猛虎Japan!

タグ: アンディー・シーツ

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
【寅の番】マートン獲得はシーツ氏のファインプレー

新外国人のマートンの活躍に驚いているファンも多いだろう。春季キャンプで野球評論家からは酷評されていた。ここ数年、阪神で活躍した「助っ人打者」といえば、アリアス、シーツ、ブラゼルと、それぞれオリックス、広島、西武と日本球界でプレーした経験のある選手しかいなかった。

そのマートンを「彼は日本で成功する」と推薦してきたのが昨年4月、阪神の駐米スカウトに就任したアンディ・シーツ氏。南信男球団社長は「彼はほかの選手にあまり関心を示さなかった。マートン以外なら、あまり自信がもてないとまでいった」。そこまで言い切られたら球団も獲得に動くしかなかった。

シーツ氏は2003年、広島に入団。05年、阪神に移籍し、主軸としてリーグ制覇に大きく貢献した。07年に現役引退し、アメリカに帰国したが、阪神は、まじめな性格を高く評価し、駐米スカウトに採用した。関係者によると、昨年まで駐米スカウトだったオマリー氏は、リストをみても「この選手はいい」「いや、もう1人の選手もいい」。決断力に欠けるところもあり、球団が振り回されたのは、一度や二度ではなかったという。

現在、シーツ氏は、全米各地を飛び回っているが、球団に送られてくるリポートをみた南球団社長は「まじめさが文章にもでているよ」。マートンも試合中、相手投手の特徴などをノートに走り書きするのが日課。そういえば、マートンの背中を少し丸めて構えた打撃フォーム。どことなくシーツに似ているな、と思うのは記者だけでしょうか…。(産経新聞)


5月頃に産経新聞に掲載された記事から。
マートンとシーツ先生の深イイ話だったのでスクラップしたものをご紹介。

マートンの大活躍はトラファンならずともご承知済み。
交流戦を終え、打率3割4分8厘でリーグ3位、安打記録はリーグ1位。
ホームランも8本、盗塁も9つ決めて、赤星の後釜のつもりが、
真弓監督の現役時代みたいなことになって、嬉しい誤算。

これまでのタイガース助っ人史において、ここ最近はカス外国人ばかり。
フォード然り、メンチ然り、スカウトのオマリー然り。
そのなかにおいてマートンは阪神主導外国人のひさびさの大ヒット!

上の記事にもあるけど、キャンプの頃は引っ張る打撃ばかりで、
オープン戦に入れば、バットがクルクル回る始末で、守備もイマイチ。
開幕に入る頃にはいつもの外国人と同じかと、正直どうなることかと。
2割7分くらいで上出来と思ってたところが、現在の好成績。
当ブログも開幕前はあまり色よいコメントはじゃなくてね…。
マートン、シーツ先生ごめんなさい。

もうね、シーツ先生の自信満々の推薦コメントに関心。素敵すぎ。
「彼はほかの選手にあまり関心を示さなかった。
マートン以外なら、あまり自信がもてないとまでいった」って、
シーツ先生は現役時代の眼力も確かだったけど、スカウトの眼もピカイチ。
シーツ先生は、スカウトもいいけど指導者としてもいい指導者になりそう。
メンチやフォードやオマリーに支払った契約金を全部回収して、
マートンとシーツ先生に分配したいくらいだ。

マートンともう少し早く出会えていたら08年の優勝を逃したシーズンも
岡田監督の辞任も、そして真弓監督の誕生もなかったかもしれない…。
さらにさかのぼれば、05年にシーツを獲得をしていなければ、
シーツスカウトもマートン選手もいなかったかもしれないだけに、
人生いろいろ、チームもいろいろ。出会いって面白いね。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神がオマリー駐米スカウトを解雇へ

