October 11, 2016

舐めてました...

12973588_648639141941174_471464224289300188_o














いやーたかが捻挫と舐めてました。
4月の頭に左足首を捻挫...そのときは立つことは勿論
歩くことも出来ませんでした。

それから3週間..何とか歩くようにはなれましたが
爪先立ちと走ることが出来ず。
そんな状態で、よせばいいのに毎年恒例の利尻へ
http://freeride.7days.tv/bcdiary16050102rishirizan.htm

爪先立ちが出来ないのでアイゼンをうまく利かせれない!
フロントサイドのターンで足がとんでもなく痛い!
泊まりの装備を担いでの登りが死ぬほど辛い!

などなど...

何とか山頂から滑ることは出来ましたが、
かなり無理をしたので足の痛みはさらに悪化。

波乗りに行けたのは7月に入ってからと、かなり尾をひきました。
10月に入ってからはようやく痛みもなくなり
ほっとひと安心。
捻挫ってこんなに時間がかかるんですね。
舐めてました。


年取ると怪我の治りも遅くなるので今シーズンは気おつけます。

てか、2年ぶりの更新、また書き始めますので宜しくお願いします。



この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 22, 2014

美瑛の星空

美瑛って畑がパッチワークのように見える夏〜秋の景色が有名だけど
空気が澄む冬の星空も凄い!
冬の間は通過するだけだけど、これはリアルに観て見たい。
HOKKAIDOって凄い!







この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 18, 2013

7割の力

眠れない時

横になって


目を閉じているだけでも


眠っている時の


7割くらいは


身体も精神も


休まります。



だから


眠れなくても


焦らなくていいんじゃないですか?



7割回復して


明日


7割の力で頑張れば


それでいいと思う。






この記事の投稿 THE NORTHISLAND










sandfox0319 at 00:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 17, 2013

無償の愛

おじいちゃんは老いから手足が不自由で
トイレも1人では厳しい。

だから、いつもはおばあちゃんが
下の世話をしてた。
おばあちゃん以外が下の世話をするのを
嫌がったからだ。


ある日、家に私とおじいちゃん2人になった。
おばあちゃんが倒れてしまい母と兄は病院、
父は会社から直行したからだ。


おじいちゃんと留守番してると申し訳なさそうに
「ももちゃん、悪いんだがトイレに…」って言った。


私は本当に馬鹿だなって思った。
一人じゃ行けないの知ってたくせに
気が付いてあげられないなんて


孫、それも女には言いづらかっただろうなって。
トイレに行くとパンパースが小と大で汚れてた。
たくさん我慢させてしまった。


私はおじいちゃんの気をそらそうと
学校であった笑い話を精一杯明るく話した。
お風呂場で体を洗ってパンパースつけてホッとした。
同時におばあちゃんは毎日これをしてるんだと思うと
何とも言えない気持ちになった。


そして「悪かったね、ありがとう」って五千円をくれようとした。

おじいちゃんは本当に馬鹿だなって思った。
私が赤ちゃんの時、両親は共働きでした。


おしめを換えて育ててくれたのは貴方じゃないですか。
幼稚園だって塾の送り迎えだってしてくれたのは
貴方じゃないですか。
あれは無償の愛でしょ?



