猛虎Japan!

タグ: クレイグ・ブラゼル

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、ブラ同点弾も福原痛打で惜敗

阪神は1度は同点にしたが、継投の福原が勝ち越し打を許し、惜敗した。

ここ5試合は2失点以内と安定感のあった阪神先発メッセンジャーが序盤から苦しんだ。二回、2死から後藤に安打を許し、梶谷に先制の1号2ランを打たれた。四回には2死満塁からの押し出し四球で3点目を与えた。

打線は初回、平野が4年連続6度目の1シーズン100安打となる右前打で出塁したが、後続が倒れた。その後は五回、新井良の四球と相手のエラーで1死二、三塁とし、ブラゼルの内野ゴロの間に1点を返した。六回には代打・狩野の安打などで1死一、三塁とすると鳥谷の適時打で1点差に迫った。そして七回、ブラゼルの11号ソロで同点にした。

しかし、八回から登板した福原が2死一、三塁のピンチを招き、代打・下園に勝ち越し打を打たれた。(デイリー)


長い長いロードが終了しました。7勝14敗1分・・・これが現実です。

昨日まで26打席ノーヒットだった横浜の梶谷が球児からライト線へ2ベースを打ったのをきっかけに目覚めちゃったかな。先発のメッセンジャーが2回2死1塁から梶谷がライトスタンドへ先制の2ランホームラン。昨日は3塁まで進められつつ、球児が火消しをしたものの、梶谷にとってはなにげないヒットではなかったんだね。球児から長打を放てば、そら自信になる。メッセンジャーからホームランを打てば、そら気分はええやろね。

この日のメッセンジャーはあまり調子はよくなかった。4回、金城、後藤のヒット、梶谷にフォアボールで2死満塁。ここのあと鶴岡にカーブが微妙に外れ押し出しフォアボール。下位打線でピンチを締めないといけないとダメなところでさらに傷口を広げ3失点目。

打線の反撃は5回に良太のフォアボール、相手のエラーで1死2・3塁のチャンスを掴むとブラゼルのセカンドゴロの間に1点を返し2点差。続く6回には狩野のレフト前ヒットから、またまた横浜のエラーが絡んで1死1・3塁。このあとトリがライト前タイムリーで2点差。なおもチャンスは広がり2死満塁までいくも坂が倒れ、1点どまり。相変わらずの歯がゆい攻撃を続ける打線は7回、先頭のブラが左中間スタンドへ11号同点ソロ。これで追いつくと、さらに畳み掛けたいところでしたが…。8回にも2死から良太の2ベース、桧山敬遠で2死1・2塁でしたが、またも坂が倒れ、勝ち越せず。

直後に福原が代打・下園にタイムリーを打たれて万事休す。

負けてまたも借金19。最下位・ベイスターズに4ゲーム差。明日から甲子園で広島、巨人、来週末は中日と厳しい戦いが続くタイガース。ベイスターズにあっぷあっぷな戦いだと、これは最下位も時間の問題だ。残り29試合、どれだけ勝てるかなぁ。。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜DeNAベイスターズ4●3阪神タイガース〜横浜・21回戦

【神】メッセンジャー−加藤−●福原
【横】高崎−菊地−○藤江−S山口

【勝ち投手】藤江(3勝2敗)
【セーブ】山口(1勝2敗17セーブ)
【負け投手】福原(1勝4敗1セーブ)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル11号ソロ(7回オモテ・菊地)
【横】梶谷1号ソロ(2回ウラ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 42勝61敗12分  対ベイスターズ 9勝10敗2分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
ブラゼル決勝3ラン スタンリッジ6勝

阪神が1点差で勝利。四回2死から金本、坂が連続安打で一、二塁とし、ブラゼルが左翼へ10号3ランを運んだ。

7番一塁で先発出場し、ヒーローとなったブラゼルは「こういう形で試合に出場でき、何とかいいものを残したかった。今日は息子の3歳の誕生日なので、もしかすると3ランが出たらいいなあと思っていた。来年の誕生日は4歳だがら満塁ホームランが打てたらいいなあ」と、久々の笑顔を見せた。

先発・スタンリッジは7回2/3を投げ、104球7安打2失点で6勝目(9敗)。3-0の六回は2死二塁から赤松に右前適時打を許して1点を奪われ、八回は1死一、二塁からエルドレッドの左前適時打で1点差に迫られ、2死一、二塁の場面で降板。2番手の榎田が代打・前田智を打ち取った。九回は藤川が三者凡退に仕留めた。(デイリー)


今宵、スタメンから外れたのは金本ではなく、弟分の新井さん。前夜のランニングホームランを献上したアニキの尻拭い…な訳ではないけど、代わりにスタメンで出たブラゼルが起用に応える一振り。良太の台頭からベンチへ追いやられ気味のブラゼル。新聞紙面では今季限りだの、ファーム落ちだの、あまりいい話がない中で、いつも明るく振舞うブラゼル。本人は来期の残留を賭けて必死。一発の魅力という面では新井兄弟よりもずっとあるし、1塁の守備も断然ブラゼルのほうが上手なんだけど、チャンスは少ない。今日の活躍を首脳陣は評価してやって欲しいけど、火曜日はベンチスタートとかになるんだろうな。。

今日はタイガースが先制。4回2アウトから金本のセンター前ヒット、坂のライト前ヒットで出塁すると、今夜のヒーロー、ブラゼルがレフトスタンドへ先制3ラン!カープ先発・今井のストレートに上手く合わせた打球は、そんなに強振したわけでもなく、軽々と運んだ感じ。悪いときのブラゼルはなんでもかんでも引っ張りに掛かっていた面が見えたけど、今日のようにレフトヘ引っ張るような打撃が出来たらこれから調子はあがってくると思う。現にあの打撃をしていた2010年は今日のようなホームランを何発も見たんだから。。このホームランはチームでやっとこさの二桁ホームラン到達&息子のトロットくんの3歳の誕生日に花を添える嬉しい3ラン&来期残留への大きなアピール弾になったのではないでしょうか。今宵のブラゼル家は幸せでいっぱいやね!

先発はスタンリッジ。5回1死から丸にヒットを打たれるまでパーフェクトピッチング。そのランナーを許した5回のマウンドも、続く堂林をショート併殺に打ち取り三者凡退。ストレートを軸に大きいカーブ、スライダーで広島打線に付け入る隙を許さず。早撃ちのカープ打線を手玉にとる内容でした。が、しかし終盤のマウンドは一転ピンチの連続。6回は、絶好調の天谷の長打から赤松にタイムリーを打たれて失点すると、7回は失点こそしなかったもののヒットとデッドボールで2死1・2塁までもっていかれ、8回にはヒット2本から代打のエルドレッドにタイムリーを打たれ、1点差に迫られる始末。イケイケの広島打線はなおも2死1・2塁と同点、勝ち越しの場面で取って置きの代打・前田智を投入。ここでスタンリッジから榎田にスイッチ。榎田は前田をセカンドゴロに仕留め、見事な火消しっぷりを魅せると、1点差のまま9回は球児投入。球児と対する、丸、堂林、天谷と波に乗る若鯉を前にピッチャーゴロ、三振、三振と圧巻のマウンド。なんだかんだ言っても球児を打つのは簡単ではありません。

結局ブラゼルの一振りが決勝点となり、逃げ切り勝ち。負ければ借金20という場面でしたが、がけっぷちでまたも踏ん張り、大台の大台は回避であります。

勝っても、ナイスゲーム!とは言えない悲しさ。ブラゼルの3ランで誤魔化されてるけど、チーム安打は4回2アウトからの3本と、6回のトリのセンター前ヒットの計4本だけ。カープ先発の今井もよかったものの、そこまで苦労しそうなピッチャーには見えなかっただけに、ヒット4本だけっちゅうのは寂しい。今宵は3ランのブラゼルと踏ん張ったスタンリッジにサンキューベリーマッチ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ2○3阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・19回戦

【神】○スタンリッジ−榎田−S藤川
【広】●今井−江草−中崎−今村

【勝ち投手】スタンリッジ(6勝9敗)
【セーブ】藤川(2勝2敗19セーブ)
【負け投手】今井)(1勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル10号3ラン(4回オモテ・今井)

阪神タイガース通算成績 41勝59敗12分 対カープ 8勝9敗2分

阪神、新井良の誕生日弾でドロー

阪神は1点を追う七回、29歳の誕生日を迎えた4番・新井良の8号本塁打で同点とし、延長十回で引き分けた。プロ初先発の二神は、5回1/3、5安打3失点でプロ初勝利はならなかった。

打線は新井が6月3日以来のスタメン落ち。「6番・三塁」で今季初めてスタメン入りした坂が、三回2死満塁から右前に鋭いライナーの安打を放ち、一気に2者が生還した。さらに、7月8日・巨人戦以来の先発となったブラゼルも右前適時打で続き、この回3点を奪った。

3年目の二神は「やっとつかんだチャンス」という先発マウンド。初回、1死一、三塁を併殺でしのぐと、四回まで3人ずつで抑えた。五回には後藤の2試合連続となる5号ソロで1点を献上。そして六回、1死から連打で一、二塁のピンチを招き降板。ここを抑えると、二神は勝利の権利を得られたが、2番手の加藤が打たれ、逆転されていた。(デイリー)


プロ初先発のマウンドを託された二神。ルーキーイヤーのキャンプでは絶賛されながらも肩の故障からなかなか1軍マウンドにたどり着けなかった男が今年は中継ぎからチャンスを掴み、今日の先発マウンド。顔から緊張感がにじみ出て、初回はアップアップな立ち上がりでしたが、回を追うごとにリラックス、背番号「18」が躍動していました。

初回、荒波にフォアボールから内村の打席で二盗も藤井が刺し1アウトも、内村にフォアボール。続く筒香にはライト前ヒットを打たれ、1死1・3塁で4番・ラミレス。ここはスライダーで引っ掛けさせ、注文どおりのショート併殺打に抑えてピンチ回避。横浜の拙攻に助けられる立ち上がり。2回以降は3イニング連続で三人で抑え、球速はそれほどなくも、打たせて取る内容で二神の実力が見えてきたピッチングでした。

そんな二神に打線は3回、2本のヒットとフォアボールで2死満塁とすると、今日新井さんに代わって6番・スタメンの坂がライトへ力強く運んだ打球は2点タイムリーとなり先制。さらにはひさびさのスタメンのブラゼルも右中間へタイムリーを放って3対0。二神に頼もしい援護点。

5回、二神は後藤にセンターバックスクリーンへ追撃の一発を浴びると、6回には1死から荒波、内村に連打を浴びたところで降板。5回3分の1を投げ5安打3失点。球数からしたら77球とまだまだいける球数でしたがここで代えられたのはしょうがないかな。でも次回に期待の持てるないようだったと思います。

このあと2番手に加藤、3番手に鄭と繋ぐ継投に打って出た和田監督。この継投は個人的には解せない。加藤は左の筒香に対して左対左なのと実績からして、まだ理解できるけど、鄭をいきなり上げてきて即大事な局面で使うのはどうかと。加藤も鄭もお世辞にもコントロールがいいほうではないし、ほかに渡辺や筒井、福原も控えていたんだから、ここで加藤、鄭はないだろうと変な予感があったのですが。。まず2番手の加藤はストレートのフォアボールを出し、ピンチを拡大させて鄭へスイッチ。その鄭はラミレスのサードゴロの間に1点。続く後藤にはタイムリーを打たれ同点。そして、金城の打席で藤井のパスボールで逆転と、勝ち投手の権利を得ながら、先輩たちに足を引っ張られる形になった二神。こういう日もある。がっくり来るだろうけど、野球っちゅうのはこういうもんよ。

逆転され、逆にこのまま負けてしまえば負け投手になってしまうかもしれない二神。その窮地を救ったのが、若き4番、ハッピーバースデーの新井良太が逆転された直後に今日もまたやってくれました。7回2アウトから回ってきた打席でドンピシャリのタイミングで合わせた打球はレフトスタンドへ8号同点弾!繊細な兄・貴浩とは違って、神経が図太そうな弟・良太。結果を出し続ける毎日にファンとして嬉しいばかりか、このままドンドン大きく成長してくれと願うばかり。

同点に追いついたタイガースは4番手の鶴に2イニングを託し、5番手の福原が9回、6番手に球児が10回をそれぞれ抑え、1点もやらない継投でベイスターズ封じ込め、打線は8回、9回と勝ち越しのチャンスを作るも生かすことなく、同点のまま引き分け。

現状の阪神の状態からして引き分けでヨシとしてしまう感覚。本来なら勝たなければいけない試合なんだけど。今日は二神からの加藤、鄭の継投があれでよかったのかなって。あの場面だけが引っかかり、案の定逆転されてしまったのが納得いかない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥

横浜DeNAベイスターズ4△4阪神タイガース〜横浜・18回戦

【神】二神−加藤−鄭−鶴−福原−藤川
【横】高崎−藤江−山口−菊地

〜ホームラン〜
【神】新井良太8号ソロ(7回オモテ・高崎)
【横】後藤5号ソロ(5回ウラ・二神)

阪神タイガース通算成績 37勝55敗11分 対ベイスターズ 8勝8敗2分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
T鳥谷が先制弾、決勝犠飛で連敗止める

阪神が競り勝って連敗を4で止めた。一回に鳥谷の3号ソロで先制。1‐1の二回にはブラゼルの8号ソロで勝ち越し。三回には平野、鳥谷のタイムリーで2点を加えた。4‐4の五回、1死一、三塁から鳥谷の右犠飛で勝ち越し。八回は藤井の右前打で加点した。今季初登板の先発・秋山は5回4失点で今季初勝利。

本塁打を含む2安打3打点の鳥谷は「(先制ソロは)切れるかな、と思ったけど入ってくれてよかった。(決勝犠飛は)打て、のサインだったので思い切り行きました。1つずつ借金を返していって、シーズンの最後に笑えるように頑張ります」と話した。

ヤクルトは先発・ロマンが5回5失点と乱調だった。(デイリー)


今日もヤクルトの一発攻勢で同点に追いつかれたときはどうなるものかと…。勝ってるのにヒヤヒヤしながら野球見なあかんのは身体に悪い。

初回2アウトからトリがヤクルト先発・ロマンからライトポール際へ先制ホームラン!ウラにすかさずヤクルトも川端のタイムリーで追いついてくるも、今度は2回。ブラゼルがライトポール際へソロホームランを放ち勝ち越し。打線はナゴヤでの貧打がウソのように3回にもピッチャーの秋山のヒットを足がかりに、平野のライト線タイムリー3ベースで追加点を奪うと、トリも続いてレフト前タイムリー!追いすがるヤクルト打線を引き離す2本のタイムリーで流れを阪神側へ引き寄せる活発な打線。

活発な打線に応えるように、今季初先発の秋山にもリズム良く得意のヤクルト相手にバッタバッタと斬っていって欲しかったんですが、勝ち越した直後の3回ウラ、バレンティンのソロホームランで2点差。宮本のセンター前ヒット、松井淳のセンターバックスクリーンへの2ランであっという間に同点。敵ながら、欲しいところで効果的な一発を放り込むヤクルトの選手の勝負強さには脱帽。どうすれば、チャンスで一本を打てるのか、阪神の選手に教えてやって欲しい。

4回の攻撃は両チームとも三人で終わりゲームも少し落ち着くのかなと思いましたが、5回オモテ1死からマートンがショート内野安打で出塁、続く平野もライト前ヒットで1・2塁とチャンスを広げ、トリが3ボールから放った打球はスタンドへもう一伸び足りないライトへの犠牲フライ。これで再び勝ち越し!

なかなかリズムに乗れなかった秋山も4回以降は落ち着きを取り戻し、4,5回と2イニング連続3者凡退でし止め、勝ち投手の権利を持ったまま継投へ。秋山は5回2ホームランを含む8安打4失点。打線が点数を取ってくれたからいいものの、次回もこれではしんどい。だけど、この内容で勝ち投手。何か持ってるで(笑)

2番手の渡辺は元気なスワローズ打線を6、7回と三者凡退でし止めるナイスリリーフ。これで攻撃にもリズムが出来た。

7回1死から浅井の左中間への2ベース、マートンのヒット、平野のフォアボールで満塁。トリはセカンドゴロで倒れるも、なおも満塁の場面で新井さん。バットが上向きな証拠にこの打席も鋭い打球をレフトへ!少し詰まらされたのか、フェンス前で打球は失速したものの、新井さんのバットから快打が見られるのは嬉しい。去年の打点王の誇りを持って、2年連続の受賞を狙って、さぁここから打ちまくれ!!
8回には喉から欲しい追加点を2死からフォアボールで出塁の新井良太から代走の大和、大和のセカンドへのスチールから、藤井のライト前へのタイムリーと効率よくダメ押し点。

8回、3番手の加藤は2つのフォアボールを出すも得点を許さず、9回は榎田がマウンドへ。ミレッジにフォアボールを許すも、最後の田中を三振にしとめてゲームセット。

昨日の悪夢があるだけに阪神側はヒヤヒヤ、ヤクルト側は負けていようとイケイケ。勝ちはしたものの、ヤクルトの勢いは明日も続くで。先発の安ちゃんには前回の甲子園でのピッチングの再現で、ヤクルトキラーっぷりを発揮してもらいましょう。完封、完投で前回の雪辱を晴らすぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ4○6阪神タイガース〜神宮・7回戦

【神】○秋山−渡辺−加藤−S榎田
【ヤ】●ロマン−正田−山本哲−日高−押本

【勝ち投手】秋山(1勝)
【セーブ】榎田(2勝2セーブ)
【負け投手】ロマン(4勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷3号ソロ(1回オモテ・ロマン)ブラゼル8号ソロ(2回オモテ・ロマン)
【ヤ】バレンティン20号ソロ(3回ウラ・秋山)松井淳3号2ラン(3回ウラ・秋山)

阪神タイガース通算成績 29勝32敗8分 対スワローズ 3勝3敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
金本が逆転3ラン マートン猛打賞

阪神が金本の逆転4号3ランなどで快勝し、マートンは約1カ月ぶりの3安打猛打賞。勝率5割へ“借金”を1とした。

初回に先発・能見が中村に先制の6号ソロを許したが、その裏、先頭・マートンの右前打をきっかけに2死一、二塁で、金本がDeNA先発のブランドンから右翼席へ4号3ランを放って逆転に成功した。

金本は「(一回は)チャンスを作りながら(鳥谷、新井貴の)2人が倒れ、すごい悪い雰囲気だったが、新井のために打ってやろうとは思ってませんでした」といつもの辛口ジョークで場内の笑いを誘った。通算474本塁打で田淵幸一氏と並んで歴代10位となり、「田淵さんはタイガースOBの中で1番ホームランを打った方。並べてうれしいし、1日も早く抜きたいと思います」と話した。

阪神は二回に四球とマートンの二塁打で2死二、三塁とし、平野が2点適時打。三回はブラゼルが中堅へ7号2ランを放った。能見は7回3失点で5勝目(5敗)。八回を福原、九回を榎田が抑えた。(デイリー)


今日も甲子園に行って来ました。甲子園で7点取るなんていつぶり!?なんて思うほど、楽勝な試合。今日は終始ニコニコで見れました。

昨日は3安打1得点と貧打線に逆戻りした阪神打線。今日もスタメンの面々は昨日とほとんど変わらず、試合前は少し不安を覚えたんですが、今日は貧打線ではなく牙を鋭く剥いた猛虎打線でした。

1点を追う1回ウラ、ベイスターズの先発・ブランドンから先頭のマートンがライト前ヒットで出ると、平野がフォアボールを選び無死1・2塁と逆転のチャンスも、トリ、新井さんが凡退で2アウト。昨日の嫌な流れを引きずり、今日もか…と思われた嫌な空気を一掃したのがアニキ金本!2ボール1ストライクから振り抜いた打球は弾丸ライナーとなりライトスタンドへ一直線!一振りで形勢が変わるホームランの魅力。相手に打たれたらたまらんけど、味方が打つとこれまたたまらん。ホームランは麻薬よ!

打線の勢いは2回も変わらず、藤井のフォアボール、マートンの左中間への2ベースでチャンスメイクをすると、平野がセンターへ2点タイムリーヒット!リードは4点に広がり、ブランドンはこの回限りでKO!

3回ウラ、ブランドンに代わって2番手のマウンドに上がった小杉にも打線は襲い掛かり、先頭の金本のライト前ヒットからブラゼルがセンターバックスクリーンへ特大2ラン!先週のロッテ戦も3回までに7点奪う猛攻。土曜日は打線が活発!毎週土曜日は打線が打ちまくる日!土曜日以外もしっかり打て!

先発はエース・能見。初回2アウトから中村紀にレフトスタンドへ先制ホームラン。相変わらずの一発病がいきなり顔をのぞかせましたが、2回以降は打たせて取るピッチング。いいとも悪いとも言えない内容でしたが、打線の大量援護もあってか今日はノビノビと投げた能見。6回に若干の疲れが見えたところを中村紀のタイムリーと筒香の犠牲フライで2点を取られましたが、7回まで投げ6安打3失点。今日くらいのリードを持ってすれば、完投せぇ!と言いたいところですが。

能見が下りたあとは福原−榎田のリレーでベイスターズ打線に反撃の隙さえ与えず、完璧なリレーを魅せて見事勝利!

今日のヒーローはアニキ金本。逆転3ランがよほど嬉しかったのか、鳥谷いじりから入り、新井さんいじりで落とす冗舌っぷり。今日のホームランはOBの田淵幸一さんに並ぶ474号だったのも嬉しそうで、早く次の1本を打ってチームに貢献したいとのことでした。ちなみに打点もスワローズOBの大杉勝男さんを抜き去り1508打点。打てば打つほど偉大な選手の記録を抜きさるアニキのバット。打って打って打ちまくってくれれば、チームは浮上し雰囲気も良くなる。いつまでもアニキに頼っていてはダメだとは思いつつ、ここイチでは勝負強いアニキ。ホントこの44歳はどうかしてるぜ。

明日は安藤と三浦のベテラン対決。安藤は好投しつつも4月に2勝目を上げて以降、勝ち星に見放されっぱなし。そろそろ安ちゃんに白星をつけてあげてください。野手の皆様、今日くらいの打ちっぷり、明日もお願いします。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース7○3横浜DeNAベイスターズ〜甲子園・11回戦

【横】●ブランドン−小杉−牛田−林
【神】○能見−福原−榎田

【勝ち投手】能見(5勝5敗)
【負け投手】ブランドン(1勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】金本4号3ラン(1回ウラ・ブランドン)ブラゼル7号2ラン(3回ウラ・小杉)

阪神タイガース通算成績 27勝28敗8分 対ベイスターズ 5勝5敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が先発野手全員の16安打で連勝

交流戦最後のカードで、阪神が先発野手全員の16安打でロッテに先勝。2連勝で借金を1に縮めた。

初回からロッテ・先発の香月を攻め、1死満塁からブラゼルの適時二塁打で3点を先制。二回は金本、新井貴、ブラゼルの主軸が3連続適時打を放って4点を追加。三回にも1点を加えた。

先制打を含む3安打のブラゼルは「いいスタートを切れた試合だった。チームメートがつないでくれ、雨で(ロッテの)ピッチャーのチェンジアップが高めに浮いた球を打つことができた。今日は(先発野手)全員の16安打でチーム一丸で勝った1勝」と喜んだ。

先発・メッセンジャーはロッテ・角中1人に2号ソロを含む3長打を浴び4点を献上したが、味方打線の援護により、6回4失点で4勝目(5敗)。筒井、榎田とつなぎ、九回は福原が登板。2死から3連打で満塁とされ、井口に押し出しの死球で1点を与えたが、最後はサブローを打ち取った。(デイリー)


千葉マリンでの阪神タイガースの相性は案外いい。去年は連勝、一昨年は1勝1敗だったものの、8点差を追いついたり。今日も雨の降る中、相手ピッチャーの乱調につけ込んで序盤に8得点を奪い、チーム全員安打の16安打、左団扇の展開。最後の最後に一瞬ヒヤッとしたものの、関東の虎ファンにはひさしぶりに気持ちのいい試合になったんじゃないでしょうか。明日もこれぐらい点数取れよ!!

初回から打線が活発!今日も1番スタメンの野原祐がライト前ヒットでチャンスメイクすると、平野、金本がフォアボールを選び2死満塁とすると、ブラゼルが右中間を破る走者一掃の3点タイムリー2ベース!