阪神がトーマス・オマリー駐米スカウトを解雇する方針を固めたことが26日、分かった。03年オフから契約を交わし、外国人補強ルートの強化を託したが、メンチやフォードら野手が結果を残せず、期待外れに終わった。球団首脳は「度重なる助っ人獲得の失敗がある。ショック療法です。例年は春のキャンプ中に契約を更新していたが、来年はしない方針になった」と明かした。まだ契約期間は残っているが、すでにスカウト活動は行っていないという。阪神は特に打者の外国人補強がうまくいかず、今季の4位という結果で“粛正人事”が下されることになった。

オマリーは現役時代に阪神で4年間プレーし、引退後も特命コーチを務めた。明るい性格でファンの人気を集め、阪神電鉄のCMにも出演していた。(ニッカン)

ようやくというか、今さらというか、やっとこさ来る時がきたなという感じ。

05、06、・・・スペンサー、08・・・フォード、09・・・メンチ。
07年まではシーツ先生が在籍していたため、目立ちはしなかったけど、
フォード、メンチのポンコツぶりがあまりにも強烈すぎ。
実のところ05年にオマリーは解雇だったものの、この年優勝してしまった為、
オフが忙しくてフロントが解雇するのを忘れ、09年まで雇い続けたと(笑)
オマリーがちゃんとした外国人選手を連れてきていてくれたら、
去年は優勝してただろうし、今年もここまで不振じゃなかったはず。

「オマリー辞めさせぇ!」
「オマリーの名前を聞いただけで腹たってきたわ(笑)」
岡田監督と江夏豊さんの対談本ではどん様が紙上でオマリーに対し
ぼやき倒したあげく、ブチギレしていたのは記憶に新しいところ。
(オマリー裏話はこの本で存分に語られてるので一読を。)

これで来期以降は白人で小太り元大リーガーの顔は見なくて済みそう。
来期以降はシーツ先生のスカウト能力に期待であります。
(阪神外国人スカウトの暗黒時代はオマリーが最後にしないと。)

しかし、来日時の見た目で既にダメそうな外国人を3人も連れてきたもんだ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
正月は終わったものの、まだまだタイガースネタは少ないし、
正直、自分もあまり筆が進まないです…(笑)

今日はスポニチ大阪さんの惜別球人から昨年オフ、戦力外や退団で、
タイガースから去った選手たちのその後を見てみたいと思います。


「無敗のままユニホーム脱ぐ 」〜三東洋・元投手〜

6月28日を忘れない。05年、左肩にメスを入れた。
そしてちょうど1年後、三東は甲子園のマウンドに帰ってきた。
ウエスタン・サーパス戦で1回を1安打無失点。
「トレーナーの方、みんなの支えがあって…」。
登板後、真っ先に感謝の思いが口をついた。

もう一度、1軍の舞台へ―。
懸命なリハビリを続けたが、度重なる故障に泣いた。

駒大時代にひじ、肩を手術。一度はあきらめかけたプロ入りは、
社会人を経て実現した。投げる喜びと難しさを、人一倍感じている。
「よく覚えています」。04年8月22日のヤクルト戦(神宮)で
初先発初勝利を挙げると、5勝無敗とチームに貢献。
絶妙なけん制球で何度も球場をわかせた。

「1人では乗り越えられないこともあった。多くの方に巡り合えた」
自分との闘いに耐え続けた5年間。「できる限りのことはやりました」
悔いはない。無敗のまま縦ジマのユニホームを脱いだ。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆三東洋投手 29歳、5年目。→再出発 未定。

益田東甲―駒大―ヤマハ。02年ドラフト6巡目。
▼通算成績 27試合5勝0敗0セーブ、防御率4・62。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆相木崇投手 29歳、7年目。→再出発 社会人野球の松下電器に入社。

熊本商―福岡大―オリックス。00年ドラフト4位。
▼通算成績 90試合5勝13敗1セーブ、防御率5・65。

▼思い出 06年4月6日の広島戦(倉敷)
藤川、久保田からバトンを受けて延長12回に登板、
引き分けに持ち込んだ試合。大切な場面で投げさせてもらえたこと。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆水落暢明投手 22歳、3年目。→再出発 阪神打撃投手。