私はおじいちゃんが大好きだよ?
だからお金なんかいらないんだよって言った。
2人してちょっと泣いた。



その日からは介護の人を頼んだり、
家族にも頼ってくれたりで
おばあちゃんの負担も減った。






この記事の投稿 THE NORTHISLAND










sandfox0319 at 01:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

送れなかったメール


俺の彼女はよく風邪をひく。

付き合って3年、

風邪をこじらせて入院する事

今までで4回。


退院すると、


「心配かけてごめーん」

なんて、へらへら笑って。


だから、今回だってそうやって

帰ってくると思ってた。


「今日も忙しい?」


仕事の片付かない夜9時を回った

オフィスで、入院中の彼女から

メールが来た。


忙しいなんてもんじゃない。

明後日、凄く大きな商談があるんだ。


昼間は営業に回って、夜プレゼンの資料を作らないと

とてもじゃないが間に合わない。


彼女が入院して一週間、仕事に追われてて

見舞にも行けてない。


申し訳ないとは思いながら、とにかく

目の前の仕事をなんとかやり遂げたかった。



明後日無事にプレゼンが終わったら、

顔でも見に行ってやろうかな。



花買っても、お菓子じゃないの〜とか、

子供みたいな事言うんだよな。


病人なんだから、

菓子ばっかり食うなってのに。


仕事しながらも、

彼女に会えるのが楽しみだった。

だから、仕事も頑張れた。


ようやく家に帰れると思った深夜11時、

彼女から電話が来た。


正確には彼女じゃない、

彼女のお母さんだった。



風邪から肺炎を起こして、

こじらせて呼吸障害を起こして亡くなったと


何を言われているのか、わからなかった。


とにかく、タクシー捕まえて病院に行った。


病院までの時間が、いやに長く感じた。



俺が見た彼女は白い服を着て、

手を握り合わせて、じっと目を閉じていた。



肺炎で呼吸障害なんて嘘のようだ。

こんなに顔、綺麗なのに。


彼女の眠るベッドサイドに、

俺とお揃いの携帯電話。


普段から携帯見せ合っていたせいか、

無意識に彼女の携帯を開いてた。




送信メールは俺宛てのメールで

いっぱいだった。



でも受信メールは、お母さんからの

メールがほとんど。



俺、忙しさを理由に

メール返していなかったんだ。



ふと、

下書き保存されたメールが

16通もある事に気付いた。



「心配かけたくなかったけど、

本当はね、肺癌なんだって」


「会いたいよ〜(>_<)」


「お見舞来てよ〜(笑)」



全部、俺宛てだった。



保存された1番最近のメールは、

彼女が息を引き取るほんの1時間前のメール。



「ねぇ、どうしても今日会えないかな?」



いつもみたいに、へらへらしながら

帰って来るんだって思ってた。



こんなに送れないメールを

書いてたなんて・・・



知らなかった。


忙しい合間を縫って、

病院に来ていれば良かった。


もっと、色々してやればよかった。



もう呼んでも返事はない。


俺の泣き声も、届かない。




これはボク自身のことではありませんが
切ないですね・・
悔やんでも悔やみきれないですね。
忙しいなんて最低の理由で
大切な人を見失いたくないですね。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND





sandfox0319 at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 07, 2013

ルールの見直し


自分のルールを誰かが破ると『怒り』が起こる。

そして、自分のルールを自分で破ると『罪悪感』を感じる。

そのルールは過去に何かの出来事が起こった時に、

これから同じ事が起こらないようにと、心を防御するために作られる。

まあ。心のアレルギー反応みたいなものだ。


さて、本題!

「そのルールは何のためにあるのか? 」

そのルールが、自分をゴキゲンにも、不機嫌にもする。

どっちの多い人生を生きたい か?

それが質問だ。


そしてご機嫌な人生を生きると決めるなら、

自分を不機嫌にしてしまいがちな、

自分は正しいけれど、不愉快になるルールを変えてしまおう。



ルールを見直した瞬間に怒りは消える。


クリス 岡崎

sandfox0319 at 00:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

感情のコントロール

人間は、いかに知性的でも論理的天才でも
感情に振り回されて駄目になってしまう事があります。

それはほとんどの人が感情をコントロールするスキルを
学んでいないからだったりする。


感情の赴くままに振り回されていると、
ネガティブな感情が嵐のように吹き荒れた時に
最も大事なものを傷つけたりしてしまうのです。

「感情をコントロールするなんて、非人間的だ!
私は時には感情に身を任せてしまいたい!」という人もいるけど、

それは十分に感情をコントロールするスキルを学んでからにしたほうがいいと思う。


クリス 岡崎




この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

年老いたから遊ぶのをやめるのではなく、遊ぶのをやめるから年老いてしまう.

535599_10200741711130195_841135610_n


初めての授業で、教授は自己紹介をし、「今日は知らない人と友達になりなさい」という課題を出した。
私は席を立ち、周りも見回した。すると突然誰かが私の肩を叩いた。振り向いてみると、なんとそれはお婆さんだった。彼女の笑顔は光って見えた。

「やあハンサムボーイ。私はローズよ。87歳なの。ハグしても良い?」

私は笑い、とても喜んで「もちろん!」と答えた。彼女は自分をぎゅっと抱きしめてくれた。

「お婆さん、なんでまだそんな若くてキレイなのに大学で勉強してるんだい。」

「もちろんここでお金持ちの男を見つけて、結婚して、子供をたくさん産んで・・・」

「ははは。いや、本当は?」私は彼女がどうしてこの歳で大学生になろうと思ったのかが気になっていた。

「いつか大学生になりたいと思ってたの!それで、やっと夢が叶ったわ!」と答えてくれた。

授業が終わった後、私達は一緒に食堂に行き、チョコレートシェーキを食べた。私達は一瞬にして友達になった。それからしばらく、私達は毎日授業を一緒に受け、食堂に行き、ノンストップで話し続けた。ローズという「タイムマシン」が彼女の経験や叡智を私に聞かせてくれる度に、私は彼女に魅了されたのであった。

知らず知らずのうちに、ローズは大学の注目の的になっていた、大学の学期が終わった後、彼女は大学のパーティーでスピーチを任された。私は、その時の彼女の言葉を一生忘れない。彼女は司会者に紹介された後、前に上がった。

彼女が話そうとしたその時、彼女はスピーチのカードを落としてしまった。彼女は恥ずかしがり、イライラしている様子だった。それから彼女はマイクのほうに行き、「バタバタしててごめんなさいね。キリスト教で禁酒してるから、ビールは飲まないと決めてたんです。それにしても久しぶりのウイスキーは美味しいですね!さっきのカードの順番もわからなくなったので、とりあえず私が知っていることを喋りますね。」とアドリブで言った。

