After5のメインストリート

香川県“アサンの風”『焚き火をこよなく愛する初級タキビニスト』が日々の出来事をつぶやく。


私が憧れる敷地形状の巻

久しぶりですの更新となります。
ブログ操作の仕方も忘れかけております…
仕事でスタッフブログをアップしている関係で、なかなか書き綴ることが叶いません。
そこでスタッフブログへ投稿している記事をこちらにもアップして参ります。

私が憧れる敷地形状の巻

職業病でしょうか、自分自身が家を建てるなら、傾斜地に住みたい。そのような願望があります。

傾斜地のように敷地内で段差が生じるのは、一見不利だと思われます。しかしそこを逆手に取ってしまえばとても住みやすい家になるのではないかと思えるからです。

駐車場から玄関へ、そして一階へ降りていく。一階へ降りていく??? そう二階へ上っていくのではなく、一階へ降りていくのです。つまり道路と二階部分が同じ高さといった立地条件に憧れるのです

過去にそのような傾斜地を選択していただいたお宅があり、そのときはいつも以上にプランの出来上がりを心待ちにしたものです。
no title

住宅業界では、一時バリアフリー=段差の解消と、段差解消に傾倒して行った時代がありました。その影響は大きく、今でも『この家はバリアフリーでしょうか?』と質問をいただくことがしばしばあります。

介護リフォームが普及するに連れ、そのような改修工事がどんどん行われてきました。ところがある頃から、介護の世界においては、四肢の不自由さがないのであれば、むしろ自然に生まれる段差はバリアではないとの認識されるようになりました。過剰なフルバリアフリーは、返って四肢の筋力低下を招くため、むしろ段差を日常的に行き来することで筋力の衰えを防ぐのだとか…。

私達が取組んでいるバリアフリーとは、部屋毎の温度の差を、構造が原因で発生させないことです。この考えは欧州では一般的な考え方です。むしろそうでない家のほうがいけないと言われています。そしてそうはならないように法律で厳しく基準が設けられているのです。

さて日本だとどうでしょうか…

写真のお宅は、中二階へとつながるアプローチから、玄関へとつながり、一階へは玄関ホールから階段で降り、二階には上っていくスタイルのお宅です。
久米氏の家001

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

『 へ~そうなんだ 』と思っていただいた方はCTRLキーを押したまま ポチポチと連続して各タグをクリックしてください。

After5のメインストリートへ、コメントお待ちしています!

家と健康についての理解を深めていきましょう!

健康省エネシンポジウム in しまね


満員御礼申し上げます 


沢山の先生方の、ためになるお話をお聞かせいただきました。

ここがポイントでしょうか!
家の中が寒いと体に悪いと思っていいんです。悪いんだから、いいんですなんて言い回しはややこしなぁ…

イエガサムイトカラダニワルインデス!


例えばこんな無意識な行動でもダメ。
寝起きに裸足で冷えた床に立つとか、
トイレで冷えた便座に座るとかは良くないんだって。

さて、どうなるかと言うと、血圧上昇せよと脳が指令を出します。
アブナイアブナイ。

身に覚えのある行動ですね…

室温が低い部屋での就寝もキケン。
就寝中の布団の中はおよそ40℃と暖かです。ところが、室温が低いと呼吸で肺へ取込む空気も冷たいです…
長時間、長期的に体にストレスを与えてしまいます。これでは良質な睡眠が得られません。

このような状態が10年も続けば、さてどうなるでしょうか。そしてこれは年齢に関係はありません。加齢に伴い影響を受ける度合いは多くなりますが若くてもストレスを受けます。


【参考に英国保健省の冬季室内温度指針をお伝えします】

◎21℃ 推奨温度:昼間の居間の最低推奨室温

○18℃ 許容温度:夜間の寝室の最低推奨室温

△16℃未満:呼吸器系疾患に影響あり

△9~12℃:血圧上昇、心臓血管疾患のリスクが高まる)

×5℃:低体温症を起こすハイリスク

2006年改正された法律で、健康性・安全性の劣る住宅には、改修・閉鎖・解体命令も出されるそうです。

【寒さによる、主な死亡要因と健康リスク】

・脳卒中
・血圧上昇:高血圧性疾患リスク増大
・肺の抵抗弱体化:肺炎・肺感染症リスク増大
・血液の濃化:心筋梗塞・冠状動脈血栓症リスク増大


なかなか、聞き応えのあるお話ばかりでした。家の最低温度を法制化しようと、各界のスペシャリストの方々と、意見交換を行いましたが、ここにいるのはほとんどの方が諸官庁職員やドクター、そして建築関係者です。しかし本当にこのような会合へ参加して頂きたいのは、一般の人々です。とりわけ家を守ることの多い、女性やお母様方に参加していただけるよう、情報発信を続けていきます。


シンポジウムも終わり、会場を後にする頃の出雲市駅周辺は、忘年会へと足を運ぶサラリーマンの姿が多く見られました。


いよいよ冬本番です。みなさんこれからの時期は、特に室温と体調管理にお気をつけくださいませ。

【みなさん覚えておいてください】
法制化の基準ですが、中途半端なことは言わず、EUレベル18°Cを推進しております。

blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

『 へ~そうなんだ 』と思っていただいた方はCTRLキーを押したまま ポチポチと連続して各タグをクリックしてください。

After5のメインストリートへ、コメントお待ちしています!

