猛虎Japan!

タグ: 久保康友

福留復帰1号は12回V弾 国内公式戦は2103日ぶり

福留が笑った。待望の新天地1号が値千金の決勝アーチ。ヒーローインタビューでは「(試合が)長くて疲れました」と言ったが、勝利に貢献できた充実感が疲れを吹き飛ばした。

「12回なんで思い切っていこうと思いました。何とかしたいという気持ち。気持ちだけ。開き直っていくしかなかった」

12回先頭。カウント2―2から左腕・江草の139キロ速球を両膝を柔軟に使う独特の一振りでバットへ乗せ、右翼席へ運んだ。公式戦では、中日時代の07年7月3日の広島戦(福井)以来、2103日ぶりの一発だ。

「その前に僕自身が決められるところで決められなかった」。2回までの0―5の劣勢をはね返し、同点に追いついた7回。なおも2死二塁で右飛に倒れた。9回には鳥谷に開幕7試合目でチーム初アーチが飛び出し、さらに無死一塁の場面で、左飛と凡退。前打席まで5打数無安打と、責任を感じていただけに「何でもいいので、とりあえず1本出て良かった」と胸をなで下ろした。

細かい継投で1点リードの9回、今季から抑えに転向した久保を投入した時点で、残る投手は先発要員の能見だけ。その久保が4回、58球を投げきり勝利を得たが、引き分けでもダメージが残る試合だった。しかも、負ければ最下位転落という危機を救った福留を、和田監督も「凄いどころじゃない」と称えた。

「ベンチ全体に追いついてやろうという強い気持ちがあった。引き分けと勝ちでは違う。意味がある」

10年9月20日の楽天―ロッテ戦(Kスタ宮城)以来の5時間超えとなる5時間1分の乱戦を制した1勝。福留は明日へつながると信じている。(スポニチ)


開幕して早1週間。楽に勝った試合がない。なにか去年のような綱渡りな試合ばっかり。

9回オモテに鳥谷が値千金の一発で勝ち越したかと思えば、ウラの回に久保が2アウトから2つのフォアボールから崩れ失点、同点。勝利へのプレッシャーなのか、執念が足りないのか。試合を見てても物足りない。

延長12回、福留が放ったホームラン。ホントならヨッシャーと言いたいところなんだけど、早よ打たんかい!って言葉が先に出ちゃう。福留もひさしぶりの日本球界で苦労してるんだろうけど、毎試合内容が悪い。ここまでの完封負け3つは福留がどうにかしてくれてなきゃならんところ。良太が4番で苦労してるんだから打ってやらなきゃ。一緒になって凡打の山を量産しまくる福留の姿が腹立たしくって。。。

この試合でやっと長打の出た良太が最終打席で放ったショート併殺打。必死に併殺を阻止しようと1塁を駆け抜けた手前、肉離れを起こして登録抹消が濃厚なよう。さぁこれからというときに良太にもチームにも痛い怪我。代役の4番は誰になるのか。福留か新井のお兄ちゃんか・・・。ベテランの力がさっそく必要になったタイガース。カープ、巨人、ベイスターズ、楽に勝たせてもらえる相手がない。いきなり正念場。頑張れタイガース。頼むぞベテラン陣。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ6○7阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・1回戦

【神】メッセンジャー−藤原−鶴−加藤−安藤−福原−○久保
【広】久本−福井−横山−河内−今村−ミコライオ−中崎−●江草

【勝ち投手】久保(2勝)
【負け投手】江草(1敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷1号ソロ(9回オモテ・ミコライオ)福留1号ソロ(12回オモテ・江草)

阪神タイガース2013年通算成績 3勝4敗 対カープ 1勝

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神 九回無死満塁も完封負け

阪神は九回に無死満塁の好機を得たが、生かせず完封負けした。

先発の久保は毎回走者を出す苦しいピッチング。三回に2死から一、二塁とされると、宮本に先制二塁打を打たれた。四回には1死一、三塁から併殺崩れの間に1点を失い、5回9安打2失点で7敗目(4勝)。

ヤクルトは先発の館山が快投。8回3安打無失点で12勝目(8敗)を挙げ、自身の連勝を6に伸ばした。九回はバーネットが無失点に抑え、完封リレーとした。

館山は「一球、一球攻めていこうと思った。中村がいいリードをしていたので、ミットを目がけて投げただけ」と振り返り、自身の好調の要因について「交流戦で(チームが)10連敗して苦しいときもあったが、前を向いて練習したから」と話した。(デイリー)


今日からのヤクルトと神宮で4連戦。金本にとって最後の関東での試合。日曜日に引き続き5番・レフトでスタメン。今日のスタメンもチームに喝を入れるためであって、お別れ興行的な意味合いはないんだろうけど、神宮には東京ドームやハマスタに比べ、いつも熱心な虎ファンが応援に駆けつける。レフト・金本の大きな背中と偉大な背番号「6」を目に焼き付けて欲しい。

試合は虎キラーのスワローズ・館山とツバメキラーの久保の投げあいで始まったものの、久保は毎回ランナーを背負い、毎回得点圏にランナーを進める苦しいピッチング。3回に宮本に先制のタイムリー2ベース、4回には福地のセカンド併殺崩れの間に追加点。5回を投げ9安打2失点で収まったのが不思議なくらいの内容。今日は受けた今成とも息が合ってるように思わなかったし、ダメな久保が顔を出したマウンドでした。

対するタイガース打線は館山の前に8回まで3安打のみ。その3安打も3回に伊藤隼が先頭打者で出るも、次の今成がファースト併殺。6回1死から代打・平野が出塁も、上本がピッチャー併殺。8回は金本が先頭打者でレフト前ヒットも後続が続かずという、今シーズンお決まりのパターンで「0」を量産。

9回に館山から抑えのバーネットに代わり、上本、大和の連打、鳥谷フォアボールで無死満塁も良太が空振り三振、代打・マートンは初球を叩いてサード併殺打と一打同点、勝ち越しのチャンスも、夢見る間もなく、あっけなく終了。チームで5安打しか放てなかったのは問題だけど、それ以上にチャンスで3併殺の打線は大問題。なにを考えて打席に立ってるのかと。今季22度目の完封負けは球団ワーストタイ記録。完封負けの記録更新も時間の問題。残り8試合であと2試合くらい完封負けをやらかすんじゃないかと。

今季はどのチームにも苦戦している中でスワローズには相性のいい部類だったけど、スワローズ戦をカモにしていたブラゼルはアメリカに帰ってしまい、新井さんも腰痛で登録抹消。調子の上がってきたマートンは何故かベンチスタート、昇格の隼太もヒットを打って結果を残したものの、見ていて期待感に欠ける。スタメンの一覧を見ていても「おっ、面白いやんか」というものが全く感じられなかった。

隼太に限らず、森田にも、今成にも言えることだけど、もっとギラギラしたものが欲しい。ガッツあふれるものを魅せて欲しい。常にフルスイング、走る時はどんなときでも全力疾走。言うところの金本魂というやつ。上本や大和からは金本魂を感じる。まとまった選手なんていらない。自分の持ってるものを最大限に出せ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ3●0阪神タイガース〜神宮・20回戦

【神】●久保−藤原−渡辺−加藤−鶴
【ヤ】○館山−Sバーネット

【勝ち投手】館山(12勝8敗)
【セーブ】バーネット(1勝2敗30セーブ)
【負け投手】久保(4勝7敗)

阪神タイガース通算成績 51勝71敗14分 対スワローズ 10勝9敗1分.。o○o。.★.。o○o。.☆

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
1点差9回、金本大飛球も美技アウト

阪神はこの日引退を表明した金本が1点を追う九回1死一塁の場面に代打で登場。ヤクルトの抑え・バーネットから右中間方向へ大飛球を放ったが、中堅・比屋根のダイビングキャッチでアウトとなった。

阪神は初回1死二塁から鳥谷が右線へ適時二塁打を放ち先制。先発・久保は1-0の七回1死二塁から川本の中前適時打で同点にされ、八回には1死満塁から川端に右の適時打で勝ち越された。久保は8回2失点で6敗目(4勝)。

ヤクルトは連勝で3位に浮上。先発・館山は8回1失点で10勝目(8敗)。館山は降板後の九回に金本登場のシーンをベンチで見守ったが、「バーネットがしっかり抑えてくれたし、(比屋根の)すごいプレーが出たし、みんな必死に戦っていたので安心して見てました」と話した。(デイリー)


試合開始前に飛び込んできた衝撃の「金本、引退固める」。目を疑った。来年もやるものだと思っていたので、しばし唖然。守りに関しては限界だと思うけど、走る、打つに関してはまだまだいけると思うし、現に代打では5割近い数字を残し、勝負強さを発揮。来期は大幅減俸を呑んで、代打の切り札で…という考えがチーム内にもあっただろうけど、4番で試合に出続けた男のプライドが許さなかったのかな。金本引退についてはまた別にエントリーで思いを書かせてもらうとして、タイガースでの10年間ありがとうございました。そしてプロ人生21年、お疲れ様でした。引退試合になろうかと思われる10月5日のチケット確保しました。タイガースの金本が見れるのも、残り18試合。チームのため、ファンのため、そしてアニキのために全力を尽くして勝て!

今日の試合はなんとしてでも勝たないといけない試合でしたが、せっかくナゴヤで復調したと思った打線は甲子園に帰ってから逆戻り。初回1死から大和の内野安打&二盗でチャンスを作り、トリがひさしぶりのタイムリーをライト前へ運び幸先よく先制するも、ヤクルト先発館山の前に2回以降散発5安打と押さえ込まれる始末。

タイガース先発は久保。ツバメキラーらしく8回までにヒット10本を集められながらも、失点は2。7回に川本のタイムリー、8回には1死満塁から川端にライト前タイムリーと7回、8回に1点ずつ失点。それでも今日のような内容ならば勝ち星がつかないといけない。これで負けをつけられる久保然り、昨日のメッセンジャー然り、たまったもんじゃない。完封すれば負けはしないけど、野球はそこまで簡単なスポーツやおまへんで。

9回には1死から新井さんが粘りながらもフォアボールを選び、アニキ金本が平野の代打として登場。この日一番の盛り上がり。44歳、衰えが見えたといっても鉄人パワーで乗り切ってきた21年間。見慣れた構えから放たれる、いつものフルスイング。ヤクルトの抑え・バーネットのストレートを思い切りシバきあげた打球は右中間へ弾丸ライナー。誰もが抜けたと確信した打球でしたが、ヤクルトの俊足センター・比屋根が一か八かのスーパーダイビングキャッチ!抜けていれば確実に1点をもぎ取れていた打球を奪い取られてしまいました。呆然とするベンチ、苦笑いの金本。相変わらず打球速度はとんでもないだけに、ホントに辞められるのがもったいない。

これで2アウトとなり、続くは代打・桧山が告げられるも、最後は止めたバットに打球が当たってしまい中途半端なサードゴロで試合終了。勝てた試合。勝たなければいけない試合を落とし、再び借金は19であります。

「金本、引退」の動揺がチームにない…といえばウソだろうけど、金本の鉄人魂を各々引き継いで、打者で言うならフルスイングするなり、いつも全力疾走するなり、チームに貢献できること、金本が21年間続けてきたプレーで、金本に恩返し、チームに力をつけてやって欲しいと思います。

金本とプレーできるのも残り18試合。ひとつでも勝ち試合を作って、金本と勝利のハイタッチをできるように、1度でも多く金本の笑顔が見れるように、チームで全力を尽くせ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1●2東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・18回戦

【ヤ】館山−Sバーネット
【神】●久保−榎田−渡辺

【勝ち投手】 館山(10勝8敗)
【セーブ】バーネット(1勝2敗25セーブ)
【負け投手】久保(6勝4敗)

阪神タイガース通算成績 47勝66敗13分 対スワローズ 9勝8敗1分




ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、21年ぶり巨人戦9連敗

阪神は同点で迎えた九回、榎田、福原の継投陣が崩れて4失点し敗れた。これで巨人戦は2分けを挟み9連敗。1シーズン内では1991年の10連敗以来21年ぶり。

打線は3点を追う二回、新井良が前の試合から続く、プロ初となる2打席連続11号ソロを放ち1点を返すと、2死満塁とし、上本の押し出し死球で1点を加えた。三回には2死一、三塁から、平野が右前に同点適時打を放った。

巨人は沢村が新人から2年連続の2桁勝利に挑んだが、制球が定まらず六回8安打3失点で降板。打線は初回に阿部の21号2ラン、二回には実松の2号ソロで計3点をリード。そして同点の九回、代打・谷の適時二塁打で1点を勝ち越し、上本のエラー、坂本の適時二塁打などで計4点を奪った。(デイリー)


初回、阿部の先制2ラン、2回には実松のソロでいきなり3点のビハインド。今日も苦しい展開になるのかなぁ…って思ったところへ、2回ウラ先頭の若き4番・新井良太が巨人先発・澤村のストレートをドンピシャリのタイミングで捉えた打球はレフトスタンド中段へ放り込む第11号特大ソロホームラン!この回はさらに新井兄がフォアボール、平野、藤井の連打で2死満塁のチャンスを作れば、上本が押し出しデッドボールを選んで1点差。なんだか荒れそうな気配の甲子園。3回にはトリのフォアボールから新井さんがヒットで繋ぎ、平野が右中間を破るタイムリーで同点。

ここまで巨人には8連敗中。甲子園での巨人戦なのに、ライト上段、レフト外野席。アルプス席にも空席が目立つ有様。観衆はそれでも他球団が羨む35000人。弱い弱い阪神に精一杯の応援をしに甲子園へ駆けつけてくれたファンに一矢報いる戦いをしなければならない。3点ビハインドの展開を追いつき、機動力を生かした攻撃陣、守ってもサードファウルフライを追ってカメラマン席へ突撃して打球を血まみれになりながら打球を確保した良太の闘争心。投げても立ち上がりこそ2本のホームランを打たれたものの、それ以降は完璧に巨人打線を封じ込め、7回には藤村の強襲ヒットを頭に受けながらも、8回を7安打3失点と粘り強く投げぬいた久保の根性。今日のタイガースからはいつも以上に勝ったろう!という気持ち、気合が感じられたんですが。。。

所詮5位のチームの闘争心なんかしれてるんかな…首位をひた走るチームの集中力、どこか見え隠れする余裕。9回の巨人の攻撃は巨人の底力を見たような気がします。タイガースのマウンドには2番手・榎田。先頭の矢野にいきなりレフトオーバーの3塁打。これはマートンの打球処理がいただけないのもあるけど、簡単にチャンスメイクしてくるあたり、さすが。続く谷も追い込まれながらもインコース低めのストレートを3塁線へ図ったように放ち勝ち越しタイムリー。このあと上本の送球ミスから1点を失い、さらに併殺崩れの間に1点、トドメは坂本が左中間へタイムリー2ベースを放って勝負あり。

勝負どころでミスが出ては勝てるもんも勝てないし、集中力も途切れてしまう。9回の4点は上本のエラーが記録されているけど、矢野のレフトオーバーの3ベースや坂本の左中間へのタイムリー2ベースも記録には残らないものの、マートンのクッションボールの処理の仕方が雑。深い追いしすぎて跳ね返った打球をさらに追い掛け回してる無駄なプレーが気になりました。

なんの目標も戦うことほど難しいことはないと思うけど、このまま巨人が苦しまぬままスッと優勝させるのもつまらないことはない。明日、明後日と連勝して、不安にさせてやるのもええかもしれないね。明日の先発はランディ。大崩はないだろうけど、ランディが投げる日に限って打撃陣が打たない…。そろそろ巨人戦を快勝で終えたい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●7読売ジャイアンツ〜甲子園・19回戦

【巨】澤村−高木京−○福田−西村
【神】久保−●榎田−福原−筒井

【勝ち投手】福田(6勝1敗)
【負け投手】榎田(3勝3敗2セーブ)

〜ホームラン〜
【巨】阿部21号2ラン(1回オモテ・久保) 實松2号ソロ(2回オモテ・久保)
【神】新井良太11号ソロ(2回ウラ・澤村)

阪神タイガース通算成績 44勝63敗12分 対ジャイアンツ 3勝13敗3分

榎田が8回ラミレスに決勝2ラン被弾

2-2の八回、阪神は2番手の榎田が先頭・金城に死球を与え、続くラミレスに決勝の左翼へ16号2ランを浴びた。

先発・久保は二回1死二塁から後藤の右中間適時二塁打で先制点を許し、四回は無死満塁から後藤の左犠飛で2点目を奪われた。

阪神は0-2の七回、先頭の新井良が右中間二塁打で出て、金本の二ゴロで三進し、続く坂の二ゴロで1点。八回は2番手・藤江を攻め、1死二、三塁から平野の中前適時打で同点。この間、二塁走者の俊介は三塁でタッチアウトとなった。久保は7回2失点。榎田が2敗目(2勝2S)。

DeNAの先発・三浦は7回1失点。藤江が2勝目(2敗)。決勝2ランのラミレスは「横浜のファンの皆さんをお立ち台から見られて最高の気分です。打った瞬間に入ると思いました。(日本語で)浜のラミちゃん、絶好調!」と笑顔を振りまいた。(デイリー)


秋田では巨人とドラゴンズの首位攻防戦、神宮では3位を争い広島とヤクルトのCS出場権争奪戦、そして横浜では横浜と阪神の最下位攻防戦と各地で熱い戦い。

ベイスターズにはこの3連戦、是が非でも頑張っていただき和田阪神を奈落の底へと突き落としていただけたらなと。最下位になったところでチーム状況が好転するわけではないだろうけど。。ベテラン優遇、前試合のヒーロー・ブラゼルを再びベンチスタートと相変わらずの贔屓采配。どうにかしなあかん、このチームは。和田の私物ではない。

試合は8回に同点に追いついたものの、ウラの回に中継ぎが捕まって負けるっちゅう、今季幾度と見た負けパターン。打たれた榎田は悪いとは思わない、藤井の構えたところへ投げてたし。ホームランを打ったラミレスにあっぱれ。藤井の配球?知らん。

ベイスターズはセンターラインさえしっかりすれば、来年、再来年と必ず浮上して怖いチームになると思う。最下位ながら選手を鼓舞し続ける中畑監督。選手たちはきっと、あの人のために胴上げをしてみせようと決めてるはず。ベイスターズよ、5位になるんやで。5位になって自信をつけて一つずつ順位を上げていこうやないか!最下位のイスは俺たちに任せろ!あと2つ勝てよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜DeNAベイスターズ4●2阪神タイガース〜横浜・19回戦

【神】久保−●榎田
【横】三浦−○藤江−S山口

【勝ち投手】藤江(2勝2敗)
【セーブ】山口(1勝2敗16セーブ)
【負け投手】榎田(2勝2敗2セーブ)

〜ホームラン〜
【横】ラミレス16号2ラン(8回ウラ・榎田)

阪神タイガース通算成績 41勝60敗12分  対ベイスターズ 8勝9敗2分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・藤川が0-0の9回に失点敗戦

阪神が0-0の九回、抑えの藤川が打たれて敗れた。

阪神・久保と中日・ソトの両先発が投手戦を展開。久保は8回5安打無失点。九回は藤川が登板したが、先頭の山崎に中堅へ二塁打を許し、代走・岩崎が犠打で三進。続く平田の遊撃強襲二塁打で先制点を許した。

阪神は1点を追う九回、2番手・山井から先頭・新井良が左前打で出塁し、代走・柴田。俊介のバントを山井の二塁悪送球で無死一、二塁。続く新井貴がバントを空振りすると、二塁走者の柴田が三塁でタッチアウト。新井貴は三振に倒れ、代打・桧山が四球で2死一、二塁として代走は坂。最後は今成が三振に倒れた。

ソトは8回4安打無失点で2勝目。「神様のおかげです。きょうは守備に助けられました。谷繁さんと呼吸があって良い投球ができました」とコメントした。(デイリー)


8回を投げ終えて散発5安打4奪三振、124球無失点ピッチング。久保を8回を下ろすべきだったのか、そうでなかったのか。球数からして代え時だったんだろうけど、9回は6番の山崎から谷繁、平田と下位打線と相対するマウンド。山崎には4回に2ベースを打たれてるものの、それ以外は抑え込んでいたし、久保自身疲れを感じさせない様子だったので、9回1イニングを投げさせてもよかったんじゃないかと。投げたところで30球も、40球も投げるわけでもないだけに。。ただこれは結果論なんでなんとでも言えるんだけど。

今日の久保は序盤戦の1回、3回、4回と得点圏へランナーを進めることもあったけど、5回以降はスライダー、ストレートを軸にいつも通りの打たせて取るピッチング。飄々と涼しげに投げる久保に、打線の援護を期待するも、対したドラゴンズ先発・ソトもタイガース打線を牛耳る散発4安打ピッチング。久保、ソトの投手戦はどちらもテンポよく投げあうため、7回を迎えたところで時刻は20時。開始2時間で終盤戦を迎える展開に、どちらかが失点すれば負けという我慢比べの展開に。

試合が動いたのは9回。8回まで好投を続けていた久保に代えて、守護神・藤川球児を投入。これが裏目。久保に抑え込まれていたドラゴンズ打線は息を吹き返すように、先頭の山崎が左中間へ2塁打を放ち、谷繁が送って3塁へ進めると、続く平田が強振した打球はショート鳥谷のグラブを弾く、タイムリーヒットでドラゴンズ先制。これが決勝点。このあと代打・野本がフォアボール、大島がライト前ヒットで1死満塁の大ピンチ。ドラゴンズ押せ押せムードの中、荒木を三振、和田を1塁ファウルフライにしとめて3アウト。

「球児で打たれればしょうがない。」「球児は京セラドームが苦手だからしょうがない。」球児も人の子だから打たれることもあろうけど、プロならどんな状況下でも抑えろ。球場へ行くと球児をかばう声がちらほら聞かれるんだけど、こういう特別扱いは大嫌いだ。