会場は笑いに包まれた。

私達は年老いたから遊ぶのをやめるのではなく、遊ぶのをやめるから年老いてしまうのです。若さを保ち、幸せになり、成功するための秘訣は4つしかありません。毎日よく笑い、面白いことを見つけるのです。

夢を持ちなさい。夢がないと、あなたは死んでしまいます。世の中は死んでいる人達ばかり!しかも本人達はそれに気づいていない。年老いていくことと、成長することは全くの別物です。

もしあなたが19歳で、1年中寝てばかりいて生産的なことをしなければ、20歳になります。
もし私が87歳で、1年中寝たきりでいたら、88歳になります。

誰だって年老いていくことはできます。特別な能力や才能は要りません。大事なのは、いつも「成長する」機会を見つけることです。後悔をしないこと。

年長者は、「やったこと」への後悔はありません。でも、「やらなかったこと」への後悔はたくさんあります。死を恐れるのは、いつも後悔ばかりしている人です。

彼女は、勇敢に「ザ・ローズ」という歌を歌い、自分のスピーチを終わらせた。

彼女は歌詞を聞き、毎日においてそれを実現しなさいと言った。

年が終わり、ローズは遂にずっと夢に見ていた卒業証書を手に入れた。卒業した一週間後、ローズは永遠の眠りについた。

彼女の葬式には、2000人もの大学生が参列した。彼女は、「夢を実現するには遅すぎるなんてことはない」という大切なメッセージを彼らに伝えてくれたのだ。

年老いていくのはみんな一緒である。しかし、成長するかどうかは、人それぞれである。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 22, 2012

石垣島にいる娘からの投稿

小さな頃の記憶。

私にはサーファーの父がいる。

父の印象といえば


朝焼けの波を眺めてる姿と、

寝る前にいつも飲んでいた
マイヤーズラム。

子供の頃はどんな味かも
もちろんわからないけれど、
美味しそうに飲む父が印象的だった。

それからかれこれ20年以上
たった今、

気が付けば海の近くに住み、
父が海に向かう車の中で
よくかかっていた曲を聴き、

マイヤーズを寝る前に飲んでいる自分がいる事に気付いた。


やっぱり私は
成田博の娘なんだなぁと
しみじみした今日この頃。(笑)


父には死ぬまで波乗りしててもらおう。


おやすみなさい




この記事の投稿 THE NORTHISLAND




sandfox0319 at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 06, 2012

ウサギとカメ

良く知っているお話に「ウサギとカメ」があります。
能力の高かったウサギが、カメに負けるお話です。
一般的には、ウサギがカメの能力を舐めて
睡眠をとったことが敗因という話ですが。

実際、この話の本質は違います。
「ウサギはカメを見ていた」。そして、
「カメはゴールを見ていた」
という違いにあります。

重要なのは
ウサギが先にゴールに着いたとしても。
カメも2番目ではありながら、
確実に同じゴールをするということです。
順位は違えど到達地点は、同じなんです。
自分が目指すスタイルに向かい
キチンとゴール出来ればいいと思います。


現時点において、勝っている。負けているなんて、
あまり意味のないことだと思いますが、そこに
こだわる人が意外と多いのも事実です。

伝わってますか?



この記事の投稿 THE NORTHISLAND






sandfox0319 at 23:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 02, 2012

自分の夢を生きよう。

これはあなたの人生です。

自分が好きなことをやりなさい。

そうして、どんどんやりなさい。

何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。

 
今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。

時間が足りないのなら、テレビを観るのをやめなさい。

人生をかけて愛する人をさがしているなら、それもやめなさい。

その人は、あなたが好きなことを始めたときに現れます。

考え過ぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。

全ての感情は素晴らしい。

食事をひと口ひと口味わいなさい。

新しい事や人々との出会いに、心を、腕を、そうしてハートを開きなさい。

私たちは、それぞれの違いでむ結びついているのです。

自分の周りの人々に、何に情熱を傾けているのか訊きなさい。

そうして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。

たくさん旅をしなさい。

道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

ときにチャンスは1度しか訪れません。しっかりつかみなさい。

人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作るもの。

だから、待っていないで作り始めなさい。

人生は短い。

情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND






sandfox0319 at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 26, 2012

アインシュタインの名言

人生とは自転車のようなものである。

倒れないようにするためには走り続けなければいけない。


アルベルト・アインシュタイン




この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 21, 2012

会話のチャンス

あるTVの番組で今まで女性と付き合ったことのない男性が
女性に声をかけるというレッスンをやっていました。

立食パーティーでテーブルに1人でいる女性と
1分間話をして下さい。という課題でした。
こういうときの1分間って意外と長いんですよ。

男性は会話のネタを探そうと一生懸命になっていました。
見えるものからなんとか会話の糸口を掴もうというのが
痛いほど伝わってきます。

最初に男性は「きれいなドレスですね」と言いました。
でもそれだと「ありがとうございます。」で終わってしまいます。

次に男性は「あ・・爪・・」と言いました。
その女性はきれいなネイルアートをしていました。
ネイルサロンに行ってきたのがわかったのです。
それで男性は「あ・・爪・・」と言ったのです。

