目の難病患者に患者の皮膚からips細胞を作って網膜細胞に育て移植することに理化学研究所らが世界で初めて成功しました。

今後、再生医療の裾やが広がり、ips細胞を使った毛包培養も近い将来実現するかもしれません。


その場繋ぎとして、自毛植毛はいいのかもしれません。

さて、8ヶ月が経ちました。

李さんが言う、一定の成果がでる月となります。

まず、写真から。

左右から
image

image

正面から
image

ほとんどが生え揃いました。
結果としては非常に満足してます。
外を歩いても全く気になりません。

特に風の強い日や雨の日でも普通に外出できます。

強いて気になるのは、一部生えてきた毛髪が癖毛になっていることです。

もとは直毛なので移植の際に毛髪のキューティクルにダメージがあったのかもしれません。

調べてみると、1年〜2年でなおるとの事ですが、そのままの場合もあるとのこと。

何れにせよ、しばらく様子見したいと思います。

また、ほぼ完成形となりましたが、今ある毛髪をいかに大切にしていくのかが課題なのかなと。

これまで避けてきたプロペシアの服用も一つのオプションとして検討したいと思います。

まずは規則正しい運動と食事から心がけたいと思います。