猛虎Japan!

カテゴリ : 2010公式戦

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
久保田、球児で逆転負け 阪神終戦

阪神が逆転負けでファーストS敗退。巨人がファイナルSに進出した。阪神が一回、新井、ブラゼルの適時打で2点を先制。三回には桜井の右犠飛で1点を追加。

巨人は五回、小笠原の右前適時打とラミレスの中犠飛で2点を返した。阪神は五回、ブラゼルの中犠飛で1点を追加。六回には平野が左中間に2点適時三塁打を放ち6‐2とした。巨人は七回、失策と高橋の右越え2ランで1点差。さらに八回、2死二、三塁でラミレスが藤川球から中前に2点適時打を放ち逆転した。阪神は先発の久保が6回2失点と好投したが、2番手久保田が1回3失点、3番手藤川球が2回2失点と大誤算だった。ラミレスは「甲子園で勝つのは簡単ではない。まさにチームの勝利だ」と話した。(デイリー)


聖地・甲子園にて、クライマックスシリーズ第一ステージ敗退。
最後の最後までやらかしてくれまして、本当にありがとうございました。
今年を象徴するような逆転負けゲームで、ファンとして寂しい限りです。

ジャイアンツ先発は予想に反して、内海ではなく朝井が先発。
この時点でウチも舐められたもんだなと思いました。情けなかった。
その朝井に対し、打線が初回から牙を向きます。
先頭のマートンがライト前ヒットで出塁し、平野がキッチリ送って1死2塁。
鳥谷は空振り三振に倒れるも、続く新井さんがライト前へ先制タイムリー。
今日5番に入った城島もセンター前ヒットを放って、2死1・2塁。
ここで6番降格のブラがライト前へタイムリーで2−0と幸先のいいスタート。巨人ベンチは朝井を1回で見切り、2回からグライシンガーがスクランブル。
そのグライシンガーから3回に新井さんがライト線へ落ちる2ベース。
今日に賭ける新井さんの気合いのヘッドスライディングが打線に火がつき、
このあと広大がライトへ犠牲フライを放ち、最低限の仕事。

投げては先発の久保が左足負傷を感じさせない見事な立ち上がり。
2回こそ2アウト満塁のピンチを背負うも、3回には三者連続三振あり、
守っては4回、長野の外野へ抜けそうなセカンドゴロを平野がファインプレー。守りからもチームを盛り立て、流れは完全にタイガースペース・・・でしたが。
5回オモテ1死1塁、亀井のセカンドゴロを平野がエラー、オールセーフ。
併殺で切り抜けられた場面で痛恨のミス。このあと失点するのはセオリーで、
小笠原にタイムリー、ラミレスにセンター犠牲フライを放たれ1点差。
平野は調子に乗って、チョンボする場面が多々あるのがいただけない。

1点差に迫られた5回ウラ、鳥谷のセンター前ヒット、城島がエラーで出塁、
1死1・2塁でブラゼルがセンター犠牲フライで点差を2点に広げると、
6回には巨人4番手・高木から俊介がフォアボール、上本が送りバント、
マートンが敬遠で、1死1・2塁。打席には平野。汚名返上の打席で好結果!
コンパクトに振り抜いた打球は左中間への2点タイムリー3ベース。
スコアも6−2と4点リードとなり、勝利もググッと引き寄せるも・・・。

7回から継投に入り、マウンドには2番手・久保田。
小笠原に2ベースを打たれるも2アウトを奪い、阿部もセカンドゴロ。
何事もなく終わるのかと思いきや、平野が今日2つ目のエラーで失点。
これで雲行きが怪しくなり、続く高橋由にライトへ追撃2ランで1点差。
一度傾いた流れは変えるのは難しい、それが終盤ならなおさら。

8回からは球児が3番手のマウンドに上がるも、本来の球児ではなかった。
脇谷、坂本から簡単に2アウトを奪うも、続く亀井をフルカウントから歩かし、小笠原にはライト線へ2ベース、続くラミレスにはセンターへ2点タイムリー。
球児の代名詞であるストレートにキレがなく、制球もままならない。
9回には3つのフォアボールを連発し、以前では考えられない光景が。

9回ウラの攻撃は先頭の城島がセンターへ大飛球も、スタンドインならず。
ブラゼルも巨人の抑え・山口から精一杯粘るも、サードファウルフライ。
そして最後の打者、浅井が力なくピッチャーゴロに倒れて試合終了。

真弓監督が就任して2年目のシーズンが終了。
今年も当たり前のことを当たり前のように、最後までできなかった。
チャンスで打てるように、球際に強くなるように、守り勝つチームに・・・。
真弓監督は来年へ向けて課題を示して、ベンチへ引き下がったようですが、
2年前の就任会見で掲げたプランを未だに口にしているのはどういうことか。
真弓監督には選手補強はもちろん、自らの身辺も補強したほうがいいと思う。

来年もこんなドタバタしたチームに振り回されるのかと思うと、既にしんどい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クライマックスシリーズ・セ 第一ステージ・2回戦〜甲子園

阪神タイガース6●7読売ジャイアンツ

【巨】朝井−グライシンガー−MICHEAL−高木−○越智−S山口
【神】久保−久保田−●藤川球

【勝ち投手】越智(1勝)
【セーブ】山口(2セーブ)
【負け投手】藤川球(1敗)

〜ホームラン〜
【巨】高橋1号2ラン(7回オモテ・久保田)

クライマックスシリーズ・セ 第一ステージ 2敗 第一ステージ敗退

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が初戦落とす ブラゼルのソロのみ

阪神は二回、ブラゼルの右越えソロで先制したが、巨人が三回、坂本の左翼へのソロで同点に追いついた。さらに1死二塁から小笠原の左前適時打で勝ち越した。五回にも坂本の右線二塁打と失策で1死三塁とし、小笠原が右前適時打を放ちリードを2点とした。

阪神は八回、2死から満塁としたが、ブラゼルの中前への打球を遊撃手・坂本が好捕。得点に至らなかった。阪神の先発能見は5回7安打3失点。巨人の先発東野は5回2安打1失点。3安打2打点の小笠原は「短期決戦は気づいたら終わっていた、ということがよくあるので最初から集中していこうと思った」と話した。(デイリー)


甲子園での初めてのクライマックスシリーズ。
タイガースファンの大声援を背に、先発マウンドには巨人キラー・能見。
シーズン対戦成績11連勝もあって、余裕の初戦突破を狙ったのですが・・・。

今日の能見はテレビ画面からも分かるくらいに力んでた。
ボール先行、ストレートで空振りが取れない。5回を投げ111球。
初回は坂本、小笠原にフォアボールを与えるも、ラミレスをショート併殺。
2回にも高橋のライト前ヒットから長野にフォアボールも古城をセカンド併殺。不安定な立ち上がりを巨人の拙攻に助けられたものの、苦しい内容。

能見が波に乗れない中、打線は2回に先頭のブラゼルが会心の一撃!
巨人先発・東野のストレートを引っ叩いた打球はライトスタンドへ一直線!
浜風なんて関係なし、スイングもいい時のブラゼルで気合い十分。
明日、明後日とブラゼルの打棒には大いに期待して良さそうです。

1点のリードをもらった能見は3回も変化の兆しなく、1死から坂本に同点弾。続く亀井にライト前へ運ばれ、小笠原の打席でのバッテリーミスがあり、
1死2塁から小笠原に詰まられながらもレフトへ勝ち越しタイムリー。
このあともラミレスにセンター前ヒットを浴び、さらなるピンチを迎えるも、
ラミレスの2塁憤死、阿部を凡退に退け、なんとか2点で食い止める内容。

ピンチの後にはチャンスあり!
3回ウラの攻撃は先頭の能見がストレートのフォアボールを選び、
平野がセンター前ヒットで1死1・2塁と同点、勝ち越しのチャンス。
この回は東野が突如ストライクが入らなくなり、攻め時でしたが・・・。
マートンが珍しく見逃しの三振を喫したり、新井さんが凡退したり。
タイガース打線のお家芸「あと一本が出れば」の象徴的なシーンでした。

4回を今日初めて3者凡退で切り抜けた能見でしたが、5回にまたも失点。
1死から坂本にライト線への長打・・・この打球を林ちゃんが打球処理を誤り、坂本は一気に3塁へ。このあと小笠原にライト前タイムリーを食らい3点目。
今日の能見は巨人キラーっぷりを影を潜め、5回を投げ7安打3失点。
5三振を奪うも、欲しいところで取れなかったのが敗因かな。

継投策は渡辺、久保田が2イニングずつを抑えて、打線の援護を待つも、
7回、ブラのセンター前へ落ちそうな打球を松本がファインプレー。
8回には代打・関本のサードへ抜けそうな当りを脇谷が好捕。
巨人が繰り出す守備固めの選手がマンマと嵌り、チャンスが作れない打線。
8回も2死から平野のセンター前ヒット、マートンがフォアボール、
新井さんもフォアボールを選び、2死満塁と最大のチャンスでブラゼル!も、巨人・4番手の山口のストレートに詰まらされ、ショート坂本が好捕で0。

先発・能見の5回3失点も誤算といえば誤算だけど、打線が・・・ねぇ。
巨人打線10安打に対し、阪神打線は5安打。
得点圏へ走者へ進めること、3回と8回の2イニングのみ・・・。
巨人はチャンスで3番小笠原が3安打2得点ときっちり仕事をしたのに対し、阪神はブラゼルの1発のみ、マートン、新井さんはダンマリ・・・。
勝負どころで一本が出ないのは、なんとかならんかね。あぁ・・・。

明日負ければ、クライマックスシリーズ敗退=今季の真弓阪神、完全終戦。
月曜日のチケットを持ってるもんで、明日はなにがなんでも勝って3戦目へ。
月曜日、六甲おろしを唄って、ナゴヤへの旅立ちを見送らせてくれ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クライマックスシリーズ・セ 第一ステージ・1回戦〜甲子園

阪神タイガース1●3読売ジャイアンツ

【巨】○東野−ゴンザレス−久保−S山口
【神】●能見−渡辺−久保田

【勝ち投手】東野(1勝)
【セーブ】山口(1セーブ)
【負け投手】能見(1敗)

〜ホームラン〜
【巨】坂本1号ソロ(3回オモテ・能見)
【神】ブラゼル1号ソロ(2回ウラ・東野)

クライマックスシリーズ・セ 第一ステージ 1敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が3位転落、横浜にまさかの零敗

阪神は打線が沈黙し、3位に後退した。今季最終戦を落としたことで自力での2位確保も消滅した。

横浜が四回、松本の2号ソロで先制。七回にはドラフト1位新人の筒香がプロ1号本塁打を放ち追加した。先発の高崎は7回4安打無失点で今季初勝利。阪神は先発の秋山が4回1失点。打線は中盤の好機でことごとく凡退し、得点できなかった。最多安打の日本記録を更新したマートンは1安打し、214安打でシーズンを終えた。(デイリー)


2位を意識しすぎて、またプレッシャーにおしつぶされたか?(笑)
ホントに肝心な試合をことごとく落としてくれるね・・・。

打線は横浜先発・高崎に手こずり、まさかの完封負け。
4回に鳥谷のサード内野安打から平野が送り、1アウト2塁のチャンスも
マートン、新井さんが凡退し先制ならず。

5回は城島がレフト線2ベースで先制のきっかけを作り、
坂、代打の金本が連続してフォアボールを選び、2死満塁の大チャンスも、
鳥谷がセカンドゴロに倒れ、またもチャンスを逃し・・・。

タイガース先発は若武者・秋山。4回を投げヒットはホームランのみ。
4回先頭の松本に高めのストレートをレフトスタンドへ運ばれたのが、
唯一のヒットにして、唯一の失点・・・不運すぎた。

7回には3番手の久保田が横浜のゴジラこと筒香にプロ初ホームランを献上。
猛虎打線が横浜投手陣に気負いして打てない中、横浜に返り討ちで撃沈。
昨日はあんなに打ちまくったのに、打線は水物だ。

最終戦を負け、自力での2位確保は消滅。
今季を2位で終えるか、3位で終えるかは金曜日の巨人戦次第。
クライマックスを甲子園で出来れば最高だけど、それは神のみぞ知る。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ2●0阪神タイガース〜横浜・24回戦

【神】●秋山−渡辺−久保田−藤川球
【横】○高崎−牛田−S山口


【勝ち投手】高崎(1勝1敗)
【セーブ】山口(2勝8敗30セーブ)
【負け投手】秋山(4勝3敗)

〜ホームラン〜
【横】松本2号ソロ(4回オモテ・秋山)筒香1号ソロ(7回オモテ・久保田)

阪神タイガース通算成績 78勝63敗3分 対ベイスターズ 8勝16敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が4連勝で2位を堅持、横浜4連敗

阪神が4連勝で2位を守った。阪神は五回無死二塁から城島の右前適時打で先制。その後、1死二、三塁とし、鳥谷が右前2点適時打を放ち、この回、3点を奪った。さらに八回には、2死二塁から新井の中越え適時二塁打で1点を追加し、試合を決めた。久保は4安打に抑え、7月30日以来の完封で14勝目を挙げた。横浜は4連敗。(デイリー)


今日勝って今季7度目の4連勝!巨人に0.5差の単独2位!
明日勝てば、2位死守でクライマックス・甲子園開催だ!

タイガース先発は久保。
9回を投げ4安打7奪三振、今シーズン最終登板で初完封勝利!
緩急自在のピッチングでランナーを2塁に進めたのは9回の1イニングのみ。
クライマックスへ向けて、能見、久保の存在は頼もしいな。

打線は5回、ブラゼルがあと一歩でホームランのレフトオーバーの2ベース、
続く城島はおっつけ気味にライト前へ運ぶと、ブラゼル激走で本塁生還。
さらに坂がセンターオーバーの2ベースで2・3塁と追加点のチャンス!
久保が空振りの三振に倒れた後、トリがライトへ2点タイムリーを放ち、
この回3点を奪い取って、久保に心強い援護点。

8回には1死1塁の場面で今季限りで引退する横浜・木塚から
新井さんがセンターオーバーのタイムリー2ベースで4点目。
9回にはブラゼルのセンター前ヒット、ブラに代走・大和。
城島はサードへ不意打ちのバントヒットを試み成功!
代走の大和は横浜・村田の緩慢な動きを見て、一気に3塁へ。
このあと、坂がセンターへ犠牲フライを放ちダメ押しの4点目で勝負あり。

肩の荷が下りてから、攻・走・守と積極的なプレーが目立つのは
嬉しいことなのか、寂しいことなのかはちょっと複雑だけど、
クライマックスでもこの4連勝中の試合が出来れば、あわよくば・・・。

今日はマートン、平野とノーヒットで両者とも首位打者に黄色信号。
明日5打数5安打打って、やっと青木に並ぶくらいなので苦しいな。。
ブラゼルのホームランキングも取って欲しいし。。

明日は昨日のヤクルト戦のように大暴れして、最終戦を白星を飾ろう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ0○4阪神タイガース〜横浜・23回戦

【神】○久保
【横】●加賀−桑原謙−木塚−阿斗里


【勝ち投手】久保(14勝5敗)
【負け投手】加賀(3勝12敗)

阪神タイガース通算成績 78勝62敗3分 対ベイスターズ 7勝16敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神2位堅守 先発野手全員安打で圧勝

阪神が3連勝。19安打17点の圧勝だった。二回1死満塁に藤川俊の中前適時打で先制。さらにマートンのシーズン最多安打新記録となる適時打、金本の3ランなどこの回6安打で9点を奪った。三回は鳥谷、平野の連続適時二塁打で2点を追加。四回はブラゼルがソロ、八回にもブラゼルがこの日2本目の47号2ランを放った。イチローの記録を更新したマートンは「正直、硬くなっていたが1本出てよかった」と話した。

ヤクルトは先発の中沢が二回途中9失点でKO。(デイリー)


先発野手全員、打って打って打ちまくって、19安打17得点。

マートンはイチロー越えの213安打の日本新記録更新!
「カミサマハ、ワタシノチカラデス!」
いやいや、マートンこそ(神)だ!おめでとうマートン!

鳥谷はプロ入り7年目にして1000本安打達成!

アニキは2回オモテの16号3ランが落合監督に並ぶ2371安打、
プロ野球通算安打記録は歴代11位に並ぶ快挙!

ブラゼルも復活の兆し!4回に増渕からライトスタンド上段へ46号!
8回にはデラクルズからレフトスタンド中段へ47号2ラン!

城島も捕手での年間安打数を更新!

投げては能見が中2日で先発し、今季負けなしの8勝目をゲット!
試合前には9月度月間MVPを受賞し、エースの誇りや!

チームも2位を死守して、今宵はおめでとう尽くしや!!!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ4○17阪神タイガース〜神宮・24回戦

【神】○能見−渡辺−メッセンジャー−杉山
【ヤ】●中澤−橋本−増渕−李恵踐−デラクルス−渡辺

【勝ち投手】能見(8勝)
【負け投手】中澤(7勝9敗)

〜ホームラン〜
【神】金本16号3ラン(2回オモテ・中澤)ブラゼル46号ソロ(3回オモテ・増渕)
ブラゼル47号2ラン(8回オモテ・デラクルス)

阪神タイガース通算成績 77勝62敗3分 対スワローズ 15勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が2位再浮上 マートン210安打

阪神が2連勝で2位に再浮上。初回に鳥谷が19号先制ソロ。四回に金本が15号2ラン、六回には城島が28号2ランを放ち、一発攻勢で突き放した。七回にはマートンが左前安打を放ち、イチローの持つシーズン210安打のプロ野球記録に並んだ。九回には新井の右線適時二塁打でダメ押し。阪神先発のスタンリッジが7回5安打1失点で11勝目。広島は先発・今井が踏ん張れず6回9安打6失点で4連敗。打線は六、八回に岩本の2打席連続の適時打で反撃したが届かなかった。(デイリー)


今日も打ちまくって12安打7得点。なんだよ、これは(笑)
広島地方は雨予報も試合開催には支障なく、カープに快勝!
マートンは誕生日&日本タイ記録の年間210安打達成とWおめでた。
マートンがここまでやってくれるとは・・・マートン(神)だ!

打線は初回、先頭の鳥谷が広島先発・今井からライトへ先頭打者アーチ!
広島にいきなり先制パンチを食らわすと、4回にはアニキが特大2ラン!
新井さんのセンター前ヒットから、右中間スタンドへ効果的な一撃!
アニキの一発は8月31日以来、ひさしぶりのホームランとあってか、
本塁で出迎えした新井さんにちょっかいを出して嬉しそうでした。

投げては先発のスタンリッジが昼間でも好投で11勝目。
ボール先行で少し心配な立ち上がりでしたが、尻上りに調子をあげ、
6回に岩本にセカンドでイレギュラーするアンラッキーな当りもありましたが、
7回を投げ5安打1失点5奪三振、球数も102球とナイスピッチング!
中4日にも関わらず昼間にも関わらず、やったら出来るやん、スタン!

6回にはスタンリッジを援護するように新井さんレフトオーバーの2ベース、
アニキのライト前ヒットでチャンスを広げ、1死後城島がレフトへ特大3ラン!山を張り、待ってましたとばかりにフルスイング!城島はダメ押しがお好き。

7回にはここまで3タコだったマートンがレフト前ヒットで大記録達成!
イチローが1994年に達成した日本記録の210安打に並ぶ快挙!
謙虚に試合に取り組む姿勢、日頃の研究成果が大きな実を結んだね。
いつも外野の守備に就くと、僕らからの声援に笑顔で応えたりと、
ファンサービスも欠かさないマートン。我のことながら嬉しいぞ、マートン!
8回には新井さんがダメのダメを押すライト線へのタイムリー2ベースで、
勝利を決定付ける7得点目!

スタンリッジが降板した8回からは2番手の渡辺が登板も誤算。
2本のヒットとフォアボールで1アウトも取れずに久保田へバトンタッチ。
昨日の福原、筒井、今日の渡辺と継続して力を出せないのが苦しいな。。
渡辺の残したピンチを久保田が併殺などで切り抜ければ、9回は球児投入。
5点差にして球児投入は調整登板の意味もあったんだろうけど、
丸、小窪、石原を見事な三者連続三振締め。

タイガースのレギュラーシーズンも残すところ3試合。
2位奪取と各選手の記録争いに目を向けて、気楽に見ますか。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ2○7阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・24回戦

【神】○スタンリッジ−渡辺−久保田−藤川球
【広】●今井−大島−上野−中田


【勝ち投手】スタンリッジ(11勝5敗)
【負け投手】今井(4敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷19号ソロ(1回オモテ・今井)金本15号2ラン(4回オモテ・今井)
城島28号2ラン(6回オモテ・今井)

阪神タイガース通算成績 76勝62敗3分 対カープ 15勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神がCS進出決定 能見が7勝目

阪神が大勝で連敗を2で止め、クライマックスシリーズ進出を決めた。初回、ブラゼルの2点適時打で先制。五回は代打・林、鳥谷の連続適時打などで5点を追加。七回は城島が27号ソロを放った。先発のメッセンジャーは4回1失点。2番手の能見が2回無失点で7勝目。

広島先発のジオは味方のミスも絡んで五回途中7失点で8敗目。(デイリー)

優勝争い真っ只中であろうと思って、取ってしまった今日のチケット。
一昨日の甲子園最終戦、昨日のV逸と無様な負けを見せつけられ、
広島へ行くのは正直億劫だったんですが、頑張っていってきました。

試合は約一ヶ月ぶりの二ケタ得点でクライマックスシリーズ進出決定。
プレッシャーが掛からなくなると、相変わらずよく打ちますなぁ。
初回鳥谷のライト前ヒットで先制のきっかけを作ると、
このあとマートン、金本がフォアボールを選んで2死満塁の大チャンス。
ここでブラゼルがレフトへ先制2点タイムリーを放って幸先のいいスタート。

タイガース先発はメッセンジャー。4回を投げ4安打1失点。
先制した直後に岩本にタイムリーを浴びて失点も、以降は無失点。
打順の関係上か、クライマックスを睨んでか、白星目前の4回で降板。
制球がやや高めでしたが、広島打線にも助けられ、内容的にはまずまず。
メッセンジャーは投げてみないとわからないところがありますが、
終盤の内容を見ているとクライマックス、来期と働き場所はあるでしょう。

1−2、1点リードで迎えた5回にひさびさのビックイニング!
先頭の新井さんがフォアボールを選べば、金本セカンド内野安打、
ブラゼルはセカンドのエラーで出塁、その間に1点を返し、なおも1・2塁。
このあと城島が倒れるも、坂がフォアボールを選び1死満塁。
ここでベンチはメッセンジャーに代打・林ちゃん。
林ちゃんはライト前タイムリーを放ち、ここで広島先発、ジオをKO。
広島は2番手に青木高投入も鳥谷がレフトへ2点タイムリーを放ち、
鳥谷自身初の100打点達成!遊撃手としても史上最高の成績!
100打点を達成し、残すは3割20本を達成してシーズンを終えて欲しい。
このあとマートンもライト前タイムリーを放ち、この回一挙5得点!