打線の勢いと、マリーンズ先発・香月の乱調は止まらず2回2死から平野、鳥谷が連続フォアボール。ここでマリーンズは2番手の松本に代えるも、金本がセンター前タイムリー、新井さんが右中間を破る2点タイムリー2ベース、ブラゼルもセンター返しのタイムリー、怒涛の3連打からビックイニングとなる4得点!3回にも小宮山、平野のヒットから鳥谷のショートゴロの間に1点を奪い、3回終了時で8点を奪い圧勝モード!楽勝ムード!

タイガース先発・メッセンジャーも打線の爆発に気分を良くして、素晴らしい立ち上がり。初回、荻野、根元、井口、2回のサブローと4者連続三振!キレるストレート、これは5者、6者…と続くんじゃないかと、ちらっと思った矢先、5番の角中にライトスタンドへソロホームランを打たれ、目が覚めました(笑)3回は3人で締め、メッセンジャーのペースでポンポンとロッテ打線を斬りおとしていくのかな…と思ったんですが、そうは行かないのが野球の難しいところ。

4回、井口のヒット、サブローのフォアボールから再び角中にレフトオーバーのタイムリー2ベース!良太は追いついていながらも取りきれなかった拙い守備も重なってしまったの不運でした。6回にも3度、角中にライトへタイムリー2ベースを打たれ、あれよあれよと4点差。ランディは6回まで投げ6安打4失点。今日は角中ひとりに長打3発4失点と打たれたのが反省材料だけど、打線が点数を取ってくれたときはこれぐらい取られても構わない。ゲームさえ作ってくれればね。

序盤に8点を奪い楽勝モードでしたが、徐々に差を詰めるマリーンズ。トドメを刺す1点、2点が欲しいところで打線は6回に2死満塁、7回は2死1・2塁、9回に2死1・3塁とチャンスは作るものの、あと1本が出ない。8得点を奪ったのはいいけど、14残塁あったのも忘れちゃいけない。明日のマリーンズ先発の成瀬に対して、全く手が出ませんしたではお話にならないので、明日もしっかり打て、明日はキッチリ返せよ!

ランディのあとは筒井が7回、榎田が8回を投げ無得点リレー。9回は4点差があるので球児ではなく福原。大松、福浦と簡単に2アウトを奪うも、ここから清田、福浦、根元に3連打を浴び、井口に押し出しデッドボールを与え3点差。なおも2死満塁で長打で同点、一発出れば…という場面でしたが、最後はサブローをカーブでひっかけてショートゴロでゲームセット!雨も強くなり、嫌な感じもありましたが、福原がベテランの味を出してくれました。

これでホークスに続いて、マリーンズにも交流戦勝ち越し決定!マリーンズには唯一負けていないので、最後も勝って勝率5割で終え、0の状態からペナントレース、甲子園でのベイスターズ戦を迎えたいと思います。明日は成瀬、能見のエース対決。能見の状態がイマイチなのが気がかり。打線は今日以上に打って得点せぇよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

千葉ロッテマリーンズ5○8阪神タイガース〜QVCマリン・3回戦

【神】○メッセンジャー−筒井−榎田−福原
【ロ】●香月−松本−大谷−古谷−中郷

【勝ち投手】メッセンジャー(4勝5敗)
【負け投手】香月(1勝1敗)

〜ホームラン〜
【ロ】角中2号ソロ(2回ウラ・メッセンジャー)

阪神タイガース通算成績 26勝27敗7分 対マリーンズ 2勝1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が1点差で負け連敗 借金は3

阪神が1点差で負け連敗。借金は3となり、今季交流戦の成績は6勝11敗2分け。残り5試合で勝ち越しはなくなった。

阪神の先発・メッセンジャーは二回、ソフトバンク・ペーニャの中前適時打で先制点を許し、五回は細川の左翼フェンス直撃の適時二塁打で追加点を奪われた。

打線はソフトバンク先発の大場に6回1安打9三振無得点。七、八回は岩崎に抑えられ、九回は森福に対して2死一、二塁からブラゼルの中前適時打で1点差と迫り、なおも一、三塁としたが、最後は代打・関本が打ち取られた。

ソフトバンク・大場は今季初先発で初勝利。「1イニング1イニング攻めの姿勢で投げた。タイガースファンの応援を逆に力に変え、気持ちを込めて投げました」と話した。(デイリー)


昨日の試合後、「ノウミさんが嫌いだから、相手に点数をやった」発言をしたマートンが本日スタメン落ち。残念でなければ、当然の処置。個人的にはファームに落としてもいいと思う。本人はあとになって「ジョークだ」って弁解したようだけど、ジョークであろうと本心であろうとチームメイトを名指しで侮辱した発言は許されるものではない。舐めているとしか思えない。今日は代打で8回に登場したけど、代打で出す必要もない。スタメン落ちにしたんなら今日1日はどんなことがあろうと出してはダメ。処分が中途半端。ここ最近のマートンはやる気があるのか?と首を傾げたくなるプレーが多々ある。チームがもがき、自身も成績が上がらずもがいているときに、なんで自分の首を絞めることを言ってしまったのか理解不能。マートンだから…なんて特別扱いは不要だ。

さて、試合はメッセンジャーが8回2失点と好投。8安打を打たれるも内容的には申し分ない内容。ストレートはキレていて、フォークもよく落ちていた。ストレートはMAX150は出ていたんじゃないかな?2度失点するも2回とも不運…。2回、松田の放ったライトへの飛球の目測を誤った良太が後逸。その間に3塁を陥れられ、続くペーニャにセンター前タイムリー。5回も長谷川のピッチャー返しに始まり、バスターエンドランを敢行した細川の打球が思ったより伸び、レフトへ…。俊足の長谷川は躊躇なく本塁へ。。。

今日は…じゃなく、今日も打線が寒い。トリがフォアボールで4回、6回と2度出塁&2度盗塁を決め得点圏へ走者を進めることはあったけど、8回終了時点でヒットはブラゼルが5回に放った1本のみ。これではどうにもならない。

9回、ホークス守護神の森福から鳥谷のフォアボール、新井さんのショート内野安打で今日一番の盛り上がりを見せると、ブラゼルがセンター前タイムリーを放って1点差。なおも1・3塁で関本…という場面でしたが、あえなくショートゴロに終わり試合終了。

ホークス先発の大場は今季初先発。6回1安打9三振と完璧に抑えられてしまったけど、言うほどよかったかな…と思う。狙い球を絞れ!という指示は出ているだろうから、対策をしても対応し切れなかった打線がしょぼいんだろうけど。

明日もホークスと甲子園で。甲子園での交流戦は明日で最後。この調子だと、パ・リーグの全球団に勝ち越せぬまま終わってしまいそうな感じなので、勝ち越せる可能性があるホークスにはなにがなんでも勝て!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●2福岡ソフトバンクホークス〜甲子園・3回戦

【ソ】○大場−岩嵜−S森福
【神】●メッセンジャー−福原

【勝ち投手】大場(1勝)
【セーブ】森福(2敗4セーブ)
【負け投手】メッセンジャー(3勝5敗)

阪神タイガース通算成績 23勝26敗7分 対ホークス 1勝1敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、11安打も1点 5割復帰ならず

阪神は11安打を放ちながら、わずか1得点。5割復帰はならなかった。先発の能見は5回8安打4失点で5敗目(4勝)を喫した。

連打が出ない阪神打線。0‐6の六回1死一、三塁、ブラゼルの中前適時打でやっと1点を返した。九回には1死満塁の好機を迎えたが、決定打が出なかった。

能見は初回、バルディリスに先制タイムリーを許し、四回には斉藤の右前適時打で2点目を失った。五回にはスケールズに左越え2ランを被弾。その裏の打席で代打を送られた。

オリックスは先発の金子が7回1失点で3勝目(3敗)。(デイリー)


昨夜の不良馬場での一戦から一夜あけ、甲子園のグランドは芝、グランドとも良馬場に回復。甲子園の水はけの良さに加えて、阪神園芸さんの早朝からのグランド整備には頭がさがります。

昨日は阪神園芸さんの頑張りに応えるようにアニキの逆転決勝3ランでオリックスを下し、今日も連勝!といきたいところでしたが…。

打線は11安打を放ちながらも1得点のみ。ヒット11本で1点しか上げられない打線はどうかと思うけど、そのうち、長打が小宮山が放った2回のセンターオーバーの2塁打のみというのも考えもの。今日も走塁で拙いものがあったけど、本来はそれをカバーするだけの攻撃力を兼ね備えているんだけど…。ダイナマイト打線も今は昔。ピストル打線な上に不発弾打線に成り下がってしまった阪神打線に魅力は…。

先発は能見。初回からオリックス打線に捕まり、バルディリスに先制タイムリーを食らえば、4回には2アウトから齋藤にライト前タイムリー、5回にスケールズにレフトへ2ランホームランを放たれるなど、波に乗るどころか、逆に飲み込まれる形になり、5回8安打4失点KO。ストレートの走り具合もフォークのキレも本来の能見には遠い出来だった。今年の能見は今日の一発を含めて、被本塁打5。リーグで2番目に多い数字。今年はホームランで沈んでしまう場面が多すぎ。果敢に挑んでいくピッチングスタイルな故の数字なんだろうけど、ホームランは防げる失点なだけに、なんとかならんか…。

2番手の鶴もランナーを置いて、大引にレフトへ2ランを浴び、6−0。オリックス先発・金子の出来、オリックスのリリーフ陣を考えると、6点をひっくり返すのは至難の業。試合中盤にて大勢が決してしまいました。

ヒット11本も放ってるにも関わらず1点しか奪えない繋がりに欠ける打線。ピリッとしないエース・能見。守備も走塁も、あそこでしっかりしておけば…と思い返す場面が多い。梅雨入りした天候同様、たまの晴れ間に一喜一憂しながら野球を観る時間がまだまだ続きそうだ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●6オリックス・バファローズ〜甲子園・4回戦

【オ】○金子−平野−岸田
【神】●能見−鶴−渡辺−加藤

【勝ち投手】金子(3勝3敗)
【負け投手】能見(4勝5敗)

〜ホームラン〜

【オ】スケールズ1号2ラン(5回オモテ・能見)大引1号2ラン(6回オモテ・鶴)

阪神タイガース通算成績 23勝25敗7分 対バファローズ 2勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神競り勝つ、ブラゼルが勝ち越し打

阪神が競り勝ち連敗を2で止め、借金1に戻した。1‐1の九回1死で、代わったばかりの青山からマートン、新井が連続四球を選び、続くブラゼルが右前に勝ち越し打を放った。さらに2死満塁とすると平野が有銘から押し出し四球を選んだ。

四回1死から金本の右越え2号ソロで先制点。したが、七回に同点に追い付かれていた。先発の岩田は8回1失点で4勝目。岩田は「ふがいないピッチングが続いていたので、どうしたら勝てるのか考えながら日々過ごしていた。開き直って思い切り投げることだと。(きょうは)真っすぐが良かったと思うので、他のボールも効いてくる」と振り返った。

楽天は七回1死二塁から中島の中前に同点適時打を放った。先発美馬は7回1/3を1失点と好投したが、九回1死から投入した青山が誤算だった。(デイリー)


前回の甲子園では星野楽天にいいようにやられ、ホームで苦汁を飲んだだけに、仙台では逆に仕返し…じゃなくて、虎の強さを再認識していただき虎の意地を見ていただこう。いいようにやられていては、それはそれで星野さんも寂しいだろうしね。

今日は打線が3回に仕掛けます。先頭の藤井がライト前ヒット、続く柴田が送るも相手のエラーを誘い、無死1・2塁。平野がきっちり決めて1死2・3塁。続く大和がスクイズを仕掛けるも、楽天バッテリーに勘付かれ失敗。3塁ランナーの藤井が憤死、このあと大和も三振に倒れ、絶好の先制のチャンスを逃す重苦しい展開。

そんな重苦しい展開を跳ね除けてくれたのが、アニキ金本!学生時代すごした思い出の仙台で、Kスタ宮城で7本塁打目となる先制の2号ソロをライトスタンドへ弾丸ライナー!ピンポン球のように跳ね返された打球は打った瞬間ソレと分かる一撃。44歳の4番、改めてスゴイ。金本の一発で4回に先制!

先発は岩田。2回にエラーと内野安打で2死2・3塁の場面を迎えるも無失点。この回を除けば、失点する7回まで2安打に抑える完璧なピッチング!今日はストレートが走っていたし、いつもだと結構な球数を要して投げるマウンドも、8回106球と完投ペースのリズムに乗ったテンポのいいマウンドだったと思う。7回にフェルナンデスのレフトオーバーの2ベース、中島にはセンター前タイムリーを打たれ同点。今日の岩田は8回4安打1失点。

同点のまま迎えた9回、楽天は守護神の青山を投入もこれがタイガースには吉。1死からマートン、新井さんが連続フォアボールを選び、ブラゼルがライト前タイムリーで勝ち越し!なおも1・3塁という場面で新井さんが3塁への牽制で刺されてしまう大失態を犯すも、青山の制球は定まらず、藤井の内野安打、柴田にフォアボールで満塁とし、ここで青山を引きずりおろし、4番手の有銘も平野に対してフォアボールを出し、押し出し。大きな大きな2点を追加し1−3とすると、最終回は守護神・球児のお出まし。

1死からフェルナンデスにヒットを打たれるも、中村、テレーロと斬って取り、ひさしぶりのセーブを上げゲームセット。

今季最後の楽天戦は楽天のエース・田中を持ってきた星野監督に対し、タイガースは復活のエース・安藤。安ちゃんは星野監督に見出されて03年にはクローザーで大車輪の活躍。星野監督にとったらマーくんで試合を落とすことはもってのほかだろうけど、安藤がマーくんに負けじと好投して勝ったとしたら、それはそれで嬉しいんじゃなかろうか。杜の都で連勝や!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東北楽天ゴールデンイーグルス1○3阪神タイガース〜Kスタ宮城・3回戦

【神】○岩田−S藤川
【楽】美馬−ハウザー−●青山−有銘−小山

【勝ち投手】岩田(4勝5敗)
【セーブ】藤川(1勝1敗10セーブ)
【負け投手】青山(1勝1敗9セーブ)

〜ホームラン〜
【神】金本2号ソロ(4回オモテ・美馬)

阪神タイガース通算成績 22勝23敗7分 対イーグルス 1勝2敗

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神・ブラゼルが来日初のサヨナラ打

阪神がサヨナラ勝ちで勝率を5割に戻した。

同点の九回、ロッテの抑え、薮田から先頭の金本が四球で出塁(代走・田上)。続くマートンの左前打で無死一、三塁。関本の三ゴロで1死二、三塁後に、ブラゼルが自身来日初となるサヨナラ打を右前へ運び、勝利した。

ブラゼルは「あの場面は(規定で)次のイニングにいかないので、三振しようと思って打席に入った。ストライクに近い球なら打とうと思い、ラッキーにも(一、二塁の)間を抜けた。引き分けという野球はないと思っている。勝つために野球をやるので、引き分けとは妹にキスをするようなものだ」と、日本での初体験を表現した。

阪神は二回2死、藤井彰が今季1号となる先制ソロを左翼ポール付近に放った。先発のスタンリッジは7回を7安打1失点。

ロッテは0‐1の五回2死一、二塁、岡田が左前に同点適時打。新人の藤岡は7回3安打1失点だった。

阪神は九回に登板の藤川が今季初勝利。2死から一塁走者の岡田に二盗と送球エラーで三塁へ進まれたが後続を断って、自軍のサヨナラ勝利を呼び込んだ。(デイリー)


とうとうスタメンから「サード・新井」の文字が消えた今日の一戦。現状の新井さんはどん底でもがき苦しんでる状態。無理に試合に出たって、上向く要素がない。ベンチで自分に欠けているところを考え、他の選手を見ることでヒントになることもあるだろう。次の札幌の試合も休むといい。休んでることで代わりの選手が頑張るのを見て、闘争心にも再び火がつくでしょう。

試合は阪神・スタンリッジ、千葉ロッテ・藤岡の投手戦。千葉ロッテがパ・リーグ首位の原動力となっているのは間違いなく藤岡の頑張りがある。藤岡みたいなタイプのピッチャーは阪神が嫌うタイプ。今日も昨日の勢いが残っていたのか、意外な人物が意外な一発。昨日はド執念で6点差のビハインドを追いついた打線、藤岡撃ちへいざ!!

2回ウラ、阪神の攻撃も2死を簡単に取られてバッターは藤井。応援はしているものの、さほど打撃には期待されてない藤井がレフトポール際へ先制のソロホームラン!試合後の和田監督のインタビューで監督が思わず思い出し笑いした挙句、噴出すくらいの衝撃。本物の男前・藤岡から、男前(笑)の藤井が放った一発で試合が動き出します。

タイガース先発・スタンリッジ。4回以外は常にランナーを背負った状態でのマウンド。1点リードで迎えた5回に、今江、大松の連打で1・2塁とされ、岡田にレフト前タイムリーで同点。6回にはフォアボールとヒットから2死2・3塁まで進められるピンチも大松をセカンドゴロ。7回には里崎のヒット、グライシンガーへのデッドボール、福浦へはフォアボールを出してしまい、2死満塁と6回に引き続いてのピンチも、サブローをファーストゴロにしとめ、無得点。今日のスタンリッジは7回を投げ7安打1失点、4四死球。終盤に四死球が多かったのはバテテしまったのが少しあったんだろうけど、ひとつひとつの球を見ていれば、打者の手元でやや変化しながらもストレートは走っていたし、スタンリッジらしいマウンドじゃなかったかと思います。

試合は7回、8回と両チーム、走者を出すも、阪神は筒井、ロッテは内が好投を見せ、9回へ。9回オモテを迎えるにあたり、試合時間は3時間20分と微妙な時間帯。和田監督は引き分けも考え、藤川球児投入。1死から岡田のヒットに二盗敢行&藤井の悪送球で3塁へ進まれるピンチも塀内のボテボテのサードゴロ、内野安打になりそうな打球でしたが関本が上手く処理して無得点。

マリーンズも守護神の藪田を投入。薮田の投球次第では10回の攻防もあり得る状況でしたが、先頭の金本をストレートのフォアボール、続くマートンは三遊間を破るヒット、金本の代走に起用された田上は一気に3塁を陥れ、1・3塁。続く関本はサードゴロもマートンは2塁に進み、1死2・3塁でブラゼル。ここまで三振2つ、大振りが目立つブラゼルでしたが、拳1つ分バットを余らせて挑んだ第4打席。粘って粘って1−2のカウントから、地面すれすれの打球を叩いた打球はロッテの前進守備をあざ笑うかのように、ライトへサヨナラタイムリー!1塁上で真っ赤な顔して興奮するブラゼル。ブラゼルもあまり調子のいい状態ではないだけに打ててホッとしたんでしょう。技ありの一打でした!!ちなみに続く藤井に代わって起用されるであろうはずだった選手は悩める新井さん。もし新井さんに打席が回ってきてたらどうだったろうね…。

昨日、今日とパ・リーグ首位の千葉ロッテに対して2戦とも好ゲーム!打線に執念が芽生えたように思う。この執念をより確実に強固にするためにはやはり新井さんの復調が必要。週末は札幌、仙台と北国シリーズ。北の大地で新井さんが復活のきっかけを掴めれる事を祈って…。新井さんガンバレ!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2×○1千葉ロッテマリーンズ〜甲子園・2回戦

【ロ】藤岡−内−●薮田
【神】スタンリッジ−筒井−○藤川

【勝ち投手】藤川(1勝9セーブ)
【負け投手】藪田(3敗14セーブ)

〜ホームラン〜
【神】藤井1号ソロ(2回ウラ・藤岡)

阪神タイガース通算成績 21勝21敗7分 対マリーンズ 1勝1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神がサヨナラ勝ち 3連勝で5割復帰

阪神がサヨナラ勝ちした。引き分けを挟み3連勝で勝率を5割に戻した。

2‐2で迎えた九回1死満塁から関本が押し出しの死球で勝利した。西武・ウィリアムスの投球が体に当たった瞬間、バンザイで喜びを表した関本は、自身6度目のサヨナラ・ヒーローとなり、「長いこと野球をやっているけど、こういう形でヒーローインタビューを受けるとは…戸惑ってます。タイムリーでサヨナラ勝ちを決めるイメージを持っていたけど、押し出しもデッドボールも考えられるから、ベースに近づいていたのが良かったんじゃないかな。(能見が好投し)ピッチャーの投げる姿を見て野手が奮起するんです。(3連勝で5割復帰に)波に乗っていかないといけない。明日も必死のパッチで頑張ります」と話した。

阪神は2点を追う三回1死二塁、平野の左前打を処理した栗山の三塁悪送球の間に1点。七回にはブラゼルが6号同点ソロを中越えに放った。

阪神・能見が6安打12奪三振無四球の完投で4勝目(4敗)。立ち上がりの一回に2点を先制されたが、二回以降は立ち直った。(デイリー)


甲子園行って参りました。今月8回目の観戦にして初勝利であります。打てない、守れない、抑えられないと、チームとして最悪の時期もありましたが、なんだかんだ言って勝率5割復帰。引き分けを挟んで3連勝。順位も3位に上げて、これからの戦いがちょっとだけ楽しみになってきました。

タイガース先発はエース・能見。立ち上がり、先頭の片岡にレフト前ヒット、栗山の打席時に二盗成功。栗山は三振にしとめるも、続く中島にはレフト線を破られる先制タイムリー。中村にもセンター前タイムリーを放たれ、いきなり2点のビハインド。先週ならば2点のビハインドでも頭を抱えるところでしたが、今日はどこか自信と余裕があった。

打線は福岡での自打球の影響からか金本がスタメン落ち。代わってマートンが4番レフトに入り、5番には久しぶりのスタメン、悠久の若虎・桧山進次郎がライトでスタメン。6番に新井、7番にブラゼルが揃って降格。打線の組み換えが上手く機能したかは…だけど、5番・桧山に球場は大盛り上がり。5番に据えるくらいなら4番に据えてもよかったんじゃないかと思ったり。桧山人気は相変わらず凄まじい。

2点を追う2回、先頭のマートンがレフト前ヒットで出塁。続くは桧山でしたが、スタメン時代によくやらかしたセカンド併殺を忠実に再現。このあと新井さんがレフト前ヒットを放ち、相手のバッテリーミスも絡んで2死2塁も、ブラゼルの放った3塁後方への面白い当たりも、ヘルマンのグラブに収まり無得点。

3回には藤井が相手のエラーで出塁も、能見が送り、平野がレフト前ヒット、これに栗山の悪送球が絡んで1点還し1点差。5回にはブラゼルがライト前ヒット、続く藤井は送りバントも埼玉西武の捕手・炭谷と交錯、これが守備妨害判定を受け、藤井アウト、ブラゼルは1塁のまま。この判定に和田監督が猛抗議。結構厳しそうな口調で審判に詰め寄る和田監督。VTRで見ると藤井の走路に炭谷が割り込み、かつ突き飛ばしているようかに見えるだけに、和田監督も怒って当然だったように思う。この猛抗議は実らず、このイニングも無得点に終わったものの、こういう場面があると必ず打線が奮起するのはプロ野球ではよくあること。

6回も先頭の柴田がフォアボールで出塁も鳥谷がショート併殺、マートンが相手のエラーで出塁、2死2塁の場面も桧山が続かずという相変わらずのチグハグ攻撃をしていましたが、このチグハグ攻撃を吹き飛ばす豪快な一発を7回1死からブラゼルがセンターバックスクリーンへ6号同点弾!負け続けているときは一発に泣かされたけど、勝つときはこうやって欲しいときにホームランが出るのだ!