平安中退―信太。04年ドラフト10巡目。
▼通算成績 1軍出場なし。(2軍12試合0勝0敗0S、防御率9.49)

▼思い出 プロ初マウンドとなった05年6月30日サーパス戦(北神戸)
ケガが多く苦しかったが、いい仲間に会えた。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆大橋雅法捕手 21歳、3年目。→再出発 一般企業への就職を希望。

北陽。04年ドラフト5巡目。
▼通算成績 1軍出場なし(2軍42試合、打率.158、0本塁打、2打点)

▼思い出 多くの方に出会い、いろいろな衝撃を受けたこと。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆上坂太一郎内野手 30歳、8年目。→再出発 飲食店経営。

享栄甲―王子製紙春日井。99年ドラフト5位。
▼通算成績 243試合、打率・248、7本塁打、37打点、15盗塁。

▼思い出 00年9月13日の巨人戦(甲子園)でプロ初安打を含む猛打賞。
二盗、三盗の連続盗塁も決めたこと。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◇中村豊外野手 34歳、12年目。→再出発 阪神2軍守備走塁コーチ。

上宮甲―明大―日本ハム。95年ドラフト1位。
▼通算成績 536試合、打率・248、8本塁打、63打点、12盗塁。

▼思い出 03、05年のリーグ優勝の瞬間を味わえたこと。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆アンディ・シーツ内野手 36歳、5年目。→再出発 現役引退。未定。

広島―阪神。
▼通算成績 682試合、打率.289、95本塁打、374打点、6盗塁。

▼思い出 阪神で3年間プレーできたことは誇り。
特に05年の優勝は大きな喜び。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆エステバン・ジャン投手 32歳、1年目。→再出発 現役続行を希望。

▼通算成績 21試合、6勝5敗0セーブ、防御率4・66。

▼思い出 チームに貢献できなかったこと、優勝できなかったことが残念。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆ダーウィン・クビアン投手 35歳、3年目。 →再出発 日本での現役希望

▼通算成績 88試合、3勝5敗2セーブ、防御率3・76。

▼思い出 阪神でプレーできたこと。松坂にプロ初本塁打を打たれたこと。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

相木投手や上坂選手は他球団で現役が出来そうな感じがしたけど、
結局はどの球団からも声が掛からなかったのか…厳しいな。。。

相木、水落両選手はまだ野球と関わる生活を続けるみたいだけど、
上坂選手、大橋選手は野球とは無縁の仕事で生計を立てるみたいで…
頑張って欲しいです。

…頑張れって書いてる本人も求職者の身なので、お前も頑張れなんですが(汗)

今年はタイガースから離れた選手とともに、僕も一生懸命頑張りますよ。
タイガースの現役選手たちには優勝をしてもらい、最高の褒美を頂きたいな。

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース1×○0横浜ベイスターズ〜甲子園・19回戦

【横】三浦−●マットホワイト(3敗)
【神】杉山−久保田−○藤川(4勝2敗37セーブ)

阪神タイガース通算成績 64勝52敗4分 対ベイスターズ 13勝6敗 

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚クライマックスシリーズ進出マジック・19゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


前回のヤクルト戦然り、今回の横浜戦も下位相手とはいえ、
相手も意地があるだけに、3連戦の3連勝目の試合はすんなり勝てないね。。

今日はベイスターズ・三浦、タイガース・杉山、両先発の息詰まる投手戦。
タイガースの先発・おすぎは1回、2回、3回と常に得点圏にランナーを
背負うも、横浜の貧打線、3回のシーツのダイビングキャッチに助けられ、
4回以降はヒット1本に抑えるナイスピッチ!3回のシーツの守備はgreat!
あの1点が入ってたら、今日の勝利はなかったかもしれないだけに、
シーツの守備は神の域だね。あっぱれだ!