打線は最終回、ソトに代わってマウンドに上がった2番手の山井に対し、良太のレフト前ヒット、俊介の送りバントがフィルダースチョイスで無死1・2塁となり、バッターは新井さん。今回は新井さんにバント指示なんて馬鹿なことはしないだろうと思っていたら、早速バントの構えをした新井さん。新井さんはなんの為に試合に出場しているのか?「長打が魅力」の1点だと思うんだけど。。。その選手にまたまたバント指示とは…ベンチの指示には首を傾げる。この采配で新井さんが2球目のバントを空振りした際に、決めつけでスタートした2塁走者の柴田が3塁で憤死。このあと追い込まれたバッターの新井さんも三振に倒れ、2アウト。続く代打・桧山がフォアボールで2死1・2塁となったり、いつものチグハグっぷり。最後は今成が三振に倒れ試合終了。

今宵も勝てた試合をミスミス落とした和田阪神。ワンチャンスをしっかりモノにした高木ドラゴンズ。和田監督の勝負師としての資質、勝負勘というのはどうなんだろうね。ため息も出ない。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース0●1中日ドラゴンズ〜京セラドーム大阪・15回戦

【中】○ソト−S山井
【神】久保−●藤川

【勝ち投手】ソト(2勝)
【セーブ】山井(4勝3敗2セーブ)
【負け投手】藤川(2勝2敗17セーブ)

阪神タイガース通算成績 39勝57敗11分 対ドラゴンズ 3勝11敗1分

阪神が連勝 新井良が先制打 上本2得点

5位・阪神が最下位・DeNAとの3 連戦の初戦を勝った。阪神は2連勝。

四回先頭の上本が死球で出塁。犠打で 二進し、鳥谷が四球後、4番・新井良が 三遊間を破る適時打を放って1点を先制した。八回は先頭・上本が右越え三塁打。続く平野が右中間に適時二塁打。さ らに暴投で無死三塁とし、続く鳥谷も中前へ適時打を放ち、DeNAの先発・三浦をKOした。

先制打で2試合連続のヒーローインタビューとなった新井良は「三浦さんはすごいピッチャーなので。初球から何でも いこうと思いました。上本がよく還って くれ、ホント感謝しています。皆さんよ りも自分が一番、4番目の打者だと思っ ているので、足もとを見てこれからも頑 張っていきたいです」と話した。

先発・久保は6回無失点で4勝目(5敗)。加藤、鶴、福原とつなぎ、九回は藤川が1死一、二塁から下園に適時打を打た れ、なおも1死満塁とされたが、併殺で切り抜けた。

DeNAは2連勝で止まり、三浦は7回0/3を投げ、3失点で7敗目(8勝)。(デイリー)
振り向くと最下位が迫ってきた中でのベイスターズとウラ天王山。この3連戦、ベイスターズは三浦、藤井、高崎と表ローテ3枚をぶつけ、いつも以上に本気モードで挑んでくるのが見えてるだけに、3連戦の頭を取ったのは大きかったんじゃないかな。

ベイスターズ先発は虎キラーの三浦。対阪神戦はここ2試合打ち崩してるだけに今日も!と期待のかかった一戦。

4回先頭の上本がデッドボールでチャンスメイク、平野が送り、トリもフォアボールで4番・新井良太。相手の自滅から得たチャンスを三遊間へしぶとくタイムリーを放って先制点。8回にも上本が3塁打でチャンスメイクすると、平野が右中間へタイムリー2ベースを放ち、さらにはトリがセンター前タイムリーで3点目。上本、良太、鳥谷…若い力が躍動して奪い取った3得点。こうやってベテラン陣を追いやっていくんだ、こうやって世代交代の波を作っていくんだ。ファンが望んでいる野球はこういうもんだ。

投げては久保が飄々と投げ、6回無失点。好調のスタン、メッセの両外国人に加え、能見、久保が調子を上げてくれると投手陣は盤石に。

今月初めての連勝!明日も明後日も勝って願わくば3タテ、4連勝。お盆で里に帰ってきている偉大なタイガースOBの方々にせめてもの意地を見ていただければ。

CSの可能性が復活したというものの、様相的には不可能に近い。若手のさらなる登用で来期への戦いへの下地作りを作るんだ!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神2カ月ぶり3連勝 1番上本先制点

阪神が5月23〜27日以来、約2カ月ぶり、今季5度目の3連勝。

九回は藤川が抑え、15セーブ目を挙げた。阪神は初回、今季初スタメンで1番に起用された上本が左中間二塁打で出塁。1死三塁から鳥谷の右前適時打で先制のホームを踏んだ。さらに新井貴の右中間二塁打で鳥谷が一塁から一気に還って2点目。三回には新井貴の左中間二塁打とマートンの中前適時打で3点目を挙げた。

先発・久保は五回に川端に右翼へ2号2ランを運ばれたが、7回2失点(自責0)で自身3カ月ぶりの3勝目(4敗)。「初回から全力でいけるとこまでいこうと思い、投げてました。先取点をもらい、いい流れでした。あのまま0点で進んでいけば良かったが、あそこで2点取られるのが僕らしいですね。(その後の)畠山さんにはまた一発打たれると同点なので全力でいきました。久し振りのお立ち台と勝利で、どうリアクションしていいか分からないですね」と、ジョーク交じりに喜びを表した。

ヤクルトは3連敗。先発・村中は6回3失点で5敗目(5勝)。(デイリー)


セ・リーグ6球団の中で4連勝以上を経験していないのがタイガースとベイスターズの2球団。どんなに弱いチームでもシーズン通して大型連勝は1度か2度あるはずなんで、そろそろタイガースも経験して良いんじゃないですかね。ずっと苦しい思いをしてきてるんで、ちょっと夢見たいなぁ。。。

今日はスタメンから不振の平野を外し、今季初スタメンの上本を1番・セカンドで起用。この和田采配がズバリはまりました。初回、スワローズ先発・村中の不安定な立ち上がりを上本の左中間への2ベースで先制パンチを食らわすと、大和が送り、続く鳥谷がライトへ先制タイムリーを放ちチームに勢いをつけると、新井さんも右中間へのタイムリー2ベースを放って、2点を先行する幸先のいいスタート。3回にも新井さんが左中間へ2ベースを放ってチャンスメイクすると、マートンがセンター前タイムリーで3点目。

こないだまでは繋がりに欠ける打線でしたが、鳥谷、新井さん、金本、マートン、良太の並びがここへ来てフィットしてきたように思います。今日の上本、大和の快足コンビも個人的にお気に入り。平野の打撃の調子が上がってこない現状を思うと、今日の並びがベストではないかなと思います。

タイガース先発はツバメキラーの久保。勝ち星から遠ざかること3ヶ月。援護がなかったり、中継ぎをやったり、ファームで調整したりと、久保らしいマウンド捌きが見れず、もがいて来たシーズンなだけに、今日のマウンドにはいつもの見慣れた本来の久保の姿がありました。

立ち上がりから毎回のようにランナーを背負いつつ、4回まで無失点で凌ぐも、5回に田中のショートゴロを鳥谷がエラー、ここから川端にライトポール直撃の2ランを浴びて1点差に。しかしながら、ここで潰れないのが久保。この一発で気合を入れなおした久保は6回先頭のミレッジ、松井淳と連続三振でスワローズ打線の反撃の芽を摘むと、7回も簡単に3人で締めて、7回を5安打2失点のナイスピッチング。6回、7回と気合を入れなおしてからというもの、ストレートがさらにキレ増したのは笑いました。あれではスワローズ打線は打てない。

8回、9回と残りのイニングを託されたリリーフ陣は8回を筒井、福原でビシッと締め、9回は球児が久しぶりの僅差の場面で登場。簡単に2死を取るも、森岡のヒット&森岡の代走に起用の比屋根、代打・藤本のレフト前ヒットで同点、勝ち越しのランナーを背負う…という場面になりかけましたが、1塁ランナーの比屋根の快足が仇。マートンがトリックプレーを仕掛けた訳ではないのだろうけど、比屋根が3塁をも狙うだろうと踏んだ守備を見せたものだから、まさかマートンにビシッと刺されるとは(笑)比屋根が呆気に取られ、試合終了。

同一カード3連戦3連勝はないだけに、チャンスのある明日はなにがなんでも勝って欲しい。安定感のあるスタンリッジに、復調気配の打線。しばしの間、甲子園を明け渡して旅に出るタイガース。景気づけに3タテ、4連勝と行こうぜ!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3○2東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・12回戦

【ヤ】●村中−山本哲−増渕
【神】○久保−筒井ー福原−S藤川

【勝ち投手】久保(3勝4敗)
【セーブ】藤川(2勝1敗15セーブ)
【負け投手】村中(5勝5敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】川端2号2ラン(5回オモテ・久保)

阪神タイガース通算成績 35勝46敗8分 対スワローズ 7勝4敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が今季4度目の5連敗で借金12

阪神が今季4度目の5連敗を喫し、借金12となった。

五回に2死二塁から鳥谷の適時二塁打で先制したが、その裏、先発の久保が堂上剛に適時打を許し同点。六回には1死一、三塁から、2番手・筒井が森野に右前へ適時打を打たれ、勝ち越された。八回には福原が、谷繁に通算3000塁打となる2号2ランを左翼へ運ばれた。

中日は3連勝。先発・ソトに代わり、六回から登板の2番手・山井が3勝目(3敗)。(デイリー)


「1から出直そう」「開き直ろう」今シーズン何度聞いたことか。

オールスター前の3連敗と今回の連敗で今季4度目の5連敗。打てない、打てないと嘆くわりには、選手に悲壮感があるわけでもなく、ベンチも動きを見せるわけでもない…。借金はまた1つ膨らみ12。真弓時代の09年以来3年ぶりの借金12。ちなみに09年の真弓阪神は借金12から5まで減らし、終盤はヤクルトとCS進出をかけて3位争いをしていたんですが。今の和田阪神にはここから盛り返す力、反発力といったものは微塵も感じられません。このままだと久しぶりに「阪神・借金20」なんて言葉も聴けそうです。

チーム状態が悪いと集中力も欠ける。5回にトリが左中間へのタイムリー2ベースで先制した直後の5回ウラ、ひとつのミスからまたも崩壊。タイガース先発は久保。5回ウラ1死1塁、バッター谷繁を迎えるまでは久保らしくテンポのいいマウンドでした。谷繁を打ち取ったの打球は普通のサードゴロでした。が、サードの良太が処理を焦ってファンブル。5→4→3の併殺で無失点で切り抜けるはずが、1死1・2塁となり、流れがドラゴンズへ傾くと、代打の堂上兄がライト前タイムリーで同点に追いつかれると、6回にも和田の2塁打、井端のヒットで1死1・3塁とされると、ここで2番手・筒井にスイッチ。対するは森野。外野へ運ばれると1点は覚悟しなければならない場面。筒井は森野をライトライナー…にしとめたはずでしたが、ライトの柴田がグラブに納めつつもまさかのポロリ。記録上はヒットでしたが、前進守備だったにも関わらず、失点を阻止できなかったのは痛かった。

8回には4番手の福原がランナーをひとり置いた状態で、谷繁にレフトスタンドへ2ランホームランを放たれトドメ。打線は9回にソーサを攻め立て2死1・3塁のところまで詰め寄りましたが、最後は平野がセカンドフライに倒れて試合終了。

ナゴドでは今季未だ勝てず7連敗。次は9月にナゴドで3連戦があるけど、1勝できたら御の字。この調子じゃ今季1勝もナゴヤでは勝てなさそう、ナゴヤ、東海地方の虎党の皆さんが気の毒。。。昨日の試合終了後の会見で「悔しいを通り越して屈辱」と言い放った和田監督。今のメンバーで今日も屈辱の上塗りされたわけだし、明日はスタメンをフレッシュにして、若いのに賭けてみてはどうですか?あんまり期待してませんけど。。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ4●1阪神タイガース〜ナゴヤ・14回戦

【神】●久保−筒井−鶴−加藤−福原
【中】ソト−○山井−田島−Sソーサ

【勝ち投手】山井(3勝3敗)
【セーブ】ソーサ(4勝2セーブ)
【負け投手】久保(2勝4敗)

阪神タイガース通算成績 32勝43敗8分 対ドラゴンズ戦 3勝10敗1分

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
鳥谷がサヨナラ二塁打 20日ぶり連勝

阪神が延長十回サヨナラ勝ち。20日ぶりに連勝した。2死から大和が内野安打で出て、続く鳥谷がヤクルト・山本哲から左線へ適時二塁打を放ち、一塁から大和が一気に生還した。

ヒーローの鳥谷は「打てて良かった。還すというより後につなげようという気持ちだった。飛んだところが良く、サヨナラという形になって良かったです。(主将として)どんな形でも試合に勝てるようにしたい。オールスターまで残り4試合、すべて勝つつもりで選手はやります」と、冷静な中にも熱い気持ちを込めて話した。

阪神は0‐0の五回2死一、三塁から今成、久保の連続適時打で2点を先制。先発の久保は7回無失点。二回と四回は1死満塁のピンチをともに併殺で切り抜けた。しかし、八回に登板の2番手・榎田が畠山に6号2ランを浴びて同点に追い付かれた。(デイリー)


熱気覚めやらぬ甲子園。行ってよかったあああああ(笑)

「野球は2アウトから。」「野球は筋書きのないドラマである。」誰が最初にこんな上手いこと言うたんでしょうね。差し迫る3時間半ルール。ヤクルトベンチの姑息な時間稼ぎ。2アウトを取られたときは今日は引き分けかなと思ったんですが、最後の最後にドラマがありました。れ

タイガース先発は久しぶりの先発…というか1軍のマウンドも久しぶりの久保。初回は3分でヤクルトの上位打線を退ける上々の立ち上がり。2回は1死から松井淳、宮本の連続ヒット、福地へのフォアボールで満塁のピンチを背負いますが、相川をフルカウントからショートへ注文どおりの併殺打を打たせ、ピンチ脱出。同じような場面が4回にもあり、松井淳、宮本、福地がそれぞれ塁を埋め、またも相川。今度はサードへ併殺打。がけっぷちへ追い込まれながら、ことごとく相川に助けてもらう久保。スワローズ先発の館山、受ける相川。攻守交替の時、受けるとき、気まずかったろうね(笑)

打線は館山の前に4回終了時でショートエラーで金本が出塁したのみ。ヒット、フォアボールともなし。早いところ久保を援護してあげたいところへ5回、新井兄のヒット、新井弟のフォアボールで2死1・3塁のチャンスを作ると、今成が先制のセンター前タイムリーを放って1点。次のピッチャー・久保も野手顔負けの鮮やかなセンター前タイムリーで2点目。打ちあぐねていた館山を攻略?できました。

今日の久保はストレートの球威は球速表示以上のモノが出ていたように見えたけど、変化球がなかなか決まらず、必然的に球数が増えたマウンドでした。ランナーが出るもノラリクラリとスワローズ打線を翻弄。7回を投げ終え110球。個人的にはあと1イニング引っ張ってもよかったんじゃないかな。榎田や筒井、渡辺の負担を軽くしてあげてよかったのでは…。久保は7回6安打無失点。悪いなら悪いなりの範囲で好投するピッチング…ベテランの技ですな。

8回から久保を継いで榎田へスイッチ。勝利の方程式に移行したんですが、この交代が裏目…。田中浩にデッドボールを与え、4番の畠山にレフトへ2ランホームランで同点。ここへ来て榎田の内容が少し悪いのが気になる。去年もこの時期に疲れが出て打たれるシーンがあったけど、今年も疲れかな。。

9回は3番手・福原が2死からミレッジにヒットを打たれるも、牽制で刺して三人で仕留め、流れをタイガースに呼び込むと、9回ウラにサヨナラの足音が。1死から浅井のヒット、2死から平野のセンター前ヒットで1・3塁とチャンスを拡大し、好調の今成へ。しかし、今成はファーストゴロに倒れ、延長戦へ突入。

10回は球児。先頭の田中にライト前ヒット、続くピッチャーのところへ代打・バレンティンが告げられ、その打席に代走の比屋根にスチールを決められ、無死2塁。一打勝ち越しのピンチでしたが、ここから球児の本領発揮。バレンティン、畠山、松井淳のクリーンアップをバッサリ斬り無失点。サヨナラへのリズムをつけるリリーフ。

10回ウラを迎える時点で21時19分。阪神の攻撃次第では11回もあり得る場面、先頭は球児の代打の桧山でしたが三振、続くマートンはフルカウントまで粘るもキャッチャーファウルフライ。この時点で21時27分。ここでヤクルトベンチから荒木コーチが飛び出し、時間稼ぎ。だけど、この行為は無駄でした。2アウト、残り時間3分のから大和がショート内野安打。気迫のヘッドスライディングでサヨナラの機運を呼び込むと、ここで時間制限一杯。続くトリ次第で試合が決まる場面で3ボール1ストライクからレフトへ流し打ち!快足をぶっ飛ばす大和。1塁からのナイスランで本塁を踏み入れ見事なサヨナラ勝ち!

3塁ベース上で祝福されるトリ。お祭り騒ぎのスタンド。今年も甲子園でのナイスゲームは何度となくあったけど、この試合ほど球場が揺れたのは今季初じゃないかな?お立ち台でのトリは相変わらず淡々とした受け答えだったけど、ベンチに下がってからは騒いでたろうね。

7回までの試合展開なら9時までに終わっていた試合ですがね。まぁ勝ったからヨシとしましょう。引き分け、負けだったら、また波に乗り切れないまま、翌日の試合に挑むことになっただろうし。勝って良かった!トリナイスバッティング!大和ナイスラン!でした。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3×○2東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・9回戦
(10回ウラ・サヨナラ勝ち)

【ヤ】館山−正田−押本−日高−バーネット−●山本哲
【神】久保−榎田−福原−○藤川

【勝ち投手】藤川(2勝1敗14セーブ)
【負け投手】山本哲(1勝2敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】畠山6号2ラン(8回オモテ・榎田)

阪神タイガース通算成績 32勝38敗8分 対スワローズ 5勝3敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が甲子園で交流戦4連敗

阪神が今季本拠地スタートの交流戦で勝ち星なしの4連敗。借金を2とした。

先発の久保をはじめ、投手陣が楽天打線に七回まで2ケタ15安打を浴び、10点を奪われた。久保は4回4失点。九回は藤川が調整登板した。

阪神は0‐1の一回、、初先発の高卒新人・釜田から、暴投とブラゼルの左前2点適時打で3点を奪い、一時は逆転に成功。6点を追う九回には2死からブラゼルが右翼へ5号2ランを放ったが、そこまでだった。

楽天は連勝で貯金3。前日が3打数2安打、この日が4打数4安打4打点の2番打者・銀次は、「左右どちらの投手が相手でも関係ないです。(盛岡中央高時代は甲子園経験がなく)夢の甲子園で気持ちがいいです」と、声を弾ませた。(デイリー)


今日は甲子園にいくつもりはなかったのですが、友人から観戦のお誘いが来たので行ってしまいました。打てば打たれる、抑えたら打てない。選手や首脳陣はどういう野球を目指しているのか。ファンをおちょくってるのか。いい加減にしたまえ。

タイガースの先発は久保。5月8日以来、ひさしぶりの先発マウンドでしたが初回からピリッとせず。立ち上がり、銀次の2ベースからフェルナンデスのセンター前タイムリーであっさり先制点。今日も嫌な重い試合をするのかと思いましたが、打線がすかさず反撃。

イーグルスは先発は高卒ルーキーの釜田。星野監督に佐藤ピッチングコーチの思い切った起用。これには黙っていられない阪神打線。阪神打線を抑えて自信をつけさせようという戦略だったんでしょう。先頭のトリがショート内野安打、マートンがショートのエラー、金本がライト前ヒットで出塁し、1死満塁といきなり攻め立てると新井さんの打席で釜田のワイルドピッチで同点に追いつくと(新井さんは三振)、続くブラゼルはレフトへ2点タイムリーを放ちあっさり逆転!やれば出来る阪神打線はこのあと移籍後初スタメンの今成がライト前ヒット、今季初スタメンの田上がフォアボールを選び満塁までもっていくもピッチャー・久保はあえなく三振。しかしながら久しぶりの打者一巡の攻撃に、ひさしぶりの3得点。今日は勝てるぞ!という雰囲気が甲子園を包んだんですが、そんなに甘いもんじゃない。

2回は三者凡退で切り抜けた久保でしたが、3回1死から聖澤のヒットをきっかけに満塁にされ、再びフェルナンデスにセンターへ同点の2点タイムリー。4回には桝田のレフトへのヒットを金本の拙い守備から3塁打にしてしまい、代打の小斉に犠牲フライを打たれて勝ち越し。久保は7安打4失点で4回KO。交流戦初勝利への道がこれで重たいものになると、このあとに投げたピッチャーも連鎖反応のように打たれる打たれる…。

5回から2番手で登板の渡辺はヒットとフォアボールから牧田にライト前タイムリー。6回から登板の筒井はヒットと送りバント得点圏にランナーを置いて、銀次にライト前タイムリー。7回も続投したもののフォアボールとデッドボール、ヒットで満塁にし、聖澤にショートタイムリー内野安打、銀次にライトへ走者一掃3点タイムリ3ベースを打たれメロメロ。

打線は5回に金本と新井良太のヒットでチャンスを作り、関本のタイムリーで1点差に迫り、2死満塁の場面でトリがライト線へいい当たりを放つも、フェルナンデスの攻守に阻まれたりと頑張りは見えたんですが…。

6点差の9回には5月11日以来登板のない球児が調整登板で出てくる始末。球児に申し訳ないし、こんなマウンドは情けなさすぎる。

9回の攻撃もマートン、金本とあっさり2アウトを取られ、走者なしで新井さん。この場面では鳴り物応援を止め、みんなで「打てー」と念力送り。これが通じたのか新井さんはセンター前ヒット、続くブラゼルにも「打てー」と念力を送れば、ライトポール際へ特大2ラン!これはいけるぞとばかりに、代打の林ちゃんにも「打てー」と念力を送りましたが、そんなに上手くいくはずもなくレフトフライに倒れて試合終了。

