猛虎Japan!

タグ: ダルビッシュ有

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
元阪神選手がダルに背番号「11」譲渡「喜んで」
レンジャーズは19日、ダルビッシュの背番号が日本ハム時代と同じ「11」になることを発表した。

これまでレ軍の背番号11は1995、96年に阪神の内野手としてプレーしたスコット・クールボー打撃コーチがつけていた。ダルビッシュが初めてアーリントンを訪れた1月初旬に球団から譲渡を打診されたという同コーチは「日本にいたので、日本選手が同じ背番号にこだわる験担ぎはよく知っている。それで気持ち良く彼がプレーできるなら、喜んで」と快諾。同コーチは同日、ダラス近郊で行われた球団のサイン会に参加。ダルビッシュについて「彼の投球を見てファンは興奮すると思う。チームのみんなが歓迎している」と話した。
(スポニチ)


ダルビッシュに和田に川崎に青木…球場で間近に見ていた選手が続々とメジャーに挑戦するのはプロ野球ファンとして誇りに思うけど、今年に限っては寂しい気持ちがいつもより大きい。

特にダルビッシュの投球術、青木のバットコントロール、虎ファンながら彼らの惚れ惚れするプレーをスタンドで「ええなぁ、ええなぁ」って見てる時間が至福のひとときだったもんで、あのプレーを間近でしばらくか、もしかしたらもう見れないのかと思うと…。虎ファンでさえ寂しい気持ちなんだから当事者のファイターズファンやスワローズファンはさらに寂しいやろね。

ダルは高額の年俸をもらってるぶんだけプレッシャーはあるかもしれないけど、それだけ期待の現れであるし、逆に青木は金銭的な面では評価はしてもらってないみたいだけど、青木のバッティングセンスはイチローと引けをとらないくらい良いものをもってると思うので、神宮や甲子園で魅せたあのバッティングでメジャーの眼の肥えたファンを唸らせて欲しいな。

それはそうと、ダルに背番号「11」を譲った人に元・阪神のクールボーが登場。95年、96年に在籍していた選手で、オマリーを解雇して取った選手。クールボーも頑張りはしたものの、オマリーがヤクルトで優勝に貢献したもんだからダメ助っ人の部類に入れられてしまったけど、今思うとメンチやらフォードやらを見てると全然優良助っ人やないか!と思う今日この頃であります。

ここ数年、メジャーに渡った選手がなかなか結果を残せず、日本球界の評価が下がり価値なんて聞くけど、ダルや青木にもう一度日本野球の意地を魅せてやって欲しいと思います。ダルの入るレンジャーズは上原に、ハムで一緒にプレーした建山もいるし、環境としてはプレーしやすいだろうし、青木の所属するチームは去年は中地区で優勝したチームだし、是非是非頑張ってもらいたいです。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、ダルビッシュ攻略に成功

阪神がダルビッシュ攻略に成功し、このカード連勝とした。三回2死三塁から、ダルビッシュの暴投で1点を先制。同点の七回には2死一、二塁からマートンの右前適時打で勝ち越した。先発のメッセンジャーは6回5安打1失点。榎田、小林宏から藤川につないで逃げ切った。

殊勲のマートンは「難しい試合だったが、いいいところへボールが飛んでくれた。ダルビッシュという素晴らしい投手から打ててよかった。チームも6試合で5勝といい状態になっているし、僕もいいプレーを続けていきたい」とコメント。インタビュアーに「日本語で」と促されると「神様は私の力です。まいど、まいどおおきに!」と甲子園のファンに絶叫した。

日本ハムは先発のダルビッシュが47イニングぶりに失点。打線も阪神の継投にかわされた。(デイリー)


昨日のエントリーで「阪神タイガースというチームはもしかしたらもしかすることをやってのけてしまうチームだから勝利は十分ありえる!」なんて書いたら、ホンマに勝ちよった。ソフトバンクの10連勝を止め、ダルビッシュの連続無失点記録も止めた。阪神タイガースというチームの実力か、甲子園という場所の雰囲気がそうさせるのか、なにわともあれダルビッシュ撃ち成功!

タイガース先発はメッセンジャー。初回、2アウトから糸井、中田に連打を浴びるも、ホフパワーを見逃し三振。3回には2つの四死球から得点圏にランナーを背負うも、中田を空振り三振。メッセンジャーの縦に割れる大きなカーブが冴え、ファイターズ打線が戸惑いまくり、空を切るバット、凡打の山。唯一の失点シーンとなる6回には2つのヒットとフォアボールから満塁になり、金子にレフト前ヒットを放たれるも失点は1つ。メッセンジャーはこのイニング限りで降板しましたが、110球5安打5奪三振とナイスピッチングでした。

好調を維持する打線は初回2アウトからトリ、新井さんの連打から2死1・3塁と先制のチャンスもブラがセカンドゴロで先制ならず・・・でしたが、3回に思わぬ形で先制。マートンのセンター前ヒットと糸井のエラー、平野が犠打で3塁へ進めると、新井さんの打席でダルが大暴投!46と2/3イニングぶりの失点はタイガースの先制点。ついてない時は面白いぐらい点は入らないけど、チームが上昇気流にある時はこんなことでも点数が入るんだから面白い。

3回に思わぬ形で先制するも4回以降はダルスイッチ発動でタイガース打線は沈黙。6回には同点に追いつかれ、どちらかのチームが得点を入れてしまえば、それが決勝点になりかねない状況で、先に動いたのはタイガース打線。7回先頭の関本がレフト前ヒットを放つと、林ちゃんもショート内野安打で続き、無死1・2塁で藤井。藤井はバントを試みるも、ダルのストレートに押されて打球はキャッチャー前に落ち、2・5・3のダブルプレー。最悪の状況になり、ここまでか・・・と思われましたが、代打の桧山がデッドボールで出塁し、再び1・2塁の状況になってマートンがライト前ヒットを放ち、セカンドランナーの柴田が生還、ホーム返球の打球が柴田に当たり、打球が転々としてる間に1塁ランナーの桧山も3点目を狙うも、これは本塁憤死。しかしながら、大きな1点をもぎ取って流れは完全にタイガース。

この流れを7回を榎田、8回を小林宏、9回を球児と勝利の方程式で繋ぎ、投打がガッチリかみ合って見事ダルビッシュ攻略!