おすぎは結局6回を投げて5安打2奪三振68球の省エネピッチング。
6回で降板したのはもったいなかったけど、打線と三浦の兼ね合いだから
こればっかりはしょうがないやね。。次回はきっと白星つくよ。

打線はベイスターズ打線同様、再三再四得点圏にランナーを進めるも、
崖っぷちの場面からエース・三浦の意地がタイガース打線を上回った。
今日の出来からすると、3回のシーツの守備がなければやられてたね。

7回からのタイガースの継投は久保田が2イニング、球児が1イニング。
9回からジェフではなく球児が登板したのは、ちょっとビックリしたけど、
久保コーチが打線の巡り会わせから監督へ進言→結果的に◎になったね。

9回のタイガース打線は勝負師・藤本がレフト前ヒットで出塁、
鳥谷が犠打で送るも、キャッチャー相川が送球を焦りフィルダースチョイス、
赤星もフォアボールでノーアウト満塁の今日一番のビックチャンスでシーツ!

3回には守備でナイスプレーを魅せるもバットでは4タコ。
三振とダブルプレーと内野フライだけは勘弁してくれと願いつつも、
迎えた2ストライクからの4球目、レフトへ強烈なヒットを放ってサヨナラ打!
シーツが打点を上げれば9連勝と言うだけあって、不敗神話は崩れないね。
追い込まれながらも、よく食らいついた!ナイスバッティング!!

今日ベイスターズに勝って、2カード連続3連勝でチームの連勝は7!
我がタイガースにもプレーオフ進出マジック19が点灯しました!
交流戦後からの破竹の快進撃で、ここまで上り詰めたわけですが、
それまでの戦いが悲惨だっただけに、あの頃のことを思うと夢のようだね。
よく、ここまで頑張ったし、これからもガンバレよ。あと少しだ!

さぁ明日からは東京ドームでジャイアンツと首位攻防3連戦。
東京地方は台風9号が猛威を奮ってるみたいだけど、
猛虎台風も大暴れしますぞ!ジャイアンツ覚悟しとけ!

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース6○2横浜ベイスターズ〜甲子園・17回戦

【横】●寺原(9勝11敗)−秦−那須野−山口
【神】○能見(4勝3敗)−ダーウィン−渡辺−橋本健−藤川

阪神タイガース通算成績 62勝52敗4分 対ベイスターズ 11勝6敗


今日のベイスターズの守備は酷かったな(笑)草野球みたいで。。

初回に赤星のバントを寺原が1塁に悪送球、アニキの打席時に暴投連発。
葛城の併殺も一塁の吉村が捕球し損ね、棚ボタの3点いただき♪

タイガースにとってはありがたすぎる展開だったけど、
あんなグダグダな守備をされちゃあ、両チームのためには何にもならんわ。

その後も鳥谷のショートゴロをエラーするは、シーツのレフト前ヒットを
お手玉しちゃうし、記録上は3つのエラーだけどホントのとこ6つはあった。。
目標がなくなったチームの性なのか、緊張の糸がもうボロボロだね。
ベイスターズの野手は全員特守して出直しておいで。

先発の能見は6回を4安打5奪三振1失点。
初回、2回と立ち上がりがイマイチ、フォアボールも5つ与えたけど、
ピンチになっても動じないピッチングだったし、今日は合格でしょ。

9回にはぎっくり腰でリタイアしたハシケンが復帰も、
代打・佐伯に一球投げただけで降板→球児登板。
監督はセーブのためにランナーが出た時点で球児の登板を決めてたらしいけど、あの場面ではセーブはつかないらしいね。。。監督の早とちり。ミスだ。
今日の球児の登板が、週末の巨人戦に影響が出なければいいけど。。。

今日はナゴヤでジャイアンツとドラゴンズが潰試合。で、2位ドラゴンズ勝利。
ゲーム差は首位ジャイアンツまで再び1.5ゲーム差と急接近。

首位に立つのは時間の問題だけど、目の前の1試合を大切に戦いましょう。
明日、あさって、上位陣に食らいつけ!

