーブ)
【負け投手】蕭(2勝1敗)

阪神タイガース二軍通算成績 15勝7敗1分 対カープ二軍 6勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース二軍4○1広島東洋カープ二軍〜甲子園

【広】●佐藤−青木勇−相澤
【神】岩田−○若竹−桟原−西村−藤田

【勝ち投手】若竹(1勝1敗)
【負け投手】佐藤(1勝1敗)

〜ホームラン〜
【広】末永1号ソロ(9回オモテ・藤田)

阪神タイガース二軍通算成績 15勝6敗1分 対カープ 6勝1敗


ファームの甲子園開催があったので行ってきました!
ゴールデンウィークだからか、はたまた一軍の公式戦でかなり告知成果か、
開門30分前に到着した時には3塁アルプス入り口付近まで並ばされ、
さらに遅く到着した人はレフト入場門あたりまで並んでた模様。。。
毎年休日の甲子園での二軍戦には足を運ぶけど、いつもはまったりで、
選手との握手会にも余裕でたどり着けるのに・・・今日は客入りが凄かった。

さて、これが今日のスターティングラインナップ。

IMG_3110














今日はWBC後の初の実践マウンドとなる岩田が先発。
2イニング限定登板で1安打無失点1奪三振。
ストレートはMAX141キロといい時に比べるとまだ出てない感じだけど、
1回は真っ直ぐとカーブ中心の内容で、2番の安部をカーブで空振り三振。
2回は決め球にカットボールを多用し、3人と対して全てインコース攻め。
3人ともどん詰まりのショートゴロに打ち取り、格の違いを見せていました。

僕の見た感じでは即一軍でもよさそうな感じもしましたが、
もう1回、今度は長いイニングを投げてから一軍昇格でしょうかね。。
開幕以来不安定な先発陣に、ようやく頼もしい男が帰ってきます!

打線にも一軍に帰ってこなければならない男がおりまして、
メン・・・じゃなくて、笑顔がかわいい真面目男・林威助!
今日は鳴尾浜タイガースの4番レフトでフル出場!

1回、ヒットの上本、フォアボールの藤原を置いて、チャンスで登場!
広島先発・佐藤のインコースのストレートを思いっきり引っ張った打球は
痛烈なライトオーバーの2点タイムリー2ベース!
いい時によく見る、あの引っ張りにかかる打棒がいきなり爆発!
今日は4打席立って、1安打1三振1フォアボール、ライトフライでしたが、
最終打席のライトフライもきっちり捕らえていたし、1軍昇格も近いかな。
林ちゃんの豪快なバッティングを上で見たいよ、早く上がってこい!

今日の試合で他に目に付いたのは、投では岩田の後を投げた若竹。
4回を投げて3安打2四球4奪三振、無失点。
97キロの大きなカーブに、MAX148キロのストレート。
マウンド度胸はいいし、しっかり腕を振っていたのが好印象。
カープの各打者が打ちづらそうで、右の星野伸之になって欲しい。
ただリリースポイントが不安定なのか、コントロールにムラがありました。

一昨年に一軍デビューして、去年はノーヒットノーランを達成した
鳴尾浜タイガースおすすめの選手、次代のタイガースのローテ格。
井川みたく、キラ星の如く上がってきて欲しいなぁ。

打者ではキャンプでも評判の良かった上本と野原将志。
上本は第一打席でセンター前ヒットを放てば、すかさず盗塁。
守備機会もそつなくこなしていたし、楽しみな逸材。
虎のくせ者と評されただけに、嫌みったらしい打者に成長して欲しい。

もう一人は野原将志。個人的にファームで一番期待して応援している選手。
巨人・坂本と同期のタイガースの期待のスラッガー。
今日はヒットこそなかったものの、最終打席で浜風に上手く乗っていれば
センターバックスクリーンへの満塁ホームランという大きな当り。
結果は末永の好捕に阻まれたものの、スラッガーの片鱗が見えました。
守備中はつねに声を出して、内野陣を引っ張る意識が見える大好きな選手。
同期の坂本やライバルの大和に先に一軍デビューをさらわれてるだけに、
野原も追いつけ追い越せで、早く一軍デビューを果たして欲しいものです。