ダルの無失点記録「46と2/3イニング」で終わらせ、黒星もつけちゃって、やればできるんやないか!だけど、ダルビッシュというピッチャーは凄いピッチャーやね。ずっと打たれてなかったから当然なんだけど、マートンのタイムリーはダル自身5月3日以来のタイムリーらしい。こんなピッチャーと毎度のように対戦するパ・リーグじゃなくて本当によかった。負け覚悟で挑んだだけに、喜びもひとしお!最高峰のピッチャーを打ったマートンは最高峰のバッターよ!

さぁ交流戦も残り2試合。最終カードとなる東北楽天にも勝ち越して、星野監督に恩返し!そして、いい形でリーグ戦に戻ろう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2○1北海道日本ハムファイターズ〜甲子園・4回戦

【日】●ダルビッシュ
【神】メッセンジャー−○榎田−小林宏−S藤川

【勝ち投手】榎田(2勝2敗)
【セーブ】藤川(1勝13セーブ)
【負け投手】ダルビッシュ(8勝2敗)

阪神タイガース通算成績 20勝27敗1分 対ファイターズ 2勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、ダル打てず 2試合連続6度目の完封負け

日本ハムが41イニング連続無失点のパ・リーグ新記録、4試合連続完封勝ちの同タイ記録。ダルビッシュは自己最速タイの156キロを記録するなど抜群の球威で2試合連続今季3度目の完封。自身初の7連勝で7勝目。打線は0‐0の八回、1死一、三塁から大野が左前に適時打を放ち、貴重な1点をもぎ取った。大野は「いい場面、おいしいなと思って打席に入った結果です」と話した。

阪神は打線に元気がなく、2試合連続6度目の完封負け。借金は9に膨らんだ。(デイリー)


すごいなぁダルビッシュは。9回を投げきったところで変化球のキレ、球威なんてものが全然衰えないんだから。マウンドでは貧打線にあえぐ阪神打線に対しても、気合満点のマウンド。少々手を抜いたって勝てるのに、全力投球とは・・・嬉しいね。ダルは日本ハムのエースじゃなくて、日本のエースだ。・・・同じリーグじゃなくてよかった。

打線は点を取るどころか、攻略もできるわけがなく散発4安打。3回に林ちゃんの内野安打、二盗、ワイルドピッチと3塁を踏むことは出来たけど、柴田、マートンが連続三振。予想通りの2試合連続のシャットアウト負け。打線に関してどうのこうの言う以前の問題。明後日は絶好調のホークスと対して、エースの杉内と苦手の外国人・ホールトンが登板予定。打線をいじることはあっても打つ手なしだろうね。

投手陣は先発のスタンリッジが2安打5つの四死球と荒らくれたピッチングを披露もハム打線の拙攻にも助けられ、5回無失点の内容。2番手の榎田も代わりっぱなの6回に中田にセンターオーバーの2ベースと2つの四球で2死満塁にするも、飯山をキレのいいスライダーで空振り三振に仕留め、ピンチ脱出。ダルビッシュに負けじと虎投の意地を垣間見ましたが、3番手の小林宏が8回にフォアボールとヒットエンドランで作った1死1・3塁のピンチから、8番の大野に対しストレート勝負を仕掛け、根負けしレフトへ先制のタイムリーを献上。これが決勝点となり、9回もダルビッシュの前にマートン、平野、鳥谷があっさり切って取られ試合終了。

借金はみるみる膨らみ、9つ。借金9で踏ん張れたら、ある程度の巻き返しもあるだろうけど、10を超えてしまえば転落スピードも加速。チームの目標はなくなり、ベンチは毎日お通夜モードになり、シーズン中の監督人事が出てきたり・・・暗黒時代お決まりのパターンへ。首の皮一枚で踏みとどまるか、デッドラインを超えるか・・・。虎の意地があればいいけど、今のチーム状況ではそんな意地なんて投手陣くらいしか見えないや。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ1●0阪神タイガース〜札幌ドーム・2回戦

【神】スタンリッジ−榎田−●小林宏−小嶋
【日】○ダルビッシュ

【勝ち投手】ダルビッシュ(7勝1敗)
【負け投手】小林宏(3敗)

阪神タイガース通算成績 14勝23敗1分 対ファイターズ 2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
第60回 日本選手権シリーズ・第2戦

北海道日本ハムファイターズ○4−2●読売ジャイアンツ〜札幌ドーム

【巨】●内海−東野−豊田−木村正−金刃
【日】○ダルビッシュ−宮西−金森−S武田久

【勝ち投手】ダルビッシュ(1勝)【セーブ】武田久(1セーブ)
【負け投手】内海(1敗)

〜ホームラン〜
【巨】亀井1号2ラン(4回オモテ・ダルビッシュ)
【日】稲葉1号ソロ(3回ウラ・内海)

日本シリーズ通算成績 北海道日本ハムファイターズ 1勝1敗


日本ハム先発は42日ぶりのマウンド、ダルビッシュ有。
レギュラーシーズンで肩を痛め、腰を痛め、日本シリーズ出場微妙、
最悪今季絶望とまで言われていた怪物・ダルビッシュだったけど・・・。
6回を投げ、亀井の2ランを含む7安打2失点、7つの奪三振。

唸りをあげるストレートはあまりなかったものの、スライダー、フォーク、
そして弧を描くような大きなカーブで巨人打線をぶった斬り!
普段のマウンドで見せる足を高く上げて、下半身で思いっきり地に踏ん張り、
体全体で投げるピッチングではなく、ほとんど立ち投げのような感じでしたが、
あんなピッチングを日本シリーズの大舞台でしてしまうんだから・・・。
普段の6割ぐらいであの内容。10割で投げたらどうなるんだと・・・。
ただただ恐れ入ったの一言であります。。

試合は日ハムが2回稲葉がライトへの先制ソロホームランで口火をきると、
高橋信の2ベース、スレッジのタイムリー、糸井の2点タイムリー2ベースで、
2アウトから電光石火の5連打で4点先制&巨人先発・内海をKO!