阪神タイガース5○2東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・19回戦

【ヤ】●松岡(3勝1敗)−吉川−鎌田−花田−館山
【神】○下柳(9勝8敗)−ダーウィン−ウィリアムス−
S藤川(3勝2敗36セーブ)

阪神タイガース通算成績 60勝52敗4分 対スワローズ 14勝5敗


さぁ勝負の9月の幕開けですよ。
泣いても笑っても、9月の末にはジャイアンツ、ドラゴンズ、タイガースの
上位3球団のどこかが1位通過を決めてるでありましょう。
我がタイガースのプレーオフ進出はほぼ確定的でしょうが、
チームの目標はあくまで1位通過。最後はセ・リーグの頂点に立ちますよ。

9月の開幕ゲームは7月18日の勝ち星から遠ざかっている下柳。
8月に負けが込んでた時期に比べると気候も若干過ごしやすくなったし、
調子のバイオリズム的なものも底をついて上昇してきたんでしょう。
5イニングを投げて5安打2失点。前回の反省も踏まえ、いつも以上に丁寧。
フルカウントまで勝負するケースが多かったので球数が94球と5回にしては
多めだけど、下さんは序盤のゲームをキッチリ作るのが仕事ですからね。
次回は今日と同じように丁寧かつ大胆に、勝利の投球お願いします。

打線は最近バットも守備も湿りがちだったシーツが2安打3打点の大暴れ。
3番打者が打つと、自然と打線が繋がり、強いチームが出来上がるんです。
9月に更なる攻勢をかけるタイガースにとって、シーツの復調は嬉しい。
まだまだシーツは信用できる域にはないけど、3番でドシッっと構えて、
この1ヶ月にどれだけ打ちまくってチームに貢献してくれるかで、
タイガースの1位通過は見えてくる。今月のキーマンはアンディー、お前だ!

J・F・Kを除く中継ぎ陣は一時期不安的な時期があったけど、
今日もダーウィンが2イニングをピシャリ投げてくれて、久保田が休めた。
J・F・Kにプラスαきっちり投げてくれると助かる。
ヤクルトの中継ぎ陣を見るとタイガースの布陣は贅沢だね。

今日はジャイアンツ、ドラゴンズがともに敗れて首位まで2.5差。
スワローズには悪いけど、明日もいただくよ。いただかなければね!

さぁ泣いても笑っても28試合、1位通過を目指して頑張ろう!

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース9○4横浜ベイスターズ〜甲子園・14回戦

【横】●高崎(1敗)−秦
【神】○ジャン(6勝4敗)−江草−渡辺−筒井

〜ホームラン〜
【横】佐伯8号ソロ(ジャン・3回オモテ)
【神】関本1号2ラン(秦・6回ウラ)鳥谷5号2ラン(秦・6回ウラ)

阪神タイガース通算成績 43勝42敗2分 対ベイスターズ戦 8勝5敗


筒井がひとり相撲をしてるところまでは記憶があるんだけど、
肝心の勝利のハイタッチの場面を寝てしまい見過ごしてしまったorz

そろそろシーツは完全復調したと見てもOKかな。
先制された直後の3回ウラの攻撃。
満塁の場面で10打数0安打だった男が、ジャンもチームも助ける大仕事!
2アウト満塁でレフト線へ鮮やかな走者一掃タイムリー2ベース!
今までアニキに負担をかけまくった重圧を、シーツが跳ね返す素敵な光景。
ランナーだった関本も鳥谷も赤星もよく走った!

5回にも勝ち越しの4点目となる鳥谷のライト線へのタイムリー3ベース。
打った鳥谷も1塁ランナーの庄田もよく走った!走ることはいいことだ!

