2008年01月03日

お久しぶりでございます。

復活!!
と、高らかに宣言したいところではありますが・・・

実は昨年30日の夜半から、強烈な悪寒に襲われダウン。
31日、1日、2日と寝込んでおりました(汗)

発熱。約2日間。
激しい嘔吐1日と、その間ずっと下痢。
ロタウィルスさんにやられたようです(泣)

当初は息子がダウン。
29日に医者に連れて行き、ヤツはなんとかなったのですが、俺がやられますた(泣)
子供がかかる病気らしいです。
ナルホド。と妙に納得。
ほら、俺って純真だしさ。
いえ、なんでもないです。ハイ。

お正月料理はほとんど喰えず、寝てばっかり。
なーんもしないで
寝てばかり。
一年の計は・・・と言いますが、今年はどんな年になるのやら・・・(汗)

まだ、微熱と嘔吐感、下痢がおさまりません。
明日仕事行くのキツイなぁ(汗)

しばらくご無沙汰してしまってました。
いろいろとありまして・・・(基本サボりですけどw

でも、今年は、ほそぼそと続けますので(ぇ、こんなワタクシですが、本年もよろしくお願い致します。
皆さんのブログにも、体調復活したらボチボチ顔をだしますのでヨロシクお願いしますね♪

2007年11月04日

浦安の

昨日はディズニーランドへ急に行くことに。
朝早く起きて行ったのですが、息子がお昼ごろダウン。
ついでに俺もベンチで寝てました。
いやぁ、カミさんと娘、女組は元気だったな。
しかし、混んでたな。
120分待ち以上ばっかり。ありゃ疲れるよな・・・。



今日は国産カブトのマット替えでもしようかと一念発起。
気にはなっていたんだよ。
幼虫、何匹居るかもわからんし・・・。とりあえず1匹は確実にいる!
側面からこの前確認したもんね。

で。
今日、物置においてあるケースを取り出して、外で開けたら・・・
「!」

動くマット。

いや、コバエ×数十匹が・・・蠢いている・・・。

思わず、見ないフリ。
「臭いものには蓋」をそのまま字の通り行い、ケースの蓋を閉めてまたもや何もせず物置へ・・・。
こりゃ、どうにかしなきゃなぁ(汗)
あれだけのコバエの餌は、マットだろうから劣化が早くなっていそう。
と、思いながらも

「来週に続く!」

にしてしまった。
あはは。
我ながら関心する先送り主義。政府も真っ青だ。
しかしどう決着つけよう?
久々のファイヤー作戦か?



菌糸瓶はすべて交換済みでやることはないし・・・。
来週、やるか・・・。

sango0035 at 20:42|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2007年10月23日

挫折な菌糸

結局、昨日現在でどら猫(ディキャッツ)さんのブロックは売り切れ。
オオクワキングさんとこのRushも菌床産卵で使ったこともあり(品質良かった)最後まで迷ったが、ブロック詰めは断念(テヘ)

どら猫さんでトレハ入りボトル購入となりました。
まだハンドプレス届いてないしね。

RTNの菌糸瓶はものすごくイイとは思うのだが、温度管理してなかったせいか劣化が激しく、2ヶ月で交換することに。
まぁ、あの温度じゃ他の菌糸瓶だったらもっと劣化激しかっただろうな。

実は今日どら猫さんから宅急便が届きました。
早い・・・。
さすがですね。
PPの800と1400あわせて10本購入。
イマイチ、PP800のほうが菌が回ってないような気がするので、しばし放置予定。
品薄だっただけに、出荷を急いだか。
しかし1本は劣化が激しいので替えておきたい。
少し無理をしてでも交換しようかな。でも暴れたら意味ないか・・・。
♀だからどっちでも良さそうな気もするなw




さっきタラのセット覗いたら、かじってはいるのですが、どーも産卵は怪しそう。
もう1本ハイパーハンマー(違)はあるので再セットしてみるかな。
もう一回ペアリングしてからかなぁ。
寿命、大丈夫だろうか・・・。
そして温度は・・・(汗)
カワラ菌床産卵ってテもあるな・・・。実はどら猫さんでついでに買いました♪カワラ菌床。
タラは、なんとか産卵させたい!
もし失敗したら・・・
皆さんヨロシクネ(はぁと)←(蹴られ

2007年10月21日

明日は休暇

やっほーい。
明日は休暇さ。
でもなんかいろいろお勉強予定が詰まってたり。+゚(ノω・、)゚
手放しで喜べないんですよね。

土曜がカミさんの誕生日だったので、お祝いで少し豪華なランチなんぞを楽しんでみるかな。
たまーに二人だけで歩くとなんか新鮮な気がしますね(笑)
年に一回くらいはそーゆーのもいいかなぁなんて気がします。