チームリーダー・稲葉のホームランで一気に流れを掴むと、
勢いに乗ってチャンスに滅法強いスレッジがことごとくランナーを返す。
・・・タイガースもこんな形で優勝をかっさらったシーズンがあったな。。。

巨人は4回に亀井のレフトポール直撃の1号2ランで反撃を試みるも、
得点はこの2点のみ。「技巧派」ダルビッシュの前に打線が沈黙。
5回に2アウト満塁のチャンスがあったものの3番・小笠原が、
ダルビッシュの今日一番のカーブで空振り三振に倒れ、チャンス逸失。
小笠原が打てば、巨人打線もこのあとの展開が違っただろうけど、
小笠原を討ち取ったあとに、吼えたダルビッシュの気合いを見てると、
今日の巨人打線はあそこで終わった。

明日の移動日を挟んで、東京ドームで第3戦を迎えるわけやけど、
巨人は5回以降はダルビッシュの好投、継投策にも阻まれ、わずか1安打。
本調子でないダルビッシュを攻略できず、嫌な感じの敗戦で終わった巨人。
3戦目で盛り返せないと、このままずるずる行きそうなそんな感じがします。

対する日ハムはダルビッシュの気迫と稲葉の存在感、スレッジの勝負強さ、
投打の脇役が日替わりで活躍する最高の雰囲気。
3戦目からもかつての本拠地・東京ドーム。地の利は日ハムにもあるし、
東京もハムファンは多い。今日の流れに乗って一気に畳み掛けて欲しい。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

○北海道日本ハムファイターズ5×−4●埼玉西武ライオンズ〜札幌ドーム

【西】許銘傑―小野寺―土肥―ベイリス―藤田―●西口
【日】糸数―金森―武田久―宮西―江尻―○建山

【勝ち投手】建山(5勝7敗)
【負け投手】西口(4勝4敗)

〜ホームラン〜
【日】金子誠14号ソロ(4回ウラ・許)

北海道日本ハムファイターズ 70勝59敗2分 パ・リーグ1位決定

パシフィック・リーグ 2年ぶり5度目優勝!!


ファイターズの選手、コーチ、梨田監督、そしてファンの皆さんおめでとう!

9回2アウトまでは1点リードで踏ん張ったんですが、
最後の最後に武田久が捕まり、結局延長12回まで(笑)ご苦労様です。
最後は小谷野の2ベースから紺田フォアボール、稲田の送りバントで
1アウト2・3塁のチャンスで金子誠がセンターへサヨナラ犠牲フライ!

「延長10回で優勝したのはわかってたんですが、
どうせ優勝するなら引き分けより勝ったほうが全然いいし、
なにより僕の為にみんなが夜遅くまで残ってくれたしね。」

優勝が決まっても、まだ先にクライマックスシリーズがあるためか、
各選手あまり大喜びすることなく控えめな姿でしたが、
金子誠らしい言い回しのヒーローインタビューで札幌ドームは最高潮。
梨田監督も「ファイターズファンは宇宙一です!」なんて持ち上げてたし、
今夜はファイターズファンは嬉しくて寝れないだろうな(笑)

東京から北海道に移転して6年、その間3度のパ・リーグ制覇!
東京時代はパッとしなかったファイターズも、北海道で大満開やね。

もしタイガース、ファイターズがクライマックスを勝ち抜き、
日本シリーズで対戦するようなことがあれば、大いに盛り上がりたいね!
そのためにも真弓阪神よ、残り3試合全力で戦い抜こうぜ!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
原監督「初回の3点が重かった」/WBC

日本代表の原辰徳監督は韓国戦に敗れた試合後に記者会見を行い、次戦のキューバ戦に向け気持ちを切り替えていた。

試合を振り返り、先発のダルビッシュについては「初回の3点、これが非常に重かったということですね。ダルビッシュ調子そのものは非常に良かったんですけれど、立ち上がり少し制球を乱したところに隙を与えてしまった」と話した。

奉重根と林昌勇を打ち崩せなかったのは戦略ミスではないか?という質問に対しては「チームの部分でしっかりとミーティングをして、もう一度挑戦権を得るということが、もうそのこと以外は考えていません」と対策を練るより次戦に気持ちを切り替えているようだ。

そして「韓国チームと戦うという部分においては、明日ゲームに勝つということが一番前提ですから。明日全力で戦う」とキューバ戦に必勝を誓った。

岩田を交代しなかったことには「少し、本来のピッチングはできなかったのかな」と前置きをして「しかし、彼は今後日本というチームを背負って立つ投手ですから、非常にいい、本人にとっては苦しかったかもしれないけれども、非常にいい経験したと、次につながる投球だったと思います」と評価した。
(サンスポ)


日本のやりたい野球を韓国にしてやられたというか・・・。
初回の韓国の攻撃が本来、日本がやらなければならない野球。

日本だって走って走ってダイヤモンドをかき回す野球をしたいけど、
肝心の1、2、3番が塁に出ないことには。特にイチローの不振が痛い。。。
イチローが打ってくれれば、打線も勢いに乗るんだろうけど。。。

