2: バーナードループ(WiMAX):2012/05/23(水) 10:46:10.38 ID:bZ/hGPoj0

脇差で止めを刺すんだよ


3: 冥王星(会社):2012/05/23(水) 10:46:22.83 ID:Kw6PaAHG0

室内とか自害用、あるいは乱戦の時に左に持つ


4: 海王星(チベット自治区):2012/05/23(水) 10:46:47.39 ID:eo/PA5Vf0

切腹用だろ


5: 水メーザー天体(徳島県):2012/05/23(水) 10:47:08.37 ID:97pulLN50

結構簡単に切れなくなるんだろ?だから予備を持つのは正しい気がする。


8: ヒドラ(西日本):2012/05/23(水) 10:49:43.39 ID:lzSIVdgH0

>>5
100人斬っても、大丈夫なんだろ?
毎日新聞の記者が、言ってた。


14: 水メーザー天体(徳島県):2012/05/23(水) 10:53:42.54 ID:97pulLN50

>>8
俺が聞いた感じというか2ch的には人間の血液には油分があるから人の血がほとばしるぐらいに
切ると刀に血がついて直ぐになまくらになってしまうとか聞いた。何人切りとかはほぼ伝説の域
なんだとか。


21: 大マゼラン雲(関東・甲信越):2012/05/23(水) 10:57:43.13 ID:0+1VplypO

>>14
刀スレで聞いたら司馬遼太郎の作り話だ!とか言われたんだけど・・・


32: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:01:36.62 ID:Q1Q5pG110

>>14
脂が邪魔になるというのはどうやらウソらしい。

http://sorceress.raindrop.jp/blog/2005/06/

Q:人を一人斬ると刀身に膏がべっとりと付いて、二人目からは斬り難くなるという話がありますが、本当でしょうか?
A:以前、肉屋から豚の頭をそっくり買って来まして、真正面から頭蓋骨ごと(ただし牙だけは避けて)スパリ、スパリと
何度も斬撃を試みたことがありますが、スライス・ハム状になるまで、何回でも抵抗感なく骨ごと断ち斬ることができました。
どうも、膏のせいで日本刀が切れなくなることはないのではないか、というのが、現在の心証です。


44: テンペル・タットル彗星(長野県):2012/05/23(水) 11:06:21.76 ID:wU2faaRf0

>>32
肉屋で買える豚の頭ってのは血抜きされてるんじゃないのか
まあどれだけ血や脂が付いても、叩き切るくらいのことはできるとは思うけども


145: 青色超巨星(大阪府):2012/05/23(水) 14:22:58.44 ID:9D3HnDAz0

>>14
血液、油分で切れなくなるのなら、
精肉店や魚屋、寿司屋の包丁はすぐ切れなくなるなw


148: ボイド(長屋):2012/05/23(水) 14:28:29.66 ID:tuucBR0r0

>>145
でも肉屋は毎日のように包丁研ぐだろ?
うちの近所に岡本生肉店は毎日研いでるぞ。


269: 赤色矮星(島根県):2012/05/24(木) 17:39:12.26 ID:0CUw04bN0

>>148
武士も毎日研いでるだろう。
なんたって「刀は武士の命」って言われるぐらいなんだから。


270: 冥王星(会社):2012/05/24(木) 17:41:53.25 ID:620aL/K20

>>269
手入れはするみたいだけど研ぎは専門の研ぎ師やるんじゃね、戦の最中とかは違うんだけろうけど。


154: かに星雲(関西・東海):2012/05/23(水) 14:46:22.50 ID:cA5poH6uO

>>145
包丁に脂分が張り付いて切れなくなるだけで
布巾で拭き取ればまた切れる


259: ネレイド(東京都):2012/05/24(木) 15:29:06.17 ID:X/C/OSxj0

>>145
元精肉店だが、1日3回くらい包丁とくぜー
軟らかい肉を金属で切ってるのになんで、
こんなにすぐ切れなくなるのか不思議だ
バラ肉掃除すると油べったりで滑りも悪くなるしな


254: 3K宇宙背景放射(東京都):2012/05/24(木) 14:50:09.67 ID:zxDy2slm0

>>8
マジレスすると、刀にも品質というのがあって、

一般普及レベルの「甲ぶせ」だと1度斬ると使い物にならなくなる。
甲ぶせは上部分から中央にかけて、鉄の芯を使って、
周りはただ鋼を囲んだだけで、斬るというよりも刺すほうに向いている。
外国の軍隊では、日本刀は「斬るもの」ではなく「刺すもの」と言われているのはこれが普及してるため。

等級の高いものは「四方づめ」という構造で作られている。
芯となる中心部分に鉄を使い、上、左右の脇、下と鋼で囲っている。
さらに品質のいいものになると、鉄に炭素を含ませて、
芯部分に0.3-0.4%、上部分と下部分を0.7-0.8%、脇部分を0.9%まで炭素含有量を調節している。
炭素含有量をコントロールする事で冷却速度をコントロールし、硬さのバランスをとっていて、
刃の部分がもっとも硬いように調整されている。