さて。
菌糸瓶詰め詰め計画ですが早くも頓挫の可能性が。
黒クワさんとこのHP黒いクワガタ達で紹介されてるハンドプレス(激安)を購入したはいいものの、肝心な菌糸ブロックが・・・
品切れ中( ゚Д゚)y \_ ポロッ
うーん。
違うとこにするのもいいけど・・・
やっぱ・・・
菌糸ボトル買っちゃおうかな・・・
だんだん詰め詰めが億劫になってきた、30代後半の秋でした。
でも一回くらいはやってみないとな。うん。


明日はタラの割出しでもやってみるかなー(産んでなさそうですが)



2007年10月20日

やっちゃうの?

今日は群馬へサクッとお仕事。
高速飛ばして、戻ってきたら少々疲れました。

オオクワ菌糸瓶チェック!をしてみるとそろそろヤバそうなのが何本か。
二ヶ月で交換時期がきてる瓶もあるな(汗)
また菌糸瓶買う・・・のも、手持ち不如意のため厳しい。
簡単に言うと「最近、特に貧乏」なのだ(ぇ

初のブロック菌糸瓶詰めを検討。

ブロック何個買おうかな。
ハンドプレスも買いたいな。

デイキャッツかオオクワキングあたりで購入かなァ。

あ、でも詰めても菌糸回るまで2週間でしたっけ?
間に合うのだろうか(汗)
後手後手だなー(泣)

今ある未使用菌糸瓶はあと2本。
ガラス1000と2000。
今日はまた特に劣化のひどいのを交換したから、しばらくは大丈夫かな。

しかし詰めてる時間、あるのか?



2007年10月17日

遅すぎた

遅すぎた。
劣化、というか、暴れまくりというか・・・
遅すぎ







今日、瓶交換しました。
食痕をよく見てみると、オガの目が粗い。
・・・ってことは、喰わないで暴れていたのかもしれない。
喰える菌糸を捜して彷徨っていたのかも。
ちゃんと喰ってれば、オガの目は細かいのだ。
そして、フンで固めたようになってるはず。
すまん、佐賀くん(泣)
体重は20.2gとまずまず。
今度はガラス2,000だからいっぱい食えるよ!
ただし、かなり黄色かったので蛹化しちゃうかもですが・・・。

もう1本の瓶は、これも劣化が激しく、側面から見ると菌糸が割れている。
♀で11.2g。・・・小さいから♀って決め付けてるけど♂かもしれません(ぇ
ガラス1,000に交換。

双方の瓶、蓋にダニがびっしり・・・。



菌糸瓶を交換しないで引っ張ると、まれに大きい幼虫が出てくることもあるらしい。
菌糸瓶全体で居食いするようなイメージだろうか。
自分に住みやすい環境を作り出して成功した幼虫は大きくなる・・・というところなのだろう。

何本か、交換しない瓶を作ってみようかなァ・・・。
ダニ・線虫がすごそうだな・・・



2007年10月16日

劣化じゃ

劣化








菌糸瓶が劣化しとる



高温には強いんじゃが



低温だと



キノコが生えてくるわ




そろそろ交換せねば








じゃあの。



真似てみました・・・w

2007年10月14日

1℃の違い

ワインクーラーの設定温度を1週間に0.1℃づつ下げている。
夏の間は23.5〜24℃の間であったが、徐々に下げて現在は22.5〜23℃設定です。
最終的には22〜22.5℃にしようかなと。
最近は外気温のほうが低いもんなー。
ワインクーラーの中をチェックしてみたら、久々にコイツが顔出してました。
RTN ako

RTNさんの瓶です。
透明だから観察しやすい。
阿古谷黒waka血統。



何度も登場してるwakaさん、黒クワさん共同プレ企画で頂いた阿古谷の子です。
多分♂で、菌糸ガンガン食ってます。
この瓶はイイカンジなのですが、劣化してる他のRTN瓶をどうしようか思案中。
二ヶ月くらいで変えてしまおうか。
キノコやアオカビが結構目立つので早めに交換すると思います。

そういえば、G-POTも菌糸が死にそうな瓶が出てきちゃった。
オガが見え始めてます。
ヒラタケだから低温、イイと思ったんだけどな。
これも交換しようかどうか・・・
交換するとしても余ってるどら猫瓶か、それともまたまたG-POTか。
ヒラタケ組もせっかく編成したんだから、またG-POTにしようかなぁ。
でも♀ばかりのような気がするので・・・ローコストでいったほうがいいかもだしなァ。
―などと迷うのも、また楽し。


