村上三絃道家元 村上由哲の「素顔のままに」

津軽三味線「村上三絃道」伝統音楽を通じて暮らしと人生に夢を、
そして心豊かな人づくりを・・それが「村上三絃道」の願いです。

定員に達しました!

13184611_490683377804435_1227065203_o


8月28日(日)18時から開催の村上三絃道後援会発足15周年記念「感謝の集い」はお陰様で定員に達しました。

心より感謝を申し上げます。

当日は、宮崎ブーゲンビリア空港の自慢料理の数々、村上三絃道の演奏でおもてなしをさせていただきます。

また、同日の13時〜15時半は宮崎市民文化ホール(小ホール)にて伝統音楽を楽しむ会へのお問い合わせの電話もたくさんいただいております。

素敵な方々のゲスト出演もあります。

入場無料で日本の音をお楽しみいただくことのできる会ですので、遠慮なくお越しくださいませ。




ジャズるって愉しい!!!

image

image

image

image

宮崎公立大学市民公開講座修了式でジャズコンサートをさせていただきました。

市民公開講座は5月から毎週水曜日、10回にわたり、「ジャズとアメリカ文学」というテーマのもと、素晴らしい講師陣による入場無料の勉強会であります。

 ジャズの神髄と共に、アメリカの歴史を学ぶ良い機会となりました。

差別や苦悩の中から這い上がるように生まれたジャズの世界。

だからこそ魂に響く音楽となっていったのでしょう。

私たちが奏でる津軽三味線の世界にも同じような歴史が刻まれています。

津軽三味線は日本のジャズ。

即興演奏の醍醐味も是非、感じていただければと次のようなプログラムで構成いたしました。


.螢戰襯織鵐粥  
三味線二重奏&ピアノ

竹田の子守唄  
笛、唄、三味線&ピアノ

ムーンリバー   
唄、三味線&ピアノ

ぅ謄優掘璽錺襯帖 
唄、三味線&ピアノ

ィ繊。圍鬘紕蕋遏   
三味線二重奏&ピアノ

Δ犬腓鵑らjazz  
三味線二重奏&ピアノ

Х邁據     
三味線二重奏&ピアノ

太陽じょんがら  
三味線二重奏&ピアノ

※竹田の子守唄、ムーンリバーは由宇月、テネシーワルツは私が歌いました。


約50分のコンサートであっという間に終了。

 ピアノの大西洋介さんとのコラボは本当に楽しいのであります。

練習の時、リハーサルの時、そして、本番とアレンジがどんどん良くなっていきます。

いわゆる本番へ向けて最高の進化を遂げる演奏なんです。

共演させていただくたび、多くのことを学び、楽しみながら終ってしまうことの寂しさも感じている今朝であります。

宮崎公立大学の林学長の勇気ある一言で実現した今回のステージ。

受講者の皆様からも温かい拍手と嬉しい言葉をたくさんいただきました。

今回のステージを是非、ディナーショーとして再現してみたいと思うのですが・・・。 

いよいよ修了式コンサート!!!

image

image

image

いよいよ今夜、宮崎公立大学市民公開講座修了式コンサートの開催となりました。

5月から10回にわたって「ジャズとアメリカ文学」を学ばれた受講生の皆様がラストを飾る最後の夜であります。

津軽三味線は日本のジャズと言われますが、ピアノの大西洋介さんとのコラボで和洋の心の叫びを表現できれば嬉しいです。

どんな展開になるのか、私も少々不安ではありますが、当たって砕けろの精神で演奏させていただきます。

このような機会を下さった宮崎公立大学の林学長に感謝すると共に、受講生の皆様のご卒業をお祝いしたいと思います。 

収録中〜由宇月!!!

image


毎週、土曜日17時半から放送のMRTラジオ「由宇月と一緒に行ってみんよう」でオンエアする民謡収録が村上三絃道スタジオで行われています。

今回は、三味線、太鼓、歌を多重録音で由宇月が一人で演奏。

スタジオに写真を撮りに入ったらちょっと嫌そうな表情でしたが急いでパチリ(笑)

何しろ、毎日のブログ更新には新しいネタが必要(笑)

ブログを書くために長時間かけるわけにはいきませんから、大急ぎで入力しているわけであります。

今日は、国富音頭、えびの音頭の録音を行っているようですが、 次回の放送は30日(土)。

国富町では、8月6日(土)・7日(日)に稲荷神社夏祭り(ヨイマカ)が行われます。

この祭りでは、稚児を乗せたヨイマカ神輿が勇ましく通りを練り歩くのが名物なんだそうです。

その他、獅子舞も一緒に練り歩き、歌舞伎人形の展示もあります。

7日(日)には、ヨイマカフェスティバルが開催され、ステージショーなども行われるとのこと。

この国富音頭、地元の皆さんにも愛されている一曲かと思います。


ところで、明日は、宮崎公立大学市民公開講座、修了式コンサートでjazzを演奏。

こちらも成功へ向け、チャレンジ中!!!

感動の「まつりえれこっちゃみやざき2016」

image

image

image

15周年を迎えた「まつりえれこっちゃみやざき2016」が昨夜無事に終了いたしました。

4年ほど前よりダンスの審査員として参加させていただいてますが、今年は一般部門の採点、講評をさせていただきました。

11時半からスタートして16時過ぎまでの約4時間半、会場となったオルブライトホール2階で繰り広げられる熱き演舞を拝見しました。

県外からは、熊本、大分、鹿児島、福岡、長崎と432名が参加。

総数は821名でしたから、地元宮崎を上回る方々の出場となりました。

熊本地震で被害にあわれた方もおられるようでした。

しかし、踊りへの情熱で乗り越え、今回の出場となったとのこと。

打ち込むものを持つということは大事だと改めて感じた昨日のことでありました。

もちろん、宮崎の皆さんも素晴らしい踊りでありました。

職種も年齢も様々ですが、心を一つにして作り上げていく想いに感動の連続。

賞に入られなかったチームはさぞかし悔しい思いをされたことでしょうが、本当に僅かな差。

また、来年も是非、チャレンジして宮崎を盛り上げていただきたいと思います。


そして、今回は15周年ということもあり、今回から河川敷にメーンステージが設けられ、表彰式、 全員でのダンス、花火とエンディングも見事でありました。

主催者の皆さん、ボランティアスタッフ、関係者の方々の気配りと努力にも感謝。

良い経験をさせていただいた昨日のことでした。 
村上三絃道のホームページはコチラ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