焼きいれするときにもテクニックがあって、名刀と呼ばれるものは、
折れず、曲がらず、研ぎながら何万回も使えるというものもある。
但し、こんなのは名刀のごく一部に過ぎないので100人斬っても大丈夫という表現は良くない。


6: ミラ(茸):2012/05/23(水) 10:48:10.15 ID:AdPzlqPKP

他人に武士ならば自分でケジメをつけろとか言うとき使う


7: アクルックス(福岡県):2012/05/23(水) 10:48:16.99 ID:BqkqsE4s0

でも刀自体が槍の予備みたいなもんだろ?
予備の予備ってなんか間違ってね?


15: ニュートラル・シート磁気圏尾部(dion軍):2012/05/23(水) 10:53:54.26 ID:TWwerSww0

>>7
朝鮮出兵の向こうの記録でサムライの刀相手に槍なんて糞の役にも立たない
侍マジこええって言ってたからある程度熟達するとけっこう使えたんだろう


10: フォーマルハウト(福岡県):2012/05/23(水) 10:50:57.45 ID:dGYdbqkb0

江戸時代、武士は道を歩いていて急に料理したりすることがよくあった


11: ミラ(チベット自治区):2012/05/23(水) 10:51:39.12 ID:mqXTx9XRP

アタマ剃るのに使うんだろ


12: 海王星(チベット自治区):2012/05/23(水) 10:52:52.02 ID:eo/PA5Vf0

投げつける


13: エンケラドゥス(チベット自治区):2012/05/23(水) 10:53:31.99 ID:fkm9tfSL0

脇差は、倒した相手の首をチョン切るためのものだよ、JK

それを手柄にしていた頃の名残で、江戸時代ではファッションになっただけ


17: テンペル・タットル彗星(長野県):2012/05/23(水) 10:55:07.64 ID:wU2faaRf0

最初は実用性とか考えてたんだろうけど
江戸で泰平の世になってからは、作法みたいな感覚で二本差してたんじゃねえの
ネクタイみたいなもん


20: アリエル(神奈川県):2012/05/23(水) 10:56:47.71 ID:/sIsicpv0

花の慶次で鉈みたいな脇差出てきたときは笑った


47: ニュートラル・シート磁気圏尾部(dion軍):2012/05/23(水) 11:11:21.87 ID:TWwerSww0

>>20
鎧通しっつってああいうのはほんとにある


53: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:15:08.08 ID:Q1Q5pG110

>>47
鎧通しは脇差以上に短い短刀だよ。組討に使うから短くないと使いづらいし。

53_1
 

53_2
 

53_3
 


22: エウロパ(静岡県):2012/05/23(水) 10:57:55.40 ID:EgT6O6uV0

武家諸法度で2本差しに決められただけ


23: ガニメデ(神奈川県):2012/05/23(水) 10:58:05.20 ID:D9Eu1Dru0

俺の脇差が錆びている。


24: 海王星(広島県):2012/05/23(水) 10:58:17.56 ID:9rXoTPTk0

脇差しは韓国起源

24_1
 


28: 水メーザー天体(徳島県):2012/05/23(水) 10:59:30.65 ID:97pulLN50

>>24
ワロタ、どういう状況の絵だよ


37: ベスタ(禿):2012/05/23(水) 11:03:35.65 ID:JWzk4KeV0

>>28
体温はかってるんだよ


35: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:02:57.31 ID:Q1Q5pG110

>>24


  ルイス・フロイス「日本史」  
  ・朝鮮人は頭上に振りかざされる日本人の太刀の威力に対抗できず、ついに征服された。  
   
  ・日本軍は極めて計画的に行動し、鉄砲に加え、太刀の威力をもって散々に襲撃したので、  
  朝鮮軍は戦場を放棄し、足を翼のようにして先を争って遁走した。  
   
  →→・(朝鮮人の)その他の武器には威力がなく、特に刀剣は短く、たいして役立たない。  


41: カストル(内モンゴル自治区):2012/05/23(水) 11:05:00.74 ID:t9CVImHhO

>>24
いろいろとおかしいな


50: 宇宙定数(和歌山県):2012/05/23(水) 11:13:22.06 ID:aGQsjAUs0

>>24
シュールすなあ


91: エリス(福岡県):2012/05/23(水) 11:53:14.26 ID:WhgO3wdv0

>>24
これは自身で刀を抜くことが出来ない事がキモですよ。


92: ブレーンワールド(チベット自治区):2012/05/23(水) 11:53:25.28 ID:qQn1HpzL0

>>24
脇に挟んでるから脇差かw