楽天は聖澤にしても銀次にしても小粒な選手なのにしっかり振れて力強い打球がビュンビュン飛んでいく。キャンプで大久保打撃コーチの下、アーリーワークをした結果が今日の10得点であり、現在の順位なんだろう。投手陣もマーくんや永井が帰って来るまで、みんなで埋めようと必死に頑張っている結果が昨日であり、今日の釜田の抜擢であったり。和田監督が常々標榜する「一丸野球」は楽天がいい見本だ。弱いなら弱いなりにみんなで切磋琢磨して強くなろうぜ!って意気込みがこの連戦で伝わってきた。それに引き換え、阪神にはそれがない。星野監督が阪神の監督に就任してチーム一丸となって燃えまくっていたのはちょうど10年前。あの頃を思い出せ!「熱くなれ」って、言い出したのはどこのどいつや!一緒や!打っても!!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース6●10東北楽天ゴールデンイーグルス〜甲子園・2回戦

【楽】釜田−川井−美馬−ハウザー−小山伸
【神】久保−渡辺−筒井−鶴−藤川

【勝ち投手】美馬(3勝1敗)
【負け投手】久保(2勝3敗)

〜ホームラン〜
【神】ブラゼル5号2ラン(9回ウラ・小山伸)

阪神タイガース通算成績 17勝19敗5分 対ゴールデンイーグルス 2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が31イニング無得点で3連敗

阪神が引き分けを挟み2試合連続の完封負け。31イニング無得点と打線が沈黙した。阪神は3連敗。

中日先発の山井の前に7回6安打。二回以降は毎回走者を出したが、要所を締められた。

試合は両軍無得点で迎えた八回1死一、三塁に、阪神先発の久保が中日の代打・堂上剛を投ゴロに打ち取ったが、併殺崩れの間に先制点を許した。(デイリー)


久保の8回の判断はしょうがない。併殺を狙いにいった両軍ともいっぱいいっぱいのプレー。あそこで併殺を狙いにいくのは問題ではないと思う。

そんなことより打線。貧打が深刻。点が取れぬこと31イニング。ドラゴンズを上回る7安打を放ち、3回、5回、6回と得点圏へランナーを進めること3度。3度ともチャンスで巡ってきた打順は下位打線ではなく、上位からクリーンアップといったところ。信頼と期待をもって、上位の打線に組んでるんだからどうにかせんか!和田監督も打線の組み換えを施したものの、あまり効果なく…。チームも必死になってやってるんだろうけど、見ている限り、選手からそれがあまり感じられない。

先発の久保は8回4安打1失点。不甲斐ない打線に激をいれるように、自身も2本のヒットを放ち、投げてはテンポよし、守っても4回2死1・2塁の場面で見事な牽制で2塁ランナーの大島を刺してピンチを脱出したり、久保自身はノリノリのマウンドだったんですが…。岩田、ランディに続き、打てない打線の被害は久保にも及んでしまいました。本当に不憫。久保がなにか悪いことをしたんかって…。

2戦目は阪神・スタンリッジと中日が中田の予告先発。中田とはひさしぶりの対戦。中田に対しても阪神打線は苦手にしているので、2戦目も厳しい戦いになりそうな予感…。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ1●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・4回戦

【神】●久保
【中】山井−小林正−○田島−S岩瀬

【勝ち投手】田島(2勝)
【セーブ】岩瀬(1敗12セーブ)
【負け投手】久保(2勝2敗)

阪神タイガース通算成績 12勝11敗4分 対ドラゴンズ 1勝3敗

◆明日の予告先発 対ドラゴンズ〜ナゴヤドーム・5回戦

【神】スタンリッジ(2勝1敗) 【中】中田(2勝1敗)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神が今季初の逆転負け

阪神が今季初の逆転負けでヤクルトに初黒星。

初回に1点を奪い三回に新井の中前適時打で追加点を挙げたが、その後は沈黙した。

久保は7回6安打3失点。六回に川端の右前適時打などで逆転を許した。

打線はヤクルト・館山に8回6安打2得点で今季初勝利を献上。九回はバーネットに抑えられた。(デイリー)


今日の得点シーンは、タイガースサイドが初回の新井さんのセカンドゴロと3回の新井さんのセンター前タイムリーの2得点。

対するスワローズは4回のセンターへの犠牲フライと6回の畠山のファーストゴロ併殺崩れと川端のライト前タイムリーでの3得点。

5対0で負ける試合もそれなりにダメージはあるけど、今日のような負けた気がしないような試合のほうがダメージは大きい。たらればは禁物だけど、6回の畠山の併殺崩れを上手く処理できていれば、川端のタイムリーはなかったし、1点リードのまま試合はタイガースは継投策で逃げ切り体制に入ったのは間違いないし…。なにげない1プレーで試合の流れが決まったしまうんだから野球の怖いところ。

タイガース・久保、スワローズ・館山。両投手とも両打線を得意とするピッチャー。そんなに得点は期待できないと思いましたが、案の定。館山に対して8回まで6安打2得点。立ち上がり不安定なところを攻め立てて2点を奪ったものの、4回以降は低めにコントロールされた配球に2安打しか放てず、完全な館山ペース。

対する久保は館山とは対称的に3回まではノーヒットに抑えるも、4回以降にヒットを集められ、7回6安打3失点で結果負け投手に。球自体は悪くなかったと思いますが、失点した4回、6回は甘くスッと入ったところをことごとく連打され、失点に繋がったのが痛かった。

今年の阪神は終盤リードされていても執念で追いつくことが何度かあったので、今日も期待してみたら、9回2死から金本のセンター前ヒットで同点のランナー出塁。続くは代打・桧山、代走・大和とお膳立てはバッチリ!桧山の勝負強さにかけるも最後は完璧に捕らえた当たりもライト真正面、飯原のグラブに収まり試合終了。

明日はタイガース・安藤、スワローズ・石川が予告先発。先々週も同じ組み合わせで神宮で対戦があり、ブラのホームラン2発で得点し、安藤の2年ぶり涙のヒーローインタビューがあったのは記憶に新しいところ。今回もブラに頑張ってもらって、安藤をひさしぶりの甲子園のお立ち台へ上げてやりましょう。安藤の奮闘をみんなで勝ち取るぞ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2●3東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・4回戦

【ヤ】○館山−Sバーネット
【神】●久保−筒井−渡辺

【勝ち投手】館山(1勝)
【セーブ】バーネット(1勝5セーブ)
【負け投手】久保(1勝1敗)

阪神タイガース通算成績 8勝5敗3分 対スワローズ 2勝1敗1分

◆明日の予告先発 対スワローズ〜甲子園・5回戦

【ヤ】石川(1勝2敗) 【神】安藤(1勝)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神が単独首位 藤川が通算200S

阪神が今季初めて単独首位に立った。

4番・新井貴が一、三回に2打席連続となる2、3号2ラン。

今季初登板の久保が八回2死まで1点に抑え、1勝目。九回は藤川が三者三振に抑え、自身通算200セーブを達成した。岩瀬、高津、佐々木、小林雅に続き、史上5人目。

藤川は「(200セーブは)僕だけの数字じゃなく、チーム全体の数字。昨日、藤井さんがデッドボールでチームを離れ、今日は小宮山がどういうリードをするかサポートしようと思ったが、こんないいゲームになり、小宮山もまた頑張ってもらえるだろう。今年はキャプテンをいただいて、1回も抜くことができない」と、自分の記録よりも、現在のチーム状態を喜んだ。(デイリー)


この広島戦はいろいろありすぎる…どうなってんだ。

試合は初回2死からフォアボールで出塁の鳥谷を塁に置いて、新井さんがレフトスタンドへ先制2ラン!打った瞬間ソレとわかる一発は、本人のドヤ顔を見れば一目瞭然。今シーズン第2号ホームラン。新井さんのドヤ顔は続く第2打席にも見られ、またまたフォアボールの鳥谷を塁上に置いて、今度もレフトスタンドへドヤ顔2ラン。展開も打った球も打った瞬間の顔も、全てVTRを見てるかのよう。今日の新井さんはチーム全打点をあげる2安打4打点。新井さんのバットが火を噴けば、チームは勝利に傾く。

投げては今季初マウンドの先発の久保が8回2アウトまで投げ、8安打1失点のナイスピッチング!今日はチェンジアップにフォークボールが冴えた!カープ打線が全くタイミングが合わず、面白いようにフライを打ち上げたり、ピッチャーゴロに倒れたり、後半は焦りからドンドン早打ちになる様は、投げてる久保もしたり顔。今日のペースなら完投もいけるかな…という内容でしたが、8回に自身のワイルドピッチから栗原にライトへタイムリーヒット、会澤にも続かれたところで榎田にスイッチ。残り4アウト。完投見たかったな。

久保が残したランナーを榎田がピシャリと締め、最終回は球児。199セーブで迎えたマウンドは球児の真骨頂ストレート勝負、圧巻の奪三振ショー。先頭の堂林を見逃し三振、白濱を空振り三振、中東も空振り三振に仕留めて、見事通算200セーブ達成!

プレッシャーのかかるマウンドばかりの状況で200セーブはお見事。到達するまでにはいろいろな失敗も見てきたけど、失敗以上に球児のタイガースへの貢献度は計り知れない。これからも虎の守護神として、チームを助けて欲しい。

新井さんの2発、久保のナイスピッチング、球児の200セーブ。ナイスゲーム!と言いたいところだけど、この試合の5回オモテの攻撃中、ブラゼルが広島先発・福井の内角攻めに対して怒り爆発。約10分間試合が中断する大騒ぎ。昨日の藤井のデッドボールの伏線から爆発したのか、ピッチャーの福井が無礼な態度を取ったのか、ブラが怒った真相はわかりませんが、見ていてあんまり気持ちのいいものではない。いつもは優しいブラが血相を変えて怒ってたんだから、それなりの理由はあるんだろうけど。。

3戦目は安藤とマエケンが予告先発。ノーヒッターのマエケンをどう打ち崩すか。2試合連続勝ち越しで来ただけに、今季初3タテといきたいところ。ブラの怒りは明日のマエケン撃ちで晴らしてもらおう。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ1○4阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・2回戦

【神】○久保−榎田−S藤川
【広】●福井−中村恭−岸本−ミコライオ

【勝ち投手】久保(1勝)
【セーブ】藤川(4セーブ)
【負け投手】福井(1敗)

〜ホームラン〜
【神】新井2号2ラン(1回オモテ・福井)新井貴3号2ラン(3回オモテ・福井)

阪神タイガース通算成績 6勝2敗2分 対カープ 2勝

◆明日の予告先発 対カープ〜マツダzoom-zoom・3回戦

【広】前田健(1勝1敗) 【神】安藤(1勝)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・久保、先発か中継ぎか実戦で判断

久保が今キャンプ初のフリー打撃に登板した。鳥谷、新井ら打者5人に直球のみ42球を投じ、安打性は7本。投球フォームの確認を行った。

「(最初は)あんなもんでしょう。ブルペンでずっと(左足を)ゆっくり上げることをやっていたんで(続けてやった)。何球かはボールが垂れましたけど、イメージ通り投げられました」

ここまでマイペース調整を続けてきた右腕。いつも通りの淡々とした自己分析が頼もしい限りだ。

現状、起用法に関しては榎田とともに流動的。和田監督は「固定観念で決めることはやめたい」と話しており、練習試合、オープン戦で適性を見て、判断していくことになる。(サンスポ)


久保が今季初のフリー打撃に登板。鳥谷、関本、新井、浅井に対して、シーズン中と変わらず飄々と投げ込んでいました。

さて、今季の久保の起用方法はどうなるんでしょう。先発で行くのか、中継ぎで行くのか…。ロッテ時代の一時期、中継ぎで投げていたようですが、タイガースに移籍してきての先発としての実績は申し分なし、2桁勝利が見込め、完投能力あり、スワローズキラーでもある。和田監督がほのめかしている中継ぎへの配置転換する意味はなんなんだろうと…。

今年の先発枠は能見、岩田、メッセンジャーは当確、そこへスタンリッジ、安藤、秋山、小嶋、コバヒロ、鶴、若竹、そして久保で争うのだろうけど、長いイニングを投げるのはやや信頼性に欠ける安藤や鶴を短いイニングで投げさせたほうが得策な気がするんですが。

久保自身はどこでも投げる用意は出来ているそうですが、久保はやっぱ先発でしょ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【本日のキャンプメニュー】

=野手=

10:00 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り
ランニング
各種強化
走塁 【メイングラウンド】
ワンバン
スライディング
11:00 キャッチボール
11:20 シートノック
ゲームノック
11:50 ランチ <特打>
ブラゼル・マートン
12:20 バッティング <1組(新井貴・鳥谷・浅井・関本)>
バッティング⇒守備⇒走塁⇒バント⇒ティー

<2組(平野・城島・金本・新井良)>
ティー⇒バッティング⇒守備⇒走塁⇒バント

<3組(大和・上本・黒瀬・田上)>
バント⇒ティー⇒バッティング⇒守備⇒走塁

<4組(中谷・森田・俊介・伊藤隼)>
走塁⇒バント⇒ティー⇒バッティング⇒守備

<5組(清水・藤井彰・岡崎・小宮山)>
守備⇒走塁⇒バント⇒ティー⇒バッティング

<バッティングピッチャー>
能見・久保・岩田・西村

特打・特守・走塁練習のない選手は強化ランニングに入る
14:20 個別 担当コーチ指示

特打・・・メイングラウンド
特守・・・捕手
特守・・・内野手
特守・・・外野手(浅井・俊介・新井良・伊藤隼・中谷・田上)
強化ランニング 20mシャトルR×5×3 タイム走 【サブグラウンド】
強化トレーニング【ドーム】
WTトレーニング
ストレッチ

=投手=

10:00 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り
ランニング
各種強化
10:50 基本ゴロ捕 【サブグラウンド】
<A組(能見・安藤・岩田・久保・小林宏・鶴・メッセンジャー・スタンリッジ)>
<B組(渡辺・榎田・久保田・筒井・藤川・福原・小嶋)>
<C組(藤原・伊藤和・二神・秋山・西村・若竹・白仁田)>

11:15 投球練習他 <A組(安藤・藤川・福原・小林宏・メッセンジャー・スタンリッジ)>
キャッチボール(サブ)⇒ピッチング⇒バント・バスター・バッティング⇒ティー

<B組(久保田・渡辺・筒井・小嶋・榎田・二神)>
ティー⇒キャッチボール(ドーム)⇒ピッチング⇒バント・バスター・バッティング

<C組(藤原・鶴・若竹・白仁田・伊藤和・秋山)>
バント・バスター・バッティング⇒ティー⇒キャッチボール(ドーム)⇒ピッチング

<D組(能見・久保・岩田・西村)>
キャッチボール(サブ)⇒肩作り(メイン)⇒バッティングピッチャー
13:10 強化ランニング
14:00 ランチ
14:30 個別課題 強化ランニング 160mインターバル走
強化トレーニング
WTトレーニング
ストレッチ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が本拠地最終戦を逆転勝ちで飾る 

阪神が本拠地最終戦を逆転勝ちで飾った。0‐2の四回1死一、三塁から新井の中犠飛で1点差とし、六回1死満塁からマートンの3点適時二塁打で逆転した。先発の久保は5回2失点。2番手の福原が2勝目。九回は藤川が締め40セーブ目。

横浜は初回に村田の犠飛で先制。四回には松本の中前適時打で加点したが、先発の高崎が6回4失点と踏ん張れず15敗目。(デイリー)


甲子園最終戦行ってきました。今年は開幕が4月12日と遅かったせいか、144試合があっという間でした(まだ3試合残っていますが)。もう今年も甲子園でタテジマを見ることがないのかと思うと寂しい気持ちでいっぱい。来年の3月まで甲子園とはお別れ。

先発は久保。5回投げ4安打2失点。いつもの久保らしいテンポのいいピッチング、ビシッと決まるコントロールが今回もなかったというか、初回の失点も4回の2点目も簡単に打たれた感じがして、良いときの久保を知っていると物足りないマウンドでした。

初回は下園、筒香のヒットから村田にレフトへ大飛球の犠牲フライを打たれ先制を許すと、4回には先頭の筒香へのフォアボール、村田のヒット、渡辺に送られ、松本のセンター前タイムリーで2点目。

今年の久保は8勝8敗、防御率3.77。夏場にはファーム落ちも経験したりと、エースとはとても言えない成績。来期の優勝は久保の先発フル回転なくして優勝なし。このオフはしっかり調整して来期は久保本来のマウンドを見せて欲しいと思います。

2番手には福原。自己最多登板を更新する55試合目。ストレートが蘇り、中継ぎの一角としてフル回転。6回からマウンドに上がり、村田にヒットを許すも、渡辺、松本をストレートで連続三振で仕留める攻めのピッチング!横浜に傾いていた流れを断ち切ったのがウラの回の逆転劇に繋がった。

打線は2点を追う4回に、柴田の内野安打、平野のレフト前ヒットから、新井さんがセンター犠牲フライで1点差に迫ると、6回には1死から平野の気迫のヘッドスライディングで奪い取ったセカンド内野安打を足がかりに、トリのライト前ヒットで平野は一気に3塁へ。そのトリも新井さんの打席で二盗を成功させ、新井さんもストレートのフォアボールで満塁。そして頼れるマートンが右中間を破る走者一掃3点タイムリー2ベースで一気に逆転、勝ち越し!マートンはこの日4打数2安打3打点で3割1分2厘。残り3試合で長野を上回れるか、マートンには首位打者を取ってもらいたい。

逆転してからの継投は7回を渡辺、筒井、8回を榎田、9回を球児で締めて、甲子園最終戦を見事勝利であります。

終わりよければ全てヨシとは思わない。課題は山積しているけど、真弓監督の3年間で先発陣の顔ぶれ、野手陣も柴田や上本を筆頭にかなりの若手が1軍でプレーで出来たと思う。真弓時代には残念ながら結果が伴わなかったから4位という順位なんだけど、後々真弓監督が積極的に起用してくれたから、今のチームがあると思えれば、この3年間は無駄じゃなかったと思う。無駄な3年間か、あの時我慢したから今があると思えるかは、若手諸君のこれからの頑張りやで!真弓監督に報いるためにも若手のこのオフは必死でやらなアカンで。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○2阪神タイガース〜甲子園・24回戦

【横】●高崎−大原慎−江尻
【神】久保−○福原−渡辺−筒井−榎田−S藤川

【勝ち投手】福原(2勝3敗)
【セーブ】藤川(3勝3敗40セーブ)
【負け投手】高崎(5勝15敗)

阪神タイガース通算成績 66勝69敗6分 対ベイスターズ 12勝10敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が2試合連続2けた得点で快勝

阪神が今季2度目の2試合連続2桁得点で快勝。0‐0の六回無死一、二塁からブラゼルの左前適時打で先制点を挙げ、2死満塁からの平野の三塁打などで計6点を奪った。七回はマートンの適時打で加点、八回にもマートンが13号3ランを放った。4連敗中だった先発の久保は、5回5安打無失点で8月26日以来の8勝目。

3安打4打点で首位打者に立ったマートンは「首位打者とかに関心はない。(八回の3ランまでに)7点入っていたし、久保がいいピッチングをした。チームにとってそれが大きい」と話した。

ヤクルトは今季4度目の5連敗。先発の村中は六回途中4失点で6敗目。中継ぎ陣も打ち込まれた。(デイリー)


2試合連続の2桁得点で快勝!…も新聞紙面は次期監督の話題で一色。和田コーチが監督昇格?現首脳陣からの昇格はどうなんだろう。まだ真弓監督続投が消えたわけではないのであんまり騒ぐのもどうなのかと思うけど。

打線はヤクルト先発・村中の前に5回までヒットは出るものの、無得点のまま進んだ6回、先頭の鳥谷がセンターへ。青木のやや緩慢な守備を突いて一気にセカンドを陥れると、絶好調の新井さんはフォアボール、ブラがレフトへタイムリーを放って先制!続くマートンはフルカウントからフォアボールを選ぶもここで雨が強くなり20分ほど中断。中断明け、ヤクルトは村中から押本へ。無死満塁からセキ、金本が倒れるも、代打・桧山が押し出しのフォアボールを選んで2点目。続く平野は左中間へ3点タイムリー3ベースで一気にヤクルトを突き放し、5−0。ここでまた30分ほど中断が入り、中断明け柴田がセンター前タイムリーでビックイニング6得点の7−0。

先発は久保。5回を投げ5安打6奪三振の内容。初回は2死1・3塁、2回は2死満塁とランナーを背負う不安定な立ち上がりでしたが、要所を締める投球術はさすがで、ようやく久保らしさが戻ってきたかな。3回以降は完全に立ち直っていたし、雨の関係で5回に久保へ代打を出さざるを得なかったけど、普通の天候なら7回まではいいテンポで投げれたんじゃないかな。

6回に久保にひさしぶりの勝利を決定付ける援護をした打線は、7回に俊介のレフト線への2ベース、マートンの3塁ベース強襲ラッキーなレフト線タイムリーで8点目を奪えば、8回には柴田、俊介を塁上において、再びマートン!この日3安打目となるヒットは雨の神宮の夜空を切り裂く13号3ランで総仕上げ。

継投は6回に2番手・筒井がバレンティンに一発を食らうも、3番手・藤原、4番手・西村が無失点で繋いで快勝!