先発の能見は立ち上がりこそ2点は失ったものの、2回以降はいつもの能見。相手の懐へズバッと決まるストレート、鋭く落ちるフォークボール、序盤は打たせて取る形、5回は銀次朗、平野、片岡を圧巻の三者連続空振り三振にしとめるなど、エンジン全開で投げ、好調西武打線を翻弄。7回に同点に追いつき、なおも藤井が出塁して能見に打席が回ってきたときは代打を出して勝負に出てもいいんじゃないかな…という考えもあったけど、結果的には能見に代打を出さず最後まで投げさせたのが良かった。能見に勝利をつけるため、チーム一丸となって戦えたんじゃないかな。

エースの頑張りに応えるように、7回に同点に追いつき、8回も柴田がフォアボール、マートン内野安打、金本フォアボールで1死満塁。勝ち越し&西武にトドメを刺す絶好の場面で新井さん。球場は盛り上がるも、桧山とは盛り上がってる内容がかなり違う新井さん。ほとんどが罵声であろう中、打席に向かった新井さんは、その罵声に火を注ぐショート併殺打で満塁のチャンスが台無し。打てない新井さんが悪いのは当然だけど、ボロカスに言われながら打席に向かう新井さんは気の毒である。ほっといてやったらどうかと。。。

せっかく西武が勝ち越しのチャンスをタダでくれたのに生かせなかったタイガース。こういうものは早々来ないものだけど、9回にまた来るとはこれ如何に。先頭のブラがライトへ痛烈なヒットを放つと、代走に大和。大和の足に警戒してか、西武バッテリーが乱れると、送る気で打席に入っている藤井を敬遠、続く代打・今成は犠打をきっちり決め、1死2・3塁。平野も敬遠で満塁、ここで西武ベンチはウィリアムスを投入も、このウィリアムスが代打・関本にデッドボールを食らわし、押し出しでサヨナラ。西武の中継ぎ陣のレベルが低いとは噂に聞いていたけれど、あんなに酷いとは(笑)明日も西武の先発を引き摺り下ろせば、かなりの確立で勝機ありと見ていていいのかもしれない。

明日はタイガース・メッセンジャー、ライオンズが牧田が先発予定。ランディは心配しなくてもいいと思うけど、打線がアンダースローの牧田に対応できるのかな…。まぁ明日も形はどうあれ勝つこと。勝たんことには優勝できんのやから。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3×○2埼玉西武ライオンズ〜甲子園・1回戦

【西】●平野−長田−ゴンザレス−ウィリアムス
【神】○能見

【勝ち投手】能見(4勝4敗)
【負け投手】平野(1敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル6号ソロ(7回ウラ・長田)

阪神タイガース通算成績 20勝20敗6分 対ライオンズ 1勝

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が甲子園で交流戦4連敗

阪神が今季本拠地スタートの交流戦で勝ち星なしの4連敗。借金を2とした。

先発の久保をはじめ、投手陣が楽天打線に七回まで2ケタ15安打を浴び、10点を奪われた。久保は4回4失点。九回は藤川が調整登板した。

阪神は0‐1の一回、、初先発の高卒新人・釜田から、暴投とブラゼルの左前2点適時打で3点を奪い、一時は逆転に成功。6点を追う九回には2死からブラゼルが右翼へ5号2ランを放ったが、そこまでだった。

楽天は連勝で貯金3。前日が3打数2安打、この日が4打数4安打4打点の2番打者・銀次は、「左右どちらの投手が相手でも関係ないです。(盛岡中央高時代は甲子園経験がなく)夢の甲子園で気持ちがいいです」と、声を弾ませた。(デイリー)


今日は甲子園にいくつもりはなかったのですが、友人から観戦のお誘いが来たので行ってしまいました。打てば打たれる、抑えたら打てない。選手や首脳陣はどういう野球を目指しているのか。ファンをおちょくってるのか。いい加減にしたまえ。

タイガースの先発は久保。5月8日以来、ひさしぶりの先発マウンドでしたが初回からピリッとせず。立ち上がり、銀次の2ベースからフェルナンデスのセンター前タイムリーであっさり先制点。今日も嫌な重い試合をするのかと思いましたが、打線がすかさず反撃。

イーグルスは先発は高卒ルーキーの釜田。星野監督に佐藤ピッチングコーチの思い切った起用。これには黙っていられない阪神打線。阪神打線を抑えて自信をつけさせようという戦略だったんでしょう。先頭のトリがショート内野安打、マートンがショートのエラー、金本がライト前ヒットで出塁し、1死満塁といきなり攻め立てると新井さんの打席で釜田のワイルドピッチで同点に追いつくと(新井さんは三振)、続くブラゼルはレフトへ2点タイムリーを放ちあっさり逆転!やれば出来る阪神打線はこのあと移籍後初スタメンの今成がライト前ヒット、今季初スタメンの田上がフォアボールを選び満塁までもっていくもピッチャー・久保はあえなく三振。しかしながら久しぶりの打者一巡の攻撃に、ひさしぶりの3得点。今日は勝てるぞ!という雰囲気が甲子園を包んだんですが、そんなに甘いもんじゃない。

2回は三者凡退で切り抜けた久保でしたが、3回1死から聖澤のヒットをきっかけに満塁にされ、再びフェルナンデスにセンターへ同点の2点タイムリー。4回には桝田のレフトへのヒットを金本の拙い守備から3塁打にしてしまい、代打の小斉に犠牲フライを打たれて勝ち越し。久保は7安打4失点で4回KO。交流戦初勝利への道がこれで重たいものになると、このあとに投げたピッチャーも連鎖反応のように打たれる打たれる…。

5回から2番手で登板の渡辺はヒットとフォアボールから牧田にライト前タイムリー。6回から登板の筒井はヒットと送りバント得点圏にランナーを置いて、銀次にライト前タイムリー。7回も続投したもののフォアボールとデッドボール、ヒットで満塁にし、聖澤にショートタイムリー内野安打、銀次にライトへ走者一掃3点タイムリ3ベースを打たれメロメロ。

打線は5回に金本と新井良太のヒットでチャンスを作り、関本のタイムリーで1点差に迫り、2死満塁の場面でトリがライト線へいい当たりを放つも、フェルナンデスの攻守に阻まれたりと頑張りは見えたんですが…。

6点差の9回には5月11日以来登板のない球児が調整登板で出てくる始末。球児に申し訳ないし、こんなマウンドは情けなさすぎる。

9回の攻撃もマートン、金本とあっさり2アウトを取られ、走者なしで新井さん。この場面では鳴り物応援を止め、みんなで「打てー」と念力送り。これが通じたのか新井さんはセンター前ヒット、続くブラゼルにも「打てー」と念力を送れば、ライトポール際へ特大2ラン!これはいけるぞとばかりに、代打の林ちゃんにも「打てー」と念力を送りましたが、そんなに上手くいくはずもなくレフトフライに倒れて試合終了。

楽天は聖澤にしても銀次にしても小粒な選手なのにしっかり振れて力強い打球がビュンビュン飛んでいく。キャンプで大久保打撃コーチの下、アーリーワークをした結果が今日の10得点であり、現在の順位なんだろう。投手陣もマーくんや永井が帰って来るまで、みんなで埋めようと必死に頑張っている結果が昨日であり、今日の釜田の抜擢であったり。和田監督が常々標榜する「一丸野球」は楽天がいい見本だ。弱いなら弱いなりにみんなで切磋琢磨して強くなろうぜ!って意気込みがこの連戦で伝わってきた。それに引き換え、阪神にはそれがない。星野監督が阪神の監督に就任してチーム一丸となって燃えまくっていたのはちょうど10年前。あの頃を思い出せ!「熱くなれ」って、言い出したのはどこのどいつや!一緒や!打っても!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース6●10東北楽天ゴールデンイーグルス〜甲子園・2回戦

【楽】釜田−川井−美馬−ハウザー−小山伸
【神】久保−渡辺−筒井−鶴−藤川

【勝ち投手】美馬(3勝1敗)
【負け投手】久保(2勝3敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル5号2ラン(9回ウラ・小山伸)

阪神タイガース通算成績 17勝19敗5分 対ゴールデンイーグルス 2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が8得点で快勝 貯金2で交流戦へ

阪神打線が初回に4点を先制し、その後も追加点を挙げて快勝。貯金2で16日からの交流戦を迎える。
 
初回、DeNA先発・国吉の制球難に乗じ、押し出し四球で先制。内野ゴロの間に1点を追加し、なお2死一、三塁でブラゼルが右中間に2点二塁打を放った。ブラゼルは試合後のインタビューで「昨日の三浦はすばらしかった。今日打ったのはボール球だったけどいい形でヒットが打てた」と振り返った。また、母の日にちなみ、ピンクの手袋などをつけての活躍に「私の母は私以上に野球が好き。スタンドの子どもたちも皆、そばにいるお母さんにハグをしなさい」と茶目(ちゃめ)っ気たっぷりに話した。
 
阪神は二回にも敵失絡みで2点を追加。九回にはマートンが中越えに2点二塁打を放ち、ダメを押した。
 
先発のメッセンジャーは五回に筒香、ラミレスに適時打を許したが、6回を7安打3失点で3勝目。七回を筒井、八回を榎田、九回を渡辺とつないだ。(デイリー)


横浜の先発・国吉が全くストライク入らず、初回に鳥谷にフォアボール、平野がセンター前ヒット、マートン、金本に連続フォアボールで押し出しで先取点。続く新井さんはセンターフライに倒れるも浅井のサードゴロの間に2点目。ブラゼルが右中間を破る走者一掃2点タイムリー2ベースで一挙4得点!

変化球が全く決まらない国吉。2回も変化なく1死から鳥谷がフォアボール、平野の打席で二盗を決めると、マートンもフォアボールを選び、2死1・3塁で4番の金本へ。金本はショートへ深い当たりのゴロも、相手の悪送球を誘って5点目。続く新井さんもフォアボールを選び満塁とすると、ここで国吉をKO。勢い止まらず代わった田中からも浅井はショートタイムリー内野安打を放ち6点目!

相手の自滅と相手のミスに乗じた猛攻で序盤で試合を決める6得点。ここ3試合の登板で1点、2点、2点と好投しながらも、熱投に応えられなかった攻撃陣がメッセンジャーへお詫びとばかりに大きな大きなプレゼント。これに気を良くしてメッセンジャーも6回を7安打3失点。ヒットを打たれながらも粘りのピッチングを見せていたランディでしたが、5回1死から新井さんの悪送球をきっかけに森本、荒波に連打を食らい、筒香にライトへ2点タイムリー、ラミレスにもライト線へタイムリー2ベースを打たれ3失点。今日は序盤の大量点で少し気が緩んだかもしれないけど、試合を作った。

5回に3点を返され3点差となり、打線には中押し点が欲しいところでしたが、3回以降8回までヒットなく6イニング連続三者凡退。こんな攻撃では序盤の猛攻が霞んでしまうところでしたが、9回にダメ押し点。1死から途中出場の関本がライト前ヒットで突破口を開くと、平野のセンター前ヒット、マートンのセンターオーバーの2点タイムリー2ベースで待望の追加点!これで横浜を突き放し、大勢が決すると、9回を渡辺が締め試合終了。

2カード連続勝ち越し。貯金2を持って交流戦へ突入。ここ数年、交流戦ではパ・リーグにいいようにやられているので、ここらで虎の意地、セ・リーグの底力を魅せて欲しいなと思います。交流戦の開幕は16日、甲子園でファイターズを迎えての2連戦。ダルビッシュが抜けても戦力ダウンを感じさせないファイターズ。例年ほどの戦いにくさはないだろうけど、戦い方を知ってるチーム。今一度気合を入れていこう!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜DeNAベイスターズ3○8阪神タイガース〜横浜・9回戦

【神】○メッセンジャー−筒井−榎田−渡辺
【横】●国吉−田中−藤江−小林太−菊地−篠原

【勝ち投手】メッセンジャー(3勝2敗)
【負け投手】国吉(1勝4敗)

阪神タイガース通算成績 17勝15敗5分 対ベイスターズ 4勝4敗1分


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神 榎田&球児が打たれドロー

阪神が2度リードを奪ったが、榎田、藤川が打ち込まれ、延長十回で引き分けた。

阪神打線は五回1死一、二塁でブラゼルが先制の右前適時打。四回まで完全投球を許していた中田賢から、チームに36イニングぶりの得点をもたらした。八回には同点にされたが、十回、2死一、三塁の好機に新井貴が左前に適時打を放った。

先発は4月22日に登録抹消されたスタンリッジが中10日で復帰。7回4安打無失点に抑える好投だった。しかし、継投の榎田が八回1死一、二塁、平田に同点のタイムリーを許した。十回に一度は勝ち越したが、抑えの藤川球が1死二塁のピンチを招き、荒木に同点適時打を打たれた。

中日は、先発・中田賢が7回6安打1失点の好投を見せたが、援護に恵まれなかった。(デイリー)


突き放しては追いつかれ、突き放しては追いつかれ、今季5度目の引き分け。榎田、球児の勝利の方程式を投入しての引き分け、ドラゴンズの守護神・浅尾を攻略したのに引き分け。今日の引き分けは勝てたはずの引き分けだ。

3試合点数が取れてない深刻な貧打線。この日もドラゴンズ先発・中田の前に4回までノーヒット。5回にようやく頼れるアニキ、金本がライト前ヒットで出塁すると、マートンもセンター前ヒットで続いて、ブラゼルがライト前タイムリー!36イニングぶりの得点!

タイガース先発はファームで10日間の調整をして上がってきたスタンリッジ。開幕して2勝はしてるものの、オープン戦から本調子で投げているようには見えなかったので、このリフレッシュはスタンには効果的だったかも。ストレートは低めに集まり、球のキレも伸びも去年のいい時のスタンのマウンドに近かったかも。7回を投げ散発4安打無失点マウンド。今回こそ先発に白星がつきそうな展開だったんですが、8回に投入した榎田が誤算。

8回先頭の代打・ディアスにレフト前ヒット、大島に送られ、荒木にデッドボール。1死1・2塁となり、平田にライト手前にポトリと落ちる同点タイムリー。榎田の投入で逃げ切りを図るも誤算。今年の榎田は抑えていることがあっても、少し不安定なマウンドが見られるので、榎田ひとりを8回に任せるのではなく、調子のいい筒井とWセットアッパーなんていいのかも。

その筒井は9回から1イニング2三振を奪うナイスピッチング!筒井の化けっぷりは嬉しい誤算。

9回を終え、時計は21時20分を回り、10回の攻防を持って打ち切りとなるのが濃厚となったところでドラゴンズは守護神・浅尾を投入。10回先頭はセキ、このセキがショートへボテボテの当たり。名手・井端と鈍足の関本の競争は、セキが1塁へ気迫のヘッドスライディング!選手会長が勝利への執念を見せると、セキの気迫の押され、浅尾が1塁牽制球で悪送球、平野の犠打ありで3塁へ勝ち越しのランナーを進めると、トリが敬遠気味に歩かされ、新井さんがレフトへ勝ち越しタイムリー!連敗阻止へ選手会長と4番の意地が見れた10回の攻撃。欲を言えば、イケイケであと2点あればよかったんだけど。。

勝ち越せば、最終回は守護神・球児投入。しかし、球児、お前もか!代打の堂上兄にセンター前ヒット、大島に送られ、1死2塁。荒木に落ちきらないフォークをレフトへ運ばれ同点タイムリー。後続は抑えたものの、勝ってる展開で榎田と球児が抑えられないと…。

36イニングぶりの得点、2度のリード。打線がやっとトンネルを脱出したのに、今度は勝利の方程式が崩壊。頭が痛い。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ2△2阪神タイガース〜ナゴヤドーム・5回戦

【神】スタンリッジ−榎田−筒井−藤川
【中】中田賢−小林正−ソーサ−田島−浅尾

阪神タイガース通算成績 12勝11敗5分 対ドラゴンズ 1勝3敗1分

◆明日の予告先発 対ドラゴンズ〜ナゴヤドーム・6回戦

【神】安藤(2勝) 【中】雄太

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神のメッセンジャーが来日初完封

阪神が連敗を2で止めた。メッセンジャーは来日3年目で初完封を飾った。球威、制球とも安定したピッチングだった。打線は四回、ブラゼルの4号左越え2ランで先制。七回2死満塁でマートンの中前適時打で2点を追加した。メッセンジャーは「本当に気持ちいい。ヤクルト相手に完封というのがうれしい。前回やられていたので倒したい相手だった。小宮山がいいリードをしてくれたし、野手のみんなもよく点を取ってくれた」と話した。

ヤクルトは先発のロマンが四回、2ボークと自滅した。(デイリー)


今季最初で最後のほっともっとフィールド神戸での試合。

先発はメッセンジャー。前回のヤクルト戦では3回5失点KO。リベンジに燃える試合で、9回4安打完封勝利と見事すぎる活躍で前回の雪辱を果たしました。受けるキャッチャーも負傷の藤井に代わって、小宮山と初めてのコンビ。コミーとの息は合うのかな…という心配もありましたが、ピンチらしいピンチはなく、リズム良く投げた結果が9回100球ジャストの完封劇と、コミーとの息もあった模様。低めに伸びるストレート、コミーの構えたところへズバズバ決まる抜群の制球力。ランディは来日して一番の出来じゃなかったかな。試合後のヒーローインタビューも常にご機嫌で、ホントナイスピッチングでした!

打っては3試合ぶりのスタメンのブラゼルが4回、ヒットで出塁の新井さんを塁に置いて、レフトスタンド最前列へ4号先制2ラン!風に上手く乗せた一発。ブラがレフトスタンドへ放った一発は久々のような気がする。

7回にはセカンド内野安打で猛打賞の平野、フォアボールで出塁のトリ、相手のエラーで出塁の新井さん、2死満塁でマートンがセンター返しの2点タイムリーでダメ押し打!マートンは今季初タイムリー&初打点。マートンの安打製造機のエンジンにもようやく点火したかな?マートンが打ち始めると、もう手がつけられないぞ。

メッシャンジャー完封!ブラ先制特大2ラン!マートン値千金のダメ押し2点タイムリー!3人の助っ人が連敗で少し嫌な空気の流れ始めたチームを見事救いました。

2戦目、3戦目は甲子園に戻ってヤクルト戦。2戦目は久保、館山が先発予告。久保はツバメキラー、館山は虎キラー。どちらがキラーっぷりを発揮するのか。。久保の好投で連勝いきたいね。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○0東京ヤクルトスワローズ〜ほっともっと神戸・3回戦

【ヤ】●ロマン−日高−阿部
【神】○メッセンジャー

【勝ち投手】メッセンジャー (2勝)
【負け投手】ロマン(3敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル4号2ラン(4回ウラ・ロマン)

阪神タイガース通算成績 8勝4敗3分 対スワローズ 2勝1分

◆明日の予告先発 対スワローズ〜甲子園・4回戦

【ヤ】館山 【神】久保(1勝)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が単独首位 藤川が通算200S

阪神が今季初めて単独首位に立った。

4番・新井貴が一、三回に2打席連続となる2、3号2ラン。

今季初登板の久保が八回2死まで1点に抑え、1勝目。九回は藤川が三者三振に抑え、自身通算200セーブを達成した。岩瀬、高津、佐々木、小林雅に続き、史上5人目。

藤川は「(200セーブは)僕だけの数字じゃなく、チーム全体の数字。昨日、藤井さんがデッドボールでチームを離れ、今日は小宮山がどういうリードをするかサポートしようと思ったが、こんないいゲームになり、小宮山もまた頑張ってもらえるだろう。今年はキャプテンをいただいて、1回も抜くことができない」と、自分の記録よりも、現在のチーム状態を喜んだ。(デイリー)


この広島戦はいろいろありすぎる…どうなってんだ。

試合は初回2死からフォアボールで出塁の鳥谷を塁に置いて、新井さんがレフトスタンドへ先制2ラン!打った瞬間ソレとわかる一発は、本人のドヤ顔を見れば一目瞭然。今シーズン第2号ホームラン。新井さんのドヤ顔は続く第2打席にも見られ、またまたフォアボールの鳥谷を塁上に置いて、今度もレフトスタンドへドヤ顔2ラン。展開も打った球も打った瞬間の顔も、全てVTRを見てるかのよう。今日の新井さんはチーム全打点をあげる2安打4打点。新井さんのバットが火を噴けば、チームは勝利に傾く。

投げては今季初マウンドの先発の久保が8回2アウトまで投げ、8安打1失点のナイスピッチング!今日はチェンジアップにフォークボールが冴えた!カープ打線が全くタイミングが合わず、面白いようにフライを打ち上げたり、ピッチャーゴロに倒れたり、後半は焦りからドンドン早打ちになる様は、投げてる久保もしたり顔。今日のペースなら完投もいけるかな…という内容でしたが、8回に自身のワイルドピッチから栗原にライトへタイムリーヒット、会澤にも続かれたところで榎田にスイッチ。残り4アウト。完投見たかったな。

久保が残したランナーを榎田がピシャリと締め、最終回は球児。199セーブで迎えたマウンドは球児の真骨頂ストレート勝負、圧巻の奪三振ショー。先頭の堂林を見逃し三振、白濱を空振り三振、中東も空振り三振に仕留めて、見事通算200セーブ達成!

プレッシャーのかかるマウンドばかりの状況で200セーブはお見事。到達するまでにはいろいろな失敗も見てきたけど、失敗以上に球児のタイガースへの貢献度は計り知れない。これからも虎の守護神として、チームを助けて欲しい。

新井さんの2発、久保のナイスピッチング、球児の200セーブ。ナイスゲーム!と言いたいところだけど、この試合の5回オモテの攻撃中、ブラゼルが広島先発・福井の内角攻めに対して怒り爆発。約10分間試合が中断する大騒ぎ。昨日の藤井のデッドボールの伏線から爆発したのか、ピッチャーの福井が無礼な態度を取ったのか、ブラが怒った真相はわかりませんが、見ていてあんまり気持ちのいいものではない。いつもは優しいブラが血相を変えて怒ってたんだから、それなりの理由はあるんだろうけど。。

3戦目は安藤とマエケンが予告先発。ノーヒッターのマエケンをどう打ち崩すか。2試合連続勝ち越しで来ただけに、今季初3タテといきたいところ。ブラの怒りは明日のマエケン撃ちで晴らしてもらおう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ1○4阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・2回戦

【神】○久保−榎田−S藤川
【広】●福井−中村恭−岸本−ミコライオ

【勝ち投手】久保(1勝)
【セーブ】藤川(4セーブ)
【負け投手】福井(1敗)

〜ホームラン〜
【神】新井2号2ラン(1回オモテ・福井)新井貴3号2ラン(3回オモテ・福井)

阪神タイガース通算成績 6勝2敗2分 対カープ 2勝

◆明日の予告先発 対カープ〜マツダzoom-zoom・3回戦

【広】前田健(1勝1敗) 【神】安藤(1勝)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神打線が爆発、中日と同率首位に

雨の中、阪神打線が爆発、15安打10点で好調・広島を破った。

阪神は、この日巨人と引き分けた中日と勝率・714で並び、同率首位に立った。

阪神は初回、ブラゼルが先制2点打。三回は5連打を含む6安打で4点を追加した。六回には新井の2点二塁打でダメを押した。

阪神・先発のメッセンジャーが7回2失点で今季初勝利。メッセンジャーは「雨の中でも一生懸命投げられた。自責1は自分に満足している。早い段階でリードをもらえたので助けられた。(藤井の死球は)良くないことだったが、これから彼のためにも、みんなで全力で頑張りたい」と、喜びをかみしめた。

広島は6連勝でストップ。先発・大竹は二回に藤井への死球で危険球退場。緊急リリーフした篠田も崩れた。(デイリー)


雨が降りしきる広島マツダスタジアム。心配だった打線が爆発し、今季最多の15安打10得点。投げては前回のヤクルト戦でKOされたメッセンジャーが7回2失点の好投で初勝利。これでチームの心配の種が一つ、二つ解消できたかな…と思ったんですが、 一難去ってまた一難。野球の神様は、新生・和田阪神に試練ばかり与える。

打線は初回先頭の平野がライト前ヒット、柴田が送り、鳥谷フォアボール、新井さんライト前ヒットで満塁にすると、ブラゼルが右中間へ2点タイムリー2ベースを放ち先制!幸先のいいスタートを切ると、2回には先頭の金本がレフトフェンス直撃の2ベースで出塁し、さらに追加点…といきたいところでバッター藤井。ここで藤井に大問題が発生!!男前・藤井がバントを試みようとした際、広島先発・大竹から顔面(左頬)へモロに食らうデッドボール。グランドに伏せたまま、崩れ落ちて動かない藤井。すぐに担架が用意され、すぐさま病院へ直行したそうですが、かなり心配。意識はあったそうですが、試合中に藤井の経過報告は入らず…。明日以降の試合出場はどうなのか、最悪長期離脱も考えられるのか…。コミーに頑張って欲しい気持ちはあるけれど、藤井あっての小宮山。藤井の経過次第では困ったことになりそう。この回は2死満塁までいくも、結局得点できず。