105: アンタレス(滋賀県):2012/05/23(水) 12:14:33.99 ID:Fyp1ePPn0

>>24
どうやって抜くの?
背後から他人に使われそうなんだがw


108: 冥王星(会社):2012/05/23(水) 12:19:16.79 ID:Kw6PaAHG0

>>105
武官の朝鮮王宮内での格好なんでね。簡単に抜けさせないようにって感じで。


219: ミラ(京都府):2012/05/24(木) 00:01:52.72 ID:6KyRlI1S0

>>24
確かこれって
朝鮮人の貴族か王族が日本の脇差し手に入れて
「脇=刀の横にさすサブウエポン的なもの」
と言う解釈が分からず、
ホントに脇の下に前後逆に差してドヤ顔で写真まで撮っちゃった。
という彼にとっては黒歴史写真なんだよなw


221: 天王星(愛知県):2012/05/24(木) 00:20:09.81 ID:2CwEUkOc0

>>219
これ脇差じゃなくて儀仗じゃないの?
飾り立てられてるし。


224: ミラ(京都府):2012/05/24(木) 00:43:36.56 ID:6KyRlI1S0

>>221
いやたぶんフサフサとか付けて
飾り立ててるのは向こうの貴族が
自分で付けたものなんじゃないかな。


225: エンケラドゥス(兵庫県):2012/05/24(木) 01:01:19.71 ID:nYKjzvqa0

>>224
体温計だろ、JK


25: タイタン(WiMAX):2012/05/23(水) 10:58:20.11 ID:fwDtIpdR0

すぐ切れなくなるから、七人の侍では、地面に何本も突き刺しておいて
切っては次々刀変えていったな。


26: レグルス(関西・東海):2012/05/23(水) 10:58:23.89 ID:eOy3xesfO

サブウェポンの携帯は現代の軍人もやってるだろ


33: 冥王星(会社):2012/05/23(水) 11:02:06.82 ID:Kw6PaAHG0

>>26
士卒関係なくこの場合、メインウェポンは長槍か弓か火縄銃なんで
サブは大刀ということになるんじゃないかと。


29: レグルス(SB-iPhone):2012/05/23(水) 11:00:17.26 ID:N22dJQu/i

そういや業物の基準ってなんなんだ?
刀匠できまるのか?
外国人に聞かれて答えられなかったわ


40: 冥王星(会社):2012/05/23(水) 11:04:53.33 ID:Kw6PaAHG0

>>29
数打ちじゃない刀匠が叩いた刀剣の類じゃね。
数打ちかどうかは素材の選定とかも加味されそうなんで。


30: アクルックス(神奈川県):2012/05/23(水) 11:00:31.96 ID:Vq7vkqsZ0

じゃライフル持ってたら拳銃はいらないってことになる


34: ボイド(東京都):2012/05/23(水) 11:02:40.21 ID:GiqVgVLk0

脇差はえんぴつ削り用


36: 赤色矮星(宮城県):2012/05/23(水) 11:03:14.94 ID:yZsHYg4D0

戦国時代までは太刀でも刀でも槍でも自由だったが
江戸幕府に大小の脇差をすることに決められたんだよ


42: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:05:07.05 ID:Q1Q5pG110

>>36
逆に戦国時代までは武士に限らず二本差しだったようだがなあ。

ヴァリニャーノ『東インド巡察記』
「第十五章 日本のレジデンシアについて」

・若者であれ老人であれ、あるいはどのような地位の金持ちであれ貧乏人であれ、
一五歳をすぎると誰もが年がら年中、刀と脇差を帯にはさんで携行している。


38: ハレー彗星(関東地方):2012/05/23(水) 11:04:08.45 ID:Oig59nlIO

戦闘以外の実用は脇差し
因みに屋内等の狭いところでの戦闘も主役は脇差し
実は刀が飾りなのだよ


39: 海王星(チベット自治区):2012/05/23(水) 11:04:18.34 ID:eo/PA5Vf0

現実的に髭剃ったり
ハム焼いて食ったりじゃない?


46: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:11:16.78 ID:Q1Q5pG110

日本刀がすぐ切れなくなるってのも粗悪な軍刀を一回使っただけの人が
その体験を基準に考え出したことみたいだからね。

http://www.geocities.jp/yu77799/nihontou.html
> 「日本刀三人限界説」が初めて登場するのは、山本七平氏『私の中の日本軍』の中でのことでした。そして、ネットなどでの議論を見る限り、
事実上、「限界説」のエッセンスはこの本ですべて出尽くしていると思われます。

>さて、氏はいきなり「日本刀で五人は斬れない」という「結論」から始めています(この段階では、まだ「三人限界説」は登場しません)。
「なぜそういえるか」と言えば、氏自身が「斬った」体験があるからだそうです。