3点ビハインドでもひっくり返す能力は十二分にある打線も、繋がらない。
ヒットは韓国より3本も上回る7本も放ってるというのに。

投手陣は先発のダルビッシュが初回に3失点したものの、以降は無失点。
8回に涌井の貯めたランナーを、岩田が押し出しで失点するも、
打線がもうちょっと点数を返していれば、展開も気持ち的にも違っただろう。

明日のキューバ戦で負ければ、THE・END。
前回大会みたく、土壇場からの大逆転劇をするにも明日勝たないことには。
兎にも角にも、打線の奮起が待たれる・・・目覚めろ、イチロー。


第2回ワールド・ベースボール・クラシック第2ラウンド1組2回戦

WBC韓国代表4●1WBC日本代表〜サンディエゴ、ペトコ・パーク

【日】●ダルビッシュ−山口−渡辺俊−涌井−岩田−田中
【韓】○奉重根−尹錫ミン−金廣鉉−S林昌勇

【勝ち投手】奉重根(1勝)【セーブ】林昌勇(1セーブ)
【負け投手】ダルビッシュ(1敗)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
WBC日本代表2●−○7埼玉西武ライオンズ〜東京ドーム

【西】○ワズディン−岸−グラマン−長田−谷中−小野寺
【日】●岩隈−ダルビッシュ−内海−田中−小松−馬原−山口

【勝ち投手】ワズディン
【負け投手】岩隈

〜ホームラン〜
【西】大崎1号2ラン(岩隈・3回オモテ)


試合終了後の両監督の表情が印象的。
原監督は気まずそうな顔をし、渡辺監督はしてやったりとばかりにニヤリ。

西武打線は一発あり、スクイズあり、8回には畳み掛けるようにダメ押し、
投手陣も6投手の継投で失点はわずかに2。
対する侍ジャパンはイチローが4タコ、打線の繋がりもイマイチ。
投手陣は中継ぎの小松が大誤算と、ここへ来て投打に暗雲が。。

しかし、西武は片岡も中島も細川も涌井もボカチカもいないチーム状況で
イチローを筆頭にした87億円チームを負かした快感は相当でしょうな(笑)
ライオンズの若手はあのスター軍団と対戦するだけでも相当な経験なのに、
なおかつ、あのスター軍団に圧勝したんだから相当な自信になったでしょう。
今年もパ・リーグはライオンズが最後には笑ってるのかな。いや〜強い。。

侍ジャパンは前回のオーストラリア戦で2試合とも快勝したものの、
オーストラリア代表があまりにも情けないチームだったので、
今日の西武みたいな緻密な野球をするチームに叩かれたのはいいことかも。

まぁ、明日の巨人戦の相手選手は西武より格が落ちるやろうし、
東京予選の初戦の相手が中国なんで、あんまり悲観しなくてもいいような。。
(…明日の巨人戦にも連敗したらエライこっちゃですけど。。。)

投打とも今日の課題を本番までに修正してくるのが一流の証。
予選本番までにはキッチリ直してくるでしょう。

ブログネタ
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック) に参加中!
WBC日本代表8○2WBCオーストラリア代表〜京セラドーム大阪・1回戦

【豪】コックス−クロフォード−アンダーソン−ランドグレン
【日】ダルビッシュ−岩隈−岩田−小松−田中−馬原

【勝ち投手】岩隈(1勝)
【負け投手】コックス(1敗)


行ってきました強化試合。いつもと全く雰囲気の違う大阪ドーム。
日本先発のダルビッシュは緊張のせいか制球が定まらず、
8回からマスクをかぶったカープの石原がボールに手がつかない・・・、
プロの選手でロボットのようにガチガチになったのを見たのは初めて(笑)
みんなが緊張しまっくているのがわかった強化試合。

12球団の選手、アメリカに渡った選手、12球団のファン、
垣根を越えて、みんな一緒にひとつのチームを応援するのもいいもんです。

今日はイチロー見たさに行ったようなものでしたが、
やっぱりイチローは凄いなぁ。。。日本球界の最高峰なだけある!
どんな内野ゴロでも全力疾走だし、3回の内野安打で出塁してからは、
稲葉のなんでもないライト前ヒットを、普通なら単打で終わるところを、
なんの躊躇なく一気に3塁まで到達。ため息が出るくらい素晴らしい走塁。
セカンドを回ってからの走塁の速さ、トップギアが入ったイチローの走力。
あの野球に取り組む姿勢、あの天才的な能力。
日本のみならず、大リーグでも8年間ずっとトップに君臨し続けているのが
納得できました。イチローは改めて凄い選手だ。

投手陣は岩隈が3回3分の1を投げ、1安打無失点、勝ち投手に。
先発のダルビッシュが2回2死満塁のピンチを残して降板した後、
急な登板も見事な火消し!!気持ちよくオーストラリアを討つ姿は爽快!
去年のパ・リーグ最多勝であり、沢村賞の実力は伊達じゃないです。
岩隈は先発なのか中継ぎなのかはわかりませんが、結構重宝するかも。

重宝するといえば、3番手登板の我らが岩田稔投手。
1ヒットを許すも、後続をキッチリ併殺に取ってナイスリリーフ!
WBCの予選も本番も岩田、球児の必勝リレーで勝利をもぎ取れれば、
タイガースファン的にはこんな嬉しいことはないね!