真弓監督解任ラインの3位確保となる巨人のゲーム差は巨人も勝ったため詰まらず3.5のまま。残り9試合、さぁどうなるか。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ1○10阪神タイガース〜神宮・23回戦

【神】○久保−筒井−藤原−西村
【ヤ】●村中−押本−日高−久古−渡辺

【勝ち投手】久保(8勝8敗)
【負け投手】村中(4勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン13号3ラン(8回オモテ・久古)
【ヤ】バレンティン31号ソロ(7回ウラ・筒井)

阪神タイガース通算成績 64勝65敗6分 対スワローズ 14勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
球児が打たれた!阪神痛いサヨナラ負け

横浜がサヨナラ勝ちで連敗を2で止めた。1‐2の九回、阪神の抑え・藤川を攻め2本のヒットなどで2死二、三塁とすると、途中出場の細山田が中前にサヨナラの2点適時打を放った。

細山田は「決めてやる、という気持ちで打席に入った。(藤川は)格上のピッチャーなので、胸を借りるつもりで真っすぐだけ狙って全力で振りました」と興奮気味に振り返った。

阪神の連勝は4でストップ。一回、新井の右前適時打で先制。六回にはブラゼルの左犠飛で2点目を加えた。2‐1の八回2死からリリーフした藤川が3敗目。(デイリー)


9回2アウト2死2・3塁。バッターは打率2割ちょっとの細山田。低打率の選手とはいえ、嫌な予感がしましたよ。球児の場合はかなりの確立でストレートを投げてくるので、それを狙い打てばいいわけで…。その前の内藤にはストレートで三振を奪っていただけに、細山田にも!と思ったのかな。。。

結果はやや高めのストレートをコンパクトに振り抜いた細山田の打球はセンター前へ。柴田の必死のバックホームも虚しく、同点、勝ち越しのランナーが生還してサヨナラ負け。

「球児で負けたらしょうがない」
この状況でそんな甘っちょろいことを言っていいのかって。いつも大事な試合での登板で、失敗は年に数度はある。だけど、ここ一番の試合で抑えてこそ守護神はナンボだ。荒波にしても、細山田にしても舐めてかかったと思えん。毎年、大事な試合で打たれるのが納得いかん。

試合は先発・久保が悪いなりにも6回を筒香のソロホームランを含む3安打1失点。4連敗な上に前回も前々回も5回を持たずにKOというマウンドで、今日は大丈夫かな?っと思いながら見ていたんですが、吹っ切れたマウンドになってよかったんじゃないかなと思います。

打線は初回柴田のレフト線への2ベースを足がかりに、新井さんがライト前へ先制タイムリー!2回には金本のレフト線への2ベース、藤井のショート内野安打、久保が送りバントを失敗するも、続く平野がセーフティーバントが内野安打となり2死満塁。柴田は高く跳ねたセカンドゴロでこれも内野安打かな?と思わせる打球でしたが、間一髪アウトで追加点ならず。

このあと横浜先発・高崎の前に打線が沈黙したまま、6回へ。先頭のトリがフォアボールで出塁すると、横浜のバッテリーミス2連発でタダで3塁まで進ませてもらうと、ブラゼルのレフト犠牲フライで2点目。このあとのウラのイニングに筒香に一発を食らって1点差に迫られるも、7回をナベがヒヤヒヤものの継投で8回の榎田にバトンを渡すと、下園にヒットこそ打たれるも2死1塁、バッター・村田の場面で球児にスイッチ。一発の予感にビビりながらも村田の打ち損じは1塁ファウルフライでピンチ脱出。9回も球児で3人締め…という展開を考えていたんですが。

真弓阪神が誕生して3シーズン目だけど、最長連勝が5。今日はその連勝タイ記録に並んで、明日は6連勝目もあり得るなぁなんて、9回の攻守交替の時には思っていたんですが。

ナイトゲームでは巨人が中日に完封勝利を収めて、ゲーム差は4。明日の試合が終わったら次は巨人との3連戦な訳だけど、3連戦を待たずして終わってしまうのか、それとも持ちこたえるのか。明日負ければ本当の本当の終戦。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ3×●2阪神タイガース〜横浜・19回戦

【神】久保−渡辺−榎田−●藤川
【横】高崎−篠原−○藤江

【勝ち投手】藤江(3勝)
【負け投手】藤川(3勝3敗36セーブ)

〜ホームラン〜
【横】筒香8号ソロ(6回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 60勝63敗6分 対ベイスターズ 9勝8敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が中日に完敗、遠のくCS進出

中日が快勝。初回、和田、平田の連続適時打で一挙4点を先制。五回には谷繁の6号2ラン、七回には和田の適時二塁打で着実に加点した。先発のチェンは7回無失点の好投で8勝目。チェンは「ボール自体は良かったと思う。また、野手の皆さんがたくさん点を取ってくれて、楽に投げられる状況をつくってくれたので、感謝したいですね」とコメントした。

阪神は痛い連敗。先発の久保が5回6失点で8敗目。打線は八回に大和、鳥谷の適時打で2点を返したが遅すぎた。(デイリー)


甲子園行ってきました。

今日の見所、一番盛り上がったところは?と聞かれれば、始球式になでしこJAPANの沢穂希選手が出てきたところ。あれが今日のピーク。

試合はというと、先発の久保が初回2アウトから森野へのフォアボールをきっかけに満塁とし、和田のレフトへの2点タイムリーで先制、続く平田にもレフト頭上越えの2点タイムリー2ベースを打たれ、いきなりの4点を追う展開になってしまい、勝負が7割がた決まってしまい、攻撃が始まってもないのにチェン相手に4点は無理やろ〜という雰囲気が球場中を包んでしまい、結果そのとおりになってしまったこと。

久保は前回の広島戦でKOされてファーム落ちしてからの復帰戦ということもあったけど、調子があがらないまま、先発がいないということで苦し紛れの1軍昇格だったのかな…。いいときの久保とはかけ離れた成績。5回には谷繁にレフトへ2ランも浴びてしまい、結局5回を投げて6安打6失点の内容。来週から13連戦、7連戦と控えてる中で久保の出番はあるんだろうか…。調子度返し、実績だけでの昇格だったなら、鶴、蕭、鄭なんかの若手での戦いを見たい。

打線はチェンの前に1回2死1・3塁、5回2死1・3塁とチャンスがそれほどあったわけでもなく、ましてやチェン相手にチャンスを生かせる打線状況でもなく。やっとこさ得点できたのはチェンが降板し、2番手の三瀬から8回に清水のヒット、大和のタイムリー3ベース、鳥谷のセンター前タイムリーと申し訳程度に奪った2点が精一杯の反抗。チェンに対して、打線全体としてなにか揺さぶりなんぞをかけた訳でなく、ただただ打って走ってただけ。見ていてすごくつまらなかった。

借金は6つ。来週からの13連戦を控えて、CSは限りなく望み薄な状況でどんな戦いをするんだろうか。来期へ向け、若手主体で試合に挑むのか、最後の最後までベテラン主体で悪あがきをするのか。中途半端に勝ってもらえば、真弓体制が延命されかねないし、かと言って負けまくるのもファン心理としては許されないし。…まず真弓が辞めますと言えば丸く収まり、フロントも一新されれば尚ヨシなんだけど。

さぁ13連戦の最初のカードはヤクルトを京セラに迎えて3連戦。3タテの仕返しをするのか、やっぱり歴史は繰り返されるのか…。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2●7中日ドラゴンズ〜甲子園・24回戦

【中】○チェン−三瀬−鈴木正
【神】●久保−藤原−筒井−西村

【勝ち投手】チェン(8勝8敗)
【負け投手】久保(7勝8敗)

〜ホームラン〜
【神】谷繁6号2ラン(5回オモテ・久保)

阪神タイガース通算成績 56勝62敗6分 対ドラゴンズ 9勝13敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
広島が連敗止める、前田健が9勝目

広島が連敗を5で止めた。初回、栗原の先制打、広瀬の2点二塁打など6連打を浴びせ、4点を奪った。二回にはバーデンの適時二塁打でリードを広げた。先発・前田健太は7回1/3を4安打無失点で9勝目。

阪神は先発・久保が誤算で自身最短の1回4失点KO。打線は九回、鳥谷のソロ本塁打で完封を免れるのがやっとだった。(デイリー)


今日から広島でクライマックスシリーズ挑戦権をかけた4連戦。優勝争いから脱落し、クライマックス圏内も怪しくなってきたタイガースに対し、5位ながらも落ち目のタイガースを叩くぞと試合前から意気込みたっぷりのカープ。試合前のベンチの様子からして、今日の勝敗は決まっていたのかもしれません。

カープの先発は前田健太。タイガースはマエケンの立ち上がりを柴田のセンター前ヒット、新井さんのレフト前ヒットで先制のチャンスを作るも、今日復帰のブラが力なくサードファウルフライ。先制の好機を逃すと、試合の主導権はカープへ。

タイガース先発は久保。東出、木村と簡単に2アウトを取るも、このあと、まさかの展開。3番のバーデンに左中間への2ベースを許すと、ここから栗原センター前タイムリー、松山レフト前ヒット、廣瀬右中間へ2点タイムリー2ベース、丸ライト前ヒット、石原レフト前ヒットと怒涛の6連打で一挙4得点。

久保のストレートには威力がなく、絶妙なコントロールも影を潜め、投げてる久保自身の表情に冴えがなく、打たれて然るべき今日のマウンドだったかも。今季最短1回6安打4失点KO。誤算も誤算、大誤算。

初回の4点を追って、タイガースの攻撃は残すところ8イニングあるとはいえ、現状の打線に跳ね返せる力があるわけもなく…。マエケンの前に3回1死から平野がライト線へ2ベースを放つのがやっと。6回にトリがフォアボールを選び、7回にマートンがライト前ヒットを放つも反撃の足がかりにもならず。。試合終盤、9回先頭の鳥谷のライトへの一発が精一杯でした。

今日の試合は消化試合かと思わせるゲーム運び。1回の久保KOと共に先発マスクの藤井が交代させられ、藤井に代わった小宮山も最後までマスクをかぶることなく、終盤の1イニングを外野手登録の狩野がひさしぶりにマスクをかぶったり、内野手の大和がセンターの守備に就いたり、捻くれた見方をすれば5点差をひっくり返す気持ちはないのかって。中継ぎ陣が久保がKOされたあとの8イニングを1失点で凌いだのとは裏腹に。

前回のエントリーで広島に4連敗して5位転落もあるで!なんて冗談半分で書いてしまったけど、今日のような無気力野球をやっているようじゃ、ホンマにやらかしてしまうかも。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ5●1阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・17回戦

【神】●久保−小嶋−西村−藤原
【広】○前田健−青木−豊田

【勝ち投手】前田健(9勝9敗)
【負け投手】久保(7勝7敗)

〜ホームラン〜
【神】鳥谷4号ソロ(9回オモテ・豊田)

阪神タイガース通算成績 53勝55敗5分 対カープ 8勝9敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、ツバメキラー久保がKOされ手痛い連敗

ヤクルトが9連敗中の阪神・久保を攻略。5連勝で中日との5差を堅持した。

三回、1死二、三塁から川端が右翼へ3号3ランを放ち先制。四回にも相手失策と田中の中前適時打などで加点した。先発・石川は5回2失点で9勝目。4番手で登板した久古が1イニングを無失点に抑え、新人としては22試合連続無失点のセ・リーグ記録を達成。

川端は「何とかしたいと思っていた。入るとは思わなかった。打ったのはフォークです。狙っていました。チャンスで3番を打つのは緊張もするけど、心地よい。5連勝でベンチの雰囲気は最高です」と話した。

阪神は先発・久保が3回2/3を5失点KOと大誤算。ヤクルトに手痛い連敗を喫した。(デイリー)


対ヤクルト戦9連勝中の久保を立てて挑んだ神宮首位決戦・第2ラウンド。まさかの久保KOでまさかの連敗。昨日の岩田での敗戦も相当苦しい負けだけど、計算していた久保の勝ちが逃げていったのは、それ以上の痛手。

久保が4回持たず、1ホームランを含む5安打5失点も然ることながら、失点のすべてがエラー絡み。3回の川端の3ランを生むきっかけになったピッチャー石川のヒット然り、4回のサードゴロエラー然り、5回のショートフライエラー然り、初戦も2戦目も守りでのほころびが失点に直結しているのが非常に悔しい。どれも防げた失点。一時は借金11まで抱え込み、ヤクルトとのゲーム差も10以上あったところから、チーム一丸でここまで追い上げてきたのに、5月、6月のダメな時の野球をしててどうする。真弓監督の拙い采配もあるだろうけど、初戦、2戦目の負けは真弓監督云々ではないと思う。負け試合であろうと淡々と試合をするんじゃなくて、1プレーを大切に着実に、次に繋げていこうとする姿勢が大切だろう。あんな気の緩んだプレーをしていたらヤクルト3タテもあるで!

打線はヤクルトのチーム安打数8を上回る11をあげておきながら、得点が2。平野、マートンが猛打賞、鳥谷がマルチヒットを打っておきながら打線の繋がりがない。完全に分断されてしまった。打線の要であろう新井さん、そして金本さん、こんなときまで仲良くノーヒットなんて勘弁してください。

首位まで6ゲーム。順位は2つ落として4位。
3戦目も落とすようなことがあれば、まだまだ試合を残しているとはいえ、赤信号寸前の黄色信号でしょう。08年は終盤に巨人の直接対決をことごとく落とし、去年は中日に競り負け、今年はヤクルトで過去の再現ですか…意地を魅せてくれ。頼むから3戦は取ってくれ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ6●2阪神タイガース〜神宮・15回戦

【神】●久保−小嶋−福原−藤原−西村
【ヤ】○石川−押本−日高−久古−松岡−松井光

【勝ち投手】石川(9勝7敗)
【負け投手】久保(7勝6敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン9号ソロ(4回オモテ・石川)
【ヤ】川端3号3ラン(3回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 52勝51敗5分 対スワローズ 10勝5敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が降雨コールド負けで4位転落

八回裏、降雨コールドゲームとなった。横浜が連敗を6で止めた。一回、先頭・下園が中前打で出塁すると、2死二塁から4番・村田の左前適時打で先制した。八回には2死二塁から再び村田が左前に適時打を放った。三浦は2年ぶりの完封。

阪神は勝率5割となり4位に転落。一回1死一、二塁、二回1死一、二塁の好機で無得点。久保は5回1失点で5敗目。

試合は雨のため25分遅れで開始。四回表終了時に雨が強まり、43分間の中断があった。(デイリー)


甲子園に行ってきました。先週に引き続き、雨にたたられ散々な観戦。結果もお寒いものとなり、貯金0で4位転落(泣)4回の中断時に「また雨降ってくるんやから、やめとけー」って叫んでたんですが、大勢の「雨止んだぞー試合やれー友寄ー」の声に審判団も渋々ながら再開…僕の声を聞いてたら、こんな結果にならんで済んだのに。。。

タイガース先発は久保。5回を4安打1失点。初回の下園のヒットから、村田のレフト前タイムリーで失点するも、球自体は悪くなかった。常に雨が降り、4回の長い中断を挟んでのピッチング、ぬかるんだマウンドと最悪のコンディションだったにも関わらず、いつもの久保だったし、あの内容で負け投手にするのが不憫。

打線は初回、1死から柴田のヒット、トリのフォアボールで同点のチャンスを作るも、セキがサード併殺打。2回にはマートンのヒット、新井さんのヒットで得点圏へランナーを進めるも、打順の巡り悪く、藤井、久保でランナーを返すことが出来ず。。立ち上がり不安定だった三浦を攻略することが出来ず、そのうちどうにかなるだろうという雰囲気のまま、結果はどうにもならず8回オモテ降雨コールド負け。三浦に対する打線の雰囲気からして今日は無理そうな気がしたんだけど、案の定打てず。強行してしまったのが恨めしい。

2試合を雨で流し、強行開催して最下位相手に痛い敗戦。次のカードが前回3タテを食らわされている広島なのが、ちょっと気にかかるんだけど、甲子園2連戦と京セラ1試合がどういう結果になるか。広島の次のカードが得意のヤクルト戦なだけに、広島には勝ち越しで終わらせて欲しいと思う。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース0●2横浜ベイスターズ〜甲子園・17回戦

【横】○三浦
【神】●久保−小嶋−渡辺

【勝ち投手】三浦(3勝3敗)
【負け投手】久保(7勝5敗)

阪神タイガース通算成績 49勝49敗5分 対ベイスターズ 8勝7敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、ヤク下し2位浮上 久保はカード9連勝

阪神がヤクルト投手陣に痛打を浴びせ大勝。2位に浮上し、その差を4・5とした。

0‐2の三回、新井、マートンの連続適時打で同点とし、なお2死満塁から狩野の2点打で勝ち越した。中盤以降もマートンの適時二塁打などで加点。先発・久保が7回を4安打2失点。10三振を奪う力投で、このカード、9連勝とした。

久保は「9連勝といってもあまり実感がないです。必ず狩野が打って試合を決めてくれると思っていました」と打のヒーローに感謝。その狩野は464日ぶりのスタメン出場で結果を出し「お世話になった方々の顔が浮かんできて…」とお立ち台で目を潤ませた。

ヤクルトは村中が5回6失点と誤算だった。(デイリー)


7月31日以来の甲子園球場。やっぱり甲子園はいいね。

先発はツバメキラーの久保。対8連勝中と抜群の相性を誇り、試合前から勝ったも同然な気持ちでしたが、2回にガイエルにライトへ先制2ラン。この一発よりもガイエルがまだヤクルトにいたことにビックリ。ガイエルの一発で目が覚めた訳でもないだろうけど、久保はこの一発を最後に7回の宮本のレフト前ヒットまでヒットなしのナイスピッチング。6回、7回とエラーやフォアボールで得点圏にランナーを背負っても欲しいところで三振が取れるのは心強い。久保のツバメキラーっぷり以上に、スワローズ打線が意識しすぎて呪縛にかかってる。この調子でスワローズの面々には眠っててもらおう。

久保は打線の大量援護もあって、7回ホームランを含む4安打2失点、10個の三振を奪う快投で球団記録になる対ヤクルト戦9連勝達成!この調子ならまだまだ伸びそうだ。

その打線は2点を追う3回、2死1・2塁から新井さんがレフト前タイムリー、マートンのセンター前同点タイムリー、セキがフォアボールを選び、復帰即スタメンの狩野がレフトへ勝ち越し2点タイムリーでこの回4点を奪い、あっという間に逆転。

5回には相手の悪送球とマートンのライト線へのタイムリー2ベースで2点を奪い、7回には無死満塁から藤井の併殺の間に1点、森田の左中間タイムリーでさらに1点、8回にはマートンが4安打目のタイムリーで9得点。マートンは4安打3打点の大活躍!マートンの復調はいい兆しだ。

しかしながら、久保以降の継投は8回の小林宏が新井さんのエラーから、バレンティンのタイムリー、宮本の犠牲フライで4点差に迫られ、急遽榎田を投入しピンチを抜け出すと、最終回を福原で締めて、余裕のある勝利から最後はなんとか勝ったかなという感じ。

8回の新井さんのエラーでさすがの真弓監督もしびれを切らしたのか、9回には大和をサードの守備固めに起用して聖域へメス。今更こんなことをするんだったら、もっと早い段階で新井さんに守備固めを起用して欲しかった。

ヤクルト3連戦の頭を取って、2戦目、3戦目。8月最初の京セラ3連戦の3タテ劇の再現なるかな?今夜3.5ゲーム差、明日は2.5ゲーム差。9月の初めには首位…なんてあるかも。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース9○4東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・12回戦

【ヤ】●村中−渡辺−橋本−山本哲
【神】○久保−小林宏−榎田−福原

【勝ち投手】久保(7勝4敗)
【負け投手】村中(2勝4敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】ガイエル1号2ラン(2回オモテ・久保)

阪神タイガース通算成績 47勝47敗4分 対スワローズ 9勝3敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神3連敗でストップ、ブラ100号

阪神が連敗を3で止めた。一回、鳥谷、新井の連続適時打で2点を先制。二回に1点差とされたが、五回、マートンの左越え8号ソロで追加点を挙げた。七回にも1死満塁から鳥谷が押し出し四球。八回にはブラゼルが通算100号となる10号ソロを放った。

横浜先発の清水は六回途中3失点降板。(デイリー)


勝つには勝ったけど、どうもスッキリしない勝ち方で…スッと勝てないかな。磐石の態勢で王者の勝ち方ってやつでさ。

打線は初回に平野のレフト線への2ベース、トリのライト線タイムリー2ベース、新井さんのライト前タイムリーで幸先よく2点を奪い、5回にはマートンのひさしぶりの一発も飛び出し、先発の久保の好投に賭けるところでしたが、今日の久保はイマイチ。

2回にハーパーのレフト線2ベース、金城のセンター前ヒット、藤田のライト線タイムリー2ベースで1点を奪われ、以降も毎回のようにランナーを背負うも6回途中まで投げて8安打2失点と悪いなりにも最小失点で抑えたのは久保のすごいところ。若手は久保の投球術からどんどん学ぶべし。

1点に迫られた7回には横浜の中継ぎ陣がナイスリリーフ!先頭の藤井にフォアボール、代打の柴田が得点圏へ送り、マートンフォアボール、平野フォアボールで1死満塁になると、トリが押し出しのフォアボールを選び4点目を手に入れ、なおも1死満塁で新井さんでしたが、ショート併殺打。何度見ただろう、チャンスで新井さんの併殺打(笑)どうでもいいところで打つんじゃなくて、トドメの1点が欲しいところでしっかり決めて欲しい。8回にはチャンスで打てない新井さんの代わりにブラがライトスタンドへ通算100号となる10号ソロで5点目を奪い3点差。

8回からは小林宏。先頭の金城を簡単に討ち取るも、藤田、稲田、渡辺に3連打を食らって1点差、なおも1死1・2塁のところで渡辺へスイッチ。この交代が功を奏し、後続をピシャリ。ナベ、ナイスピッチング!9回は球児が吉村、村田から連続三振を奪うと、最後はハーパーをキャッチャーフライにしとめてゲームセット!

