DSC_0181

_20190809_141005

_20190809_141023


夏休み前に行われた「ふるさと先生こんにちは〜三味線授業」の感想文が子ども文化センターから届きました。

生目南中学校、住吉南小学校、宮崎南小学校の三校からです。

生目南中学校では、宮崎市が貸し出ししているプラスチック製の三味線を使わせていただきました。

今年度、初使用ということや三味線に詳しい方がおられないということもあって、厳しい状態になっていた楽器達。

授業前に35丁すべてをお手入れさせていただき、使いやすいように調整しました。

そんなアクシデントがあると一層の思い出が深まるもの。

感想文を拝見しながらその日のことが目に浮かんで来ました。

住吉南小学校に伺った日は連日の大雨。

体育館にマイクを用意し、地元の伝統芸能「日平の俵踊り」を、昔ながらの口三味線を唱えながらの練習。

5年生全員が三味線にチャレンジし、歌って、踊って、感動の時間を過ごしました。

宮崎南小学校はそれぞれに個性豊かな6年生の3クラス。

昨年度、スクールコンサートでも会ってますので、子ども達も覚えていてくれてサイン攻め(笑)。

でも、立腰の姿勢をしっかり頑張ってくれて、見事に演奏してくれました。

皆の感想文には「楽しかった」「ありがとうございました」「また弾いてみたい」と嬉しい言葉がちりばめてありました。

早速、お礼状を書きました。

喜びは双方向が良いですね。

子ども達も伝統・未来音楽祭に来てくれないかな〜!!!

学生チケットは1000円なんですよー。

宮崎市の各プレイガイドでも発売中でーす。