初雪がまさかの大雪でテンヤワンヤの出雲出張


今日の尾道道
三次市を過ぎた辺りは一面銀世界。
数日前までの暖かさが嘘のようだ。


やがて吹雪となり、路面の雪がどんどん増え始める。ヤバイヤバイ…

全く走り慣れていない雪道。
ラジオの道路情報からタイヤ規制を知る。あらためて道路情報を確認すると「冬用タイヤ指導中」との道路情報が出ているではないか…


指導中って何?、『危険だからこの次は冬用タイヤを履いて来てね』なんて指導されるのかなぁ…などどお気楽に構えていたら、口和ランプから先は道路を封鎖されてしまった。誘導員に従いチェーン装着場へと案内された後、タイヤ検査でアウトとなり強制的に一般道へ降ろされる羽目に…

まさかの事態に唖然とするも、致し方なし。事前の情報収集を怠ったのがいけなかった。危険回避が出来るのだから良しとしょう!なんせここまで走って来る間、けっこうヒヤヒヤもんだったのだ…

安全でないとの理由で一般道へ誘導されたのはいい、しかしここは中国山地のど真ん中。しかもかなりの標高とあって、ノーマルタイヤじゃどうにもならない。どうすりゃいいのか検査員に尋ねてみたが、『さあね』と言った風で全く話にならん。

いきなり雪の山中に放り出されてしまった…恐る恐る一般道を走り始めると、国道沿いのチェーン装着場を見つけ滑り込む。雪道なので、ハンドルを取られながらの走行は、滑り込むの表現が似合うかな…

トイレ休憩を済ませ、国道管理の係員らしき人に相談すると、5キロほど山を下ったガソリンスタンド(GS)まで行けば、何とかなるのではと道順を教えてくれた。


しかし、いくら除雪された国道とは言え、路面凍結は怖い。五十年余り生きているが、こんな経験は数回しかなく、それも走り慣れた地元の平坦な道故、冷や汗をかきながらやっとの思いでGSに滑り込んむ。時間にして10分足らずだったが、とても長く感じたなぁ…

まだ午前8時過ぎだと言うのに、GSでは既に数台の車がタイヤ交換待ちのようだ。慌ただしく作業を行う店員から『1時間待ちですよ〜』と告げられる。

広島県は、瀬戸内海を挟んで香川県の対岸に当たるため、とても温暖なイメージしかなかったのだが、暖を取りながら待合コーナーで地元民と話をしてみると、山間部はかなり雪が降るそうな。


『ここから先に30分も行けば、こんなのは珍しくないよ〜。七十センチくらいは積もるけんね』と、ニコニコ顔で話してくれた。

ハハヒハハ…
温暖なイメージ完全消滅。。。

順番待ちしている間も、GSの電話は鳴り止まず、度々交換作業がストップしている。ますます時間が掛かりそうだ。しかしここは、おとなしく順番が来るのを待つしかない。

ようやくその時がきた。店員から『お客さん、交換用のタイヤはどこですか?』との質問が…そう言えば作業中の人達は、みんなマイスタッドレス持参の地元民ばかりだったなぁ…

ここでようやく事情を説明することが出来、在庫を見てもらう事となる。もし交換用のスタッドレスが無ければ、更に足止めを食らってしまう…

在庫確認から戻ってきた店員から『ありました〜』と、威勢のいい返事が! ようやくこの窮地を脱する事が出来る〜。

手際よく作業が完了するも、まさかの事態につき取り外されたノーマルタイヤを車に積み込むスペースなど無く、次回尾道道を通るまでGSで預かってくれる事となる。


寒い中休憩する間もなく作業にあたってくれたガソリンスタンドのスタッフに感謝です。

無事に出雲に到着も、気分はへろへろなり
blogram投票ボタン にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

『 へ~そうなんだ 』と思っていただいた方はCTRLキーを押したまま ポチポチと連続して各タグをクリックしてください。

After5のメインストリートへ、コメントお待ちしています!
Profile
Push the button please
blogram投票ボタン

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代 自分らしさへ
New Comment
Search
Information
  • 妻とタイヤと乗り心地



Monthly
Gallery
  • 私が憧れる敷地形状の巻
  • きれいに作るもんだな
  • バリアフリーを考える
  • バリアフリーを考える
  • スーパーマーケットと侮るなかれ…
  • 生活にゆとりと文化を
  • 生活にゆとりと文化を
  • やはりマニュアルは読もう
  • 四国スバルでトラヴィックの修理を行う
  • ライブドアブログ