さぁ明日も京セラドーム大阪でオーストラリアと強化試合。
明日の日本の先発は松坂、抑えに球児。
火の玉ストレートでオーストラリア打線から幾つ三振が奪えるか楽しみ。
打線はここいらで景気づけに一発ホームランが欲しいな…なんて。

兎にも角にも明日も勝ってもらいましょう!!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
WBC日本代表 24日強化試合はダルが先発

ワールド・ベースボール・クラシック日本代表は23日、大阪市内のホテルに各選手が再集合して、オーストラリアとの強化試合(24、25日・京セラドーム大阪)に備えた。
全体練習は休みのこの日、24日に先発予定のダルビッシュ(日本ハム)は、涌井(西武)藤川(阪神)と京セラドーム大阪でランニングやキャッチボールなど軽く調整。藤川は投球練習もした。イチロー(マリナーズ)と川崎(ソフトバンク)は神戸市のスカイマークスタジアムで1時間以上のフリー打撃を行った。原監督は宮崎市で巨人のキャンプを視察後、大阪へ移動した。

≪ダル「本番だと思って投げる」≫強化試合第1戦で先発予定のダルビッシュは、京セラドーム大阪で涌井とキャッチボールなどを行い、軽く汗を流した。

WBC日本代表としては初の実戦登板に向けて「本番だと思って投げる」と気合十分。3月5日開幕の本大会を前に、外国チームと対戦する機会は、今回のオーストラリア戦だけしかない。「巨人や西武と違う。やる気も違うでしょう」と、国内球団との強化試合とは一味違うチームの意気込みを代弁していた。(スポニチ)


昨日WBC代表メンバー28人が発表され、我がタイガースからは球児と岩田が見事代表メンバー入り!まずは3月5日から東京ドームで行われる、
韓国、台湾、中国との第一ラウンドを勝ち抜けるよう、精一杯頑張って欲しい。

明日の強化試合はダルビッシュ、岩隈、マーくん、球児らが登板予定。
個人的にはこの豪華リレーも楽しみだけど、一番の楽しみはイチロー。

長い間、タイガースと掛け持ちでブルーウェーブも応援していましたが、
イチローが日本でプレーしていた頃は球場でお目にかかったことはなく…。
明日、球場でプレーを見るのが初めてであります!
正直なところ現役のイチローがこの目で見れるとは思ってもみなかったので、
明日、明後日の強化試合が非常に楽しみであります!!

明日の試合、かつてのグリーンスタジアム神戸名物「イチロー」のコールから
「♪走れ疾風のように 全速力で 砂塵巻き上げて 走れイチロー♪」
の応援歌の流れで応援できないかなぁ。。。

兎にも角にも明日は自分の野球史に新たな一ページが加わる。。。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神タイガース2●5北海道日本ハムファイターズ〜宜野座

【日】ダルビッシュ−ダース−須永−金森−糸数
【神】岩田−藤川−玉置−阿部−黒田−白仁田−上園


遅ればせながら、ファイターズとの練習試合の感想。

WBC投手陣の仕上がりは岩田、ダルビッシュとも順調。
岩田は昨シーズン年間通してローテを守った自信からか、
1イニングだけだったけどマウンド上の貫禄もあったし良かった。
内角をえぐるストレートは今年もセ・リーグの打者を手こずらせるぞ!

ハムの先発・ダルビッシュも先頭の藤本にヒットを許すも、
後続の関本、鳥谷、林に150キロ近い球ストレートをバンバン投げ込み、
ストレートのキレ、威力、変化球の曲がりも抜群。3人とも着払い状態(笑)
この時期にあんな仕上がりを見せられると、流石と言うかしかないです。

タイガースの2番手には2回から我らが球児登場。
ストレートは140キロ前後、変化球のキレもイマイチ。
球児くらいの仕上がりがこの時期は普通なんだろうし、別に心配はないですが、WBCに選ばれるだろうし、ダルや岩田の仕上がりを見ると少し心配。

ところで話題の15秒ルール初の適用選手が球児になってしまいました。
登板して2ボールを取った後に、審判がボール宣告…何か白けると言うか。。
あのルールはどなんでしょうね。間を楽しむのも試合の醍醐味なんでね…。
15秒ルールを適用してまで試合の短縮が必要かな…。
最近は試合展開もかなり早くなったと思うんだけどなぁ。。。

ダルビッシュの2回は桜井、坂の連打、岡崎のライトゴロで1点先取、
この後も平野も続いて、激しい守備位置争いを繰り広げてる面々が
バットでアピール!15日の練習試合も若手・中堅のバットに注目!

タイガースの5番手・6番手にはトラのオセロコンビ、黒田、白仁田登場。
5番手の黒田は長身から投げ下ろすストレートの威力は認めるけども、
一軍で使うにはまだ荒っぽい感じ。あのストレートが活きる変化球が欲しい。
1イニング4失点、初登板でプロの洗礼を受けてよかったかもね。

6番手の白仁田は真弓監督も岡田前監督も絶賛する選手だけあって、
かなり面白い存在かも。ローテの4番手、5番手で今年は見れるかな!?
ストレートはキレもあったし、コントロールもコース際の絶妙な所へ。
15日のスワローズ戦には先発するようなので白仁田には要注目。

7番手の上園は1イニングピシャリ。
ブルペンや打撃投手で登板してる姿を何度か見たけど、イイ感じ!
打者の手元でブレーキがかかるような重いストレートが魅力的。
今年は年間通してあの度胸満点なピッチングが見たい。

真弓阪神の初陣は残念ながら勝つことは出来なかったけど、
ローテの一角を担うであろう岩田、白仁田、上園が順調な仕上がりで◎。

この時期はまだまだ練習、経験の段階。
失敗も挑戦もどんどんして、課題を見つけて克服していってくれ!