5回からタイガースのマウンドには能見が上がり、2回をパーフェクト。
能見が流れを完全に引き寄せると、打っては7回に城島がレフトへ一発、
マートンもイチローの210安打にリーチをかけるレフト前タイムリーで2点。
8回には坂の犠牲フライ、9回には新井さんのタイムリーが飛び出し、
終わってみれば19安打11得点とモヤモヤを晴らす大爆発っぷり。
この爆発が大事な試合で出来れば大したもんなんだけど・・・ねぇ。

気分は完全に消化試合モードですが、まだ巨人との2位争いがあるわけで。
肩の荷も下りたことだし、自分たちの思うような試合が出来れば、
自ずと2位はついて来ると思います。最後は意地でも2位奪取で。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ4○11阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・23回戦

【神】メッセンジャー−○能見−渡辺−福原−筒井−久保田
【広】●ジオ−青木高−梅津−武内−大島


【勝ち投手】能見(7勝)
【負け投手】ジオ(8勝8敗)

〜ホームラン〜
【神】城島27号ソロ(7回オモテ・梅津)

阪神タイガース通算成績 75勝62敗3分 対カープ 14勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神5年ぶりのVが消滅 秋山4回KO

阪神が2連敗で優勝の可能性が消滅。中日が4年ぶり8度目のセ・リーグ制覇を決めた。広島は一回、梵の左越え先頭打者本塁打で先制。四回無死一、二塁、秋山の三塁悪送球で1点。石原の中犠飛、梵の右前2点適時打で突き放した。ソリアーノが4安打完封で来日初勝利を飾った。阪神は先発のルーキー秋山が4回6安打5失点で降板。

ソリアーノは「阪神はいいチームだから勝ててよかった。今日はコントロールがよかった」と日本語で話した。(デイリー)


昨日の敗戦を引きずったまま広島カープにも破れ、真弓阪神終戦。
中日は明日のヤクルト戦を待たずして、4年ぶりのセ・リーグ優勝。
今度は日本シリーズ進出をかけ、クライマックスシリーズに挑むわけですが、
正直クライマックスシリーズは辞退して、今シーズンは終わって欲しい。
恥の上塗りになりそうで・・・ファンとしては勘弁して欲しい。

タイガース先発は若武者・秋山。
4連勝中と好調のアッキャマンも今日は元気なさげ。
初回梵にレフトスタンドへ先頭打者ホームランを浴びれば、
4回には嶋、栗原の連打から廣瀬の送りバントを秋山が三塁へ悪送球。
フィルダースチョイスで1点を返され、なおも無死1・2塁。
続く小窪にライト前ヒットを打たれ、無死満塁から石原にセンター犠牲フライ。
このあと2死までこぎつけるも、梵に今度はライトへ2点タイムリー。
今日の秋山は4回を投げ6安打5失点とプロ入り最短KO。

秋山が救世主でもいつまでも勝てるわけでもないし、失敗もあるわけで。
今日のピッチング内容を次にどう生かすかが秋山の次回までの課題。
クライマックスシリーズは進出濃厚だから、出番は十二分にあるはず。
秋山の意地を最後の最後に、相手球団に一泡吹かせてやろう。

打線は広島先発・ソリアーノの荒れ球に苦しめられ、4安打完封負け。
その4安打の内訳も、平野猛打賞と金本のライト前ヒットのみ。
平野が頑張っても、後に繋ぐ意識が希薄なら、打っても一緒や!

最後の最後に下位球団に足元を救われ、まさかの連敗で完全終戦。
中日や後半戦絶好調のヤクルトを見てるとやはり野球は守り。守ってナンボ。
今年もフォアボールからの失点、エラーで自滅して負けた試合が多すぎる。
自滅した格好で10勝は損しているんじゃないかと思えてならない・・・。

明日は優勝争いを見越してゲットした広島戦のチケット所持のため、
悶々とした気分で広島へ今季最終ナマ観戦に行ってきます。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ4●0阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・22回戦

【神】●秋山−筒井−福原−杉山
【広】○ソリアーノ


【勝ち投手】ソリアーノ(1勝3敗)
【負け投手】秋山(4勝2敗)

〜ホームラン〜
【広】梵13号ソロ(1回ウラ・秋山)

阪神タイガース通算成績 74勝62敗3分 対カープ 13勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神激痛!逆転負け 球児打たれた

阪神が逆転負けし、マジックが消滅。試合のなかった中日にマジック「1」が付いた。3‐1で迎えた九回、藤川球が連続四球で無死一、二塁とし、村田にこの試合2本目となる26号逆転3ランを浴びた。阪神は先発の久保が8回1失点と好投。打線も三回に平野の適時打で先制。1‐1の四回1死三塁からブラゼルが勝ち越しの右前打。五回にも鳥谷の右犠飛で加点したが、抑えの藤川球が大誤算だった。(デイリー)


甲子園行ってきました。
今まで見てきた阪神の試合の中で史上最悪の試合だったかもしれません。
甲子園へ詰め掛けた47027人のファンは何が見たくて球場へ足を運び、
雨の中を大声援を送ったんでしょう・・・ベンチは球場の雰囲気が読めてない。
矢野さんの引退試合なのに主役の出番はなく、挙句の果てに逆転負け。
優勝へのマジックは消滅し、代わって中日ドラゴンズにマジック「1」
明日、阪神が負ければ中日が4年ぶりの優勝であります。

試合は8回4安打1失点で凌いだ先発・久保が試合を作った。
4回に村田にレフトへ一発を食らうも、それ以外は3塁を踏ませぬ内容。
今日もテンポ良く城島へのミットめがけて投げ込んでくれたおかげで、
試合展開が早いこと早いこと。今日の内容で勝利がつかなかったのが残念。
久保はシーズン途中に一時不調に陥るも、大事な試合では本当に頑張った。
久保が年間通してローテで頑張ってくれたおかげが今日の順位の現われだ。

打線は3回、坂のレフト前ヒットを足がかりにチャンスを作れば、
2死3塁から平野がセンター前タイムリーを放って先制。
同点に追いつかれた4回には先頭の新井さんの右中間2ベースを放ち、
ブラゼルがライト前タイムリーを放ってすかさず勝ち越し。2−1。
5回にはマートンのライト前ヒット、平野右中間2ベースで1死2・3塁で
鳥谷がライト犠牲フライを放って、3点目。なおも2死3塁の場面で
続く新井さんもセカンドへいい当りも放つも、ベイ・藤田の好守に阻まれ、
さらなる追加点は入らず・・・。今日は藤田の守備に2点はもぎ取られた。

久保のリズミカルなピッチングに乗って3−1のまま、試合は9回へ。
今日の内容からして9回も久保にマウンドを託してもよさげでしたが、
マウンドには我らが守護神・藤川球児。キャッチャーは矢野・・・ではなく城島。
点差、矢野さんのひじの状態を考慮して、2アウトから矢野さん投入・・・
なんて考えが監督の頭の中にはあったのかもしれませんが、これが裏目。
イニングの頭には矢野コールがスタンドから湧き出たせいもあってか、
球児は力みからかストライクが入らず、二者連続フォアボール。
いい形で矢野さんへ繋ごうとした意識が最悪の結末、村田勝負へ・・・。

以前、広島の佐々岡投手の引退試合でも容赦なく一発を放り込んだ村田。
球児に対して、粘る村田を見ていて嫌な予感はしたんですが・・・。
レフトスタンドへまさかの逆転3ラン。唖然呆然、静まり返るスタンド。
優勝争いで1敗も許されず、矢野さんの引退試合でもある試合で、
一番やってはならない展開に持ち込んでしまった、球児に真弓監督。
矢野さんの引退試合に泥を塗った格好の球児にとって大きな敗戦。
残り試合、クライマックスシリーズに変に影響しなければいいが。

9回ウラ2アウトから必死のパッチで関本、マートンの連打で2死1・2塁。
同点、サヨナラのチャンスへ持ち込むも最後は平野がショートゴロで終了。

試合後は選手、首脳陣がマウンド上で一斉に集まるも拍手はまばら。
このあと矢野さんの引退セレモニーへと続いたわけですが、
敗戦のショックが大きく、ファンも矢野さんも微妙な雰囲気でした。

矢野さんのセレモニー、ありがとうの想いはまた別の機会に書きます。
簡単ではありますが、矢野さん20年間お疲れ様でした。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●4横浜ベイスターズ〜甲子園・22回戦

【横】大家−寺原−○牛田−S山口
【神】久保−●藤川球

【勝ち投手】牛田(2勝1敗)
【セーブ】山口(2勝8敗29セーブ)
【負け投手】藤川球(3勝4敗28セーブ)

〜ホームラン〜
【横】村田25号ソロ(4回オモテ・久保)村田26号3ラン(9回オモテ・藤川球)

阪神タイガース通算成績 74勝61敗3分 対ベイスターズ 15勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が夢つなぐM7 能見対巨人7連勝

阪神が逆転勝ちで優勝マジックを7とした。0‐1の三回、坂の適時三塁打、新井の適時打などで3点を挙げ、逆転に成功。先発・能見は6回1失点の粘投で球団3人目の対巨人7連勝。七、八回は久保田、九回は藤川球が無失点に抑えた。巨人のリーグ4連覇の可能性はなくなった。三回にラミレスの適時打で先制したが、その後は再三の好機をつぶした。ホームランの判定がビデオ判定で三塁打に覆った坂は「完ぺきな感じだったので入ったと思ったが、(あと一歩)力がないということ。今日から筋トレする」と笑顔を見せた。
(デイリー)


阪神・巨人最終戦、逆転V争い2戦目は阪神勝利、崖っぷちで踏みとどまり、
巨人の敗戦で中日、阪神、巨人、セ・リーグ三つ巴優勝争いから巨人脱落。
これで2010年セ・リーグ優勝争いは竜・虎一騎打ちへ。

タイガース先発はエースで巨人キラーの能見が先発。
いつものようにストレートで押し、三振を奪取する快投ではなかったものの、
悪かったら悪いなりに工夫し、打たせて取る内容で6回6安打1失点。
3回に坂本の内野安打、小笠原へフォアボールを与え、2死1・2塁。
4番のラミレスにレフト前先制タイムリーを許し、失点。
4回にも長野、古城に連打を食らい、無死1・2塁のピンチを迎えるも、
ここから脇谷、大道を連続三振、続く坂本もセカンドフライで無失点。
今日の能見が奪った3三振のうち、いいところで2三振奪取!
5回も1死から小笠原、ラミレスに連打を食らうも、阿部をセカンド併殺。
阿部のセンターへ抜けようかという当りを坂が必死に追いつき、もぎ取れば
坂→鳥谷→関本と流れるような併殺プレーは見事でありました。

打つほうは1点を追う、3回に関本のライト前ヒットでチャンスメイク!
続く坂はライトへ痛烈な当り、弾丸ライナーで一時はホームラン判定の打球。
しかしながらフェンスラバーに跳ね返っての打球で同点タイムリー3塁打。
このあとマートンがレフト犠牲フライを放って、勝ち越しに成功すると、
平野デッドボール、鳥谷ライト前ヒットでさらにチャンスを拡大すれば、
新井さんがセンター前タイムリーを放ち、巨人先発・ゴンザレスをKO!
6回、7回にも追加点のチャンスはあったものの、巨人も必死の抵抗。
東野、朝井と打ち崩せていたなら、もっと楽な展開だったんだけど。

7回からは絶好調・久保田が連日の2イニングをピシャリ!
唸るストレート、切れ味鋭い変化球、今の久保田は無双状態!頼もしい!
9回は我らが球児参上!球児も気合い満点のピッチング!
2アウトから松本にヒットを許すも、最後は坂本をライトフライにしとめ、
崖っぷちで踏みとどまる大きな大きな1勝!

打線から不振で、ゴンザレスに相性の悪いブラゼルの名前が消え、
5番・金本、7番・関本を入れて打順をいじったのが、功を奏した。
監督の期待に応えた関本は2安打に守備でもナイスプレーを繰り出し、
スタメンで期待に応え続ける坂も攻守にいいプレーを見せつけ、
優勝へチーム一丸となって突き進む姿は、みんなかっこいいぞ。

今日の勝利で優勝へのマジック7。
厳しい条件ながらも、奇跡は起こすためにあるもの。起こしたらんかい!!
明日は甲子園参戦予定も雨予報が出ているのが気がかり。
個人的には行きたい気持ちはあるけど、チームの為には雨もよかったり?
明日試合があるならば、矢野さんの弾ける笑顔で勝利を決めたい!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3○1読売ジャイアンツ〜甲子園・24回戦

【巨】●ゴンザレス−高木−東野−朝井−山口
【神】○能見−久保田−S藤川球

【勝ち投手】能見(6勝)
【セーブ】藤川球(3勝3敗28セーブ)
【負け投手】ゴンザレス(5勝13敗)

阪神タイガース通算成績 74勝60敗3分 対ジャイアンツ 12勝12敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が3位転落 スタンリッジが大誤算

阪神は先発のスタンリッジが大誤算。3回6安打5失点で降板した。打線は、マートンがセ・リーグ新記録の205安打を放つなど、七回までに5点を奪ったが追いつくことはできなかった。巨人は初回から効果的に得点を重ねた。阪神が3位転落、巨人が2位に浮上。

阪神・真弓監督は「立ち上がりは何とか失点を防がないとね」と一回の3失点を悔やんだ。スタンリッジも「こんな大事な試合でチームに迷惑をかけ申し訳ない」と反省しきりだった。(デイリー)


再び崖っぷちへ追い込まれたタイガース。
スタンリッジ背信の投球で、3回6安打5失点KO。
夜の帝王・スタンに期待も、巨人戦は防御率4点台と苦手なスタン。
そのデータが裏付けるように、初回から巨人打線に掴まる大誤算ピッチング。
初回、1死から松本、小笠原、ラミレスの3連打で1点を失うと、
続く阿部にデッドボールで満塁になり、今日から復帰の長野にタイムリー、
古城にはまたまたデッドボール、これが押し出しになり3点ビハインドの展開。

タイガースもすかさずウラの回にマートンのライト前ヒット、平野犠打、
新井さんの右中間タイムリー2ベースで反撃の1点を奪い、2点差。

スタンは2回に三者凡退で状態の上がったかと思いきや、3回に再び失点。
2死からイ・スンヨプにフォアボール、長野内野安打、古城にフォアボール、そしてピッチャーの内海にレフト前2点タイムリーで1−5。
初回、古城への押し出しデッドボール然り、3回の内海の2点タイムリー然り、打ちとって当たり前の場面での余計な失点が最後まで大きくのしかかった。
2番手の渡辺も4回に1死から松本にセンター前ヒット、バッテリーミス、
そして小笠原にセンター前タイムリーを放たれ、さらに巨人追加点。
当たり前のことが当たり前のように出来ていれば、今頃優勝してるはず。
シーズン通して守りの野球が出来なかったのは残念でならない。
大事な試合でこんなミスを犯しているチームだから、最後までしんどいんだ。

打線は初回に得点して以降は内海にいいように抑えられていましたが、
6回にマートンのライト前ヒット、巨人バッテリーミスから反撃。
平野が右中間タイムリー3ベースを放てば、鳥谷がセンターへ追撃2ラン!
5点差も一気に2点差に縮まり、依然ノーアウトでさらに追加点という場面も、新井、ブラゼル、城島が2番手・久保に封じ込まれ、追加点ならず。
6回に一気に攻め込めば、久保田−球児の鉄壁リレーも見えたんだが・・・。

7回には3番手・福原が阿部に技ありのホームランをライトへ運ばれ3点差。。7回ウラに阪神も桜井の一発で再び2点差に追い上げるも・・・。
7回、8回、9回は巨人・山口、阪神・久保田がナイスリリーフで凌ぎ、
阪神打線も最終回にクルーンからブラゼルが振り逃げで出塁し、無死1塁。
代走の坂が盗塁を決め、1点差、同点、サヨナラへのお膳立てをするも、
城島、桜井、林の前にクルーンが立ちはだかり、反撃ならず試合終了。

マジック「8」は変らぬものの、巨人と入れ替わり3位転落。
8連勝すれば文句のなしの優勝も、厳しい道のり。
もし明日負けることがあれば、中日にマジック「1」が点灯。
明日は巨人キラーでエースの能見に託して・・・。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5●7読売ジャイアンツ〜甲子園・23回戦

【巨】○内海−久保−山口−Sクルーン
【神】●スタンリッジ−渡辺−福原−久保田

【勝ち投手】内海(11勝8敗)
【セーブ】クルーン(4勝2敗24セーブ)
【負け投手】スタンリッジ(10勝5敗)

〜ホームラン〜
【巨】阿部43号ソロ(7回オモテ・福原)
【神】鳥谷18号2ラン(6回ウラ・内海)桜井9号ソロ(7回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 73勝60敗3分 対ジャイアンツ 11勝12敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
矢野「涙の胴上げ」2軍最終戦で下柳とバッテリー

今季限りで現役を引退する阪神・矢野燿大捕手(41)が25日、鳴尾浜球場でウエスタン・リーグ最終戦となる中日戦に途中出場。8回に代打で左前打を放つと、9回は下柳とバッテリーを組み、勝利に貢献した。詰めかけた虎党へ捧げた、惜別の全力プレー。試合後のセレモニーでは中日、阪神の各選手から胴上げされた。

▼阪神・矢野 
感謝しかない。試合前は2人の時間を楽しもうと思ってたけど、1年間、鳴尾浜で戦ってきたメンバーにとっても大事な試合。捕手の本分も思い出させてくれたし、0で終われて良かった。(スポニチ大阪)


矢野さんの引退セレモニーが一足お先に土曜日の鳴尾浜で開催。
当日は鳴尾浜球場に入場制限がかかるほどの盛況振りだったらしく、
矢野さんがファンに愛されていたのが改めてわかったし、嬉しい出来事だ。

8回ウラに代打で登場すると勝ち越しのお膳立てとなるレフト前ヒットを放ち、9回には盟友・下さんと1年ぶり、1イニングだけのバッテリー。
下さんはいつも通り、矢野さんのサインに首を横に振ることなく、
打者5人に対し1安打1フォアボール2三振、18球の真剣勝負。
最後の打者・セサルを空振り三振に打ち取り、矢野さんのいつもの笑顔。
マウンドに駆け寄り、待ち受ける下さんとガッチリ抱擁。
息のあった名コンビだったし、二人ともいい笑顔で、おっさんながら素敵です。

30日には一軍で矢野さんの引退試合、引退セレモニーが開催予定。
優勝争いをしてる時期なので矢野さんの一軍昇格は微妙なところで、
もしかしたらセレモニーだけで終わってしまう気もしないではないですが、
もし一軍昇格があるならば、球児とのバッテリーで最後を締めて欲しいです。

矢野輝弘、20年目の最終シーズンも残すところ、あと3日。
30日は甲子園にナマ観戦し、矢野さんにありがとうを伝えにいきます。

奇跡の逆転優勝で、矢野さんの最終シーズンを有終の美を飾りたい。

bsb1009260506014-p3


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・新井の逆転3ランなどで打ち勝つ

阪神が快勝。0‐1で迎えた一回、平野、鳥谷の連打で好機を広げると、新井が左中間へ19号3ランを放ち逆転に成功した。六回には坂の2点三塁打と代打・林のタイムリーで3点を加え、七回にもブラゼルの適時打などで2点を挙げた。六回途中1失点のメッセンジャーが5勝目。逆転3ランが決勝点となった新井は「久しぶりに会心の当たりでした」と振り返った。

広島はジオが6回6失点で7敗目。(デイリー)


甲子園行ってきました。
負けられない雰囲気が甲子園球場に充満してて、ある意味殺気立った感じ。
選手もファンも気合入りまくりの今日の一戦でした。

タイガース先発はメッセンジャー。
初回、1アウトから木村にフォアボールを与え、栗原にレフト前ヒットで、
2死1・3塁となって、続く嶋にセンター前ヒットを打たれ、先取点献上。
今日もダメッセンジャーかと思いきや、続く廣瀬は三振でピンチ脱出。
立ち上がり不安定も最小失点で切り抜けたのが功を奏して、
6回オモテ途中に降板するまで、メッセンジャーはスイスイピッチング。
その6回に木村にヒット、栗原にフォアボールで1死1・2塁のピンチも、
2番手のナベちゃんが嶋、廣瀬を打ちとって勝利の流れをガッチリキープ。

打つほうは1点を取られたウラの回にすかさず反撃!
平野レフト前ヒット、鳥谷ライト前ヒットで勝ち越しのチャンスを作ると、
我らが4番・新井さんが待ってましたとばかりに左中間へ逆転3ラン!
新井さんのドヤ顔は確認できずですが、狙った一発だったように思います。

試合は3−1のまま進んだ6回ウラに打線が効果的な中押し点。
6回1アウトから城島がライト前ヒット、続く金本は平凡なサードフライ・・・
でしたが、サード中谷が甲子園の風を読みきれず、ポロリ(笑)
今日の甲子園はホームからバックスクリーンへのフォローの風。
若い中谷くんには難しかったかな。この当りで城島はナイス走塁!
1死1・2塁のチャンスをいただき、坂がライト線へ2点タイムリー3ベース!俊介、坂と共に攻撃的な走塁が効果的な追加点を生み、チャンスは続き、
代打で登場の林ちゃんがどん詰まりながらも気迫のセンター前タイムリー!
7回にはブラゼルのライト前タイムリー、城島のサードゴロの間の得点で、
さらに2点を追加し、ダメ押しのダメを押して8−1。

7回から3番手に久保田が2イニングをパーフェクトに抑えると、
最終回は球児ではなく西村が登場!・・・も西村が不安な内容。
栗原、嶋に連続四死球を与え、中谷に右中間タイムリー2ベース、
石原を三振に奪うも、バッテリーミスが生じ、振り逃げにより失点。
最後は會澤、梵を連続空振り三振で仕留めるもスッキリしない締めでした。

横浜ではドラゴンズがベイスターズに追い上げられながらも逃げ切り勝ち。
神宮では巨人がスワローズに競り勝ち、中日、阪神のマジック点灯はなし。

負けられない残り10試合の1勝を手に入れ、残り9試合。
マジック云々にうつつをぬかす余裕もない一戦必勝体制のタイガース。
今日の試合を観てるとみんな力が抜けた感じで、状態は上向きだと思う。
ブラゼルも絶不調は抜け出した感もあるし、最後の最後にもう一噴火して、
首位で終わるにしろ、2位で終わるにしろ、落合中日を苦しめて終わろう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース8○3広島東洋カープ〜甲子園・21回戦

【広】●ジオ−大島−中田
【神】○メッセンジャー−渡辺−久保田−西村

【勝ち投手】メッセンジャー(5勝6敗)
【負け投手】ジオ(8勝7敗)

〜ホームラン〜
【神】新井19号3ラン(1回ウラ・ジオ)

阪神タイガース通算成績 73勝59敗3分 対カープ 13勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が中日に意地の勝利で2位浮上

阪神が意地をみせ、連敗を2で止めた。2位に浮上し、首位とのゲーム差は再び2・5。初回、2死満塁から城島が先制の2点左前適時打。三回には新井が中犠飛。七回にはマートンが史上4人目のシーズン200安打となる17号ソロ。八回にもマートンが適時二塁打を放ち突き放した。能見は7回5安打1失点の好投で今季無傷の5連勝。マートンは「記憶に残るホームラン。きょうの勝利で勢いに乗って、1位を目指したい」と話した。(デイリー)


昨日のサヨナラ負けが強烈なショック療法になったかな(笑)
みんな吹っ切れたようにバットが振れ出して、6得点で連敗脱出。
首の皮も擦り切れるような感じで残ってるし、残り10試合頑張るか!