タランドゥスの産卵セットは、穿孔してるものの、メスが材の上でぼーっとしてます(ぉ
潜れよなー・゚・(ノ∀`;)・゚・
結構、削ってますが、この調子じゃ多分産んでない。
うーん。
どうしたもんかな〜。
霧吹きで湿度上げちゃったのは・・・失敗だったかな・・・(汗)


2007年10月08日

お片づけ

今日は一日ゆったり。

溜まってた中ケースや小ケース、止まり木などの洗い物を済ませる。
俺って肌が弱いので、苦手なんですよ。洗い物。
手の皮がすぐにシワシワになりました(泣)

物置の整理もしてみる。

ノコ瓶をチェックし並べ替えた。二年一化?・・・うーん。
来年の春には動き回るのだろうか?よくわからん・・・
多少反応があるようなので死んではいないらしい。

国産カブトケースもそのままにしてあったが、どうも幼虫がいるようなのでマットの水分飛ばしたほうがいいかなーと思い、蓋を少し開ける。

・・・結構、水分でジュクジュクしてるような。
でも国産カブ、放置状態くらいのほうが良さそうだ。
あぁっ!
産卵してないと思ってオオクワの菌糸食いカス捨てちまったぞ(泣)
んーもったいない・・・。

・・・などとブツブツ言いながらの作業。
周りに人が居なくて良かった。
それにしてもコバエが多い(汗)
社宅の物置だから、天井がつながっているので隣にもウチの?コバエ、いっぱいお邪魔してるだろうなぁ・・・。
苦情出ませんように.。゜+.(´▽`)。+.゜+・




2007年10月07日

さて、どっちだ?

オオクワ飼育、2シーズン目突入のワタクシながら・・・

蛹室?








これが蛹室(の手前)なのか、居食い状態なのかよくわかりません(泣)
瓶交換して、ぐるぐる瓶を二週くらい回って暴れたあと、落ち着いたようです。
うーん、交換のショックで前蛹になりたがってるのかー・・・などと思っておるのですが。

この前、交換直後暴れまわったオオクワ♀幼虫瓶の蓋を開けて暴れを収めようとしたら・・・
前蛹化しちゃったもんなー。
3ヶ月くらいで蛹化!?まぁ常温だったから積算温度は高いと思うけど・・・
早すぎ・・・(^0^;

さらに言うと蛹に脱皮する前に落ちたし(泣)
早期蛹化怖いっ。



そうそう、ブリードしたオオクワ2ペア、最近食が細りました。
急激な低温に耐えられなくなってきたかなァ。
猛暑で30度越えも何度かあったし・・・。
冬を越したいと思ってるんですが・・・難しいのだろうか。

クーラー付きのブリードルームが欲しい・・・。
プレハブってのもいいなー。
夢は広がるばかりです・・・



2007年10月02日

ぱちん

ぇえ、確かに聞こえたんです。
オオクワの幼虫が自分の尻を噛んだときに「ぱちん」って音がね。
前回のブログには書かなかったけど・・・。

瓶交換の最中に嫌な汗、かいちゃいましたよ。
あぁ、やっちまった・・・ってね。

それでも、一応菌糸の中に潜って行ったからホッとした。
こうなってくると
「なんとなく、元気がないような」
「なんとなく、糞が水っぽいような」
「なんとなく、潜るのに時間がかかっているような」
などと疑心暗鬼となってしまう。
一抹の不安を覚えながらも、潜っていった菌糸瓶をワインクラーに保管したわけです。

それから数時間経っても食痕現われず。
一日経ってもダメ
他の瓶はすべて出てきてるのに・・・。
やはりダメか。
そう思いつつ、今日見てみたら・・・


食痕

出てきた!





うーんペースが遅い。
やはり傷負い人なのか、或いは・・・。
大物の余裕か?