女性が何かを言いかけたとき・・

男性は「指輪」と言ってしまいました。 

残念!惜しい・・イイところに気がつたのに。

会話が苦手な人は全然会話が出来ないのではありません。
イイチャンスを逃しているのです。

そうして「高そうな指輪ですね。」と続けてしまいました。
次にネックレスに話が飛び、話題が無くなると「きれいな夜景ですね」
にいきました。

この男性の会話の特徴はモノをほめていることです。
でも、相手の女性のことは、まだ何一つほめてはいません。

ネイルアートに気づいて「あ・・爪・・」と言いました。
せっかくチャンスをつかみかけたのに。

その女性はこだわってネイルアートをやっています。
だから何か話したいことがあるはずです。
それを聞けばよかったのに・・

「あ、これね・・」と女性は言いかけました。
そのときに「指輪」と話しが飛んでしまった・・

そのネイルは今日のためにわざわざネイルサロンに行って
やったのです。それについてのこだわりを語りたいのです。

だから、あとはそれを聞けばよかったのに・・

つまり男性から会話をするときは、ほめながら、女性が話したくなる
テーマをひとつ見つけるだけでいいんです。
あとはそれについて聞けばいい。

会話はキャッチボールです。
1問1答で終わっては、まるで職務質問になって
会話ははずみません。


女性との会話に限らず、ビジネスシーンでもこれに近いことがあります。
人との出会いは一期一会。そのときのコミニケイションで
会話のチャンスを逃がさないようにしたいものです。



この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 19, 2012

「大人の恋話」

image19001


ということでアルタ出版さんから取材を受けました。
O.ton 5月号 Voi43

自分の話ながら読んでて面白い。
でも他の人の話は凄いなー かなりビックリでした。
また色々な恋の形があるんだなと関心もしました。

一応仮名にはなっていますが
プロフィールを見たらバレバレです。


この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 07, 2012

ちから


「夢見るちからは生きるちから。」


今朝ラジオで言ってた言葉




この記事の投稿 THE NORTHISLAND

sandfox0319 at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 16, 2012

ダライラマの言葉

ある人がダライラマに尋ねました。

人間についてもっとも驚かされることはなんですか?



「人は自分の健康を害してまでも金を稼ごうとします。

そして今度は、その害した健康を取り戻すためにお金を
使うのです。

さらに人は将来のことを憂うばかりで、

今この時を楽しむことをしません。

結果として、人は今も未来も生きられないのです。

人は、あたかも死ぬことなどないかのごとく生き、

そして一度も本当の意味で生きることなく死ぬのです。」



とても深い言葉だと思います。

「本当の意味で生きる」

あらためて考えてみます。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND






sandfox0319 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 16, 2012

ダメな部下?

これは実際にあった本当の話です。


ある学校で、生徒を実力別に分けるための
試験が行われました。
しかし、この時手違いで、テストの結果を

・成績の悪い生徒達 →成績の良いクラス

・成績が良かった生徒達 →成績の悪いクラス

という振り分けをしてしまいました。


つまり、まったく逆のクラス編成に
なってしまったわけです。


その結果


1年後には、なんとその間違ったクラス編成どおりの
成績になっていました。


つまり、それまで成績の悪かった子供達の成績の方が、
成績の良かった子供達を上回ったということです。


これは、有名なピグマリオン効果のお話。


だけど、一体どうしてそんな事が起ったのでしょう?
多分、こんな感じじゃないかなと思います。


成績の悪い子供達を受け持った先生は、
「この子達は成績優秀な子ども達です」
と言われて受け持ちました。


でも実際に授業が始まると、
当然のことながら子供達の理解度は低い。


そこで、先生はあれ?と思いながらも、
こう思ったはずです。


「この子達は優秀なんだからできるはず」
「ひょっとしたら、自分の教え方が悪かったのかも?」
「今日は、ちょっとみんな調子が悪かったのかな?」


そこで、自分の指導方法の改善を試みたかもしれません。
何より、「この子たちはできるはず!」という確信を
もって接していたでしょう。


そして、その結果本当に子ども達の成績が伸びた。


子供の親として、あるいは、部下を持つ
一人のビジネスマンとして、最も大切なのは、
イメージじゃないかなって思います。


自分の子どもや自分の部下を、どう思っているのか、
どういうイメージを持っているか?
それが、指導をするときに最も重要なポイントではないでしょうか。


「あいつは仕事ができない」
「この子は勉強が苦手」
「どうして、いつも失敗ばかりするんだ」


というイメージを抱きながら、
何かを教えたり、指導したりしても
成果は上がりずらい気がします。


そんなとき、ボク達は、
どうしてコイツは
どうしてこの子は
と相手のせいにしてしまう傾向がある。


しかし、本当は、相手よりも
自分自身の方が、大きな責任を持っている
のかもしれません。


「ダメな部下なんていない。ダメな上司がいるだけだ。」


誰かがこんな事を言っていたのを思い出します。





この記事の投稿 THE NORTHISLAND




sandfox0319 at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 14, 2012

問題は内にあり

何か問題が発生した時

誰かのせいにする人がいます
周りのせいにする人がいます
環境のせいにする人がいます


上司がこうだから
あの人がこうだから
不景気だから
だから自分はこうするしかなかった。


などという論理を展開する人がいますが
ボクは、その考えこそが問題だと思う。


全ての問題は自分自身の中にあります。
自分が直面している全ての問題は、
過去の自分の選択の結果なんじゃないかな?