打線は初回、ドラゴンズ先発・吉見から平野、新井さん、ブラゼルと
3つのフォアボールをもらい、これ以上ない先制のチャンスで城島。
カウント2−2から変化球をレフト線へ2点タイムリーを放ち、先制。
昨日までの試合はここぞの一打が出ぬまま流れをドラゴンズに明け渡し、
敗戦へと繋がっていただけに、この2点はチームに大きな自信になった。

タイガース先発はエース・能見が中4日でマウンド。
初回からエンジン全開で今日にかける気合いがヒシヒシ伝わるマウンド。
初回に森野にピッチャー強襲ヒットを浴びるも、常にストライク先行、
以降は3者凡退に抑え、守りに攻撃にリズムをつけた見事なマウンド。
6回ウラの唯一の失点も森野の技ありホームラン。打ったほうが見事だ。

能見がエンジン全開で飛ばすマウンドにつられ、打線は3回にも追加点。
1アウトから鳥谷が右中間を破る当り。快足を飛ばして3塁を陥れると、
新井さんが泳がされながらもセンターへ効果的な犠牲フライで3点目。
5回、6回にも追加点のチャンスがあったものの生かせず。
でもこの2イニングはマートン、大和が二盗を敢行し見事成功。
得点に繋がらなくとも攻めの野球は後の攻撃に繋がるのだ。

7回オモテには先頭のマートンが17号ソロをレフトスタンドへ。
この貴重な一発は球団史上初の200本安打!頼もしい追加点!
打って打って打ちまくって、シーズン終了時にはイチロー越えやね。
マートンは虎の安打製造機・・・いや神様だ。マートン、おめでとう!!

8回にも大和のライト前ヒットから2アウト3塁の場面で再びマートン。
今度はセンターバックスクリーンへ!2ランホームランとなり大盛り上がり・・・
でしたが、ドラゴンズの抗議によりビデオ判定に持ち込まれ、結果2塁打。
ラバー部分のトップに当たっていたとかで・・・喜んだ側は無念だ。
9回には新井さんの内野安打からブラのライト前タイムリーで6点目。

能見が7回を1失点で凌げば、久保田が8回、球児が9回を締め、
連敗ストップ、ナゴヤでの5月5日以来の勝利を決め、再び2位浮上。
ドラゴンズ優位、タイガースの苦しい立場は依然変らずですが、
今日のような吹っ切れた野球をすれば、勝利は必ずついてくる。
06年のような怒涛の猛追撃で落合監督をもう1回泣かしてやろうぜ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ1○6阪神タイガース〜ナゴヤドーム・24回戦

【神】○能見−久保田−藤川
【中】●吉見−小林正−鈴木−平井−清水昭

【勝ち投手】能見(5勝)
【負け投手】吉見(12勝9敗)

阪神タイガース通算成績 72勝59敗3分 対ドラゴンズ 9勝13敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が痛恨のサヨナラ負けで3位転落

中日が球団新記録となる今季12度目のサヨナラ勝ちで連勝。両軍無得点で迎えた九回、1死満塁から、代打・堂上剛の一ゴロを阪神・ブラゼルが本塁悪送球。球団新記録となる70試合目の登板となった浅尾が、1回1/3を無失点に抑え12勝目。阪神は久保が8回3安打、無失点の好投も、打線がことごとく好機に一打を欠き、2試合連続の完封負け。「気持ちをひとつに思い切っていきました。神様お願いしますと思って走りました」と堂上剛は表情を緩ませた。(デイリー)


負けてはならない試合で痛恨のサヨナラ負け。
ドラゴンズは残り4試合を2勝2敗の5分で乗り切った場合、
タイガースは残り11試合を10勝1敗の怒涛の猛追を見せなければ、
2010年度のセ・リーグ、阪神タイガース優勝はないわけで・・・。

タイガース先発は久保。
8回を投げ、散発3安打無失点とこれ以上ないピッチング。
8回105球で降板したのと、後々の日程を考えても、この降板劇は?
こういう大事な試合で好投しているピッチャーを代えると流れは得てして
相手側へいってしまうのは不思議な話。
負けたからじゃないけど、いちゃもんのように変に勘ぐるんだけど、
久保の8回降板が9回に代打で金本を使ったが為の打順調整なアホだぜ。
大事な試合で、久保が奮闘しているんだから心中するぐらいで挑まないと。。あの内容で久保が打たれたところで打たれたら諦めもつく。
今に始まったことじゃないけど、真弓阪神には勝負勘がないのが残念。

打線はドラゴンズ先発・山井に対して5安打を放ち、チャンスはちらほら。
初回、2アウトから鳥谷、新井さんの連打で先制のチャンスを得るも、
ブラゼルが空振りの三振。3回は2死3塁で新井さんセンターフライ。
5回は坂のセンター前ヒットから1死2塁もマートン、平野が揃って凡退。
6回には鳥谷フォアボール、新井さんレフト前ヒットで無死1・2塁も、
ブラが当てにいく打撃を見せて最悪のセカンド併殺、2死3塁も城島凡退。
8回もマートンフォアボールから平野が送り1死2塁も後続が揃って凡退。

あと一本が出ないナゴヤドームの呪縛。ナゴヤに来て2試合連続完封負け。
球場までの経路を変え、ベンチに盛り塩をしても、こんなもんよ(笑)
ため息も出ない。

5度のチャンスを生かせず、好投の久保も8回で降板。
沈黙していたドラゴンズ打線が蘇るのも当たり前で、9回に一気の攻め。
2番手・久保田から先頭の藤井がサード内野安打でサヨナラの雰囲気。
これに乗じて森野、和田と連打で続いて無死満塁。
ここで久保田がブランコを空振り三振にしとめ、まず1アウト。
ここで久保田から3番手・球児へスイッチ。もう後がない継投策。
ドラゴンズも浅尾を諦め、代打に堂上兄が登場で一か八かの勝負。
結果はどん詰まりのファーストゴロもブラが打球を握り損ね、悪送球。

本塁上、一塁ベース上で盛り上がるドラゴンズナイン。
うなだれてベンチへ引き下がるタイガースナイン・・・結果は言わずもがな。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ1×●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・23回戦

【神】久保−●久保田−藤川
【中】山井−○浅尾

【勝ち投手】浅尾(12勝3敗1セーブ)
【負け投手】久保田(6勝3敗)

阪神タイガース通算成績 71勝59敗3分 対ドラゴンズ 8勝13敗2分


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が接戦を落とし、首位と2・5差に

阪神が接戦を落とし、首位・中日との差が再び2・5ゲームに広がった。先制したのは中日。四回、1死一、三塁から、野本が中犠飛を放った。さらに六回には、2死二塁から、野本の左前適時打で2点目。阪神・スタンリッジは7回を7安打2失点と好投したが報われずに降板。中日・チェンは8回まで4安打無失点の好投で13勝目を挙げた。スタンリッジは「2球の失投がそのまま生かされて点につながった」と話した。中日が両リーグ通じて最速のCS進出を決めた。(デイリー)


ナゴヤドームが鬼門だとか、今日勝てばマジック点灯だとか・・・。
選手は意識してないんだろうけど、ここ一番の試合でホント弱い。

タイガースの先発スタンリッジ。7回を投げ7安打2失点。
4回に和田のセンター前ヒットから、ブランコにライト前ヒットを食らい、
続く野本にきっちりセンター犠牲フライを決められて先制。
6回にも和田のヒットから野本がレフト前タイムリーを放ち、2点目。

今日のスタンリッジは7回以外は毎回のようにランナーを背負っての内容も、2失点で切り抜け、良く頑張った。打線の援護がなかったことのに尽きる。

ドラゴンズ先発は天敵・チェン。
初回にマートンが左中間への2ベースで先制のチャンスを作るも、
平野がバントできず、後続もつられて凡退と流れを引き寄せられず。
3回にも平野のレフト前ヒット、鳥谷フォアボールで2死1・2塁も、
新井さんがセカンドゴロに倒れ、先制のチャンスを逸失。
1点を追う、6回には新井さんセンター前ヒットで出塁も、ブラゲッツー。

今季チェンに対して3勝1敗と打ってただけに、淡い期待もしましたが・・・。
初回から飛ばし気味だったチェンですが、飛ばしたまま8回4安打無失点。
天下分け目の決戦で最高のピッチングをされては、どうしようもない。

今日も平野がバント失敗の場面がありましたが、
無死2塁でバントで手堅くいくのも、どうなのかなと思う。
状況も初回だったし、結果はどうあれ攻めの姿勢を示したほうが、
打線にも勢いがついただろうし、チェンの内容も少しは違ったかもしれない。

今日はマートン1安打、平野2安打、新井さん2安打と3人で5安打。
強力ダイナマイト打線を擁しても、主軸を封じ込められては・・・。
新井さんが不振を脱しつつあるけど、ブラゼルがどん底なのが痛い。

投手陣がここへ来て踏ん張ってるだけに、ダイナマイト打線よ、爆発してくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ3●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・22回戦

【神】●スタンリッジ−渡辺
【中】○チェン−浅尾−S岩瀬

【勝ち投手】チェン(13勝10敗)
【セーブ】岩瀬(1勝3敗41セーブ)
【負け投手】スタンリッジ(10勝4敗)

阪神タイガース通算成績 71勝58敗3分 対ドラゴンズ 8勝12敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・秋山が4連勝 林、城島が祝砲

阪神が逆転に成功した。三回に1点を返し、なお1点差で迎えた四回2死一塁、林がグライシンガーから右翼に4号逆転2ランを放った。八回には城島が26号ソロで追加点を奪った。先発の秋山は6回を7安打2失点の好投で4連勝。七、八回は久保田、九回は藤川球が抑えた。阪神は5カードぶりの勝ち越し。秋山は「調子はよくなかったが、林さんのホームランで逆転してくれた。僕が投げ切れば、久保田さん、藤川さんが抑えてくれるんで安心していた」と話した。林は「つないでつないでの気持ちだったが、最高の結果になった」と笑顔を見せた。(デイリー)


調子が良くなかったといいながらも6回7安打2失点と踏ん張った秋山。
確かに今日の秋山はボールが上ずり気味で、コントロールもバラつき気味。先週のヤクルト戦では各打者がタイミングに全く合わず・・・という場面が多々見られ、今日は巨人打線にタイミングを合わせられ、捕らえられてたものの、
要所を締め、最小失点の2点で切り抜けたのは立派。
高卒ルーキーとは思えないマウンド捌き、マウンド度胸。
優勝争いをしてる負けられないマウンド、しかも登板前日はいつも負け試合。失敗の許されないマウンドで4度登板し、いずれも連敗阻止で4連勝。
先発駒不足で苦し紛れに出してきた秋山が、いまや救世主。
アッキャマンが救いに来てくれてなかったら、今のタイガースはない。
この優勝争いのカギはアッキャマンが握ってるかもしれないなぁ。

打線は巨人先発・グライシンガーに初回、2回と抑えられるも、
3回ウラに坂のセンター前ヒットから反撃の狼煙をあげ、秋山がバント成功。得点圏に走者を進め、2死から平野がセンター前タイムリーを放ち1点差。
故障明けのグライシンガーを攻め立てたい打線は4回ウラにも追加点。
先頭の新井さんがグライシンガーの右手を強襲する内野安打で出塁。
この新井さんの強襲ヒットがグライシンガーのリズムに微妙な影響を及ぼし、ブラゼル、城島と打ち取られるものの、7番の林ちゃんが一球撃命!
グライシンガーのストレートをライトスタンドへ逆転2ランホームラン。
前打席でもフェンス手前のライトフライを放って、タイミング自体は悪くなく、
今日の甲子園はいつもの浜風が吹かず、「凪」の状態だったのもあって、
林ちゃんに一発を期待していたところでの、この一撃!
右投手の時のみの起用な林ちゃんだけど、やっぱりあの長打は魅力。
守備が不安だろうけど、それは守備固めで解決する話。左右関係なく出せ!

5回には2死1・2塁、6回には1死満塁のチャンスがあったものの無得点。
今日は得点圏に走者がいる状態で3度マートンに打席が回るも、3タコ。
特に6回の満塁の場面では珍しく泳がされてセカンド併殺打。
マートンも人の子。明日からはまた爆発頼むぜ。

1点リードのまま、7回のマウンドには2番手・久保田。
今日も力強いピッチングで2イニングを1安打3三振と巨人打線をぶった切り。久保田がマウンドに上がると、球児以上の抑えてやるオーラが出ているのと、あの表情を一切変えないポーカーフェイスがまるで仁王様のようで、
打者はあの久保田の姿を見ただけで、対戦する前から気負けしてそうだ。

久保田の気迫のピッチングのあとの8回ウラの攻撃では城島が追撃の一発。
喉から手が出るほど欲しかった1点をレフトスタンドへ着弾させると、
2点差をもったまま、最終回のマウンドには我らが守護神・球児登場。
2アウトから古城にヒットを食らうも、最後は坂本を空振り三振締め。

阪神、巨人とも負けられない一戦でなんとか勝ち越し、逆転優勝へ望み。
神宮では中日がヤクルトに逆転負けを食らい、ゲーム差は1.5ゲーム。
明日からナゴヤ3連戦でも相変わらず苦しい立場は変らないものの、
最低でも2勝1敗でもいけそうな、ちょっとの余裕ができたのも事実だ。

明日からの頂上決戦の阪神の先発予定はスタン・久保・能見。
中日はチェン・山井・吉見と両軍、表ローテ3枚のガチンコ勝負。
今シーズン吉見に対し2勝2敗、チェンに対しては3勝1敗と苦手意識なし・・・
なことはないけど、そこまで卑屈になることもないかも。
ナゴヤドームで無敵を誇るドラゴンズもいつまでも勝てる訳もないし、
そろそろウチが勝ち越してもおかしくないだろうし。
まぁ明日、あさって連勝して勝ち越してしまえ。めちゃくちゃしたれ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○2読売ジャイアンツ〜甲子園・22回戦

【巨】●グライシンガー−高木−MICHEAL−山口−越智
【神】○秋山−久保田−S藤川球

【勝ち投手】秋山(4勝1敗)
【セーブ】藤川球(3勝3敗27セーブ)
【負け投手】グライシンガー(2敗)

〜ホームラン〜
【神】林4号2ラン(4回ウラ・グライシンガー)城島26号ソロ(8回ウラ・越智)

阪神タイガース通算成績 71勝57敗3分 対ジャイアンツ 11勝11敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神追い上げ届かず 順位は動かず

序盤に大量点を奪った巨人が逃げ切った。初回、2死一、二塁から阿部の左2点二塁打で先制。続く矢野の適時打、脇谷の2点適時打でこの回5点を奪った。二回にはラミレスの右犠飛で加点。巨人・原監督は「(阿部)慎之助のタイムリーは大きかった。価値ある初回でした」と満足そうだった。

阪神は先発のメッセンジャーが2回6失点降板の誤算。マートンの16号ソロ、ブラゼルの45号ソロなどで反撃したが及ばなかった。阪神、巨人の順位は動かず。(デイリー)


中日追撃シリーズ第2戦は巨人が勝ち、1勝1敗のタイ。
勝率は阪神が上回るため2位のままだけど、ゲーム差なしで巨人が追走。
今日の試合をモノにしてれば、ちょっとだけ余裕が生まれそうだったけど、
そんな上手い具合にいかない。

タイガース先発はメッセンジャー。立ち上がりに掴まり、初回に一挙5失点。。結果的に5失点だったけど、内容的には紙一重の内容だったと思う。
初回、坂本にレフト前ヒットを許し、続く松本は送りバント失敗からの強攻策。松本はセンター前ヒットを放ち、これが逆に巨人には吉と出てしまった。
小笠原、ラミレスはセンターフライに打ち取り2アウトまでこぎつけるも、
阿部に左中間を破られる2点タイムリー2ベースで先制。
ここから巨人打線の餌食になり4連打であっという間の5失点。
メッセンジャーは立ち上がりのいいピッチャーではない上に、
序盤の失点が高い確率で大量失点に繋がってしまうのが玉に瑕だ。

結局今日のメッセンジャーは2回にも失点し、2回8安打6失点と散々。
メッセンジャー以降の中継ぎが3回以降を無失点で凌いだのを思うと・・・。

メッセンジャーの6失点をハンデに巨人先発・藤井に対した打線は、
初回から巨人打線に負けじとヒットを放ち、1回から4回まで得点圏に
走者を進めるもビックイニングに繋げることが出来ず。
3回ウラにマートンが左中間へ一発を放つも、ソロホームランとちぐはぐ。

4回ウラには俊介、マートンのヒットで、2死1・3塁のチャンスから
平野がショート内野安打になろうかという深い所へ当りを放つも、
坂本の送球に気迫のヘッドスライディングが一歩及ばず間一髪でアウト。
平野のヘッドスライディングは気合いの入る好きなプレーだけど、
今日のあの場面では1塁を全力で駆け抜けて欲しかった。
たらればになるけど、駆け抜けていればあれはセーフだったと思う。

6回ウラには城島のレフト前ヒット、俊介がレフト線2ベースを放って、
1死2・3塁で代打に関本が告げられるも中途半端な打撃で1塁ゴロ。
この1塁ゴロの間に1点を奪い、2死3塁も次のマートンが続かず。
8回ウラにはブラゼルがリーグ単独トップの45号ソロを左中間へ。
9回ウラには巨人の守護神・クルーンを攻め立て、桧山のライト前ヒットから、
鳥谷がレフト前タイムリーを放って、2点差に迫るも反撃はここまで。

マートン、平野、鳥谷、新井、ブラ、城島と3割打者がズラリと並ぶ打線。
各打者満遍なく打ってるんだけど、点が線になってないのが歯がゆい。
特に今日の巨人先発の藤井なんて打ち負かせそうな感じだっただけにね。
まぁ本をただせば6失点したメッセンジャーがダメダメなんだけど、
あの6点差をひっくり返せるだけの十分チャンスはあったし、
ひっくり返して勝ってきただけに・・・今日の負けは返す返す悔しい負けだ。

神宮では中日がヤクルトに勝ったため、今日の負けで再び2.5ゲーム。
明日はなんとしても勝たないと。出来れば大勝でナゴヤに乗り込みたい。
明日も明後日も後のない試合の連続。一戦必勝・・・めちゃくちゃしたれ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4●6読売ジャイアンツ〜甲子園・21回戦

【巨】藤井−○山口−久保−Sクルーン
【神】●メッセンジャー−福原−渡辺−西村−筒井

【勝ち投手】山口(7勝3敗4セーブ)
【セーブ】クルーン(4勝2敗21セーブ)
【負け投手】メッセンジャー(4勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン16号ソロ(3回ウラ・藤井)ブラゼル45号ソロ(8回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 70勝57敗3分 対ジャイアンツ 10勝11敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・能見が対巨人6連勝 桧山がV打

阪神・能見、巨人・ゴンザレスの投手戦。阪神は0‐0の七回、2死三塁で能見の代打桧山が右前適時打を放ち、均衡を破った。能見は7回を投げ6安打無失点で4月24日以来の4勝目。巨人戦6連勝を挙げた。八回は久保田が3人でピシャリ。九回、藤川球が無死一、二塁のピンチを作ったが古城の打球を平野が好捕。4‐6‐3の併殺とし、無失点でしのいだ。巨人の先発・ゴンザレスも七回途中1失点と好投したが、打線の援護がなかった。

“代打の神様”桧山は「能見に勝ち星もついたし、復帰祝いにはもってこい」と話し、能見は「味方が点を取ってくれるまでは0に抑えようと思った」と語った。(デイリー)


中日追撃シリーズ第1戦は我がタイガースが先勝。
先発の能見がジャイアンツキラーっぷりを発揮して7回無失点。
能見がマウンドで孤軍奮闘してるのとは裏腹にチグハグな打線。
流れがいつ巨人側にいってもおかしくない状況で能見がよく踏ん張った!

今日は打つほうで幾度とチャンスがあったんだけど・・・なかでも平野が厄日。
1回ウラにマートンのセンター前ヒット&相手のミスにつけこんで2塁打も、
ゴンザレスの初球をバントも真正面に転がしてしまい、マートン3塁封殺。
6回ウラにもマートンがレフト前ヒットを放つも、またもバント失敗。
この回はこのあとトリがライト前ヒット、新井さんフォアボールで1死満塁も、ブラが苦手・ゴンザレスの前に思うような打撃が出来ず、1−2−3の併殺打。当たりはそこそこあるものの、なかなか食いつかない甲子園の魔物。
当りがそろそろ巨人へ傾き始めるかな・・・と思い始めた7回にチャンス到来!

1死から林ちゃんの代打にアニキ金本登場!
林ちゃんへ金本を使うのには懐疑的でしたが、そんな思いを振り払う一撃。
1ストライク3ボールから振り抜いた打球は右中間を破る2ベース!
アニキが先制のチャンスを作ると2死から好投の能見に代え、代打・桧山。
能見の好投も惜しかったけど、勝負に出た真弓監督。これが大吉。
ゴンザレスの初球を振り抜いた打球はライトへ痛烈なライナーで先制!
ベテランの意地の一振り!一気の攻め!たかが1点だけど、大きい1点。

能見が7回まで踏ん張ると、それに触発されて久保田もナイスリリーフ!
150キロ連発、松本、小笠原、ラミレスとうるさいどころから2三振!
ここに来て、無双状態と化した久保田が存在するのはめちゃくちゃ大きい。
球場に久保田の名前がコールされるたびに「えーっ」なんて言ってる奴、
最近の久保田のピッチングを知ってるのか?久保田に謝れ。拍手で迎えろ。

8回ウラにはマートンが今季21度目の猛打賞、194安打目となるサード強襲2塁打を放ち、更なる追加点を狙いにいくも平野が今日3度目のバント失敗。今日2度のバント失敗で明らかにガチガチの平野に対し3度目のバント指令。無死2塁の場面で引っ張って内野ゴロでもOKの場面なのに・・・ねぇ。
1度もバントを決められなかった平野も悪いけど、首位打者を狙らえる平野がそんなに信用できないかねぇ・・・ベンチが考えてることはわからん。

1−0のまま、試合は9回へマウンドには我らが守護神・球児。
しかしながら久保田と対照的に球児がピリッとせず、阿部、矢野に連打。
無死1・2塁、一打逆転という場面で、名手・平野が大ファインプレー!
前進守備を引いたところへ古城が痛烈なセカンドゴロ。これを平野がダイブ!驚異的な反射神経で4−6−3のダブルプレーにしとめ、一気に2アウト。
最後は脇谷が粘るも、球児のストレートの前に空振り三振で試合終了!