今日の反省点は打線は7回の1死満塁で新井さんがトドメを刺せなかったこと、その前の6回のセキの併殺も然りだけど、相手がフォアボールで自滅してランナーを与えてくれるのに、それを助けていては…。投手陣では8回の小林宏の不甲斐なさ。8月になってから投げるたびに失点するシーンが目立つ。今日のように渡辺を8回に投入するほうが今後のためだと思う。

明日勝って、5割に戻そう。チャンスでの併殺、中継ぎ投手の見極め、エラー等、最近目立つミスは明日は見たくない。スッキリした勝ち試合を見せてくれ。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ3○5阪神タイガース〜横浜・15回戦

【神】○久保−小嶋−榎田−小林宏−渡辺−S藤川
【横】● 清水−大原慎−福山−篠原−真田−山本−大沼

【勝ち投手】久保(6勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝2敗28セーブ)
【負け投手】清水(2勝4敗)

〜ホームラン〜
【神】マートン8号ソロ(5回オモテ・清水)ブラゼル10号ソロ(8回オモテ・真田)

阪神タイガース通算成績 45勝46敗2分 対ベイスターズ 8勝6敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

阪神、ヤ戦に4連勝 貯金1でその差は4

阪神が得意としている村中を攻略し、対ヤクルト戦に4連勝。貯金を1とし、ゲーム差を4とした。

三回、1死一、三塁で平野の二ゴロの間に1点を奪い先制。なお2死一、二塁として新井の左中間への11号3ランで加点した。

先発・久保は粘りの投球で7回1失点。ヤクルト戦の連勝を8まで伸ばし、今季5勝目。最後は藤川が締めた。

ヒーローインタビューは11号3ランの新井。ベンチで金本に「やればできる子じゃね」といじられたと明し、続けて「自分のスイングでしっかり振り抜けました。いっぱいいっぱいだったので、気持ちで負けないよう行きました。きょうはよかったです」とほっとしたような表情を浮かべた。

ヤクルトは先発・村中が5回4失点KOと誤算だった。(デイリー)


先週の金曜日と同じ組み合わせ、対スワローズ。神宮での3連戦は開幕戦延期だったため、今シーズン初めての開催。神宮の虎党の皆様、お待たせしました!

タイガース先発は久保、スワローズ先発は村中。
前回は村中からセキの必死のパッチの一打で2点を奪い、先発の久保が8回無失点、9回を球児が締めて3連勝への足がかりとした訳ですが、今回もいいことへの足がかりへとなるんじゃなかろうか。

試合を動かしたのはタイガース。3回先頭の藤井がセンター前ヒット、続く久保が得点圏へ送り、マートンがレフト前ヒットで1死1・3塁。そして、平野のセカンドゴロの間に藤井が還り先制。このあとトリはバットを1度も振ることなくフォアボールで2死1・2塁にすると、10打席連続ヒットなしの新井さんがレフトへ豪快な3ラン!ナゴヤでの3連戦はチャンスに回ったところで外角の球に引っ掛けてサードゴロを量産していた新井さんですが、真ん中低めの球を「ドヤ!」とばかりにフルスイング!この一振りが決勝弾になりました。

先発の久保は7回を投げ6安打1失点。スワローズキラーとして7連勝中、無敵の久保がスワローズ打線に打たれるわけもなく、2、3、4回とヒットを打たれるも後続をピシャリ!7回に甘くなったところをバレンティンに一発を食らったのが唯一の失点であって、序盤の4点は久保のピッチングを見てれば10点リードくらいの感覚で見れました。

8回は2番手・小林宏が川端、畠山を連続三振、ホワイトセルをショートゴロ。9回には球児がバレンティン、川本、森岡を圧巻の三者連続三振で試合終了。

序盤の4得点で試合を決め、久保、小林、球児で3点リードを守り抜いて快勝!だと思いたいけれど、打線は5回以降ヒットなし、新井さんの一発で勝てたのはいいけど、チーム全体で4安打しかなかったのも気になる…。4回の無死1・3塁のチャンスでも1点でも取れてたら明日以降に繋がる野球になるんだけどね。

明日はメッセンジャー、由規の投げ合いになるだろうけど、前回の京セラみたく由規をいい具合に打ち崩して、メッセンジャーが投げやすい環境を作ってやって欲しいと思います。

明日勝って、明後日勝って、ゲーム差が2になったら、どんなにHAPPYだろうね。そのHAPPYな瞬間を明日、明後日と神宮で体感してきたいと思います。じんぐうううううう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京ヤクルトスワローズ1○4阪神タイガース〜神宮・9回戦

【神】○久保−小林宏−S藤川
【ヤ】●村中−赤川−押本

【勝ち投手】久保(5勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗26セーブ)
【負け投手】村中(2勝2敗)

〜ホームラン〜
【神】新井貴11号3ラン(3回オモテ・村中)
【ヤ】バレンティン20号ソロ(7回ウラ・久保)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
燕キラー!阪神・久保が対ヤクルト戦7連勝

阪神が連敗を止めた。先発した久保は8回3安打無失点の好投で4勝目。対ヤクルト戦は2009年9月29日から7連勝となった。九回に登板した藤川は1死満塁から押し出し四球を与えたものの、しのいで23セーブ目。

打線は0‐0の七回、2死一、三塁から代打で登場した関本が、右翼へ適時二塁打を放って2点を奪った。

故障から復帰して約2カ月ぶりの白星を挙げた久保は「100点満点です。次回も勝てたらいい」と1週間後のヤクルト戦をにらんだ。

ヤクルトは連敗。力投していた村中が力尽き、打線も沈黙した。(デイリー)


巨人に嫌な感じで負け越して帰ってきた大阪。
今日から首位・ヤクルトを迎えての3連戦。3つ取りたいなぁ。

タイガース先発はスワローズキラー久保。前回は3回4失点と期待はずれの内容も、今日は好調時の久保。8回を投げ102球3安打無失点。涼しい顔をして淡々と投げ、ピンチらしいピンチもなく、7回には先頭のホワイトセルをヒットで出すも、続く宮本のバスターエンドランを新井さんがふんぞり返りながらも好捕。併殺プレー。バックが守り立てて、こう着状態の試合に動きを出すナイスプレー。

その新井さんのナイスプレーが生み出した流れを上手く捉えた7回ウラ、先頭のトリがライト前ヒット、ブラもライト前ヒットで2死1・3塁とすると、浅井の代打にセキが登場。久保との好投を演じていた村中からセキが必死のパッチの一振り。初球を叩いた打球はライト線へタイムリー2ベース。バレンティンの不味い守備を突いて1塁ランナーのブラが生還、バッターランナーのセキも3塁へ陥れる好判断。ワンチャンスを生かして2点を奪い取ると、久保が8回まで投げきって、9回は満を持して我らが守護神・球児が登場。

その球児ですが、先頭の田中のサードゴロを新井さんがエラーをすると、川端のヒット、1死挟んで代打・宮出にフォアボールで1死満塁。そしてベテラン・宮本に粘られ、最後は根負けして押し出しフォアボールで1点差。なおも満塁でバレンティン、川本と一発要警戒の打者を迎えたところで開き直った球児。バレンティン、川本を連続空振り三振に斬って取り、薄氷の白星。

今日負ければ借金3。4位転落もあり得ただけに、よく踏みとどまった。けれども、打線がまだまだ。まだまだな打線、かつマートンを欠いてるだけに、明日以降も得点を奪うのに苦労するのじゃないかと心配、不安材料だ。

明日は安定感抜群のメッセンジャーが先発予定。久保に続けとナイスピッチングで3連勝へと道筋をつけて欲しい。さぁ打線よ、明日は大爆発やで。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース2○0東京ヤクルトスワローズ〜京セラドーム大阪・6回戦

【ヤ】●村中−久古
【神】○久保−S藤川

【勝ち投手】久保(4勝4敗)
【セーブ】藤川(3勝1敗23セーブ)
【負け投手】村中(2勝1敗)

阪神タイガース通算成績 39勝40敗2分 対スワローズ 4勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神、4点リード守れず痛恨ドロー

阪神は序盤に奪った4点のリードを守れず、時間切れで手痛い引き分けとなった。一回、ブラゼルの右前適時打などで2点を先制。三回には新井のこの日2打点目となる左前適時打などで2点を追加した。

だが、6月5日以来の登板となった先発・久保が五回途中、3失点で降板。六回に3番手・榎田が下園に左前打を許し、同点に追いつかれた。(デイリー)


今朝のデイリーさんの見出しは「勝てたやろ!!」
まさしく仰るとおりで、勝てたはずです。

横浜先発の清水の立ち上がりを攻め、平野のセンター前ヒット、トリの右中間2ベース、新井さんはピッチャーゴロも平野の好判断で本塁を陥れ先制すると、続くブラゼルもライトへのタイムリーを放って、初回に幸先よく2点を奪取。

3回には先頭のマートンがレフト前ヒットで出て、平野が送って得点圏へランナーを進めると、新井さんのレフト前タイムリーで3点目。続くブラはフォアボール、浅井はデッドボールを食らって、2死満塁として好調の上本がセンターへタイムリー。新井さんが還り4点目、ブラも本塁を狙って突入も、これはあえなく憤死。この回で清水をKOするも、清水を交代させてしまったことで流れが微妙に変わった感じがした。

タイガース先発は約2ヶ月ぶりのマウンド、久保。
立ち上がりから得点圏にランナーを背負うピッチングも、2回、3回はなんとか3人で退け、波に乗っていくかなぁと思われた4回。村田の2ベース、内藤へのフォアボール、藤田のヒットで2死満塁となると、代打・ハーパーにライト線へポトリと落とされる2点タイムリー。あと何十センチか右に逸れてればファウルという打球。当たりといい、落ちた場所といい、その前の藤田のヒットも平野と浅井の連携ミスからのヒットだっただけに、久保には不運でした。

5回にも下園、金城と2本のヒットを打たれ1死1・2塁となった場面で2番手・渡辺へとスイッチ。ナベは村田に犠牲フライを打たれ、1点差に。

横浜へ傾いた流れは3番手・榎田にも抑えられず、1死1・2塁から下園の当たり損ねのレフト前ヒットが同点タイムリーになったりと、序盤の押せ押せがウソのように、後半戦は押されまくり。7回の福原、9回の球児とアップアップなマウンド。最後は「負けんでよかった」と胸をなでおろすような試合でした。

夢の貯金生活シリーズにしたい横浜3連戦。2戦目、3戦目をモノにして、甲子園を高校球児に明け渡したいですな!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4△4横浜ベイスターズ〜甲子園・12回戦

【横】清水−藤江−篠原−江尻−牛田−山口
【神】久保−渡辺−榎田−福原−小林宏−藤川

阪神タイガース通算成績 36勝37敗2分 対ベイスターズ 6勝5敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
真弓明信監督がシーズン前半戦を統括

20日(水)、対広島カープ戦(マツダスタジアム)の試合前に、真弓明信監督がシーズン前半戦の統括会見を行いました。


以下、真弓明信監督前半戦統括会見内容

Q:今日で前半戦が終了し、Aクラスでのターンとなりますが?

真弓監督:今シーズンはスタートが悪く、多くの借金をしましたが、ようやくそれを返済できるところまで来ました。(シーズンの行方は)今後の戦い方次第になるんじゃないかと思います。

Q:オールスター休みに入るのがもったいないようなチーム状態ですが?

真弓監督:ずっと追い上げてきたので、チームにとっては良い休みになると思います。

Q:ここまでのシーズンを振り返っていかがですか?

真弓監督:統一球の使用やストライクゾーンの変更などで、なかなかうまく点が取れなかったのがチームに影響しました。ただ、先発陣が頑張って点を取れないときも我慢して投げてきてくれので、その我慢がここにきてチームの勢いに繋がっていると思います。

Q:借金最大「11」となったときはどのようにお考えでしたか?

真弓監督:(借金「11」もするような)そんなチームではないと思っていましたし、必ずうまく点が取れるようになり借金も返せると思っていました。

Q:関本選手をスタメンで起用してからチームの調子が上がってきましたが?

真弓監督:良いところで力を発揮してくれています。マートンや平野が少し調子を崩した時に機能してくれました。

Q:セ・リーグとの対戦に戻って調子を取り戻してきたのでは?

真弓監督:交流戦後半から手ごたえを感じていました。チーム全体が、自分の打撃をするようになってきたので、レギュラーシーズンに戻れば借金は返せると思っていました。

Q:前半戦は、ルーキー榎田投手の活躍が目立ちましたが?

真弓監督:(シーズン当初は)先発も考えたが、中継ぎが足りなかったので中に回ってもらいました。チームにとっては良かったと思います。期待以上の働きです。

Q:後半戦に向けて。

真弓監督:打線は、うまく点が取れてきている。これからの時期、我慢してきた先発投手は、疲れが出やすくなるので、完投は難しくなってくると思いますが、打線にはこれまで以上に頑張ってもらいたい。クリーンアップと8、9回に投げる投手がカギになると思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

明日から後半戦スタート!
後半戦初戦は同率2位のドラゴンズと、次の3連戦は最下位・ベイスターズと。ドラゴンズには負け越し2つ、ベイスターズには勝ち越しが1つあるものの、どちらも今年は苦戦中の2チーム。

明日からのローテは能見、スタン、岩田、久保、メッセと続くであろう強力な顔ぶれでどれだけ勝ち星を稼げるかが鍵。阪神投手陣は揃って完投能力がある面々、中継ぎが後半戦の終盤でバテる光景をいつも見てるだけに、先発陣には投げれるところまで投げて欲しい。

打線はマートン、平野が好調でトリも状態が上向きなだけに、クリーンアップの核である新井さんがチャンスでどれだけランナーを還してくれるか。繋ぐ気持ちを忘れずに、センター返しを心がけて。

早いこと借金を返して、ツバメを追い落として、最後にはリーグの頂に立ちたいところ。さぁ、明日からが阪神タイガースの本当の強さを魅せるところ。メイク虎マを完成させるぞ!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
借金完済は…阪神・真弓監督「やりたいよ」

3連勝中の阪神の真弓監督は「そりゃあ、やりたいよ」と淡々と話した。借金は「1」。目標である前半戦での完済は、最後の1試合に持ち越しとなった。

左腹斜筋挫傷で6月6日に出場選手登録を外れた久保が、このカードから1軍に合流している。「不安もなければ自信もないし、いつも通り」と話す右腕は、この日も淡々と軽めの調整をこなした。(サンスポ)

ドラゴンズが巨人に敗れ、地味に阪神タイガース同率の2位に浮上!
一時は借金11を抱え、最下位まで沈んだチームなんだけど、横浜が低位置に収まり、広島も鯉の季節が終わると同時に下り坂、巨人も故障者&阪神以上に打撃不振だったりして。。

7月はここまで10勝5敗と、2勝1敗ペース。首位・ヤクルトまで7.5ゲームあるものの、別段ヤクルトが強いと思わないし、幸か不幸か、開幕延期のあおりもあって、対スワローズ戦が18試合も残ってるのが面白い。

まだツバメの尾も見えない状況だけど、チームが今以上に上昇気流に乗って、真弓采配がズバッとはまれば、メイクなんとかもあるかもしれんね。

とりあえずは明日の試合を取って、5割ターン&2位確保で!
明日は久保の復帰戦。久保の好投に、打線も援護して、いい形でオールスターブレイク突入や!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

広島東洋カープ【雨天中止】阪神タイガース〜マツダzoom-zoom・10回戦

【神】
【広】

阪神タイガース通算成績 34勝35敗1分 対カープ 5勝4敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
優勝だ阪神タイガース に参加中!
阪神最下位、今季ワーストの14失点、借金10

オリックスは一回、T‐岡田の先制3ランなど打者11人の猛攻で5点を先制。四回までに毎回の10点を奪った。今季初登板を6回3失点で初勝利を飾った金子千は「投げられなくてチームに迷惑を掛けていたので、1試合目から勝ちにつなげることができてよかった。初回から大量点を取ってくれて安心感があった」と笑顔で語った。

阪神は最下位転落。今季初の2桁失点で、借金も今季最多の10。先発の久保は自己最短の1回0/3、7失点KO。(デイリー)


甲子園行ってきました。散々な試合でした。

タイガース先発は久保。相手の先発が金子千尋ということで、今日も投手戦の様相になるだろうなと思っていましたが、久保が珍しく大炎上。久保の登板には金本が守備に就かないという試合が続いただけに、今季初めてのレフト・金本に久保がいらぬ気を使ったのかと・・・。初回、よーいどん!で連打を食らい、T−岡田に先制3ラン。このあとも死球やらタイムリー、エラー絡みで2点を追加され、いきなり5点を追う展開。コントロールが定まらず、久保らしからぬマウンドは2回も修正されることなく、後藤にライト前ヒット、T−岡田にライト線への2ベース、マートンのエラーが絡み失点。ここで久保は自身最短の1回3/0でKO。2番手の小嶋も大引に打たれ、2回にさらに2点追加。

5点を追う展開に置かれた打線は病み上がりのオリ先発・金子に対して、マートン、平野、鳥谷の3連打で無死満塁のチャンスを作り、負けじと大量点を奪いに行くかと思いきや、4・5・6番で内野ゴロ2本の間に奪った2点が精一杯。勝負強いメンバーが固めるクリーンアップがこの様じゃ情けない。今に始まったことじゃないけど、タイムリーが出て、あと1点、2点があれば・・・という場面は何度目だろね。打線を組み替えたところでどうにもならないし、作戦はなんにも仕掛けないし、考える野球をしないんだから、なるようにしかならないや。

投手陣はオリ打線を鎮めるどころか勢いづかせ、3回にはフォアボールとエラーとイ・スンヨプの2点タイムリーで9点目を奪われ、4回にも田口にライトへのタイムリー2ベースで10点目。阪神の攻撃が数分で終わるのに対し、オリックスの攻撃が長いこと。見てるほうも守るほうもあれは拷問だ。

そんな気持ちが萎える試合で一服の清涼剤を投じてくれたのは3番手・久保田。7点を追う5回から調整登板であろうマウンドで4番のT−岡田からバル、イ・スンヨプと圧巻の3連続空振り三振!6回も豪腕は唸り、大引、鈴木、金子と6者連続三振!オリックス打線なんか大したことないやん!ってな感じで、久保田は堂々としたもんでした。久保田は次の回で攻撃の関係上、降板しましたが投げ続けていれば9者連続はあったかもね。

7回からは4番手の若竹が登板も2イニングで5安打を集められ4失点と散々なピッチング。終わってみれば3−14とボロ負け。

借金は二桁10に到達し、順位も横浜と代わり最下位に転落。試合終盤にはお客さんも大勢帰られ、消化試合かと思うほどスタンドはガラガラ。肌寒い浜風と六甲山の西日が残暑和らいだ秋口かと思わせる陽気で気持ちよかったです、阪神戦は残すところ100試合近くあり、この先どうするんだと・・・先が思いやられます。ちなみに、先発の久保は「左腹斜筋の筋挫傷」で明日にも登録抹消のようです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●14オリックス・バファローズ〜甲子園・3回戦

【オ】○金子千−近藤−鴨志田
【神】●久保−小嶋−久保田−若竹−福原

【勝ち投手】金子千(1勝)
【負け投手】久保(3勝4敗)

〜ホームラン〜
【オ】T−岡田7号3ラン(1回オモテ・久保)

阪神タイガース通算成績 15勝25敗1分 対バファローズ 1勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が金本の逆転2ランで最下位脱出

阪神が逆転勝ちで連敗を3で止め、最下位脱出。0‐1で迎えた七回、2死から新井が中前打で出塁すると、続く金本が右翼席へ3号逆転2ランを放った。8回1失点の久保が3勝目。藤川球が9セーブ目。逆転弾の金本は「しんに当たった。切れるかなと思ったけど、うまく腕が伸びて切れなかった。ホームランどうこうより、連敗を止めたことが何より一番」と話した。

楽天は一回に中村の適時二塁打で先制。先発の川井は七回2死まで1安打ピッチングを続けていたが突然崩れた。(デイリー)


野球って怖いスポーツやね。たった1球で流れが変わってしまうんやから。。やられたほうはたまらんけど、やったほうは気分爽快。これがあるから野球は面白い。

楽天・先発の川井の前に初回放ったマートンのライト前ヒット以降、内野ゴロの山を築き上げていた阪神打線。7回も簡単に2アウトを取られるも、新井さんが不細工ながらも食らいつきながらセンター前へヒットを放つと、続くアニキが真ん中外よりのストレートを会心の一撃!金本らしい鋭い打球はライトスタンドに突き刺さる逆転2ラン!

金本とKスタ宮城は09年以外は毎年のようにホームランを放ってる相性のいい球場なだけに、この一発は打つべくして打ったホームランかもしれない。宮城での試合は東北福祉大時代の知り合いが大勢見に来てくれるということで、アニキの意地もあったのかもしれないね。

先発は久保。初回に3安打を集められ1点を失うも、以降は8回まで2安打ピッチング。三振は3つだけと、完全な打たせて取るピッチング。肩の力が抜けて、悠々と投げてる感じで点を取られる雰囲気はなかった。それだけに打線には逆転して欲しかったし、久保に白星がついてよかった。

最終回は球児が1点差を守り抜き、最下位脱出。
エース・久保の好投、鉄人・金本の逆転弾、守護神・球児登場とタイガースフルコースでの勝利に東北のファンの方は満足かな!?

