_20191128_145956

一昨日、京都から戻り、その足で額装をお願いに行きました。

急ぎで作っていただき、昨日、山本山静堂の社長がわざわざお届けくださいました。



表彰状が額縁におさまり更に重厚さが増しました。


そこへタイミング良くお祝いのお花を持ってお稽古に来た名取の由理京さん。

記念写真を撮ってくれました。


4月に病気が発覚し、皆さんに大変心配をかけました。

特に、由理京さんは私が高校1年生の時の第一号の生徒さん。

彼女は小学5年生でした。

当時は土曜日が半ドンで、午後に帰宅して制服のままお稽古。

習いに来ていた由理京さん(当時は淳子ちゃん)は、私の制服姿に憧れて宮崎女子高等学校(現在は宮崎学園高校)に入学してくれました。



小学校5年生から高校一年生までお稽古を重ねてましたが、家庭の事情もあって中断となってしまいました。

しかし、3年前に小さい頃の夢を再開。

忘れられなかった私とのお稽古を楽しみにして頑張っていた由理京さんは大きなショックを受けたようでした。

私の体の状態をお稽古の度に気にかけてくれてます。

まるで妹のよう。

本当に嬉しいことです。

1574932610298

現在は名取として、公演メンバーを目指し頑張っています。

由理京さんの益々の活躍を祈ってます。