今日はいい意味でも悪い意味でも「平野デー」
3度のバント失敗はいただけないけど、逆転を防いだスーパープレーは◎!
能見の7回無失点、金本、桧山の意地の一振り、久保田のナイスリリーフ・・・どれもこれも大きいけど、平野のスーパープレーがいい流れを作りそう。

今週の厳しい6連戦の初戦を取れたのは大きい。
中日追撃は阪神が勝つのはもちろん、ヤクルトの協力が不可欠なだけに、
余裕をこいたことは言えないけど、逆転劇を信じて結束あるのみ。諦めるな。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1○0読売ジャイアンツ〜甲子園・20回戦

【巨】●ゴンザレス−久保
【神】○能見−久保田−S藤川球

【勝ち投手】能見(4勝)
【セーブ】藤川球(3勝3敗26セーブ)
【負け投手】ゴンザレス(5勝11敗)

阪神タイガース通算成績 70勝56敗3分 対ジャイアンツ 10勝10敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神逆転勝ちで2位浮上 新井がV犠飛

阪神が逆転勝ちで3連敗を免れ、2位に浮上した。1点を先制された直後の八回、マートンの右前打から1死二塁とし、鳥谷の右越え三塁打で同点。続く新井の犠飛で勝ち越した。久保は7回1失点で13勝目。久保田‐藤川球が終盤2イニングを無失点で切り抜けた。「先に点を取られたのは反省点。最後まで優勝を目標にして頑張る」と久保。

横浜は七回にハーパーの16号ソロで先制したが、続投の加賀が踏ん張れなかった。(デイリー)


勝つには勝ったけど、心の底から喜べる勝利じゃない。
横浜先発・加賀を打ち崩せなかったことではなく、真弓監督の選手起用だ。
8回、ヒットで出塁、猛打賞のマートンに代走・大和を起用して、
平野とエンドランでもかけるのかと思いきや、オーソドックスに送りバント。
このあと、トリのライトフェンス直撃の同点タイムリー3ベースが飛び出し、
新井さんのセンターへの勝ち越し犠牲フライが出たから結果オーライだけど、
同点どまりだったときのことも考えてマートンを引っ込めたのかな?
マートンの走塁、守備、決して悪くないと思うけど・・・意図が見えない。
マートンがベンチで不貞腐れてたけど、監督が選手を殺してどうする。

そのウラの8回の守備固めも、9回の攻撃を考えないで打線をいじって、
あげくに9回オモテの攻撃で守備固めの浅井に代打・金本って・・・なに?
金本の肩の状態のこと、点差・・・ちゃんと考えて野球をしてるのか?
球児には絶対的な信頼はあるけど、球児も人の子。ここ最近は失敗もある。
延長戦突入時のこと、雨の試合での選手の万が一のアクシデントのこと、
状況を把握できてるのか?後先考えて選手起用をしてくれ。
勝ったから大事にはなってないけど、これでサヨナラ負けでもしてたら馬鹿。
残ってる野手で小宮山と桧山だけでどうやって野球したらええんや。
バカ首脳陣はピッチャーの西村を外野につかせたことを忘れたんか。

久保の7回5安打1失点の好投も、訳のわからない選手起用で台無し。
思えば、ここまでの転落劇も先週の好投・久保を6回で降板させたのが、
けちのつけ始めなんけど、たら・ればになるから愚痴るのは止しておこう。

次の巨人3連戦、来週の中日3連戦でも首脳陣がこんな調子だと危ない。
いつかの「ベンチがアホやから野球でけへん」なんて言われないように、
しっかりと手堅い野球をしてくれ。どっしり構えて、無駄に動くな!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ1○2阪神タイガース〜横浜・21回戦

【神】○久保−久保田−S藤川球
【横】●加賀−加藤−真田−牛田

【勝ち投手】久保(13勝5敗)
【セーブ】藤川球(3勝3敗25セーブ)
【負け投手】加賀(3勝9敗)

阪神タイガース通算成績 69勝56敗3分 対ベイスターズ 15勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3位転落 横浜・田中がプロ初勝利

阪神が痛恨の連敗で3位に転落した。先発の下柳が二回途中7失点KOと期待を裏切った。打線はブラゼルの44号、七回に代打・林の2点二塁打などで追い上げたが序盤の失点が重すぎた。

横浜はプロ初先発の田中が七回途中3失点と好投し初勝利。田中はプロ3年目の勝ち星に「長かったです。すごい緊張でしたが、打者一人一人と勝負という気持ちでがむしゃらにいきました」としみじみ。打線も初回にスレッジ、二回に石川の3点適時三塁打などで援護した。(デイリー)


不振を極める金本をスタメンから外し、能見を継投に出してきたり、
勝とうという意識は伝わるけど、やってることが後手後手すぎる。
下さんには悪いけど本気で勝ちに行くんだったら、頭から能見で行け。
アニキには悪いけど、スタメンから外すんだったら、もっと早い時期だ。

先発した下さんは2回もたず6失点でKO。
中継ぎ陣が3回以降、横浜打線をパーフェクトに抑えるも、あとの祭り。

打線は3回にブラゼルがリーグ単独トップの44号ソロを放ち、
7回にはブラゼルのライト前ヒット、城島がライト線へ2ベースを放ち、
1死2・3塁から林ちゃんが右中間を破る2点タイムリー2ベースで4点差。
この後、マートンライト線タイムリー2ベース、平野もライト前タイムリーで
2点差に迫るも、反撃はここまで。

8回にも城島、林ちゃんがフォアボールを選び、一打同点の場面を迎えるも、
代打・桧山がどん詰まりのピッチャーゴロに倒れ、万事休す。

ファンが弱音を吐いてどうする・・・って思われるけど事実上の終戦。
まさかの横浜戦連敗で3位転落、首位まで3.5ゲーム。
このあと巨人3連戦、中日3連戦をともに勝ち越せるなんて思えないし。。

もう好きなように試合をやったらええ。4位に落ちないことだけよ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ7●4阪神タイガース〜横浜・20回戦

【神】●下柳−渡辺−福原−能見−久保田
【横】○田中−江尻−加藤−真田−牛田−S山口

【勝ち投手】田中(1勝)
【セーブ】山口(2勝8敗26セーブ)
【負け投手】下柳(7勝8敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル44号ソロ(2回オモテ・田中)

阪神タイガース通算成績 68勝56敗3分 対ベイスターズ 14勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が逆転負け 首位中日と2・5差に

阪神は二回、ブラゼルの43号と城島の25号ソロで2点を先制。同点にされた三回、新井の適時打で勝ち越すも直後に逆転を許した。打線は13安打を放つも12残塁で3得点。七回の1死満塁を逸したのが響いた。横浜は二回、橋本の2点適時打で同点。三回、村田の22号2ランで逆転。四回は内川が、六回は橋本が適時打を放ち点差を広げた。横浜は阪神戦の連敗を9でストップ。先発の清水が6回3失点で2年ぶりの2ケタ勝利。阪神の先発スタンリッジは5回5失点と大誤算。2位阪神と首位中日のゲーム差は2・5と広がった。逆転2ランの村田は「弾道が低かったが、ホームランになると思った」と語った。(デイリー)

首位・中日は広島に大勝し、3位の巨人はヤクルトに競り勝ち、
首位まで2.5ゲーム、3位巨人とはゲーム差なしで並ばれてしまった。

さぁ行くぞ!って場面で勝てないのが阪神タイガースというチーム。
得意の横浜戦なんだから乗っていきそうなものなのに・・・なにしてんの?

2回にブラゼルがリーグトップタイの43号ソロで先制すると、
城島も続いて25号ソロホームラン。一発攻勢で2点をもぎ取ると、
3回には新井さんがセンター前タイムリーを放って順調に追加点。
今日も横浜に対して二ケタ得点、二ケタ安打で大勝するもんだと・・・。

しかしながら先発・夜の帝王、スタンリッジが大誤算。
先制した直後の2回ウラに2アウト2・3塁、次はピッチャーという場面で、
8番の橋本に勝負を挑み、ライトへ2点タイムリーを放たれ同点。
3回オモテに勝ち越した直後にも、村田にレフトへ逆転2ランを食らい、
スタンリッジは5回5安打5失点でKO。

打線も3回以降チャンスは作るも横浜の攻守に阻まれ12残塁。
6度も先頭打者を出しながら得点に生かせなかったのが悔やまれる。

勝負どころを次の巨人3連戦、中日3連戦にあわせていたけれど、
この横浜3連戦を勝ち越すことが出来なければ、実質終戦だ。。

日曜の秋山の好投で流れを引き寄せたはずなのに、この体たらく。
2位、3位でいいなら今日みたいな野球をしてればいいさ。
優勝したければ、チーム一丸で死に物狂いで戦え!気迫が見えない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ6●3阪神タイガース〜横浜・19回戦

【神】●スタンリッジ−西村−渡辺−久保田
【横】○清水−江尻−加藤−真田−S山口

【勝ち投手】清水(10勝11敗)
【セーブ】山口(2勝8敗25セーブ)
【負け投手】スタンリッジ(10勝3敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル43号ソロ(2回オモテ・清水)城島25号ソロ(2回オモテ・清水)
【横】村田22号2ラン(3回ウラ・スタンリッジ)

阪神タイガース通算成績 68勝55敗3分 対ベイスターズ 14勝5敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!



ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
秋山あっぱれ初完封!セ高卒新人21年ぶり

阪神は先発の秋山が4安打無四球でプロ初完封勝利を挙げた。投球数はわずか93球で、チームの連敗も3で止めた。高卒新人の完封は阪神では江夏、遠山に続き3人目。86年の遠山以来、24年ぶり。セ・リーグでは89年のヤクルト・川崎以来21年ぶりの快挙。阪神は初回、鳥谷、新井の連続適時打で2点を先制。七回には秋山がプロ初タイムリーを放ち、貴重な追加点を挙げた。ヤクルトは3連勝ならず。秋山は「プロに入って一番落ち着いて投げられた。本拠地で声援も温かかった。よく打ち、よく守ってくれるので、自分も流れに乗って思いきって投げることができた」とバックに感謝した。(デイリー)


甲子園行ってきました!1ヶ月ちょっとぶりの甲子園。
夏のロードにナゴヤ、広島とついて行きましたが、やっぱ甲子園は最高!
残暑厳しいデーゲームでしたが、時より吹く浜風が心地よくって。
大勢の阪神ファンでスタンドを埋め尽くして、みんなで大声援を送って、
声援に乗って、選手はグランドで1プレーに集中、躍動して・・・。
打線も守りも疲れがピークだろうけど、今が踏ん張り時。
ここを頑張れば、今月中、もしくは来月にいいことがあるぞ!

タイガース先発は19歳の若武者・秋山。
前々回の神宮、前回の広島と秋山の登板試合はいずれもチームは連敗中。
チームが苦しいときに元気いっぱいの気持ちのこもったマウンドで、
いずれもピンチを救った「救世主」秋山。今日も信じてましたが、予想以上。
投げては4安打無四球、打っても中押しとなる3点目のタイムリーを放ち、
極めつけはタイガース史上3人目、24年ぶりの高卒ルーキーの完封劇!
ツバメ打線のタイミングを狂わせ、飄々と自分のテンポで投げ込む秋山。
今日の球速のMAXは144キロだったと思うけど、各打者ずれまくり。
ストレートに待ちきれず突っ込み気味の者もいれば、どん詰まりの者、
大きなカーブに強振するも、かすりもしなかったホワイトセルの三振なんて、
見ていて痛快だったし、秋山もさらに自信をつけたんじゃないかな?

省エネ投球で終わってみれば9回93球。
前任の背番号27のアッチソンが乗り移ったかのような気持ちのいい内容。
アッチソンも秋山もテンポ良く、見ていて安心できるマウンドで、救世主で、
背番号27は縁起のいい背番号になったね。ナイスピッチング秋山!

打っては初回、平野のライト前ヒットで先制の口火をきると、
鳥谷がすかさず左中間へタイムリー2ベースを放ち先制!
続く新井さんはレフト前タイムリーを放ち、2点目。
幸先のいい出だしでヤクルト先発・村中を早々KOするかと思いましたが、
中盤以降は完全に立ち直り、要所を併殺で切り抜けられるなどして、
追加点のチャンスすらないまま、疲れの見え始めた7回に久々のチャンス!
1アウトから城島がレフト畠山の緩慢な守備も相まって2ベースで出塁し、
俊介はファーストフライで倒れるも、ホワイトセルがアウトカウントを勘違い。
3塁ベンチに帰る気満々のホワイトセルを尻目に、城島タッチアップで3塁へ。
そして秋山がレフトへ見事なタイムリーを放てば、マートンがレフト前ヒット、
平野がセンター前ヒット、ここで青木のエラーも絡んで4−0。
8回には新井さんの右中間2ベースから、ブラの打席時に三盗を試み成功。
2アウトになるも城島がレフト線へダメ押しタイムリーを放ち、勝負あり。

投げて完封、打っては中押しのタイムリーと秋山の独り舞台。
向かっていく姿勢、攻めのピッチングを忘れずにさらに大きくなれ!
残りのレギュラーシーズン、CS、日本シリーズと19歳の若武者に頼り、
期待する場面が多々あると思うけど、その度に最高のピッチング頼むで!

火曜日からの横浜3連戦は全部取りに行け。出来ることなら3戦とも大勝で。
球児を温存し、野手も主力はある程度の場面で温存するくらいの采配で、
週末の巨人3連戦、次の中日3連戦に勝負をかけてほしいと思う。
来週は泣いても笑っても今シーズンが決まる戦いになるだけに、
いつも以上に気合いを入れて挑め!最後に笑うためにも踏ん張れよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5○0東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・23回戦

【ヤ】●村中−渡辺−橋本
【神】○秋山

【勝ち投手】秋山(3勝1敗)
【負け投手】村中(10勝8敗)

阪神タイガース通算成績 68勝54敗3分 対スワローズ 14勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
球児が打たれた!メッセ好投もむなしく

阪神は五回、2死二、三塁でマートンが放った三ゴロを名手・宮本がトンネルし、2点を先制。先発のメッセンジャーが7回無失点の好投を見せた。八回から守護神・藤川球を投入したが、1死二、三塁から内野ゴロの間に1失点。さらに2死三塁でホワイトセルに14号逆転2ランを浴びた。阪神は2試合連続の逆転負けで、引き分けを挟んで3連敗。ヤクルト・館山は7回2失点で9勝目。ホワイトセルは「みんながつないで回してくれた打席で打ててよかった。速球に振り遅れ気味だったので、(打席で)コンパクトに振ろうと思いついた」と話した。(デイリー)


タイガース先発は中2日でメッセンジャーが先発。
前回水曜日の登板では2回途中までに5失点を奪われ、危険球退場。
散々な出来だった前回から意を決しての登板で7回を2安打無失点。
水曜日は制球ままならないマウンドだったのに対し、コントロール抜群。
水曜日にけちょんけちょんにやられたピッチャーかと思うくらいに、
低めに制球され、力強いストレートがいっていたので白星をつけたかった。

打線は5安打2得点と打線が今日も不発気味。
ドラゴンズ投手陣に打線の勢いを封じ込まれた影響もあってか、
今週1週間、今日の2得点を含め、やっとこさの10得点。
その2得点も、5回ウラにアニキ、城島の連打からマートンのサードゴロを
名手・宮本がトンネルエラーをしでかしての2得点と、寂しい得点シーン。
8回にも得点のチャンスはあったものの、新井さん、ブラゼルと凡退。
チームに停滞気味な嫌なムードを一気に振り払う、大爆発が欲しいところ。
中日3連戦のチェン、山井、ネルソン。そして昨日の石川、今日の館山。
一線級を打っていかないと、残り20試合しんどいぞ。

今日のターニングポイントは8回からメッセンジャーから球児へのリレー。
ホワイトセルの2ランは打ったホワイトセルが一枚上手だったかな。
ストレートがいつもに比べたらキレはなかったようにも思えたけど、
低めのストレートをレフトポール際へ運ばれては・・・ね。
真弓監督は頭から8、9回を球児に任せるつもりで交代を告げたそうだけど、
個人的に、あんまり球児に負担をかけないで欲しいのが本音。
07年に10連勝したときに、球児10連投というのがあったけど、
その連勝後、球児がへばったのと同時にチームが失速したように、
球児はチームにとって投の要。球児は1回限定、久保田、ナベもいいだろ?
球児を使いすぎて、勝負どころでへばってしまっては元も子もない。

中日が横浜に連勝し、首位まで1.5ゲーム。3位・巨人が1ゲームで追撃。
明日はなんとしても3タテをしないと、ここまでの頑張りが水の泡。
先週も下位の広島に連敗してから、若武者・秋山に助けてもらったけど、
今回もアッキャマンにお願いするしかないみたい。明日は頼んだぞ、秋山。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2●3東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・22回戦

【ヤ】○館山−増渕−李恵踐−松岡−S林昌勇
【神】メッセンジャー−●藤川球−久保田

【勝ち投手】館山(9勝6敗)
【セーブ】林昌勇(1勝2敗29セーブ)
【負け投手】藤川球(3勝3敗24セーブ)

〜ホームラン〜
【ヤ】ホワイトセル14号2ラン(8回オモテ・藤川球)

阪神タイガース通算成績 67勝54敗3分 対スワローズ 13勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、首位陥落 継投失敗で逆転負け

阪神が逆転負けで首位陥落。一回に新井、二回にマートンの適時打で2点を先行しながら、1点リードの七回、久保を継いだ福原が畠山に同点本塁打を浴びるなど3連打された。さらに久保田も後続を断ち切れずこの回3点を失い、八回にも渡辺が決定的な2点を献上した。

ヤクルトは先発・石川の好投を打線がもり立てた。七回途中2失点で今季11勝目を挙げた石川は「きょう負けると勝率5割を切る試合だったので、1球1球大事にいきました」と話した。(デイリー)


タイガース先発はエース・久保。6回を投げ4安打1失点。
3回に飯原に追撃ソロホームランを食らうも、全体的には危なげない内容。
6回まで81球、好投していた久保を余力を残した状態で7回にスイッチ。
次回登板を中4日で回すにしても、あと1イニングは大丈夫な球数だし、
昨日の激戦の状態を知っているなら、久保には長く投げて欲しい今日の試合。
真弓監督の試合後の談話を聞く限り、故障でもなんでもないという話で、
このあとの継投の結果を知る限り、なんの交代だったんだろうと不可解。

7回から継投に移り、2番手の福原が畠山に同点ソロを食らい、
続く相川、宮本に連打を浴び、無死1・3塁のピンチを残して、
3番手・久保田にスイッチも川端にどん詰まりのレフト前タイムリーで逆転、
このあと田中のショートゴロの間にも1点を失い、2−4と追う展開に。
久保の交代で完全にスワローズへ流れた勢いはこちらに戻すことは出来ず、
8回の渡辺が2失点、9回の桟原も1失点と継投策が大裏目。

打線が初回に新井さんの左中間タイムリー2ベースで鮮やかに先制し、
2回にはマートンのライト前タイムリーでいい具合に加点し、
苦手なスワローズ先発・石川に対し、エース・久保が張り合って、
締まったいい試合だったのに、7回からの継投策はなんだったのか。

今日の負けが、たかが一敗で終わるのか、されど一敗で終わるのか。
今日の試合を含め、残り22試合を全て勝つというのは無茶な話だけど、
負け方が負け方なだけに、たかが一敗で済めばいいけど。

明日、あさって、今後の展開に、今日の負けが響かないことを祈る。。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4●7東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・21回戦

【ヤ】○石川−押本−李恵踐−松岡−林昌勇
【神】久保−●福原−久保田−渡辺−桟原

【勝ち投手】石川(11勝8敗)
【負け投手】福原(1敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】飯原15号ソロ(3回オモテ・久保)畠山12号ソロ(7回オモテ・福原)
【神】坂2号ソロ(9回ウラ・林昌勇)

阪神タイガース通算成績 67勝53敗3分 対スワローズ 13勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が桧山の同点打で首位を死守

阪神が死闘の末、中日と引き分けなんとか首位を守った。1点を追う阪神は九回2死三塁で、代打・桧山が右前へ同点適時打を放ち、延長戦に突入した。桧山は「開き直って初球から思い切っていった」と話した。中日は1‐1の四回、荒木の左前適時打で勝ち越したが、九回に守護神・岩瀬が打たれた。(デイリー)


首位攻防第3ラウンド。死闘、首位攻防戦にふさわしいゲーム。
野手総動員でのドラゴンズ戦の引き分けは今季2度目。
前回引き分けた7月31日の試合も色々あったけど、今回もありすぎ。
9回終了時点で野手を全員使い果たし、延長10回にブラが判定を巡り退場。
ブラが退場で野手不足に陥り、延長11回から投手の西村が外野守備へ。
ドラゴンズの選手がバットにボールを当てるたびにヒヤヒヤでした。

タイガース先発は5月以来の先発マウンド、能見。
初回、いきなり荒木に右中間2ベースを打たれ、大島送りバント、
森野ライト前タイムリーであっさり先制を許す不安定な立ち上がり。
4回には2アウトから堂上弟、ネルソン、荒木と3連打を食らい、
アニキの不味い守備も重なって失点。
3回、6回と三者連続空振り三振を奪うなど、おっ!と思わせる場面も
ありましたが、全体を見渡すと常に得点圏にランナーを背負ってのマウンド。
7回を投げ10個の三振を奪うも、9安打3つのフォアボールと、
復帰戦にしては上々かもしれないけど、本来の能見ではないね。
でも、次回までには修正してくるだろうし、これだけ投げれれば安心だ。

打線は3回に平野のセンター前ヒット、トリの左中間タイムリー2ベースで
追いつくも、以降は中日先発・ネルソン、高橋、浅尾の前に打線が沈黙。
9回に城島がレフト前で出塁するも、代走の大和が盗塁死で2アウト。
土俵際まで追い詰められ、万事休す・・・かと思われましたが、俊介がやった。
中日・守護神、岩瀬から右中間を破る3ベース!これぞ執念の一打!
首の皮が一枚繋がり、続くは代打・桧山!桧山も執念、気迫の一振り。
岩瀬のストレートに詰まりながらもライト前へポトリと落ちる同点打!
シーズン終盤になって、ひーやんの執念の一振りがこれでもか!と輝く!

同点に追いついた10回からはタイガースも守護神投入!球児がマウンド。
キャッチャには城島に代走を出した関係で、若手の小宮山がマスク。
球児はいつもと勝手が違うからか、少し息が合わない感じでしたが、
2回をピシャリ!コミーも大事な試合で、いい経験が出来たし、頑張った!