そして、過去の自分の選択は
過去の自分の意思で行ったもののはずです。

普通に生きていて選択を強制されるような事は、あまりありません。
拳銃を突きつけられて、こうしろ!
と命令されるようなシチュエーションは
普通の人はめったに訪れないでしょう。


ボク達は、選択の自由を持っています。


ところが、問題を他人や他の環境のせいにしてしまうという事は、
自分が自分の意思で選択して来たその事実を認めないという事です。


つまり、それは、今もこれからも、自分自身の
選択の自由を否定してしまう事になります。


やっかいなのは、
自分の選択、自分の行動と、
それに対する結果が出るまでに時間がかかる事。


だから、人は自分が選択した事だ
自分がやった事だという事を忘れてしまう。


自分が何かを行動して、スグに結果が出たら、
あ、自分の行動が問題だったんだな、って気づくことができるけど

大切な事ってほとんどそうじゃない。日頃の小さな自分の行動が、
積み重なって、ある日突然、結果がでる。


不健康な食事をして、スグに病気になったら、
誰も不健康な食事なんかしない。


仕事の手をちょっと抜いて、
それがスグに自分の給与に跳ね返ったら、
誰も手を抜いたりしない。


ところが現実は、ちょっと手を抜いても何も変わらない。
だから、また手を抜いちゃう。
しばらくしたら、それが当たり前の基準になる。


そして、ある日突然、あなたは会社に必要ない。
と言われてしまう。


自分が招いた結果であるにも関わらず、
そんな人は、その時、上司や仕事のやり方
など別の話題を持ち出してしまう。


『問題が自分の外にあると思うなら、その考えこそが問題です』


もし、あなたが今、何らかの問題に
直面しているなら、自分の外を考えるよりも自分の中を考えた方がいい。


結局のところ、変える事ができる事、
責任を取る事ができるのは、自分自身だけであり、
自分の外側ではなということも忘れないで下さい。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND



sandfox0319 at 01:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

「2012年は二度と来ない」

僕がこの言葉に初めて出会ったのは
ザッポスの社長、トニーシェイの本でした。

彼は200*年は二度と来ない、さあ何をするか?

と自分に問いかけていました。

時に、人は当たり前の事が見えなくなります。

2012年は二度と来ない。しかし、毎年毎年、新しい1年は来るもんだから、
いくらでもあるものだと勘違いしてしまう。

ところが現実には、二度と来ない。


1度きりなんです。


「2012年は二度と来ない。さぁ何をするか?」


考えてみましょう。自分に問いかけてみましょう。


この二度と来ない、2012年で何をするのか?




この記事の投稿 THE NORTHISLAND





sandfox0319 at 01:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 26, 2011

リッツのステップ

リッツカールトンでは、
ウェイトレスがお客にサービスするのに
28のステップあるといいます。

この28のステップが決まっているから、
それに従ってサービスする事で、世界でも最上級の
サービスができるようになっています。

もし、このマニュアルがなかったら?
もし、この28ステップがなかったら?
それで、サービスが個々人のウェイトレスの裁量に
任されているとしたら

おそらく、もっと違った結果になっていたでしょう。


そして、最も凄いのはリッツの人達は、
この28のステップを更に良いものに改善できないか?
という事を常に考えているということです。


この姿勢が世界で最も優れたサービスを提供できる
1つの要因なのかもしれませんね。





この記事の投稿 THE NORTHISLAND




sandfox0319 at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2011

嫉妬

「嫉妬をする人は、
わけがあるから疑うのではないのです。
疑い深いから疑うのです」
          
シェイクスピア


人間関係を破綻させ、
相手に多大な不快感を与える感情に「嫉妬」があります。

女性のほうが嫉妬深そうに思えますが

実は男性のほうが嫉妬深いのが常です。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND


sandfox0319 at 00:03|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

August 22, 2011

日本人として誇りを持とう。

世界の中で、日本のことが大好きな国が3つあります。

知ってますか?