6回には関本と鳥谷が共に2ランをレフトへライトへホームラン♪
トドメの4点が入ってこの時点で9対2の大量リード。

先発したジャンも5回2失点の最低限の仕事を果たし、
中継ぎ労働課の重役どころを投入するまでもなく、若手3人の継投で完了。
久保田、球児を連休させれたのは嬉しいよ。

江草、渡辺は及第点だけど、筒井くんはもうちょっと度胸が欲しいな。

今日勝って、再び貯金1。交流戦後を5勝1敗の好スタート!

タイガースに追い風が吹きまくってるのは確実、
火曜からのヤクルト、広島6連戦も決して気を緩めることなく闘ってくれ!

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
福岡ソフトバンクホークス1○3阪神タイガース〜福岡ヤフードーム・2回戦

【神】○下柳(3勝4敗)−久保田−ウィリアムス−S藤川(1敗13セーブ)
【ソ】●和田(4勝3敗)−佐藤−篠原−三瀬−星野

〜ホームラン〜
【ソ】アダム6号ソロ(下柳・4回ウラ)

阪神タイガース通算成績 20勝23敗1分 対ホークス 1勝1敗


今日の下さんは去年までの下さんが帰ってきた。
低めに丁寧に、ノラリクラリのピッチングで、5回3分の2イニングを
3安打1ホームランの4奪三振、失点はソロホームランの1点のみ。

ここ3試合5回KOのような試合が続いていただけに、
今日もホークス打線に打ち込まれてKOされやしないか心配してたんですけど、今日はアダムのホームランに投じた失投以外はよかったでしょ?
下さん自身はまだまだ不満みたいだけど。。。

明日は移動日ということもあって、久保田が3分の2イニングを投げた以外は
ウィリアムス、藤川が1イニングと3分1ずつ、イニングを跨いでの贅沢投球。

相手がパ・リーグいや12球団一の破壊力を誇るホークス打線であろうと
この三人さんの投球内容は変わらないねぇ、キレ味抜群のストレートに
各自の勝負球でバッチリ抑えてくれる。頼もしい限り。毎度頭が下がる。

打線は和田相手に3点取れたらいいだろうと昨日予想したとおり、3得点。

先制タイムリーは1回オモテ、2ベースの関本を置いて、
アニキがあと少しでレフトフェンス越えとなるタイムリー2ベースでまず1点。

2点目は2回、我らが林ちゃんが基本に忠実に、バットのヘッドを残した
センター返しのタイムリーで2得点目。

ダメ押しとなった7回オモテの得点は桜井のレフト線ツーベースから
シーツがレフトへタイムリーを放って3点目という形でした。

福岡の連戦は杉内、和田相手に1勝1敗。
打線の状態がまだ本調子でなく、先発した福原、下柳の状態もまだまだな中、パ・リーグの首位と5分で終えれたのは上出来だと思いますよ。

明日は休んで、今度はパ・リーグ最下位のオリックスと大阪、神戸で連戦。

オリックスも一時期のどん底を脱出したとはいえ、まだ下位で低迷中。
先発投手を引きずりおろしさえすれば、後続は脆いので、
初回からドンドンと攻め込んで、ふらふらになるまで叩いておきましょう。

取れるところでしっかり稼いで、早いこと勝率を5割に戻しましょう。

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース6○0横浜ベイスターズ〜甲子園・7回戦

【横】●土肥(5勝1敗)−高宮−ホセロ
【神】○杉山(2勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】シーツ4号ソロ(土肥・3回ウラ)、シーツ5号2ラン(土肥・5回ウラ)

阪神タイガース通算成績 18勝22敗1分 対ベイスターズ3勝4敗


昨日の日記の最後に

「明日も打線が先制、中押し、ダメ押しのかたちを作って
投手陣が序盤をしっかり抑えて、そのまま完投するなり、
方程式に持ち込むなりして曇り空が吹っ飛ぶようなスッキリした勝利を
魅せてくれ!ベイスターズにはまだまだ借りがあるぞ!!」

なんて書いたらホントその通りの試合になってしまいました(笑)