まぁなんにしろ、まだ生きてる。
頭を少し見ただけだけど・・・。
無事、羽化して欲しいなぁ。ガラス2000に入れたしーwモッタイナイシ



2007年09月30日

穿孔

タラのセットを昨日組んだら、今日穿孔してました。
穿孔・・・なんて読むのだろう(ぉ
まぁただ削ってるだけのような気もするので期待せず様子見です。
今回は乾いた針葉樹マットにハイパーレイシ材を投入。
発酵マット使いたかったのですが・・・
発酵マットに虫が湧いてて使えませんでした(泣)
「マット無し、材だけでも産む」という例もあるらしいので何とかなるでしょう(いい加減)
コンゴには雨期と乾期があるらしいので、乾燥した大地をイメージしてみました。

オオクワ、黒waka血統(敬称略・阿古谷産)菌糸瓶交換が終わりました。
なぜか4本余る(ぇ
結構疲れた・・・。
自分の尻を噛んだヤツが一番でかくて、24gありました(汗)とても心配です(泣)
体液出てなくて、菌糸に潜って行ったけど、ダメかもなぁ・・・。
食痕出てくるのを祈ってます。

RTNの菌糸瓶にキノコが一斉に発生。
やはり温度低くなると出てくるのね.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
側面のキノコは、手が出せず。
劣化が激しくなったらまた交換しなきゃ・・・。


2007年09月26日

細々

タランドゥスの♀がちょっと弱ってきた。
熟成させよう、もう少し温度が下がってきたらブリろう!などと思っていたら時期を逸してしまったのかもしれない。

でも、とりあえず、同居・ペアリングを試みた。

一晩置いたら、一応、メイトガードっぽいことをしてる。
じっとしてるメスをかばうように、オスは覆いかぶさり触覚でメスの背中を撫でている。
ペアリング成功なのだろうか?
もう少し同居させてみて、セットしてみるか。
「にしにほん○んちゅうしゃ」のハイパーレイシ材でチャレンジ予定。

さてオオクワです。
既に5本近く「消えた幼虫の謎。土曜サスペンス」状態となり・・・
いや、単に落ちただけです(泣)
落ちた瓶を掘ると菌糸がやけに新鮮なのでがっかりしちゃいます。まぁ食痕ないので、それで大体検討はつくのですが。

交換用の菌糸瓶を買わねばってことで。
奮発してガラス瓶注文。
1000を12本に、2000を12本。どら猫さんです。
ホントはPP800トレハ入りが欲しかったのですが、売り切れ中。
むう。
安定供給がぁぁぁ。まぁ人気なんだろうなぁ・・・と、諦めて多少値が張りますがガラス瓶を注文しました。
ちょっと交換時期遅いかもしれないけど・・・
引っ張りすぎたかなぁ(汗)

よく3ヶ月っていわれてるけど、ちと遅いような気がするんだよな。


2007年09月17日

菌糸瓶交換

阿古谷産の瓶交換をしました。
と、言っても1匹だけ。
6/30セット瓶投入なので、9月末にでも交換しようと思っていたのですが。

菌糸瓶交換

結構、喰ってる。
交換時期かも。





ってわけで交換。
かなり、食いが立ってるというか、成長してるってことかな。
食痕ほとんど出てない兄弟も多いのですが。

1本目喰い終わったところで21.3g。
いい感じですね〜。
多分こいつが筆頭成長株かな?
ガラス瓶がなかったのでPPの1400に投入。
たっぷり喰って、このまま無事成長してくれー。
手早く交換しようとして、写真撮るのわすれちまった・・・(汗)


今日は家族で後楽園・・・いや、今は東京ドームシティですね。
ゲキレンジャーショーを見に行きました。
この暑いのに・・・(泣)
こっちはクタクタになってるのに子供は元気だった・・・さすが。

明日は友人の結婚式。
なかなか休日は休めないなァ( ゚Д゚)y \_ ポロッ


2007年09月09日

お久々

いやー、お久しぶりです。
ブログをサボってたのは、ほら、あ、暑くて・・・(汗)

クーラーのない部屋でPC弄るってのはきついよなーとか思ってたら、まったく更新してなかった状態でした・・・。

んで、9月に入ったら涼しくなるかな、そろそろブログ更新かなと思っていたら、期末モード突入で・・・多忙&疲労。
なかなか、人生うまくいかないものです(ぇ

この一ヶ月は、暑い部屋との戦いで、毎日幼虫冷却用の氷変えたり、そんなことばっかしてたような(汗)
早く家建てて、クーラー付きの自分の書斎がほしいなぁ・・・。

最近のネタは・・・
〆寛貉困良啗魎12本(少しずつやりました)
▲僖彁才颯札奪
ワインクーラーと簡易温(冷)室サーキュレーター導入(いや別にファン取り付けただけ)
RTNに車で行った!