フィンランド

トルコ

インドネシア


フィンランドは、日露戦争で日本が大国ロシアを破ったときに
それを力に、独立したんです。

それまで、ロシアの圧政に苦しんできたフィンランドは
小国でもロシアに勝てるという勇気をもって
独立したそうです。


フィンランドには日本海海戦でバルチック艦隊を破った
東郷平八郎のビールも発売されるようになったらしいです。



トルコが親日国っていうのは、けっこう有名です。

「エルトゥールル号の遭難」


1889年9月

日本の明治天皇に拝謁するためにやってきた
トルコの軍艦エルトゥールル号が、
帰路に就くために和歌山県沖を航行中、

台風に遭遇してしまいました。


強風と高波の中、
エルトゥールル号は沖合約40メートルで座礁し、沈没しました。

この海難事故により、
オスマン提督以下乗組員

587名が死亡するという大惨事となりました。

そのような中、大島村(現在の串本町樫野)の住民たちは、
総出で救助と生存者の介抱に当たったのです。

彼らの献身的な救助により、
69名の乗組員が救出され、
後に日本海軍の巡洋艦により丁重にトルコに送還されました。

また、日本国内でも犠牲者に対する義援金の募集が広く行われたそうです。



このときの付近の住民が
自分たちの食べ物をトルコの人たちに与え

わがことのように、トルコの人たちを思い
本当に親切に介抱したことが、

  
この美談が、現在でもトルコの小学校の
道徳の教科書に載っているのだそうです。

この事件以来、日本とトルコは
友好国なんです。



もう一つの国は、インドネシア。

  
第二次世界大戦が
8月15日の終戦になった後、
インドネシアに残っていた日本兵がいました。

  
インドネシアはそれまで、オランダの植民地でした。

オランダの圧政に苦しんでいた
インドネシアを独立させようと、


日本兵がオランダ軍と戦ったのです。

終戦後にですよ!


インドネシアの独立を夢見て、独立軍にとして戦った日本の将兵は、
約2000名と言われています。

そのうちの数多くの方々は、インドネシアの独立を見る事なく、
オランダ軍との戦闘で戦死しました。

  
だから、インドネシアの人々は日本が好きなのです。
独立できたのは、日本の戦士が戦ってくれたおかげだと
思ってくれているのです。



インドネシアだけでなく
インドやビルマ、ベトナムなども

第二次世界大戦で、日本が戦ってくれたおかげで
独立することができたと、日本に感謝しているのです。


そうしたことが、日本国内であまり知られていません。

ありもしない

 「従軍慰安婦問題」
 「南京大虐殺」



戦争で日本は世界に迷惑ばかりかけた・・

などを宣伝するような、国家を否定するようなことを報道する

ひどいマスコミもある。



日本人が日本人として「誇り」を持てる


  
歴史に出てこない、こういうことを
もっと子供たちに伝えなければならないと思う。

日本人としての誇りを次の世代に伝えていくこと。


これも大切な教育なんじゃないかなと思います。






この記事の投稿 THE NORTHISLAND


sandfox0319 at 00:04|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

June 22, 2011

寿命

寿命とは

あなたの使える時間のことです。





この記事の投稿 THE NORTHISLAND




sandfox0319 at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 20, 2011

リコンファーム

日本語にすると「再確認」みたいな意味ですが
男女の感覚にはちょっとした違いがあるように
思います。

たとえば・・


デートは、デートの約束をした瞬間から始まっています。
当日2人が会った時からはじまるのではありません。


会うまでの間もデートの一部なんです。


男は「○月○日○時に食事しましょう。」というと
その時間まで連絡をしない傾向にあります。

「だって、時間も場所もちゃんと決めたでしょ。」
というのが言い分です。


でも女性は違うようです。リコンファーム(再確認)
が欲しいのいです。

彼が万が一忘れてしまっていたらどうしようという不安感が
あるのかもしれません。

そうしてその不安感を持ちながらその場に行きます。
彼がちゃんと来てもその不安だった記憶は残ってしまいます。

前日、もしくはそれ以前に当日、大丈夫?というメールが
あるだけで安心感が得られます。

でも男はこれをあまりやりません。
もう約束したんだから良いじゃん。という感じです。

でもここにリコンファームとそれから得られる安心感
は思いやりという部分で必要かもしれません。


それに事前にこういうことをどれだけ出来るかによって
会ったときの安心感とドキドキ感が違います。


わかってはいますが・・
男は歳をとるにつれこの辺が面倒になってきます。


もうすこし思いやりを持った大人にならなきゃ・・
反省すべき点が多い今日この頃です。





この記事の投稿 THE NORTHISLAND




sandfox0319 at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 17, 2011

がんばる

というのは無理をすることではありません。

とりあえず やってみる。

とりあえず 挑戦してみる。


そういうことです。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND





sandfox0319 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 10, 2011

ジュリアーニ NY市長のスピーチ



「救援・復興活動が第一優先だが、残りの人は、
日頃の飲んだり食ったり、モノを買ったりする
消費活動を維持することが大事です。
安易な自粛モードは、NYの商業施設の売上減など
NY経済の低下につながり、いわば、テロの2次被害を招きます。
卑劣なテロに負けないためにも積極的に飲み食いするなど
日頃の商業活動を維持して下さい。」