タイガース二軍は今日の勝利で目下7連勝でぶっちぎりの首位!
復活をかける岩田に林ちゃん、虎視眈々と一軍を狙う上本に野原将志。
他にも蕭や小嶋、藤原、坂と投打に絶好調な選手が控えてるだけに、
一軍の誰とは言わないけど、ぼやっとしてたら若トラに食われるぞ!

IMG_3122

























IMG_3126


























人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

阪神タイガース7○5広島東洋カープ〜甲子園

【広】●篠田−岸本−森−林−広池−マルテ
【神】安藤−○玉置−石川−S能見

【勝ち投手】玉置(4勝1敗1セーブ)【セーブ】能見(3勝1敗5セーブ)
【負け投手】篠田(1勝2敗)

鳴尾浜タイガース通算成績 21勝26敗4分 対カープ 7勝7敗


先週の土曜日は甲子園でのウエスタン戦があり、
かつ星野仙一野球日本代表監督が指揮を振るうというので行ってきました。

星野さんの久々の甲子園での縦じま姿(日本代表ユニも縦じま)を拝みに
結構なお客さんの入りでしたが、星野さんがグランドに姿を見せたのは、
試合前にチラッと、試合後の勝利のハイタッチのみ…。

山本浩二さんや、大野豊さんは何度も見れたんですが、
星野、田淵の03年優勝メンバーがほとんど見れなかったのが残念でした。

試合のほうは一軍復帰へ最終調整登板?だった安藤が先発。
4回3分の2イニングを投げ、5安打3四球5失点。

序盤は低めにボールを集め、テンポよくカープ打線を打ち取っていましたが、
4回に入ると先頭打者をフォアボールで歩かしたりと、制球が乱れ、
5回は2アウトから吉田にライト前ヒットを打たれ→連続フォアボール→
井生にはセンターへ2点タイムリー2ベース→尾形にもタイムリーを打たれ、
勝利を目前にしてKO。4回以降は変化球主体のピッチングだったとは言え、
カープの二軍相手に芯で捕らえられていたのがちょっと気がかり。

2番手の玉置は安藤が残した1・3塁の走者を背負いマウンドに立つも、
丸に走者一掃の左中間タイムリー3ベースを打たれ、6点のリードも1点差。
玉置も勝ち投手になったとはいえ、丸に打たれた球はど真ん中。
狩野のリードもまずかったけど、不用意すぎる一球だった。

打つほうは桜井を中心に見ていましたが、広大は心なし元気がなかったな。
去年の今頃、一軍で魅せたギラギラしたものが感じられない。
この日も2安打を放ち得点には絡んだものの、バッティングが小さい感じ。
豪快に振り回して、一発長打が魅力の選手だけに、
現状では打率を稼ぐような打者にはならんでね。

星野監督の下、エンドランを多用したり、投手継投も安藤のKO降板ありと、
一軍さながらの試合で、みんな頑張りました。

しかしながら、キラリと光る選手は今回はいませんでした。

先日訪れたサーパスの本拠地・あじさいスタジアム北神戸レポです。

僕が訪れた球場に西宮球場、甲子園球場、スカイマークスタジアム、
京セラドーム大阪、神宮球場…他にも入場はしたことはないものの、
大阪球場、西京極球場、広島市民球場、東京ドームの前までは行ったことは
あります。どこも駅から近くて、大変交通の便がいい所なんですが、
あじさいスタジアム北神戸は僕の中の常識をぶち破ってくれました。

まず、最寄駅で…。
オリックスの公式サイトのあじさいスタジアムへのアクセス情報に、
「※二郎駅は非常に小さな駅ですので、タクシーはつかまりにくいです。」
と書かれていたのですが、タクシーが駅前に乗りつける様な所がない。。
無人駅で、駅前に自販機とイチゴ狩りの看板が立ってるだけ…。

