1: ローリングソバット(埼玉県) 2013/07/29(月) 19:52:25.53 ID:A2UayBWwP BE:1206400627-PLT(12001) ポイント特典
真っ赤で金ピカに…平等院鳳凰堂「平成の大改修」めぐり賛否の声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130729-00000511-san-soci
20130729-00000511-san-000-5-view


平等院鳳凰堂(ほうおうどう)(京都府宇治市)といえば、十円硬貨の絵柄にも採用されている日本を代表する名建築だ。
その鳳凰堂の外観が来春、一新される。京都府教育委員会が進める「平成の大改修」で建物全体を赤く塗り、鳳凰に金箔
(きんぱく)を施すなどして平安時代の創建時の姿に近づけることが決まったのだ。現在の地味で枯れた印象から、
「真っ赤で金ピカ」の姿に大変身するわけだが、この改修をめぐり「歴史的に意義がある」「いや古色が失われ、違和感を覚える」
と研究者らの間で賛否の声がわき上がっている。(渡部裕明)

◆「丹土塗り」に復原
 「新しい鳳凰堂の姿に期待してほしい」
 7月9日、平等院で記者会見した神居(かみい)文彰住職と鶴岡典慶・府教委文化財保護課副課長は、こう言って胸を張った。
 国宝で、世界遺産にも登録されている平等院。大改修は平成2(1990)年から始まった。その過程の発掘調査で、
天喜(てんぎ)元(1053)年、関白・藤原頼通によって創建された際は屋根瓦が木製だったのが、約半世紀後の修復で、
現在のような粘土瓦による総瓦葺(そうかわらぶき)になったことなどが明らかにされた。

 平成大改修の仕上げは外観の彩色、つまり柱や扉の塗り替えと、屋根を飾る鳳凰などの手直しである。
 国宝建造物などの修復にあたっては、可能な範囲で古い形式や仕様に復原する方針が取られる。はっきりした痕跡などが
確認されれば現状を改め、古い形態に戻すのだ。

 鳳凰堂は戦後間もない昭和25年に修理された。その際の外観の彩色は、鉛を焼いて作った赤色顔料の「鉛丹(えんたん)」で
塗り直した。しかし今回、古い瓦に付着した顔料を分析したところ、かつては鉛丹でなく酸化鉄と黄土を混ぜた「丹土(につち)」
だったことが判明した。

引用元: 平等院鳳凰堂が「真っ赤で金ピカ」に大改修

2: ローリングソバット(埼玉県) 2013/07/29(月) 19:53:14.37 ID:A2UayBWwP
>>1の続き

 同じ赤色顔料ながら、丹土は鉛丹に比べてより落ち着いた色調になる。最近再建された平城京大極殿
(だいごくでん)も丹土塗りで、費用もほぼ同じことから、府教委は丹土塗りの採用を決めた。
 昭和の修復では、柱の下方は鉛丹を塗らないなど、古色を重視していた。今回は柱をすべて塗り、
赤色が目立つようにする。

 ◆「特注瓦」も復活へ
 彩色とともに注目されるのは、軒瓦を12世紀初頭のものに変更することだ。発掘で出土した瓦は、
平等院の荘園だった向山(むかいやま)(大阪府八尾市)の瓦窯(がよう)で焼かれていた。軒丸瓦の
デザインはハスの中心に巴文(ともえもん)があり、平等院用の特注品だった。これが、実に900年
ぶりに復活する。
 それ以上に目を引くのは、金具類に金箔を押すことだろう。鳳凰堂のシンボルで名前の起源の鳳凰は
青銅製だが、創建当初は金鍍金(ときん)=めっき=されていたことがわかっており、今回、金鍍金か
金箔押しで復原される。
 また左右の翼廊(よくろう)の屋根を飾る「露盤宝珠(ろばんほうじゅ)」も金色に変わる。こうした
変化を、観光客はどう感じるのだろう。
 創建時の姿への復原がいいのか、くすみなどの経年変化が現れた現在の姿を大切にすべきか。古建築を
多く抱える奈良や京都では、大きな化粧直しがあるたび、議論が巻き起こった。
 昭和56(1981)年、薬師寺に西塔が再建された際、外観は創建時を想定して極彩色に塗られた。
この時は「“凍れる音楽”と例えられる東塔(国宝)の古色にそぐわない」と地元から大反対が起きた。
 清水寺三重塔(重文)は修理の際の調査で創建時は極彩色だったことがわかり昭和62(11987)年、
復原された。寺側は渋ったが、その後、西門(同)も極彩色で塗り直され、景観は華やかになった。
 一方、「天平の甍(いらか)」として有名な唐招提寺金堂(国宝)は平成12(2000)年から解体
修理されたが、彩色面では現状を変えなかった。創建時の彩色も一部判明したが、全体の復原には
「資料不足」(文化庁)と判断されたためだ。