この2連戦でマートンは去年のマートンに戻りつつあるし、ブラゼルも一時期の大不振から抜け出したように思う。けれども、今日の勝利は金本の逆転弾での勝利。打線が繋がる試合、タイムリーが持続的に続く試合を見ないことにはまだまだ打線を信用できないな。

火曜日からは札幌に場所を移して、ファイターズ2連戦。ダルビッシュ、ケッペルを打ち崩してみろ。連勝でもしてみろ。これが出来たらチームの巻き返しもあるで!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東北楽天ゴールデンイーグルス1○2阪神タイガース〜Kスタ宮城・2回戦

【神】○久保−S藤川
【楽】●川井−美馬−片山

【勝ち投手】久保(3勝3敗)
【セーブ】藤川(1勝9セーブ)
【負け投手】川井(2敗)

〜ホームラン〜
【神】金本3号2ラン(7回オモテ・川井)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神打てない…32イニング連続無得点

阪神は打線が低調で3連敗。32イニング連続無得点となった。三回、2死満塁のチャンスを生かせなかった。先発の久保は六回途中でKOされた。

ソフトバンクは三回、長谷川の今季1号ソロで先制。六回には6連続安打などで4点、七回にも2点を加えた。先発杉内は完封で2勝目を挙げた。杉内は試合後「気持ちに余裕があった。貯金が20、30になるようにしたい」と話した。(デイリー)


連続無得点記録はさらに伸び32イニング!
「不動心」を貫く真弓監督も、さすがに危機感を感じたのか、怪我の鳥谷、不振のブラゼル、金本を外して、3番・関本、7番・新井良太、8番・林、9番・柴田を入れての新オーダーも、ホークス先発・杉内の前に4安打完封負け。

チャンスは3回オモテの1チャンスだけ。先頭の良太がライト線を破るヒットで出塁、柴田もライト前ヒットで続き、上本フォアボールで2死満塁のチャンスも関本がセカンドゴロに倒れ、あっけなく終了。以降4回から8回まで杉内に三者凡退に抑えられ、9回に最後っ屁で俊介の内野安打と関本のレフト前ヒットを出すのがやっと。各選手に気負いと迷いが見られ、ホークスバッテリーに手玉に取られてたのが情けない限り。

起爆剤にと起用した選手は、持ち前の技を生かすことなく尻すぼみ。真弓阪神は若手には厳しく、主力には甘いところがあるので、今日の休養で主力組はリラックスできたと判断して、また明日のスタメンには金本、ブラゼル、鳥谷の名前があるのかなぁ・・・なんて。我慢しなくていいところで我慢して、我慢するところはしない。明日のスタメンはいろんな意味で楽しみだ。

投げては先発の久保が4回までリズムよく投げ込み、5回に1死1・3塁のピンチを迎えるも、三振とピッチャーゴロで切り抜ける貫禄のピッチング。しかしながら6回先頭の本多のセンター前ヒットをきっかけに、内川の右中間タイムリー3ベース、カブレラにレフト前タイムリー、小久保にセンター前ヒットと、さらに2点を失ったところで降板。無死1・2塁のピンチを引き継ぐ形で登板した榎田も、ホークス打線の勢いを抑えられず、6連打5得点を献上するビックイニング。久保は5回3分の0を1ホームランを含む7安打5失点。

打たれた久保の肩を持つわけではないけど、城島の構えたところへ久保の投球はコントロールされていた。城島の単調というか、一本槍のリードにも反省してもらわないといけない。6回の6連打を見ていると、お前はホークスのスパイか!って。

明日は甲子園に戻り、ライオンズ2連戦。ライオンズは帆足、涌井と2本柱を立ててくるだろうから、今の打線に多くは期待しない。32イニング連続無得点、そろそろ打つだろうと見るか、まだまだ続くぞ・・・と見るか。点数を取ったところで1点じゃ話にならないし、3点取っても怪しい。7点、8点取って一気に貧打を打開したいけど、それは夢のまた夢かな(笑)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

福岡ソフトバンクホークス7●0阪神タイガース〜福岡ヤフー・2回戦

【神】●久保−榎田−渡辺−久保田
【ソ】○杉内

【勝ち投手】杉内(2勝2敗)
【負け投手】久保(2勝3敗)

〜ホームラン〜
【ソ】長谷川1号ソロ(3回ウラ・久保)

阪神タイガース通算成績 12勝17敗1分 対ホークス 2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
桧山1号も空砲…阪神連敗で借金4

中日が3連勝。二回、ブランコの4号左越えソロで先制。七回には1死二塁から代打・堂上剛の左中間適時二塁打などで2点を加えた。先発のチェンは6回を3安打無失点で今季初勝利。

チェンは「あんまり調子はよくなかったけど、谷繁さんのリードに助けてもらった。(左足の)ケガが治るまで時間がかかってしまったけど、これからも1試合1試合勝てるよう頑張っていきたい」と勝利の味をかみしめた。

阪神は3点を追う七回、中日2番手の三瀬を攻め、1死満塁から代打・新井良太の左前適時打で2点を返し、九回には桧山のソロで1点差としたがそこまでだった。先発の久保は七回途中、7安打3失点で2敗目。(デイリー)


焼け石に水とはこういうこと。
3点を追う7回ウラにブラゼルのセンター前ヒット、代打・セキがフォアボール、俊介ライト前ヒットで1死満塁のチャンスを作り、榎田の代打に新井良太!彼は左キラーだ!ドラゴンズ3番手・三瀬からレフトへ2点タイムリー。

さぁ行くぞ!と思ったら、8回オモテに渡辺から絶不調のグスマンにレフト中段へ2号ソロ。追撃の気持ちを途絶えられつつも、9回ウラには代打・桧山が意地の1号ソロをライトスタンドへ・・・しかしながら1点足らず。

先発の久保は2回にブランコに特大の一発をレフトへ放り込まれるも、6回終了時で4安打1失点。相手のチェンに負けじと要所を締めるピッチングも、7回先頭のグスマンにフォアボールを与えたところからこれまでの好投に陰りが見え、チェンへの代打・堂上剛に左中間を破られるタイムリー、このあと荒木、井端に連打を食らい満塁にした場面で降板。7回を7安打3失点。
好投までとはいかなかったけど、報われず・・・もったいない。

2番手には榎田が登板も代わり端、城島がスライダーを押さえきれずにワイルドピッチ。たらればになるけど、後続のバッターをきっちり抑えたんだからこの暴投はいただけない。城島のキャッチングの不味さで今年は何度試合を落としたか・・・。打てない、守れないじゃ、岡崎や藤井にマスクを被らせてやれ!

最下位を逃れたものの、連敗で借金4。
明日の試合を終えれば交流戦突入。明日勝って仕切りなおして交流戦に入るか、波に乗れないままズルズル行くのか・・・。後者になればドツボにはまってしまいそうな予感。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●4中日ドラゴンズ〜甲子園・5回戦

【中】○チェン−三瀬−河原−小林正−浅尾−S岩瀬
【神】●久保−榎田−渡辺−福原

【勝ち投手】チェン(1勝1敗)
【セーブ】岩瀬(6セーブ)
【負け投手】久保(2勝2敗)

〜ホームラン〜
【中】ブランコ4号ソロ(2回オモテ・久保)グスマン2号ソロ(8回オモテ・渡辺)
【神】桧山1号ソロ(9回ウラ・岩瀬)

阪神タイガース通算成績 10勝14敗1分 対ドラゴンズ 1勝3敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
横浜・山本が阪神戦連勝 阪神は再び借金生活へ

横浜の先発・山本が4月24日(甲子園)に続き、阪神戦2連勝した。七回先頭のマートンに安打されるまで1本のヒットも許さず、8回1失点の好投をみせた。九回を締めた山口は5セーブ目。打線は二回、細山田の中前2点適時打、石川の左前適時打で一気に3点を奪った。

試合後、細山田とのバッテリーでお立ち台に上がった山本は「何とか横浜で、ホームで勝ちたいと思っていました」とほおを緩めた。プロ3年目で初のヒーローインタビューだった細山田は「やりました!」と観客席に向けて左腕を挙げて叫び、「(お立ち台は)予定ではもうちょっと早いはずだったんですけど、全然、活躍できなかった。うれしいことです」と喜んだ。

阪神は八回、城島の適時打で1点を返すのがやっとで、借金生活に逆戻り。久保は7回3失点も援護に恵まれず今季初黒星。(デイリー)


三浦が打てるようになったと思ったら、今度は山本が新たな天敵ですか・・・。前回の甲子園でも打てそうな気配がなかったけど、今回は前回以上のお粗末な結果。なんてったって、6回までノーヒットピッチング。スコア確認しながら、もしかしたらもしかするぞ・・・って。

打線は山本に対して7回にマートンのショート内野安打がやっとこさの初ヒット!やっとこさのチャンスを作るも、後続の3人が簡単に討ち取られ得点ならず。8回は先頭のブラゼルがあと一歩でスタンドインのセンターオーバーの2塁打を放つと、続く城島がレフト線へ強引に引っ張り、やっとこさ1点を返すも反撃はこれが精一杯。

投げるほうは久保が7回8安打3失点。
久保の状態は良いとはいえなかったけど、7回3失点は及第点だ。

絶好調ベイスターズに痛い敗戦で借金生活逆戻り。
巨人戦ではいい形で勝ち越したけど、得点シーンが一発攻勢だったのに誤魔化されてたかな。繋がれ打線!繋げろ打線!打ってナンボや!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ3●1阪神タイガース〜横浜・3回戦

【神】●久保−福原
【横】○山本−S山口

【勝ち投手】山本(2勝2敗)
【セーブ】山口(5セーブ)
【負け投手】久保(2勝1敗)

阪神タイガース通算成績 9勝10敗1分 対ベイスターズ 1勝2敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!

阪神が好調ヤクルトに逆転勝ちで連敗止める

阪神が連敗を3で止めた。0‐1で迎えた四回、2死二、三塁から林が右中間へ逆転の2点適時二塁打を放った。五回には2死満塁から新井が左前へ2点適時打を放ち、突き放した。先発の久保は8回1失点で2勝目。久保は「8回1失点は良かったけど、8番打者に追い込んでからホームランを打たれたのは反省点」と振り返った。

ヤクルトの連勝は9でストップ。先発の山本斉が五回途中4失点で今季初黒星。(デイリー)


甲子園行ってきました!久保ナイスピッチ!林ちゃん、新井さんナイスバッティング!ヤクルトの連勝を阻止するのはタイガースしかないと思ってました!

先発の久保は8回を投げ1ホームランを含む3安打1失点。
3安打のうちの1本は3回の川本へのソロホームラン。あの投球は追い込んでから失投を見逃さずといったところか。今日の悔やまれる一球はあれだけで、あとは好調スワローズ打線を面白いように手玉に取る内容。前回観戦時の先発の下さんがあまりにも不甲斐ないマウンドだったせいか、今日の久保のマウンドには惚れ惚れ。糸を引く投球と表現したらいいのか分からないけど、城島の構えたところにスッとキレのいいストレートが吸い込まれていくのは芸術的ピッチング!勝負が早いせいもあって、試合展開も速かったので面白いように試合を組み立ててくれました。

打線は1点を追う4回、鳥谷のフォアボールから新井さんがあと一伸びでスタンドインとなる左中間を破る2ベースを放つと、今日スタメンの林ちゃんが右中間を破る2点タイムリーであっさり逆転!5回にもヤクルト先発の山本を攻め立て、2アウトからマートンのレフト前ヒットを足がかりに、平野、鳥谷がフォアボールを選び、2死満塁で頼れる4番・新井さんがレフトへ2点タイムリーを放って、さらに追加点で4−1。

今日の久保には十分すぎる3点のリードを持ったまま、9回に我等が守護神・藤川球児にバトンタッチし、球児が貫禄の3者凡退に仕留めてゲームセット!エースが抑え、4番が打つ!そして球児がナイスリリーフ!理想的な試合運びで連敗は3でストップです。

久保の投げる日は金本がスタメンから外れるという噂があったので、ホントかな・・・と思いましたが、ホントに金本がスタメンから外れた今日の試合。実際のところ試合途中に出てくるだろうと思ってみていましたが、今日は出てこず終い・・・03年にタイガースに移籍してきて今回で2度目の試合欠場。現状じゃ、金本のスタメンより林ちゃんスタメンのほうが懸命な判断ですが、いなかったらいないでさびしいものです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4○1東京ヤクルトスワローズ〜甲子園・1回戦

【ヤ】●山本斉−久古−押本−橋本−松井光
【神】○久保−S藤川

【勝ち投手】久保(2勝)
【セーブ】藤川(1勝4セーブ)
【負け投手】山本斉(1勝1敗)

〜ホームラン〜
【ヤ】川本1号ソロ(3回オモテ・久保)

阪神タイガース通算成績 6勝7敗1分 対スワローズ 1勝

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・新井貴がサヨナラ二塁打

阪神が九回、新井貴の一打でサヨナラ勝ち、連敗を2で止めた。この回、マートン、鳥谷の2本の内野安打で2死一、二塁とし、新井貴が右越えの二塁打を放ち、勝負を決めた。先発の久保が七回に乱れ、一度は逆転されたが、直後にマートンの2号で追い付いた。

新井貴は「ここでしっかりと返せないとダメだろうと思って打席に入りました。弟には負けられないですね」と、巨人戦でサヨナラ安打を放った弟の良太に対して、兄の意地を口にした。

横浜は先発の新人・須田が好投したが、継投に失敗した。(デイリー)


良太に負けられるかっちゅうねん!兄・貴浩の意地のサヨナラタイムリー!

9回1アウトからマートンのサード内野安打、鳥谷のファースト内野安打でチャンスを作ると、4番の新井さんがライトオーバーのサヨナラタイムリー2ベースで接戦に蹴り!横浜のライト・吉村の目測誤りもあるラッキーなものだったけど、球場の雰囲気が新井さんをヒーローに仕立て上げる空気があっただけに筋書きのあった結末だったかな。

タイガース先発は久保。6回を終わった時点で1安打ピッチングも、7回先頭のスレッジにホームランを浴び、村田、ハーパー、金城と3連打を食らい、2点リードだった展開もこの回だけで逆転され、終わってみれば7回5安打3失点。7回3失点と数字だけみれば合格点だけど、点の取られかたが・・・。次回への反省ということで。

新井さんのサヨナラ勝ちが筋書きのあるサヨナラ打なら、そのお膳立てをしたのが我等が球児。同点の場面でマウンドに上がり、吉村、細山田、森本と圧巻の3者連続空振り三振!吉村には唸るストレート、細山田、森本にはフォークで一刀両断!手も足も出させないピッチング!控えの投手、3時間30分制度を考えて、球児のマウンドにも余裕のある感じで今シーズンで一番いいマウンドだったんじゃなかろうか。

連敗も最小の2で止まり。再び貯金生活。
今年の横浜は今までどおりに楽勝ではないだろうけど、9回の内野安打2本を見ても、どこか詰めが甘いところがあるので、そういうところをドンドン突いて勝利に結び付けて生きたい。さぁ残り2つ行くぞ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース4×○3横浜ベイスターズ〜甲子園・1回戦

【横】須田−ハミルトン−佐藤−加賀−●篠原−江尻
【神】久保−小林宏−○藤川

【勝ち投手】藤川(1勝)
【負け投手】篠原(1敗)

〜ホームラン〜
【横】スレッジ6号ソロ(7回オモテ・久保)
【神】マートン2号ソロ(7回ウラ・ハミルトン)

阪神タイガース通算成績 5勝4敗1分 対ベイスターズ 1勝

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が辛くも逃げ切り

阪神は三回、2死一、二塁から、鳥谷が右線に先制の2点適時三塁打。さらに新井が中前適時打で続き一挙3点。四回には林の右越え1号ソロと、俊介の左越え1号ソロで2点。久保は5回を6安打、3失点で降板。金本の連続試合出場が1766で途切れた。先制三塁打の鳥谷は「いいスタートが切れた。苦しい試合になると思うが、あしたもあさっても勝って帰りたい」と表情を引き締めた。

中日は五回、和田の中前適時打と敵失などで3点。九回にも福田の一発で1点差としたが、藤川を攻略できなかった。(デイリー)


鬼門・ナゴヤドーム初戦で幸先好く今季初勝利!
優勝するためにはナゴヤでの勝ち星をいくつ増やせるかにかかってるだけに、いいスタートが切れたんじゃないかな。

先発はエース・久保。5回を6安打3失点。
4回までは2安打に抑えていたものの、5回に落とし穴。谷繁、荒木のヒット、井端のショートゴロの間に1点、続く森野のセンターフライを俊介が落球し失点、さらに和田にもセンター前タイムリーでこの回3点を失って、久保はこの回でお役御免。俊介の落球はいただけないけど、統一球の影響なのか、追い方がぎこちなかった感じ。昨日の金本の守備然り、今日の俊介の守備然り、打球の伸び具合は守る側にも影響があるのかもしれない。

打線は3回2アウトからマートンのフォアボール、平野のセンター前ヒットからトリがライト線へ走者一掃2点タイムリー3ベース、続く新井さんはセンターへタイムリーを放ち、3点先制!4回にはアニキに代わって6番スタメンの林ちゃんがライトポール直撃のソロホームランを放つと、城島を挟んで、俊介がレフトへソロホームラン!俊介の絶好調ぶりも光るけど、今季初スタメンでいきなり結果を出した林ちゃんもお見事!ホームランを打った直前の守りでもいい守備を見せていたりと、今日の林ちゃんは溌剌としていました!

そして今日は8回オモテの攻撃に一つの記録にピリオド。ピッチャーの久保田に「代打・金本」が告げられ打席に立つも、打席中に俊介が盗塁失敗でイニング終了。打席を完了していなかったことと8回ウラの守備に着かなかったことで13年間続いたアニキの連続試合出場記録が1766試合でストップ。終わり方にしては呆気なかったけど、こんな終わり方がベストなのかもしれない。俊介は気まずい感もあるかもしれないけど、一連のプレーでのアウトだったから「申し訳ない」気持ちは持たなくていいと思う。首脳陣は金本に対して変な気遣いをすることもなくなったし、アニキ自身も記録が途切れて清々してる感じ。この記録が途切れて、たまに休んでの試合出場になれば選手寿命も延びるはず。今日の記録ストップは悔いることのない素晴らしい記録であり、これから新しい金本伝説を作ってもらえれば、プロ野球界に、本人にとってとてもいいことだと思う。また明日から頑張っていただきたいと思います。

試合は9回ウラに球児が代打の福田に一発を食らうも、1点差で逃げ切って鬼門・ナゴヤドームと天敵・中日ドラゴンズに初勝利!
明日は下様が先発予定。ノラリクラリと今年も投げてもらって、アニキが打ち、K・K・Kでビシッと締めてもらいましょ!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ4○5阪神タイガース〜ナゴヤドーム・1回戦

【神】○久保−渡辺−久保田−小林宏−S藤川
【中】●朝倉−小林正−川井−鈴木−三瀬−河原−平井

【勝ち投手】久保(1勝)
【セーブ】藤川(3セーブ)
【負け投手】朝倉(1敗)

〜ホームラン〜
【神】林1号ソロ(4回オモテ・朝倉)俊介1号ソロ(4回オモテ・朝倉)
【中】福田2号ソロ(9回ウラ・藤川)

阪神タイガース通算成績 3勝1敗 対ドラゴンズ 1勝

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・久保、まさかの乱調「ショックです」

抜群の安定感を誇るエースが、まさかの乱調だった。阪神先発の久保が5回で10安打6失点。右腕は「完敗。ショックです」と悔しさをにじませた。

微妙な投球感覚を重視し、試行錯誤を繰り返しながらシーズンに臨むタイプだが、この日は「ここまで打たれるとは思っていなかった」。外野守備の不安定さはあったにせよ、二回には2死から4連続二塁打を浴びて3失点。制球がいまひとつで、高めに浮く球が目立った。

それでも、真弓監督は「(開幕まで)まだ時間がある。ここから上げていけばいい」と昨季14勝を挙げてチームの勝ち頭となった右腕への信頼を口にする。久保は「打たれた原因は分かった。公式戦ではこういうことのないようにしたい」と反省を口にした。(サンスポ)

今日、明日とタイガースは横浜でベイスターズと東日本大震災慈善試合。試合前には選手が球場前に募金箱を持って、支援を呼びかける場面があったり、球界が率先してファンと一体になって東北を応援し、東北を想い、考える、いい機会だと思います。

今日は試合中継がなく、状況がなんともいえないのですが、先発した久保が打たれまくったとのこと。ストレートが立ち上がりから全く走らず、5回を10安打6失点と久保らしくない内容。スコアだけを見ていると10安打中7本が全て長打なのが不調を物語ってます。その長打もレフトへ5本、ライトへ2本とアニキ、マートンと守備が不安定なところへ狙い打たれてるのがなんとも・・・(笑)シーズンに入れば真弓監督もなにかしら考えてくるだろう・・・と願いたいですが、今年も外野守備には相当の覚悟が必要なのが目に見えます。

打線は4回にトリ、新井さんの連打からブラゼルのライト犠牲フライと、7回のアニキ、城島のヒットから浅井の内野ゴロの間の2得点のみ。連日の練習試合ではホームランが出たり、得点もそこそこ記録してるようですが、久しぶりに見るスコアがいつもと変わらぬ打てぬ打線じゃ開幕が不安。特にマートン、平野が揃って4タコなのが・・・。マートンはまだ足を上げて打ってるのかな。

明日も横浜で慈善試合です。
東北のタイガースファンの為にも打ち勝つ野球をお願いしますよ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ9●2阪神タイガース〜横浜

【神】●久保−小嶋−福原−阿部
【横】○眞下−ハミルトン−加賀

【勝ち投手】眞下
【負け投手】久保

〜ホームラン〜
【横】スレッジ1号3ラン(8回ウラ・阿部)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
佑ちゃん3回9失点、阪神戦でプロの洗礼

日本ハムのドラフト1位・斎藤佑樹投手が21日、オープン戦・阪神戦(札幌ドーム)でプロ入り後初めて先発した。3回を13安打9失点とプロの洗礼を浴びる形になった。一回は2死二塁で新井を一邪飛に抑えたが、二回にブラゼル、金本、林に3連打を浴び、キャンプから続いていた無失点記録が9イニング目で途絶えた。三回には8本の長短打を集中され8失点。

斎藤は「コントロールも良くなかったし、変化球の切れも良くなかった。プロの打者、タイガースの打線はすごいと改めて感じました」と話した。(デイリー)


オープン戦最終戦にて猛打爆発13得点!ハンカチ王子KO!
これがプロの実力や!洗礼を浴びたまえ!とばかりに斎藤佑樹を打ちまくったダイナマイト打線。今日の結果はウチの打線もそうだけど、斎藤くんも問題点が一気にさらけ出て、お互いよかったんじゃかな。

打は初回、平野がヒットを放つも後続を難なく捌いた斎藤でしたが、2回に眠れる猛虎打線を覚ますピッチング。まずブラゼルがレフト前へおっつけられると、アニキにライト前、林ちゃんがセンターへタイムリーを放ち先制。この後俊介が併殺、藤井がヒットを放ち二盗を決め、2死2・3塁も結局は1点止まり。

悪いなりにも1点で抑えるあたりは鳴り物で入団しただけじゃないな・・・と思ってたんですが、3回に眠れる猛虎打線が完全にお目覚め!打つは打つはでこの回だけでホームランなしの8安打8得点。胸のすく波状攻撃でした!
まず、平野がピッチャー内野安打、トリがライト前ヒット、新井さんは見逃し三振に倒れるもブラゼルにライト線タイムリー、アニキがライト線タイムリー2ベース、林ちゃんはライト線2点タイムリー2ベース、柴田にはレフト前ヒットに二盗を決められ、藤井がライト犠牲フライ、マートンにはレフトオーバーのタイムリー2ベース、平野フォアボール、そして早稲田の先輩・トリが右中間へ2点タイムリー3ベースを放って斎藤佑樹にトドメ!