二郎駅前













駅前の風景に唖然とすると同時に笑いが…。
父親が兵庫県三田市が故郷なので、全く知らなくはなかったんですが、
国道からそれて、神戸電鉄線の周辺がこんなだったとは。

でも駅前で唖然としたのは早かったわけで、球場へ向かう道で再び唖然…。

あじさいスタジアムへ





















農道というか、けもの道というか…とても球場へ向かう道じゃない道…
(夏場だとセミが騒がしくって、マムシが出るようなとこ…。)
球場へ本当に向かうのかよ!というような道を、
ウエスタンの試合を観に行くんだろうなぁ〜というような数人がゾロゾロ。
信じがたい心境のまま、その人たちの後ろへ着いて行きました。

あじさいスタジアムへ













お日様が照ってるのに、薄暗い森。風で葉っぱが擦れる音が少し不気味。
ナイターならとてもじゃないけど、通るのが怖い道を抜けると、
【青い空・静かな空・神戸電鉄】のキャッチコピーそのままの風景が登場。

でも、球場らしき建物は全く見当たらず…案内看板にしたがって、
民家のある坂道を登り、中国自動車道の側道の坂道を通り、
ようやく見えたあじさいスタジアムがある北神戸田園スポーツ公園。

あじさいスタジアム













オリックスの案内では駅から徒歩で約20〜25分と書かれていたものの、
道のりが完全なハイキング状態。あせだくになるし、息はあがるし(笑)

あじさいスタジアムまでの道のりは車か、バスで行くのが楽。
でも徒歩もそれなりに楽しいかも。

あじさいスタジアム

サーパス10●2阪神タイガース〜あじさいスタジアム北神戸

【神】●金村大−伊代野−横山−辻本−清原
【サ】○光原

【勝ち投手】光原
【負け投手】金村大

〜ホームラン〜
【神】庄田2ラン(8回オモテ・光原)
【サ】阿部ソロ(8回ウラ・清原)


大阪から約1時間半。神戸市北区の山奥にある、あじさいスタジアムへ
ファーム・ウエスタンリーグのサーパスvs阪神戦に行ってきました。

昨日はオリックス・清原の復帰初戦とは全く知らず、
開門の1時間半前に着いたにも関わらず、長蛇の列。
休日とタイガース人気も手伝って、入場できたのは試合開始20分前。
内野スタンドは満員。普段は解放しない外野スタンドまで入る盛況ぶりで、
隣にいたオリックスファンのおっちゃんが「一軍より入ってるぞ(笑)」


su-Tスタメン












試合は初回からサーパス打線大爆発…と言うか、金村大が大乱調。
いきなりサーパスの先頭・小瀬、吉良に連打を食らうと、
浪速のゴジラにフォアボールで1死満塁で清原。
清原のセカンドゴロを秀太のファインプレーでアウトにするも1点献上。
なおもランナーが2・3塁に残り、相川、一輝、鈴木と3連打の長短打が
絡んで、初回にして一挙5点を追う展開に。。

2回ウラも金村が続投するも、またもや満塁のピンチを作り、
岡田に2点タイムリーを打たれ、1アウトも取れずにKO。

金村大の魅力であるストレートもキレがイマイチ。腕の振りも鈍いし、
ストライクも全く入らず、ボールは高めに浮くわ、フルカウントにするわ、
やっとストライクが取れたと思えば、痛打される苦しい内容でした。

2番手の伊代野も代わりっぱなを清原にセンターに弾き返され、
一輝に犠牲フライで2点献上。2回終了時で9対0と一方的な展開。

投手陣は3番手の2年目・横山がアピール!2回無安打1四球3奪三振!
ストレートの球速は大したことないけど、スライダーがキレまくり、
金村大、伊代野を打ち込んだサーパス打線をねじ伏せる好投。
唯一清原に与えたフォアボールも2度ハーフスイングを誘う投球で、
今日投げたピッチャーのなかでは一番良かったです。