そして問題の延長10回ウラ、タイガースの攻撃。
1アウトからトリ、新井さん、ブラの3連打で一気にサヨナラモード。
外野フライでもOKという場面でしたが、浅井がどん詰まりショートライナー。
1塁のブラが飛び出し、慌てて帰塁も間一髪アウト、まさかのゲッツー。
タイガースファン的目線なのかもしれないけど、セーフに見えるプレーで、
走者のブラもセーフと確信していただけに、1塁審の真鍋に猛抗議→退場。
これで野手がいなくなり、西村が急遽外野守備につくハメに。。。
延長11回、12回と球児、福原の頑張りで西村の守備位置に打球はいかず、
延長12回ウラ、フォアボールで出塁の新井さんが二盗憤死で試合終了。

9回2アウトランナーなしから見事な執念で追いついてのドロー。
首位の座も守れたし、今日の引き分けは勝ちに等しい引き分け。
この戦いは次の9月21日からのナゴヤ3連戦で決着やね。

さぁ明日からはスワローズ3連戦。
ここで取りこぼさないことを祈るだけ。3タテとは言わない、勝ち越せ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2△2中日ドラゴンズ〜甲子園・21回戦

【中】ネルソン−高橋−浅尾−岩瀬−小林正−鈴木−清水昭
【神】能見−渡辺−藤川球−福原

阪神タイガース通算成績 67勝52敗3分 対ドラゴンズ 8勝11敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神大敗 メッセンジャーが大乱調

中日が圧勝で、首位・阪神と再び0・5差。初回1死満塁からブランコ、藤井の連続長短打、相手失策で一挙5点を先制した。四回には森野の右越え19号2ランで加点。七回にも荒木の適時打などで3点を挙げ、突き放した。8回1失点の山井が自己最多の7勝目。

阪神は危険球退場したメッセンジャーの大乱調が誤算。打ってもブラゼルのリーグトップタイの42号ソロによる1点のみだった。(デイリー)


負けるときはこれでもかとホコロビが出て負けるね。
メッセンジャー初回5失点、森野への危険球、城島捕球ミスでの2失点、
中継ぎ陣も3番手・西村2失点、4番手・上園3失点・・・。

打線はヒットを9本集めるも、得点はブラゼルの41号ソロのみ。
いいピッチャーにかかるとやっぱり打てない。。

チェン、中田、山井、吉見、山本昌・・・名前を並べるだけでも打てる気が・・・。
2週間後のナゴヤ最終3連戦までに中日を突き放しておきたいけど、
終盤までごちゃついていると・・・中日は嫌なチームだ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●10中日ドラゴンズ〜スカイマーク・20回戦

【神】●メッセンジャー−福原−西村−上園−桟原
【中】○山井−小林正−鈴木

【勝ち投手】山井(7勝4敗)
【負け投手】メッセンジャー(4勝5敗)

〜ホームラン〜
【中】森野19号2ラン(4回オモテ・西村)
【神】ブラゼル42号ソロ(2回ウラ・山井)

阪神タイガース通算成績 67勝52敗2分 対ドラゴンズ 8勝11敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が完封リレーで中日と1・5差に

阪神が完封リレーで中日を下し、2位とのゲーム差を1・5とした。阪神は0‐0の五回、一死三塁から鳥谷の犠飛で1点を先制。先発・スタンリッジは中日打線を7回4安打無失点で10勝目。スタンリッジは「日本で一番のクローザーが控えている。七回までは絶対に投げようと思い、ボールを低めに集めることを心がけた」と話した。中日は先発・チェンが7回を1失点にしのいだが、打線がつながりを欠いて、連勝は6でストップ。(デイリー)


5年前の9月7日はナゴヤドームで中村豊が決勝ホームランを放ち、
ドラゴンズと争った優勝争いから一歩抜け出し、この日から優勝へ驀進。
3年ぶりの優勝へ繋がったターニングポイントの日でありました。
2010年の9月7日、奇しくも優勝を争うドラゴンズと首位決戦。
スコアは1−0と是が非でも取らなければならない試合を僅少さで、
必死のパッチでモノにした息の詰まるような試合。
今シーズン、優勝へ突っ走ることになるとしたら今日かもしれない。

タイガース先発は夜の帝王・スタンリッジ。
7回を投げ4安打6奪三振無失点。途中入団ながら10勝目ゲット!
低めに狙い定め、縦に落ちるスライダーでドラゴンズ打線をなで斬り!
1回、4回、5回と得点圏にランナーを背負うこともあったけど、
森野、和田、ブランコのうるさいどころをほぼ完璧に抑えられたのが大きい。
初回には上本のファインプレーもあったし、一丸野球よ!

打線は3回に上本、マートンのヒット、鳥谷のファオボールで2死満塁も、
新井さんがサードゴロに倒れ、先制のチャンスを逸失。
4回にはブラゼルが荒木の1塁悪送球で出塁、金本フォアボール、
城島が一塁バントヒットで出塁し、無死満塁の大チャンス・・・も、
上本サードゴロ、スタンリッジ強攻策が裏目のピッチャー併殺で無得点。

中日先発・チェンを攻め立てるも流れを引き寄せることが出来ず、
少し嫌な雰囲気も感じ始めた5回ウラ。3度目の正直が実を結んだ!
先頭のマートンがライトオーバーの2ベース、俊介がきっちり送って、
鳥谷がセンターへ犠牲フライを放ち先制。終わってみればこれが決勝点。
6回には1・2塁、7回には3塁へランナーを進めるも1点が遠かった。
でも、今日は1点がタイガース以上にドラゴンズが遠かった。

8回からは97球、無失点ながらもスタンリッジから球児へ直結。
今日の球児はフォークの落ちが悪く、荒木にレフト前ヒット&二盗。
大島にはフォアボールで、森野、和田、ブランコと続くドラゴンズ打線。
ドラゴンズ最大のチャンス、タイガース最大のピンチで球児熱投!
森野には打たれた瞬間ホームランかと思われたセンターへの大飛球。
台風の強風がタイガースに味方し、後続の和田を歩かすも、
2死満塁で5番のブランコに対し、ストレート勝負で最後は見逃し三振。

9回にも先頭の藤井にファオボール、続く谷繁のバント失敗、
堂上弟の送りバントで2アウトに追い込むも、打席にはくせ者・荒木。
前の打席ではヒットを打たれていたので最悪の場面も想像はしましたが、
マウンドには我らが守護神・球児が仁王立ち。信じないでどうする。
荒木は痛烈なセンターライナーも最後は浅井のグラブに収まり、試合終了。

緊迫の首位攻防第一ラウンド、苦手・ドラゴンズに対して先勝!
ゲーム差も1.5ゲームと少しばかり引き離せたのも大きい。

明日は台風の影響で試合の有無が微妙だけど、勢いに乗って勝ちたい。
明日勝利で、巨人敗戦でマジック18が点灯!
先発予定の下さんにはノラリクラリで優勝を手繰り寄せるピッチング、
引退発表をした矢野さんに捧げる1勝を是非勝ちとって欲しい。
さぁ明日も気合いを入れて、勝ち越し、マジック点灯や!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1○0中日ドラゴンズ〜スカイマーク・19回戦

【神】○スタンリッジ−S藤川球
【中】チェン−高橋聡

【勝ち投手】スタンリッジ(10勝2敗)
【セーブ】藤川球(3勝2敗24セーブ)
【負け投手】チェン(11勝10敗)

阪神タイガース通算成績 67勝51敗2分 対ドラゴンズ 8勝10敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神打線が爆発、先発・秋山も好投2勝

阪神打線が20安打と爆発、連敗を2で止め首位を守った。三回に藤川俊の左前打で先制した後、鳥谷の2点三塁打、ブラゼルの41号2ランで一挙5点。四回にも藤川俊、鳥谷の適時打で2点。八、九回にも上本の適時二塁打などでダメ押した。プロ初スタメン(二塁)で3安打した上本は「ミスを恐れず思い切ってプレーすることを心がけました」と話した。先発の秋山は七回途中3失点で2勝目。藤川球が通算150セーブを達成。

広島は先発・斉藤が5回7失点と大誤算。終盤、広瀬、会沢の本塁打も及ばなかった。(デイリー)


連敗脱出、首位キープ!デーゲーム連敗も9でストップ。
広島で3タテを食らってたら次の中日3連戦が地元と言えども、
不安増大だっただけに、よく勝った!

タイガース先発は若武者・秋山。
体全体を使った躍動感ある、腕のしなりを最大限に生かしたピッチング。
今日は6回3分の1を投げ1ホームランを含む4安打3失点。
球速はそれほどでもないけど、打者の手元でぐいっと伸びてる感じ。
それを現すかのように、6回を投げ終えた時点で1安打2三振のみと、
完全な打たせて取るピッチングで2勝目ゲット!
7回の3ランがなければ真弓監督は最後まで投げさせた感じかな?
この大事な時期にナイスピッチングはあっぱれの一言。
エースと言われてた?安藤とやらに秋山の爪の垢を飲ませてやりたい。

打線は昨日負傷退場した平野がベンチスタート。
それに伴い打線も2番に藤川俊介が入り、8番に上本が入る新オーダー。
投の秋山が奮投すれば、打だって俊介、上本が大暴れだ!
ベテランに混じって若虎が必死のパッチで頑張る姿はいいね!!
3回オモテ、秋山、マートンの連打で1死1・2塁とチャンスメイクし、
俊介がレフトへ先制タイムリー!続くトリは右中間へ2点タイムリー3ベース。
そして仕上げはブラゼルが右中間スタンドへ41号2ランを放ち5得点!
4回オモテには上本のセンター前ヒット、秋山の送りバントで得点圏へ進め、
マートンフォアボールで、またも俊介が今度はライトへタイムリー!
トリもセンターへタイムリーを放ち、4回終了時で7−0と大量リード。

このあと秋山、久保田が2ホームランを浴びて2点差に詰め寄られるも、
8回先頭の上本がセンター前ヒットで出塁、久保田のバントで2塁へ。
そしてマートンのセンター前ヒット、前進守備の天谷の懸命なバックホーム、
2塁から激走する上本。3塁からスピードがドンドン加速した上本は、
ホームクロスプレーもわずかに生還するのが早く貴重な8点目。

9回には浅井のライト前ヒット、城島のセンター前ヒットから
上本がプロ初めてとなる猛打賞をライトへエンタイトル2ベース、
球児もレフトへプロ初打点となるタイムリー、マートンのライト犠牲フライで、
3点差に詰め寄られながらも一気に突き放す3得点で勝負あり!
8回途中から登板した球児は1つのデッドボールを与えるも、
9回は2つの空振り三振を奪い、プロ入り150セーブを記録して締め!

ナゴヤではドラゴンズが巨人を3タテし、首位・タイガースにぴたり0.5差。
ドラゴンズ3連戦に弾みのつく今日の勝ち方ではあったけれども、
絶好調のまま神戸に乗り込んでくるドラゴンズにどこまで打ち勝てるか。
週明け火曜日、水曜日は聖地・甲子園でなく神戸・スカイマーク2連戦、
甲子園なのがちょっと気になるところ。神戸は相性よかったっけ?

ドラゴンズ3連戦の勢いをスタン、下、メッセンジャーで食い止め、
打線が大・大・大爆発で3タテでもしようものなら優勝は確実だろうけど、
それは確率的には低いだろうな(笑)目標は2勝1敗勝ち越しだ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ5○11阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・20回戦

【神】○秋山−久保田−S藤川球
【広】●齊藤−今井−チューク−大島−岸本

【勝ち投手】秋山(2勝1敗)
【セーブ】藤川球(3勝2敗23セーブ)
【負け投手】齊藤(3勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル41号2ラン(2回オモテ・齊藤)
【広】廣瀬11号3ラン(7回ウラ・秋山)會澤1号2ラン(7回ウラ・久保田)

阪神タイガース通算成績 66勝51敗2分 対カープ 12勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神連敗 先発・鶴が今季最短2回KO

広島は2点を追う二回ジオの左中間適時二塁打で2点。三回無死一塁から栗原の右中間適時二塁打で勝ち越し。八回には代打・ヒューバーの7号3ランで突き放した。先発ジオは6回2/3を3失点で7勝目。決勝打の栗原は「追い込まれたけど、何とか右方向へ自分らしいバッティングができました」と話した。

首位・阪神は先発鶴が二回に制球を乱すなど、2回3失点で降板。連敗で2位・中日に0・5差に迫られた。(デイリー)


デーゲーム9連敗。下位広島に連敗。。
巨人戦に総力を注ぎすぎて、次カードで連敗する「巨人戦燃え尽き症候群」
てな現象がタイガースには伝統的にあるけど、今年はそれにもう一つ、
横浜戦のあまりの弱小っぷりに投打とも思わずはしゃぎすぎて疲れる
「横浜戦燃え尽き症候群」も付け加えなきゃならんね。
前回、お盆前の横浜戦3連勝後に落ち目だった巨人に3連敗と負け越したし。
横浜戦のレベルの低い野球のあとだと、どんなチームもレベルが上がるので
こういう息切れモードになっちゃうのかな・・・。参った。

打線は立ち上がり不安定なジオを初回から3四死球とチャンスをもらい、
4番・我らが新井さんのセンターへの2点タイムリーで先制。
一気にジオを崩しにかかりたい所でしたが、ブラゼルがセカンド併殺。
このあとアニキ、城島がまたも2つのフォアボールで満塁のチャンスも、
今度は俊介が見逃し三振に倒れ、2点止まり。
2回には初回にデッドボールで負傷退場した平野に代わって登場の坂が
3年ぶりの一発を右中間に放り込んで2回までに3点を奪うも、
やはり今日のポイントは初回の大チャンスを一気呵成できなかったこと。
流れをつかめなかったことで、どっちつかずの流れが広島に傾いた。

タイガース先発は鶴。2回2安打3失点・・・もフォアボール3つ。
2回に3つのフォアボールを連発したあげく、ピッチャーのジオに同点打。
ピッチャーに打たれたら話しにならん。なにをしとんねん。
先週の日曜日の大勝したヤクルト戦でも最終回に2点を取られ、
火曜日の横浜戦も失点はしなかったものの2安打を打たれ、ピリッとせず。
あまり内容のよくない鶴を使うほうも使うほうだけど、鶴も奮起しろ。
鶴は我慢強く見守ってあげようと思う気持ちも、これでは萎えてしまう。

打線は3回以降散発3安打。
中継ぎも渡辺以外は揃って失点し、終わってみれば8−3と惨敗。

ナゴヤでは2位・中日が連勝で首位に肉薄の0.5差。
明日は巨人に奮起してもらって中日の勢いを止めてほしいところ。
そしてタイガースには週明けの中日戦へ弾みのつくようないい勝ち方で、
連敗を脱出し、神戸、甲子園に帰ってきて欲しい。

3戦目はなにがなんでも3タテ阻止。死に物狂いで戦え!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ8●3阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・19回戦

【神】●鶴−桟原−渡辺−福原−上園
【広】○ジオ−大島−横山

【勝ち投手】ジオ(7勝6敗)
【負け投手】桟原(1敗)

〜ホームラン〜
【神】坂1号ソロ(2回オモテ・ジオ)
【広】ヒューバー(8回ウラ・上園)

阪神タイガース通算成績 65勝51敗2分 対カープ 11勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が広島に敗れ、連勝が5で止まる

阪神の連勝が5で止まった。阪神は二回、藤川俊の2点適時打で先制。三回は鳥谷が17号ソロを放った。さらに七回にはブラゼルの適時打で加点した。先発の久保は6回3失点と好投したが、広島は六回、代打・石井が2点適時打。直後に1点を勝ち越されたが、七回に広瀬の2点二塁打で逆転した。阪神は西村、久保田の救援陣が誤算で逃げ切れず。広島の連敗は4で止まった。打のヒーローの広瀬は「今まで情けない打撃が続いていたので、なんとかしたかった。勝ってうれしい」と笑顔だった。(デイリー)


広島に逆転負け。連勝は5でストップ。
広島には11勝7敗と勝ち越してはいるものの、楽には勝たせてくれない。

2回にアニキのフォアボール、城島のレフト線への2ベースで1死2・3塁。
ここで俊介がセンター前へポトリと落ちる2点タイムリーで先制。
3回には鳥谷のレフトへ流し打つ17号ソロで加点し、
さらには新井、ブラゼルの連打、アニキがフォアボールを選び、1死満塁。
さらに広島を突き放したいところでしたが、城島、俊介が連続三振。
3回で広島先発・中田を引き摺り下ろすことには成功したものの、
打ち崩したとはいい難い打線の内容でした。

タイガース先発はエース・久保。
序盤からランナーを背負いながらもなんとか切り抜けていたものの、
6回に栗原、嶋に連打を食らい、代打・前田智を敬遠で2死満塁。
そして代打・石井琢にレフトへ2点タイムリーを打たれ同点。
カウント2−2からインコースの絶妙な球をボールに取られたのが痛かった。
あそこで手が上がっていれば、余裕を持って継投に繋げていただろうけど。

同点に追いつかれた直後の7回オモテには打線が再反撃。
平野、鳥谷がフォアボールを選び、ブラゼルがレフトへ勝ち越しタイムリー。
なおも2死1・2塁と得点差をつけたいところでしたが、アニキ凡退。
広島・3番手、荒れ球のチュークに対して的を絞りにくかったかな。
いつもなら1点、2点余分に取れる場面で最小点しか取れなかったのが・・・。

勝ち越して勝利の継投に入った7回オモテには西村がピンチを作り、
久保田が廣瀬に逆転2点タイムリーを打たれ、これが決勝点。
8回、9回にランナーを出すも、1点が遠かった・・・。

試合前には猛虎の要、我らが矢野さんが20年の現役生活に別れ。
優勝争いをしてる中に矢野さんの名前が、矢野さんの笑顔がない寂しさ。
そこへ突然の引退発表・・・。
今年は赤星やジェフのためにみんなで結束して優勝へ突き進んでいますが、
矢野さんの分も最後の最後に美酒が味わえるよう、チーム一丸で頑張ろう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ5●4阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・18回戦

【神】久保−●西村−久保田−福原
【広】中田−今井−○チューク−岸本−S横山

【勝ち投手】チューク(2勝)
【セーブ】横山(3勝1敗8セーブ)
【負け投手】西村(7勝3敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷17号ソロ(3回オモテ・中田)

阪神タイガース通算成績  65勝50敗2分 対カープ 11勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神5連勝で巨人に2差、桧山が千金打

阪神が逆転で連勝を5に伸ばし、2位巨人に2ゲーム差とした。1‐2の六回、2死満塁から代打桧山の2点適時打で逆転。七回には金本の適時打、ブラゼルの犠飛などで3点を加えた。メッセンジャーは6回2失点で4勝目。代打逆転タイムリーを放った桧山は「何とか打ててよかった。接戦をものにしていくと勢いがつきますから」と話した。

横浜は初回に先制適時打を放ったハーパーが四回に14号ソロを放って勝ち越したが、先発の加賀が粘りきれず、対阪神9連敗。(デイリー)


今日は逆転勝利&横浜戦見事な3タテ&5連勝で首位固め!
4試合連続2ケタ得点とはならなかったものの、6得点で御の字。
いつぞや、巨人の犬なんて横浜は言われてたけど、今年は阪神の犬。
今年はまだ6試合も残っているだけに、最後の最後まで尻尾を振り続けて、
阪神の勝利に、優勝に貢献しておくれ。頼むぞ横浜ベイスターズ!

タイガース先発は中5日でメッセンジャー。
一ヶ月ほど調子も悪く、勝利にも見放されていたメッセだけど、
今日は長身から投げ下ろすストレートに威力があり、6回5安打1失点。
1回オモテに石川の内野安打、内川にどん詰まりのセンター前タイムリーで
先制される嫌な立ち上がりでしたが、2回以降は立ち直り凡打の山。
4回にはハーパーに勝ち越しのホームランを許すも、内容的には合格。
スタンリッジが復帰、即勝利をあげただけに、メッセも刺激されたかな?
メッセンジャー的には自身の勝利=来期の契約にも関わってくる時期だし、
残りの登板も大事に、繊細にピッチングを繰り広げて欲しいと思います。

打線は1点を追う2回ウラ、城島のレフト前ヒットからチャンスを作り、
マートンがレフト前タイムリーで同点!城島の激走も光った!
再度1点を追う展開になった6回には新井、ブラゼルの連打から、
アニキ、城島へと期待がかかるも両者倒れ、代打・林ちゃんは敬遠。
2死満塁でメッセンジャーの代打に告げられて桧山が値千金打!
2ストライクと追い込まれた3球目、アウトコースの球を流し打ち、
走者一掃、左中間方向への逆転の2点タイムリーを放ち3−2。
桧山の代打通算安打は116に伸び、歴代6位に!
ここ最近の桧山は当りが出だしつつあるので、残り試合の大事な場面で、
勝利を決定付ける炎の一打、お願いしまっせ!

勝ち越した直後の7回には2番手の西村が2つのヒットからピンチも、
3番手・久保田が1死1・2塁のピンチを見事な火消し。
ピンチのあとにはチャンスあり、7回ウラの攻撃は恒例の猛攻撃!
平野のレフト線へのヒット、鳥谷レフト線2ベースで無死2・3塁。
ブラゼルがレフト犠牲フライ。アニキがセンター前タイムリー。
城島もライト前ヒットで続いて二盗に成功し、バッター久保田。
あまり期待してない打席でしたが、ショートタイムリー内野安打。
全力疾走で1塁を駆け抜けた久保田。久保田の勝利への執念。
1点1点を貪欲に取りに行く姿勢、めっちゃ素敵やん!
8回オモテに全力疾走の影響からか横浜に1点を返され3点差に迫られるも、
イニングまたぎで打っても活躍して、久保田大活躍でした!

3点差をもったまま、最終回は我らが守護神・藤川球児登場!
今日は落ち着いたマウンドで貫禄の三者凡退!見事な締めでありました!