バッティングピッチャーと化す斎藤に、容赦なく畳み掛けるダイナマイト打線!しっかりと踏み込んでしっかりとスイングする。紅白戦、オープン戦を通じて、あれだけ打ち込んだのは初めてじゃないかな。球威がなくなり、顔から覇気がなくなりドンドン青ざめていく斎藤。彼には悪いけど、あの手のピッチャーに抑えられてたらダイナイマイト打線の名が廃るよ。

8回には浅井、平野のヒットから絶好調の弟・良太がお兄ちゃんそっくりのバットスイングから放たれた打球はセンターバックスクリーンへオープン戦第1号3ランホームラン!これはチームの第1号ホームランでもあったりして、最後の最後に打線にいい結果が出てよかった!各選手に「らしさ」が戻った。

投げるほうでは先発の久保が6回4安打無失点。危なげなし!
過去の登板では「ちょっと打たれて統一球の飛び具合を確認したい」なんて話をしていましたが、初回に糸井、2回にホフパワーに長打を打たれて統一球の確認も出来たんじゃないかな。時々、緩い球を真ん中に投げて、わざと打たそうとしているんじゃないかと疑いたくなるも、久保の術中に嵌るハム打線。今年の久保は勝ちまくるぞ!

地震の影響でオープン戦の試合数には各チームバラツキがあったものの、タイガースは6勝2敗4分・勝率7割5分でオープン戦優勝!さぁ本番のペナントレースでの最終順位はどうなるか・・・開幕は3月29日だ!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

北海道日本ハムファイターズ3○12阪神タイガース〜札幌ドーム

【神】○久保−小嶋−渡辺−福原
【日】●斎藤佑−オビスポ−武田久−宮西−榊原

【勝ち投手】久保(2勝)
【負け投手】斎藤佑(1勝1敗)

=ホームラン=
【神】新井良太1号3ラン(宮西・8回オモテ)
【日】ホフパワー5号2ラン(渡辺・8回ウラ)

阪神タイガースオープン戦成績・6勝2敗4分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・久保5回無失点!開幕いつでもOK

阪神の開幕投手に内定している久保康友投手が、西武とのオープン戦で5回を3安打無失点に抑える好投を見せた。

久保は、二回に四球と二塁打で一死二、三塁のピンチを招いたが、G・G・佐藤を三ゴロ、銀仁朗は空振り三振に切ってとった。久保が奪った三振はわずか2つだったが、打たせて取る省エネ投球で5回を64球、3安打無失点に抑え、開幕へ万全の仕上がりを見せた。(サンスポ)


オープン戦2度目の登板となる久保が先発。5回を3安打無失点。
今日もストレートの走り、変化球のキレともヨシ!久保本人は統一球がどんな具合に飛んでいくのか少し打たれたかったと前回のホークス戦と同様のコメント。ウチの打線を見てれば、統一球がどんなけ飛ばないかわかるやん。。開幕ローテーションを考えると、次回のヤクルト戦か、横浜戦で最終調整で、開幕の神宮・ヤクルト戦かな。まぁ開幕投手は久保で異論なし!やね。

打線は初回に俊介が西武先発・涌井からセンターへ綺麗に弾き返すと、平野の打席で二盗、セカンドゴロの間にサードへ進み、鳥谷がレフトへ流し打ち、先制タイムリー!今日の得点はこの1点のみ!
このあと、新井さんがセカンド併殺でチャンス逸失。
今日もヒットはなんとなく出るものの、3併殺。
打線の繋がりがないのも不安だけど、それ以上に不安なのが平野、マートンの状態が一向に上がってこないこと。平野は未だヒット1本。マートンは2本。
平野は投球に対して待ちきれないのか、セカンドゴロアウトがやたら多い。。それに対してマートンは新しく試している足を上げる打法のバッティング始動が遅いため、投球に差し込まれ、打球が思うように前に飛ばない。。
マートンは去年のアベレージに加えて、長打も狙える選手にと打撃改造に取り組んでるらしいけど、去年のすり足打法に戻して、コツコツヒットを重ねて、マートンらしく地道に頑張ればいいのにと思うんやけどねぇ。

明日の休みを挟んで、宿敵・中日、巨人と3連戦。
この2チームを叩かないことには優勝は狙えないので、しっかり研究して、試すものは試して、シーズンに有利になる材料を手に入れて欲しいと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース1○0埼玉西武ライオンズ〜甲子園

【西】●涌井−ミンチェ−藤田
【神】○久保−久保田−S岩田

【勝ち投手】久保(1勝)
【セーブ】岩田(1セーブ)
【負け投手】涌井(1敗)

阪神タイガースオープン戦成績・5勝2敗2分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神打線無得点も投手陣は32回連続無失点

阪神打線は無得点に終わった。ソフトバンクの先発杉内に苦戦した。四回、関本の左前打、ブラゼルの中前打で2死一、三塁の好機も、マートンが三振で無得点に終わった。杉内は4回2安打無失点。一方で、投手陣は先発の久保が4回3安打無失点と好投。下柳、小林宏、藤川、江草、若竹と計6投手で完封リレー。これでオープン戦32回連続無失点となった。(デイリー)


この時期は投打の差は割り引かないといけないんだろうけど、投手が良すぎるだけに打線のダメさが際立つ。4試合で8得点って・・・この時期にして深刻。3回、4回、6回とランナーを出しても簡単に打ち上げるし、簡単に引っ掛けて併殺打を2つ。課題を持って打席に立っているのかと。

ホークスの先発が杉内が打てないのは承知のことだけど、2番手、3番手ピッチャーあたりは打って欲しいっちゅうか、打て!

貧打線にあえぐ野手陣とは対照的に今日も投手陣は好調そのもの。
先発した久保は4回3安打5奪三振と開幕投手へ順調な仕上がり。2回にヒットと2つのフォアボールで1死満塁のピンチを背負うも細川、川崎を連続空振り三振とピンチなんてどこ吹く風。内川、松田に与えたフォアボールも際どいコースを突いてのフォアボールで久保には余裕の笑顔もあったし、久保はほっといても大丈夫。

2番手の下さんもノラリクラリ2回を1安打無失点。キャンプ中の紅白戦やシート打撃では芯で捕らえられる当たりも多々見られたものの、今日は微妙に芯を外す内容で調整具合は良さそうです。

3番手には小林宏。1回を1フォアボール1奪三振。
かって知ったるホークス打線相手に落ち着いた内容。先頭の内川には簡単に2ストライクに追い込み、最後は切れ味鋭いフォークで空振り三振!
4番手に投げた球児が1安打1フォアボールとやや荒れ気味だったところを見てると、小林宏のほうが安定感はよかった。

5番手の江草、6番手の若竹もナイスリリーフを見せ、復活を帰す者、中継ぎ課に殴りこみをかける者、打線とは対照的にこっちは熱々で見てて楽しいね。

投手陣は圧巻の32回連続無失点、脅威のチーム防御率0.25!
対する打線のチーム打率1割8分8厘!もう少し頑張れ打線。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

福岡ソフトバンクホークス0△0阪神タイガース〜Yahoo!ドーム

【神】久保−下柳−小林宏−藤川−江草−若竹
【ソ】杉内−森福−岩嵜

阪神タイガースオープン戦通算成績 2勝1敗1分

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・久保が300球超え 万全の仕上がり

久保がブルペンで300球を超える熱投。「いつでも行けと言われれば行ける」と、開幕へ向けて万全の仕上がりを口にしていた通りの状態の良さを見せた。

山口投手コーチも「フォームが安定しているからあれだけ投げられた」と舌を巻いた。23日は練習休み。(サンスポ)


今日で1・2軍合同キャンプは終了。
昇格組は投で若竹、江草。打では野原祐、高濱、狩野。降格組はなし。昇格組で嬉しそうにしていたのは野原祐。紅白戦2戦目では最終打席で気迫のヘッドスライディングで3塁打をもぎとると、3戦目ではライトスタンドへ一発を放り込み、どうにかして1軍帯同をモノにしたい気持ちが今日の昇格へ。ティー打撃では笑顔いっぱいにフルスイング!育成から這い上がってきた当時と変わらぬスタイルで、見ていて気持ちがいいね!

気迫がこもって気持ちいいといえば、エース・久保。
今日もブルペンで熱のこもった内容で、当初は5人ほど並んでピッチングを披露するも、最後は久保ひとりで黙々と投げ込み、終わってみれば今期最多の300球の投げ込み。シーズンなら試合前のブルペンから延長12回完投したくらいの投げ込み量じゃなかろうか。隣で投げていた能見も180球を投げ込んで大したもんなのにそれ以上の数をこなし、相変わらず飄々と投げ込む様にはホント恐れ入ります。

久保にしても能見にしても開幕にはこだわりがないといいつつ、こうやって競いあってる姿を見ると、左右の両エースに死角なし。
今年も心配せずに試合を見させてもらえそうです。

明日の休みを挟み、いよいよ木曜からは最終クール。
第6C初日、2日目あたりにはまた紅白戦が取り入れられて、最終の3日目、4日目にはオリックスとのオープン戦がスタート。1・2軍の振り分けがすんだといいつつ、これからもふるい落としの日々。今日昇格した高濱や野原祐のように若手は我武者羅に泥まみれになってプレーして欲しいと思います。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

=本日のキャンプメニュー=

【野手組】

10:00 ウォーミングアップ 【ドーム・サブグラウンド】
動き作り・ランニング・各種強化

10:40 キャッチボール・ペッパー 【サブグラウンド】

11:00 守備練習 <内野手>
投内連携⇒サインプレー
<外野手>
守備練習

12:00 ランチ・特打 特打
<(ブラゼル・マートン)>

12:30 バッティング 【メイングラウンド】
<1組(大和・上本・柴田・俊介)>
バッティング⇒守備⇒走塁⇒バント⇒ティー
<2組(金本・桧山・関本・新井)>
ティー⇒バッティング⇒守備⇒走塁⇒バント
<3組(鳥谷・平野・浅井・林)>
バント⇒ティー⇒バッティング⇒守備⇒走塁
<4組(新井良・森田・野原将・坂)>
走塁⇒バント⇒ティー⇒バッティング⇒守備
<5組(藤井・小宮山・清水・岡崎)>
ブルペン⇒バッティング
<6組(高濱・野原祐・狩野)>
守備⇒走塁⇒バント⇒ティー

捕手 コーチ指示

特打・特守・走塁練習の無い選手は強化ランニングに入る

14:30 特打・特守 【ドーム】
<マシン(新井良・森田)>
<ケースバッティング(コーチ指示)>
【サブグラウンドB】
<特守・捕手(コーチ指示)>
【メイングラウンド】
<特守・内野手(コーチ指示)>
<特守・外野手(コーチ指示)>
強化ランニング
強化トレーニング
ウェイトトレーニング
ストレッチ 【ドーム】

【投手組】

10:00 ウォーミングアップ 【ドーム・サブグラウンド】
動き作り・ランニング・各種強化

10:40 投球練習他 <A組(渡辺・蕭・榎田・筒井・福原・久保田・川崎)>
ティー⇒バント・バスター・バッティング⇒ゴロ捕(サブグラウンド)⇒キャッチボール・牽制⇒ピッチング⇒強化ランニング
<B組(能見・岩田・久保・藤川・小林宏・メッセンジャー・下柳・鶴・スタンリッジ>
ゴロ捕(サブグラウンド)⇒キャッチボール・牽制⇒ピッチング⇒ティー⇒バント・バスター・バッティング⇒強化ランニング
<C組(藤原・江草・小嶋・鄭・若竹・加藤)>
キャッチボール⇒投内連携・サインプレー⇒ピッチング⇒ティー⇒強化ランニング

14:00 ランチ

14:30 個別課題
強化トレーニング
ウェイトトレーニング
ストレッチ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神のドラ1・榎田が紅白戦で被弾

阪神は20日、安芸キャンプで1、2軍合同の紅白戦を行い、ドラフト1位新人の榎田大樹投手が、白組の3番手で五回からの2イニングを投げた。

2回1安打(1本塁打)1失点、3奪三振。五回は先頭の岡崎に、低めの球を左中間にソロ被弾。ただし、その後は上本・三ゴロ、坂・遊ゴロ、高浜・投ゴロにとった。六回は3者三振に。田上を外角スライダーで空振り三振、森田を内角球で見逃し三振、最後はベキオナチを外角球で空振り三振にとった。
(デイリー)

阪神タイガース白組0−1阪神タイガース紅組〜安芸タイガース

【白】能見−鄭−榎田−加藤
【紅】久保−渡辺−福原−蕭

〜ホームラン〜
【紅】岡崎1号ソロ(5回オモテ・榎田)


今日の紅白戦は紅組にクリーンアップにマートン、ブラゼル、関本。
白組クリーンアップは鳥谷、新井、林と主力どころがズラリ。

その強力打線に相対したのは白組先発・能見、紅組先発・久保。
3月25日の開幕戦マウンドに立つであろう両エースが安芸のマウンドへ。
まず白組先発の能見は初回先頭の坂にライト線を破られるも、続く高濱を三振ゲッツー。このあとマートン、ブラゼルに連打を浴び、2死1・2塁の先制のピンチも動じず、セキを内野フライに仕留め、上々の滑り出し。
対する紅組先発の久保も先頭の俊介にフォアボールを出すも、平野を投手ゴロゲッツー、トリには手も足も出させず見事なストレート攻めで三球三振。

2回の能見は2アウトから岡崎にヒットを浴びるも2イニングを4安打無失点。久保は新井、林、狩野をホイホイと三人で仕留め、2イニングを無安打。
両投手ともストレートのキレがよく、各打者が差し込まれてる印象で、順調な仕上がりをアピール。能見、久保は全く持って心配しなくていいです。

打線で気を吐いたのは昨日の高濱に刺激を受けたのか、坂が2安打、高濱も渋いレフト前ヒットを放ち、1軍残留へ猛アピール。捕手の岡崎も2安打。うち1本は5回にルーキーの榎田からバックスクリーン左へ運ぶ先制決勝弾。リード面も4投手をリードし7回完封劇を引き出し、首脳陣には好印象!
城島に次ぐ2番手捕手に岡崎も忘れるな!といったところでしょう。

投ではサイドスローにして球威の増した鄭、中継ぎの要・渡辺もヒット、フォアボールがあるも十分な内容。久保田、小林宏の前を投げる中継ぎも今のところは心配無用。ルーキーの榎田も回数を重ねるごとに落ち着きが増し、
6回の三者連続三振劇はあっぱれでした!

明日も紅白戦があるものの、1・2軍合同キャンプは実質明日で最後。
残り1試合で当落線上の選手はどこまでアピールできるか。
明日はこの2試合以上に楽しみです。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

=本日のキャンプメニュー=

【野手組】

9:30 ウォーミングアップ 【サブグラウンド】
動き作り・ランニング・各種強化

10:00 バッティング <1組(上本・俊介・柴田・野原将)>
バッティング⇒守備⇒走塁&バント⇒ティー
<2組(関本・林・ブラゼル・マートン)>
ティー⇒バッティング⇒守備⇒走塁&バント
<3組(鳥谷・新井・金本・桧山)>
走塁&バント⇒ティー⇒バッティング⇒守備
<4組(新井良・浅井・平野・坂)>
守備⇒走塁&バント⇒ティー⇒バッティング

<田上・野原祐・狩野・高濱・橋本・葛城・荒木・ベキオナチ>
走塁・守備に参加⇒マシンバッティング

<小宮山・藤井・岡崎・森田・大和>
ドームバッティング⇒守備

11:40 軽食

12:00 白組 シートノック

12:10 紅組 シートノック

12:30 紅白戦 <紅組・オーダー>
1.坂(8)
2.高濱(6)
3.マートン(9)
4.ブラゼル(D)
5.関本(3)
6.浅井(7)
7.野原将(5)
8.岡崎(2)
9.上本(4)
【投手】久保(2)、渡辺(1)、福原(2)、蕭(2)
【野手控え】原口・橋本・森田・藤井宏・田中・ベキオチナ・田上

<白組・オーダー>
1.俊介(8)
2.平野(4)
3.鳥谷(6)
4.新井(5)
5.林(7)
6.狩野(D)
7.新井良(3)
8.藤井彰(2)
9.柴田(9)
【投手】能見(2)、榎田(2)、鄭(2)、加藤(1)
【野手控え】小宮山・荒木・大和・葛城・野原祐・黒田

予備投手 白仁田、横山

特打・特守・走塁練習の無い選手は強化ランニングに入る
特打・特守 【メイングラウンド】
<特打(鳥谷・新井)>
<ロングティー&マシン(小宮山・森田)>
<ランニング⇒マシン(新井良・高濱)>
【サブグラウンドA】
<特守・内野手(大和・上本・荒木・藤井宏)>
【サブグラウンドB】
<特守・捕手(コーチ指示)>
【メイングラウンド】
<特守・外野手(俊介・坂)>
強化ランニング
強化トレーニング
ウェイトトレーニング
ストレッチ 【ドーム】

【投手組】

9:30 ウォーミングアップ 【メイングラウンド・ドーム】
動き作り・ランニング・各種強化

10:00 投球練習他 <A組(藤原・筒井・小嶋・久保田・下柳・川崎)>
キャッチボール・牽制⇒ピッチング⇒投内連携・ゴロ捕⇒ティー⇒バント・バスター・バッティング⇒強化ランニング⇒軽食
<B組(岩田・藤川・鶴・小林宏・メッセンジャー・スタンリッジ)>
キャッチボール・牽制⇒投内連携・ゴロ捕⇒ティー⇒バント・バスター・バッティング⇒強化ランニング⇒軽食

<紅組(渡辺・蕭・福原・久保・白仁田)>
<白組(榎田・鄭・能見・加藤・横山)>
投内連携・ゴロ捕⇒キャッチボール⇒ショートダッシュ⇒軽食⇒紅白戦(12:30)

12:30 強化トレーニング
個別・課題練習
ウェイトトレーニング
ストレッチ <紅白戦 投手>
登板後 ショルダーEX、強化ランニング(100m×10)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
久保田、球児で逆転負け 阪神終戦

阪神が逆転負けでファーストS敗退。巨人がファイナルSに進出した。阪神が一回、新井、ブラゼルの適時打で2点を先制。三回には桜井の右犠飛で1点を追加。

巨人は五回、小笠原の右前適時打とラミレスの中犠飛で2点を返した。阪神は五回、ブラゼルの中犠飛で1点を追加。六回には平野が左中間に2点適時三塁打を放ち6‐2とした。巨人は七回、失策と高橋の右越え2ランで1点差。さらに八回、2死二、三塁でラミレスが藤川球から中前に2点適時打を放ち逆転した。阪神は先発の久保が6回2失点と好投したが、2番手久保田が1回3失点、3番手藤川球が2回2失点と大誤算だった。ラミレスは「甲子園で勝つのは簡単ではない。まさにチームの勝利だ」と話した。(デイリー)


聖地・甲子園にて、クライマックスシリーズ第一ステージ敗退。
最後の最後までやらかしてくれまして、本当にありがとうございました。
今年を象徴するような逆転負けゲームで、ファンとして寂しい限りです。

ジャイアンツ先発は予想に反して、内海ではなく朝井が先発。
この時点でウチも舐められたもんだなと思いました。情けなかった。
その朝井に対し、打線が初回から牙を向きます。
先頭のマートンがライト前ヒットで出塁し、平野がキッチリ送って1死2塁。
鳥谷は空振り三振に倒れるも、続く新井さんがライト前へ先制タイムリー。
今日5番に入った城島もセンター前ヒットを放って、2死1・2塁。
ここで6番降格のブラがライト前へタイムリーで2−0と幸先のいいスタート。巨人ベンチは朝井を1回で見切り、2回からグライシンガーがスクランブル。
そのグライシンガーから3回に新井さんがライト線へ落ちる2ベース。
今日に賭ける新井さんの気合いのヘッドスライディングが打線に火がつき、
このあと広大がライトへ犠牲フライを放ち、最低限の仕事。

投げては先発の久保が左足負傷を感じさせない見事な立ち上がり。
2回こそ2アウト満塁のピンチを背負うも、3回には三者連続三振あり、
守っては4回、長野の外野へ抜けそうなセカンドゴロを平野がファインプレー。守りからもチームを盛り立て、流れは完全にタイガースペース・・・でしたが。
5回オモテ1死1塁、亀井のセカンドゴロを平野がエラー、オールセーフ。
併殺で切り抜けられた場面で痛恨のミス。このあと失点するのはセオリーで、
小笠原にタイムリー、ラミレスにセンター犠牲フライを放たれ1点差。
平野は調子に乗って、チョンボする場面が多々あるのがいただけない。

1点差に迫られた5回ウラ、鳥谷のセンター前ヒット、城島がエラーで出塁、
1死1・2塁でブラゼルがセンター犠牲フライで点差を2点に広げると、
6回には巨人4番手・高木から俊介がフォアボール、上本が送りバント、
マートンが敬遠で、1死1・2塁。打席には平野。汚名返上の打席で好結果!
コンパクトに振り抜いた打球は左中間への2点タイムリー3ベース。
スコアも6−2と4点リードとなり、勝利もググッと引き寄せるも・・・。

7回から継投に入り、マウンドには2番手・久保田。
小笠原に2ベースを打たれるも2アウトを奪い、阿部もセカンドゴロ。
何事もなく終わるのかと思いきや、平野が今日2つ目のエラーで失点。
これで雲行きが怪しくなり、続く高橋由にライトへ追撃2ランで1点差。
一度傾いた流れは変えるのは難しい、それが終盤ならなおさら。