こんなカンジの4本です。
またおいおい、面白そうならwUPしようかな、と。

コメントいただいた皆さん、ご心配おかけしましたが、とりあえず生きております。
皆さんのところにも、ちょっとずつ出没しますので見捨てないでくださいませね(泣)


2007年07月17日

すっかり週末ブロガー・・・

ここのところ、すっかり週末ブロガーです(^0^;
まぁ忙しいってのもあるんですが・・・無理をしない程度に更新していければなぁと思ってます。

で、今回は阿古谷再セット分割り出しです。
産卵木2本と、カワラ茸ブロック!大ケースの気合の入ったセット。
時間がなくて二日に分けて割出しです。
7/15・・・8匹ゲット。菌糸瓶へ。カワラには3匹しか居なかった(泣)
7/16・・・11匹ゲット。菌糸瓶がなくなり、急遽中野の某むし社へ行きプリンカップ10個購入。それでも1個足りず、カップにマット詰めてその場をしのぐ(汗)

合計19匹ゲット!
微妙?w

でもこれで期待の阿古谷産は30匹以上ゲットしたことになります。
多分何匹か落ちてますけど(汗)
wakaさん、黒クワさん、結構順調ですよー。・・・今のところは(汗)

あと、佐賀産で3齢になった瓶を22〜23.5℃のワインクーラーに移したりしてます。全部というわけにはいかないので一部、低温飼育にチャレンジです。
そのうち、阿古谷も一部低温飼育になるでしょう。
しかし真夏、どうしようか。
低温飼育組はいいとして・・・常温組は温室→ペットボトル投下しかなさそうだ・・・。
旅行に行けないじゃん(汗)
優秀な保冷剤でも買ってみるか・・・。
まぁなんとかなるだろ。

しかし・・・50匹近くの幼虫を飼うことになるとは誰が想像しただろう(汗)
いやぁ、ホント、自分でもびっくりですww

2007年07月09日

カブト羽化

カブトムシ、6匹中、5匹羽化完了。
♂2♀3。
羽化不全が♂で1匹あるけど、まぁブリードはできそうです。
あと1匹は、どうなんだろう。
多分♀かなァ。

しかし、ばばばっ!と羽の音やカリカリケースを上ろうとするので五月蝿いと、家族からの評判はすこぶる不評.。゜+.(´▽`)。+.゜+・
・・・いいじゃん、夏の風物詩だってばさ。

最近クワガタしか見てなかったから思うのだろうけど、カブトは力強いなぁと思う。
ミニカーとか昔よく引っ張らせたっけ。
ブリード終わったら、子供に弄らせてやろうかなーとか思ってます。

幼虫取れすぎても困るのでw、大きな♀1匹選んでペアリングしよっと。

2007年07月01日

阿古谷産 産卵セット結果

阿古谷セットを掘り出してみる。

カワラブロックと産卵木のセットだったわけですが、諸事情により2週間ほどのセットです。メス取り出し後、一ヶ月ほど置いたのですが・・・遅かったようです。
2齢中心で、3齢も2匹ほどいました(汗)
全部で13匹。
2週間だから、1日1個産んでくれたってことだ。
カワラ菌床ブロックに6匹、マットに3匹、産卵木に5匹居たのですが、1匹プチっとつぶしてしまいました(泣)結構おおきな2齢幼虫だったのに・・・。
産卵木の割り出しって難しい。
ナタが要るな。ナタが。
100円ショップの剪定鋏じゃダメだ。
生き残った幼虫も、傷ついてなきゃいいけど・・・。

阿古谷第二セット(上記のセット解除後、メスを休ませてからの再セット分)のメスを取り出したついでに、少し産卵木を割ってみたら孵化したてと思われる初齢1匹ゲット。
産卵木ボロボロだったけど・・・ちゃんと生んでくれてるかも。
今度はあまり割り出しが遅くならないようにしないと。

佐賀産セットの残りカスを置いておいたものを、もう一度暴いてみると、4匹の幼虫発見。
3齢居るし・・・2匹も(汗)
見逃してましたねー、やはり。
残り2匹は初齢でした。

菌糸瓶はどら猫さんのガラス瓶1000です。
今回の割り出しで合計18匹ゲット。1匹は前回の割り出し時に潜らずに死んでしまった幼虫がいたのでその菌糸瓶を再利用。
今回は24本の注文だったので、24-17=7本余りました。
佐賀産、菌糸瓶20本使ったけどすでに2匹落ちてる・・・。
瓶交換のときに分かると思うけど、案外、生き残ってないような。
食痕見えないしなー。初齢投入も多かった。
そういう意味ではやはりプリンカップはイイ。
生きてるかどうか、すぐ分かる。
でも、幼虫にしてみりゃ、最初から瓶に入れたほうが環境の変化が少なくて良いわけで・・・。
悩みは尽きませんw

今回割り出し、菌糸瓶に投入した幼虫はすべてキッチンペーパーで蓋をして、1週間後くらいに通常の蓋を閉めます。
酸素不足防止のためです。
3齢になるまでは常温飼育。その後、低温飼育組と常温飼育組に別れる予定。低温といっても22.5〜23℃ですけど。
うまくいくかどうか。
初めてのオオクワ繁殖、チャレンジ中ですーっ!