4番手の辻本は横山と対照的にストレートで押していく内容。
5回、6回と守りのミスやフォアボールで得点圏にランナーを背負うも、
打たせて取るピッチングで要所を締め、2回2安打1三振。
辻本もそろそろ体力はついてきただろうし、そろそろ長いのも見たいな。

5番手の清原は横山同様スライダーがよかった。2回2安打1失点4三振。
8回に阿部にレフトへ一発を食らうも、長打はこの1本のみ。
甲子園で見たときもスライダーがキレてたけど、今日も抜群。

前半の金村大、伊代野の20代コンビは散々な内容だったけど、
後半の横山、辻本、清原の10代トリオは大満足な投球内容でした。


kanemura17












<<大炎上の金村大。試合後に星野コーチ、葛西コーチからお説教。>>

打線も投手陣同様、いいとこなし。サーパス先発・光原の前に沈黙。
初回に藤原がライト前ヒットが出るも、フォードが併殺。
6回に庄田のチーム2本目のセンター前も、今度は野原が併殺。
8回の前田忠の右中間を破る2ベースと庄田の2ランホームランが、
この日唯一タイガースファンは盛り上がった所で、全体的に寒すぎる内容。
昨日降格のフォードは併殺、見逃し三振、サードゴロと二軍でもエンジン全開。広大もこの日は三振、センターフライ、ショートゴロと3タコ。

光原の内容が良すぎたのと、一方的な展開すぎて打線が淡白すぎ。
大盛り上がりのサーパスとは対照的にためいきばかりの試合でした。
sakurai












kiyohara












<<2年ぶりにグランド復帰の清原。人気は相変わらず。
清原が引っ込むと同時に、客足が一気に引いたのには笑いました。>>

syouda












<<唯一の盛り上がり、庄田の2ラン。
1軍の外野に入り込む余地がないけれど、腐らずに頑張れ!!>>


フォード













<<サラダをムシャムシャ頬張りながらグランドを去るフォード。
ひとりだけタクシー帰宅…ヤル気あるのか??>>

















<<人気者のサーパスのマスコット・サマー&シルキー。ちびっこに大人気。
カメラに向かって愛想よくポーズしてくれました。>>

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
土曜日のウエスタンリーグのレポートです。

今年初の甲子園でのウエスタンの試合。
ウエスタンの試合は必ずなのかは知りませんが、
ファンサービスでタイガースの若手選手が開門から10分間お出迎え。
昨日は大・社ドラフト一巡目の白仁田投手と四巡目の黒田投手。
kuroda_shironita














二人とも爽やかで謙虚。早く一軍のマウンドに上がって来いよ!

観戦場所はネット裏の東芝シートで完全自由席。お値段は500円。
革張りの椅子に、カップホルダーつきの広々空間。
tigers_farm6
























席はもちろん早い者勝ちで、僕は5列目で観戦してました。
昨日はGAORAの中継があったようで…ずっと映ってたかも。。

tigers_farm3














↑土曜日のサーパス戦のスタメン。驚きは3番・セカンド・秀太。
スタメン発表があったときはみんなひっくり返ってました(笑)
その秀太選手の土曜日の結果はクリーンアップの重責が響いたのか5タコ。
運悪く?なのか、ことごとくチャンスで秀太に打席が回ってしまい…。
球場全体から格好の野次の的となってしまい、肩身が狭そうでした。

試合中はグランド以外に、スタンドでも若手選手は勉強漬け。
ネット裏では伊藤コーチと共にビデオ撮影やスコア付けなど、
一軍では裏方さんがやってくれる仕事も自分達でしなければなりません。
tigers_farm5
















ちなみに昨日は、高濱、黒田、白仁田、小嶋、鶴が担当のようでした。
そういえば去年観に行った時は、ローテで活躍中の岩田がスコア付けをしてたっけ。
この5人の中で誰かは来年の一軍のベンチにいて欲しいな。

tigers_farm7














一軍の迫力あるプレーもいいけど、泥まみれになって必死に頑張る
未来のタイガースを担う若手選手をじっくり見るのもいいもんです。
ポカポカの空の下、若トラの成長ぶりを是非見てみてください。