これは9.11、同時多発テロの時に、
NY市長のジュリアーニ氏がしたスピーチです。



今回の災害に対する過度な自粛は復興を遅らせるという
部分に繋がる内容にも聞こえてきます。



被災地の人たちが苦しんでいるから、自分も一緒に苦しもう。
贅沢してはいけないとか、派手なイベントとかはやってはいけない。

食べるものもなく、必死で生きている避難所の人たちを思うと、
ボクたちだけが美味しいものを食べているというのは、
罪悪感があるかもしれません。

そういう感情になるのはわかります。
でも、そうすると結果的に復興を遅らせることになる。
それどころか、震災2次被害になる。

たとえば東京の外食産業は、計画停電の影響もあって、
甚大な被害を受けています。

お客さまが少なくなっている。
そうすると、そこで働いている人たちも、その会社も苦労します。

企業が収益をあげないと、税収も減り義援金も減り、
結果復興の妨げになる。
中にはもう派遣切りに合っているアルバイトの人たちもいます。
震災2次被害になってしまいます。


直接復興や救援に関係ない人たちは、
節電をしながらも、普通に消費しましょう。
普通に仕事をして、普通に生活しましょう。
イベントはなるべく中止しないようにしましょう。


上野公園や井の頭公園で「お花見自粛」の通達がでました。
自粛することで、東北の被災地にどんな貢献ができるの?


逆効果だと思う。


上野公園周辺のお弁当屋さんは売上激減でしょう。
お酒業界だって、痛いはずです。


お花見自粛することで、予想される貢献度と

お花見をして、消費してもらい、たくさん人を集め、
お花見会場で義援金を募集するのと


どっちが貢献度が高いのでしょう?


「自粛しないこと」が復興協力になるのんじゃないかな。
ボクはそう思います。





この記事の投稿 THE NORTHISLAND






sandfox0319 at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 01, 2011

「一緒にご飯」の大切さ


どんなに時代が変わって来ても、
「料理の上手な女性がいい」と言っている男性は、
あまり減る傾向はありません。

「男性を落としたかったら、胃袋を掴め」
なんて格言にもあるように、恋愛において
「料理」は非常に重要な要素のようです。

男性が料理上手な女性に弱いのは、2つの理由があります。
1つは、『フィーリンググッド効果』によるもの。
これは、「人は気持ちがよいときに、
相手の人に対しても、好感を持つ」という心理作用です。

もう1つは、料理をしてもらうことが、
自分のためだけに尽くしてくれていると感じられるから。
男性は、一般に上下関係のなかで生きており、
「優劣感」に女性より敏感な生き物です。

料理を作るなど、自分を喜ばせることに
一生懸命になってくれている女性の姿は、
言葉にすると少々強いですが、こういった男性の
「優越感」と、自分だけのために努力してくれる女性がいる
という、「独占欲」を満足させてくれるのです。

楽しい食事を一緒にするということは、
いわゆる「快体験」であり、そのときの雰囲気も含めて、
会話した相手や話した内容とともに、
強く記憶されます。

このことは「連合の原理」と呼ばれ、
楽しい食事は「忘れにくい記憶」として、
双方の心に残ってゆくといいます。

こういった経験が積み重なれば、
恋人や家族の絆が深まることに繋がっていくわけです。

また恋愛中はニューロンが増えて、
特に記憶を司る海馬の働きが活性化されるため、
恋愛初期の「楽しい食事の記憶」は
特に忘れがたいものとして残っていることも多いそうです。



一緒に楽しいご飯・・大切ですね。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND


sandfox0319 at 01:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 24, 2011

クリカエシのちから

『繰り返し』の力は強烈です。
いい事を繰り返せば成功するし、
よくない事を繰り返せば落ちていく…

このいい事ってのは、
ビジネスにおいても人間関係や
プライベートにおいても同じです。

どんなプロのスポーツ選手も
練習を欠かしていたら、一度身につけた
技術でさえも上手にできなくなる可能性があります。

だから、スポーツ選手は毎日、毎日
基礎の練習を欠かしません。

どんな事でも、自分の生活や仕事に
すごくいい影響を与える事は「繰り返し」「繰り返し」
続けることです。

一度、やっただけで、
何かをマスターしたりする事はありえません。

他の人があきれるくらいに
何度も、何度も「繰り返し」しないといけない。
どんなスキルも能力も繰り返しの上に成り立っている。


現代人はあらゆる情報にさらされているので、
こういった「繰り返し」よりも新しいものを
求める傾向にあります。

でも新しいもの、新しいもの、と
常に次のものを追っかけていては
今自分にあるものでさえも身に付かなくなってしまう。

もし、今、自分のやっている
「いい事」があるなら、それが上手く
できるようになったからと言って
止めてはいけません。


繰り返し、繰り返しやり続けて
体の一部になるまでやり続けましょう。





この記事の投稿 THE NORTHISLAND


sandfox0319 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 21, 2011

魅力的なひと

なぜかその人に惹きつけられる。
そういう人って年齢、性別を問わずボクの周りにはたくさん居ます。
そのひと達を見ていて気がついたことがあります。

「人に惹かれるとか嫌いになるとかって本能でしょ。」

と思っている人はちょっと待ってください。
あなたは恋愛に学習が必要って聞いたらどうですか?