3回先頭の新井さんがフォアボールで出塁、ブラゼル、マートンの連打で無死満塁。ここで金本がライトへ痛烈なタイムリーで3点目。続く小宮山もしぶとく三遊間を抜くタイムリー、メッセンジャーも気迫でセンター前を抜くタイムリーを放ち、仕上げに鳥谷がセンター前タイムリーを放ち、この回ヒット6本、4点を奪い完全に試合の主導権を握ると、6回にも新井さんのライトオーバーの2点タイムリー2ベース、8回にはトリに今季1号となる右中間への2ランホームランが飛び出し、終わってみれば今季最多の15安打10得点。

投げては先発のメッセンジャーが4回に2点は失うものの、藤井から小宮山にキャッチャーが代わった影響、降りしきる雨にも関係なく、7回7安打2失点と気合の入ったマウンドでした。

不振だった鳥谷もさることながら、クリーンアップが揃ってマルチヒット。やっぱり中軸がいいところでいい働きをすれば、試合は優位に進める。この調子で打線は打って打って打ちまくれ。

2戦目はインフルエンザで出遅れた久保がようやく自身初マウンド。飄々とカープ打線を捻る久保らしいマウンドが見せて欲しい。ただ、広島地方は雨予報。「雨男」の登板自体があるかどうか微妙だけど。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ2●10阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・1回戦

【神】○メッセンジャー−渡辺−福原
【広】●大竹−篠田−中崎−岸本−江草−今村

【勝ち投手】メッセンジャー(1勝)
【負け投手】大竹(1勝1敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷1号2ラン(8回オモテ・江草)

阪神タイガース通算成績 5勝2敗2分 対カープ 1勝

◆明日の予告先発 対カープ〜マツダzoom-zoom・2回戦

【広】福井(1勝) 【神】久保(初登板) 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
2年ぶり勝利にファンも本人も涙 阪神・安藤

1年ぶりの1軍登板となった阪神・安藤優也投手が先発し、一昨年8月19日の横浜(現DeNA)戦以来となる、595日ぶりの勝利を飾った。

涙で言葉が詰まった。「いろんな人に支えられた。支えてくれた人に感謝します」。見る見るうちに目は真っ赤。安藤はアンダーシャツの袖で涙をぬぐった。

ヒーローインタビューの隣では2打席連続の特大本塁打で援護したブラゼルが、安藤に優しい目を向けた。「きょうは安藤の日。2本打てて彼に貢献できた。ファンの皆さん、安藤に拍手を送ってください」。そう言い残すと、打のヒーローは親指を立てながらその場を離れた。

7回無失点、内野ゴロ10。「僕の投球です」という丁寧な内容だった。

阪神は移動日なしで6日から、センバツの終わった本拠地・甲子園で伝統の巨人3連戦を迎える。「チームは一丸となって、いい雰囲気。必ず優勝できるように、力強い声援を1試合1試合よろしくお願いします!」。勝利投手もファンも涙と笑顔の入り交じった感動の夜を喜んだ。(デイリー)


登板する前からため息が漏れたり、野次が飛んだり。かつて、エースと呼ばれた男もこの2年間はもがき苦しんだ。それだけに感極まりながら受けるヒーローインタビュー、安藤復活!を印象付けた2年ぶりの勝利。嬉しいね。安藤本人もファンもチーム関係者もみんな嬉しい。どん底を見た男が「見ておけ!」とばかりに、這い上がってくる姿はチームに勢いづける。

悪いときは元気のないフォームで、自信なく投げてる感じがしたけど、今日の安藤は躍動していた。「俺の球を打ってみろ」とばかりに藤井のミット目掛けて力強く投げる安藤。ストレートのキレもさることながら、カーブ、フォークにスワローズ打線が斬り斬り舞。6安打打たれるも7回を無失点。悪いときに課題だった打者2巡目の対応も、落ち着いて2つの併殺を完了させる等、打たせて取る安藤らしいマウンド。帰って来た安藤。安藤が再びエースと呼ばれるシーズンになればいいな。

打線はスワローズ先発・石川の前に5回1死までノーヒット。チーム初安打がブラゼルの一発。ライトスタンドへ飛び込む、豪快な2号ソロホームランで先制。7回には大和が三遊間を抜くヒットで出塁、トリ、新井さんで大和を3塁まで進めると、再びブラゼル。石川の投じたど真ん中のストレートを右手一本でまたまたライトスタンドへ。今度はトドメを刺す2ランホームラン。今日のチームのヒットはたった3本もスワローズ総安打8本を上回る破壊力。

和田監督が理想とする野球は繋ぎの野球なんだろうけど、2010年のような豪快な野球も見れるんだろうかね。昨日は小技で執念の同点劇、今日はブラの2発で打ち勝つ豪快な野球。明日からの巨人3連戦はどんな面白い野球が繰り広げられるんだろう。不調の巨人を叩いて勝ち越し、3連勝いくで!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ1○3阪神タイガース〜神宮・2回戦

【神】○安藤−榎田−S藤川
【ヤ】●石川−平井−渡辺

【勝ち投手】安藤(1勝)
【セーブ】藤川(2セーブ)
【負け投手】石川(1勝1敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル2号ソロ(5回オモテ・石川)ブラゼル3号2ラン(7回オモテ・石川)
【ヤ】バレンティン1号ソロ(9回ウラ・藤川)

阪神タイガース通算成績 2勝1敗2分 対スワローズ 1勝1分

◆明日の予告先発 巨人1回戦〜甲子園
【巨】澤村 【神】能見

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神、0-5から執念スクイズでドロー

阪神は3回までに5点をリードされたが、八回に追いつき引き分けた。

阪神は、先発のメッセンジャーが乱調で3回5安打5失点で降板。しかし、四回に新井貴の1号、五回には平野の適時打で追撃。そして八回、まずはブラゼルが、ヤクルト・増渕から打った瞬間に本塁打と分かるバックスリーン越えの特大弾で、1点差。さらにマートン、金本の連打などで1死二、三塁とし、俊介のスクイズで同点に追いついた。九回は藤川球が登板し、無失点だった。

ヤクルトは1点リードの三回、押し出し四球と宮本の右前適時打などで4点を追加したが、その後は抑え込まれた。(デイリー)


早くも今シーズン2度目の引き分け。一時は5点差あったリードを執念の追い上げ。「勝ちに等しい引き分け」と言いたいところだけど、やっぱりもう1本打ててナンボ。追いついたなら追い越したいのが本音。

先発はメッセンジャー。昨日の雨からのスライド登板。3回を投げ5安打5失点でKO。今日の主審の柿木園さんはかなり広めのストライクゾーンを取っていてくれたにも関わらず、それを生かせなかったメッセンジャー。5安打よりもフォアボール4つがいただけない。制球が定まらず4フォアボールがことごとく失点に繋がってしまった今日のマウンド。制球が定まらないばかりにストライクを取りにいった球が甘くなり痛打。ツバメキラーのメッセンジャーが先発だったので、好投を期待していたので、3回5失点KOは不満だ。

5点ビハインドを追いかける4回、新井さんが今季1号ホームランをバックスクリーンに放り込み、5回にはマートン、藤井のヒットを足がかりに平野がライト前タイムリーで3点差。7回には藤井のデッドボールと関本のフォアボール、平野ヒットで1死満塁。最悪でも1点は入るであろう場面でしたが、柴田が浅いセンターフライ、トリが三振で無得点。今日のトリは4打席4三振と珍しく三振の山。春先はいつも調子は良いほうじゃないけれど、打率も2割を切って、今日の4三振。トリの状態が心配。

7回の1死満塁のチャンスは生かせなければ、自然とヤクルトに勝機は傾くはずですが、今年の虎の執念は違う。

8回先頭の新井さんがセンター前ヒット、続くブラゼルが待望の1号をセンターバックスクリーン直撃の2ランホームラン。この一発で1点差に詰め寄り、神宮の杜は一気呵成。直後にマートン、金本も連打で続き4連打!1死2・3塁の場面で途中出場の俊介が執念のスクイズ敢行!これが見事ハマり同点!さらにもう1本という場面で今日2安打の平野でしたが三振。

9回にも代打・桧山がライト前ヒット、トリが送り、1死2塁とお膳立てをしたところへ、ホームランを打った新井さん、ブラと続く打線。誰もが勝ち越しを期待した場面でしたが、揃って三振に倒れ勝ち越せず…試合は同点のままウラの回を球児が締め、時間規定で引き分け。

去年ならチャンスを作れど、追いつけず、追い越せず…という試合が多々あっただけに、7回、8回、9回の粘りは評価する。だけど、3度の勝ち越しのチャンス、もう一押しできてたらなぁ。。。ただ、負け試合をここまで盛り返したのだから、今日の引き分けは大きい。

明日は復活をかける安藤が先発。安藤もかつてはヤクルトに強いピッチャーだったし、ツバメキラー復活!といきたいところ。打線はなんだかんだ言いつつ、点は取れてきているので、安藤がしっかり抑える、打線が頑張る、投打ガッチリ!という試合をして欲しい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ5△5阪神タイガース〜神宮・1回戦

【神】メッセンジャー−鶴−渡辺−藤原−福原−榎田−藤川
【ヤ】館山−押本−松岡−増渕−日高−バーネット

〜ホームラン〜
【神】新井1号ソロ(4回オモテ・館山)ブラゼル1号2ラン(8回オモテ・増渕)

阪神タイガース通算成績 1勝1敗2分 対スワローズ 1分

◆明日の予告先発 【ヤ】石川 【神】安藤

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が球団史上初の対大リーグ戦連勝

阪神が打ち勝ち、大リーグ球団相手に9試合目にして球団史上初の連勝を飾った。

一回、新井の2ランで先制。二回には1死二塁から伊藤隼の中前適時打で加点。三回にはブラゼル、金本の連続適時打で2点を挙げ、さらに相手失策にも乗じて2点を加えた。その後も攻撃の手を緩めず、14安打で12点を奪った。先発のメッセンジャーは5回4失点。適時打のブラゼルは快勝に「メジャーでプレーしている選手は素晴らしい選手だと思うが、日本の野球も素晴らしいことをこの2試合で見せられた」と話した。

アスレチックスは先発のロスが4回8失点と大崩れだった。(デイリー)


マリナーズに快勝し、アスレチックスからは12点を奪い大勝!虎の牙を研ぎ澄まし、メジャー球団に襲い掛かったダイナマイト打線。オープン戦での子猫ちゃんっぷりはなんだったんだろうね(笑)

ダイナマイト打線の火薬量は昨日よりも増して大爆発。初回、相手のエラーで出塁したトリを置いて、新井さんがライト方向へライナーで飛び込む火の出る一撃!今シーズン1号となる2ランで先制すれば、2回には先頭の城島がセンター前ヒット、藤井が送り、伊藤隼がセンター前タイムリーを放ち3点目。昨日のマリナーズ戦での勝利に気を良くした打線は勢い止まらず、3回には1死からトリがフォアボール、新井さんが右中間へ2ベース、ブラがバットをへし折られながらもライト前へタイムリー、金本が右中間へタイムリー2ベース、城島はセンターフライに倒れるも、相手のミス絡みでさらに2点を奪い、3回を終えた時点で7−0と圧勝ムード。

投げたは先発のメッセンジャーが3回までアスレチックス打線を手玉に取るピッチングを披露するも、4回先頭のぺニントンにライトへソロホームランを食らうと、クリスプのライト線2ベース、ゴームズのフォアボールとやや乱れるところを見せると、5番のカート・スズキには低めのストレートを左中間スタンドへ一直線。見送れば完全なボール球の低めの球を強引にスタンドインさせるメジャーの怪力ぶり。あんなホームランを打たれたら、悔しさどころよりも敵ながらアッパレ!と褒めるしかない。カート・スズキの見事な3ランで3点差に迫られ、展開的に少し面白くなるかな…と思いましたが、寝ていた阪神打線は完全に目を覚ましてしまいました。

4回2死からトリがフォアボールを選ぶと、新井さんの打席で二盗を敢行し成功!打席の新井さんも勢いに乗り、センター前タイムリー。今日の新井さんは先制ホームランを含む3安打3打点!昨日から去年のバッティングフォームに戻して、見事な復調っぷり。開幕戦での4番・新井さんがどれだけの活躍をするのか今から楽しみです。

7回にも1点を追加し、8回には隼太が今日2本目のセンター前ヒットに、大和の打席で二盗敢行&成功&相手のワイルドピッチありで一気に3塁へ進み、大和もフォアボールを選んで、続く柴田がしぶとくセンター前にポトリと落ちるタイムリーを放ち10点目。このあと黒瀬がフォアボールを選んで満塁とすると、お兄ちゃんに負けてられん!とばかりに、良太がライトへ2点タイムリーを放って12点目。

メジャー相手にやりたい放題の阪神打線。先週末のオリックスとのオープン戦では気のないスイングで凡打の山を築きあげ、スタンドで観戦しながら頭を抱えていたのに、昨日、今日と同じチームかと思うくらいの打ちっぷり。スイングがみんな鋭くなってるし、前の塁を狙う積極性がこれでもか!とばかりに出ていて、不安だった開幕前が一転、横浜DeNAはどんな風に始末してやろうか、期待が膨らむ一方です。

開幕前最後の連戦が大リーグとの試合が組まれていたのはラッキー。いい自信がついた。マリナーズ、アスレチックス、主催した読売新聞、どうもありがとう。眠っていた阪神打線は完全に目を覚ましました。これに気をよくして開幕ダッシュ…あるで!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース12○6オークランド・アスレチックス〜東京ドーム

【OAK】●ロス−スクリブナー−デロスサント−ケリガン−シュリクティン
【神】○メッセンジャー−鶴−福原−榎田−渡辺

【勝ち投手】メッセンジャー
【負け投手】ロス

〜ホームラン〜
【OAK】ペニントン1号ソロ(4回オモテ・メッセンジャー)スズキ1号3ラン(4回オモテ・メッセジャー)
【神】新井1号2ラン(1回ウラ・ロス)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神がマリナーズに快勝

阪神が金本のオープン戦1号などでマリナーズに快勝した。

金本は先制点を挙げた後の二回1死三塁に、マリナーズの先発・ノエシから右翼席上段へ豪快にたたき込んだ。

マリナーズは先発のイチローが初回に左線へ技ありの安打。メジャー昇格を目指す川崎は六回裏から二塁に入り、八回に榎田から左翼越えの二塁打を放ってアピールした。

阪神は先発・岩田が5回無失点に抑え、開幕前の最終登板を終えた。(デイリー)


大入り満員の東京ドーム。阪神の選手は満員のスタンドじゃないと燃えないのか、オープン戦の不調は偽装だったのか…最後の最後で理想の野球をやったんじゃないかな。今日の野球が出来れば開幕は問題ない。開幕で出来るかどうかだけど。

先発は岩田。マリナーズ打線を5回6安打無失点。
初回先頭のフィギンズにフォアボール、2死から3番のイチローにレフト線を破られるも、続くスモークをピッチャー併殺に斬り、立ち上がりを踏ん張ると、2回以降はエンジンがかかり小宮山の構えるところへ見事なコントロール。4回には2打席目のイチローのバットをへし折ったり球威もなかなかだったように思う。5回に岩田最大のピンチ1死から3連打を浴びて満塁のピンチを背負うも、ここから本領発揮!フィギンズを空振り三振、アクリーを見逃し三振に仕留めて、開幕前最後のマウンドを最高の締めくくり!マリナーズはアメリカンリーグで弱小球団の部類に入るものの、言うてもメジャーリーグ。岩田にとって今日のマウンドは大きな自信になるだろうし、来週の横浜戦は期待できる。

打線もマリナーズ相手に奮闘。2回先頭の新井さんが痛烈なライト前ヒットで出塁すると、続くブラゼルは左中間を破る2ベースを放ち、無死2・3塁とすると、続く城島のサードゴロの間に先制すると、7番DHで先発出場の金本がマリナーズ先発・ノエシから火の出る一撃!フルスイングから放たれた打球はライトスタンド中段席へ特大2ランホームラン!笑みこそ出さなかったものの、欲しかった一発に手応え大有りなご様子。もうすぐ44歳になる鉄人はメジャーリーガーをも粉砕する。今年は場合によっては4番・金本はあるかも!?

7回には伊藤隼のレフト前ヒットから柴田が右中間を破るタイムリー2ベースで4点目。続くトリも詰まりながらもレフト前に落ちるタイムリーで5点目を手にし、マリナーズを突き放しに掛かると、中継ぎは藤原−渡辺−福原−榎田と繋ぐ、シーズンさながらの必勝リレー。9回にはトリを飾るべく守護神・球児が登場も、先頭のウェルズにストライクを取りに行ったところを左中間スタンドへ一発食らう場面もありましたが、続くジェイソのショートライナーを黒瀬が好プレーで盛り立て、後続のふたりを三振とサードゴロに仕留めて、マリナーズ相手に5−1と見事な快勝劇!昨日までのオープン戦で不細工な試合を繰り返していたチームとは思えない勝ちっぷりでした。

今日の勝因は岩田の好投と中継ぎ陣の踏ん張り、そして大リーガーを翻弄した小宮山のリード。コミーは打っては1安打、守っても各投手の良さを引き出し頑張り具合を評価したい。ファン心理としては開幕3連戦のマスクはコミーに託したい気持ちがより高まった。

打線は不振を極めた新井さん、トリにそれぞれ一本ずつヒットが出たのはなにかのきっかけになるかもしれない。ただ良いところが出ると、悪いところもあったりで、今日の新井さんの守りはいただけない。記録に残らないエラーが2つ。俊足の選手に対して、打球処理を焦る気持ちもわからなくはないけど、着実にプレーしてもらいたい。

今日のスタメンはベストオーダーを組んで挑んだのだろうけど、レフト・ブラゼルはレフト・金本よりも、鳥谷のショフト率の負担が増える。攻撃重視だと魅力的だけど、守りの野球を掲げる和田野球とはかけ離れすぎ、トリが今まで以上にへばってしまうので却下。

明日はアスレチックスとのオープン戦。投げるのは安藤か、メッセンジャーか。マスクをかぶるのは小宮山か藤井か。アスレチックスにも勝って気分よく開幕を迎えたいけど、今日のような試合運びが出来るかな。虎の意地を魅せろ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5○1シアトルマリナーズ〜東京ドーム

【シ】●ノエシ−ラミレス−ウィリヘルムセ−リーグ
【神】○岩田−藤原−渡辺−福原−榎田−藤川

【勝ち投手】岩田
【負け投手】ノエシ

〜ホームラン〜
【神】金本1号2ラン(2回ウラ・ノエシ)
【シ】ウェルズ1号ソロ(9回オモテ・藤川)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
開幕候補の阪神・能見が6回3失点

阪神は八回、柴田の適時三塁打で1点差とすると、ブラゼルが同点適時打を放った。

開幕投手が決定的な先発の能見は6回3失点だった。オリックスは初回、李大浩の適時二塁打で先制。先発の西は制球がよく6回1失点だった。

阪神は七回を渡辺、八回を榎田が抑え、九回は藤川が締めて、引き分けに持ち込んだ。(デイリー)


来週の今日は新生・横浜DeNAとの開幕戦。開幕戦を見据えて、スタメンもベストに近いものなんだろうけど、ライト・ブラゼル、キャッチャー・藤井はどうなんだ!?ブラゼルの外野守備は怖くて見れないものがあるし、緊急措置的なものなんだろうけど。あと、今年の藤井はあくまで控えに徹してもらうべきで、スタメンマスクは小宮山で行かなきゃいかんでしょ。和田監督が常々言う「ちょっとのスパイスでチームの雰囲気や勢いが変わる」スパイスに小宮山を使わんでどうする。真弓監督は散々言われつつも、世代交代を進めていたんだし、小宮山もそれに応えようと、去年の終盤、このキャンプ、オープン戦と頑張ったんだから評価して、キャッチャーの若返り、固定化を図らないと。開幕1週間前になっても選手をテストをしているのが不安でならない。

試合は開幕投手が確定的な能見が先発。立ち上がりは球が高く、李大浩にレフトオーバーのタイムリー2ベースを打たれ失点。2回にも伊藤、坂口にタイムリーを打たれ2点を失うも、3回以降は完全に立ち直り、オリックス打線を1安打に抑える内容。今日は6回を6安打3失点の内容だったけど、立ち直ってからは低めに球も集まっていたし、キレもいつものキレ。3点を失ったものの、ちょっとくらい悪いがちょどいい。開幕までに最終調整をして不安なくマウンドに立ってもらえれば、必ずいい結果が伴う。2年連続の開幕投手へ…頼むで。

3点を追う打線は6回、先頭の平野、柴田の連打でチャンスメイクをするも3番、4番がオリックス先発の西の前に連続三振とどうしようもないところを見せるも、5番のブラゼルがレフトへ技ありのタイムリー!8回に、またしても平野のヒット、柴田の右中間を抜くタイムリー3ベースでチャンスを作り、ブラゼルがセンターへ同点打!1塁を争う城島が4タコだったのとは対照的にブラは2安打2打点!横浜の開幕投手が右の高崎ということもあるし、ブラの開幕1塁手はググっと近づいたかな?今年もブラはやりよるで!

試合は能見のあとを渡辺−榎田−球児の必勝リレーでオリックスを封じ込め、同点で試合終了。投手陣は久保と中継ぎの藤原、筒井に心配な点が残るけど、安藤は復活の予感だし、コバヒロも今年も中継ぎでの起用になりそうだけど、見返してくれる活躍をしてくれると思います。

打線は柴田が復帰してから打線がやや活発化してきたように思います。ここへマートンが帰ってきてくれれば、言うことないんだろうけど、帰って来るまでの辛抱。得てしてこういうときは誰かが頑張るので、半分心配だけど半分楽しみです。ささ、オープン戦も残り3試合。トリと新井さんとアニキ金本の調子が上がってくる気配がないので、明日あたり奮起してもらって、上向くきっかけづくりになればいいなと。あとは岩田の好投、小宮山の頑張りに期待です。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

オリックス・バファローズ3△3阪神タイガース〜京セラドーム大阪・3回戦

【神】能見−渡辺−榎田−藤川
【オ】西−ミンチェ−平野−岸田

阪神タイガースオープン戦成績 5勝9敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、4点差守れず逆転負け

阪神は開幕投手が確定的な能見が、先発で5回を1失点と順調な仕上がり。小林宏、福原も1回を無失点に抑えたが、4番手・筒井が乱調。八回に5点を許し、逆転負けを喫した。

ロッテは先発・渡辺俊が3回をパーフェクト。5失点の2番手・小野に不安が残った。(デイリー)


先発した能見は2年連続の開幕投手へ視界良好の5回4安打1失点。昨シーズンの終盤にコンビを組んだ小宮山との息も合い、ストレートを軸に、カットボール、チェンジアップを低めに制球。コミーとバッテリーを組むと打たせるピッチングが主体となるけれど、この日は4回まで毎回三振を奪う5奪三振。5回の1失点も能見の記録に残らないエラー絡みからの失点で、普通に処理していれば無失点で切り抜けられていただろう内容。2週間後のマウンド内容にめちゃめちゃ期待の持てる内容でした。

打線は千葉ロッテ先発・渡辺俊介には全くと手が出なかったけど、2番手の小野にはタイミングが合い、6回に久しぶりのまとまった得点。6回先頭の平野がフォアボールを選び、鳥谷、マートンはサード内野安打で続き、1死満塁のチャンスを作ると、ブラが三遊間を抜くタイムリー。このあとロッテは3番手・左の松本にスイッチも、金本がお構いなしにライト線への2点タイムリー2ベース、コミーのライト前タイムリーで続き、この回一挙4得点。

渡辺俊介のような一線級のピッチャーを打たんかい!と思わなくもないですが、今週は二線級のピッチャーでさえも打てない状況が続いていたので、打線復調へいいきっかけになったかも。

試合は8回に4番手で登板の筒井が大誤算。2アウトを簡単に奪うも、2アウトからフォアボールを与え、ここから里崎に2点タイムリー、代わったナベも代打の塀内に2点タイムリーを打たれ同点、決勝点は新井さんのエラーで勝ち越され、このまま試合は終わってしまいました。

ひさしぶりに打線がつながり、継投もいい感じで来ていたのに、終盤に投げて自滅、守って自滅、なにをしとんねんと怒鳴り散らしたくなるような試合でした。

このままでは今年の阪神のテーマである「熱くなれ!」「チーム一丸」が虚しいままやで。気合の入った試合を魅せてくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

千葉ロッテマリーンズ6●5阪神タイガース〜QVCマリン

【神】能見−小林宏−福原−●筒井−渡辺
【ロ】渡辺俊−小野−松本−益田−○伊藤−S薮田

【勝ち投手】伊藤(1勝)
【セーブ】藪田(1セーブ)
【負け投手】筒井(1敗)

阪神タイガースオープン戦成績 3勝8敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神がブラゼル&城島のHRで全打点

阪神は先発の安藤が4回3安打無失点、粘りの投球で先発ローテ入りをアピールした。打線では城島がオープン戦1号を放った。

ソフトバンクは先発の山田が4回2安打無失点。打線では川崎の後釜を狙う遊撃・明石が猛打賞。(デイリー)


今日から福岡でホークスと2連戦。今年はオープン戦といえども主力どころを早い段階から出場させて、開幕へベストな状態で挑もうと意気込む和田監督。

先発は安藤。4回を投げ4安打無失点3奪三振。今日は打たせて取る安藤らしいピッチングじゃなかったかと。初回、明石にヒット、二盗を決められ、松中にフォアボール。揺さぶりをかけてくるホークス。これに動じることなく、5番のカブレラをショートゴロに打ち取り、先制のピンチを切り抜けると、2回以降はエンジンがかかり、テンポのいいマウンド。3回は内川を併殺、4回は松中、小久保、カブレラを三者凡退に打ち取り、ひさしぶりにマウンドで躍動する安藤が見れました。先発6番手の椅子取りに、かつてのエースが燃えています。

打線は6回に1死から鳥谷が左中間を真っ二つに破る3ベースでチャンスメイクすると、ブラゼルが左中間へ特大弾!打球はフェンス手前で失速も、捕球しにいった内川がクラブからボールを落とし、それを蹴飛ばし、ボールはレフトへ。カバーに入ったレフトの松中もお世辞にも肩が良くないだけに、鈍足のブラゼルも果敢に2塁を蹴り、3塁を蹴り、まさか、まさかのランニング2ランホームラン!ベンチ前で出迎えるナインのハイタッチにヘロヘロになりながらも笑顔でハイタッチ。今日は守りでもレフトの守備位置に入って、動きまくっただけに、今夜は心地いい疲れでベッドで眠れるでしょう(笑)ナイスラン!ナイスプレー!ブラッズ!