2007年06月24日

ウカーフゼン

ドイツ語ではありません。

ウカフゼン
うかふぜん
羽化不全。

カブト、1匹羽化不全で出てきました・゚・(ノ∀`;)・゚・
ちと可愛そう。管理不足だ。すまん。
羽化不全カブト

フセツも一部取れてしまってます。
殻が引っかかったのかもしれません。



よくひっくり返ってるので長生きはできないかも。
大事に育てたいと思います。

2号は、完品。
角が小さい気がします。体は結構大きめだと思うんだがなぁ。

2号

赤いのは羽化間もないせいだろうか?

がっしりしてる!




誰かがブログに書いていたけど、俺も国産カブ見てるとわくわくしてくる。
夏が来る。
暑ーい夏が、すぐそこまで来てる。

♂2匹羽化ですがあと4匹はどうだろう?
1匹は♀確定なんですが。


2007年06月23日

アルキデス産まず!

1ヶ月以上放置のアルキ産卵セット。
暴いてみるも、産まず。
この暑さだし、もうセットは無理かな・・・。
と、いいながらも、暴いたものを戻しつつ、一応再セットを組んでみる。

メスは結構弱ってきているみたい。
諦めるか・・・。


今日、長男(♂4歳・幼稚園年中)と遊んでいたら、強烈な頭突きを顔面にくらいwメガネが割れてしまいました(^0^;
くぅぅぅ、俺は目が悪いので眼鏡作ると結構高いんですよね(汗)
ま、幸い双方に怪我もなく良かったんですが。
まったく暴れん坊で困ったもんだ。
でも、俺は大人しいお子様だったので、彼の暴れぶりを好ましく思っていたりしますw
子供らしくていいじゃん、なーんて。

明日、眼鏡買いに行かなきゃ・・・

2007年06月17日

結局

佐賀七山産は17匹の幼虫、3個の卵を産卵。
今回確認できたのは、それだけです。
後は産卵に使用した菌床はマットに埋めて保管中。
6月末に再割り出し予定。

3個の卵も除菌済みキッチンペーパー&ミネラルウォーターで温度28℃管理のもと、全部孵化!
ふっふっふ。人工孵化100%のオトコと呼んでくれてもいいぜ・・・(ぇ

ま、たまたまですな(汗)卵だけに。

菌糸瓶20本注文したのですが、結果的にピッタリ。
ビンゴ!

ワメナ産パプキン、羽化しました。
オスです。
初のパプオス!
じっくり見ちゃいましたw素敵っす。
羽化して3日ほどではありましたが、ダニが異様にひどいため、掘り出しを決意。生体には悪影響ですが、なるべく刺激のないように動かし、ヒノキの香りのダニ退治マットへ。
ダニの根絶を図ります。
西イリアン ワメナ産全4匹の内訳は、1匹羽化、1匹蛹化、1匹前蛹、1匹幼虫。
バラバラだな(汗)
蛹の1匹はメスであったため、累代はできそう。
一安心です。

ちゃらさん血統のクリキン(西イリアン オキシビル産)は4匹中3匹はメス(汗)1匹はまだ幼虫やってるし・・・。
累代の危機であります。
で、本家と協議して婿取り嫁出しをしようかと考え中。
ちゃらさん、よろしくお願いします〜。
こちらは婿取りしたら、即ブリ予定。
セット方法勉強しないと・・・。

2007年06月15日

羽化不全

期待の韮崎産、2匹目が羽化不全により死亡。
落ち込んでます(泣)
羽化直前


羽化直前。
なんとなくイヤな予感はしたんだ。




そして、脱ぎ始め・・・
羽化中

尻の部分の殻が取れてない。
これが致命傷になった模様。




この後、俺は寝てしまったんですが・・・
今日帰ってきたら、羽化の途中で力尽きてました。
落ち込むなァ。
せめて成虫にしてあげたかった。
途中で菌糸瓶さえ掘り出さなければ・・・
などと悔やめばキリがないんですが。
原因はなんだろう?
高温?湿度?
うーん、不明です。
蛹になってから、結構動かしたりしたからかなぁ。

ガックリ・・・。

2007年06月12日

ペーパーで孵化!

