聖三一幼稚園給食だより

週二回(月、木)の給食を実施しています。
栄養士の先生が、献立作りから食材選びまでを担当します。 煮物や魚も献立にとり入れ、子どもたちの体作りのために温かく工夫した料理が並びます。 小食の子や野菜嫌いな子にも無理なく食べられるように量を調節するなどの配慮をしています。

2015年10月

10月の給食

新米も出回り、お米のおいしい季節になりました。ご飯はどんなおかずとも相性がよいとされています。口の中でいろいろなおかずと混ぜ合わせながらよく噛んで食べると、素材の味もよくわかり、唾液もたくさん出て消化も助けます。秋の味覚と合わせて、おいしい新米を食べてみてください。


今日の献立は、ホキのみそマヨネーズ焼き、根菜煮、お誕生日デザートです。                 

DSCN4238


レンコン、ごぼう、人参などの根菜がたっぷり入った煮物は少し心配だったのですが、もも組さんもよく噛んで食べてくれていました。レンコンやごぼうは、食物繊維が豊富で、腸内環境を良くします。またレンコンにはビタミンCも豊富で、疲労を回復し、免疫力を高める効果もあります。
デザートは、今が旬のさつま芋と栗のタルトです。ばら組さんは、先日行った芋掘りを思い出しながら食べていたようです。



                        
(給食担当:鈴木)

9月の給食

大変遅くなりましたが、9月の給食の様子です。
内容が前後しますが・・・どうぞご覧くださいm(v-v)m

            ↓ ↓ ↓


9月に入ってから、毎日頑張っている運動会の練習!あと少しで本番です。力いっぱい頑張れるといいですね。

 今日の給食はみんなの大好きな担々麺です。小松菜など野菜もたっぷり入ってますが、麺と一緒なら食べやすいのか、おかわりにいっぱいきてくれました。厨房では、嬉しい悲鳴があがっていました。

CIMG2665


<お知らせ>
 2学期から、パン給食のすべてのパンが、国産小麦使用となりました。
これからも安心安全な給食を心がけていきます。

<給食の様子>
もも組さんのはじめのころは、家庭で食べている食事とはだいぶ違っているようで、戸惑う子ども達も多く見られました。嫌いなもの、(食べたことのないもの)が出てきたら、元気がなくなる子や、イヤイヤする子など。しかし、徐々に慣れてきて、笑顔も見られるようになりました。今では、あっという間に食べ終わり、おかわりにくる子ども達もいます。まだまだ個人差はありますが、それぞれの子ども達に寄り添っていきたいと思っています。

すみれ組さんは、私が教室に行って今日の給食に使った野菜の名前を伝えると、「あー違った。」とか「これも入っていたよ。」とか、いい反応を見せてくれます。小松菜やチンゲン菜、ほうれん草などよく似た野菜もだんだん見分けられるようになってきました。食に興味を持ってきてくれて嬉しいです。

ばら組さんは、教室に貼ってある、ひらがなの献立表を自分で読んできて、「今日は~ごはんやね!」と厨房をのぞきに来てくれる子どもや、「昨日の晩ごはんは~だった。」と報告をしてくれる子どもなど、献立に興味を持ってくれている様子です。また、自分達で野菜を育て、収穫をするという体験を通して、心も体も大きく成長しています。

(給食担当:鈴木)
  • ライブドアブログ