試合のなかった2位・巨人にゲーム差2。
その巨人は明日からナゴヤで好調の中日と3連戦。
絶不調の巨人を中日が3タテしてしまいそうな・・・でも2位・中日も嫌だね。
阪神は広島に場所を移して、広島と3連戦。
中日、巨人の動向も気にしつつも、広島にも勝ち越さないとね。
お盆の京セラシリーズではいいようにやられたので、今度は仕返しを!
中日、巨人が潰しあいをしてる間に、一気に抜け出すぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース6○3横浜ベイスターズ〜甲子園・18回戦

【横】●加賀−真田−弥太郎
【神】○メッセンジャー−西村−久保田−S藤川球

【勝ち投手】メッセンジャー(4勝4敗)
【負け投手】加賀(3勝8敗)
【セーブ】藤川球(3勝2敗22セーブ)

〜ホームラン〜
【横】ハーパー14号ソロ(4回オモテ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 65勝49敗2分 対ベイスターズ 14勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神打線がまた爆発! 下柳悠々7勝目

首位の阪神が3試合連続2けた得点の猛打で4連勝を飾った。初回、鳥谷の適時三塁打で先制し、新井も中前適時打。さらにブラゼルの40号2ランで一挙4点。二回にも3長短打で2点、四回には新井の2ラン、七回にも4安打で2点を奪った。下柳は6回1失点で7勝目。三塁打が出ればサイクル安打の新井は「みなさんが思っているほど足は遅くないんで、自信はあったんですけどね」と余裕のコメント。

横浜は先発の藤江が2回6失点KO。カード8連敗で負け越しが決まった。
(デイリー)


今日も2ケタ15安打に2ケタ10得点!
阪神の面々は試合前から相手を見下し、逆に横浜の面々は気負けして、
試合をやる前から決着はついてるかもしれないね。

打線は初回、先頭のマートンがレフト前ヒット、平野がきっちり送り、
鳥谷がセンターオーバーのタイムリー3ベースで鮮やかに先制!
新井さんはセンター前タイムリーを放ち、ブラゼルが右中間へ特大2ラン!
この一撃でブラゼルは外国人選手としてはバース以来の40号到達。
残り30試合でバースの54号越えはどうかな!?というところだけど、
1試合3発なんてやろうもんなら、夢が現実になりそうだ。

打線の勢いは2回も止まるところ知らず、序盤で一気に突き放し。
2回も先頭のマートンが今度はライト前ヒットで出塁すると、
平野がバントを失敗し、鳥谷が倒れるも、頼れる新井さんが心強い仕事。
新井さんが左中間へタイムリー2ベースを放てば、
ブラゼルも負けじと右中間へタイムリー2ベースで序盤で6−0。

4回にはまたも先頭のマートンが今度はセンター前へ出塁し、
2アウトから一振りに賭ける新井さんがレフトへ勝利を決定付ける2ラン!
4番がどしっと腰を据え、好調の3番、5番が脇を固めるえぐい打線。
クリーンアップが揃って打つと、そら大量点に繋がるわ(笑)

投げては下さんがノラリクラリで6回5安打1失点の内容。
唯一の失点である内川のライトへのホームランは流し打ち技あり弾。
6点の大量リードをもっての投球だったのか、内川の一発にも苦笑い。
下さんの前に横浜打線は内野ゴロ、ポップフライの山、山、山。
タイミングをずらし、打ち気にはやる横浜相手に余裕のマウンド。
今日はひさしぶりに下さんらしいマウンドだったように思います。

7回には新井さん、アニキ、城島のヒットから俊介の内野ゴロの間に1点。
締めは代打のセキがライト前タイムリーで10得点目。

あまりの打ちっぷりに西村、久保田、球児を出すまでもなく、
福原−江草−桟原で余裕の継投。終わってみれば今日も10−3と大勝!
打たれまくる横浜投手陣が気の毒になるくらいの打ちっぷり。
前回の長野・横浜のカードから、対横浜戦は5試合連続2ケタ得点!
ダイナマイト打線を誰を使えば封じ込められるのか・・・尾花監督は頭痛いね。

明日も2ケタ安打2ケタ得点をやっときますか!?
さぁ首位固めをして一気に突っ走るぞ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース10○3横浜ベイスターズ〜甲子園・17回戦

【横】●藤江−江尻−弥太郎−加藤−高宮−福田
【神】○下柳−福原−江草−桟原

【勝ち投手】下柳(7勝7敗)
【負け投手】藤江(2勝3敗)

〜ホームラン〜
【横】内川8号ソロ(3回オモテ・下柳)
【神】ブラゼル40号2ラン(1回ウラ・藤江)新井18号2ラン(4回ウラ・江尻)

阪神タイガース通算成績 64勝49敗2分 対ベイスターズ 13勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連勝 30日ぶり甲子園で花火大会

阪神が先発野手全員、今季最多の22安打で3連勝。二回にブラゼルの39号本塁打で先制。三回に4安打で3点。四回はマートンから5連打で3点を追加した。六回には金本の14号ソロ、新井の17号2ランなど打者11人で大量6点を追加。腰痛から復帰した先発スタンリッジは5回1失点と好投し9勝目。横浜は先発の清水が3試合連続KOと振るわなかった。4安打のブラゼルは「最高の気分。ホームランキングを取りたい気持ちはあるが、それよりも優勝したい」と話した。(デイリー)


30日ぶりにマイスイートホーム・甲子園球場へ凱旋。
今日も打線が打って打って打ちまくって22安打13得点。
一昨日の22安打12得点を奪った試合では蚊帳の外だった新井さんも、
今日は2ランありの3安打4打点とスタメン野手全員安打達成!

まず2回先頭のブラゼルがライトへ先制の39号ソロをぶち込むと、
3回にはマートンの内野安打、鳥谷のフォアボールでチャンスメイクし、
新井さん、ブラゼルが連続してライト前タイムリーを放って2点を奪えば、
さらに城島がレフト線への2ベースを放ち4点リード。

4回に横浜に1点を返されるも、流れは依然タイガース。
マートンセンター前ヒット、平野のバントヒット、鳥谷、新井さんと
連続してセンター前タイムリーを放ち、さらにリードを奪い6−1。
ここで横浜先発・清水を3回11安打7失点でKO。
ウチの打線がすごいのか、横浜バッテリーの配球が凄いのか(笑)
2番手の高宮からもブラゼルがセンター前タイムリーを放ち、7得点目。

投げては打線の大量援護を背に久々の先発・スタンリッジが5回1失点。
好調時と比べれば、ストレートの伸び、変化球のキレはよくなかったけど、
懸念された腰痛の影響を感じさせることなく、バックにも助けられ、
復帰初戦を白星で飾り9勝目ゲット!次回もスタンには助けてもらいたい。
もう腰の具合が悪化しないことを祈るだけ。再調整は勘弁してくれ。

打線は後半のイニングになっても打棒が衰えることなく6回に大爆発。
6回先頭のアニキがバックスクリーン左へ14号ソロを放り込むと、
俊介のセンターオーバーの2ベース、代打・浅井がフォアボールを選び、
平野がライト線へタイムリー2ベース、鳥谷がセンターへ2点タイムリー、
そして仕上げに新井さんがレフトスタンドへ豪快に2ランを放ちトドメ。

スタンリッジ以降の継投も鶴、渡辺、桟原とスムーズに運び、試合終了。

ここ3試合で9点、12点、13点とダイナマイト炸裂。
アニキも調子をあげ、ホームラン量産体制突入。20本も射程圏だ。
シーズン終了時にはホームラン20本越え6選手、100打点5人衆、
3割打者6人衆・・・なんて、とんでもないことになってそうな予感大だ。

金沢での北陸シリーズを展開している巨人はヤクルトに負け、ゲーム差1。
ナゴヤでは中日が広島に快勝し、首位までのゲーム差2.5変らず。
ヤクルトを含んだ混戦模様はしばらく続きそうな感じもあるけれど、
もしかすると今週あたり、日程的に阪神が一歩抜け出す・・・かもしれない。
横浜、広島とお得意様相手だけど、気を緩めず一戦必勝で!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース13○1横浜ベイスターズ〜甲子園・16回戦

【横】●清水−高宮−江尻−加藤−小林太−福田
【神】○スタンリッジ−鶴−渡辺−桟原

【勝ち投手】スタンリッジ(9勝2敗)
【負け投手】清水(9勝11敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル39号ソロ(2回ウラ・清水)金本14号ソロ(6回ウラ・小林太)
新井17号2ラン(6回ウラ・小林太)

阪神タイガース通算成績 63勝49敗2分 対ベイスターズ 12勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神がホームラン攻勢でヤクルトを圧倒

阪神が20安打12得点の猛攻でヤクルトを圧倒。一回、鳥谷の適時打で先制。同点の二回は金本、城島の連続ソロで勝ち越し。五回は城島の2ラン、六回は鳥谷の2ラン、八回は鳥谷の適時打とブラゼルの3ランで加点した。先発の久保は大量援護もあり6回3失点で12勝目。

ヤクルトは投手陣が打ち込まれ、2連敗で借金1。(デイリー)


マートン4安打、平野3安打、鳥谷4安打5打点、ブラ1安打3打点、
金本3安打1打点、城島2安打3打点、俊介3安打・・・20安打12得点!
まぁ、よく打ったこと・・・って、あれ誰か忘れてる。あっ新井さ(以下略)

初回マートンがレフト前ヒットで先制のチャンスを作ると、
ヤクルト先発・山本の制球が定まらない中、平野が犠打を決める堅い野球。
そして3番の鳥谷がレフトへ流し打って先制タイムリーで1点。
ウラの回に青木の先頭打者アーチであっという間に追いつかれるも、
2回先頭のアニキが打った瞬間わかる一発を右中間スタンドへ放り込めば、
続く城島はインコースのストレートをコンパクトに振り切りレフトスタンドへ。
青木の一発で応酬されれば、倍返しの攻撃をするのがタイガースの野球。
このあと、マートン、平野の連続内野安打からトリのセンター前タイムリーで
もう1点奪い、1−4とリード広げ、この回でヤクルト先発・山本をKO。

タイガース先発は中4日で久保。
先発不足のなか、久保自身も疲労がある中で、ナイスピッチング。
青木に先制弾を食らい、4回には田中にフォアボール、畠山に2ランと、
内容はいいのに失点がこのホームランの2本とちょっと不運な内容。
ストレートは走り、スライダーもベース手前でキレよく曲がり、凡打の山。
久保は6回限りで降板も101球、4安打3失点。
久保自身は投げたそうな感じでしたが、次もあることだし無理は禁物。

畠山の2ランで一時は1点差に詰め寄られるも、取られたら取り返す。
5回は2アウトからアニキが詰まりながらもライト前ヒットで出塁すると、
城島が前打席の再現VTRのようにレフトスタンドへ中押し2ラン。
ヤクルト2番手・松井のフォークを見事に拾い上げて、最後は左手一本。
雰囲気でさえ怖い城島なのに、打っても怖いんだからたまったもんじゃない。
6回にはヤクルト3番手・押本もダイナマイト打線の餌食に。
平野のライト前ヒットから、鳥谷がライトスタンドへダメ押しの2ラン。
トリも毎年のように終盤に帳尻?のように打率をあげてきていい感じ。

8回には今日の打線大爆発の締めを飾るド派手な一発が神宮の夜空へ。
マートン、平野の内野安打、鳥谷のレフト前タイムリーで9点目を奪い、
締めはブラゼルが3ボールからストライクを取りに来た一球をフルスイング!
10試合ぶりとなるブラゼルの3ランはダメのダメを押す仕上げ弾。
ここ最近ヒットは出るものの、ホームランが出てなかっただけに嬉しい一撃。
打ったブラからは笑顔がなかったけど、この一発から調子を上げて欲しい。

打って打って打ちまくって20安打12得点。
6番の金本と、8番の藤川俊介、9番のピッチャーを除いて、
揃いも揃って既定打席到達で3割を打ってるなんて・・・嫌な打線だ(笑)
初戦に館山に捻られたものの、格下の投手になるとやることは半端ないや。
この打撃を週明けのドラゴンズ3連戦でもやっておくれよ!

投手陣は久保、西村、福原と結果を残したものの、最後の鶴が2失点。
今日ぐらい打って、抑えてたんだから鶴にはしっかりして欲しかった。
調整登板であんな内容だと、調整登板もなくなるぞ鶴。しっかりしあがれ!

終わりよければ全てヨシ!これで甲子園へ帰れる!さぁ勝負をかけるぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ5○12阪神タイガース〜神宮・20回戦

【神】○久保−西村−福原−鶴
【ヤ】●山本斉−松井光−押本−松岡−橋本

【勝ち投手】久保(12勝5敗)
【負け投手】山本斉(1敗)

〜ホームラン〜
【神】金本13号ソロ(2回オモテ・山本斉)城島23号ソロ(2回オモテ・山本斉)
城島24号2ラン(5回オモテ・松井光)鳥谷16号2ラン(6回オモテ・押本)
ブラゼル38号3ラン(8回オモテ・松岡)

【ヤ】青木11号ソロ(1回ウラ・久保)畠山10号2ラン(4回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 62勝49敗2分 対スワローズ 13勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
秋山がプロ初勝利 阪神が再び首位浮上

阪神は高卒ルーキー・秋山がプロ初勝利を挙げ、再び首位に立った。阪神は一回、2死三塁から新井の右越え適時打で先制。同点の三回は1死二塁から、鳥谷の左越え二塁打で勝ち越した。さらに五回はマートンの左中間への15号ソロ、六回は新井のバックススクリーンへの16号ソロで効果的に加点した。九回には一挙に5得点で試合を決めた。(デイリー)


アッキャマンプロ初勝利おめでとう!
先月まではファームの炎天下の中頑張って投げていた若武者が、
苦しい投手事情から大抜擢され、一軍マウンドに立つこと2回目。
阪神高卒ルーキーのプロ初年度の白星は遠山係長以来、24年ぶり。
去年の今頃は高校生、一ヶ月前まではファームで修行を重ね、
そして今はローテを任され、まさしくシンデレラボーイやね。

先発・アッキャマンは立ち上がりから3イニング、ピンチの連続。
2回の満塁のピンチは畠山のレフト線2ベースから宮本にレフト前同点打。
なおも川端にレフト前ヒット、中澤犠打、青木を敬遠で2死満塁で
続く打者は田中。田中には何度となく打たれてるだけに嫌な感じでしたが、
秋山が粘りのピッチングでライトフライに打ち取りピンチ脱出。

3回はホワイトセルにフォアボールを与え、相川、宮本に連打を食らい、
川端にはボテボテのサードゴロを打たれるも新井さんがファインプレー。
5回には相川の右中間へ抜けそうな当りをマートンがダイビングキャッチ!
みんなしてアッキャマンのプロ初勝利をアシストする見事な結束ぶり!
マートンがダイブしてアウトにした瞬間の秋山の嬉しそうな笑顔。
阪神の野手陣はお世辞にも鉄壁とは言いがたいけど、みんな必死。
秋山の嬉しそうな笑顔、ガッツポーズがチームにいい風を吹かせ、
新井さん、マートンのプレーがチームに流れを呼び込み、勝利につながり、
連勝が続き、白星が積み重なって、優勝へと道が開けて行くんよね。
まだまだしんどいだろうけど、みんなで踏ん張れ。

打線は前回の広島戦から15イニング連続無得点が続く中、初回に先制!
マートンが内野安打で出塁すると、ヤクルト先発・中澤の牽制悪送球あり、
平野がきっちり犠打で送り、いきなり先制のチャンスを手にすると、
好調の新井さんがライトオーバーの先制タイムリーで1点先行。
3回にはまたもマートンが1塁ゴロを放つと、今度はホワイトセルがエラー。
続く平野が犠打できっちり得点圏へランナーを進める初回と同じ展開で、
こちらも好調の鳥谷がレフトオーバーのタイムリー2ベースで2点目。

5回にはマートンが打った瞬間ホームランとわかる15号ソロを左中間へ。
6回には新井さんがセンターバックスクリーンへ特大16号ソロ。
先制、中押しと順調に加点し、仕上げは9回に打線爆発の5得点。
浅井センター前ヒット、俊介レフト前ヒット、代打・桧山が四球を選び、
1死満塁で猛打賞大爆発のマートンが4安打目となる右中間へ痛烈な打球!
走者一掃3点右中間タイムリー2ベースでヤクルトを一気に突き離すと、
鳥谷センター前タイムリー、新井さんセンター前ヒット、
ブラゼルライト前タイムリーでこの回一挙5得点!1−9と大量リード!

秋山が降板後の西村、久保田のリレーで3点のリードを守り、トドメの5得点。終盤でビックイニングが出来る好調時のタイガースの野球が増えてくれば、
優勝への流れは出来るんだろうけど、明日以降も出来るかな?
最終回に球児が1点を失うも、大量リードで試合終了。

巨人が広島に連敗でまたも首位到達も、中日も勝ち、三つ巴状態は変らず。
明日の試合が終われば8月1日以来、4週間ぶりに甲子園へ帰還。
その甲子園帰還初戦は目下の敵、中日だけに気持ちよく勝って帰ろう。
終わりよければ、すべてヨシよ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ2●9阪神タイガース〜神宮・19回戦

【神】○秋山−西村−久保田−藤川球
【ヤ】●中澤−松井光−押本−渡辺−デラクルス−佐藤

【勝ち投手】秋山(1勝1敗)
【負け投手】中澤(7勝8敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン15号ソロ(5回オモテ・中澤)新井16号ソロ(6回オモテ・中澤)

阪神タイガース通算成績 61勝49敗2分 対スワローズ 12勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神がヤクルト・館山に手も足も出ず 

阪神が連敗。8月の負け越しが決まった。阪神は館山の伸びのある直球と変化球に手も足も出ず。ヤクルトは少ない安打で効率的に得点。四回は四球の飯原を一塁に置いてホワイトセルが右翼越え2ラン。六回は1死二塁に飯原が左翼越え2ラン。八回は飯原の適時三塁打とホワイトセルの適時打で2点を加えた。館山は2試合連続の無四球完封で8勝目を挙げた。館山は「相川さんのミットを目がけて全力でいった」と話した。(デイリー)


先日、我らがレッドスター・赤星さんが仰ってました。
「チームが一番疲れてる時期に長期ロードに出るってしんどいですよ。」
「遠征先のホテルとか移動手段とかが快適になってもやっぱり疲れる。」

昔の「死のロード」に比べれば環境的には飛躍的に改善されてても、
精神的、体力的にはやはり「死のロード」は健在なのかもね。
それを現すかのようにヤクルトに負け、8月の月間負け越しが決定。

先発・メッセンジャーは立ち上がりから中4日を感じさせないピッチング。
3回を終わるまでノーヒットピッチングも、4回に自滅の格好。
2アウトから飯原にフォアボールを与え、ホワイトセルに先制2ラン。
6回には青木のライト前ヒットから、飯原にレフトスタンドへ2ラン。
メッセンジャーは6回3安打も2本のホームランで撃沈。4失点。
城島のリードが悪いのか、メッセンジャーがヘボなのか、もったいない。

頼みの打線もヤクルト先発・館山の前に散発6安打シャットアウト負け。
情けないことに2塁すら踏ませてもらえず・・・もう笑うしかない。

現状、セ・リーグで一番強いヤクルト相手。
勝ち越せる見込みなんて、正直応援していて?がつくほど自信なし。
幸か不幸か、首位の巨人、3位の中日、共にサヨナラ負けを食らい、
首位・巨人とのゲーム差1、3位・中日とのゲーム差、1.5は変わらず。
・・・も、4位・ヤクルトが不気味に5ゲーム差と接近中。
下手すりゃ9月の中盤は4つ巴とかになってるかもね(泣)

ここを乗り切らなければ優勝もないし、下手すりゃ3位もないぞ。
開幕前に各選手口にしていた「結束」を今こそ発揮する時。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ6●0阪神タイガース〜神宮・18回戦

【神】●メッセンジャー−江草−桟原
【ヤ】○館山

【勝ち投手】館山(8勝5敗)
【負け投手】メッセンジャー(3勝4敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】ホワイトセル13号2ラン(4回ウラ・メッセンジャー)
飯原13号2ラン(6回ウラ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 60勝49敗2分 対スワローズ 11勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
下柳、5回途中4失点KO…京セラドーム8連敗

これが相性なのか。先発の下柳は5回途中で6安打を浴び、4点を奪われ、降板。今季7敗目を喫し、京セラドームでは06年8月17日の横浜戦から8連敗となった。

16日に出場選手登録を外れ、再調整を経て迎えた中10日のマウンド。初回を三者凡退に抑え、順調な滑り出しを見せたが長くは続かなかった。

2回。ヒューバーの四球と岩本の安打などで2死一、三塁のピンチを迎えると、会沢に甘く入った118キロフォークを左前にはじきかえされ、先制点を献上。3回にも1死三塁から赤松に低めへのスライダーを中堅に運ばれ、犠飛で追加点を許した。そして5回、赤松の適時二塁打で4点目が入ったところで交代を告げられた。「良くも悪くもなかった」と山口投手コーチ。3試合連続で5回持たずのKOとなった。(スポニチ)


馬鹿試合、打ちまくったの翌日の貧打線。
あの22得点の総攻撃はなんやったんや。1点じゃ話にならん。

投げてはファームで再調整で上がってきた下さんが5回持たずKO。
下さんに頼ってる時点で若手が伸びてきていない証拠。
こういう苦しい局面では誰か救世主が出てくるもんなんだけど・・・。

久保コーチよ、好き嫌いで起用しない上園、石川を使え。
可能性のあるピッチャーは5回限定でもいいから、可能性に賭けろ!
━─━─━─━─━─

阪神タイガース1●6広島東洋カープ〜京セラドーム・17回戦

【広】○スタルツ−横山
【神】●下柳−福原−江草−西村−渡辺

【勝ち投手】スタルツ(5勝9敗)
【負け投手】下柳(6勝7敗)

阪神タイガース通算成績 60勝48敗1分 対カープ 11勝6敗

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
金本が逆転満弾 阪神が球団新の22得点

阪神が球団新記録の22得点で大勝、連敗を4で止めた。「ダイナマイト打線」の破壊力を示し、首位を奪い返した。5‐8の七回に1点を返した後、1死から金本が右翼スタンドに劇的な12号逆転満塁本塁打。七回は7得点、八回には鳥谷、桧山の3ラン2発などで10得点。阪神は、先発の安藤が三回途中で降板。7点を奪われて期待に応えられなかったが、金本の一発を皮切りに打線が爆発。金本は「今日みたいな場面で打ててうれしい。ガッツポーズするのは好きじゃないが、自然に出てしまった」と笑顔を見せた。(デイリー)


今日の試合は訳のわからない試合で(笑)
6回2点、7回7点、8回10点ってなんちゅう試合してんねん。
終盤の3回で17安打19得点。この爆発を東京ドームでもしとけって。
ウチの打線もすごいんだけど、それ以上に広島の投手陣がへぼすぎ。
岸本然り、大島然り、梅津然り。見てるこっちが気の毒になるくらいに血祭り。
それ以上に酷いのが晒し投げをさせる広島ベンチ。
最後の梅津なんて、京セラのマウンドから逃げ出したかったろうに。
ベンチでニヤニヤして梅津を見ていた、広島・野村監督は鬼畜だ。

今日の試合のハイライトはやっぱり3点を追う、7回ウラの攻撃。
安藤が3回持たずに炎上、序盤に8点も取られ追い上げる気力も失せる中、
6回に城島の2ランで3点差に追い上げ、渡辺の粘投で流れを変えての7回。
マートン、平野が連続四死球、鳥谷がショート内野安打、新井さん押し出し、
なんにもしないで1点返し、なおも無死満塁の大チャンス!
続くブラゼルは気負いすぎて空振り三振に倒れるも、続くは我らがアニキ。
広島3番手・大島から粘りに粘ったあげくフルカウントから渾身の一振り!
打球は低い弾頭でライトスタンド最前列へ飛び込む逆転満塁ホームラン!
前日にはチャンスで抑えられてるだけに、燃えまくっての打席だったはず。
入った瞬間に滅多に見せないガッツポーズを見せ、満面の笑みで一周。
本塁上では新井さんと熱い抱擁。ブラとのハイタッチではおおはしゃぎ。
今年はチャンスでの結果があまり出てないけど、ここ一番の強さはピカイチ。
いいところを全て持っていってしまうアニキには恐れ入ります。

このアニキの一発で流れは完全にタイガースへ傾き、打者一巡13人攻撃。
俊介のレフト線2ベースから、代打・浅井がレフトへの2ランも飛び出し、
7回は押し出し、満塁ホームラン、2ランで一挙7得点。12−8。
正直なところ、これで満足だったけどダイナマイト打線大サービス。