3: ボ ラギノール(dion軍) 2013/07/29(月) 19:54:50.17 ID:vogXPBen0
十円にちなんで銅にしろ

4: サソリ固め(東日本) 2013/07/29(月) 19:56:12.98 ID:uOBRKDDjP
10円玉ってなんですぐ汚くなるんだろ

21: シャイニングウィザード(関東地方) 2013/07/29(月) 20:12:34.86 ID:Eql3Y13MO
>>4
銅が酸化しやすいから

6: アイアンクロー(内モンゴル自治区) 2013/07/29(月) 19:56:57.20 ID:LCM/Yjj2O
たいしたことなかった

8: サソリ固め(東京都) 2013/07/29(月) 19:58:27.13 ID:hOUgU3FL0
コレ去年見に行ったんだけど心底がっかりした。
いろんながっかりスポットはいったけど平等院ほどがっかりしたものはない。
だって古ぼけたおじいちゃんの家とそっくりだったから・・・

9: タイガードライバー(dion軍) 2013/07/29(月) 19:58:50.63 ID:YvJl4LUMT
700年ぶりだねぇ

10: ファイナルカット(愛知県) 2013/07/29(月) 19:59:26.69 ID:3hvcOCzs0
凸版がどうのってみたけど
修復に協力してるんだっけ?

11: ジャンピングDDT(東海地方) 2013/07/29(月) 20:00:09.70 ID:hxImf2dbO
金があるならいいんじゃね?
奈良の大仏とかも、金がないからあの色なだけだしな

12: シャイニングウィザード(兵庫県) 2013/07/29(月) 20:01:34.20 ID:XP8Vz8+H0
日本の仏像や仏教建築も元は金ピカド派手だから「塗り直し」は再現補修であって正しいことではあるんだけどなw

13: ローリングソバット(チベット自治区) 2013/07/29(月) 20:02:29.64 ID:V6qKbkTIP BE:276113333-2BP(6000)
派手やなーまあええんちゃうか本人も本望やろ

14: スパイダージャーマン(兵庫県) 2013/07/29(月) 20:03:03.26 ID:OY3MRpT20
良い修復じゃないか

15: ローリングソバット(京都府) 2013/07/29(月) 20:06:20.99 ID:uWc9Qf5iP
伏見稲荷よりは薄い

16: ラダームーンサルト(埼玉県) 2013/07/29(月) 20:08:38.00 ID:xSyo7l1P0
賛否平等堂

17: ラダームーンサルト(東日本) 2013/07/29(月) 20:09:13.03 ID:PkV/XSXy0
ナニが平等なの?

18: サソリ固め(京都府) 2013/07/29(月) 20:10:00.22 ID:8RsXUPEGP
要は慣れの問題だな。薬師寺の塔にしても、古くからある東塔は明らかに軒が短くて垂
れている。復元された西塔のほうが伸びやかで、凍れる音楽というにふさわしい。東塔
はちょっとシンコペートしているね。

19: ビッグブーツ(大阪府) 2013/07/29(月) 20:11:19.13 ID:89D/ytb/0
ケバケバしくなくて、いい感じやん!