7回にはブラゼルと1塁の守備位置を争う城島が、俺も負けられんばい!とばかりにレフトスタンドへ1号ソロ。城島らしく豪快に降りぬき、勝利を引き寄せる一発。長打のある二人が揃って活躍。和田監督は悩ましいね。

中継ぎは先制した直後に登板した3番手の西村がヒットとフォアボールで満塁にすると、松中のファーストゴロの間に失点。常にボール先行でフルカウントに持っていく内容だったのが残念。久保田の調子がなかなか上がってこない現状を思うと、憲ちゃんには頑張ってもらわないと。あと、6番手の若竹も内容的に不満。ファームで去年の終盤に抑えを任されていたのに、今日は高谷の2塁打から、松田にタイムリーを打たれ1点差に迫られる内容。シーズン中なら球児なんだけど、去年経験したファームでの抑えのマウンドを見せて欲しかった。

2番手で投げた福原、5番手の榎田は文句なし。圧巻の内容。中継ぎ陣は今年も磐石。現状の中継ぎに若手が一枚、二枚加われば…。憲ちゃん、藤原、若竹、チャンスはあるようでそんなにないぞ。登板機会を生かせ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

福岡ソフトバンクホークス2○3阪神タイガース〜福岡YAHOO!・1回戦

【神】安藤−○福原−西村−藤原−榎田−S若竹
【ソ】山田−千賀−金無英−嘉弥真−吉川−森福

【勝ち投手】福原(1勝)
【セーブ】若竹(1セーブ)
【負け投手】金無英(1敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル1号2ラン(6回オモテ・嘉弥真)城島1号ソロ(7回オモテ・吉川)

阪神タイガースオープン戦成績 2勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、守乱で勝ち越し許す…鶴は一発浴びる

阪神は守備の乱れで勝ち越され、オープン戦初勝利はならなかった。

0−2の四回にブラゼル、城島の連続タイムリーで同点。しかし、六回に2番手・小嶋が一死満塁のピンチを招き、ヤクルト・中村は浅い右邪飛。一、三走が飛び出したが、一塁・森田が三塁に悪送球、決勝点を許した。

ローテ入りを目指す先発・鶴は三回、ヤクルト・上田に先制2ランを浴びるなど4回2失点だった。(サンスポ)


先発の鶴は4回を投げ1ホームランを含む3安打2失点。鶴は立ち上がりこそ低めにボールが集まりよかったものの、2周り目あたりくらいからボールがやや高めに浮き、球威がなくなり、甘いところを狙われ痛打。今日も3回先頭の森岡にレフトへ2塁打を打たれると、続く上田には高めのストレートを完璧に捕らえられ、打球はライトスタンドへ2ランホームラン。前回の広島との練習試合も似たような成績だったけど、今日は球のキレを見ても前回より悪かったように思う。キャンプの疲れや昨日は休日返上で投げ込んだ話も聞きますが、キャンプ実践最終登板であっただろうから踏ん張って欲しかった。

打線は2点を追う4回、先頭の平野が相手のエラーで出塁、新井さんがライト前ヒットでチャンスメイク。続くブラのライト前タイムリー
で平野が生還し1点差に迫ると、城島はサード強襲の痛烈なレフト前タイムリーを放って同点。このあと2死2・3塁、勝ち越しのチャンスまで持っていくも同点どまり。

このあと6回、8回と得点圏に走者を集める場面があったものの、一本が出ず。和田監督の言うところの「よそ行きの野球」。その「よそ行きの野球はやりません!」と豪語していた良太が2度のチャンスで凡退してしまう皮肉。…頑張れ良太。

試合は6回、2番手の小嶋が打ち込まれ1死満塁となったところで中村のライトファウルフライ。そのファウルフライからの返球に焦ったヤクルト走者に1塁の森田も焦り、3塁へ悪送球し決勝点献上。キャンプでランダンプレーの練習を何度かしてるはずですが、実践で成果を発揮しなければ。打つほうでは好調の森田ですが、守りも好調にしないとブラゼルにも城島にも勝てない。基本プレー、瞬時の判断をしっかりと。

練習試合・オープン戦を通じて3連敗となってしまった和田阪神。この3試合での得点は1点、1点、2点。投手有利なこの時期とは言え、対外試合になった途端に打てなくなり、機動力を生かす場面すら作れない野手陣に喝だ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ3●2阪神タイガース〜浦添・1回戦

【神】鶴−●小嶋−若竹
【ヤ】石川−○ロマン−正田−阿部

【勝ち投手】ロマン(1勝)
【セーブ】阿部(1セーブ)
【負け投手】小嶋(1敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】上田1号2ラン(3回ウラ・鶴)

阪神タイガースオープン戦成績 2敗

【本日のキャンプメニュー】

=野手=

10:00 【宜野座組】
ウォーミングアップ 【メイングラウンド】
<藤井・金本>
動き作り
ランニング
10:40 【宜野座組】
バッティング 【メイングラウンド】
高橋コーチ指示
【宜野座組】 強化ランニング 50・30・20・10m 各3本〜
強化トレーニング
WTトレーニング
ストレッチ
10:30 【オープン戦組(浦添)】
ウォーミングアップ

動き作り
ランニング
11:00 【オープン戦組(浦添)】
バッティング
12:15 【オープン戦組(浦添)】
ランチ
12:30 【オープン戦組(浦添)】
シートノック
12:40 【オープン戦組(浦添)】
セレモニー
13:00 【オープン戦組(浦添)】
オープン戦 対東京ヤクルトスワローズ戦
試合後 【オープン戦組(浦添)】
担当コーチ指示

強化ランニング

=投手=

10:00 【宜野座組】
ウォーミングアップ 【ドーム】
動き作り
ランニング
10:30 【宜野座組】
キャッチボール 【サブグラウンド】
11:00 【宜野座組】
投球練習他 <A組(能見・安藤・二神・岩田・福原・小林宏)>
ピッチング⇒ティー⇒バント・バスター

<B組(筒井・藤川・秋山・久保田・西村)>
バント・バスター⇒ピッチング⇒ティー

<C組(榎田・久保・メッセンジャー・スタンリッジ)>
ティー⇒バント・バスター⇒体幹強化
12:30 【宜野座組】 【メイングラウンド】
投手ノック
バッティング
【宜野座組】 強化ランニング(メイン)
A組 P-P×10往復
B組 60・40・20m×各6〜
C組・福原 P-C×6往復

強化トレーニング(ドーム)
個別課題
ストレッチ 
10:30 【オープン戦組(浦添)】
ウォーミングアップ 動き作り
ランニング
11:00 【オープン戦組(浦添)】 キャッチボール
ゴロ捕
ランニング 50・30・15m×5〜10&バック走5m×5
ボール補強
強化トレーニング
ショルダーEX
【オープン戦組(浦添)】
ランチ
12:40 【オープン戦組(浦添)】
セレモニー
13:00 【オープン戦組(浦添)】
オープン戦 対東京ヤクルトスワローズ戦
試合後 【オープン戦組(浦添)】
担当コーチ指示

強化ランニング

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
マートン、ブラゼルが驚弾競演

阪神のマット・マートン外野手とグレッグ・ブラゼル内野手が11日、沖縄・宜野座キャンプで約30分間のランチ特打を行った。

マートンとブラゼルは交互に打席に入り、先にマートンが左翼奥の道路の防球ネットに突き刺す140メートル弾を2発放つと、ブラゼルも負けじとスコアボードの天井を直撃し、場外に飛び出す150メートル超級の驚弾を放った。

ブラゼルは「いい感じで振れたと思う。(場外弾は)見ていなかった」と話し、マートンは「まだまだ波がある。この波をなくしていかなければいけないけど、強くたたくことはできた」と振り返った。(デイリー)


今日から第3クール。初日の今日は和田監督の発案でビジターユニフォームでの練習。練習では初のビジターユニ着用となったわけですが、案外格好いい。締まって見える。

今日はマー様、ブラ様が初のランチ特打を実施。
まずブラ様が69スイング中23本の柵越え!センターからライト方向へ飛ばしに飛ばし、弾丸ライナーが球場外周の土手に当たったり、バックスクリーン直撃弾があったり、統一球なんてなんのその!今年のブラには飛ばない統一球をカバーする打撃技術が加わり、おととしまではの本塁打はいかなくとも30本は楽に越える力強さが備わったんじゃないかなと思う。

7日に来日したマー様も元気いっぱい。8日は別メニュー調整も、昨日は休み返上で練習をし、今日の虎の安打製造機は通常運行に戻った模様。去年は長打力を増すために足を上げて、引っ張り中心の練習をしていたマー様。開幕して1ヶ月ほどまで足を上げていた影響で、4月は絶不調に陥った過去があるだけに、今年は足を上げることもなく、センター方向中心のバッティング。

マー様もブラ様も常に笑顔で、なにか冗談を言い合いながらのランチ特打だったのか、ふたりとも満足げでした。

今日のブラ様は常にご機嫌で午前中はブルペンに足を運び、福原のピッチング練習の際に打席に入り、目慣らし。福原にコースを指定し、少しでも球が外れるとクレームを入れたり、昼からも久慈コーチにノックを受けるも、取れなかったら大げさにふんぞり返ったり、マートンが合流したことでブラの心に余裕が出来たのかもしれないね。

明日は和田監督初陣となる北海道日本ハムとの練習試合。ブラもマートンも試合に出ることはないだろうけど、ブラやマートンに「グレート!」と言わすような若手の活躍が観たい。明日の試合の見所は小ブラゼルこと森田に、期待の中谷、伊藤隼太の活躍。和田監督の初陣を勝利で飾ることが出来るのか。栗山ハムとの一戦は明日12:30分プレイボール!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【本日のキャンプメニュー】

=野手=


9:30 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り・ランニング・各種強化
10:10 キャッチボール
10:30 シートノック
10:45 バントゲーム A組 清水・小宮山・城島・平野・関本・鳥谷・俊介・伊藤隼・新井良・黒瀬
B組 藤井・岡崎・ブラゼル・上本・新井貴・大和・中谷・田上・森田
12:15 ランチ
12:45 バッティング <1組(城島・新井貴・黒瀬・新井良)>
バッティング・バント⇒守備⇒走塁⇒ティー
<2組(鳥谷・関本・平野・大和)>
ティー⇒バッティング・バント⇒守備⇒走塁
<3組(俊介・伊藤隼・中谷・森田・田上)>
走塁⇒ティー⇒バッティング・バント⇒守備
<4組(藤井・岡崎・清水・小宮山・上本)>
守備⇒走塁⇒ティー⇒バッティング・バント

コーチ指示
金本・ブラゼル・マートン
特打・特守 <特打(関本・藤井)>
<特守(コーチ指示)>
強化ランニング(サブグラウンド)
強化トレーニング(ドーム)
ウェイトトレーニング
ストレッチ

=投手=

9:30 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り・ランニング・各種強化
10:20 キャッチボール
10:40 投内連携 【サブグラウンドA】
安藤・藤川・福原・小林・久保・久保田・メッセンジャー・スタンリッジ

【サブグラウンドB】
渡辺・榎田・藤原・二神・小嶋・若竹・西村・白仁田
11:00 投球練習他 <A組(藤川・福原・メッセンジャー・スタンリッジ)>
ピッチング⇒ティー⇒バント・バスター・バッティング
<B組(安藤・小林・久保・渡辺・小嶋・久保田)>
バント・バスター・バッティング⇒ピッチング⇒ティー
<C組(榎田・藤原・二神・西村・若竹・白仁田)>
ティー⇒バント・バスター・バッティング⇒ピッチング
<D組(伊藤和・筒井・秋山・鶴・能見・岩田)>
サイドゴロ捕球⇒バントゲーム
12:30 【ドーム】
強化トレーニング
13:30 ランチ
14:00 【サブグラウンド】
基本ゴロ捕球
強化ランニング
個別課題
強化トレーニング
ウェイトトレーニング
ストレッチ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神ブラゼルが最重量で来日、パワーアップ

阪神のクレイグ・ブラゼル内野手が28日、米国から韓国・ソウル経由で関西国際空港に来日し、「自宅に戻ってきたような感じ」と明るい表情で話した。

阪神では4年目のシーズンとなる今季は、定位置争いからスタートする。和田監督が左膝再手術明けの城島を、捕手と一塁で併用する方針を示しているからだ。米国ではトレーニングで筋肉をつけたというブラゼルは「今まで(の来日時)で一番、体重も重い。下半身強化とかストレッチ、ピラティスやヨガもやった」と、パワーアップに自信を見せた。(デイリー)


いつもならブラとマートンと一緒に帰ってくるんだけど、今回はマートンは奥さんが出産間近ということで、ブラひとりで大阪へ。

今年は日本で野球をするようになってから一番体重が重い状態でやってきたらしいけど、ただのブーちゃんになってきたんじゃない。体重が増えただけスケールアップして来てくれたと言う事。

去年は統一球の影響をモロに食らってホームラン数が2010年の47本から16本へと激減してしまったけれども、シーズン後半戦には統一球をホームランにするコツを掴んでいたように思うし、去年のようなホームラン16発ということはないと思う。

今年は城島との1塁併用なんて話もあるけど、城島が1塁に就けばブラがおのずとスタメンから消えてしまうことになるので、城島にも頑張って欲しいけれど、やっぱりブラやで!ってなるような働きを今年も期待します。

ファンとして心配なのはブラの膝の状態は大丈夫なのかな?ということ。昨シーズンは何度か試合を欠場することがあったし、後半戦の終盤あたりではまともに走れていなかったので、ウエートアップした分、膝への負担は大丈夫なのかなって。いくら強力なタイガース打線にあっても、ブラがいないと見劣りしてしまうんでね。

和田監督の構想では6番、7番を打たすようなことを話していましたが、ブラが下位打線にいるのは相手にとって恐怖の打線。特に6番はポイントゲッター的な部分でもあるし、総仕上げ、トドメを刺す打順。ブラの一振りで試合を決定付ける場面が多いと、今年は優勝してしまうで!今年はホームラン量産でたくさん、ブラダンスが見たい!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
マートンは2年契約 ブラゼルもサイン

阪神は30日、マートン、ブラゼルと来季の契約を結んだと発表した。マートンは100万ドル増の年俸300万ドル(約2億3400万円)で、2年目は球団に選択権がある2年契約。2年契約で2年目のブラゼルは200万ドル(約1億5600万円)でサインした。

マートンは今季、打率3割1分1厘で2年連続リーグ最多となる180安打を放った。米球界復帰を含めて去就が注目されていたが「和田新監督の下でチャンピオンフラッグを取りにいくことがベストな選択であると判断しました」とコメントした。

ブラゼルは故障による離脱もあり、打率2割8分2厘、16本塁打、69打点にとどまった。阪神での4年目を迎える大砲は「来季は優勝に貢献できるようなバッティングをしたい」と意気込んだ。(金額は推定/スポニチ)


マートン、ブラゼルの残留決定!
マートンは2年契約で2億3400万での契約。ファン的にはもっとあげてもいいような気がしなくもないけど。ブラは2年契約の2年目。こちらもお手ごろの1億5600万円。優良助っ人なのに、こんなにリーズナブルでいいのかなって感じですが(笑)

これで和田阪神の骨格は来期も保たれた訳で、普通の采配をすれば、優勝できるであろう戦力。あとは打線の枝葉をどうするか。柴田、上本、大和、俊介、田上、ルーキーの伊藤隼太。この連中が脇をしっかり固めてくれれば、来年は抜群の破壊力を誇る打線に、機動力を交えた野球で、中日にも巨人にもヤクルトにも負けず劣らずの野球はできるはず。上位チームにはキラリと光った若手の存在があっただけに、タイガース勢も若虎旋風でチーム内外でブイブイ言わして欲しいところ。

マートンのヒットメーカーっぷりは来年も計算できるし、ブラゼルもシーズン中盤までは統一球の対応に四苦八苦していたけれども、後半戦になって統一球のツボを心得たのか、終わってみれば去年の3分の1にホームランは減ったものの、20本近くは打ったし、来期は巻き返して、たくさんのブラダンスが見れると思う。

和田監督は新井さんの4番起用は筋としながらも、トリだったり、マートンにも4番を打ってもらうことはあるで!的な発言もあったりで、来期は真弓政権とはちょっと違った打順が見れるかも…。(とは、言いつつ真弓政権で打順を組んでいたのは和田監督という話もあるけれど…。)

マートン、ブラゼルの残留は一足早いクリスマスプレゼント。残留をしてくれたからにはタイガースでの優勝を味合わせてあげたい。新生・和田阪神の船出に関して戦力的には不安要素はないね。あとは、和田監督の手腕のみ。このオフ、いろいろ頭を悩ませて欲しいと思う。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

◆ブラゼル選手のコメント
「今季の成績には満足していない。来季は和田新監督の下、優勝に貢献できるようなバッティングをしたい。」

◆マートン選手のコメント
「家族とともに、来シーズンも阪神タイガースとプレーさせていただくことに喜びを感じています。2年間打撃コーチとしてわたしを支えてもらった、和田新監督のもとで、チャンピオンフラッグをとりに行くことがベストな選択であると判断しました。また応援していただいた多くのファンのためにも、このオフシーズンにしっかりと体を作り、新しいシーズンに備えたいと思っています。頑張ります。」

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・能見、8回無失点の力投も「CS逃して申し訳ない」

0‐0の接戦は阪神が八回に均衡を破った。

この回、先頭・柴田が右中間三塁打。鳥谷の四球などで1死二、三塁とし、ブラゼルが青木から中前打を放ち、2者を迎え入れた。先発・能見は一回に3者連続三振を奪うなど、8回まで広島打線を2安打無失点に抑え11勝目。8三振を奪い計181奪三振でセの単独キングに立った。最後は藤川が締めた。

能見は「投げる前に順位が決まってしまった。CSにも出られない状況になってしまい申し訳ない。ファンの方に何とかいい姿を見せられるように投げた」と複雑な心境を口にした。

広島は先発・大竹が要所を締める投球で能見と渡り合ったが、継投に失敗した。

これで阪神の4位、広島の5位が確定した。(デイリー)


本日も甲子園です。試合前に真弓監督の辞任が決まっていたものの、スタンドは特に変わった雰囲気はありませんでした。だけど、甲子園は今シーズン最後の日曜日にも関わらず、空席が目立つ寂しいものでした。

試合はエース・能見の独断場。8回を投げ2安打無失点8奪三振の内容。初回から飛ばし、赤松、東出、バーデンを三者連続三振で仕留める最高の立ち上がりを見せると、8回までピンチのピの字も出ない素晴らしいピッチング。3回に會澤のライト前ヒット、6回の大竹のライト前ヒットを打たれるも、どちらも完璧に捕らえられた当たりでなく、カープ打線を完全に翻弄した内容でした。

能見は今日8つの奪三振を奪い、奪三振王争いは181個で単独トップ!来週の広島でのカープ戦でも投げるだろうから、奪三振王は能見で決まりかな。

打線は広島先発・大竹の前にチャンスは作れど一本が出ず。初回には平野のライト前ヒット、柴田が送り、鳥谷がレフト前ヒットで1死1・3塁も新井さん、ブラゼルが続かず無得点。

2回、4回はコミーがチャンスを作るも能見に打順が回るツキのなさ。5回には平野のヒットから1死2塁の好機もトリ、新井さん凡退。6、7回は大竹の前にあっさり打ち取られ、どうなるものかと思いましたが、8回に次代の核弾頭候補・柴田がやってくれました!