> しかしこの「体験」、「後述するように、私の体験では「三人」は到底無理で、 従ってこれは「最大限三人」と解すべきであろう」(P73)、
「というのは、前述のように、私は軍刀を使用して人体を切断した経験がある」(P83)などと、何度も読者に「期待」を
持たせる表現が出てきますが、いくら読み進んでも、肝心の「体験」そのものは一向に 登場しません。登場するのは、何と、
上の文章から80ページもあとになってのことでした。

> 要約すれば、氏の「体験談」なるものは、遺体の手首を斬ろうとしたが失敗した。 改めて試みて、ようやく足を切断することができた。
その時、「何か鍔(つば)や柄が ガタガタするような妙な感じがあった」。それだけです。「予告」の表現から「三人」なり
「四、五人」なりを「切り損なった」話を期待していた読者は、ここで肩透かしを 食らわせられます 。もっとも、ここまで「後回し」になっていると、
もう誰も「期待」自体を 覚えていないかもしれませんが。


> ではなぜ山本氏の刀は、遺体の手首を斬る、という程度のこともできなかったのか。 種明かしをしますと、山本氏の持っていたのは、真正の「日本刀」ではなく、
大量生産の粗悪品「昭和刀」であった、というのがその理由であったようです。

>こんな「粗悪な」刀を使っての自分の「体験談」をもとに、「日本刀3人限界説」を打ち出しても、説得力は皆無でしょう。


56: ニュートラル・シート磁気圏尾部(dion軍):2012/05/23(水) 11:15:29.98 ID:TWwerSww0

>>46
江戸時代の刀剣マニアの侍が下手くそが試し切りすると名刀を台無しにするなんて
言ってるしダメな刀の上に下手くそだったんだろうな


58: 亜鈴状星雲(大阪府):2012/05/23(水) 11:16:48.58 ID:TS6k0rbi0

>>46
まーしかし軍事レベルの実戦考えるなら、全員名刀装備とか効率悪すぎるし
「粗悪な軍刀」前提で考えるほうが合理的じゃない


64: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:20:05.34 ID:Q1Q5pG110

>>58
近代戦ともなればね。
でも量産品の粗悪軍刀よりは末古刀期の数打ちの方がはるかにマシだろう。


48: レア(三重県):2012/05/23(水) 11:11:41.07 ID:VhprRflZ0

忍者が夜討する時は刀二本を差して、脇差は持って行かなかった
刀が折れた時、脇差しか無いんじゃ不利だからな


49: タイタン(関東・甲信越):2012/05/23(水) 11:11:48.21 ID:QbqLy18nO

サイドアームって奴だよ


52: エウロパ(静岡県):2012/05/23(水) 11:14:28.47 ID:EgT6O6uV0

武士以外に2本差しが許されなくなった、ってのが正しいわな
そのせいかしらんが長脇差なんて妙なモノが出来上がるわけだが


54: ミザール(徳島県):2012/05/23(水) 11:15:10.66 ID:PiNi+vM/0

油で切れにくくなるのは確かだろうが
切れないわけじゃないだろ

肉切り包丁で料理した事あるなら分かるだろ


64: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:20:05.34 ID:Q1Q5pG110

>>54
手先の力で作業する包丁とナタのように力いっぱい振るう刀を一緒にできるのかどうか。


66: ミザール(徳島県):2012/05/23(水) 11:22:57.94 ID:PiNi+vM/0

>>64
日本刀は包丁の使い方に近いだろ
ナタみたいに使うのはロングソードだと思う


77: 水メーザー天体(徳島県):2012/05/23(水) 11:38:01.37 ID:97pulLN50

>>66
日本刀を一般人が片手で使ったとは思えないんだけどねぇ。無銘の刀、当然切れないように
されてる物を持ったことあったけど、結構重かったよ。ありゃぁ、鍛えてない人なら片手で
振り回せるようなもんじゃないべ


80: ベテルギウス(東京都):2012/05/23(水) 11:40:04.12 ID:Q1Q5pG110

>>77
戦国時代には「片手打ち」という軽くて片手持ちしやすい刀が流行ったけど。
あと一般人も両刀差しした時代だから刀の扱いに関しては
今の一般市民とはかなり異なるわな。


71: ニュートラル・シート磁気圏尾部(dion軍):2012/05/23(水) 11:32:36.28 ID:TWwerSww0

>>64
江戸の間は美術的価値よりやっぱり切れ味命だったみたいよ
だからこそ各大名がこぞって山田浅右衛門に試し切りを頼みに行ったりしてたんだし


55: ケレス(大阪府):2012/05/23(水) 11:15:18.68 ID:JaeRGtPS0

りんごの皮を向くのに必要だろ


57: ジュノー(西日本):2012/05/23(水) 11:16:33.77 ID:q9wZ1odv0

生か死かってことだよ


59: ダイモス(滋賀県):2012/05/23(水) 11:17:20.14 ID:V6QSSZ300

マスターキートンに書いてあったろ
接近戦だったらナイフ最強だって。


60: タイタン(熊本県):2012/05/23(水) 11:17:39.49 ID:vhPjXj1h0

脇差は今で今でいうハンドガンだろ。 
FPSでもハンドガン使う場面覆多いじゃないですか。


63: 亜鈴状星雲(大阪府):2012/05/23(水) 11:19:40.05 ID:TS6k0rbi0

>>60
FPSだと弾がもったいない時使うもんじゃねw
弾薬無限だったりする事も多いしww


190: アークトゥルス(愛知県):2012/05/23(水) 18:14:17.60 ID:3VNVY9F90

>>63
FPSは弾切れ→ハンドガン
音を立てたくない→ナイフだろ いもってんじゃねーよ


65: キャッツアイ星雲(やわらか銀行):2012/05/23(水) 11:21:17.12 ID:oUVpcovq0

雰囲気だろ
一本より二本もっているほうがつよそう


67: ミラ(茸):2012/05/23(水) 11:24:48.71 ID:AdPzlqPKP

ファッション


75: ポルックス(東京都):2012/05/23(水) 11:36:33.13 ID:YPoVZ3LE0

死合中にメインが折れたら使う
脇差のお陰で助かったケースは随分多かったんじゃないか?


83: ポルックス(東京都):2012/05/23(水) 11:44:13.96 ID:YPoVZ3LE0

二刀流なんて誰でも考えそうな事を初めてやったのが宮本武蔵
だからな
鍛えたり技術がないとできない事なんだよ


85: 熱的死(新疆ウイグル自治区):2012/05/23(水) 11:49:33.38 ID:cC/fiq9i0

>>83
剣道やったことあるならわかるんだけど
二刀流は相当に難しい
攻めと受けの意識が左右の手で分散されちゃうんだよね
常にコンビネーションで考えないといけない

一本のほうが集中できてはるかに楽


177: デネブ・カイトス(内モンゴル自治区):2012/05/23(水) 15:31:50.78 ID:Nm4gKWHUO

>>85
それは剣道自体に欠陥があるからだろ。

あんな的当てゲームで、触れれば切れる二刀流を再現できるわけがない。

まして長短刀のみに限定されてればなおさら。
剣道は武道的にも格闘技的にもレベルが低い


179: 地球(関東・東海):2012/05/23(水) 15:33:25.70 ID:/OmJEdFc0

>>177
防具くさいしな
修羅みたいなイケメンいないし


86: 冥王星(会社):2012/05/23(水) 11:49:36.90 ID:Kw6PaAHG0

>>83
ちょっと意味合いが違う。流派として二刀を同時に使うことも念頭に入れたってだけかと。
武蔵も一刀が基ってニュアンスのことを言ってるし。


90: 子持ち銀河(岐阜県):2012/05/23(水) 11:52:49.82 ID:YOOAqMSa0

切腹用だって聞いたけどホントなのか?


118: ハレー彗星(福岡県):2012/05/23(水) 12:32:34.65 ID:ebi5I3IW0

>>90
屋内用とは聞いたことアル


93: デネブ・カイトス(関東・甲信越):2012/05/23(水) 11:53:34.05 ID:Altb+taDO

宮本武蔵は刀は本来片手で使うものだと言ってるよね
二刀を使うのは普段から片手持ちに慣れるため
足場が悪い場所や戦場で走りながら戦うときなどは刀は片手で使う
あと両手持ちしかできない者は片手を怪我したらそれだけで戦闘不能


125: 熱的死(新疆ウイグル自治区):2012/05/23(水) 12:50:39.46 ID:cC/fiq9i0

>>93
武蔵はいかにして勝利するか(生き残るか)を一生考え続けた男
だから剣術とはちょっとステージが違うんだよな

逃げるのも名前だけで威圧するのも人質も罠も不意打ちも
なんでも勝てばオッケー
正々堂々とか馬鹿じゃね?wって人だから


126: ミラ(dion軍):2012/05/23(水) 12:54:29.30 ID:Z2rrZ6ANP

>>125
それで良いんだよ。今みたいな現代のスポーツじゃないんだから。
武蔵を狙うヤツらだって、武蔵が年老いてから狙いまくってたんだから。
ピーク過ぎた爺さんを殺しても「あの武蔵に勝った」と言える。
そんな時代なんだよ。


94: エッジワース・カイパーベルト天体(やわらか銀行):2012/05/23(水) 11:55:09.04 ID:c+YoHrkV0

こんな狭いとこで、そんな風に刀使っちゃダメだよ


96: ミランダ(埼玉県):2012/05/23(水) 11:56:23.36 ID:TvC1vj//0

脇差は腹を切るためじゃないの?


97: ポルックス(東京都):2012/05/23(水) 11:58:04.13 ID:YPoVZ3LE0

よく時代劇とか漫画でつばぜり合いの時相手の脇差抜いて
そのままズブリとやられるパターンあるよね
最近もあずみで読んだ


98: 赤色矮星(山形県):2012/05/23(水) 12:02:30.93 ID:4BpfcuFR0

>>97
バガボンドでも武蔵がやってたな


115: ポルックス(関東・甲信越):2012/05/23(水) 12:30:18.97 ID:3y5322FwO

室内や竹林など狭い場所での闘いに備えて脇差しを差す。


120: ハッブル・ディープ・フィールド(チベット自治区):2012/05/23(水) 12:33:29.73 ID:Jsxgz4Nc0

天井が低い狭い室内とかじゃ太刀は振り回せないんだろな。


128: ボイド(長屋):2012/05/23(水) 12:59:10.55 ID:tuucBR0r0

>>1
太刀と刀は別のものじゃね?


129: アクルックス(SB-iPhone):2012/05/23(水) 13:03:34.07 ID:eJ1YQGqAi

馬鹿野郎!!
アジを開くとき、どうすんだよ!!


130: カペラ(愛媛県):2012/05/23(水) 13:03:38.74 ID:MhpAcQGi0

脇差しだけはちゃんと研いでおけよ
腹切る時に死ぬほど苦しむハメになるぞ


131: ボイド(長屋):2012/05/23(水) 13:06:39.49 ID:tuucBR0r0

>>130
腕の良い御家人に介錯頼みますんで心配いらねッス


133: 熱的死(SB-iPhone):2012/05/23(水) 13:07:18.30 ID:CbxDsdjDi

>>130
居合道二段の俺が介錯引き受けるから安心しろ。


167: ソンブレロ銀河(愛知県):2012/05/23(水) 15:16:54.63 ID:qWHIKvU80

>>130
切腹用ではなく、襲撃されたときに即座に反撃するためのもの。
脇差抜かずに暴漢に殺されると恥晒しとしてお家断絶だよ。


137: シリウス(四国地方):2012/05/23(水) 13:18:33.91 ID:Busbe90Z0

相手がこっちの脇差を利用するなんて手を打つ以上に
自分の獲物が失われたときに使うやろ


139: ジュノー(愛媛県):2012/05/23(水) 14:00:45.97 ID:fsGrPxECP

むしろ脇差だけでいいだろ


140: エウロパ(東京都):2012/05/23(水) 14:03:49.06 ID:LcTPaXnE0

脇差は近接戦闘用だろう。狭い路地などでは長刀は不便。


151: オリオン大星雲(関東・甲信越):2012/05/23(水) 14:34:08.41 ID:WvlQbOvjO

肉屋は知らんけど寿司はいちいち拭いてるじゃん


156: タイタン(チベット自治区):2012/05/23(水) 14:53:43.64 ID:3/y+A4s70

もっと刺す事に特化したようなのにすればいいのにな


157: ジュノー(西日本):2012/05/23(水) 14:58:46.72 ID:q9wZ1odv0

>>156
西洋のやつは刺す方に特化してる


159: ポルックス(関東・甲信越):2012/05/23(水) 15:04:05.40 ID:3y5322FwO

>>157
まあ日本刀も突きで止めをさすけどな。
戦場で鎧武者相手に斬り殺すのは難しい。


189: ミラ(dion軍):2012/05/23(水) 18:10:09.13 ID:Z2rrZ6ANP

>>159
斉藤一乙


161: ジュノー(宮城県):2012/05/23(水) 15:08:50.35 ID:HwZGis1q0

>>156
日本は手柄を証明するために首持ってかにゃならんもの


262: 熱的死(兵庫県):2012/05/24(木) 15:49:32.55 ID:iWa5DrFj0

>>161
それを最初にやったのは秦の商鞅
首級という言葉はそれから来ている


163: プロキオン(関東・甲信越):2012/05/23(水) 15:10:38.38 ID:jig43m8NO

>>156
幕末期に刺突に特化した反りの無い直刀が一瞬だけ流行った
けど実際は使い物にらななくて直ぐに廃れたらしい


202: 火星(京都府):2012/05/23(水) 20:10:02.06 ID:wfttMgza0

>>156
兵器や戦争の歴史の中で、シトツが流行ったり、ザンゲキが流行ったりしたから
色々あるんだよ。そもそも戦争の場合は、槍でシトツが多いのは知ってるだろうが
乱戦になれば、突付いてられない。槍は懐に入られると、死角になるからな。


158: ニート彗星(やわらか銀行):2012/05/23(水) 15:02:51.67 ID:yIA3wYCQ0

懐刀ももってるけどね!


162: バン・アレン帯(やわらか銀行):2012/05/23(水) 15:09:00.57 ID:MTh57Pkc0

戦争中などの非常時じゃない限り、太刀は入城時に預けてた
脇差は、城内で複数に襲われる事もあるので二刀流するために二本持ってたんだろう
正式な切腹は、城が用意したものを使うはず


169: ジャコビニ・チンナー彗星(家):2012/05/23(水) 15:21:35.32 ID:PTEQokzc0

単純に1本より2本のがよくね?


171: 子持ち銀河(福岡県):2012/05/23(水) 15:22:56.67 ID:LZwMMDW80

見た目とか腰に差したときのバランスとるためじゃねぇの


173: ジュノー(宮城県):2012/05/23(水) 15:25:46.31 ID:HwZGis1q0

>>171
ばっか。そしたら反対側にもう一本差したほうがカッコイイしバランスも取れるだろ?


180: 青色超巨星(関西・北陸):2012/05/23(水) 15:34:30.70 ID:pIoLteuiO

脇差しを投げて相手が怯んだ隙に太刀で止めを差す
逆も可


181: ヒドラ(西日本):2012/05/23(水) 16:16:52.86 ID:lzSIVdgH0

今やってる平清盛じゃ直刀みたいだけど、いつから反りが着く様になったの?


188: 宇宙の晴れ上がり(関東地方):2012/05/23(水) 18:08:40.05 ID:2EGybztAO

>>181
今昔物語(平安時代末期に書かれたと思われる本)に
『新刀』って表現があって、コレが反りのある刀を指してると思われる。
とすると、平安時代後半からボチボチ広まり出したってコトになる。
(平安時代は刀の資料が極端に少ない時代で、日本刀の歴史を研究する上で大きな障害になっている)
但し鎌倉時代中盤まで、武士は日常のチョットした外出時でも、
護身武器は刀より小さめの弓を好んで持ち歩いたらしいから、
(ソースは海音寺潮五郎の『蒙古来襲』
上記の今昔物語も、新刀と携帯弓を交換した武士が、その場で弓で脅されて奥さんをレイプされるって話)
武士なら誰でも反りのある『新刀』を持っている時代になるのは、
鎌倉後期から室町時代ぐらいだと思われる。


191: はくちょう座X-1(SB-iPhone):2012/05/23(水) 18:24:58.18 ID:5zf6J2HBi

>>188
なるほど、勉強になるな…


198: 天王星(東京都):2012/05/23(水) 20:06:35.16 ID:zYesXMFf0

>>191
ドラマの清盛は大陸の剣を差してるだけ。
あの時代はとっくに太刀が普及してるよ。
反りがつくのは平安中期から。

http://www.touken.or.jp/syurui/tokucho.html
日本刀が直刀から湾刀(わんとう)へ移行したのは平安中期以降と考えられ、
一般的に10世紀前半の平将門と藤原純友の乱(承平・天慶の乱)以降と
みられています。


197: ソンブレロ銀河(愛知県):2012/05/23(水) 19:58:52.25 ID:qWHIKvU80

>>188
平安時代からNTRかよ


183: ガニメデ(熊本県):2012/05/23(水) 16:23:54.73 ID:BeFaWqso0

至近距離で殺傷するなら短刀の方が扱いやすい
刀が折れた時の予備としても使えるし


185: 熱的死(奈良県):2012/05/23(水) 16:50:48.92 ID:32gahduc0

中村主水は相手が刀抜こうとしてる時に、手で抑えて相手の脇差しでブスリと刺してたな


194: ジュノー(やわらか銀行):2012/05/23(水) 18:37:46.39 ID:klyJf9w9P

2本ないと二刀流できないじゃん


195: スピカ(やわらか銀行):2012/05/23(水) 18:41:13.83 ID:7weLwQ0Z0

メイン:アサルトライフル
サブ:ハンドガン

って感じか?


196: 天王星(東京都):2012/05/23(水) 19:34:19.08 ID:zYesXMFf0

>>195
刀と脇差の間にそこまで差はないぞ。
無理に現代兵器に当てはめることも無いだろうと思うが。


200: ヒドラ(西日本):2012/05/23(水) 20:08:19.20 ID:lzSIVdgH0

助さん格さんが持ってるのや、仁先生が貰ったのも脇差でよいの?


201: 大マゼラン雲(関東・甲信越):2012/05/23(水) 20:09:17.57 ID:TjVZ2PzuO

日本の戦では槍と弓がメインだったろ
刀なんて飾りかサブウエポン


204: 天王星(東京都):2012/05/23(水) 20:23:26.39 ID:zYesXMFf0

>>201
サブというより肉薄されて槍が役に立たず
使い物にならなくなる乱戦のときの武器。


205: ベスタ(東京都):2012/05/23(水) 20:30:33.03 ID:P1c+4Dvy0

俺は携帯が手元に無いと不安になるけど、
昔の人はそれが刀だったんだろう。


207: エリス(山口県):2012/05/23(水) 21:06:24.34 ID:RIUlQ1ns0

江戸っ子は二本差しが怖くて目刺しが食えるかとか
二本差しの事を赤鰯とか
刀=鰯の表現多いね

実際、錆びた二本差しが多かったのかな(つまり飾り同様)


243: キャッツアイ星雲(東京都):2012/05/24(木) 12:26:57.09 ID:KeWnvTwk0

>>207
重いから中身を竹光にしていた人も多くいた


208: 天王星(東京都):2012/05/23(水) 21:18:14.72 ID:zYesXMFf0

戦国時代の二本差しは意味が全く違うがね。

フロイス「日本史」
 日本では、今日までの習慣として、農民を初めとしてすべての者が、
ある年齢に達すると、大刀(エスパーダ)と小刀(アガダ)を帯びることになっており、
彼らはこれを刀と脇差と呼んでいる。彼らは、不断の果てしない戦争と反乱の
中に生きる者のように、種々の武器を所有することを、すこぶる重んじている


211: ソンブレロ銀河(愛知県):2012/05/23(水) 21:21:27.94 ID:qWHIKvU80

>>208
それを改め兵農分離を推し進めたのが秀吉の刀狩だからね。
とはいえ、武装解除というには程遠く、
百姓・町人でも遠出をするときは脇差を一本差すのが普通。
明治時代になっておおっぴらに刀は差さなくなったものの、武器はそのまま保有され続け、
結局、本格的に庶民が武装解除されたのは戦後の銃刀法による。


212: 天王星(東京都):2012/05/23(水) 21:31:33.27 ID:zYesXMFf0

>>211
秀吉の刀狩りは武装禁止ではなく農民層の軍縮というレベルみたいだね。


209: カロン(北海道):2012/05/23(水) 21:19:52.13 ID:EpTDHO780

昔の武士に聞かないとわかるわけねーだろアホなの


223: ブレーンワールド(やわらか銀行):2012/05/24(木) 00:42:14.61 ID:SZsIFs0V0

2本のがバランスがいいってだけだろ。


229: 百武彗星(大阪府):2012/05/24(木) 03:53:47.39 ID:IUSfdrn60

西洋もでっかい剣で甲冑叩き割ってから
とどめ刺すために短剣持ってるんだけどな
実際には甲冑着けた奴と戦う機会なんて無かったらしいけど
相手転ばして馬乗りになって短剣で殺すってのは常套だったとか


231: 亜鈴状星雲(東京都):2012/05/24(木) 08:38:58.65 ID:68GKJgYW0

>>229
なんで戦う機会がないんですか?


236: 百武彗星(大阪府):2012/05/24(木) 10:14:11.45 ID:IUSfdrn60

>>231
実際の戦争の時は、甲冑つけてる人は前に出てこない偉い人だったり
甲冑つけてる人は門を守ってる人だったって話を聞いた
馬に乗って前に出る人も居ただろうけど、それは槍を持った人が担当してたとか
関係ないけど、古美術商の親戚に甲冑着させてもらった事がある
一人じゃ立てんわ色んなとこ挟むわで、大変な思いをした
嬉しかったけど


230: デネボラ(SB-iPhone):2012/05/24(木) 06:20:11.52 ID:b/Df2rrpi

刀の性能どうでもよくね?人斬りたいの?


250: ウォルフ・ライエ星(九州地方):2012/05/24(木) 14:29:44.24 ID:0ePJhwSFO

予備つっても刀抜く機会自体が殆どなくなったのに二本差しに何の実用性があるんだという話
形式的な精神根性論が罷り通って合理判断が異端になるジャップらしさが出てる


260: ネレイド(東京都):2012/05/24(木) 15:33:03.05 ID:X/C/OSxj0

>>250
ネクタイ


264: 宇宙定数(愛知県):2012/05/24(木) 15:52:58.06 ID:sof918dU0

>>250
拙者は侍なんだぞー偉いんだぞーという権威付け
封建社会では身分差を日頃から明確に印象付けておかないと覆される


252: タイタン(家):2012/05/24(木) 14:40:55.05 ID:yrwUV03X0

せめて左右に一本ずつにしてほしい
片側に二本だと背骨が曲がりそうで嫌だ


253: 冥王星(会社):2012/05/24(木) 14:47:44.00 ID:620aL/K20

>>252
そういう時は右に腰兵糧3日分をw


263: プランク定数(東日本):2012/05/24(木) 15:51:04.48 ID:pO8NmAHF0

室内では小太刀のが有利ってたそがれ清兵衛で言ってた


268: 青色超巨星(関東地方):2012/05/24(木) 17:12:24.05 ID:4lg2BA4dO

脇差は接近戦と自殺用だろ
太刀じゃある程度距離が無いと戦えないし


272: プレアデス星団(東京都):2012/05/24(木) 18:21:44.41 ID:t+J18afL0

新撰組は「長脇差」と称して大きいのを二振り差してたね
まさに実戦の際の予備として