20: フロントネックロック(静岡県) 2013/07/29(月) 20:11:22.13 ID:eQ+1M2c+0
いままで荒れ放題だったからな
札幌の時計台以上のガッカリ感漂ってたし
その上拝観料高いし

22: チキンウィングフェースロック(茨城県) 2013/07/29(月) 20:14:31.05 ID:CReEwFUz0
平等院鳳凰堂極楽鳥の舞い

23: 張り手(関東・甲信越) 2013/07/29(月) 20:21:04.65 ID:BncajpxdO
創建時の姿が見れるとかいいじゃん
今のも修復前に見てこようかな
パルテノンとかギリシャ彫刻も元は派手だったんだよな

25: ストレッチプラム(東京都) 2013/07/29(月) 20:26:50.64 ID:yCNjhEaF0
いや、待て
もしくは例の修復失敗したキリスト絵のようになって風情が出るのもいとおかし

26: 頭突き(関東・甲信越) 2013/07/29(月) 20:27:34.07 ID:EUlbd6oGO
そりゃ、道長さんの別邸だったんだから派手に決まってるじゃん。

27: ジャーマンスープレックス(京都府) 2013/07/29(月) 20:29:23.88 ID:RITtCSOb0
[ ::━◎]ノ チャリ漕いで見納めてこよかな.

28: サソリ固め(京都府) 2013/07/29(月) 20:31:19.90 ID:8RsXUPEGP
こういう文化財は幕末から明治の修理のときに、予算不足などから改悪されていること
が多い。これを「伝統」とありがたがっているのはいかがなものか。

もっと言うと祇園祭の女人禁制など、古くからのしきたりとされているものも、江戸時
代末の風俗取り締まりの名残だったりする。日本は歴史が長すぎるから、どれをもって
本来の姿とするか、意見が分かれるのはしゃあないね。ヨーロッパなんかだと、現在の
王朝の勅命をもって正当とするとか、わかりやすい解決法があるんだろうけど。

29: ジャンピングカラテキック(関東・甲信越) 2013/07/29(月) 20:33:02.33 ID:wPmmEbRXO
平安神宮状態か…

30: 魔神風車固め(関東・甲信越) 2013/07/29(月) 20:36:30.73 ID:fWuC4HiLO
これを機に空襲で焼かれたものも復元しよう。俺は江戸城が見てみたいよ

31: ショルダーアームブリーカー(東京都) 2013/07/29(月) 20:39:49.31 ID:XmsGbGhY0
500年後が見頃だな

33: サソリ固め(京都府) 2013/07/29(月) 21:07:07.80 ID:8RsXUPEGP
>>31
千年後の立て替えのために木を植えている民族なんだからそれもありさ^^

35: ストレッチプラム(東京都) 2013/07/29(月) 21:09:13.19 ID:yCNjhEaF0
>>33
凄いんだか偏執的なんだかわからんな日本人

36: ムーンサルトプレス(奈良県) 2013/07/29(月) 21:11:18.53 ID:H6sApYyY0
>>31
薬師寺西塔を再建した西岡棟梁は
新しい西塔が朱色がキツくて高さも違う(自重で沈み込む
のを計算してるため高い)のは違和感があると言われ

「そんなもん、300年も経ったら、どっちが先にできたか
分からんようになります」と答えた

300年生きて見届けたいもんだと、切に思ったわ

37: ストレッチプラム(東京都) 2013/07/29(月) 21:13:30.44 ID:yCNjhEaF0
>>36
なんだそのカッケー棟梁は

41: サソリ固め(京都府) 2013/07/29(月) 21:21:46.17 ID:8RsXUPEGP
>>36
「千年生きた木は千年もつ」という名言を残した人だからね。生きているうちに名声を
得ようなどという連中とは次元が違う。

32: ムーンサルトプレス(奈良県) 2013/07/29(月) 21:05:43.96 ID:H6sApYyY0
完成直後は、金ピカで真っ赤なもんだしな

奈良の大仏だって、完成直後は大仏殿もなく
しかも螺髪(パンチパーマ)は紫色だったから
平城京の朱雀門あたりからでも、紫パーマの部分が
見えてたんやで

34: ローリングソバット(京都府) 2013/07/29(月) 21:08:49.69 ID:uWc9Qf5iP
今度は抹茶色にしよう

40: ローリングソバット(庭) 2013/07/29(月) 21:19:16.61 ID:SOqRDTwNP
そんなに違和感ないし別にいいんじゃね?