8回先頭の柴田が右中間を破るスリーベースでチャンスメイク、トリがフォアボールで歩き、ここでカープベンチは2番手・岸本にスイッチ。新井さんがセカンドフライに倒れ、ブラのところへ3番手の青木へ。この青木に対して、ブラが初球を叩いてセンターへ先制2点タイムリーヒット!病み上がりの大竹に対して苦戦しまくってただけに、ブラの一打でスタンドは狂喜乱舞!やっとこさの先制点を取り、あとは能見の完封劇かと思いましたが、最終回は球児。

球児は広島の代打攻勢、天谷、丸、そして東出をあっさり討ち取り試合終了。

先発が好投すれど、打線が援護しない見飽きた光景を真弓監督の辞任の日にも見なければならないのかな…と思いましたが、真弓阪神で花開いた能見が最高のピッチングをし、09年、メンチの代わりにやってきたブラが最後の最後に2点を奪うナイスバッティングで勝利をアシスト!真弓監督に見出してもらった二人が退任の勝ちをプレゼント出来てよかったんじゃないかな。

ささ4位確定という現実はあるけど、最後の7試合全力で戦って全部勝ちに行こう!もう真弓監督とはおさらば。いくら勝ったところで続投はないんだし、最後の最後くらいはいい形で去ってもらおう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2○0広島東洋カープ〜甲子園・21回戦

【広】●大竹−岸本−青木
【神】○能見−S藤川

【勝ち投手】能見(11勝9敗)
【セーブ】藤川(3勝3敗39セーブ)
【負け投手】大竹(1敗)

阪神タイガース通算成績 65勝66敗6分 対カープ 10勝11敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
球児打たれた…巨人・藤村がプロ初サヨナラヒット

巨人がサヨナラ勝ち。3‐3で迎えた九回1死二塁から藤村が左中間にプロ初のサヨナラタイムリーを放った。1‐2で迎えた五回に藤村の犠飛で同点とし、2‐3で迎えた六回には阿部の右前打適時打で追いついた。

藤村は「信じられないくらい気分がいいです。(藤川のリリーフに)向こうも勝負をかけてきた。代打を送らず打たせてくれたことに感謝したいし、期待に応えようと思いました」と話した。

阪神はメッセンジャーが九回1死二塁で降板、リリーフした藤川が打たれた。(デイリー)


巨人は今日の試合を含めて残り試合を5割で終えた場合、阪神は9勝4敗で乗り切れば、3位を確保できるそうだ…だけど、今日の負けはいかんだろ。よりによってサヨナラ負けって。。

球児投入で今月2度目の敗戦。藤井が外よりを構えているのに、球児の投じたストレートはど真ん中へ。かつてはそのど真ん中でも空振りで済んでいたのに、今じゃサヨナラ打を放った藤村程度の選手でも軽く打ち返されちゃうんだから、全盛期に比べれば少しばかり衰えてるのかもしれない…。前も書いたけど、球児負けたらしょうがない…訳がない!4連投だろうが、イニングまたぎだろうが、他のピッチャーに比べるとリスクは高いだろうけど、頼むから抑えてくれ。

試合は昨日の能見に続いてメッセンジャーが中4日のマウンド。2回に阿部に先制ホームランを食らい、5回にはフォアボールとヒットから藤村に犠牲フライ、6回には坂本の2ベース、脇谷の内野安打、阿部のタイムリーで3失点。ボールはいつもに比べると高く、巨人打線に10安打を浴びる内容ながらも中4日のマウンドを9回1死まで投げたのは褒めてもいい。だけど、個人的には8回終了時でスパッと代えて良かったと思う。延長戦を考えての続投だったのかもしれないけど、球が上ずり、球威もやや落ち加減だったように思うし、いつ打ち崩されてもおかしくない状況だったし、どうせ継投をするなら頭からナベや福原、西村やコバヒロで1イニングの継投で凌げたと思う。。ランディが9回も志願したとしてもあそこは代えたほうが正解だったと思う。

打線は3回2アウトから柴田フォアボール、トリの打席で柴田二盗敢行で成功、トリ、新井さんもフォアボールで歩いて2死満塁のチャンスをタダでいただくと、ブラがライト前へ2点タイムリーヒットで一気に逆転。同点に追いつかれた直後の6回には新井さんがレフトスタンドへ勝ち越しの16号ホームランで1点リード!このまま、試合がなにごともなく、継投で逃げ切れたらよかったんですが。

取っては取られ、取っては取られの展開で延長戦に入れば、継投面も打線の顔ぶれを見ても、タイガースに勝機ありだったかもしれないですが、最後は巨人の執念に散ってしまいました。

この3連戦の対戦成績は1勝1敗。明日の試合を勝てば、再び2ゲーム差。明日は巨人戦勝ち越しの大きな壁になるであろう内海との対戦。チャンスは少ないだろうけど、打線の調子はいいだけに、明日こそは先手を打って逃げ切り勝ちの展開へ持っていけたら…。タイガースの先発は岩田かな?岩田よ、フォアボールで崩れるな!打線よ、岩田を援護したれよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ4×●3阪神タイガース〜東京ドーム・23回戦

【神】●メッセンジャー−藤川
【巨】東野−高木−○山口

【勝ち投手】山口(5勝1敗2セーブ)
【負け投手】メッセンジャー(12勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】新井16号ソロ(6回オモテ・高木)
【巨】阿部19号ソロ(2回ウラ・メッセンジャー)


阪神タイガース通算成績 62勝64敗6分 対ジャイアンツ 11勝10敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
球児が打たれた!阪神痛いサヨナラ負け

横浜がサヨナラ勝ちで連敗を2で止めた。1‐2の九回、阪神の抑え・藤川を攻め2本のヒットなどで2死二、三塁とすると、途中出場の細山田が中前にサヨナラの2点適時打を放った。

細山田は「決めてやる、という気持ちで打席に入った。(藤川は)格上のピッチャーなので、胸を借りるつもりで真っすぐだけ狙って全力で振りました」と興奮気味に振り返った。

阪神の連勝は4でストップ。一回、新井の右前適時打で先制。六回にはブラゼルの左犠飛で2点目を加えた。2‐1の八回2死からリリーフした藤川が3敗目。(デイリー)


9回2アウト2死2・3塁。バッターは打率2割ちょっとの細山田。低打率の選手とはいえ、嫌な予感がしましたよ。球児の場合はかなりの確立でストレートを投げてくるので、それを狙い打てばいいわけで…。その前の内藤にはストレートで三振を奪っていただけに、細山田にも!と思ったのかな。。。

結果はやや高めのストレートをコンパクトに振り抜いた細山田の打球はセンター前へ。柴田の必死のバックホームも虚しく、同点、勝ち越しのランナーが生還してサヨナラ負け。

「球児で負けたらしょうがない」
この状況でそんな甘っちょろいことを言っていいのかって。いつも大事な試合での登板で、失敗は年に数度はある。だけど、ここ一番の試合で抑えてこそ守護神はナンボだ。荒波にしても、細山田にしても舐めてかかったと思えん。毎年、大事な試合で打たれるのが納得いかん。

試合は先発・久保が悪いなりにも6回を筒香のソロホームランを含む3安打1失点。4連敗な上に前回も前々回も5回を持たずにKOというマウンドで、今日は大丈夫かな?っと思いながら見ていたんですが、吹っ切れたマウンドになってよかったんじゃないかなと思います。

打線は初回柴田のレフト線への2ベースを足がかりに、新井さんがライト前へ先制タイムリー!2回には金本のレフト線への2ベース、藤井のショート内野安打、久保が送りバントを失敗するも、続く平野がセーフティーバントが内野安打となり2死満塁。柴田は高く跳ねたセカンドゴロでこれも内野安打かな?と思わせる打球でしたが、間一髪アウトで追加点ならず。

このあと横浜先発・高崎の前に打線が沈黙したまま、6回へ。先頭のトリがフォアボールで出塁すると、横浜のバッテリーミス2連発でタダで3塁まで進ませてもらうと、ブラゼルのレフト犠牲フライで2点目。このあとのウラのイニングに筒香に一発を食らって1点差に迫られるも、7回をナベがヒヤヒヤものの継投で8回の榎田にバトンを渡すと、下園にヒットこそ打たれるも2死1塁、バッター・村田の場面で球児にスイッチ。一発の予感にビビりながらも村田の打ち損じは1塁ファウルフライでピンチ脱出。9回も球児で3人締め…という展開を考えていたんですが。

真弓阪神が誕生して3シーズン目だけど、最長連勝が5。今日はその連勝タイ記録に並んで、明日は6連勝目もあり得るなぁなんて、9回の攻守交替の時には思っていたんですが。

ナイトゲームでは巨人が中日に完封勝利を収めて、ゲーム差は4。明日の試合が終わったら次は巨人との3連戦な訳だけど、3連戦を待たずして終わってしまうのか、それとも持ちこたえるのか。明日負ければ本当の本当の終戦。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ3×●2阪神タイガース〜横浜・19回戦

【神】久保−渡辺−榎田−●藤川
【横】高崎−篠原−○藤江

【勝ち投手】藤江(3勝)
【負け投手】藤川(3勝3敗36セーブ)

〜ホームラン〜
【横】筒香8号ソロ(6回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 60勝63敗6分 対ベイスターズ 9勝8敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
猛虎4連勝!!岩田完封&スクイズ決めた

阪神が4連勝。五回1死一、三塁から岩田のスクイズで先制。さらに平野の適時打でリードを広げた。八回は鳥谷の5号ソロ、九回にはブラゼルの15号ソロで突き放した。岩田はわずか2安打で今季2度目の完封。9勝目を挙げた。試合後、スクイズの場面を振り返り「決めるしかなかった。先制点を取るのと取らないのとでは大違いですから」と笑顔を見せた。

横浜は先発の三浦が8回3失点。打線は岩田を攻略できなかった。(デイリー)


スワローズに3タテを食らわして、横浜に場所を移しても流れはタイガースにいいように運ぶ。最近調子がいいのは、真弓監督の今季限りの辞任が内々に決まったので、それを知った選手達がイキイキし始めた…なんて、ちょっと信じてみたい噂があるんだけれど。ともあれ、4連勝は大きい。この連勝を5、6、7…13、いや20連勝までやってしまえ、そしたら真弓監督続投も認めてやる(笑)

タイガース先発は岩田。本人も満面の笑みで「出来すぎ」と称えた9回2安打完封劇!小宮山との息もピッタリでストレート、スライダー、大きなカーブ。横浜打線に的を絞らせないという表現がピッタリのマウンド捌き。2本のヒットも5回の松本のレフト前ヒット、9回の山崎のレフト前ヒットも打球的には打ち取った当たりで、会心のヒットというものは一本もなかった。それだけ今日の岩田はよかった。岩田にすれば今季のベストピッチングなんじゃなかろうか。

打っても岩田は5回、マートン、小宮山のヒットで作った1・3塁の先制のチャンスで横浜先発・三浦に対して、スクイズ敢行!これが見事ハマり先制点をもぎ取ると、続く平野もセンター前タイムリーを放って、2点先取。三浦に対して、攻撃の糸口が見つかりそうもなかった展開でのスクイズ成功で、それまで調子のよかった三浦の雲行きがイニングを追うごとに悪くなり、8回には2アウトから鳥谷がライトスタンド最前列に飛び込む5号ソロで追加点を加えると、9回にはブラゼルが右中間スタンドへトドメを刺す15号ソロを放って勝負あり。

打線の小技と繋ぎとホームラン攻勢。先発投手は2安打完封勝利!打つにしては明日以降に弾みのつく内容だったし、投げるほうは先発完投勝利で、中継ぎ陣がお休みできたのはとても大きかったと思う。

13連戦の折り返しにはまだ到達していないけど、目の前の一戦を一戦を全て拾う気持ちで、明日先発するであろう久保や、スタンリッジ、不安定な先発をみんなで助け合い、支えあえば、3位浮上もググッと手繰り寄せられると思うで!

真弓阪神の大型連勝は09年の5連勝が精一杯。5、6、7連勝と連勝街道は驀進できると思う。さぁ今更やけど、先取、裏方で本気だすで!首脳陣は知らない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ0○4阪神タイガース〜横浜・18回戦

【神】○岩田
【横】●三浦−大原慎−江尻

【勝ち投手】岩田(9勝12敗)
【負け投手】三浦(4勝5敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷5号ソロ(8回オモテ・三浦)ブラゼル15号ソロ(9回オモテ・大原慎)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神が3連勝、メッセンジャー12勝目

阪神が3連勝。一回、新井の左犠飛で1点を先制。二回は平野の適時内野安打、六回はブラゼルの13号左越えソロで1点ずつを加えた。ブラゼルは八回にも2打席連続となる14号3ランを放った。先発のメッセンジャーは7回5安打1失点で12勝目。

メッセンジャーは「今日はしっかり投げて、ゴロを打たせることができた。内野手の皆さんが守ってくれた。チームメートのおかげです」と振り返った。

ヤクルトは3連敗で5月30日以来の2位転落。(デイリー)


スワローズ3連戦同一カード3連勝達成!このおかげで、スワローズは首位から転落、代わって落合ドラゴンズが首位浮上。。昨日のエントリーで「ドラゴンズファンの皆さん、期待してください!」とは言ったものの、本当にできるとは(笑)連敗のスワローズもさすがに3戦目は必死の抵抗があると思いましたが…。前回の神宮の勢いも見る影もなく…。

今日は打線が初回から活発。柴田、鳥谷の連打でチャンスメイクすると、新井さんがレフト犠牲フライで先制すると、2回にはマートン、金本の連打、藤井の送りバントで2・3塁にして、平野のショートタイムリー内野安打でさらに1点追加。

タイガース先発はメッセンジャー。毎回のようにランナーを背負うピッチング。3回に青木にライト線へ3塁打を打たれ、福地の内野ゴロの間に1点を返されるも、失点はこれだけ。昨日の能見が「なんで抑えられたのかわからない」とコメントしていたけど、今日のランディのほうがなんで抑えられたのかがわからない(笑)ヒット5本のうち3本が長打なのに。。

メッセンジャーがなんとなく抑えてる間に6回、ブラゼルがレフトスタンドへ中押しの12号ソロを叩き込むと、8回には柴田が猛打賞となるセンター前ヒット、トリがピッチャー強襲ヒット、新井さんがライトへタイムリーを放ち、ブラゼルが二打席連発となる13号特大3ランでトドメ!このあともマートン、俊介とヒットが続き、8回は6連打を記録して、チーム安打は15安打!3試合連続で2桁安打を記録して、打線の調子自体は悪くない。あとは今日の繋ぎがいつも出来るとヨシだ!

8回は榎田、9回は球児を出すまでもなく、渡辺で締めてゲームセット。9回は今日上げてきた久保田のお試し登板でもよかったんじゃないかと思うんだけど、真弓、久保の頭にはなかったかな?接戦の状態で即、久保田はちょっと怖い気もするんだけど。

クライマックス圏内にはまだ厳しい3.5ゲーム。ただ、3位・阪神、2位・ヤクルトになった場合はちょっと面白いかもね。…まぁこっから追い上げて土壇場で逆転できるかどうかは、来週の巨人3連戦が全て。その前の明日からの横浜3連戦をきっちり叩いておかないと話にならないんだけど(笑)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース7○1東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・22回戦

【ヤ】●増渕−日高−押本
【神】○メッセンジャー−榎田−渡辺

【勝ち投手】メッセンジャー(12勝5敗)
【負け投手】増渕(7勝10敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル13号ソロ(6回ウラ・増渕)ブラゼル14号3ラン(8回ウラ・押本)

阪神タイガース通算成績 59勝62敗6分 対スワローズ 13勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神打線が14安打9得点でヤクルト粉砕

阪神打線が爆発し、連敗を2で止めた。二回に藤井彰の同点適時打などで2点を奪うと、四回はブラゼルの12号ソロなどで3得点。五回にも藤井彰の2点打などで3点を加え、六回にも加点した。先発の秋山は三回途中2失点で降板。その後は小刻みな継投でしのいだ。

3安打3打点の藤井彰は「勝つしかない、絶対に勝つことを頭に入れてやりました」と話した。

ヤクルトは先発の石川が3回1/3を5失点で8敗目。2位・中日に1ゲーム差に迫られた。(デイリー)


怒涛の13連戦の初戦は首位・ヤクルトを京セラドームに迎えて3連戦。本来ならば、首位攻防戦になっていたはずのカードでしたが、我がチームの体たらくで首位と4位の戦い。いつもなら満員のスタジアムも1万8000人ほどのお客さんで、まぁ寂しいこと。

試合は天敵・石川に捻られて、元気なく負けてしまうんだろうと思いきや、石川が病み上がりだったことをいいことに打線が爆発。1点を追う2回、マートン、金本の連打から藤井がライト前タイムリーで同点にすると、続く秋山のピッチャーゴロの間に勝ち越し。

1点差に追い上げられた4回、先頭のブラの左中間スタンドへの一発で点差を広げると、1死から金本、藤井の連打で1・2塁にすると、ヤクルトベンチはたまらず2番手の橋本へスイッチするも、代打のセキにストレートのフォアボールで満塁、平野にセンター前タイムリー、大和がライトへ犠牲フライを放って5−2とリードは3点差。打線の繋がりはこの回にとどまらず、5回にも波状攻撃!

5回1死からブラゼル、マートンが連続フォアボール、金本が猛打賞となるライト前ヒットで満塁とし、藤井がセンターへ猛打賞となる2点タイムリー2ベースを放って、7−2。このあと俊介もレフトへタイムリーを放って、さらに3点追加。今日は珍しく金本が3安打、藤井も3安打3打点の活躍。いつも流れが途切れてしまう下位打線が打ち出すと今日みたいな結果になってしまう訳で…。3位が危うくなってきたところで打ち出す皮肉(笑)肝心なときに打てよ。

先発はツバメキラーの秋山。3回持たず、4安打3四球2失点でKO。今日の秋山は常にランナーを背負うマウンドで調子は良くなかったように思えたけど、3回途中で降ろすには早すぎやしないか?CSは諦めてないぞポーズを取っているのかもしれないけど、残す19試合は12連戦と7連戦。ただでさえ先発がもたなくて9月は中継ぎ頼みだったのに。

まぁ打たれても打たれなくても、真弓監督、久保コーチの投手起用には納得いかないんで、どうあれこうあれ文句は垂れるんですけど。今日は継投が上手くはまったけど、後先考えての継投をお願いしたい。

ヤクルトファンには中日に1ゲーム差に詰め寄られたのもあって、「空気読めよ、阪神!」って声が聞こえなくもないんですが、うちのチームはまったく空気が読めないんで、勝ち越したり、下手すると3タテしてしまう可能性も無きにしも非ずなので、最初にお断り申し上げます。

明日も今日みたいな試合で快勝して欲しい気持ちもあるけど、下手に勝ってしまうと真弓の延命に繋がってしまう複雑さ。…どうすればいいんだ(笑)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース9○3東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・20回戦

【ヤ】●石川−橋本−加藤−松井光−一場
【神】秋山−○西村−筒井−渡辺−藤原−小林宏

【勝ち投手】西村(1勝)
【負け投手】石川(9勝8敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル12号ソロ(4回ウラ・石川)

阪神タイガース通算成績 57勝62敗6分 対スワローズ 11勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
12日ぶり登板の球児がトップ35セーブ目

阪神が連敗を4で止めた。四回に新井の15号2ランと、ブラゼルの11号ソロの2者連続アーチで計3点を先制した。

岩田が要所を締める投球で7回を4安打1失点に抑え、1カ月ぶりの8勝目。八回から継投し、九回は12日ぶりに登板した藤川が3人で抑えて今季35セーブ目を挙げ、広島・サファテと並んでリーグトップに並んだ。

藤川は4位に沈む現状に「全力でやっている結果。厳しいヤジもいただきましたが、前を向いて頑張っていくのが自分たちの使命。阪神選手もスタッフ、監督、コーチの底力はそんなもんじゃないと思っている」と思いを口にした。

中日はネルソンが一発に泣き6回3失点。連勝が2で止まった。(デイリー)


ヤクルトに3タテを食らって、今日から天敵の中日と3連戦。この3連戦での中日の先発予想がネルソン、ソト、チェンと来たもんだから、うわあああああああって思っていたんですが、さすがに3タテを食らって開き直ったか、なるようになるもんですな。

中日先発・ネルソン、阪神先発・岩田とも試合序盤はランナーを出しつつも要所を締めて、両チーム無得点が続きましたが、試合が動いたのは4回ウラ、タイガースの攻撃。先頭のトリのセカンドゴロを名手・井端がエラーすると、迎えるは4番・新井さん。その新井さんの初球、顔面近くを通過するビンボールまがいのボールでのけぞらされると、ネルソンの投じた2球目を怒りのフルスイング!「見たか!ボケ!どや!!!」と言わんばかりの完璧なスイングはレフトスタンドへ先制の2ランホームラン。打線はこのままで終わらず、続くブラがネルソンの初球をフルスイングすると、打球はセンターバックスクリーンへ復帰後初、二者連続ひさしぶりの11号ソロで加点。

ひさしぶりの一発攻勢で岩田を援護するも、岩田に今日最大のピンチが6回に訪れ、ネルソン、井端のヒット、和田のフォアボールで2死満塁のピンチを迎え、好調の谷繁という場面。際どいところを攻め、ボール先行のカウントも最後の決め球にクロスファイア気味のストレートで谷繁を仰け反らせて、見逃し三振で逆転、勝ち越しを許さず。岩田は結局7回もマウンドに立ち、4安打1失点の好投。スタメンマスクの小宮山も岩田のいいところを引き出して、岩田に8月30日以来の8勝目。

岩田の後の継投は8回榎田、9回を12日ぶりに球児が投げ、貫禄の三者凡退にしとめて、連敗を4で止めてゲームセット。

出来ることならホームラン2発のあとに、タイムリーの1本もあれば、もっと良かったんだろうけど、わがままは言いません。勝てたんだから。さぁチェン、ソトを2戦目、3戦目をどう攻略するか、開き直って肩の力を抜いて、試合しなさい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3○1中日ドラゴンズ〜甲子園・22回戦

【中】●ネルソン−三瀬−平井
【神】○岩田−榎田−S藤川

【勝ち投手】岩田(8勝12敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗35セーブ)
【負け投手】ネルソン(8勝14敗)

〜ホームラン〜
【神】新井15号2ラン(4回ウラ・ネルソン)ブラゼル11号ソロ(4回ウラ・ネルソン)

阪神タイガース通算成績 56勝60敗6分 対ドラゴンズ 9勝11敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、榎田が痛恨満塁被弾 自力2位も消滅

阪神がヤクルト・川端の満塁弾に沈み、3位・巨人と3差。自力での2位も消滅した。

2点を追う三回にマートンの3ランで逆転したが、同点とされた直後の六回2死満塁から榎田が川端から痛恨の一発を浴びた。

生涯初のグランドスラムという川端は「びっくりしてます。塁を回っている時も震えてました。まっすぐを狙っていました。たぶん5打点というのも初めてじゃないですか」と最高の笑顔。2番手で登板し、プロ初勝利の日高も「とりあえず0点に抑えたんで、仕事はできたと思います。とにかく打者に向かっていく気持ちでマウンドに立っています」とこちらも満面の笑みだった。

ヤクルトは連勝で2位・中日との2・5差を堅持した。(デイリー)


優勝へ向かってまい進するチームと、目標を見失って試合をこなすだけのチームとの勢いの差は歴然。ヤクルトのヒーローになった満塁ホームランの川端にしてもプロ初勝利の日高にしても、23歳と21歳の若手があんな大仕事をやってのけるんだから、そらチームも盛り上がるし、ベテランの宮本も刺激を受ける。適材適所の起用、小川監督の腹の据わった采配、ウチにはない戦いっぷりにうらやましい限り。

試合は4時間近い試合で、試合の序盤はシーソーゲームで阪神が主導権を握ったこともありました。初回、ヤクルト先発の村中から平野のライト前ヒットを足がかりに、ブラゼルのセンター前ヒットで先制。

直後の1回ウラ、先発のスタンリッジの不安定な立ち上がりを攻められ、青木へのフォアボール、川端のセンターオーバーのタイムリー2ベース、畠山のレフトへの2ランとあっという間にひっくり返されるも、3回には新井さんのフォアボール、ブラのライト前ヒット、マートンがレフトへ逆転3ランを放ったりと、どっちつかずの試合の流れをモノにするチャンスはあったんだけど、ホームランで勝ち越した直後の3回ウラ、青木のヒットと田中の送りバントで得点圏にランナーを背負った場面でスタンリッジはお役御免。2番手の渡辺へ。

せっかくの逆転で立ち直って試合を作ってもらわないと困るスタンが早々にマウンドを降りたら、中継ぎの負担も増えるわ、みんながみんな好投するとは限らないわけで…。その中継ぎもみんなイニングまたぎのイニングの途中での交代。試合が引き締まるわけがない。。

1点リードを保ったまま、なんとか5回まで継投でこらえてきたものの、6回先頭の宮本にセンター前ヒット、飯原に犠打、相川もヒットで続いて、代打の川島慶には4番手・福原を強襲するタイムリー内野安打で同点。なおも1死1・2塁の場面で榎田にスイッチも、青木にデッドボールで満塁にすると、2死から川端に甘く入ったスライダーをライトスタンドへ痛恨の満塁ホームラン。お祭り騒ぎのヤクルトベンチ。なかでも子供のように大喜びな宮本を見てると、優勝を確信したような喜びにも見えました。対する真弓監督はいつものように口をポカーン。もう見飽きた。

4点を追って、7回に新井、ブラゼルの連打で2死1・3塁もマートン凡退。9回も平野のフォアボール、柴田のライト前ヒットで無死1・2塁もトリがセカンド併殺打。最後は新井さんが空振り三振に終わってゲームセット。

先発が早々に崩れ、中継ぎに負担が回り、打線はヤクルトと同じだけのヒットとフォアボールをもらってるにも関わらず、チャンスで生かしきれない。こんな戦い方じゃ、来週の13連戦どころか、今週の6連戦も戦いきれないと思う。

自力2位消滅、3位・巨人まで3ゲーム差。そろそろ来期に目を向けて戦ったほうがいいんじゃないかな。先の見えてる43歳より、未来ある若手で残り試合戦おう。負けても、収穫のある負け試合が見たい。今のような中身のない、情けない負け試合は見たくない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ8●4阪神タイガース〜神宮・17回戦

【神】スタンリッジ−渡辺−藤原−●福原−榎田−西村−小嶋
【ヤ】村中−○日高−押本−松岡−林昌勇

【勝ち投手】日高(1勝)
【負け投手】福原(1勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン12号3ラン(1回オモテ・村中)
【ヤ】畠山22号2ラン(1回ウラ・スタンリッジ)川端4号満塁(5回ウラ・榎田)

阪神タイガース通算成績 55勝58敗6分 対スワローズ 10勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、今季ワーストの21安打許し大敗

阪神が今季ワーストの21安打を浴び12失点で大敗した。

初回、ブラゼルの適時打で先制。さらにマートンが10号3ランで4点を奪ったが、先発のスタンリッジは2回2/3、8安打5失点の大誤算。

広島は三回、代打・バーデンの2点適時打で逆転。五回は木村の適時二塁打などで3点を奪った。先発の福井は3回4失点で降板したが、2番手の今村が3回無失点の好救援を見せた。(デイリー)


