takeda

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:17:28 ID:nfKUzWyA0
武将のことでも、時代背景のことでも何でもいいですので
よろしくお願います。

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:20:33 ID:vyp87jrZ0
メインウェポンは槍とか弓
刀はすぐ駄目になるしリーチ短いから使えなかったらしい

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:37:00 ID:/hAP1yHSP
>>3
メインウェポン、サブウェポンという概念はサバゲ厨が生み出したもので、
当時の日本にそういう考え方はない。

乱戦や接近戦になるとどうしても刀での勝負になるので、
弓足軽も鉄砲足軽も全員刀を装備している。
長槍を持った槍組と、手槍を持った徒歩武者は確かにいるが、
刀の装備率のほうが全体でみると高い。

引用元: 戦国時代のトリビア教えろください

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:23:30 ID:7KDbS9yU0
投石部隊は活躍する

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:23:52 ID:gKKH+Vnz0
信長に使えた黒人武将がいた
名前は「弥助」
本能寺の変後も生き延びたらしい

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:25:21 ID:DZApci6mP
じゃあ有名だが
吉岡長増の息子の嫁、妙林は策で島津軍をボコって敵将含め主立つ者数名を殺った

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:28:17 ID:+h7m4l6m0
北条と書いて「きたじょう」と読む名字の人がいた
上杉家臣の北条高広など
この北条高広は何度も謀反を起こしており
北条(ほうじょう)の下に付いていたこともあったとか

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:28:51 ID:l//uGdya0
上杉謙信は女だった

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:29:13 ID:nfKUzWyA0
>>15
マジ!?

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:31:38 ID:l//uGdya0
>>17
上杉謙信女性説のwikiがあるくらいだし見てみるといい

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:29:30 ID:II0qEiMn0
キュウリは徳川の家紋に似てるから食べちゃダメらしいよ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:30:49 ID:m4NT+OchO
最近聞いて驚いたのは
有名な武田信玄の肖像画が実は他人で、当時能登半島を治めてた畠山家の誰かということ

着物の家紋が武田のものじゃなくて畠山のものだったらしいけど、そんなことに今まで気付かないって事にも驚いたわ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:32:45 ID:cnPy4B3b0
西郷隆盛の肖像画の人は西郷隆盛じゃない
Takamori_Saigo


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:34:24 ID:nfKUzWyA0
>>23
西郷隆盛って西郷隆盛の兄の名前らしいな。
誰かが書類に間違えたからか何かで、そのまま西郷隆盛になったとか。
で、当の本人は西郷タカナガって名前だったらしい

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:38:10 ID:DZApci6mP
>>25
親父や たしか綱良が適当に登録したんだろ
あと従道も本名は隆道だけど
鹿児島弁強すぎて「リュウドウ」が役人に「ジュウドウ」に聞こえてしまってあれになったとか

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:32:47 ID:51ndWWAF0
家康は影武者だった

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:35:23 ID:/hAP1yHSP
戦場では矢で死ぬ人の数が多い……というのはちょっとした誤解。
あれは死亡者の数ではなく、傷を負った人の割合。
論功行賞を行うための負傷者の割合を示したもの。
接近戦での戦死者は全く計算されてない。

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:39:32 ID:/hAP1yHSP
戦国時代終了後、
日本人武者は外国の傭兵に雇われていた。

イギリス東インド会社の傭兵の半分はドイツ人で、
残り半分は日本人だった、と記載している人もいる。
実際アンボイナ事件でオランダに殺されたのは、
英国人船員と日本人傭兵。

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:41:05 ID:/hAP1yHSP
戦国時代、当世具足は15kg~20kgもの重量があったが、
秀吉はなんと数キロのめちゃくちゃ軽い鎧を作らせた。

革や布でそれっぽく作っているが、本当に軽い。
襲われたらあまり防御の意味がないが、
そもそも総大将が襲われる時点で負け確定なので、
秀吉の合理主義を示してもいる。

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:45:03 ID:/hAP1yHSP
火縄銃は、実は狩猟用のものが伝わったという説がある。

当時の軍用火縄銃は、肩当式や胸当て式が多いのだが、
日本の火縄銃は頬当て式。
頬当て式のほうが命中精度がよくなるので、狩猟用が多かった。

だが本来軽量で命中精度がよい頬当て式を日本人は魔改造し、
国崩しとか、撃ったあと転げて反動を逃がすという奇策を編み出し、
ほとんど大砲みたいな火縄銃を実戦で使っていた。

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:53:27 ID:L/6o/oxB0
関ヶ原の戦いの布陣を見た後世の外国の著名な軍人(名前忘れた…)は西軍が勝つと予想した