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース9○1サーパス〜甲子園・ウエスタンリーグ・4回戦

【サ】●梅村−鴨志田−梶本−延江
【神】○能見−金村大−清原−辻本

【勝ち投手】能見
【負け投手】梅村


昨日のポカポカ陽気の中、甲子園で行われたウエスタンリーグ、
阪神タイガース×サーパス戦を観に行ってきました。
新装された甲子園見たさもあってか、開門前から長蛇の列。
3塁アルプス入り口の14号門辺りまで並んでいたのにはビックリしました。

甲子園のファームの試合と言えば、開門前にお楽しみがありまして、
若虎のお出迎えがあること。昨日は新入団の白仁田と黒田がお出迎え。
「頑張ってください」「頑張ります」ファンひとりひとりとがっちり握手。
ふたりとも大きいながらも、終始笑顔で爽やかでよかったです。

観戦場所はネット裏。新装された東芝シートってところで見ましたが、
広々とした座席空間と、革張りの椅子…めちゃめちゃ見やすかった。。。
選手も目の前。声、打球音、ピッチャーの投げる球音まで聞こえ、
鳴り物のないシンプルな野球の応援もいいもんだと感じました。

さて試合ですが、タイガースの先発は能見。6回を4安打無失点。
数字だけ見れば、一軍で使ってみるのも面白そうだけど、実際は…。
コントロールはイマイチで、球速も140キロ出ればいいところ。。
ストライクがなかなか入らず、相手のミスや味方のファインプレーに
助けられた格好で1軍では使うには厳しい。。

7回は金村大が1回をピシャリ。
まだ荒削りな感じですが、ストレートは力ありでした。

8回には新入団の清原が登板。1回1失点。
スライダーの曲がりがえげつなかったですが、高めに上ずったりで、
カウントを取るまでには至らず…数年後のお楽しみです。

最終回はワンダーボーイ・辻本賢人が登板。
アナウンスが告げられると、この日一番のどよめきが沸きました。
ダルビッシュの投球フォームを少しゆったりめにした感じのフォーム。
相変わらず線が細かったですが、力のあるストレートを投げ込んでいました。
由田と対戦した時にはMAX143キロのストレートで最後は見逃し三振。

最近は全く情報がなかったので、どうしてるのかと思っていましたが、
順調に育っていました。まだ19歳。これからどう化けるか…楽しみです。

打線は一軍同様活発でした。12安打9得点。
2回に庄田、田中慎太郎がフォアボールで出ると、7番の野原が
レフト線へクリーンヒット!野原は二塁へ進み、1点先制!
続く岡崎、前田もレフトへ2点タイムリー2ベースを放ち、この回5得点。

7回にもバル様の四球を足がかりに、山田のライトタイムリー2ベース、
野原センター前タイムリー、岡崎ライト前、橋本良レフト2点2ベース、
大城センター前ヒットと怒涛の5連打で一気に4点!

終始サーパスの投手陣を苦しめ、点数的にはもっと入ってもよかった感じ。
サーパスのピッチャーがヘボすぎると言ってしまえばそれまでだけど、
打ち出の小槌のように長打が炸裂したのには笑ってしまいました。

昨日のファームの収穫は野原将志。
一軍のキャンプに呼ばれただけあって、力はやっぱりあります。
打つほうでは4打数3安打2打点の大活躍。走塁もよかった。
守っても4回に強烈なサードライナーを落ち着いてさばき、ダブルプレー。
守備中も一球ごとに声を出し、内野陣をリードしてたのが好印象。

一軍のサードを守っている今岡も、野原の急成長は恐怖でしょう。
昨日見た限りでは一軍のサードが野原になる日もそう遠くはない…。

このページのトップヘ