幸先はよかったんですよ、幸先は。なのに終わってみれば21安打12失点ってなんだこれ。怒りを通り越して、呆れて笑ってしまう。

初回、平野のライト前ヒット、柴田がきっちり送り、トリがフォアボールを選んで、1死1・2塁。新井さんは三振に倒れ2死になるものの、ブラゼルが低めの球を技ありのライト前タイムリーで先制すると、続くマートンがレフトスタンドへ気合の3ラン!よーい!どんでいきなり4点を奪って、今日ももらった!って全国の虎ファンの99パーセントは思ったはず。なのに、なのに…。

先発スタンリッジは3回もたず、2回3分の2を8安打5失点。初回、松山のタイムリー、栗原のショート併殺の間に1点を奪われ、3回には2死1・3塁の場面で赤松のピッチャーゴロを素手で取りにいったものの、取れずにタイムリー内野安打。流れを変えるためにも2番手・小嶋を投入も、スタンリッジが置き土産で残していった2死1・2塁のピンチを処理するどころか、松本、倉に対して1つしかストライクが取れず、二者連続フォアボールで倉に押し出し。負の連鎖は止まることなく3番手・渡辺も火だるまに。バーデンに2点タイムリー、東出にもタイムリーを食らい、3回終了時で7−4。初回の4得点はなんだったんだと思う3回オモテ。

このあと4番手・藤原が5回に3失点。5番手・筒井は2回を無失点でなんとか凌ぐも、6番手・西村が8回に2失点で終わってみれば、見るも無残な21安打12失点で大敗。

ヤクルトに3タテを食らってからというもの、気が抜けてしまったような試合ばかり。CS圏内の3位・巨人まで1.5と射程圏内にあって、鞭を放って気合を入れなおし、最後の直線を差しきらないといけない場面なのに、この体たらく。まだ30試合も試合もやらなあかんのか…みたいな気持ちでチーム全体が試合に挑んでるようにしか見えない。負けても悔しさが全く見えないチームは終わりじゃ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ12●4阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・19回戦

【神】●スタンリッジ−小嶋−渡辺−藤原−筒井−西村
【広】福井−○今村−青木−豊田−永川勝−サファテ

【勝ち投手】今村(3勝7敗)
【負け投手】スタンリッジ(8勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン10号3ラン(1回オモテ・福井)

阪神タイガース通算成績 54勝56敗5分 対カープ 9勝10敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が巨人に逆転負け、岩田は10敗目

巨人が逆転勝ちで貯金を1とした。0‐1の六回にラミレスの右線適時二塁打で2点を奪い逆転。七回には代打・谷の中前適時打で1点を追加。八回には2死満塁から坂本が2点中前適時打を放ち、突き放した。先発のゴンザレスは六回途中、右足を痛め1失点で降板。以降は小刻みなリレーでつないだ。決勝打のラミレスは「あのシチュエーションは何とかヒットを打って走者をかえすことを考えていた。残り試合、全力を尽くしてプレーしていきたい」と話した。

阪神は好機に3併殺打と拙攻が響いた。岩田は6回2失点で10敗目。(デイリー)


岩田が投げると援護がないね。今日の負けで10敗目(6勝)。10敗のうち何度3失点以内で降板しているだろう。勝ち星と負け星が逆でもおかしくないし、逆になってないとおかしい。

6回を投げて4安打6奪三振2失点で負け投手。5回までは相手を寄せ付けないピッチング。6回もヒットとフォアボールからラミレスにライト線へ逆転2点タイムリーを放たれるも、これが唯一の失点。後続をきっちり抑えて打線の援護を待ちましたが、如何せん打線が打たない…打てない。

巨人の7安打を上回る2桁11安打を放つも2得点って寂しいね。得点シーンは2回に新井さんのセンター前ヒット、ブラゼルのセンターオーバーのヒットでチャンスメイクから、セキのサードゴロの間に得点した1点と、8回の上本、セキの連打から俊介のサードゴロの1点、計2得点。

他にも3回に1死1・2塁、5回に1死1・2塁、6回1死1・2塁
、7回2死1・2塁の4度のチャンスがあったけれど生かすことが出来ず…。このうち3度のチャンスで4番・新井さんが凡退。三振、ショート併殺、サードゴロ。好機で迎える4番ほど嫌なものはないけど、他球団からしてみれば、新井さんに回ったほうがシメシメといったところかな。とりあえずアウトコースにスライダーでも投げておけば、高い確率でひっかけてサードゴロを打ってくれるだろうなんて算段があるだろうし。巨人の4番・ラミレスも大して打率は高くないけど、やっぱり勝負強いし打席に立たれると怖い。対して新井さんは打ってくれたら儲けモノくらいにしか見れない。04年から約6年間勝負強い打撃で4番を張り続けたアニキ金本は偉大だね。

新井さんが不調なのに加えて、2回のセンターオーバーのヒットの走塁中にブラゼルが右太ももの故障で離脱するし、明日以降の戦いが今以上に苦しくなるんじゃなかろうか。真弓阪神の初心に戻って明日から4番・レフト金本、5番・サード・新井でいくか!?
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ5●2阪神タイガース〜東京ドーム・15回戦

【神】●岩田−小嶋−渡辺−藤原−福原
【巨】ゴンザレス−○高木−ロメロ−山口−S久保

【勝ち投手】高木(1勝1敗)
【セーブ】久保(3勝1敗11セーブ)
【負け投手】岩田(6勝10敗)

阪神タイガース通算成績 45勝47敗3分 対ジャイアンツ 8勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連敗でストップ、ブラ100号

阪神が連敗を3で止めた。一回、鳥谷、新井の連続適時打で2点を先制。二回に1点差とされたが、五回、マートンの左越え8号ソロで追加点を挙げた。七回にも1死満塁から鳥谷が押し出し四球。八回にはブラゼルが通算100号となる10号ソロを放った。

横浜先発の清水は六回途中3失点降板。(デイリー)


勝つには勝ったけど、どうもスッキリしない勝ち方で…スッと勝てないかな。磐石の態勢で王者の勝ち方ってやつでさ。

打線は初回に平野のレフト線への2ベース、トリのライト線タイムリー2ベース、新井さんのライト前タイムリーで幸先よく2点を奪い、5回にはマートンのひさしぶりの一発も飛び出し、先発の久保の好投に賭けるところでしたが、今日の久保はイマイチ。

2回にハーパーのレフト線2ベース、金城のセンター前ヒット、藤田のライト線タイムリー2ベースで1点を奪われ、以降も毎回のようにランナーを背負うも6回途中まで投げて8安打2失点と悪いなりにも最小失点で抑えたのは久保のすごいところ。若手は久保の投球術からどんどん学ぶべし。

1点に迫られた7回には横浜の中継ぎ陣がナイスリリーフ!先頭の藤井にフォアボール、代打の柴田が得点圏へ送り、マートンフォアボール、平野フォアボールで1死満塁になると、トリが押し出しのフォアボールを選び4点目を手に入れ、なおも1死満塁で新井さんでしたが、ショート併殺打。何度見ただろう、チャンスで新井さんの併殺打(笑)どうでもいいところで打つんじゃなくて、トドメの1点が欲しいところでしっかり決めて欲しい。8回にはチャンスで打てない新井さんの代わりにブラがライトスタンドへ通算100号となる10号ソロで5点目を奪い3点差。

8回からは小林宏。先頭の金城を簡単に討ち取るも、藤田、稲田、渡辺に3連打を食らって1点差、なおも1死1・2塁のところで渡辺へスイッチ。この交代が功を奏し、後続をピシャリ。ナベ、ナイスピッチング!9回は球児が吉村、村田から連続三振を奪うと、最後はハーパーをキャッチャーフライにしとめてゲームセット!

今日の反省点は打線は7回の1死満塁で新井さんがトドメを刺せなかったこと、その前の6回のセキの併殺も然りだけど、相手がフォアボールで自滅してランナーを与えてくれるのに、それを助けていては…。投手陣では8回の小林宏の不甲斐なさ。8月になってから投げるたびに失点するシーンが目立つ。今日のように渡辺を8回に投入するほうが今後のためだと思う。

明日勝って、5割に戻そう。チャンスでの併殺、中継ぎ投手の見極め、エラー等、最近目立つミスは明日は見たくない。スッキリした勝ち試合を見せてくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ3○5阪神タイガース〜横浜・15回戦

【神】○久保−小嶋−榎田−小林宏−渡辺−S藤川
【横】● 清水−大原慎−福山−篠原−真田−山本−大沼

【勝ち投手】久保(6勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗28セーブ)
【負け投手】清水(2勝4敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン8号ソロ(5回オモテ・清水)ブラゼル10号ソロ(8回オモテ・真田)

阪神タイガース通算成績 45勝46敗2分 対ベイスターズ 8勝6敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が4月23日以来106日ぶりの貯金

阪神が3連勝で4月23日以来106日ぶりの貯金1とし、首位・ヤクルトとのゲーム差を5とした。0‐2の三回2死満塁、ブラゼルが走者一掃の中越え二塁打を放ち逆転。五回には新井が左越えに10号2ランを放った。先発の鶴は二回途中2失点。その後は6投手の小刻みな継投で無失点リレー。六回無死満塁を無失点に抑えた5番手の小嶋は「とりあえず1つ1つアウトを積み重ねていこうと思った。何とか抑えられてよかった」とお立ち台で話した。

ヤクルトは4連敗。六回、無死満塁の好機に無得点が響いた。(デイリー)


夢の貯金生活に6度挑戦するも、そのたびに跳ね返されてきたタイガース。3連戦の頭2つを取っても、なかなか3つ目が取れないタイガース。そんな状況で先発が不安定な鶴と来たから、んーっと思ったんだけど、打線の執念と、中継ぎ陣の踏ん張りが光った。

その問題の先発の鶴の立ち上がりが最悪。初回こそ先頭バッターを出しつつも、続く青木をショート併殺に打ち取って難を逃れたけど、2回は先頭の武内へストレートのフォアボール、川端に得点圏へ送られ、田中にはレフト前へポトリと落ちる先制タイムリー。なおもピンチは続き、ピッチャーの増渕にはショートタイムリー内野安打、川島慶にライト前ヒット、青木にフォアボールで2死満塁。ボールが高く、キレがなく、なにをしに出てきたのかと…。ここで真弓監督はしびれをきらして2番手・渡辺へスイッチ。

打つほうで初回に先頭の平野が右中間へ3ベースを放ち、続く上本がサード内野安打も、トリのセンターフライがヤクルトの攻守に阻まれ、犠牲フライになるどころかまさかのゲッツーになったり、流れ的に嫌なモノを感じてたんだけど、ナベが素晴らしかった。一発のある畠山を見逃し三振にしとめ、ビシッとピンチを絶ってくれた。

ヤクルトへガタガタっと傾きそうな流れをナベが押し戻してくれたおかげで、3回にチャンス到来!1死から平野がセンター前ヒット、上本がライト前ヒット、トリがフォアボールを選んで、4番の新井さん…でしたが、増渕の荒れ球に手を出しあえなく空振り三振で2アウト。ちょっとここで増渕はホッとしたことはないだろうけど、続くブラには甘かった。初球を叩いた打球はもう少しで満塁弾になる右中間走者一掃の3点タイムリー2ベースで逆転すると、続く金本はライト前ヒット、当たりからしてやや強かっただけに本塁生還は難しいと思うも、ブラは本塁突入であえなく憤死。一気に畳み掛けて試合を決めたい場面で、あの指示はどうかと思う、山脇コーチ。

ブラの一振りで勝ち越して、流れはタイガース。5回オモテからは4番手・西村が登板もトリのエラーと畠山のライトへの2ベースで同点に追いつかれそうになるも、青木の不味い走塁と内外野の連係プレーと藤井のブロックで同点を阻止。

ピンチのあとはチャンスありでトリのフォアボールから前打席で凡退した新井さんが名誉挽回の一振り!打球はレフトスタンドへ吸い込まれる10号2ラン!素晴らしい快音とともにバットを放り投げる仕草、そしてドヤ顔。余程気持ちよかったのか、ベンチ、試合後と終始ニヤニヤ。来週からの中日3連戦、ヤクルト3連戦でも4番の活躍をお願いしたいところ。

新井さんの一振りでリードを広げるも5回から引き続いてマウンドの西村が6回に大ピンチを演出。川端にライト前ヒット、田中にフォアボール、相川にショート内野安打で無死満塁にすると、最悪の状況で5番手・小嶋にバトンが渡ると、2番手のナベに負けじと小嶋も大仕事。代打の宮本をショートフライ、川島を三振、青木をショートゴロにしとめるナイスリリーフ!小嶋の内容はいいし、榎田が帰ってきたら、阪神中継ぎ課はここから鬼に金棒状態になってしまう予感だ。

ナイスリリーフの小嶋が7回も投げ、8回を小林宏、9回を球児が締めて、今季2回目の3タテをヤクルトに食らわす大快挙でゲーム差は一気に5ゲームへ!そして4月23日以来106日ぶり、待望の貯金1!試合序盤はどうなることかと思ったけど、諦めない姿勢はやっぱ大事やね。

さぁ次は鬼門・ナゴヤで中日3連戦。そして神宮でヤクルト3連戦。調子が落ち気味の中日、ヤクルトとここは一気に白星を量産できるチャンス!来週末は面白いことになってるといいけど、さぁどうなる!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5○2東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・8回戦

【ヤ】●増渕−赤川−松岡−押本−久古
【神】鶴−○渡辺−福原−西村−小嶋−小林宏−S藤川

【勝ち投手】渡辺(3勝1敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗24セーブ)
【負け投手】増渕(5勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】新井10号2ラン(5回ウラ・松岡)

阪神タイガース通算成績 41勝40敗2分 対スワローズ 6勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
巨人が今季3度目のサヨナラ勝ち

巨人が今季3度目のサヨナラ勝ち。2‐2の九回、先頭の古城が藤川から右翼席に1号本塁打を放った。1‐2の八回、高橋由が2試合連続の6号ソロを放ち、同点としていた。自身初のサヨナラ本塁打を放った古城は「初球を見て、速いなと思った。バットを短く持って基本的なことをしました」と振り返った。

阪神は借金1に逆戻り。1点を追う六回、ブラゼルの適時二塁打で同点。七回、代打・桧山の適時打で勝ち越したが、八回に小林宏が同点ソロを浴び、九回は藤川が打たれた。(デイリー)


夢の貯金生活への挑戦も、またも失敗。

先発は2試合連続完投中のスタンリッジ。毎回のようにランナーを背負うピッチングも3回2死満塁のピンチはラミレスを空振り三振に討ち取るなどして、なんとか踏ん張っていたスタン。そのスタンは5回に失点。2死から藤村にヒット&二盗で得点圏へ進められると、長野がライト前へタイムリーで先制点。

しかし、この先制点でゲームが動きだし、すかさず阪神打線が6回1死から平野、トリの連打からブラゼルの右中間へのタイムリー2ベースで同点。7回には先頭の金本がライト線へ2ベースを放ち、藤井が送り、代打の桧山がライトへ勝ち越しタイムリー!続く、マートンはレフト前ヒット。レフト・ラミレスの緩慢な守備を突いて、桧山の代走・上本が一気に3塁を陥れる攻走塁。隙あらば、貪欲に塁を奪いにいく姿勢…ええで!

勝ち越した7回には渡辺が抑え、8回は小林宏、9回を球児と勝利の方程式で巨人をねじ伏せる予定…でしたが、小林が高橋由に初戦のVTRを見てるかのようなホームランを左中間スタンドへ。9回には球児が同点の場面で投入も前打席の走塁で大チョンボを犯した古城が汚名返上のサヨナラ弾をライトスタンドへ打たれ、G・エンド。

コバヒロの一発、球児の一発はやってはいけない点数だけど、取らなければならない点数を取れなかったのもまた痛かった。6回オモテのブラゼルの同点タイムリーの場面、平野は生還したものの、1塁走者の新井さんが3塁でストップしてしまったのがひとつ。7回に勝ち越し、マートンのヒットから上本の攻走塁で1・3塁にした場面で平野のセーフティーなのかスクイズなのか、意味不明なバント攻撃。イケイケドンドンの中でミスミス1アウトを巨人にくれてやるほど、馬鹿なことはない。ああいうプレーが最終的に流れが巨人にいってしまった要因だろうね。

ヤクルト追撃にうつつをぬかしてる間に、振り向けば3位・広島がジワリ0.5ゲーム差。前回の横浜戦然り勝つべく試合を見えないミスから落としてるのが気になる。基本に返って、3つ目は必ず勝って勝ち越せ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

読売ジャイアンツ3×●2阪神タイガース〜東京ドーム・14回戦
(9回サヨナラ負け)

【神】スタンリッジ−渡辺−小林宏−●藤川
【巨】トーレス−ロメロ−山口−久保

【勝ち投手】久保(3勝1敗3セーブ)
【負け投手】藤川(3勝1敗22セーブ)

〜ホームラン〜
【巨】高橋由6号ソロ(8回ウラ・小林宏)古城1号ソロ(9回ウラ・藤川)

阪神タイガース通算成績 38勝39敗2分 対ジャイアンツ 8勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、スレッジに3発浴びて逆転負け 

横浜が逆転勝ち。2‐4の七回、スレッジが今季2度目の満塁本塁打で逆転。6‐4の八回にも2打席連続、この日3本目の3ランで突き放した。スレッジは3本塁打含む5安打8打点の大活躍だった。

阪神は先発の鄭凱文が3回8安打2失点で降板。四回から2番手の小嶋が粘ったが、4イニング目の七回に捕まった。打線はブラゼルが21試合ぶりの8号2ラン、9号ソロと気を吐いたが失点が重すぎた。(デイリー)


甲子園行ってきました。試合前には亡くなった伊良部さんに対して、みんなで黙祷を捧げ、天国にいる伊良部さんへ弔いの勝ち星をプレゼントしなければ…と球場はそんな雰囲気だったんですが。

先発マウンドは鄭。立ち上がりから制球が不安定で常に得点圏にランナーを背負った状態でのマウンド。2回を終わった時点で5安打ピッチング、球数も50球を超え、捕まるのも時間の問題と思われた3回。スレッジの先制ホームランを許すと、村田が2ベース、ハーパーにタイムリーを打たれ、この回2点。とにかく鄭のテンポが悪く、横浜の攻撃が長い。あれでは見てるほうはもとより、守るほうもだれる。

4回からは2番手に小嶋。鄭とは打って変わってテンポよく、キレのいいストレートで横浜打線をあっという間に3人で終わらせると、流れが阪神に来ていました。1点を追う4回、先頭の新井さんがフォアボールを選ぶと、ブラゼルが久しぶりの9号2ランホームランをライトスタンドへ放り込み逆転すると、なおも上本がヒット&二盗を決め、攻撃に勢いをつけると、藤井が左中間へタイムリー2ベースを放って、もう1点追加で、4−2。

投げては2番手の小嶋が5回、6回と抑え、このまま逃げ切り体制へ突入!と思われた7回。小嶋のピッチングが一変。天国から地獄へ。先頭の一輝、下園に連打を許し、石川にフォアボール。そして迎えるはスレッジ。満塁に強いイメージがあっただけに嫌な感じはあったんですが、それが現実に。スレッジの一振りはライトスタンドへ逆転満塁弾。6回に比べると明らかに球威が落ちていた小嶋。6回は左打者が続くし、7回に小嶋に打順が回ってくるのもあって引っ張ったんだろうけど、大裏目。思い切って代えてれば。。。

傾いた流れは変えることが出来ず、8回に再び悪夢。マウンドには4番手・川。1死から下園にフォアボール、石川にヒット、そしてまたもスレッジ。初球を叩いた打球はセンター・平野の遥か頭上をいくトドメの3ラン。。今日のスレッジは一人で3ホームランを含む5安打8打点。打たれた投手陣も悪いけど、リードする藤井にも問題は大有りだったと思う。ホームランは防げる失点、ひとりに3ホームランを打たれる配球はどうだったのか猛省して欲しい。

打線は9回、横浜6番手・真田から先頭のブラゼルが今日2本目のホームランを右中間スタンドへ叩き込むと、続く俊介がヒット、上本がフォアボールを選び、無死1・2塁。にわかに球場の雰囲気が盛り上がってくると、横浜の守護神・山口を引きずりだすまでに。イケイケの雰囲気で代打・柴田はフルカウントまで粘るも三振。続くは代打・桧山。左中間へいい当たりを飛ばすも、スレッジがダイビングキャッチ。抜けていれば完全に走者一掃の当たり。大して守備の上手くないのに、昨日ばっかりは…。最後はマートンがライトフライに倒れ試合終了。

金曜日の試合といい、土曜日の試合といい、勝ててた試合をミスミス落として、貯金生活どころか借金は2。最下位相手にもたついているようじゃヤクルト追撃どころか、下位球団の仲間入り。もう一度ふんどしを締めなおして、気合入れて戦え。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース5●9横浜ベイスターズ〜甲子園・13回戦

【横】須田−大原慎−○藤江−江尻−牛田−真田−S山口
【神】鄭−●小嶋−渡辺−川崎−西村

【勝ち投手】藤江(1勝)
【セーブ】山口(1勝2敗19セーブ)
【負け投手】小嶋(1敗)

〜ホームラン〜
【横】スレッジ15号ソロ(3回オモテ・鄭)スレッジ16号満塁(7回オモテ・小嶋)スレッジ17号3ラン(8回オモテ・川崎)

【神】ブラゼル8号2ラン(4回ウラ・須田)ブラゼル9号ソロ(9回ウラ・真田)

阪神タイガース通算成績 36勝38敗2分 対ベイスターズ 6勝6敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
代打・前田智に…阪神借金2で前半戦終了

広島が逆転勝ち。1点を追う七回、2死三塁から石原の適時内野安打で同点。八回は1死満塁として、代打・前田智が高いバウンドのゴロで前進守備の二塁手の頭を越す適時打を放ち、2点を勝ち越しした。

前田健が8回1失点で5勝目。サファテはリーグ最多の22セーブ目。

阪神は六回、1死一塁からブラゼルの右中間二塁打で先制したが、打線はこの1点のみ。好投の岩田が終盤につかまった。借金2で前半戦を終えた。
(デイリー)


オールスター前最後のゲーム、今日勝てば5割で借金完済という試合でしたが…もったいない試合でした。

タイガース先発は今日一軍登録された久保の予想もありましたが、順番どおりに岩田がマウンド。立ち上がり、先頭の赤松にヒットを食らうも、藤井の強肩で盗塁刺もあったりと波に乗っていけそうな立ち上がり。岩田の最初のピンチは3回、山本とマエケンのヒットで1死1・3塁という場面がありましたが、赤松、木村を斬って取り無失点。5回にも小窪、山本のヒットで無死1・2塁という場面もマエケンの3バント失敗などもあり、相手の拙攻に助けられる、いいのか悪いのかわからないマウンドでしたが、序盤はまずまず。

打線はカープ同様拙攻が目立った。初回、マートンのレフト前ヒット、平野のデッドボールで無死1・2塁もクリーンアップから快音聞こえず。3回もマートンのヒット、トリのフォアボールで2死1・2塁も新井さんは引っ掛けられてサードゴロ。チャンスを作るもなかなか本塁に手が届かない状況でしたが、6回に先制点!1死から新井さんがレフト前で出塁すると、ブラが右中間へタイムリー2ベース!1塁から新井さんが激走に次ぐ激走でホームイン!続く、セキもマエケンのストレートを叩いて左中間へ長打!ブラも必死に本塁を目指すも石原のブロックに阻まれ憤死。2死ながらもなお2塁で金本もショートフライで、この回1点どまり。

ピンチを最小失点で潜り抜けたカープは7回に石原のショートタイムリー内野安打で同点にすると、8回には1死満塁から代打の前田智がセカンドのセキの前進守備を突いたバウンドの大きいタイムリーヒットが2点タイムリーになり、これが決勝点。

石原にしても、前田智にしても討ち取ってる打球なだけに普通の守備陣形だったらどうだっただろうと。運とツキに見放された感じかな。まぁその前に初回や6回のチャンスで1点でも2点でも、取れる時に取っておけ!という話なんだけど。詰めが甘いのは今に始まったことじゃないけど、後半戦は泥臭く、必死になって1点を取りに行こう。