えーそんなー学習って と思ってしまいますよね。
でも本能をさらに生かすためには学習も必要なんです。

愛することは学習です。そうして愛されることも学習です。
愛し方も愛され方も学習しなければ身につかないことって
いっぱいあるとボクは思います。

そんなものは本能にまかせて、ほおっておけば上手く行く
なんて言ってるひとに限って「モテないのは運が悪いから」
と言ったり 持って生れたもののせいにしたりしています。
そういう人のするセックスも独りよがりでパートナーに
対しての思いやりも無いように思います。

魅力的になることに学習が必要ないと思っていると
他人から学ぼうという向上心も無くなって、せっかくの
チャンスを失うことになります。

どう考えたってモテて魅力的に生きたほうが人生は楽しいに
決まっていますし、自分にもパワーが出ます。

それと常に恋愛をしているひとは、フェロモンが出ています。
フェロモン=魅力的な空気感 と言ってもいいかもしれません。

フェロモンの出ているひとは学習しながら、ますます
フェロモンの出し方がわかってくる。

そのひと達は自分の魅力的な空気感がどういう種類かも
知っているのかもしれません。

笑いから出る魅力、会話上手からくる魅力
汗とともに出る魅力もあるでしょう。


「学習してまでモテたくない。」というのは向上心の否定です。
そういう人は仕事も向上しません。


でも歳をとるにしたがってこういうことが億劫になってきます。
そうすると本当の意味のオヤジやオバサンになってしまいます。



モテてるひとを「どうやってるの?何が違うの?」と観察するのも
楽しいかもしれませんよ。


ボクもまだまだ学習して魅力的なオヤジになりたいと
思っています。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND


sandfox0319 at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

最後の贈り物



夫の荷物の中に指輪があった。
ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。

その夫は今、遺体安置所で眠っている。
東日本巨大地震で壊滅的被害を受けた宮城県気仙沼市。
同市本吉町寺谷、主婦大原枝里子さん(33)は、
夫の顔についた泥をぬぐい、優しくキスをした。

11日午後。自宅で揺れに襲われ、津波から逃れるため、
避難所を目指して車を出そうとした。
その直前、運送会社で運転手をしている夫、
良成さん(33)から携帯に電話が入った。
「大丈夫か」「もうつながらないかもしれない」。
泣き叫ぶ子供2人を両腕に抱え、思うように話せない。
間もなく通話が切れた。これが最後の会話になった。

海に向かう形になるが、頑丈な小学校の校舎を目指した。
20分もたったろうか。逃げる車で渋滞し、少しも進まない。
「もうぶつかっても仕方ない」。
意を決して対向車線にバックで車を出し、
アクセルを思い切り踏んだ。

眼前に津波が迫り、2台前の車が濁流にのまれた。
助手席と後部座席には長女、里桜(りお)ちゃん(2)
それと次女、里愛(りあ)ちゃん(5か月)。
2人を守ろうと必死で約50メートル後進し、何とか助かった。

海から離れた避難所に行くことにし、
その日は車中でガソリン節約のため暖房なしで夜を明かした。
翌日から避難所で苦しい生活が待っていた。
子供の服におしっこやよだれが付いても、乾くのを待つしかない。
地震で哺乳瓶は全て割れ、避難所にあった哺乳瓶を
他の家庭と共有した。

ストレスで母乳が出ない。
スポーツ飲料をお湯で薄めて与えても、
里愛ちゃんはなかなか受け付けず、脱水症状になりかけた。
お尻ふきがなくなり、里愛ちゃんのお尻はかぶれて血が出始めた。

夫の悲報を受けたのは17日。
気仙沼周辺で配送作業中に津波にのまれたらしいと、
夫の上司から知らされた。
18日、子供が眠ったのを見計らい、遺体安置所に向かった。

目の前のひつぎの中で眠っているのは、間違いなく良成さんだった。涙があふれ出た。キスをしながら、「愛してるよ」とつぶやいた。
遺体に何か着せてやろうと、倒壊を免れた自宅に戻り、
会社から引き取った夫の荷物にふと目がいった。

指輪が入っていた。
以前、「たまには指輪とか欲しいけど、
パパはプレゼントくれる人じゃないもんね」と、
意地悪を言ったのを思い出した。

避難生活が長期化し、子育てはますます大変になっている。
この状態がいつまで続くか分からない。
でも、指輪を残してくれた夫に約束した。
「この子たちは私が責任を持って育てるから」



これは東日本大震災のおり実際にあったお話です。

被災地にお住まいの皆さまの無事を心よりお祈りいたします。




この記事の投稿 THE NORTHISLAND




sandfox0319 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)