西軍は先に要地を押さえていたが連携が無く、裏切り続出だったからな

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:55:59 ID:DZApci6mP
>>33
メッケルの話はガセの可能性が高いぞ
そんくらい見た瞬間西軍勝利が明らかな布陣だったのは確かだけど
476px-Jacob_Clemens_Meckel


35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 02:56:21 ID:/hAP1yHSP
>>33
そりゃドイツ人顧問だな。
確実に押し包むような陣形の中、東軍が押し出して戦を仕掛けたので、
戦場だけみると西軍有利に見える。

しかし実際真面目に戦ったのは西軍でも一部。

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:05:41 ID:TJA7+fzH0
バイトがてらに農民が合戦に参加

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:12:08 ID:/hAP1yHSP
騎兵がいなかった、というのは完全なるデマ。

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:15:00 ID:DZApci6mP
熱いところだな 俺も騎兵はいたと思うしいてほしい 根拠は?

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:19:33 ID:/hAP1yHSP
>>38
雑兵物語(足軽の操典みたいなもん)には、きちんと
状況に応じて騎馬武者を集成運用する話が出てくる。
それに、例えば馬廻衆なんて常設の騎兵部隊なわけだが。
南部藩とかが火縄銃や槍で攻撃した後、最後に得意の南部馬にのった
騎馬武者で襲撃……という演習をやってたという話も有名。

確かに徒歩の足軽や徒歩武者が主戦力ではあるが、
これら非常に枚挙に暇がないほど騎馬兵の話が出てくるわけで。
騎兵がいない、という話こそ何を根拠にしているのか理解に苦しむ。

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:26:28 ID:DZApci6mP
>>39
いなかった派でよく言われるのはフロイス日本史の茨木川合戦の記述だろうな
和田弾正が、日本の慣習として突撃前に下馬する旨のことを言ったとある
俺は(あんな狭くて足場の悪い河原で戦うのに)下馬するのは日本の慣習だという意味だったと思ってるけどね

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:28:35 ID:/hAP1yHSP
>>42
ちなみにイギリス騎士も、
スコットランドの長槍部隊に襲われて損害を出した経験から、
それ以降、状況に応じて下馬して戦うことにしている。

むしろどんな地形や状況でもかたくなに馬にのって突撃突撃やってる
フランスやポーランドみたいな硬直した戦術よりいいと思うんだけどね。
まぁこれも少しオーバーな表現ではあるが。

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:21:39 ID:51ndWWAF0
騎兵うんぬんは置いといて馬廻衆は伝令将校じゃね

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:27:08 ID:/hAP1yHSP
決戦部隊としても使われているよ。

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:52:38 ID:DZApci6mP
騎馬突撃がないと長篠が成立しないだろうしな
城背負った縦長平地で騎馬向きの地形だからこその同盟側の作戦だろうし
盾を構えられない騎馬で突っ込んでくるのが前提じゃないとあんな作戦立てないよな
トコロテンの酒井隊がいるから武田が連合側陣地にリーチしても人数が違いすぎて結局潰れてるだろうけど

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 04:15:55 ID:4XvgVt1h0
>>45
信長三段撃ちやってない説が有るよ。
先週の歴史秘話ヒストリアでも三段撃ちが出来たのは雑賀衆位じゃないかって言ってたし。

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 04:18:17 ID:qu5mlyq0O
>>49
三段撃ちは嘘って定説じゃん
実際は、堀と柵を使った一斉射撃と追撃戦

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 03:58:35 ID:/hAP1yHSP
盾構えて突撃すると、
手綱をさばいて騎馬を柔軟に運用できないよ。

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 04:06:42 ID:DZApci6mP
伊達や加藤が騎馬鉄砲を運用しているけども
少なくとも5kgはあるであろう筒を片手で持った騎馬兵が
集団で実戦に耐えるほど滑らか機敏に機動できるんだろうか?

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 04:10:06 ID:/hAP1yHSP
たかだか5kgだし、単発なのだからそこまで動きを
制限するとは思えんが。

撃つ前はどっかにさしておいて、
撃ったらまたどこかにさせばいいんだもの。
それにオランダが編み出したカラコール戦術も、
おんなじようなもんだよ。

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/19 04:19:52 ID:DZApci6mP
>>48
火縄銃だからな 馬で駆けると先込めだから詰め物しててもコロンと行きそうだし
多分火縄点いてると思うから指すのもこわい 片手で持ってたはず
カラコールはピストルみたいだな これよりは緩慢になりそう

>>49
やってないだろうな
あんだけ鉄砲持ってた大友だって二段だからね