新潟では中日が巨人にサヨナラ負けを食らって、昨日と同じく同率2位、借金2つで仲良くターン。後半戦、首位・ヤクルトを脅かすのは中日なのか、阪神なのか、それとも他の球団なのか。5割ターンで前半戦を終えたかったけど、借金11もあったことを思えば、まずまずかな。後半戦早々に借金を返して、ヤクルトを追走したい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ3●1阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・10回戦

【神】●岩田−小林宏
【広】○前田健−Sサファテ

【勝ち投手】前田健(5勝6敗)
【セーブ】サファテ(1勝1敗22セーブ)
【負け投手】岩田(5勝7敗)

阪神タイガース通算成績 34勝36敗1分 対カープ 5勝5敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
猛虎3連勝、スタンリッジ完封7勝

阪神が3連勝。初回、ブラゼルの左中間2点二塁打で先制。三回はブラゼルの左前適時打、藤井の左中間への適時二塁打などで3点を奪った。スタンリッジが完封で7勝目を挙げた。試合後「野手のみなさんがよく守ってくれた。打線も勝つのに十分な点を取ってくれた」とナインに感謝した。

広島の先発・福井は立ち上がりから制球が甘く、7安打を浴びて3回5失点で降板。打線も元気なく4連勝でストップした。(デイリー)

横浜に2試合連続の二桁安打、二桁得点を食らわし、いい勢いを保ったまま広島へ乗り込んだ今日の一戦。打線は水物とは言うけど、今の阪神打線はホンモノの打線だ。

広島の先発は福井。初回、マートン・平野と簡単に討ち取られて2アウトになるも、トリにはストレートのフォアボール。続く新井さんもレフト前ヒットで繋いで、ブラが福井の速球に逆らわず綺麗に左中間を抜く2点タイムリー2ベースで先制!3回には1死から新井さんのライトへの2ベース、ブラの2打席連続となるレフト前タイムリー、セキがフォアボール、金本はセカンド併殺も相手の悪送球で併殺にならず1点追加、そして男前・藤井がレフトへタイムリー2ベースを放って序盤で試合を決める5得点目。

投げては「夜の帝王」スタンリッジ。低めに決まる伸びのあるストレートで4回まで1安打4奪三振。5回以降は4回までとは対照的に常に得点圏にランナーを背負ったピッチングでしたが、ピンチにも動じる気配なく最後まで力強いピッチングを貫いて、今季2度目の完封勝利!女房役の男前・藤井のリードには以前、よく首を振っていたそうですが、今ではそんなこともなく息ピッタリでスタンはこのコンビがお気に入りだとか。お気に入りといえば、カープにこれで3勝目。鯉キラーと化したスタンの顔はカープの面々は見たくないだろう。

3連勝で借金はついに1。明日、明後日で完済、貯金生活も見えてきたけれど、台風6号が接近中ということで今日の試合が実質オールスター前最後の試合かな?マエケン、バリントンといったところを打ち崩して、打線の勢いを見たかったけどね。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ0○8阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・9回戦

【神】○スタンリッジ
【広】●福井−ジオ−上野−青木−豊田

【神】スタンリッジ(7勝2敗)
【広】福井(4勝6敗)

阪神タイガース通算成績 34勝35敗1分 対カープ 5勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
6番降格の阪神・新井が執念の決勝打

阪神がスタンリッジ、藤川の継投で1点差を逃げ切った。1点を追う六回、2死一塁から4番・マートンの中前打で一、三塁とし、まずブラゼルの右前打で同点。さらに新井の中前打で勝ち越した。先発・スタンリッジは8回1失点の力投で4連勝で今季6勝目。

ファンの大声援を背に受けた新井は「本当にうれしかったし、ホッとしています。チーム全体で勝つことができてよかった。(ファンの声援に)いつも勇気づけられています。ありがとう」と頭を下げた。

巨人は一回、長野が左越えに10号ソロを放ち先制したが、先発・グライシンガーが六回に痛打を浴び、連勝は3でストップ。(デイリー)


オールスター前の試練である怒涛の9連戦の幕開けは甲子園に巨人を迎えて3連戦。巨人は前カードの広島を3タテして乗り込んできたけれど、広島と阪神では格が違うで!そう簡単に勝たせるかい!

タイガースの先発はスタンリッジ。立ち上がりいきなり長野に一発を食らうも失点はこの1点のみ。ヒットもこの一発を含めての8回3安打ピッチングと抜群の安定力。初回の失点以外のピンチといえば、8回1死から藤村に打たれた2ベース。下位から上位へと回る巨人打線でしたが、亀井、坂本を連続三振でピンチ回避。ストレートを主体にスライダーを決め球に巨人打線を手玉に取って、これで4連勝の6勝目。スタンの「夜の帝王」っぷり発揮やね!

打線は1点を追う6回、セキのショート内野安打で出塁すると、マートンのセンター前ヒットで1・3塁にして、ブラがライト前タイムリーを放って同点にすると、続く新井さんが初球をセンター返しで勝ち越しタイムリー!新井さんはまだまだ本調子じゃないだろうけど、ボチボチヒットが出だして打点がつけば、本来の新井さんに戻るんじゃなかろうか。しかし、巨人先発のグライシンガーの前に、3安打に抑えられてたけれど、この1チャンスを見事モノにしての勝利!この野球が出来れば、借金完済もそう遠くはないね!

明日の先発は鶴。3度目の正直か、2度あることは3度あるのか!?前回は打線の援護がありつつも試合を作れず負け投手。鶴の恩返しとばかりに巨人打線をねじ伏せて欲しいぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2○1読売ジャイアンツ〜甲子園・10回戦

【巨】●グライシンガー−高木−久保
【神】○スタンリッジ−S藤川

【勝ち投手】スタンリッジ(6勝2敗)
【セーブ】藤川(2勝18セーブ)
【負け投手】グライシンガー(1勝4敗)

阪神タイガース通算成績 30勝33敗1分 対ジャイアンツ 6勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3位浮上、スタンリッジ5勝目

阪神が3位浮上。二回にブラゼルの6号2ランで先制した。1点差の五回には平野の右前適時打、押し出し四球などで3点を追加。九回にはブラゼルの2本目の本塁打も出た。スタンリッジは8回3失点で5勝目。

広島は福井が大乱調。五回には押し出し四球など制球を乱し、5失点で途中降板した。打線は四回に岩本の適時打、八回には丸の適時三塁打などで粘りは見せた。(デイリー)


今日から富山、福井で広島との北陸シリーズ。広島は野村監督が先日の試合で審判への暴行行為で2試合の出場停止処分を食らっているということで、少なからず試合に影響があるだろうからこのカードは連勝で終えたいところ。

タイガース先発は夜の帝王・スタンリッジ。ストレートが走り、変化球も打者の手元でいい具合に変化し、序盤の1・2・3回といずれも三者凡退で乗り切る上々の立ち上がり。

スタンリッジがいい立ち上がりを魅せてくれると、打線も早いイニングから援護射撃。2回先頭の新井さんが振り逃げで出塁すると、ブラゼルがセンターへ6号先制2ラン!5回には先頭の藤井がフォアボールを選び、スタンリッジは送りバントも相手ピッチャーのエラーで出塁し、続くマートンはセンター前ヒットを放って無死満塁。平野は粘りに粘ってライト前タイムリー。トリはストレートのフォアボールで押し出しとなって、広島は福井から上野へスイッチ。新井さんが倒れるもブラがセンターへ犠牲フライを放って、この回3得点目。

6回には先頭の藤井がライトオーバーの2ベースを放ち、2アウトから平野がセカンドゴロも栗原が取れず、このエラーの間に1点追加。9回にはブラが今日4安打目となる当たりを左中間へトドメの7号ソロホームラン!今日のブラは大当たりの4打数4安打4打点!打率も2割8分目前、ホームラン、打点と量産体制に入った感じで、去年のブラゼルが帰ってきたぞ!

先発のスタンリッジは4回以降、ヒットや四死球で毎度のようにランナーを背負うも8回を投げ終え、105球5安打3失点と及第点。8回の2失点がなければ完投もあったかも…というところでしたが、スタンリッジらしいナイスピッチングでした!

9回は榎田が2アウトを取ったところからフォアボールとヒットでランナーがたまったところで球児へスイッチ。その球児も東出にタイムリーを打たれ3点差に迫られるも、最後は梵を空振り三振に仕留めてゲームセット!

マートン、平野、トリ、ブラ、セキが打って、あとは4番の新井さんが打ってくれるのみ。新井さんが打ち出すと打線は手がつけられなくなるんだけど…新井さん頼むで!ガンバレ新井さん。

※今朝、遠征先の宿舎でチーフスコアラーの渡辺長助チーフスコアラーが心筋梗塞のため亡くなられたとのこと。選手生活は短かったものの、裏方として長い間タイガースを支えてこられた方ということで、今日の勝利は弔いの勝利になったんじゃないでしょうか。ご冥福をお祈りします。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ4○7阪神タイガース〜富山・7回戦

【神】○スタンリッジ−榎田−S藤川
【広】●福井−上野−ソリアーノ−岸本−永川勝

【勝ち投手】スタンリッジ(5勝2敗)
【セーブ】藤川(1勝16セーブ)
【負け投手】福井(3勝4敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル6号2ラン(2回オモテ・福井)ブラゼル7号ソロ(9回オモテ・永川勝)

阪神タイガース通算成績 24勝28敗1分 対カープ 4勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・能見の対巨人戦連勝8で止まる

巨人に8連勝中の能見が5回3失点。この誤算が響き、阪神が巨人戦の3タテを逃し、再び4位に転落した。4点を追う阪神は九回に反撃。無死一、二塁からブラゼルが中前打。続く林も右前に運び2点差としたが、反撃もそこまで。

巨人は先発の沢村が7回6安打無失点で4勝目。沢村は敵地のファンの前で「僕はここ(甲子園)の応援、意外と嫌いじゃないんで…。巨人、阪神ファンとも応援が素晴らしいです。チームが苦しい状況で勝てる投手になりたいです」とクールに言い切った。

攻撃は4番のラミレスが2打点の活躍。四回にはスタメン復帰の脇谷が、2点適時三塁打を放った。(デイリー)


9回の反撃は追いつきはしなかったけど、次に繋がる反撃。チーム状態が悪いときにはあんなに打線が繋がることもなかったのでね、来週以降も希望の持てる戦いをしてくれるんじゃないかと。

タイガース先発は巨人戦8連勝中、エース・能見を立てて3タテを目論むも、如何せん今日は調子があまりよくなかった。立ち上がり、先頭の坂本にフォアボールを与え、長野にセンター前ヒット、ラミレスにレフト前タイムリーを食らい、あっさり先制。4回には2アウトから谷に3塁線を抜かれる2ベースから阿部を敬遠し、くそったれ脇谷に左中間を破られる2点タイムリー3ベース。センターの柴田も落下点へ懸命に入っていったものの、あと少しのところで抜かれてしまった。今日の能見はストライクとボールがはっきりしていたところがあって、三振も3つだけ。5回を6安打3失点と、らしくない内容でした。

打線は巨人先発・澤村に対してヒットは出るも、2回に得点圏を進めた以外はなかなか打線を繋ぐことができず、打線がやっと反撃に出れたのは最終回。巨人のマウンドには3番手のアルバラデホ。先頭のトリがライト前ヒット、続く新井さんがレフト前ヒットでチャンスメイクすると、ブラがセンター前タイムリーを放ち3点差。なおも無死1・3塁で林ちゃんがライト前タイムリーを放って2点差。一気呵成でサヨナラへ持ち込みたいところで巨人は4番手・山口へ。代わり端、代打の岡崎はバントも無死1・2塁のランナーを進められず、次の浅井は思い切りよく流し打つも小笠原の正面のファーストライナー。そして左キラーの良太はフルカウントまで粘るもショートゴロに倒れ、ゲームセット。

今日は上位のスワローズ、ドラゴンズともに負けているので、少しでもゲーム差を縮めておきたかったけど…。今日の負けで3位転落で借金は再び6。3タテを決めれれば一気に連勝街道に入れるんだろうけど、巨人も必死のパッチだから難しいやね。

週明けは広島の北陸シリーズと倉敷、甲子園で横浜3連戦。交流戦前は広島、横浜とも好調で、貯金を作るどころか横浜には借金が3つもある状況なだけに、やや落ち気味の両チームを叩いておきたい。週末には久保も帰ってくるような話も聞くので、7月攻勢へいい戦いをお願いしたいと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2●4読売ジャイアンツ〜甲子園・9回戦

【巨】○澤村−久保−アルバラデホ−S山口
【神】●能見−福原−川崎−久保田

【勝ち投手】澤村(4勝5敗)
【セーブ】山口(2セーブ)
【負け投手】能見(3勝6敗)

阪神タイガース通算成績 23勝28敗1分 対ジャイアンツ 5勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連勝で3位浮上 7連勝中の内海止めた

阪神が3連勝で5月12日以来の3位に浮上した。0‐1の二回2死一、三塁からメッセンジャーの中前適時打で同点。四回にブラゼルの5号ソロで勝ち越した。五回には鳥谷の右前適時打、七回にも1点を追加した。メッセンジャーは5回2/3を2失点で4勝目。藤川はリーグトップの今季15セーブ目。

巨人・内海が6回1/3を4失点で連勝は7でストップ。守りのミスも相次ぎ、Bクラスに転落した。(デイリー)


ソフトバンクの10連勝を止め、ダルビッシュの無得点記録&8連勝を止め、そして内海の8連勝&10勝目を阻止。今年のタイガースは記録ストッパーよ!そして借金は5つあるけど、5月12日以来の3位浮上!チームも3連勝とノリノリやで!巨人は内海を立ててなにがなんでも今日の試合を取りにきたのに…誤算やね。内海を特に意識したこともなければ、怖いこともない。

タイガース先発はメッセンジャー。初回、亀井のヒット、阿部へのフォアボールからラミレスにセンターへ先制タイムリーをはじき返されるも後続をピシャリ!2回以降は立ち直り、安定感のある投球で2、3、5回と三者凡退で試合を進める好投っぷり。その好投っぷりを乗せた打線も取られたら即反応。メッセンジャーも打ってくれました。

打線は1点を追う2回、1死からセキのショートゴロを巨人・坂本の悪送球で出塁すると金本もフォアボールを選び、2死からメッセンジャーがセンターへ同点タイムリー。4回にはブラゼルが約1ヶ月ぶりの一撃を左中間スタンドへ5号勝ち越しホームラン!ブラ自身は手応えがなかったらしいけど、ブラらしいライナー性の打球。あの打撃がライトへレフトへもう少し角度のある打球が上がればええねんけどね。ブラもこれから乗ってくよ。乗ってもらわないと。5回にもマートン、平野、鳥谷の3連続ライト前ヒットで1点を返し、先制、中押しといい感じ。

いい感じでピッチングを続けていたメッセンジャーは6回先頭の亀井にライト線への2ベースをきっかけ、ラミレスにもライト前ヒットで続かれ、長野にセンターへ1点差に迫られる犠牲フライを打たれたところでベンチは榎田にスイッチ。小笠原にヒットを打たれて1・2塁になるもライアルをサードフライにしとめピンチ脱出。榎田は7回もしっかり抑えて、甲子園のマウンド仁王立ち!

榎田の好投に応えるように打線も7回に1点を奪い、8回を小林宏、9回を球児と磐石リレーで繋ぎ、最後はトリの華麗なファインプレーでゲームセット!

勝ったのはいいけど注文をつけると7回の1死満塁で1点、8回の1死2・3塁で無得点だったのは寂しいな。ここで更なるトドメを刺せれば明日の戦いも有利になったのに。。まぁ今日の勝利はタイガースらしい勝利っちゃあ勝利なんやけど。

今日の勝利で3位浮上も今は順位云々じゃなく、まずは借金完済&5割復帰。貯金が出来てから上を向いて順位云々を考えましょか。さぁ明日は今季初めての同一カード3連勝いくで!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○2読売ジャイアンツ〜甲子園・8回戦

【巨】●内海−越智−山口−ロメロ
【神】○メッセンジャー−榎田−小林宏−S藤川

【勝ち投手】メッセンジャー(4勝1敗)
【セーブ】藤川(1勝15セーブ)
【負け投手】内海(9勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル5号ソロ(4回ウラ・内海)

阪神タイガース通算成績 23勝28敗1分 対ジャイアンツ 5勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が序盤に猛攻で3連敗でストップ

阪神が連敗を3で止めた。一回にマートンの先頭打者本塁打とブラゼルの適時打で2点を先制。二回にも、鳥谷の2点三塁打や新井貴の適時打などで4点を加えた。

先発のメッセンジャーは6‐0の六回、突如の乱調で2点を失い降板。無死満塁から救援した榎田は犠飛で3点目を失ったが、好投でピンチを乗り切った。八回は小林宏が古巣を三者三振切り。九回は藤川が締めて今季11セーブ目。通算166セーブは歴代7位タイとなった。

今季初の1試合4安打したマートンは「チームの状態はよくないけど、自分たちは力強く戦っていく」と力強く誓った。

ロッテは3連敗でリーグ戦は楽天と入れ替わり、交流戦は広島と並びダブル最下位となった。(デイリー)


今日から千葉でマリーンズと2連戦。
なんでも、ホームであるマリンフィールドで交流戦は1勝も出来てないらしいマリーンズ。こんなときにこそ連勝で着実に借金を返済していきたいところだ。

いつも元気のない打線は初回、マートンのレフトへの4号先頭打者ホームランで目を覚ますと、平野のヒットと、新井さんのフォアボールでさらにチャンスを広げ、ブラがライトへ2点目となるタイムリーで鮮やかに先制!2回には藤井、俊介、マートンの3連打で1死満塁とマリーンズ先発・吉見を攻め立てると、ワイルドピッチと鳥谷の左中間への2点タイムリー3ベースで3点を奪い、ここで吉見をKO!さらに代わった川越から新井さんがレフトの前にポトリと落ちるタイムリーでもう1点を奪い、2回を終わって6−0と久しぶりの即効劇!やれば出来るやないか!昨日の野手全員参加の練習の効果が早速現れた!と久しぶりに全国の虎ファンはニヤケたと思いますが、得点シーンは結局この2イニングだけで、3回以降、追加点が奪えなかったのがなんとも・・・。

先発のメッセンジャーは長身から投げ下ろすストレートとスライダー、カーブが冴え渡り、マリーンズ打線を5回まで2安打に抑える見事なピッチング!しかしながら6回に落とし穴。先頭の岡田から今江、井口の3連打で無死満塁にすると、金泰均に押し出しで1点、さらに大松のタイムリーで1点を追加され、ここでメッセンジャーを諦め、2番手の榎田にスイッチ。続く福浦の犠飛でさらに1点を追加され3点差に詰め寄られるも、里崎、伊志嶺を討ち取ってピンチ脱出。メッセンジャーは結局5回3分の0の成績で6安打3失点ピッチング。6回だけがいただけないけど、いつも好投してるわりに勝たせてもらえてなかったから今日ぐらいはヨシとしましょう。

6回の3点で反撃の糸口をつかみかけたマリーンズの前に7回も榎田が立ちふさがり、8回には小林宏が古巣のマウンドに凱旋登板。タイガースファン、マリーンズファンの声援を背に圧巻の3者連続三振!マスクが藤井だったせいか、3三振の内容も全て決め球にフォークを使用。思い切って投げ込むコバヒロ。好結果にマウンドで気持ちよさげなコバヒロ。キャッチングが下手で、我が強い城島じゃないだけであそこまでピッチング内容が好転してしまうのかと・・・。コバヒロを生かすためにも球児を8回に持ってきて、9回をコバヒロに託し、抑え捕手に藤井を使うのもひとつの手なのかな。。次回もコバヒロ登板の際には城島ではなく、藤井を!

最終回は球児が先頭の福浦にヒットを許すも、ここからエンジン全開で奪三振ショー!後続の3人を全て三振でしとめ試合終了!

打線は久しぶりの二桁安打!なかでもマートンは大当たりの5打数4安打で3割目前の2割9分2厘。右方向への強い打球が徐々に帰ってきて安打製造機の本領発揮!あとはコンスタントにヒットが出始めれば、本物のマートンのおかえりだ!ブラゼルも遅ればせながら今季初の猛打賞!一発を狙わなかったからこその今日の成績かもしれない。けど、一発も見たい。ブラは大振りをしなくともスタンドへ放り込む力を兼ね備えてるだけに、今日の感触を忘れないで打ち続けて欲しい。

ひさしぶりの快勝も、手放しで喜べるような内容じゃない。だけど、ウチの現状を見れば勝つことが一番の良薬。ひとつずつ勝って、去年の強いタイガースの野球を取り戻してくれれば言うことないのだ。なかなか連勝の出来ないタイガース。明日も勝利の記事を書かせてもらえるのかな?明日も頼むぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

千葉ロッテマリーンズ3○6阪神タイガース〜QVCマリン・3回戦

【神】○メッセンジャー−榎田−小林宏−S藤川
【ロ】●吉見−川越−小林−伊藤−カルロス・ロサ−山本一

【勝ち投手】メッセンジャー(3勝1敗)
【セーブ】藤川(1勝11セーブ)
【負け投手】吉見(1勝3敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン4号ソロ(1回オモテ・吉見)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神また貧打…5安打で完封負け

投打のかみあった日本ハムが3連勝で貯金を10とした。四回2死満塁から今浪の右前2点適時打で先制。先発のウルフが140キロ台後半の動く直球を主体に6回3安打無失点に抑えると、以降は小刻みな継投で阪神の反撃を抑えた。先制打の今浪は「初球から積極的に行った結果。ちょっと詰まったけど、まさかスタンドに入るとは思わなかった」とお立ち台でボケ、スタンドの笑いを誘っていた。

阪神先発のメッセンジャーも7回4安打2失点と好投したが、またしても貧打に泣いた。(デイリー)


真弓監督の試合後の談話。
「打てる時、打てない時があるけれども、しっかりストライクとボールを見極めて打ってほしい」。打ってる時って最近あったっけ・・・?打てない時ばっかり。

確かにチャンスは作れるようになったけど、点数に繋がったことなんて滅多にない。今日も初回に平野のライト前ヒット、新井さんのフォアボールで2死1・2塁のチャンスも、金本がセンターフライ。5回には先頭のブラゼルが右中間に2ベースを放つも、後続が揃って凡退。極めつけは、8回、9回とランナーを1・2塁に背負って、判を押したように併殺でチャンスを潰す有様。

特に何か作戦を遂行するわけでもなく、想いのままにバットを振って、結果が良ければ儲けモノみたいな。攻撃に緻密さがない。ウチの打線は重量打線なもんで、赤星や藤本がいた頃のような相手をかく乱するような野球は出来ない。何も考えないで一昨年、去年と指揮をしてきた真弓監督にはどんな策が有効なのかがわからないんだ、きっと。

投げては先発のメッセンジャーが7回4安打2失点。去年の投げてみないとわからないメッセンジャーとは一変、安定感のある内容。落ちるスライダーにはハム打線もキリキリ舞。それだけに、4回の2失点はもったいない。ホフパワーを討ち取ってホッとしたわけではないんだろうけど。しかし、7回2失点で負け投手とはおかしな話だ。ベンチでうなだれるメッセンジャーが気の毒・・・。

試合は8回に2番手の小嶋がフォアボールと敬遠、3番手・福原が内野安打で走者を出し、2死満塁で9番の飯山にセンターオーバーの走者一掃3点タイムリー3ベースを打たれ万事休す。飯山には長打がないと踏んだのか、極端な前進守備を敷いたベンチの指示もまさかの長打。柴田の快足を持ってしても追いつけず。なにをやっても裏目、裏目。守備の綻びはこれだけでなく、5回に林ちゃんもレフトフライをポロっとしたし、城島は相変わらず逸らすし、なにが守り勝つ野球だ。

明日はダルビッシュと対戦しなければならない阪神打線。
ダル相手に開き直ったところでどうにもなりそうにない・・・。で、明後日は絶好調のホークスと甲子園で2連戦。金曜か土曜には杉内が出てきそうな気配だし。。次のオリックスも簡単には勝たせてはくれないだろうし・・・勝てないだろうし・・・次はいつ勝つんや。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ5●0阪神タイガース〜札幌ドーム・1回戦

【神】●メッセンジャー−小嶋−福原
【日】○ウルフ−宮西−増井−武田久

【勝ち投手】ウルフ(5勝1敗)
【負け投手】メッセンジャー(2勝1敗)

阪神タイガース通算成績 14勝22敗1分 対ファイターズ 1敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

このページのトップヘ