村上三絃道家元 村上由哲の「素顔のままに」

津軽三味線「村上三絃道」伝統音楽を通じて暮らしと人生に夢を、
そして心豊かな人づくりを・・それが「村上三絃道」の願いです。

由里華先生を囲んで!!!

_AKO2605 - コピー

舞台裏にはいろんなドラマがあります。

ひとつひとつを取り上げたらドキュメンタリー番組が出来るのではと思います。

写真は熊本県人吉支部、由里華会の皆さん。

元小学校の先生をされていた会主の由里華先生こと横瀬三代子さん。

舞台で活躍中の華映華陽華織華珠佐の師匠でもあります。

85歳になられた由里華先生は、5年ほど前から体調を壊し、舞台に出ることが出来なくなりました。

指導も華陽さんが担当し、現在、由里華会の応援をして下さっています。

その由里華先生が、どうしても伝統音楽を楽しむ会に参加したいと言われ、生徒の皆さんのサポートで会場へ。

生徒さん方は福祉の仕事に携わる方が多いので、皆さん上手に先生のお世話をされていました。

目配り、気配りで手際よく動かれる由里華会の皆さん。

ホールの一番前の席に車いすに座った由里先生は、最後まで笑顔で拍手を送って下さいました。

開演前に全員で挨拶に来てくれたところを記念撮影。

礼儀正しい皆さんにいつも感激させられます。

さて、今日から9月。

今月は敬老月間でもあります。

人生の大先輩方を敬い、いずれ自分も向かう道と受け止めながら、音楽での更なる社会貢献を目指します。

 

ぶーげんびりにゃあ様

image


8月も今日まで。

子ども達の夏休みも今日まで。

今年も無事に恒例の「伝統音楽を楽しむ会」か終わり、ホッとしているところです。

積み重ねて来たことが一つずつ終わり、また、始まる。

終わっては、始まるを繰り返し、課題を見つけながらスキルアップ。

お客様から学ぶこと、失敗から学ぶこと、心を柔軟にして、観たり、聴いたり、気付いたりしながら、「継続は力なり」を信じ、コツコツと続けています。

特に今年は村上三絃道後援会発足から15年目ということもあり、宮崎ブーゲンビリア空港で「感謝の集い」を開催させていただきました。

お客様を迎える準備をしながら、空港の皆様のおもてなしへの探究を垣間見た4日間でありました。

前日のリハーサルから本番、県外からのお客様の見送り、お礼のご挨拶と、空港に通う日々が続きました。

そんな中、到着ロビーのインフォメーション傍、宝くじ売り場に「ぶーげんびりにゃあ様」を発見。

思わず笑みがこぼれました。

頭を撫でて開運祈願。

宝くじは当たらないけれど、人という宝は増えていきます。

お陰様の毎日に感謝しながら、また、次を目指します。


image

感涙ーありがとう

image



お琴の井上さつきさん、ベースギターの森美樹さんと、女性ユニットを組んでの初披露が終わった一昨日の感謝の集い。

お陰様で大好評をいただくことが出来ました。

昨夜、反省会を開き、録音したものを聞きながら、感想を述べ合いました。

それにしても、気配りの素晴らしい女性達。

食事も進み、落ち着いたところで、登場してきた感激のデザート。

嬉しい演出をしてくれて、涙が溢れてきました。

このお二人との出会いは、本当に貴重なものとなりました。

次のステージを目指し、音を深めていきたいと思います。


image


image


image

お陰様で無事に終わりました。

image


image



お陰様で昨日、無事に「伝統音楽を楽しむ会」そして村上三絃道後援会発足15周年「感謝の集い」が終了しました。

満席のお客様の温かい拍手に盛り上げていただいた「伝統音楽を楽しむ会」。

心配した雨も大したことはなく、ご来場のお客様もゆっくりおくつろぎいただいたようでした。

詳しくは後日、村上三絃道ホームページで紹介させていただきます。


image


image


image


image


image

伝統音楽を楽しむ会2016無事終了

image


image


image


伝統音楽を楽しむ会、本日、無事に終了しました。

明日、ゆっくりブログに書きますー(笑)

村上三絃道のホームページはコチラ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