佐賀産、卵で取り出しの2個。
人工孵化成功〜♪
結構、ころりんと落としたりしたのに・・・。
これで、佐賀産の菌糸瓶は19本。
すげー数だ・・・(汗)

孵化直後投入

孵化してすぐ菌糸瓶投入してみました。
ギザカワユス




落ちる可能性も高いらしいですが、大きく育つ可能性も高くなるとか。
英才教育ですなー。

阿古谷セット、水滴がすごかったので少し環境を変えてみる。
湿気がこもらないよう、多少温室に細工。
水とりぞうさんも入れちゃうゼ!

なんとなく、メスが元気ない気がするんですが・・・
なかなかセットに潜っていかない。気に入らないのかもしれない。
大丈夫かな。
こっちが本命なのにー。
湿気多いから弱っちゃったのか・・・。
でも、オオクワの生命力を信じよう。



2007年06月11日

消えたノコの謎

いや謎でもなんでもなく、多分落ちたんですが・・・(汗)
ただ、幼虫君、跡形もなく消えてました。
うーん。
分解されちゃったのかな・・・(泣)

ノコ、3本瓶を交換して1本は消滅。
2頭とも大きさは大したことなく・・・。
メスかな?

これでウチのノコ瓶はマットのみで、10本(内、1匹蛹化)。
材飼育の中プラケースが1個です。

昨日のエラフス♂(死亡確定)といい、ノコ幼虫といい・・・
落ちるのが続いてます。
うーん。

ちょいとブルーです。




2007年06月10日

光と影

絵画鑑賞なんぞをしてきました。
モネです、モネ。そう、印象派。
六本木の国立新美術館でやってます。
初めて行ったんですが、すげー建物だなぁ、と関心。
やっぱあんたか、黒川紀章。

で、MONETO大回顧展なんですが、良かったー。
印象派ではやはりモネですよね。
光を表現させたら一番だと思います。
印象派を集めた展覧会は行ったことあったんですが、モネだけってのは初。
年代を重ねるごとに抽象的になっていくのが面白かった。
「見たまま」を大事にした画家なのだそうですが、歳を重ねていくごとに眼が悪くなるのか、絵がぼやけていくんですね。
それはそれで味があります。

しかし、子供を連れて行くもんじゃない(泣)
カミさんと二人でヘトヘトになってました・・・。

で、ウチに帰ってきたらエラフスホソアカ♂が瀕死(泣)
もうダメです。
メスは元気なんですけどね。
まぁ天然モノだし、寿命かな・・・と思って自分を慰めてます。
エラフスは累代を断念しようと思ってます。
低温管理が現状では無理そうなので諦めます。
ただ、いつかリベンジしようとは思いますが。

明日はノコの瓶交換しなきゃだ・・・。

2007年06月09日

佐賀産割り出し

さて、最近自分的に大注目の佐賀産産卵セット
発酵マットの上に菌床ブロックを丸ごと置くという、豪快?な菌床産卵セットですが、幼虫はマットに好んで居たようです(汗)
俺の目論見では、菌床を初齢のウチからガンガン喰わせるはずだったんですがね。
で、その豪快セット。
そいつを、割り出してみました。

かなりブロックを崩してましたよ。

佐賀産セット

ボロボロですな。






結果から言うと、全部で幼虫17匹GET
卵は2個割り出したところで、ブロック崩すのを断念。
(落としたりしたので・・・)
そのまま、マットに埋めてしまいました。
卵での取り出しは、まだ俺には、無理!っていうかこの先も無理だろ・・・。幼虫で出しましょう、幼虫で。うん。
もう2週間ほど、保管しときます。

爆産?なのかな。
10匹前後かなーと思っていたのですが、予想以上です。
阿古谷のセットの分と合わせて、20本の菌糸瓶を用意したのですが、足りて良かった・・・。
阿古谷の割り出しは少し先に延ばしたいと思います。

にょろ17匹と卵2個ですが、卵はどーも人工孵化苦手なので多分ダメでしょう。
にょろも2匹は脱皮中でちょいとヤバイカンジ。
顔も真っ白だったりしてどーにも・・・。
その他、あまり元気じゃなさそうなのも居て、結構落ちるかも。
まぁ菌糸瓶で10本あれば当初の目標達成なので良しとしますか。

値段が1本200円程度ということで今回菌糸瓶にしましたが、落ちるかどうかわからない状態なのに場所を取りすぎる。
やはり、カップの方が合理的だな・・・。
実際やってみると、いろいろなことがわかります。

とまれ、ひとまず良かった良かった。
再セットは・・・場所的に無理かな・・・(^0^;

2007年06月06日

むふふ

佐賀産。
ケース側面を見てみると・・・
ケース側面

結構、産んでる!
わーい!