=本日のキャンプメニュー=

【野手】
9:30 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り・ランニング
<別ウォーミングアップ(金本・矢野・桧山・メンチ)>

10:00 バッティング 【メイングラウンド】
ティー⇒バッティング⇒守備⇒走塁&バント

<1組(狩野・清水)>
<2組(岡崎・バルディリス)>
<3組(大和・坂)>
<4組(桜井・庄田)>
<5組(藤本・平野)>
<6組(関本・林)>
<7組(今岡・鳥谷)>
<8組(葛城・メンチ)>
<9組(矢野・赤星)>
<10組(金本・新井)>

11:25 ランチタイム

11:50 シートノック 【メイングラウンド】
阪神タイガース

12:00 シートノック 【メイングラウンド】
北海道日本ハムファイターズ

12:30 練習試合(9回) 【メイングラウンド】
阪神タイガース×北海道日本ハムファイターズ
練習試合後 各コーチ指示
ストレッチ

【投手】

9:30 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り・ランニング
<別ウォーミングアップ(ウィリアムス・下柳)>

10:05 キャッチボール 【メイングラウンド・サブグラウンド】
キャッチボール、ペッパー

10:20 投球練習他 <(金村曉・福原・安藤)>
ピッチング⇒ティー⇒ゴロ捕⇒バント・バスター・バッティング
⇒強化ランニング<(能見・江草・渡辺)>
投内連携・ゴロ捕⇒ピッチング⇒ティー⇒バント・バスター・バッティング
⇒強化ランニング
<(アッチソン・ウィリアムス・リーソップ・下柳)>
投内連携・ゴロ捕⇒ラダー・ミニハードル⇒ティー⇒
バント・バスター・バッティング⇒強化ランニング

10:20 投球練習他 練習試合 投手
<(岩田・藤川・上園・白仁田・石川・阿部・黒田・玉置)>

10:20 ゴロ捕⇒Sダッシュ⇒ミニハードル

11:30 ランチ

12:30 練習試合(9回)阪神タイガース×北海道日本ハムファイターズ
登板後 強化ランニング・強化トレーニング

12:00 ランチ

12:30 課題練習
強化トレーニング
ストレッチ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

ブログネタ
星野JAPAN! に参加中!
北京オリンピック・3位決定戦

アメリカ代表チーム8●4日本代表チーム〜五ヶ松球場

【日】和田−●川上−成瀬−ダルビッシュ
【米】○アンダーソン−ジェプセン

【勝ち投手】アンダーソン
【負け投手】川上

〜ホームラン〜
【日】荒木1号ソロ(1回オモテ・アンダーソン)
青木1号3ラン(3回オモテ・アンダーソン)

【米】ラポルタ1号ソロ(2回ウラ・和田)ブラウン1号3ラン(3回ウラ・川上)

日本野球代表チーム総合成績 4勝5敗 4位


長い戦いの終わりには、「惨敗」の2文字が待っていた。金メダルでもなく、銀、銅メダルでもない。むなしさがこみあげる。不運も重なったが、これが現実だ。北京で味わった屈辱。「星野JAPAN」の夏は、熱く燃えることなく悲しい幕切れとなった。

 「受け止めないとね。それを含めて、私に力がなかった」

敗戦後、グラウンドで選手と並んだ星野監督は、日本のファンに向かって、帽子を取って頭を下げた。「日本で金メダルを待っていたファンに対して、申し訳ないという思いでいっぱいです」。闘将が見せた、精一杯のつぐない。拍手の中に怒声も交じった。期待が大きかったからこそ、落胆の色も濃くなった。

故障者続出、極度の打撃不振に、継投の失敗…最後まで歯車がかみ合わなかった。この日も先制しながら、3本のアーチを浴びて逆転負け。1次リーグから上位国には一度も勝てず、通算4勝5敗。過去の五輪での“最低”の成績に、いくつかの「敗因」がよぎった。言い訳はしないが、言わずにいられないこともあった。

「選手は必死によくやってくれた。あらゆる面で大変だったと思う。選手がかわいそう」

挙げたのは、ストライクゾーンの微妙な判定。この試合でも声を荒らげる場面があったが、条件はどこも同じとも言える。もちろん、選手に責任を負わせたくないからこその言葉だが…。

代表監督就任時から、金メダル獲得を公言してきた。昨年のアジア予選では、劇的な戦いで日本を沸かせた。同時に、野球人気の復活のため、次の時代を担う若手を積極的に起用した。集大成の場と考えた今大会。結果が、伴わなかった。

「日本の野球はこんなもんじゃない、こんなんじゃないということを、今後彼らがやってくれることを信じています」

さまざまな思いが胸に交錯する。何が足りなかったのか。どこで足並みが乱れたのか。グラウンドには、闘将のうれし涙も悔し涙もなかった。不完全燃焼に終わった短い夏。それが辛かった。(デイリー)


「屈辱の4位」と表題には書きましたが、順位的には妥当な順位じゃないかと。
アマのキューバ、マイナー主体のアメリカ、ハングリー精神の塊・韓国。
みんな必死になって9イニング戦っていたように見えた。

それに引き替え、日本代表はプロの驕りというか、覇気がなかった。
みんながみんな、惰性で試合したわけじゃないのはわかってるけど、
初戦のキューバ戦の戦いを見て、感覚的に僕の目にはそう映ってしまった。

代表チームの試合は時間の関係もあったけど、生中継でも、録画中継でも
キューバ戦以降は全く見る気はおこらなかったな…。

「金メダルしかいらない」「最強のチームが組めたと自負しています」

終ったからいうわけじゃないけど、星野さんが豪語するたびに?だらけ。
自分の愛弟子やら、好みの選手やら、なんでこの選手?ってのが代表選出。
外国のチームのことばっかりに頭にいって、国内は軽く見てたんじゃ…
なんて思ってしまう今回の北京オリンピック・野球競技でした。

来年のWBCでは「野球・日本」の誇りと強さを見せ付けて欲しい。

ブログネタ
オリンピックについて語ろう! に参加中!
北京オリンピック・野球1次リーグ

キューバ代表4●2日本代表〜五棵松球場・日本第1戦目(1敗)