8回にはブラゼル左中間2ベース、代打・桧山センター前ヒットから
城島がおっつけ気味にライトへポトリと落ちるタイムリーで13点目。
さらには俊介フォアボール、マートンレフト前タイムリーで14点目。
守備から途中出場の上本にもレフト前タイムリーで15点目。
上本はプロ初安打、プロ初打点のおまけつき!おめでとう上本!
そして鳥谷がライトスタンドへトドメの15号3ランホームラン!
18点目を奪い、これで終わりかと思うも・・・終わらない終わらない(笑)
新井さんフォアボール、ブラゼルライト前ヒットでランナーを貯め、
代打で登場した桧山が2打席目に立ち、ライトへ1号3ランで22得点目。
このあと、なおも城島がレフト前ヒットを放つも、今日はこれで打ち納め。

終盤の3イニングで打って打ちまくり、結果は大勝!も、
安藤が相変わらず打者2順目で捕まり、8安打7失点と情けない仕上がり。
試合後の真弓監督も打ち勝ったことに喜ぶ表情を一切見せることなく、
代わり映えしない安藤の結果に対し、もの凄く怒っていたのは言わずもがな。
苦しい投手事情をやりくりしなければならない真弓監督。
22点の喜びより、序盤の8失点のほうが点数的には重たい。
明日の先発予定の下さんにはどうかナイスピッチングで球児へリレーし、
真弓監督に笑顔弾ける勝利をプレゼントしてやって欲しいと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース22○8広島東洋カープ〜京セラドーム・16回戦

【広】今村−青木高−●岸本−大島−梅津
【神】安藤−鶴−藤原−○渡辺−久保田−福原

【勝ち投手】渡辺(2勝2敗)
【負け投手】岸本(1勝2敗)

〜ホームラン〜
【広】嶋11号2ラン(3回オモテ・安藤)岩本10号2ラン(3回オモテ・安藤)
【神】城島22号2ラン(6回ウラ・青木高)金本12号満塁(7回ウラ・大島)
浅井3号2ラン(7回ウラ・大島)鳥谷15号3ラン(8回ウラ・梅津)
桧山1号3ラン(8回ウラ・梅津)

阪神タイガース通算成績 60勝47敗1分 対カープ 11勝5敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神首位転落 藤川球が決勝本塁打浴びる

広島が逆転勝ち。4‐4の九回、1死から嶋が藤川球から勝ち越しの10号ソロを放った。0‐3の二回に岩本の9号2ランで2点を返し、2‐4の四回に篠田の適時二塁打で1点差とし、六回に梵が同点打を放った。

阪神は2位に転落。初回、鳥谷の14号2ランなどで3点を先制。二回にもマートンの犠飛で1点を追加したが、三回以降得点できず、最後は藤川球が打たれた。(デイリー)


巨人が中日に勝ち、阪神が広島に負け、首位・巨人、2位阪神。
やっぱりウチは首位より2位がお似合い。首位だと浮き足立っちゃって(笑)

打線は初回、平野のショート内野安打から鳥谷がセンターへ先制2ラン。
続く新井さんがレフトオーバーの2ベースを放ち、さらにチャンスを広げ、
アニキがあと一歩でホームランの右中間タイムリー2ベースでさらに追加点。
初回に3点を先制。先発の久保、得意の広島、楽勝と思ったんだけどなぁ。

すかさず広島も2回オモテに廣瀬のフォアボールから岩本が同点2ラン。
このレフトへ流し打ったホームランは打った岩本を褒めるしかないけど、
今日の久保は毎回のようにランナーを背負い、苦しいマウンド。

取られたら取り返せ。2回ウラに俊介、久保の連打からマートン犠牲フライ。
広島先発・篠田から序盤に4点を取り、黒虎ユニフォーム効果で、
このあとも順調に追加点を取っていくものと思いましたが、
この回以降、四死球でランナーはもらうものの、ヒットはわずか1安打。
打っても、篠田には4回に左中間へタイムリー2ベースも食らい、
前回のマツダで負けたとき同様、自ら打って抑えられ、嫌な感じだ。

6回に倉にレフトオーバーの2ベース、梵にライト線同点タイムリー2ベース。
この一本を打たれて久保は降板。5回3分の1を9安打4失点。
今日のような内容なら5回で交代させてもいいんだろうけど、
如何せん中継ぎも不安定なだけに、久保の続投もやむをえない・・・か。

打線は7回に2つのフォアボールから1死1・2塁のチャンスをもらうも、
広島2番手・大島の前にブラゼル、アニキと連続空振り三振。
ブラゼルが前回の東京ドームから下降線なのが気がかり。
チームが不調な時に、ブラの一発から復調してきただけに早く復活してくれ。

久保降板後は、江草−西村−久保田の無失点リレーでしのぎ、9回は球児。
その球児が1死から、この試合初めて投じた変化球を嶋に勝ち越し弾。
打った瞬間はライトフライかと思った打球も案外伸び、これが決勝点。
最終回、打線も鳥谷のフォアボール、新井さんのレフト前ヒットで粘るも、
最後はブラゼルがバットをへし折られ、センターフライで試合終了。

エースの久保で負け、抑えのエース球児が打たれ、打線は序盤以降沈黙。
これまでチームを引っ張ってきた選手たちが打たれ抑えられての負け。
チームに余裕があるときなら球児が打たれてもしょうがない・・・と思えるも、
今はそんな余裕なし。久保、球児、打線・・・しっかりしろ。勝てる試合は取れ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4●5広島東洋カープ〜京セラドーム・15回戦

【広】篠田−大島−○チューク−S横山
【神】●久保−江草−西村−久保田−藤川球

【勝ち投手】チューク(1勝1セーブ)
【セーブ】横山(2勝1敗6セーブ)
【負け投手】藤川球(3勝2敗21セーブ)

〜ホームラン〜
【広】岩本9号2ラン(2回オモテ・久保)嶋10号ソロ(9回オモテ・藤川球)
【神】鳥谷14号2ラン(1回ウラ・篠田)

阪神タイガース通算成績 59勝47敗1分 対カープ 10勝5敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が3連敗で巨人とゲーム差なし

阪神が同一カード3連敗。巨人とのゲーム差がなくなった。先制したのは巨人。一回、坂本が今季4本目となる先頭打者本塁打を左翼席に運んだ。さらに三回にはラミレス、エドガーの適時打で2点を追加した。楽天から移籍し、3試合目の登板となった朝井は6回4安打無失点で2勝目。坂本は「チームとして一番最初に打席に立てるのはうれしい。(一回は)思い切ったスイングができた」と話した。阪神は、中4日で先発した阪神・メッセンジャーが3回3失点でKOされ、打線も元気なく零敗。(デイリー)


前カードの横浜戦での46安打33得点の打線大爆発の勢いをもって、
意気揚々と乗り込んだ東京ドームですが、打ち疲れかあっさり3タテ。
小嶋、秋山、メッセと先発投手陣の顔ぶれが不安要素たっぷりだったので、
打線の援護なしには巨人3連戦を乗り越えられないと思ってただけに、
負け惜しみでもなんでもなく、最悪3タテもあり得るかな・・・とは思ったけど、
大好きな東京ドームでここまで打線が沈黙するとはね。。

タイガース先発は中4日でメッセンジャーが登板。
初回、先頭の坂本にレフトへソロホームランをぶちこまれ失点。
3回ウラにも先頭の坂本にヒットを許し、谷の犠打をフィルダースチョイス、
自ら首を絞める形で無死1・2塁で小笠原を迎えるも、小笠原が犠打併殺。
両チームずっこける形であっという間に2アウトにこぎつけるも、
ラミレスにセンター前タイムリー、エドガーにレフト前タイムリーを打たれ、
さらにこの回2点を失い、3回を終わって3点を追いかける展開に。
メッセンジャーは打順の関係で3回降板。1ホームランを含む5安打3失点。
3回の2アウトからの失点は余計な失点。これさえなければ・・・勿体無い。
あとは打線の援護もあれば、メッセンジャーの内容も違っただろう。

打線は初回2アウトから鳥谷フォアボール、新井さんレフト前ヒットで
先制のチャンスを作るもブラゼルがファーストゴロに倒れ、無得点。
2回も1アウトから相手のエラーから城島が出塁、俊介レフト前ヒットで
メッセンジャーを迎えるも、バント失敗で城島が3塁で封殺。
この後、マートンがフォアボールを選び、満塁で平野もショートゴロアウト。
3回にも鳥谷がセンター前ヒットも新井さんがサード併殺。
4回もアニキのライト線へのヒット、俊介がフォアボールを選び、
代打・桜井が痛烈な3塁線への当りを放つも、またも併殺打。
立ち上がり不安定だった巨人先発・朝井を攻めきれず、打線繋がらず。
3点差という数字を考えれば、4度のチャンスで1点でも取ってれば、
阪神側に引き寄せられたはずだし、当然試合の展開も違ったはずだ。
今日は巨人バッテリーにしてやられた。

巨人に3タテを食らうも、今年の東京ドーム遠征はとりあえず終了。
残す巨人戦5試合は、全てを甲子園で戦うだけに、まだツキはある。
このところ巨人に対して分が悪いけど、残りを全て甲子園で戦えるのは、
阪神にしたら次の対戦時までには戦力も整ってるはずだろうし、
なにより僕らファンがバックについて大声援を送る。
プレッシャーになることもあるかもしれないけど、相手には脅威だ。

巨人は来週から中日と3連戦。阪神はお得意様・広島と3連戦。
次の京セラ開催分は黒虎ユニでの試合だけに、猛打爆発、3タテあるで!
巨人、中日の動向は大いに気になるけど、ウチはウチ、他所は他所。
目の前の一戦一戦を大事に取りに行く気合で、勝利を積み重ねよう。
さぁ火曜日から再スタートや!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ3●0阪神タイガース〜東京ドーム・19回戦

【神】●メッセンジャー−鶴−江草−久保田
【巨】○朝井−久保−山口−Sクルーン

【勝ち投手】朝井(2勝1敗)
【セーブ】クルーン(3勝2敗18セーブ)
【負け投手】メッセンジャー(3勝3敗)

〜ホームラン〜
【巨】坂本24号ソロ(1回オモテ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 59勝46敗1分 対ジャイアンツ 9勝10敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神連敗! 金本11号ソロ実らず 

巨人は2‐3で迎えた六回、2死一、二塁から脇谷の適時三塁打で逆転。七回にはラミレスの適時打、阿部の2試合連続となる3ランで突き放した。六回から2番手で登板した高木が1回無失点で移籍後初勝利。決勝三塁打を放った脇谷は「(ルーキーに)やられるわけにはいかない。大事な試合だとだれもが分かっていた」と胸を張った。

首位・阪神は連敗で巨人とのゲーム差は1。四回に金本のソロで一時は勝ち越したが、プロ初登板初先発の秋山が六回につかまり初黒星。(デイリー)


今日の先発は19歳のルーキー秋山くん。
ファームで12試合に登板、防御率2.15、2勝2敗の好成績を受け昇格。
球団史上初の初登板初先発が巨人戦デビューという大抜擢。
ピッチャーがいない事情がありながらも、先輩を差し置いての昇格は
首脳陣の大きすぎる期待がうかがえます。

まず1回オモテ、ブラゼルのセンター前タイムリーで1点を先制し、
秋山の初マウンドを盛り立てると、秋山も期待に応えて初回を無失点。
大きな縦に割れるカーブに140キロ前後のストレートで巨人打線を調理。
2回ウラに阿部にライト前ヒット、エドガーの右中間2ベース、
長野にセンター前タイムリーと3連打で1点を失い、
さらに坂本にタイムりーで2点目も失い、逆転を許しプロの洗礼。

秋山が苦しいマウンドになりかけた直後のタイガースの攻撃。
3回オモテ先頭のマートンが左中間スタンドへ同点弾。
巨人に行きかけた流れを渡すまいとチーム一丸野球、必死のパッチだ。
4回にはアニキがライトスタンド上段へ特大勝ち越し弾。
若武者の頑張りにオヤジたちも奮い立たないわけがないわね。

投げては3、4、5回と強力巨人打線に対して、堂々の内容を見せる秋山。
6回も2アウトを簡単に取るも、脇谷に右中間へ2点タイムリー2ベース。
5回まで踏ん張りに踏ん張ってただけに、2アウトからの2失点は残念だ。
しかしながら6回を投げ6安打4失点は初マウンドにしてはまずまず。
今年の残り試合、来期への戦いと秋山の存在は面白いことになりそう。

7回から秋山を継いだ西村が谷、小笠原、ラミレスの3連打で1点を失い、
さらには阿部に右中間スタンドへ3ランを食らい、8−3。
秋山にしても、西村にしても追い込んでからの失点は残念だ。

若武者秋山を擁しても、巨人打線に中盤以降打ち込まれ連敗。
ナゴヤでは中日がヤクルトに勝利し、上位3チームが入り乱れ、
3チームが1.5ゲーム差の中でひしめく、大混戦模様であります。

明日は巨人戦3タテを阻止して、2位以降にゲーム差をつけたいところ。
メッセンジャーなのか、江草が先発なのかはわからないものの、
明日の先発ピッチャーにはどうにか踏ん張って欲しいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ8●3阪神タイガース〜東京ドーム・18回戦

【神】●秋山−西村−福原
【巨】福田−○高木−久保−山口−クルーン

【勝ち投手】高木(1勝)
【負け投手】秋山(1敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン14号ソロ(3回オモテ・福田)金本11号ソロ(4回オモテ・福田)
【巨】阿部37号3ラン(7回ウラ・西村)

阪神タイガース通算成績 59勝45敗1分 対ジャイアンツ 9勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、連勝ストップ 巨人猛爆12点

巨人打線が4本塁打を含む16安打と爆発し、連敗を4で止めた。初回1死一、二塁からラミレスの中前打などで2点を先制。二回に坂本が23号2ラン。五回はラミレス、阿部の連続本塁打で加点した。「もう負けられない、という試合だったので、とにかく塁に出ることを考えた」という2番・谷は3安打で気を吐いた。先発ゴンザレスは5回2失点で約3カ月ぶりの4勝目。

阪神は先発・小嶋が1回2/3を4失点と期待を裏切り、連勝は5でストップした。(デイリー)


スタンリッジが腰痛のため昨日登録抹消になり、裏ローテの裏ローテと
裏すぎるくらいの苦しい投手事情で挑まねばならぬ今回の巨人3連戦。
先陣を切ったのは左腕の小嶋でしたが・・・荷が重すぎた。
2回持たず、1ホームランを含む6安打4失点KO。
低めにボールが定まらず、打ち頃の高さに打ち頃の球威で滅多打ち。
正直なところ小嶋で勝てたら儲けものくらいの気持ちだったので、
今回の打たれっぷりは想定内だけど、毎度同じ負け方で情けないな。
下さんを登録抹消して上げてきたんだから、期待に応えてほしかった。

打線は2点を取られた直後の2回オモテ、2つのフォアボールから
絶好調・林ちゃんのライト前タイムリーで1点差に迫ると、
2点差を追う4回オモテには広大のライト前タイムリーで2点差に迫るなど、
取られたら取り返す、巨人に食らいつく野球を見せていましたが、
絶好調な打線でも、今日の投手陣の崩壊っぷりを尻拭いすることができず。

5回ウラには3番手・福原がラミレス、阿部に連続ホームランを食らい、
守りでも城島の牽制悪送球もあったりで、この回3失点で7−2。
6回にすかさず、金本、城島の連打から、関本がライトへタイムリーヒット、
マートンがセンターへ犠牲フライを放つなどして、3点差に迫りなおすも、
逆転勝利への執念が、巨人打線の勝利への気迫にことごとく打ちのめされ、
6回オモテに4番手・久保田がラミレスにタイムリーを打たれ1失点。
7回オモテには5番手・藤原も坂本のタイムリーで1点を失い
トドメは8回に6番手・川崎が阿部のタイムリー、エドガーの2ランで
二ケタ12失点目を喫し、万事休す。

9回に巨人5番手のMICHEALから平野のレフト線へのヒット、
鳥谷のセンター前タイムリー、新井さんのレフト前ヒットで攻め立てるも
大量失点を縮めるに至らず、反撃はここまで。

今日も13安打を放ってチーム2ケタ安打は継続も、連勝は5でストップ。
2位までのゲーム差がまだ2つもある上に、中日がヤクルトに完封負け。
巨人に敗れはしたけど、中日に攻め寄られなかった分、まだツキがある。

明日はルーキーで若干19歳の秋山が堂々の先発予定。
普通なら楽しみより不安が大きい初マウンドだけど、楽しみで仕方がない。
初モノに弱い巨人。19歳の秋山が虎の救世主になる気がする。
願うは7回3失点のマウンドだけど、明日は頭から飛ばしまくっていけ!
明日の結果がどうなるか、秋山、楽しみにしてるぞ!がんばれ秋山!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ12●5阪神タイガース〜東京ドーム・17回戦

【神】●小嶋−鶴−福原−久保田−藤原−川崎
【巨】○ゴンザレス−久保−山口−越智−MICHEAL

【勝ち投手】ゴンザレス(4勝9敗)
【負け投手】小嶋(3敗)

〜ホームラン〜
【巨】坂本23号2ラン(2回ウラ・小嶋)ラミレス39号ソロ(5回ウラ・福原)
阿部36号ソロ(5回ウラ・福原)エドガー11号2ラン(8回ウラ・川崎)


阪神タイガース通算成績 59勝44敗1分 対ジャイアンツ 9勝8敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神5連勝 新井が6打点、安藤2勝目 

阪神が5連勝。先発・安藤が六回途中まで3失点、開幕戦以来の2勝目を挙げた。阪神は1点を追う三回、相手の捕逸で同点とし、新井の2点適時打で勝ち越し。五回は新井、ブラゼル、林の適時打などで4点、六回にも1点を加えた。八回には新井がダメ押しの15号2ラン。阪神は先発全員安打。新井は3安打6打点で11試合連続安打、7試合連続打点を継続し「(2ランは)打った瞬間、入ると思った。(復刻ユニホームで)伝統の重みを感じながらプレーしている。ジャイアンツ戦は高校球児のようにがむしゃらに頑張りたい」と力強く語った。横浜は初回にハーパーの犠飛で先制したが、先発の藤江が五回途中7失点でKOされた。(デイリー)


黒虎ユニフォームの威力は凄まじいな!
3試合連続2ケタ安打&2ケタ得点&破竹の5連勝!
縁起を担いで、黒虎ユニをビジターのセカンドユニにしないかな(笑)

先発ピッチャーがいないと嘆き、不安視された急造安藤が最低限の仕事。
勝ち継投や城島のリードで支えられての勝利だけに、チームに感謝よ安藤。
打撃が強いチームだけに、ひっくり返してくれる希望ももてるし、
相手が横浜だったから、幾分かは落ち着いて投げれたでしょう。
今日は5回3分の1を投げ、6安打7奪三振3失点。
打者3順目を迎えた6回に明らかに球威が衰え、ヒット4本を打たれたけど、
5回までは横浜打線を2安打に抑えてまずまず頑張ったし、ヨシとしよう。

打線は3回2アウトからマートンのライト前ヒット&盗塁でチャンスメイク。
平野デッドボール、トリフォアボールで2死満塁となったところで新井さん。
まずパスボールで先制すると、打ってはライト線へ2点タイムリー2ベース!
先発・安藤を勇気付ける3回の3得点で連夜の打線の爆弾に着火すると、
5回には平野のビックイニングの口火を切る、ライト前ヒットから
新井さんが左中間フェンスダイレクトのタイムリー2ベース、
ブラゼルが痛烈なライナーをライトへタイムリー、アニキがライト前ヒット、
1死1・3塁、バッター城島の場面で横浜は先発・藤江から江尻にスイッチ。
その江尻は城島をセカンドゴロに打ち取るもアウトの間にもう1点追加。
1塁に生き残った城島は林ちゃんの打席で二盗を敢行し、見事成功!
そして連夜のごとく締めに林ちゃんがレフト線タイムリー2ベースを放ち、
5回終了時点で1−7と大量リード。ダイナマイト打線は今夜も大爆発。

6回には新井さんのショートゴロの間に8点目をもぎ取れば、
トドメのトドメにまたも新井さんが左中間スタンドへ特大2ランを放り込み、
新井さんの満足そうなドヤ顔が示すように、大満足な10得点目!
今日の新井さんは3安打6打点と大当たりも大当たり!
いつの間にか打率も3割を超え、4番の風格たっぷりだ!

今回の横浜3連戦でダイナマイト打線大爆発!
横浜・尾花監督が半べそ状態の46安打33得点!加減をしらんね(笑)
明日からの東京ドームでの巨人3連戦で打ち疲れが出なければいいけど、
そんな心配もよりも次の3連戦は秋山、小嶋と若武者が登板予定なだけに、
この横浜3連戦の打線の勢いを緩めることなく、どんどん援護射撃をして、
若武者たちの投げやすい雰囲気を作っていって欲しいと思います。

ナゴヤでは巨人が中日に3タテを食らい、中日が巨人と入れ替わり2位浮上。
中日は7連勝と波に乗りまくるも、明日から天敵・ヤクルトと3連戦。
中日の戦い次第ではあるけれど、明日からの巨人3連戦でしっかり叩けば、
首位固めをし、一気に優勝独走態勢に入れるかもよ!?
打線の勢い、若武者の奮闘で勝負どころを一気に駆け抜けるぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜大洋ホエールズ4○10大阪タイガース〜横浜・15回戦

【大】○安藤−藤原−西村−福原−鶴
【横】●藤江−江尻−松山−篠原−弥太郎−加藤−福田

【勝ち投手】安藤(2勝3敗)
【負け投手】藤江(1勝2敗)

〜ホームラン〜
【大】新井15号2ラン(8回オモテ・加藤)
【横】村田19号ソロ(8回ウラ・福原)

阪神タイガース通算成績 59勝43敗1分 対ホエールズ 11勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神がホームラン攻勢で横浜を圧倒

阪神が本塁打攻勢で圧倒した。二回、ブラゼルの2ランで先制。四回は林がソロ。五回は鳥谷のソロ、ブラゼルの2ラン、林の3ランで一挙6得点。六、七回にも1点を加えた。8回1失点の久保が11勝目。2本塁打を含む5打点の林は「ホームランはたまたま。前の打者のジョーさん(城島)がチャンスをつくってくれるので応えたかった」と話した。

横浜は五回途中8失点の先発・小杉が大誤算だった。(デイリー)


61年前の黒虎復刻ユニフォームで、ダイナマイト打線も当時のまま再現。
当時のクリーンアップだった藤村富美男さん、土井垣武さん、別当薫さんは
今のダイナマイト打線を天国でどんな風に見届けてくれているんだろう。
俺達の時ほうが凄いぜ、いや今のほうが凄いよ・・・とか言ってんのかな。
今日も昨日に引き続き、ダイナマイト打線大爆発!
14安打11得点、大洋投手陣はお手上げ状態だ。

打線は2回、新井さんがセンター前ヒットで出塁すると、ブラゼルが一振り!
大洋先発・小杉の出鼻をくじく36号2ランを右中間スタンドへ!
3回ウラには大洋も内川のタイムリーで反撃の狼煙をあげかかるも、
泣く子も黙るダイナマイト打線が4回オモテに林ちゃんがライトへ一発、
5回には打者一巡5安打、うちホームラン3発6得点と大爆発。

5回はマートン、平野とあっさり2アウトを取られるも、ここから爆発。
まず鳥谷が左中間スタンドへ一発を放り込むと、新井さんの四球を挟んで、
ブラゼルが今日2本目の一撃をセンターバックスクリーン直撃の特大2ラン!
攻撃はさらに続き、アニキがセンター前ヒット、城島が左中間2ベースで
2・3塁とさらに大量点が見込める場面で大洋先発・小杉をKO。
大洋は2番手に篠原をつぎ込むも、無意味な継投に(笑)
篠原の初球を林ちゃんが一球撃命!今日2本目の一発はライトへ3ラン!
5回終了時までの得点は9、その得点は全て5本のホームランによるもの。
横浜スタジアムだからホームランが5本も乱れ飛んだのかもしれないけど、
ホームランで繋ぎまくるっちゅうのは究極の繋ぎ野球だな(笑)

投げては先発の久保が8回5安打5奪三振1失点とひさしぶりの好投。
テンポ良く、低めに制球されたピッチングは大量得点に動じることなく、
城島のミットに飄々と投げ込む「いい時の久保」が戻ってきました。
前々回の巨人戦、前回の広島戦と久保らしからぬ内容で、
今回も崩れてしまわれるとお先真っ暗になりかねない状況だったので、
久保の復活、ナイスピッチングは嬉しいニュースでありました。

今日もナゴヤでは巨人がドラゴンズに連敗。
8回まで中日・山井にノーヒットピッチングに抑えられてしまう始末で、
巨人はここへ来て投打とも歯車が噛み合わなくなってきているのは
嬉しいことなのかもしれないけど、中日もじわりと攻め寄ってるのも恐怖。
まぁ巨人、中日ばかり気にしているとどこかで足元を救われるだけなので、
今日のヒーローの林ちゃんが言ってたけど、一戦一戦を大事に戦うだけよ。
明日も勝って、金曜からの巨人戦へ弾みをつけるぞ!