先制は1回の攻撃、鳥谷2ベース、関本死球でチャンスメイクから
アニキの併殺崩れで得点。
3回には3番に戻ってきたシーツが土肥のカーブを狙い撃ってましたと
言わんばかりにレフトへの4号ソロで追加点。

5回には、昨日1軍昇格、今日は8番センターでスタメンの桜井がライト前へ
嬉しいプロ初ヒットを放てば、関本がレフト前へ3点目のタイムリーヒット、
続くシーツが1打席目の再現VTRのような当たりは左中間の深いところへ
2打席連発の5号2ランホームラン!!
今日のおすぎの出来からすると、シーツの5号2ランがダメ押しやったかな?

8回にもノーアウト満塁のビックチャンスがあったものの、
鳥谷の内野安打のみの1得点のみで攻撃終了。
こういうところでダメのダメを押して、横浜投手陣が立ち直れないくらいに
して欲しいんやけど、タイガース打線は優しいね。

投げては先発のおすぎが9イニングを8安打、122球3三振で無失点勝ち。
チーム一番乗りの完投&完封勝利のおまけつき!

序盤の2回オモテに、連打にデッドボールが絡んで、1アウト満塁の大ピンチも、冷静沈着にセカンドランナーの吉村を牽制で殺すと、土肥も空振り三振で
打ち取って、横浜の先制のチャンスを運よく切り抜け無失点。

先制点をあげてしまうと極端に勝率が悪くなってしまうだけに、
横浜のボーンヘッドには、命拾いです。

2回以降も、塁上にランナーを出すものの、ピンチらしいピンチもなく、
要所要所を締めたナイスピッチングで今シーズン2勝目。

おすぎ自身が完封勝利で締めくくったのは、
2005年・9月11日のカープ戦以来、2度目。

毎年、夏場からエンジンがかかる、おすぎ投手なだけに、早めのエンジン点火は先発投手の台所事情が苦しいタイガースには希望の光。
他のピッチャーも、昨日のジャン、今日のおすぎに続いて欲しいな。

明日は交流戦前の最後の試合、ちょうどローテの谷間に入るだけに、
以前から、中継ぎでの好投が光っていた中村泰、待望の先発があるかも。

兎にも角にも、明日も取って交流戦へいい気分で入っていきたい!!

ブログネタ
阪神タイガース に参加中!
今シーズン初の同一カード3連勝!!いわゆる3タテ!!!
スワローズボーナスステージ見事クリアです。

今日も初回から赤星のバントヒットからチャンスメイクして、
アニキのセンターオーバータイムリー2ベースで先制。

3回には打撃大好きなボーグルソンのセンター前ヒットから、
調子の上向いてきたシーツ先生がレフト前タイムリーを放って2点目。

シーツ先生は守っても4回の2死満塁の大ピンチを救う
ファインプレーでチームに大貢献!!
打ってよし、守ってよし、頼りになります。

先発のボギーは前回のナゴヤでのピッチングからの変化が見物だったけど、
今日も初回から矢野さんのサインに首を振りまくり、自らピンチを招く綱渡りピッチング。4回のシーツ、5回の鳥谷のファインプレー、スワローズ打線に助けられて5回1失点だったものの、内容的には初回KOの投球内容です。

毎度のように、4回、5回で打ち込まれる癖はどうにかしないとね。
下にはダーウィンもいれば、安藤、福原も帰ってくる、このままじゃ厳しいよ。

土曜からは広島、横浜、広島とロード6連戦に、地元3連戦の9連戦。

お得意様のカープ様、調子のいいベイスターズ様と得意なチームと相対するだけに、タイガースもゴールデンウィークといきたいところです。


阪神タイガース3○1東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・5回戦

【ヤ】●グライシンガー(3勝2敗)−館山
【神】○ボーグルソン(2勝)−久保田−ウィリアムス−S藤川(7セーブ)

阪神タイガース通算成績 12勝10敗1分 対スワローズ 4勝1敗

このページのトップヘ