8回からは球児が3番手のマウンドに上がるも、本来の球児ではなかった。
脇谷、坂本から簡単に2アウトを奪うも、続く亀井をフルカウントから歩かし、小笠原にはライト線へ2ベース、続くラミレスにはセンターへ2点タイムリー。
球児の代名詞であるストレートにキレがなく、制球もままならない。
9回には3つのフォアボールを連発し、以前では考えられない光景が。

9回ウラの攻撃は先頭の城島がセンターへ大飛球も、スタンドインならず。
ブラゼルも巨人の抑え・山口から精一杯粘るも、サードファウルフライ。
そして最後の打者、浅井が力なくピッチャーゴロに倒れて試合終了。

真弓監督が就任して2年目のシーズンが終了。
今年も当たり前のことを当たり前のように、最後までできなかった。
チャンスで打てるように、球際に強くなるように、守り勝つチームに・・・。
真弓監督は来年へ向けて課題を示して、ベンチへ引き下がったようですが、
2年前の就任会見で掲げたプランを未だに口にしているのはどういうことか。
真弓監督には選手補強はもちろん、自らの身辺も補強したほうがいいと思う。

来年もこんなドタバタしたチームに振り回されるのかと思うと、既にしんどい。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

クライマックスシリーズ・セ 第一ステージ・2回戦〜甲子園

阪神タイガース6●7読売ジャイアンツ

【巨】朝井−グライシンガー−MICHEAL−高木−○越智−S山口
【神】久保−久保田−●藤川球

【勝ち投手】越智(1勝)
【セーブ】山口(2セーブ)
【負け投手】藤川球(1敗)

〜ホームラン〜
【巨】高橋1号2ラン(7回オモテ・久保田)

クライマックスシリーズ・セ 第一ステージ 2敗 第一ステージ敗退

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神・久保、CS第2戦先発回避も…屋外練習中止

虎に暗雲…。阪神は13日、甲子園球場で先発投手陣の指名練習を行った。前日12日のシート打撃中に左スネを負傷した久保康友投手(30)はケガの状態を考慮し、屋外練習を取りやめ。予定されているCSファーストSの2戦目先発を回避する可能性が浮上した。

▼阪神・山口投手コーチ
(久保のCSのローテーションは)揺るがない(と前置きしながらも、一方で危機感を募らせ)用心はしないといけない。強いボールを放ってみないと、分からない部分もあるから。(スポニチ)


おいおい、ファーストステージ2戦目久保回避ってどうなんだ。

シート打撃中に新井さんの強烈なピッチャー返しを食らって、
マウンドで悶絶する久保の姿を見たけど、そこまで酷い状況なの?
マウンドからベンチに引き下がる際には笑顔も見えてたから、
大したことないなぁと思ってたんだけど。。ああああ。

ちなみに久保と巨人打線の相性は4戦戦って1勝2敗、防御率5.09。
数字上の対戦成績はあまり良くないものの、ポストシーズンは別。
久保を回避して中日の初戦にぶつけるのもアリかもしれないけど、
出し惜しみして、ファーストステージ敗退とかは・・・。

さぁどうする、真弓、久保。久保は痛くても出るだろうけど。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
真弓監督による今シーズン統括会見を行いました。

10月7日(木)、セ・リーグ公式戦最終戦となる対横浜戦(横浜)の試合前に、真弓監督が今シーズンの統括とクライマックスシリーズへの意気込みを語りました。


◆真弓監督記者会見内容

―今シーズンを振りかえってみていかがですか?

終盤まで優勝争いできたが、優勝を逃したということで非常に悔しいシーズンだった印象が残っている。優勝は逃したが、何が何でも2位に入って、クライマックスシリーズを甲子園で開催したい。

―優勝争いできた要因、逆に優勝を逃した要因は?

当初は先発がコマ不足というのがあったが、弱いところを補強出来たし、若いピッチャーが出てきてくれた。守りを打線がカバーしたところもあったが、バランスある良いチームになったと思う。悔しい思いをしたのが、ナゴヤドームでの負け。2勝10敗という勝率の悪さが優勝できなかった要因だと思う。

―144試合の中で、分岐点となった試合は?

やはり9月21日からナゴヤドーム3連戦で勝ち越せなかったことで優勝から遠のいたかなという印象がある。

―シーズンを通して、評価したい選手は?

先発陣が厳しい中で14勝5敗という9つの貯金を作って、200イニングを投げ、年間ローテの軸として投げてくれた久保を非常に評価したい。

―マートン選手はシーズン安打数の記録も達成しました。

1年目で200本越えはとても驚いている。

―良い意味で想定外でしたか?

もちろん。誰も想定していなかったと思う。

―誤算は?

4月の横浜から金本がスタメンから外れたこと。軸が怪我で出場できないのがチームにもブレーキをかけたかなとも思う。

―クライマックスシリーズに向けての修正点は

ファーストステージを勝たないとナゴヤドームでは戦えないけど、とにかくシーズン中は悔しい思いをしたナゴヤドームで何とか勝ち越して、今年のうっぷんを晴らしたい。

―短期決戦となるがナゴヤドームの秘策は?

これから考えます。

―クライマックスシリーズ、その先への決意は?

クライマックスシリーズ、日本シリーズと今年の総決算となるように、とにかくまずナゴヤドームで勝ち越したい。

―来季への構想は?

これからのゲームだけを考えてやっていきたい。

(阪神タイガース公式)


真弓監督が受け答えした内容を基に、僕もコメントしてみます。

◆ずみ監督記者会見

―今シーズンを振りかえってみていかがですか?

選手の好不調で苦しんだ1年でもあったが、采配で落とした試合が目立った。
特に終盤において戦力が整った場面で落とした試合が多かったのが残念。
中日との首位決戦、広島、横浜にことごとく取りこぼしたのが悔しい。
ベンチが試合の状況や選手を把握して采配していたのかが疑問。

―優勝争いできた要因、逆に優勝を逃した要因は?

あの戦力で優勝争いをして当然、逃した要因は一定の選手に固執しすぎ。
投では安藤やフォッサムが先発で負けを重ねる中、我慢して起用する反面、
好調だった上園を中継ぎで起用したり、鶴、江草には厳しかったり・・・。
投手部門を丸投げされてるコーチの好き嫌いがあったように思えてならない。
打でも金本が明らかに故障している中、我慢し続けたこと。
復帰後も不調の中、復調を信じて使い続けたのはいかがかと思う。
交流戦明けぐらいから若手も積極的に起用する采配に転じたけど、
中堅組の林ちゃんや広大、関本をもっと上手く使えていればと思う。
来年も優勝を逃せば、もう言い訳は通用しないぞ。

―シーズンを通して、評価したい選手は?

投では久保。200イニングを投げ、14勝5敗はエースの風格。
開幕投手を務めたどこぞの「16」番とはエライ違い。
あとは西村もシーズン終盤は打たれる場面も目立ったけど、よくやった。
打では金本を除いたスタメン組全員かな。

―マートン選手はシーズン安打数の記録も達成しました。

214本も打つなんて・・・ねぇ。嬉しすぎる大誤算。
年齢の近い、ブラゼルと一緒にプレーできたのも大きいと思う。

―良い意味で想定外でしたか?

フォードやメンチに比べると打つだろうとは思ったけど、ここまでは(笑)
キャンプ中にマートンを酷評した前打撃コーチはあてにならない。
想定外と言えば、スタンリッジと秋山の台頭大きかったね。

―誤算は?

誤算は岩田と能見が年間通して使えなかったこと。
そして最大の誤算はアッチソン、ジェフの抜けた穴が埋まらなかったこと。
今年ほど中継ぎの大切さが身にしみたことはない。守れてナンボ。
金本とベンチワークはある程度予想はついていたので、誤算ではない。

―クライマックスシリーズに向けての修正点は?

いまさら修正点とか・・・。ベンチが変な采配をしないよう、祈るだけ。

―短期決戦となるがナゴヤドームの秘策は?

ヤクルトにどうやったら中日に勝てるか教えてもらうこと(笑)
まぁ、肝心な試合で勝てなかったので、期待しすぎないことかな。

―クライマックスシリーズ、その先への決意は?

2位から日本シリーズなんて、中日に失礼。
巨人、中日に来期へ繋がる嫌らしさを植えつけること。

―来季への構想は?

投手部門の補強、若手の底上げ。
そして監督以下、一部コーチングスタッフの補強。特に久保コーチ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が4連勝で2位を堅持、横浜4連敗

阪神が4連勝で2位を守った。阪神は五回無死二塁から城島の右前適時打で先制。その後、1死二、三塁とし、鳥谷が右前2点適時打を放ち、この回、3点を奪った。さらに八回には、2死二塁から新井の中越え適時二塁打で1点を追加し、試合を決めた。久保は4安打に抑え、7月30日以来の完封で14勝目を挙げた。横浜は4連敗。(デイリー)


今日勝って今季7度目の4連勝!巨人に0.5差の単独2位!
明日勝てば、2位死守でクライマックス・甲子園開催だ!

タイガース先発は久保。
9回を投げ4安打7奪三振、今シーズン最終登板で初完封勝利!
緩急自在のピッチングでランナーを2塁に進めたのは9回の1イニングのみ。
クライマックスへ向けて、能見、久保の存在は頼もしいな。

打線は5回、ブラゼルがあと一歩でホームランのレフトオーバーの2ベース、
続く城島はおっつけ気味にライト前へ運ぶと、ブラゼル激走で本塁生還。
さらに坂がセンターオーバーの2ベースで2・3塁と追加点のチャンス!
久保が空振りの三振に倒れた後、トリがライトへ2点タイムリーを放ち、
この回3点を奪い取って、久保に心強い援護点。

8回には1死1塁の場面で今季限りで引退する横浜・木塚から
新井さんがセンターオーバーのタイムリー2ベースで4点目。
9回にはブラゼルのセンター前ヒット、ブラに代走・大和。
城島はサードへ不意打ちのバントヒットを試み成功!
代走の大和は横浜・村田の緩慢な動きを見て、一気に3塁へ。
このあと、坂がセンターへ犠牲フライを放ちダメ押しの4点目で勝負あり。

肩の荷が下りてから、攻・走・守と積極的なプレーが目立つのは
嬉しいことなのか、寂しいことなのかはちょっと複雑だけど、
クライマックスでもこの4連勝中の試合が出来れば、あわよくば・・・。

今日はマートン、平野とノーヒットで両者とも首位打者に黄色信号。
明日5打数5安打打って、やっと青木に並ぶくらいなので苦しいな。。
ブラゼルのホームランキングも取って欲しいし。。

明日は昨日のヤクルト戦のように大暴れして、最終戦を白星を飾ろう!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ0○4阪神タイガース〜横浜・23回戦

【神】○久保
【横】●加賀−桑原謙−木塚−阿斗里


【勝ち投手】久保(14勝5敗)
【負け投手】加賀(3勝12敗)

阪神タイガース通算成績 78勝62敗3分 対ベイスターズ 7勝16敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神激痛!逆転負け 球児打たれた

阪神が逆転負けし、マジックが消滅。試合のなかった中日にマジック「1」が付いた。3‐1で迎えた九回、藤川球が連続四球で無死一、二塁とし、村田にこの試合2本目となる26号逆転3ランを浴びた。阪神は先発の久保が8回1失点と好投。打線も三回に平野の適時打で先制。1‐1の四回1死三塁からブラゼルが勝ち越しの右前打。五回にも鳥谷の右犠飛で加点したが、抑えの藤川球が大誤算だった。(デイリー)


甲子園行ってきました。
今まで見てきた阪神の試合の中で史上最悪の試合だったかもしれません。
甲子園へ詰め掛けた47027人のファンは何が見たくて球場へ足を運び、
雨の中を大声援を送ったんでしょう・・・ベンチは球場の雰囲気が読めてない。
矢野さんの引退試合なのに主役の出番はなく、挙句の果てに逆転負け。
優勝へのマジックは消滅し、代わって中日ドラゴンズにマジック「1」
明日、阪神が負ければ中日が4年ぶりの優勝であります。

試合は8回4安打1失点で凌いだ先発・久保が試合を作った。
4回に村田にレフトへ一発を食らうも、それ以外は3塁を踏ませぬ内容。
今日もテンポ良く城島へのミットめがけて投げ込んでくれたおかげで、
試合展開が早いこと早いこと。今日の内容で勝利がつかなかったのが残念。
久保はシーズン途中に一時不調に陥るも、大事な試合では本当に頑張った。
久保が年間通してローテで頑張ってくれたおかげが今日の順位の現われだ。

打線は3回、坂のレフト前ヒットを足がかりにチャンスを作れば、
2死3塁から平野がセンター前タイムリーを放って先制。
同点に追いつかれた4回には先頭の新井さんの右中間2ベースを放ち、
ブラゼルがライト前タイムリーを放ってすかさず勝ち越し。2−1。
5回にはマートンのライト前ヒット、平野右中間2ベースで1死2・3塁で
鳥谷がライト犠牲フライを放って、3点目。なおも2死3塁の場面で
続く新井さんもセカンドへいい当りも放つも、ベイ・藤田の好守に阻まれ、
さらなる追加点は入らず・・・。今日は藤田の守備に2点はもぎ取られた。

久保のリズミカルなピッチングに乗って3−1のまま、試合は9回へ。
今日の内容からして9回も久保にマウンドを託してもよさげでしたが、
マウンドには我らが守護神・藤川球児。キャッチャーは矢野・・・ではなく城島。
点差、矢野さんのひじの状態を考慮して、2アウトから矢野さん投入・・・
なんて考えが監督の頭の中にはあったのかもしれませんが、これが裏目。
イニングの頭には矢野コールがスタンドから湧き出たせいもあってか、
球児は力みからかストライクが入らず、二者連続フォアボール。
いい形で矢野さんへ繋ごうとした意識が最悪の結末、村田勝負へ・・・。

以前、広島の佐々岡投手の引退試合でも容赦なく一発を放り込んだ村田。
球児に対して、粘る村田を見ていて嫌な予感はしたんですが・・・。
レフトスタンドへまさかの逆転3ラン。唖然呆然、静まり返るスタンド。
優勝争いで1敗も許されず、矢野さんの引退試合でもある試合で、
一番やってはならない展開に持ち込んでしまった、球児に真弓監督。
矢野さんの引退試合に泥を塗った格好の球児にとって大きな敗戦。
残り試合、クライマックスシリーズに変に影響しなければいいが。

9回ウラ2アウトから必死のパッチで関本、マートンの連打で2死1・2塁。
同点、サヨナラのチャンスへ持ち込むも最後は平野がショートゴロで終了。

試合後は選手、首脳陣がマウンド上で一斉に集まるも拍手はまばら。
このあと矢野さんの引退セレモニーへと続いたわけですが、
敗戦のショックが大きく、ファンも矢野さんも微妙な雰囲気でした。

矢野さんのセレモニー、ありがとうの想いはまた別の機会に書きます。
簡単ではありますが、矢野さん20年間お疲れ様でした。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

阪神タイガース3●4横浜ベイスターズ〜甲子園・22回戦

【横】大家−寺原−○牛田−S山口
【神】久保−●藤川球

【勝ち投手】牛田(2勝1敗)
【セーブ】山口(2勝8敗29セーブ)
【負け投手】藤川球(3勝4敗28セーブ)

〜ホームラン〜
【横】村田25号ソロ(4回オモテ・久保)村田26号3ラン(9回オモテ・藤川球)

阪神タイガース通算成績 74勝61敗3分 対ベイスターズ 15勝7敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神が痛恨のサヨナラ負けで3位転落

中日が球団新記録となる今季12度目のサヨナラ勝ちで連勝。両軍無得点で迎えた九回、1死満塁から、代打・堂上剛の一ゴロを阪神・ブラゼルが本塁悪送球。球団新記録となる70試合目の登板となった浅尾が、1回1/3を無失点に抑え12勝目。阪神は久保が8回3安打、無失点の好投も、打線がことごとく好機に一打を欠き、2試合連続の完封負け。「気持ちをひとつに思い切っていきました。神様お願いしますと思って走りました」と堂上剛は表情を緩ませた。(デイリー)


負けてはならない試合で痛恨のサヨナラ負け。
ドラゴンズは残り4試合を2勝2敗の5分で乗り切った場合、
タイガースは残り11試合を10勝1敗の怒涛の猛追を見せなければ、
2010年度のセ・リーグ、阪神タイガース優勝はないわけで・・・。

タイガース先発は久保。
8回を投げ、散発3安打無失点とこれ以上ないピッチング。
8回105球で降板したのと、後々の日程を考えても、この降板劇は?
こういう大事な試合で好投しているピッチャーを代えると流れは得てして
相手側へいってしまうのは不思議な話。
負けたからじゃないけど、いちゃもんのように変に勘ぐるんだけど、
久保の8回降板が9回に代打で金本を使ったが為の打順調整なアホだぜ。
大事な試合で、久保が奮闘しているんだから心中するぐらいで挑まないと。。あの内容で久保が打たれたところで打たれたら諦めもつく。
今に始まったことじゃないけど、真弓阪神には勝負勘がないのが残念。

打線はドラゴンズ先発・山井に対して5安打を放ち、チャンスはちらほら。
初回、2アウトから鳥谷、新井さんの連打で先制のチャンスを得るも、
ブラゼルが空振りの三振。3回は2死3塁で新井さんセンターフライ。
5回は坂のセンター前ヒットから1死2塁もマートン、平野が揃って凡退。
6回には鳥谷フォアボール、新井さんレフト前ヒットで無死1・2塁も、
ブラが当てにいく打撃を見せて最悪のセカンド併殺、2死3塁も城島凡退。
8回もマートンフォアボールから平野が送り1死2塁も後続が揃って凡退。

あと一本が出ないナゴヤドームの呪縛。ナゴヤに来て2試合連続完封負け。
球場までの経路を変え、ベンチに盛り塩をしても、こんなもんよ(笑)
ため息も出ない。

5度のチャンスを生かせず、好投の久保も8回で降板。
沈黙していたドラゴンズ打線が蘇るのも当たり前で、9回に一気の攻め。
2番手・久保田から先頭の藤井がサード内野安打でサヨナラの雰囲気。
これに乗じて森野、和田と連打で続いて無死満塁。
ここで久保田がブランコを空振り三振にしとめ、まず1アウト。
ここで久保田から3番手・球児へスイッチ。もう後がない継投策。
ドラゴンズも浅尾を諦め、代打に堂上兄が登場で一か八かの勝負。
結果はどん詰まりのファーストゴロもブラが打球を握り損ね、悪送球。

本塁上、一塁ベース上で盛り上がるドラゴンズナイン。
うなだれてベンチへ引き下がるタイガースナイン・・・結果は言わずもがな。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

中日ドラゴンズ1×●0阪神タイガース〜ナゴヤドーム・23回戦

【神】久保−●久保田−藤川
【中】山井−○浅尾

【勝ち投手】浅尾(12勝3敗1セーブ)
【負け投手】久保田(6勝3敗)

阪神タイガース通算成績 71勝59敗3分 対ドラゴンズ 8勝13敗2分


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

ブログネタ
勝っても負けても阪神タイガース に参加中!
阪神逆転勝ちで2位浮上 新井がV犠飛

阪神が逆転勝ちで3連敗を免れ、2位に浮上した。1点を先制された直後の八回、マートンの右前打から1死二塁とし、鳥谷の右越え三塁打で同点。続く新井の犠飛で勝ち越した。久保は7回1失点で13勝目。久保田‐藤川球が終盤2イニングを無失点で切り抜けた。「先に点を取られたのは反省点。最後まで優勝を目標にして頑張る」と久保。

横浜は七回にハーパーの16号ソロで先制したが、続投の加賀が踏ん張れなかった。(デイリー)


勝つには勝ったけど、心の底から喜べる勝利じゃない。
横浜先発・加賀を打ち崩せなかったことではなく、真弓監督の選手起用だ。
8回、ヒットで出塁、猛打賞のマートンに代走・大和を起用して、
平野とエンドランでもかけるのかと思いきや、オーソドックスに送りバント。
このあと、トリのライトフェンス直撃の同点タイムリー3ベースが飛び出し、
新井さんのセンターへの勝ち越し犠牲フライが出たから結果オーライだけど、
同点どまりだったときのことも考えてマートンを引っ込めたのかな?
マートンの走塁、守備、決して悪くないと思うけど・・・意図が見えない。
マートンがベンチで不貞腐れてたけど、監督が選手を殺してどうする。

そのウラの8回の守備固めも、9回の攻撃を考えないで打線をいじって、
あげくに9回オモテの攻撃で守備固めの浅井に代打・金本って・・・なに?
金本の肩の状態のこと、点差・・・ちゃんと考えて野球をしてるのか?
球児には絶対的な信頼はあるけど、球児も人の子。ここ最近は失敗もある。
延長戦突入時のこと、雨の試合での選手の万が一のアクシデントのこと、
状況を把握できてるのか?後先考えて選手起用をしてくれ。
勝ったから大事にはなってないけど、これでサヨナラ負けでもしてたら馬鹿。
残ってる野手で小宮山と桧山だけでどうやって野球したらええんや。
バカ首脳陣はピッチャーの西村を外野につかせたことを忘れたんか。

久保の7回5安打1失点の好投も、訳のわからない選手起用で台無し。
思えば、ここまでの転落劇も先週の好投・久保を6回で降板させたのが、
けちのつけ始めなんけど、たら・ればになるから愚痴るのは止しておこう。

次の巨人3連戦、来週の中日3連戦でも首脳陣がこんな調子だと危ない。
いつかの「ベンチがアホやから野球でけへん」なんて言われないように、
しっかりと手堅い野球をしてくれ。どっしり構えて、無駄に動くな!
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

横浜ベイスターズ1○2阪神タイガース〜横浜・21回戦

【神】○久保−久保田−S藤川球
【横】●加賀−加藤−真田−牛田

【勝ち投手】久保(13勝5敗)
【セーブ】藤川球(3勝3敗25セーブ)
【負け投手】加賀(3勝9敗)

阪神タイガース通算成績 69勝56敗3分 対ベイスターズ 15勝6敗

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 阪神タイガース

blogramランキング参加中!

このページのトップヘ