数を数えると、初齢幼虫8、亜終齢1(!)、卵1で、ありました。
ケース側面だけの確認でこれだけいればいいかなー。
あと、昨日転がってた卵も1個あるし。
まだ、菌糸ブロックの中にざっくざっく産んでるのかな・・・。
菌糸瓶、足りないかも・・・(皮算用)うへへ。
まぁ、ケース側・底面に出てる幼虫だけでも十分です。目標達成。

しかし、2齢がいたのには少しびっくりw
顔がでかいのが混じってると結構驚きます。
あと、菌糸食ってるエリート組が2頭のみなのが少し不満w
贅沢かもしれませんが、全員に菌糸食ってほしい・・・ッ

週末には割り出ししようかなぁ。
マットに幼虫がいなければ、しばらく放っておくんですが。
迷うところだ。

しかしダニが・・・すごいです、コレ(汗)


2007年06月05日

ころんと・・・

佐賀産、産卵セット。
メスも取り出し、ひと安心。
ケースを覗くと・・・
佐賀産卵セット経過6/5

ん?
なんか・・・





卵放置?

佐賀産卵セット経過6/5 卵

気づかなかった・・・。





で。
早速。
お約束の・・・。

採卵管理佐賀産

なるべく、雑菌が入らないよう気を遣ったつもりです。
アルコールで除菌!




無事、孵化するといいなぁ。

2007年06月04日

復活。

いろいろと忙しくてなかなかブログ更新できませんでした(汗)
今日はカラダを休めるためにも休暇をもらい、1日カブクワ三昧!
・・・というわけにもいかず、家族の買い物に付き合ったりもしてましたよ、はい。家族サービス半分、カブクワ半分の一日!

で、今日の作業はオオクワメイン。

まずはメスを抜いた阿古谷産卵セットからゼリー等を片付ける。
阿古谷セット経過

産卵木、腐ってないかなー(汗)
匂いはしないけど。
カビが・・・。


結果的に2週間という短期間の産卵セット。
卵1個と幼虫1匹が確認できてます。
これであと1ヶ月放置か。
じっくり待ちます・・・・。


佐賀産セットを覗いてみたら、なんと、メス発見!
急いで取り出しだ!幼虫と卵を守れ!

取出しには成功したのですが、メスにダニがびっしり・・・。
なんとかしなきゃなー
ブラッシング?
とりあえず、針葉樹マットに移動。
しばらく様子をみてみるか・・・。
ダニ取りマットを注文しよう。

あと、韮崎産のオオクワを見てみることに。
羽化してるかな・・・と思いつつ、掘る。
T-101号

おお。
羽化してた!




もう1頭は・・・蛹でした(泣)
うーん、割り出し手間取ってかなりのストレスを与えてしまった。
無事かなぁ・・・。
韮崎蛹

かなり激しくクネクネしてたけど・・・
大丈夫?




この子のほうが大きくなるかもな・・・。無事育てば。
しかし、両方オスかw
韮崎産メス、どうにかしなきゃ・・・。

2007年06月03日

阿古谷メス取り出し

阿古谷産卵セットより、メスを取り出す。
約2週間の短期セットとなった。
幼虫1匹、底面に確認。マットを喰っている。
側面には卵1個確認。
6月末に割り出し予定。
産卵木はカビでいっぱいでダニも多くなってきた。
産卵木は、望みがうすいかもしれない。

阿古谷メスは、個別管理へ。
少し休息させて再度産卵セットへ投入予定。
餌をいっぱい食べてもらい、ゆっくり休んでもらおう。


佐賀産卵セットはメスが出てこないためいじれず。
ケースに幼虫を7匹ほど確認。
うち、1匹のみ菌糸を食っているのが確認できた。
メスによる幼虫や卵の捕食が心配。
なるべく早く取り出さねば。

佐賀セットの割り出しを見込み、菌糸瓶を20本購入。
10本を26.5℃で管理。これに佐賀産を投入したい。
3齢までは比較的高温(26〜28℃)で飼育予定。

トレハロースもあわせて購入。
・・・どうやって使おうかなァw


何月にします?
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク