1:ちゅら ◆CHURa3Ewlc @ちゅら猫φ ★:2012/06/20(水) 04:31:26.77 ID:???0

鎌倉時代の元寇で沈んだとみられる船が原型をとどめた形で見つかった
長崎県松浦市の鷹島沖で、船の全容解明に向けた発掘調査が始まりました。

この発掘調査は、長崎県松浦市と琉球大学の調査チームが、18日から鷹島沖の海底で始めました。

鷹島沖の海底では去年10月、700年あまり前の鎌倉時代の元寇で沈んだとみられ
る船の一部が原型をとどめた形で見つかり、ことし3月、海底の遺跡としては全国で初めて
国の史跡に指定されました。

これまでの調査では、船底の背骨にあたるキールと呼ばれる部材の一部やその両側に並んだ
長さ1メートルから10メートルの板などが見つかっています。

今回の発掘調査で調査チームはキールの全長などを調べ、船の大きさや構造を推定するなど
全容の解明を進めることにしています。

調査チームに参加している琉球大学の池田榮史教授は「発掘調査によって情報を集め、
船の全体像を把握したい」と話しています。
発掘調査は今月28日まで続けられ、ことし10月にも再び行われる予定です。

※リンク先に動画あり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120618/k10015912491000.html



元スレッドタイトル: 【長崎】元寇で沈んだとみられる船が原型をとどめた形で見つかる 発掘調査開始
元スレッドURL: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340134286/

5:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:34:20.06 ID:7H7C/7V90

タイタニックとどっちが古いんだ?


6:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:34:52.72 ID:gofpFklM0

>>5
どう考えてもタイタニックのほうが新しだろwwwwww


69:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:43:17.67 ID:jefR7IMr0

>>5
その発想は新しいなw


306:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:34:10.35 ID:vC3v5J7Z0

>>5
あまりに普通に聞くから一瞬考えちまったわ


7:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:35:32.89 ID:zjZZfU7m0

鎌倉武士最強


9:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:35:59.21 ID:hFuSXxDk0

おお。楽しみだな


12:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:37:10.27 ID:amPmpw7P0

前テレビでやってた奴か?


16:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:41:42.09 ID:Ve58tjqv0

前も同じニュース無かったっけ?って思ったらこれは調査開始のニュースか


27:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:51:13.93 ID:/Hjpa3FX0

当時の武人達は戦の前に名乗りをあげるのが常だったらしい
モンゴル人にはそんな習慣がないから、名乗らずサクッと敵将を殺して効率よ勢力を伸ばした
習慣の違いって怖いね


77:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:50:28.45 ID:GGqPkxIu0

>>27
それって
「お前どこ中?俺○中、○○先輩しってるだろ」
に通じるものか?


96:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:10:15.26 ID:GLcM6dj90

>>27
それは俗説で、実際はかなり柔軟に対応してたみたいだけどね。
名乗りが通じない、というのは本当の最初だけで、当日の午後には
既に元軍に合わせた戦い方になっていたとか。
元軍が得意とする騎馬戦術を抑えるために足場の悪い場所に誘導したりもしたらしい。


176:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:50:09.88 ID:yBARZ9jr0

>>27
名乗り合いは味方同士でしてた、お互いの勲功の承認としてね


28:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 04:52:03.44 ID:SkE/xf/O0

中々面白い船みたいだな。
征服した金の戦奴を大量輸送するための船だとか。


34:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:03:47.03 ID:UpOFYhzjP

元は日本との戦い以外で決定的な敗北をしたことはあるの?


36:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:06:07.55 ID:zjZZfU7m0

>>34
西のマムルーク 東の鎌倉武士が当時の最強軍団


37:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:16:06.22 ID:COMBUntN0

>>34
ベトナムでも負けてる。
というか海とか深い森みたいな騎馬兵の機動力が使えない所では蒙古兵は弱い。
そういえばアメリカもベトナムの森に困って枯葉剤を撒いたりしてるな。


48:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:45:03.30 ID:NgtjNw9w0

>>37
そりゃそうだ罠。
確かホーチミンの博物館で元との戦争の模型見たことがあるけど、山がちな地形で森も多いところで戦ってたわ。


43:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:36:24.58 ID:Eqj/tItP0

船って、手漕ぎなのかな。帆船?


123:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:46:29.41 ID:v/EKI0glO

>>43
帆船でしょ
強烈な南風で台風と一緒に北上したんだから


47:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:44:34.04 ID:VOaU7fKb0

この頃の戦いってめっちゃルールが多かったんだろ?

・戦う前は必ず名乗る

・大勢同士でぶつかっても基本は一対一。

・日ノ出と共に戦争開始、日が沈めば終了

・海戦では船のこぎては一般市民なので狙ってはダメ


これを全て破ったのが源義経


72:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:46:00.88 ID:n/ex4jeA0

>>47
ルールを破ったのは義経で
その後、そのルールを完全に無用の長物として廃止したのは高師直になる


824:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 15:54:01.38 ID:XeGCVp+qP

>>47
随分のんきな戦だなぁ


49:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 05:45:56.99 ID:vbLc+J0R0

なんで食われなかったんだろ?木材って海中に入れると大体3年で食い尽くされるのに。
防腐防虫剤的な物があったんだろか?


61:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:27:17.87 ID:2G15ScMT0

当時のモンゴル帝国が世界最強だったのは間違いない
モンゴル帝国の最大領域図↓ ユーラシア大陸のほとんどを制覇

61_1


モンゴルのポーランド侵攻を食い止めようと、モンゴル帝国軍を相手にしたポーランド王国、
神聖ローマ帝国、テンプル騎士団やドイツ騎士団、聖ヨハネ騎士団などのヨーロッパ連合軍は
モンゴル帝国軍に手も足もでなかった。
これが、後年ヨーロッパで恐れられ語り継がれていくワールシュタットの戦いである。


日本よく耐えたなw陸続きだったらヤバかったかも


63:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:31:29.37 ID:Ee5zfbXB0

>>61
欧州にはあまり入りこんでないんだな


70:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:43:51.90 ID:pgRYjbW90

>>61
さすがのモンゴル軍も南の山岳を超えるのはむずかしいようだったな


84:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:56:45.12 ID:35ElUthR0

>>61
ヒトラーやらポルポト・スターリンも真っ青の大虐殺王だからなー、チンギスハン。シャレになってない。
モンゴル騎馬軍団が走り去った後には文字どおりペンペン草も生えない。あの当時で数百万単位でぶち殺しまくってるんだぜ。
日本は海という防壁に騎馬軍団を有効利用できない地形ってのが幸いした。

http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_a.html


93:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:05:07.46 ID:GLcM6dj90

>>84
世界史でも東では「もくりこくり(蒙古・高麗)の鬼が来る」と記憶され、
西では「タタール(韃靼)の軛」と記憶された世界最凶の侵略軍・・・


251:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:38:17.76 ID:Nf0i4aPu0

>>61
すげーな、こんな広範囲をどうやって統治してたんだろ


287:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:08:29.26 ID:USUNB6T60

>>251
基本、小規模の軍隊は置くけど中規模以上の軍で駐屯という形は取らない
反逆したら皆殺しだけど


65:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:37:27.08 ID:bKhGZm+G0

夜襲でやられた船かな?


82:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 06:55:49.29 ID:EZoGB7CL0

なんか返せとかいってくる悪寒


91:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:02:52.44 ID:TGKRnDFMO

本当は台風でなく柿崎無双


94:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:08:47.38 ID:n2E6QEZz0

未だに神風が巻き起こったから元は負けたと思っている奴は居ないよな


104:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:17:58.78 ID:TGKRnDFMO

高校の世界史教師
「朝鮮人は元には屈しないという意志を示すため、わざと壊れやすい船を造った!」
当時から嘘くさいと思っていたが、今では嘘だと確信してる。


112:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:29:19.03 ID:9PBwSri+P

>>104
で、最終的に神風で助かったと・・・まったく無茶苦茶な話だな。ねじ曲げすぎだろ日教組ww


106:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:21:55.04 ID:NbbOKHDU0

東進の一問一答は酷い。
弘安の役は元軍が勝ったと言われていると記述している。
このような嘘で受験生を洗脳しようとしている。


108:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:25:29.21 ID:NbbOKHDU0

>>106
訂正
弘安ではなく文永でした。


113:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:29:54.34 ID:w8URUkEB0

http://blogs.yahoo.co.jp/sa341gazelle/MYBLOG/yblog.html

元寇の真実

1 :世界@名無史さん:2010/02/09(火) 00:42:31 0
一次資料


113_1
 

113_2
  

113_3
 
113_4


113_5
 

113_6
 

どう見ても武士の圧勝。
学校では蒙古の集団戦法に苦戦した鎌倉武士なんて嘘を教えてる。
例えば上にある有名な『蒙古襲来絵詞』は、「武士の集団戦法に圧倒されて逃げ惑う蒙古軍」
を描いた絵巻なんだけど、歴史教科書とかでは隊形組んで集団で突撃する武士団や、
逃げ惑う蒙古軍の部分はカットし、「蒙古軍の集団戦法に苦戦する武士」という全く
正反対の絵として載せてる。
当時の文献には、ちゃんと「蒙古軍が合戦で武士に負けた」と書いてある。

『鎌倉年代記裏書』
「十月五日、蒙古寄来、着対馬嶋、同廿四日、大宰少弐入道覚恵代藤馬允、於大宰府合戦、異賊敗北」


114:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:35:41.49 ID:UmFYb9OkP

>>113
リンク見ずに、推測だけど
たぶん戦前は真実を教えていたんじゃないかな??

でも、戦後は日本圧勝と教えると皇軍につながる、軍靴に云々・・
って現在のようになったのでは?


139:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:09:15.03 ID:GLcM6dj90

>>113
結論自体には同意なんだけど、その資料って武士側が残したもんじゃん。
そりゃ「俺らのおかげで勝った」って書くに決まってる。
そういう議論するなら、武士以外の記録、元や朝鮮の記録とも照合しないと。


165:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:40:18.00 ID:8/BUTig00

>>113
文永の役では大宰府まで撤退したんだぞ、勝てたのは赤坂の一部を死守し長期戦に持ち込めたから、
日本軍の圧勝とは程遠い。
弘安の役は確かに準備ができていたから撃退したといって良い。


170:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:43:40.69 ID:fnrzLZhA0

>>165

大宰府まで撤退したといっても、軍の中心は大宰府だからね。

焼かれた博多は商業都市であって元々軍事的に重要な拠点でもなんでもない。

しかも、九州軍の主力になるはずの菊池軍や島津軍が運の悪いことの川の氾濫に阻まれて到着できなかったこと。

要するに少弐軍と博多周辺の軍だけでモンゴル・朝鮮連合軍を撃退したとも言える。


198:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:08:12.88 ID:i+gL85pn0

>>165
モンゴル軍の兵站能力では神風吹かなくても九州占領維持出来たかどうかも怪しいけどね


209:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:14:51.46 ID:uI6mZPJ60

>>198
300年後の朝鮮征伐での日本軍の兵站維持でも当時としては驚異的だったからな
渡海遠征なんてそうそう成功するもんじゃないね


224:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:23:15.38 ID:i+gL85pn0

>>209
朝鮮征伐が失敗したのは当時の半島が秀吉の予想を超えて
貧乏だったことだからな
李朝の統治が酷すぎて生産能力が低く、物資の現地調達が出来なかったのと、
恩賞として与える土地としてもあまりに魅力が乏しかった

それでも長期にわたって遠征軍を飢えさせることなく維持したのは大したもんだけどね
明軍が略奪してもなお物資欠乏していたのとは対照的だな


201:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:10:18.10 ID:GLcM6dj90

>>165
大宰府まで撤退したのは軍事的戦略だよ。
今の博多のあたりは元軍の騎馬戦術には有利な地形。
だから守りやすい大宰府近辺で迎撃することにした。

でも結局は博多の元軍に突撃かまして勝っちゃったけどな。


215:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:17:09.99 ID:8/BUTig00

>>201
転進ね(笑笑笑)
水際で叩くのが基本中の基本、弘安の役で水城を築いたのは何でだ?


220:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:18:36.54 ID:GLcM6dj90

>>215
そりゃ上陸阻止できればそれに越したことはあるまい。
上陸されちゃった文永の役と、再来が予想されてた弘安の役じゃ前提が全く違う。


226:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:24:04.10 ID:fnrzLZhA0

>>220
実は、文永の役より断然弘安の役の時の方がやばかったんだよね。

鎌倉武士団も準備していたとはいえ、文永の役とは比べ物にならない大軍団をモンゴル軍は派遣してきた。
どこを攻められるか予想できないから守りも広範囲にならざるを得ない。
事実、松浦方面では敗退して占領を許してしまっている。
ただ、鎌倉武士がすごいと思ったのは、長門方面にまで進出したモンゴル軍を撃退した事。
よく長門方面まで守備部隊を用意していたなと感心せざるを得ない。
北九州の攻防戦ばかりがクローズアップされているが、実は日本の各沿岸都市ではちゃんと守備部隊を配置していたのかも知れないね。


240:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:32:05.88 ID:ZezIX4UaP

>>165
大宰府まで撤退したって嘘だよ
文永の役でも戦闘は赤坂より西でしか発生していない
元軍は上陸地点に釘付けにされたまま撤退に追い込まれてるわけで、
日本軍圧勝としか呼びようがない


247:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:35:56.80 ID:bT0C6HS/0

>>165
元冦の狙いは太宰府だったんだよね。
博多に上陸したのに太宰府まで辿りつけなかった。大した距離でもないのに。w


121:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:42:56.57 ID:tSU6PYvR0

800年も前の物が海の中で残ってんだなぁ


124:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:46:51.82 ID:CTnyyu6J0

このころはもう「やあやあ我こそは・・・なんて名乗りしないよね


125:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 07:49:59.54 ID:+Oa0SInG0

つか何隻見つけてんだよ……もう前のやつでナショジオで番組作ったじゃん……


132:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:01:47.58 ID:N+fd5z9GO

日本が陸続きで敵の主力がモンゴル兵だったら確実に敗退していた
幸いにも日本は島国で敵の主力が士気の低い南宋兵と粗野な朝鮮兵だからこそ危機を乗り越えた


140:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:10:13.22 ID:uI6mZPJ60

>>132
というか、陸続きなら日本がモンゴルや女真に先駆けて
中華王朝を打ち立てていた可能性も高いかもなw


144:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:13:49.83 ID:XSHMcD07O

>>140
陸続きだったら日本が大陸支配して今頃カオスな国になっていただろうな

島国で良かったw


136:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:05:18.19 ID:V/DuifMO0

当時だと木造船でしょ。よく原型残ってるな…。


143:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:13:26.81 ID:YjNESrxj0

モンゴル騎兵は草原でしか役に立たないんじゃねえか。


153:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:29:02.74 ID:4Fy31HX50

元寇の舟とみられる根拠は何でしょう?
舟は日本も作ってたはずやし。


154:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:29:45.99 ID:GLcM6dj90

>>153
様式が全然違う


156:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:32:22.09 ID:is+/+R6r0

元寇時の船って朝鮮半島で作ったヤツだよね?
設計や船大工は元から連れて来た人達だろうけど
韓国が我が国の偉大な証明として返還要求してくんじゃね?


157:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:32:28.82 ID:sIz2R5kY0

元軍弱過ぎて笑えるwww


158:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:34:07.01 ID:hFSwz/hD0

元と言っても日本に攻め込んで来た殆どは高麗兵だからなぁ~


163:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:37:46.76 ID:hFSwz/hD0

弘安の役の方は鎌倉武士団完勝と言っても良いレベル。


168:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:42:34.28 ID:uI6mZPJ60

モンゴルも結局は中国に文化侵略されて弱くなったよな
元寇のころは既に数で押すだけの腑抜けになっていて
騎馬戦闘での優位性すら残っていたか疑問なんだが


172:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 08:44:53.28 ID:XQrcHhiy0

モンゴルの怖さは兵士の強さではなく、破壊。
自分等に逆らったものは徹底的に破壊する怖さ。


199:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:09:17.61 ID:YjNESrxj0

モンゴルが強かったのは馬による機動力により、集中的に弱点を攻めることができたから。
義経の戦術にそっくり。
個々の軍隊が正面衝突すれば、ホラズムでも勝ったことがあるくらいで、無敵ではない。
そもそも、ホラズムが負けたのは、内紛のせいとも言える。

高麗も、内紛で負けたとも言える。
日本は、北条権力で内紛に近いものはあったが、鎌倉幕府の最盛期と言ってよい。
しかも、日本の森林は、情報が無ければ馬による機動力を阻む。
義経も鷲尾義久がいなければ鵯越は越えられなかった。
時宗がモンゴルの死者を切って、国内の情報漏えいを防ぎ、国内を纏めたのは誠に正解であった。

従って、日本に負ける要素は全くなかったのであり、神風が吹かずに、博多まで南路軍が上陸してきても粉砕しただろう。


200:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:10:02.01 ID:4Fy31HX50

欧米の学者によると武士の臨機応変なチームワークと日本刀の威力に恐怖したと推測していた。
鎌倉時代の刀は最強らしい。


207:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:14:16.62 ID:lX4Iyxr40

倭寇のほうが強かったんですけどね。


208:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:14:17.59 ID:KxqmLLswO

まあ同族でやりあうのはモンゴルに限らずトルコも同じだから、草原の掟なんだろうw


210:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:14:59.29 ID:bEwrzZTy0

モンゴル軍が怖くなかったら、あんな大きな壁作らないと思う>長城


213:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:16:15.74 ID:yBARZ9jr0

同族でやり合うって世界共通だろ…


217:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:18:03.35 ID:YjNESrxj0

弓の射程距離と貫通力は和弓の方が上だったんだろ。


238:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:31:34.52 ID:fnrzLZhA0

>>217
加えて、射撃技術も上だった。
弓矢の習いと言われるとおり、鎌倉武士団では全員がプロフェッショナル。
モンゴル軍が物心つくころから馬上で生活し全員が熟達した騎兵だったように、鎌倉武士団も全員がプロのロングレンジの弓隊だった。
これはモンゴル軍も予想外だった様子。
だから、副将の劉復享が狙撃され負傷し1万人以上もの損害をだしたんだよね。


223:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:22:51.79 ID:KxqmLLswO

いや、中国史を見ても元代だけ飛び抜けて皇帝一族の殺し合い多いし、
セルジュークは強大化したと聞いて十字軍が急いでやってきた頃には
アメーバ並みに分裂してるし、オスマンは兄弟皆殺しが慣例行事だぜ?
孔子に怒られるべきレベル。


237:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:30:47.46 ID:i+gL85pn0

>>223
長子相続が基本の中原の文化に対してモンゴルは分割相続・末子相続
最初から内紛の火種を抱えている


230:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:26:23.96 ID:b32MJNHn0

射程     モンゴル弓>>>>>和弓
命中力    モンゴル弓≒和弓
連射能力   モンゴル弓≧和弓
湿気対策   和弓>モンゴル弓
調達性    和弓>>>モンゴル弓
騎射     モンゴル=日本
集団戦法   初期 モンゴル>>日本 中後期 モンゴル=日本
海上戦    日本>>>モンゴル
デサイシブバトル  日本>>>モンゴル
火器     モンゴル>>>日本

普通に日本で戦う限り勝てるな。


241:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:32:40.81 ID:uI6mZPJ60

>>230
日本軍には伝統芸の夜襲もあったな


244:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:34:44.01 ID:d1yhWLrHO

>>230
弓っていうよりも矢みたいだけどな
最初の時に元軍の矢を参考にして日本も矢を改良したから
二度目の時は射程も日本が勝ってる

つか大陸は短い弓or弩で 島国は長弓って
欧州と一緒で面白いよな


232:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:26:44.94 ID:zx6Ql7AXO

まぁ 船からなんか見つかればいいな


233:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:28:08.65 ID:nlDalqrs0

19歳の執権に国の防衛指揮をさせた鎌倉幕府 よく文句が出なかったな


234:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:28:28.83 ID:cbFknEOk0

「近頃の倭寇もんは、、」


242:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:33:17.14 ID:nlDalqrs0

言葉も通じない異民族の軍に名乗りを上げるのはやっぱ非常識 おかしいとおもったら誰か止めろよ


245:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:34:46.56 ID:i+gL85pn0

>>242
あれは味方へのアピールだからな
誰が手柄立てたのか明らかにする必要があった


248:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:36:55.76 ID:fnrzLZhA0

>>242

いや、意外と効果はあったんだよ。

何か絶叫しながら1人1人が突撃してくるんだよ?
最初はモンゴル軍も笑って包囲して討ち取ってたけど、それが繰り返し繰り返し恐れもせず突撃してくるもんだから、前線の兵士は恐がって逃げ始めたという記録もある。
事実、竹崎季長のように名乗りを上げて生きて帰ってきている武士が多い。


255:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:40:05.68 ID:uI6mZPJ60

>>248
まあ、戦意を高揚させたり軍の士気を高めるのにも必要な行動だったとも思えるね


250:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:38:06.53 ID:ZezIX4UaP

>>242
当然武士も異民族の軍に名乗りを上げるなんて非常識なことはやっていない
左巻きの教師が面白半分に作り話広めてるんだよ
史料的根拠皆無のデマを学校でどうどうと教えてるのは大問題


243:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:33:51.25 ID:sGeYxBVh0

そもそも三ヶ月も海上に釘付けにされていたんだから台風もくるわな
いい加減神風とか言うのやめようよ


253:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:38:36.97 ID:QvQSYp8GO

>>243
でも二回の遠征で二回ともだぜ
醒めた目線カッコイイよりも
普通に験担ぎくらい構わないよ
物の喩えだし


265:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:45:08.36 ID:sGeYxBVh0

>>253
一回目のはそもそも帰る途中で暴風雨に会ったんでそれが原因で退却したわけじゃないよ
上陸してみたら意外と手強いのでこらいかんとすぐに撤退したわけだ
神風云々ってのは神社が宣伝しただけでしょ


271:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:52:13.70 ID:4Fy31HX50

>>265
鎌倉幕府はお金無かったのでご褒美を出せず運が良かった事にして誤魔化そうとした説。
不満が溜まり幕府は崩壊へ向かう。


274:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:53:42.34 ID:9ObxmWVg0

>>271
神社仏閣からも祈祷のおかげとして恩賞が殺到しました


276:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:55:45.83 ID:0aoDmyUi0

>>271
日本の政府はいつも金欠なんだな


297:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:18:28.31 ID:USUNB6T60

>>276
基本的に東に居る地侍は貧乏だったよ<鎌倉幕府、江戸幕府

西の朝廷、幕府はそんなでもなかったけど
平安時代、室町時代


277:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:57:09.27 ID:d1yhWLrHO

>>271
御恩と奉公がポリシーの鎌倉幕府だからな


343:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 11:10:50.81 ID:viLd28aj0

>>265
博多湾からすぐにある大宰府どころか橋頭堡すら確保出来なかったんだよな
どんだけ弱かったんだよ元軍はって話

まぁ、日本侵略を進言したのも実際に戦ったのも高麗軍だからむべなるかなwwww


254:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:39:08.66 ID:sGeYxBVh0

しかも西日本の御家人だけで撃退でしょ
鎌倉から精鋭部隊がやってくるまでもなかったんだから国難ですらないわ


268:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:48:27.43 ID:fnrzLZhA0

>>254

西日本の御家人も頑張ったよねw

俺が一番好きな話は河野水軍の単身突撃www

水軍持ってるくせに、たった船一艘で博多湾を埋め尽くすモンゴル船団に突撃して行ってさ。
真昼間に堂々と一艘だけで近づいてくるもんだから、使者と勘違いしてモンゴル軍がボーっと見てたら、突然モンゴル軍の船に乗り込んで放火して暴れ周り首を狩りまくって意気揚々と帰還w
浜で見てた鎌倉軍が大喝采だったと記録されてるが、当時の大歓声が簡単に想像できるよね。
まさにクレイジー鎌倉武士団w


279:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:58:44.78 ID:sGeYxBVh0

>>268
名こそ惜しけれってのが美学な連中だからな
お前ビビってるんじゃないのかとかそそのかしたら単騎で敵に乗り込むくらい平気でやりそうだな
ほぼ全員が長坂橋の張飛みたいなのばっかりだったんじゃないのかw


258:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:40:49.73 ID:26qNYxuc0

11月の下旬に台風が来たのか?w
日本がずっと日本であり続けたのは鎌倉武将たちのおかげだ。


263:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:44:08.78 ID:t+tT7ODZ0

調査するなら気をつけろ
てつはうの不発弾が転がってるかもしれんぞ


264:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:44:28.41 ID:QvQSYp8GO

マルコポーロの例の本には
フビライ・ハーンが日本に遠征するために兵士たちに
入念な訓練を積ませてたり色々と準備してる描写がある
まあマルコポーロは結果を見ずに帰国しちゃうけど


266:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 09:46:37.01 ID:ZezIX4UaP

文永の役でモンゴル軍と戦う鎌倉武士てこんなだよ

266_1
 

思いっきり集団戦法で戦ってるじゃん
それなのに学校では武士は名乗りを上げての一騎打ち戦法しか知らなかったとか大ウソ教えてる
酷過ぎるだろ


516:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 13:09:18.41 ID:KxwDQNub0

>>266
教科書ではその蒔絵の右半分をカットして掲載してたなw
そうか、あの絵には右半分が存在してたとは今初めて知ったw


527:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 13:14:23.32 ID:3qFZATQp0

>>516
これが全体の構図

http://record.museum.kyushu-u.ac.jp/mouko/e_04.html


300:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:22:02.11 ID:ob8yUOwnP

武士の強さは異常だったんだよ。
南米を東南アジアを制覇したスペインや、ポルトガルも諦めるぐらい。


317:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:46:02.56 ID:P9UJIUWr0

>>300
そりゃそうだ。戦国時代後期なら、ヨーロッパ本国で戦っても完敗するぐらい、
装備に差があったんあから。(動員力はほぼ10倍近い)

…ただ当時は、大軍を地球を半周する輸送力は、どこも持ってないからな。w


302:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:25:50.27 ID:TlB6mshA0

強さっていうか人口だろ
欧州の十字軍とかの国を超えた大規模遠征部隊と源氏の動員兵力がかわらないくらいんなんだし


304:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 10:27:06.98 ID:Po1Bqzu70

元寇をとどめた形で見つかるなんて‥


364:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 11:23:29.07 ID:3GxVgNSV0

これは中国が日本侵略した明確な証拠ですね


369:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 11:26:04.03 ID:TxLWbLcCP

こういうのって普通に考えれば水中だと分解が促進されそうな気がするけど
逆に水中の方が保存には適してるんだってな


373:名無しさん@13周年:2012/06/20(水) 11:29:02.13 ID:viLd28aj0

>>369
地中海でも古代ギリシャの商船が発見されたとかあるらしいし
海中はバクテリアじゃなく微生物が分解の主体だから、木は腐食し難いんだろう