42: サソリ固め(芋) 2013/07/29(月) 21:22:10.65 ID:DhJ5TIZiP
試しにネパール風の色合いにしてみるとかどうよ?

43: ドラゴンスープレックス(神奈川県) 2013/07/29(月) 21:25:06.11 ID:+U0+ce0c0
仏像や寺院は本来、鮮やかな朱塗り、金ピカなもんなんだよ。
東南アジアの熱心な仏教国では、建物や仏像はみんな金ピカ派手派手だ。
侘び寂びだのと言ってくすんだ建物を有難がってるのは神は死んだと認めたようなもの。

45: ジャーマンスープレックス(千葉県) 2013/07/29(月) 22:03:40.46 ID:ZJZoc/aK0
鄙びた檜風呂温泉とかで、新品の檜だと萎えるなぁ。
これも同じ。

46: パイルドライバー(東京都) 2013/07/29(月) 22:18:14.97 ID:5L71R6qE0
千年の大計で30世紀ごろにちょうど寂びてきていい感じになるように設計されてるんじゃないの
その前に放射能汚染で日本という国がなくなってる可能性もあるけど

47: マスク剥ぎ(チベット自治区) 2013/07/29(月) 22:30:23.28 ID:4Julo2YF0
時間経てば落ち着くだろ

48: 腕ひしぎ十字固め(福岡県) 2013/07/29(月) 22:34:58.36 ID:kiLq5t0l0
奇跡の一本松も金ピカに

50: シャイニングウィザード(関東地方) 2013/07/30(火) 00:48:18.12 ID:c/5OQh0mO
平等院の門扉が外されて、国宝館に展示されてるけど
修学旅行の生徒の落書きでいっぱい
国宝なので現状維持、消すこともできないのだろう
知らないって恐ろしいなあ

51: ボ ラギノール(西日本) 2013/07/30(火) 00:53:59.50 ID:hK+LTj/cO
今みたいに色彩が溢れてない時代、
参詣に来る人は遊園地やアミューズメントパークに遊びに来る感覚
金ぴかだべ~極彩色だべ~極楽浄土にいきたいべ~ありがたや~と思わせないと
金ぴかでいいじゃん

53: アイアンフィンガーフロムヘル(愛媛県) 2013/07/30(火) 00:59:21.37 ID:9JzDh4xj0
同じ丹土塗りの平城京大極殿の画像も見てみたけど
神宮とか大社なんかに使われてる鮮やかな朱色(鉛丹なのかな?)と比べると
かなり落ち着いて見える色だね

54: キングコングニードロップ(兵庫県) 2013/07/30(火) 01:03:03.16 ID:Z8B8cIZj0
色なんて塗らなくていいのにな
そういう経過なんだから
上辺だけ奇麗にしてもそれに歴史的価値はない

55: サッカーボールキック(岡山県) 2013/07/30(火) 01:09:29.73 ID:iRCK09v80
今の味は惜しいが、修復なんだから文句言うのもなんか変

56: 雪崩式ブレーンバスター(宮城県) 2013/07/30(火) 01:11:14.36 ID:dxV8zmPE0
元の色に戻したいなら好きにすればいいべ

57: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府) 2013/07/30(火) 01:34:44.68 ID:YgZ8z8Fw0
復元はまたべつにやればいいじゃん
時間とともに起きた変化を受け入れろよ

58: サッカーボールキック(福島県) 2013/07/30(火) 02:37:48.99 ID:VrTJnyu90
こういうのってだいたい変な色にされるパターンだけど思ったよりいい感じ

59: ストマッククロー(福岡県) 2013/07/30(火) 02:48:47.62 ID:Q5URZGMs0
この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

60: 逆落とし(関東・甲信越) 2013/07/30(火) 07:55:43.75 ID:R4WPSzBYP
苔庭なんかも、庭ができた当時は苔なんかはえていなかったが、
修復するときは苔を剥がすのか?