【日】●ダルビッシュ−成瀬−田中−藤川
【キ】○ベラ−ラソ

【勝ち投手】ベラ
【負け投手】ダルビッシュ(1敗)


タイガースの連敗脱出のほうが嬉しくて、阪神勝利の記事を書きながら、
代表チームの試合は片手間に見てました…ごめんなさい。

今日の誤算はダルビッシュかな。5回もたずにKO。
球のキレ自体は悪くなかったんだけど、制球がイマイチ。
4回3分の0を7安打5つのフォアボール。
ストライクとボールがハッキリしすぎて、本来のダルではなかった。

3回あたりでダルには立ち直って欲しかったけど、自身の不安定さと
キューバの勢いと、踏ん張りが利かずにズルズルいってしまった感じ。

ただ、ダルビッシュの出来以上にキューバ打線の豪快なスイングに、
次の次の塁を狙う、狙いすぎなくらいの積極果敢な走塁が目に付いた。
あの野球は敵ながらアッパレ。日本でなくてもあれはかなり手こずる。。

試合はキューバに2回に先制されるも、3回に青木の犠牲フライで同点。
直後に勝ち越されるも、5回に新井大先生の犠牲フライで再び同点。
取っては取り返し、取られては取り返す。

打線は決して状態がいいわけではない…気迫で食らいついてはいたけど、
最低限の仕事をこなすものの大仕事をやってのける選手がいなかった…。
あと3併殺、バントの失敗。ああゆう野球をしていたら勝てない。

明日は台湾と2戦目。
台湾は日本から見ればまだ格下だけど、こういう舞台は大番狂わせがある。
今日みたいなしょうもないミスで足元を救われないように…。
普通に試合をしてれば勝てる相手だけに、リラックスして挑め!

ブログネタ
星野JAPAN! に参加中!
北京オリンピックアジア最終予選

チャニーズ・タイペイ2○10日本〜台湾・台中インターコンチネンタル球場

【日】○ダルビッシュ−藤川−S上原
【台】●陽建福−耿伯軒−倪福徳−曹錦輝

〜ホームラン〜
【日】新井1号2ラン(曹錦輝・9回オモテ)
【台】陳金峰2号2ラン(ダルビッシュ・6回ウラ)

北京オリンピックアジア最終予選
・第1戦 対フィリピン 10×○0
・第2戦 対韓国 3○4
・第3戦 対チャイニーズ・タイペイ 2○10 (3戦全勝)

アジア最終予選MVP 阿部慎之介(日本)

祝・野球日本代表、北京オリンピック出場決定!


星野JAPAN!の皆様、北京オリンピック出場決定おめでとうございます!
勝って当たり前のような雰囲気、相当なプレッシャーのなか、
よくぞ3連戦3連勝で乗り切り、北京行きのキップをもぎ取った!!
試合終了後の星野監督の涙が激闘のすごさを物語ってたね。
もう言うことなし!選手、監督、コーチ、裏方さん、みんなありがとう!!

今日の日本チームは打線がよく頑張った。勝ちへの執念が凄かった。
今日も初回から不利な判定が下る中、新井がレフト前へ先制タイムリー!
一塁上での気迫あふれるガッツポーズはシーズン中でも見ないほどの、
鬼気迫るもの。新井さん、日本の4番を見事務めた!

日本の先発はダルビッシュ。
初回から制球が定まらず、ホームラン性の当りも出るなかで、
バックに助けられ、台湾打線をなんとかかわしつつ序盤を凌ぎきったけど、
6回にやられた。陳金峰に逆転の2ランを右中間スタンドへ。

一瞬頭の中が真っ白になったものの、心配は一瞬だけだった。

7回のオモテの日本の攻撃は打者一巡の大大逆襲。
村田がデッドボールで出塁、稲葉がライト前ヒットで続き、8番・里崎。
この時に、二塁走者の村田に代えて、代走に宮本。これが効いた。
里崎がピッチャー正面の送りバントを台湾のピッチャーが間髪いれず3塁へ。
タイミング的には微妙なところがあったものの、宮本がナイススライディング!
ゲッツー崩しを狙いにいったスライディングが野選を誘って、無死満塁に。

続く9番のサブローは意表突いたスクイズ。
打席に入る前に星野監督の直々の檄が何か意味ありげだったけど、
まさかスクイズとは…。サブロー、星野監督はしてやったりだったろうね。
このスクイズがものの見事に決まり、2対2の同点!
さらに打線は1番に返って西岡がライト前タイムリーで逆転、
このあとも川、青木、新井、阿部と面白いように打線が繋がり、
7回に一挙6点の猛攻で勝利はググッと射程圏へ。

7回もダルビッシュが投げ、8回には我らが藤川球児が登場。
普段と変わらぬピッチングで、1つの三振を奪う完璧なリリーフ。

9回の攻撃では新井のトドメの一撃がライトスタンドへ突き刺さると、
9回ウラのマウンドには日本の守護神・上原が登場!
1つの三振とダブルプレーで試合を締め、日本勝利!!

打線の出来具合が心配な面もあったけど、新井、阿部の中軸に、
宮本のナイススライディングに、サブローのスクイズなど、
星野監督が目指したスモールベースボールが随所に発揮!
投手陣も涌井、成瀬、ダルビッシュの若手3本柱に、川上、岩瀬、上原と、
チーム一丸となって北京への切符が手に入ったのはホント感動でした。

来年の北京での本選もこの顔ぶれで行くのかどうかはわかりませんが、
出来れば同じ顔ぶれで強豪どころをなぎ倒し、最後に星野監督が宙に舞い、
日本に金メダルをもたらして欲しいと思います!

この3日間はホントに燃えました!
星野JAPANの皆さん、改めてありがとう!そして、おめでとう!!

