刀剣訪問ブログ

鉄もブームも熱いうちに。

*刀剣乱舞に登場する刀の展示を中心に、個人的に興味のある展示を載せています。
青字は今後実装しそう&個人的に実装してほしい刀
は実装されるか微妙だけど同時展示される刀とか有名なものとか


展示中
■獅子王 2017年3月22日〜6月4日
東京国立博物館
■「戦乱と備前刀」 2017年3月31日〜5月24日 備前長船刀剣博物館(岡山)
■ソハヤノツルキ 2017年4月8日〜5月28日
「家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展-久能山東照宮」 宮崎県立美術館
■「宝刀展Ⅴと非公開文化財特別展」2017年4月10日〜5月31日
北野天満宮(京都)
■鳴狐・岡田切
2017年4月25日〜7月17日
東京国立博物館
山鳥毛一文字 2017年4月26〜5月21日
岡山県立博物館
■陸奥守吉行 2017年4月29日〜6月18日
特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」 江戸東京博物館
■信濃藤四郎 2017年4月29日〜6月8日
「見どころ学べる!目で見る日本刀の教科書〜日本刀剣博物技術研究財団管理コレクションより〜」 致道博物館(山形)
※五虎退は5/27・5/28のみ展示
※乱藤四郎は6/3・6/4のみ展示


常設展示
■太郎太刀 熱田神宮宝物館(愛知)
■御手杵(レプリカ) 結城蔵美館(茨城)
 御手杵(レプリカ) 比企総合研究センター(埼玉)
 御手杵(レプリカ) 前橋東照宮社務所(群馬県)
■日本号 福岡市博物館
■同田貫正国 玉名市立歴史博物館(熊本)
■燭台切光忠 徳川ミュージアム(茨城)
※2016年4月9日〜しばらくは常設展示とのこと


定期展示
■鬼切(髭切) 北野天満宮宝物館(京都)
毎月25日と梅・紅葉シーズン、1/1と12/1、4/10〜5/30に開館
※2017/5/25〜6/18の間は米沢市上杉博物館にて展示されています。北野天満宮にはありません。行かれる方は注意
■石切丸・小狐丸 石切剣箭神社(大阪)
毎年4月15・16日 春季大祭宝物館一般公開
毎年10月21・22日 秋季大祭宝物館一般公開
■数珠丸恒次 本興寺(兵庫)
毎年11月3日 虫干会
■和泉守兼定 土方歳三資料館(東京)
毎年土方歳三命日(5/11)前後
2017 年の公開予定は
4/2、4/16、4/29〜30
5/3〜7、5/13〜14、5/21


これからの展示予定
■鬼切(髭切) 2017年5月25日〜年6月18日
戦国時代展(後期のみ) 米沢市上杉博物館(山形)
■五虎退 2017年5月27日・28日
致道博物館(山形)
伏見貞宗 2017年6月1日〜8月4日
特別展「名刀礼賛―もののふ達の美学」泉屋博古館分館(東京)
■乱藤四郎 2017年6月3日・4日
致道博物館(山形)
■鯰尾藤四郎・奈良屋貞宗 2017年6月7日〜7月2日
徳川美術館(愛知)
■秋田藤四郎 2017年6月13日〜7月17日
特別展示「名刀聚英−永藤一の愛刀−」 京都国立博物館
■陸奥守吉行 2017年7月1日〜8月27日
特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」 静岡市美術館
■庖丁藤四郎・鳥養国俊・来孫太郎作・池田正宗・戸川志津 2017年7月4日〜9月3日
特集展示 関ヶ原合戦 徳川美術館(愛知)
■宗三左文字 2017年8月16日〜9月10日
特別展「天下人の城‐信長・秀吉・家康」後期
徳川美術館(愛知)
■三日月宗近 2017年7月19日〜10月15日
東京国立博物館
庖丁正宗 2017年9月5日〜10月11日
特集展示 関ヶ原合戦 徳川美術館(愛知)
■五虎退 2017年9月23日〜10月22日 
特別展「上杉家の名刀と三十五腰」 米沢市上杉博物館(山形)
詳細は分かり次第記載します
■姫鶴一文字他 2017年11月3日〜12月10日
特別展「上杉家の名刀と三十五腰」 埼玉県立歴史と民族の博物館
詳細は分かり次第記載します
■江雪左文字・朱判貞宗 2017年9月13日〜10月29日
■ニッカリ青江(香川)2017年9月16日~10月1日
「丸亀城築城420周年記念 ニッカリ青江公開」 丸亀市立資料館
会津新藤五 2017年10月31日〜12月10日
■膝丸 2017年9月29日〜12月4日
秋季名宝展 大覚寺(京都)
一庵正宗 2017年11月11日〜12月13日
徳川美術館(愛知)
観世正宗正宗・行光 2017年12月5日〜2018年2月25日
東京国立博物館
■「刀剣鑑賞の歴史」2017年12月5日〜2018年2月25日
東京国立博物館 本館14室
上野貞宗・不動正宗 2018年1月4日〜2月6日
徳川美術館(愛知)
■へし切り長谷部 2018/1/5(木)~2017/2/4(日)
福岡市博物館
■姫鶴一文字他 2018年1月7日〜2月18日
特別展「上杉家の名刀と三十五腰」 佐野美術館(静岡)
詳細は分かり次第記載します
■亀甲貞宗 2018年1月30日〜2月25日
東京国立博物館
大阪長銘正宗 2018年2月7日〜3月6日
徳川美術館(愛知)
南泉一文字・新藤五国光 2018年3月7日〜4月1日
徳川美術館(愛知)




↑googleアカウントにログインした状態で「マイカレンダーにコピー」をクリック、
自分のカレンダーにインポートすると通知設定や期間の調整等の詳細設定ができるからyouの訪問予定作成に活用しちゃいなよ。

記事本文の展示予定とカレンダーの内容はほぼ一緒。
実装されなさそうだけど私が見たい刀や、ひっそりコッソリな情報が含まれます

情報に誤りがある場合があります。行かれる方は、必ず事前に主催者の発表する情報を確認して下さい。続きを読む

■日時  2017年3月12日・29日
■場所  足利市美術館(栃木)
■入館料 1,000円
■交通費 一回目 2,370円(青春18きっぷ)
     二回目 4,654円

image

続きを読む

■日時  2016年11月26日
■場所  ふくやま美術館
■入館料 1,000円
■交通費 11,700円

image
続きを読む

■日時  2016年11月13日・14日
■場所  佐野美術館
■入館料 前売券750円

image
続きを読む

「渡邉先生?佐野美術館の館長だよ。しかも女性」

「この図録の解説渡邉先生だよ!この人の解説、すごくいいよ〜」


刀展示を見に行き出してからちょいちょい耳にするようになったお名前、渡邉先生。
その頃は以前の記事でもチラッと書いた通り、あまり刀関係の書籍を買っていなかったためどんな方なのかまったく知らず、周りの刀仲間からおしえてもらって初めて知りました。

女性で刀に携わっている人。
どんな人だろう?そう思っていた折に「日本刀は素敵」の新書版が発売され、
更に発行元のワック株式会社様より告知記事作成の依頼を頂きましたので早速読んでみました。

結論を言うと「刀剣女子」や「審神者」と呼ばれている人たちに読んでもらいたい!


image

続きを読む

↑このページのトップヘ