明日の先発予想は安藤。打線は心配ないだけに、安藤が頑張るのみ。
解説の小山正明さんが「安藤ねぇ」と言ったっきり沈黙したのが・・・だけど、
みんなが不安に思ってるのを吹き飛ばしてくれる好投を頼むぞ、安藤!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜大洋ホエールズ2○11大阪タイガース〜横浜・14回戦

【大】○久保−川崎
【横】●小杉−篠原−江尻−松山

【勝ち投手】久保(11勝5敗)
【負け投手】小杉(1勝2敗)

〜ホームラン〜
【大】ブラゼル36号2ラン(2回オモテ・小杉)林2号ソロ(4回オモテ・小杉)
鳥谷13号ソロ(5回オモテ・小杉)ブラゼル37号2ラン(5回オモテ・小杉)
林3号3ラン(5回オモテ・篠原)

阪神タイガース通算成績 58勝43敗1分 対ホエールズ 10勝4敗


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連勝! 藤川俊プロ1号3ラン

阪神が打撃戦を制し、3連勝。6‐8の七回に鳥谷の適時打で1点差とし、八回に平野の犠飛で同点。九回はブラゼルの左犠飛で勝ち越すと、新人・藤川俊のプロ1号3ランで突き放した。5番手の久保田が6勝目。プロ初本塁打の藤川俊は「前の打者が歩かされたので、とにかく打ってやろうという気持ちで打席に入った」と話した。

横浜は打線が活発だったが、抑えの山口が誤算だった。(デイリー)


今シリーズはオールドユニフォーム対決。
横浜は大洋ホエールズ時代のものを、我が軍は大阪タイガースのものを。
大洋のユニフォームは18年ぶりに復活したそうで、懐かしかったし、
応援歌もホエールズ時代のものを演奏したり、なかなかよかった。
大阪タイガースユニは昭和24年以来、61年ぶりに復活。
大阪タイガースユニフォームは真弓監督が一番お似合いでした。

試合は大洋、大阪ともに点取り合戦。
タイガース先発・メッセンジャーは初回、内川に先頭打者ホームラン。
これに面食らったのか、続く藤田にヒット、ハーパーの打席時に暴投、
村田にライト前タイムリーを打たれたりと、立ち上がりいきなり2失点。

対するホエールズ先発・清水も立ち上がり不安定。
2回、新井さんフォアボール、ブラヒット、アニキフォアボールで無死満塁。
同点、逆転のチャンスを頂くと、城島がレフト線へ2点タイムリー2ベース。
ここへ来て、城島の勝負強さと呼応するように打率も3割越え。
投手陣が不甲斐ないだけに、バットで燃えてくれるのに越したことはない。
もっと打ちまくって、リードでもグングンリードしてやってくれ!
3回には平野、鳥谷の連打から新井さんが左中間スタンドへ勝ち越し3ラン!
今日も出た新井さんのドヤ顔。あの顔を明日も見たいので頼むで!

3回オモテを終わって2−5と3点リードを奪って、流れが変わると思うも、
メッセンジャーのエンジンが上がることなく、無死1塁からスレッジに2ラン。
メッセンジャーの出来からこの回で下ろしてもよかったかもしれないけど、
中継ぎも中継ぎで不安定なだけにしょうがない続投。

5回オモテに鳥谷がレフトへソロホームランを放って突き放しにかかるも、
ウラの回にハーパー、スレッジのヒットで傷口を広げると、
下園、カスティーヨに連続タイムリーであっという間に6−6の同点。
6回には2番手の福原が内川のヒット、ハーパーへのフォアボールから
村田にライト前タイムリー、3番手の藤原は押し出しを含む連続四球で
中継ぎが自滅する形でホエールズに逆転を許し、8−6。

タイガースも7回に鳥谷のライト前タイムリー、8回に平野の犠牲フライで
同点に追いつき、大洋抑え・山口にじわり攻め寄り運命の9回へ。

9回のタイガースの攻撃は先頭の鳥谷、新井さんの連続ヒットから
ブラゼルの犠牲フライで1点勝ち越し、城島がフォアボールを選び
2死1・2塁と追加点をさらに奪いたいところで藤川俊が大仕事。
山口のストレートをレフトへプロ入り初ホームランがトドメの3ラン!
今日は俊介の23歳の誕生日だったりもして、お祝い尽くめの一撃。
ヒーローインタビューで終始笑顔の俊介。見ているこっちも嬉しかった。
俊介が新たな1ページを付け加えた、虎の栄光の背番号「7」
ホームランに誕生日にヒーローと今夜はおめでとうが言いたりないね。

巨人が中日に破れ、ゲーム差1で首位をガッチリキープ。
今日の勝利は嬉しいけれど、中盤までの不安定な野球はまだ不安、不満。
点を取られるな!とは言わないけれど、取られすぎなのはどうかな。
明日は打線爆発、がっちり守って、抑えて、快勝といこうぜ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜大洋ホエールズ8○12大阪タイガース〜長野オリンピック・13回戦

【大】メッセンジャー−福原−藤原−西村−○久保田−藤川球
【横】清水−弥太郎−加藤−●山口−江尻

【勝ち投手】久保田(6勝2敗)
【負け投手】山口 (2勝8敗22セーブ)

〜ホームラン〜
【大】新井14号3ラン(3回オモテ・清水)鳥谷12号ソロ(5回オモテ・清水)
藤川俊1号3ラン(9回オモテ・山口)
【横】内川7号ソロ(1回ウラ・メッセンジャー)
スレッジ24号2ラン(3回ウラ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 57勝43敗1分 対ホエールズ 9勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神首位奪回、八回一気4点で逆転 

阪神が打撃戦を制し、首位を奪回した。5‐6で迎えた八回、無死一、二塁から金本が同点適時打を放ち、城島の左越え二塁打で勝ち越し。さらに2死二、三塁からマートンの2点適時二塁打でこの回4点を挙げた。4番手の久保田が5勝目。藤川球が21セーブ。同点打を含む3安打の金本は「オールスター後いい仕事ができていなかったので、うれしいよりホッとしている」と話した。

ヤクルトは中盤に逆転したが、4番手の松岡が誤算だった。(デイリー)


メークミルミルに燃えるヤクルトの連勝を昨日止め、今日は勝ち越し。
まだ左団扇な勝ち方とはいかないけど、競り合う試合を着実にモノにして、
苦しい戦いの中でチームを立て直していければ言うことはない。
今日も苦しい試合になったけど、よく勝った!

今日も打線は活発。11安打9得点とは効率が良すぎだ。
2回オモテにヤクルトに先制された直後のウラ、新井さんが豪快な一発!
打った瞬間のドヤ顔は何度見てもいいね。左中間スタンドへ13号同点弾!
1アウト後、今度はアニキが新井さんに負けてられぬと10号勝ち越し弾!
ホームランを打つ前の打球を屋根にぶち当ててしまうファールボールがあり、審判団の判定待ちで待たされたあげくの打ち直しが右中間スタンドへ着弾!
打ったアニキはしてやったりな顔でダイヤモンドを一周していたけど、
バーネットはたまったもんじゃない。待たされてリズムが狂ったんじゃない?
まぁアニキも集中力を切らすことなく打ったのが凄い。

3回にはマートンのセンターバックスクリーン横へ飛び込む一発から、
平野の右中間3ベース、鳥谷フォアボール、ブラゼルセンター前タイムリー、
アニキセンター前タイムリーと、さらに追加点、3回までに5−1とリード。

今日は楽して試合を観れるかなと思いつつも、そうはさせぬとツバメ打線。
立ち上がりから不安定だった先発の下さんから4回に2点を返し、
5回には飯原、ホワイトセルの連打でチャンスメイクし、下さんKO。
2番手の安藤もピリッとせず、相川にレフトへ2点タイムリーを打たれ、
4点リードもたった2イニングであっという間に追いつかれる始末。
そして6回には3番手・西村がデントナに一発を食らい、逆転。

嫌な感じでひっくり返され、このまま逃げ切られると今後の戦いに響きそうな、嫌な雰囲気が球場を包む中、4番手・久保田が7、8回をピシャリと締め、
打線に逆転を託す内容を魅せると、期待に応えるように8回に打線爆発。
まず先頭の新井さんがライト線への2ベースでチャンスの口火を切ると、
ブラゼルは相手のエラーで出塁、アニキがライト前へ同点タイムリー!
続く城島がレフトオーバーのタイムリー2ベースで逆転に成功すると、
仕上げはマートンがライト線を破る2点タイムリー2ベースでこの回4得点!
相手の勝ち継投の松岡を打ち崩したのは大きいぞ!

最終回は球児が昨日とは打って変わってビシッと締めて試合終了!

デーゲームでは巨人が横浜に破れ、阪神が再びゲーム差なしで首位浮上!
絶好調のヤクルト相手に勝ち越し、週明けはお得意様の横浜と3連戦。
横浜は巨人に負け越しはしたものの、打線は活発なので侮るなかれ。
最低でも横浜には勝ち越して、週末の巨人戦に入りたいところであります。
今日の試合でロード折り返し、ロード後半戦は勝ち越していこうぜ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース9○6東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム・17回戦

【ヤ】バーネット−山岸−増渕−●松岡−渡辺
【神】下柳−安藤−西村−○久保田−S藤川球

【勝ち投手】久保田(5勝2敗)
【セーブ】藤川球(3勝1敗21セーブ)
【負け投手】松岡(2勝3敗2セーブ)

〜ホームラン〜
【ヤ】相川11号ソロ(2回オモテ・下柳)デントナ12号ソロ(6回オモテ・西村)
【神】新井13号ソロ(2回ウラ・バーネット)
金本10号ソロ(2回ウラ・バーネット)マートン13号ソロ(3回ウラ・バーネット)

阪神タイガース通算成績 56勝43敗1分 対スワローズ 11勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が逃げ切り、藤川球は4年連続20S

阪神が接戦を制した。一回1死一、三塁に新井の遊ゴロで先制。三回には新井、ブラゼルの連続適時打で2点を追加。六回にも城島の適時打で加点した。スタンリッジは七回途中降板も2失点で8勝目。「負けが込んでいたので何とかしたかった。背中のことより自分の投球に集中して投げた」とスタンリッジ。最後は藤川球が1点差を守り切り4年連続20セーブ。

ヤクルトはプロ初先発の赤川が5回1/3を7安打4失点。打線も援護できず連勝は10でストップ。(デイリー)


いつまでもヤクルトに勝たせるわけにはいかない・・・と思うものの、
10連勝してるチームだけに、簡単には勝たせてくれないね。

ロードに出てからというもの、なかなか先制点がとれないタイガース。
今日はマートンのレフト前ヒット、平野の犠打、トリの内野安打から、
新井さんのショートゴロの間にマートンが生還し、1点先制。
3回ウラにはまたも先頭のマートンがレフト前ヒットでチャンスメイクし、
平野が送って、トリがフォアボールで1死1・2塁と初回と似た展開で、
新井さんが三遊間を痛烈に破るレフト前タイムリーを放ち2点目。
続くブラゼルもバットを折りながら執念でライト前へ運び3点目。
6回には金本のレフト線への2ベースから城島がライト前へおっつけ気味の
タイムリーを放って、さらに追加点を奪い、6回終了時点で4−0。
今日はいくらなんでもヤクルトの連勝は止まるだろうと思いましたが・・・。

タイガース先発は背筋痛で約2週間ぶりの登板となるスタンリッジ。
6回3分の0を投げて5安打2失点とまずまずの内容。
2回オモテに畠山、宮本の2本のヒットで1死1・2塁のピンチを背負うも、
川端をショート併殺に打ち取ると、ここから調子尻上り。
振れてるツバメ打線に対して、重いストレートに変化球を交え、凡打の山。
みんなして思うようなバッティングをさせない今日のスタンリッジの内容。
久々の登板からか6回にやや疲れが見え始め、7回にヒット、フォアボール、無死1・2塁と同点、勝ち越しを許すまいとここで2番手・川崎へスイッチ。
まだまだ本調子ではないような感じのスタンリッジですが、よく踏ん張った。

2番手の川崎は代わりっぱなをデントナにレフト線へタイムリー2ベースを
許し、4−1。点差はまだあるものの3番手・西村へすかさずスイッチ。
西村もいきなり飯原にフォアボールを許すも、ここから西村の本領発揮。
負けん気の強いピッチングで無死満塁の大ピンチを青木をセンターフライ、
田中に犠牲フライを許すも、武内をライトフライに仕留め最小失点で脱出。
連日のように中継ぎが崩れる中で、真弓監督を悩ます継投策でしたが、
西村がチームの期待に応えてよく踏ん張りました。あっぱれ!

8回に久保田がホワイトセルに一発を食らうポカをしでかし1点差に迫られ、
球児も飯原フォアボール、青木に内野安打を放たれ、1死1・2塁となるも、
最後は田中をショート併殺打に打ちとって試合終了。

ヤクルト先発、20歳の若武者・赤川も打ち崩したというほどでもないし、
スタンリッジの交代期、中継ぎが不安定なところもまだまだ心配の種。
勝つには勝ったものの、会心の勝利じゃないのが正直不満だ。

明日は今日のモヤモヤを吹き飛ばしてくれる豪快な野球で勝ち越しを決め、
来週の横浜、巨人戦へ向けて、いい形で旅立って欲しいなと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○3東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム・16回戦

【ヤ】●赤川−吉川−増渕−渡辺
【神】○スタンリッジ−川崎−西村−久保田−S藤川球

【勝ち投手】スタンリッジ(8勝2敗)
【セーブ】藤川球(3勝1敗20セーブ)
【負け投手】赤川(1敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】ホワイトセル10号ソロ(8回オモテ・久保田)

阪神タイガース通算成績55勝43敗1分 対スワローズ 10勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神がヤクルトに敗れ、首位から陥落

阪神が絶好調のヤクルトを相手に、惜しい試合を落とし首位から陥落。阪神は2点を追う一回、新井の適時二塁打で1点差に迫った。だが、投手陣が踏ん張れず、直後の二回、鶴が青木に左越え適時二塁打。六回には渡辺が田中浩に3号3ランを浴びるなど5点を失った。その裏、マートンが12号ソロ。その後も加点したが、一歩及ばなかった。ヤクルトは02年8月の11連勝以来の10連勝で、借金を1とした。館山は6勝目。先制打のホワイトセルは「いい当たりではなかったが、いいところに飛んでくれた」と話した。(デイリー)


9連勝と波に乗りまくるヤクルトを迎えてのお盆シリーズ。
昨日の打線の勢いをもってすれば今日も勝てた試合なんだけど・・・ねぇ。
城島のリードが悪いのか、投手陣が情けないのか。もったいない試合。

先発した鶴は6回3分の0を投げて8安打6失点。
初回にホワイトセル、畠山に連続タイムリーを打たれてあっさり2点献上。
2回にも青木にタイムリーを打たれ、2回にしていきなり3失点。
鶴は先発投手陣にあって一番若いのに勢いがないし、スタミナもない。
まだ我慢して見続ける時なんだろうけど、いつも同じような降板のしかた。
城島と配球を考え直すとか、同じ6回で降板するなら飛ばしまくるとか、
そろそろ違うピッチングを魅せてほしいというのはファンの気持ち。

打線は2点を取られた直後の1回ウラ、マートン、平野の連打が飛び出し、
逆転のチャンスが訪れるも、鳥谷がショート併殺であっという間に2死3塁。
この併殺で流れを止められたかと思うも、新井さんのセンター越えタイムリー
2ベースですかさず1点を返し、打線はいい感じ。トリは残念だったけど。

1−3のまま迎えた6回オモテ、鶴がデッドボールとヒットでピンチを迎え、
鶴のスタミナも限界を迎えたところで左の川崎−右の渡辺の継投策へ。
川崎は一人を打ちとり、3番手・渡辺へ細かい継投もこれが大誤算。
川本に粘られたあげく犠牲フライを打たれ、点差を3に広げられると、
ピッチャーの館山にはライト線へタイムリー2ベース、青木との勝負を避け、田中との勝負を選ぶもインハイのストレートを叩かれ、レフトへ痛い3ラン。
球威のないナベ。下位打線を打ち取るどころか返り討ちにあって5失点・・・。
なにしに出て行ったんだ・・・ナベ。。。

6回オモテ終了時点で1−8と、さすがに今日はしんどいかと思いましたが、
6回ウラにマートンがレフトへソロホームランを放ち、6点差。
7回には城島、桧山の連打からまたもマートンがタイムリーを放ち、5点差。
8回は新井さんレフト前ヒット、ブラゼルがセンターオーバーのヒット、
アニキがセンター前ヒット&青木のエラーも絡み2点追加で3点差、
そして城島もセンター前タイムリーを放ち、あれよあれよと2点差に。
昨日とは一味違った大逆転劇を見せてくれるのか!?なんて思うも、
そんなのは虫のよすぎる話で・・・。9回に藤原が失点し、万事休す。

打線は完全復調。不振を極めたマートンももう心配なし。
あとは投手陣の踏ん張り、城島のリード次第。ここが優勝への鍵。
序盤の失点を防ぎさえすれば、川崎、西村、球児と必勝リレーがある。
今が一番しんどい時だけど、ここはチーム一丸で乗り切れ。

中日を3タテ、横浜を3タテ、巨人を3タテ、そしてウチにも1勝。
ヤクルトのメークミルミルを阻止するためにも、虎の意地を魅せたれ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース6●9東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム・15回戦

【ヤ】○館山−渡辺−押本−S松岡
【神】●鶴−川崎−渡辺−安藤−藤原

【勝ち投手】館山(6勝5敗)
【セーブ】松岡(2勝2敗2セーブ)
【負け投手】鶴(2勝4敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】田中3号3ラン(6回オモテ・渡辺)
【神】マートン12号ソロ(6回ウラ・館山)

阪神タイガース通算成績54勝43敗1分 対スワローズ 9勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

広島東洋カープ6○10阪神タイガース〜マツダzoomzoom・14回戦

【神】○久保ー藤原ー西村ー久保田ー藤川球
【広】●スタルツー梅津ー小島ー岸本ー齋藤

【勝ち投手】久保(10勝5敗)
【負け投手】スタルツ(4勝8敗)

〜ホームラン〜
【神】城島20号ソロ(2回オモテ・スタルツ)城島21号3ラン(6回オモテ・スタルツ)
桜井8号ソロ(6回オモテ・スタルツ)狩野2号ソロ(6回オモテ・スタルツ)
新井12号ソロ(8回オモテ・岸本)

【広】廣瀬7号ソロ(7回ウラ・西村)

阪神タイガース通算成績54勝42敗1分 対カープ10勝4敗  

わざわざ広島まで来た甲斐がありました。。。
連敗脱出&巨人と同率首位!勝つにはこれ以上ない勝ちっぷりで気分爽快であります!

打線は19安打10得点、5ホームランと完全に復調しましたね。もう貧打線なんて言わすんじゃないぜ。

タイガース先発は久保。1回ウラ、立ち上がりをいきなり攻められ、東出に右中間3ベース、梵にレフト前タイムリーで先制。嶋にもライト前タイムリーで2点目。

2回は立ち直った気配があったものの、3回にはデッドボールから傷口を広げ、ワイルドピッチで3点目を失うなど、久保らしくない出来上がり。今日の久保は6回を投げ7安打といまひとつな内容。スタンドから見てる限りでは制球、キレ、テンポ、広島のマウンドが投げにくいのか調子がイマイチなのか精彩を欠いた今日の久保でした。

そんな調子の上がらなかった久保の尻拭いをする素晴らしい打線、大爆発な攻撃。

2回ウラ、1死から城島がレフトスタンドへ特大20号で反撃ののろしを上げると、猛打爆発は突如やってきました。
6回オモテ、ブラゼルにデッドボール、アニキライト前ヒットとチャンスメイクすると、城島が今日2本目となる3ランをレフトスタンドへ運び逆転。続く、広大に狩野も城島に引っ張られてか、揃ってレフトスタンドへ放り込み三者連続ホームランの離れ技!この3連発で一気にタイガースに流れを引き込むと、このあともマートン、鳥谷にヒットが飛び出し、新井さんが2点タイムリーを放って、この回一挙7得点のビッグイニング!

先日のナゴヤでは苦しみまくった打線かと思うくらいの打ちっぷり。野手陣も相当なフラストレーションがたまってただろうから、今日の爆発で明日からはまた普段着の打撃が出来るんじゃないかなと期待しています。

久保の出来の悪さ、カープファンの地鳴りのような応援に押され、序盤の展開の時には、どうなることかと思いましたが、終わってみれば快勝。

明日からは9連勝中のヤクルトを大阪に迎え3連戦。
ヤクルトの連勝もそろそろ終わるこれだろうから、明日も気持ちのいい勝ちっぷりで阪神らしい野球で首位キープしましょう!

このページのトップヘ