ブログネタ
北海道日本ハムファイターズ に参加中!
第58回 日本選手権シリーズ

北海道日本ハムファイターズ3○1中日ドラゴンズ〜札幌ドーム・1回戦

【中】●川上(1敗)
【日】○ダルビッシュ有(1勝)

〜ホームラン〜
【日】セギノール1号3ラン(川上・1回ウラ)

北海道日本ハムファイターズ・日本シリーズ成績 1勝
(日本ハムファイターズ応援のため、成績等は日ハム基準で書きます。)


ひさびさにthis is the 投手戦って試合だった。
ダルビッシュも川上もあっぱれだ!!

今日の日本ハムは合計2安打しか放てなかったけど、
実質1安打で勝ったようなもん。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

川上は1球に泣き、セギノールは川上の1球の失投を見逃さなかった。
川上はセギノールのホームランも悔やまれるだろうけど、
先頭の森本、稲葉に与えたフォアボールはもっと悔やんでるだろうね。

しかし、ダルビッシュはすごいピッチャーだね。
終盤に少し疲れが見えた感じだったけど、9イニングほぼ変わらない投球。
9回に対戦したウッズや中村紀といった選手を最終回にも関わらず、
150キロ越えのストレートでバシッと三振に仕留めちゃうんだものね。

あんな投球を目の前で見せられたらサエコじゃなくても惚れますよ。

あぁタイガースにもあんなピッチャーが欲しい。。。

ブログネタ
北海道日本ハムファイターズ に参加中!
北海道日本ハムファイターズ6○2千葉ロッテマリーンズ〜札幌ドーム

【ロ】●成瀬(1敗)−小林宏−清水−荻野
【日】○ダルビッシュ(2勝)−グリン−MICHEAL

〜ホームラン〜
【日】セギノール1号3ラン(成瀬・3回ウラ)

北海道日本ハムファイターズ クライマックスシリーズ成績 3勝2敗

クライマックスシリーズ・パ MVP ダルビッシュ有


北海道日本ハムファイターズの選手、監督、コーチ、裏方、ファンの皆様、
2年連続パシィフィックリーグ完全優勝おめでとうございます。

いやぁ素晴らしいですな。春先の低迷からの見事に完全優勝!!
最高のピッチングスタッフ、堅い守り、機動力+勝負強い打撃。
隙のない効率のいい野球。個人的に理想的な野球です。。。

シーズン中16勝1敗、防御率1.82の成績を誇った、
千葉ロッテ先発・成瀬を3回、セギノールの3ランで動揺させると、
4回、5回と最低限の犠牲フライとタイムリーヒットで得点し6得点。
今日のテレビ解説の東北楽天イーグルスの野村克也監督が言うように、
強さは感じないけど、そつがない。皆が繋ぎを意識した野球をしてるね。

ピッチャーも先発のダルビッシュにしても、グリンにしても、
球にキレがあるし、自信を持って投げれる勝負球があるってのがいいね。
フルカウントになっても思い切って勝負して、三振が取れるのが羨ましいよ。
ファイターズの野球を見てて、改めて野球は守りからってのが感じました。
しょーもないフォアボールも、訳のわからないエラーもないんですもの。。
タイガースはファイターズ野球を真似しなきゃね。

北海道日本ハムファイターズの日本シリーズの対戦相手が、
ジャイアンツなるのか、ドラゴンズになるのかはまだ分かりませんが、
是非、日本シリーズも今日の勢いで連覇してください。応援しまっせ!!


追伸:ファイターズへ移籍したタイガース、ブルーウェーブの選手の皆様へ

佐藤義則コーチ、強力投手陣を形成しての優勝おめでとうございます。
今夜は大好きなお酒をダルビッシュと共に浴びるように飲んでください!

中嶋聡選手兼任コーチ、何気に優勝請負人ですね(笑)
オリックス、西武、日本ハムで6度目の優勝ですね。
阪急ブレーブス最後の勇者、青波戦士として頑張ってください!

萩原淳投手、歌藤達夫投手、オリックスを出してもらって良かったね(笑)
今のオリックスにいたらほぼ優勝なんて出来ないもんね。
日本シリーズの大舞台で緊張してちびるなよ。

坪井智哉選手、去年のオフは地獄を見たけど今年は見事な復活!
スタメンや代打で勝負強いところは相変わらずでした。
日本シリーズでも右へ左へヒットを量産してください!

改めてファイターズの皆様、完全優勝おめでとうございます!

…いいなぁビールかけ。うらやましいぞ、ファイターズファン!!!
北海道のファイターズファンは今夜は優勝特番で徹夜かな(笑)

ブログネタ
北海道日本ハムファイターズ に参加中!
ダルビッシュ幸せいっぱい、前代未聞のお立ち台会見だ。日本ハムのダルビッシュ有投手(20)が9日、楽天戦で10勝目を挙げたヒーローインタビューで、女優・サエコ(20)との結婚を前提とした交際と、妊娠を発表。3万5000人のファンから感動的な祝福を受けた。今季終了後にも入籍する意向だ。
(デイリー)


まずは結婚おめでとう、ダルビッシュくん。
あとパパにもなるんだってね、ダルビッシュくん。

昨日の試合はヒーロインタビュー狙いで試合に挑んだなんて…彼女思いだ。
こいつは男だよ。粋すぎるよ、この野郎は。。。
サエコちゃん、あんた幸せ者だで。

付き合いだして3ヶ月、お腹の中の子供も3ヶ月。
野球も恋愛も遊び球なし、全てストレートど真ん中。
なにもかも効率的だね。

(結婚してない奴が言うのもなんだけど)
昨日の対戦相手で、プロ野球界、愛妻家の大先輩、
ノムさん夫婦に負けない素敵な家庭をつくりなさいよ。

うらやましいぞ、てめぇら(泣)

関連:ダルビッシュ有オフィシャルサイト  サエコ栽培

このページのトップヘ