2015年06月04日

機能姿勢に気づく本 DVD化が決定しました!

おかげさまで大好評を得ている「機能姿勢に気づく本」が

DVDになることに決まりました! 皆さんご存じの通り

「機能姿勢」 は三軸修正法の初歩です。ここから

その後の様々な治療法が生まれています。

私、池上 悟朗が前半の「機能姿勢」について話します。

後半は、そこから生まれた魔法めいた技の数々を六朗

先生が披露するというダブルヘッダーとなります。

突然六朗先生の技を見ても、あまりの鮮やかさに理解できない

場合もあるかと思います。

私、悟朗の解説のあと、このDVDを見るだけで、六朗先生に

近づける気がする内容としたいと思います。お楽しみに!

尚、現在「機能姿勢に気づく本」はアマゾンで、品切れとなって

おります。興味を持たれた方々にご迷惑をおかけしていると

思いますがほどなく解消すると思いますので少々お待ち下さい。

hasegawa


sanjiku_nova at 06:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月26日

尾道の海祭りにて

150502_201451


三軸修正法 in 福岡 毎年行われている三軸修正法の

九州セミナーの帰りに今年は尾道に立ち寄りました。

たまたま海祭りが開かれていて、ライトアップしたヨットが

とても綺麗でした。

150429_143523

参加者からいただいたお花です。

福岡の皆さん有り難うございました。

sanjiku_nova at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月20日

我らが「機能姿勢に気づく本」がアマゾンで1位に!

 驚いたことが起こりました。三軸修正法の最新刊であり、

三軸自在の会の旗印である「機能姿勢に気づく本」が

昨日今日と、アマゾンの「健康法」部門ランキングで一位に!

BABジャパンさんからの連絡で初めて知ったのですが

ちょっと時間が経ってから覗いてみたら本当でした!

添付画像は、リアルタイムに入れ替わるランキングで

2位の時のもの。それにしてもアマゾンで、それも大激戦区

の「健康法」部門で一位になるとは夢にも思いませんでした。

三軸に関わる皆さんの思いが通じたのでしょう。このまま

話題になるほど売れ続けて欲しいと願う今日一日でした。

機能姿勢2位

sanjiku_nova at 19:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月17日

三軸修正法福岡セミナーのご報告

 管理人No1です。

ちょっと遅くなってしまいましたが、池上六朗先生と

福岡の講習会に行ってきました。始めて参加の新しい

受講者が10名ほど増えました。

 いつものように三軸修正法の考え方から始まり、

私はちょっと分からないので、説明は出来ないこと

もあるのですが、最近六朗先生が思いついた、

(いえ、どこからか先生に降ってきたらしい)新しい方法も

披露しました。今までのどの方法とも似ていないやり方

なのに、参加者の体がどんどん変わります。さすが

六朗先生ですね。

150429_104856



sanjiku_nova at 21:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月14日

「秘伝」に機能姿勢が掲載されました。

IMG_0663









 「機能姿勢に気づく本」に先んずることたったの1日。BABジャパンの

「秘伝」に「機能姿勢の力」という記事が載りました。三軸自在の会に

参加して下さった方、賛同して下さった方、これらは皆さんの本であり

雑誌なのです。池上先生をはじめ、協力いただいた方々に感謝いたします。

情報ではTSUTAYAなどで今日購入できたらしいです。是非ご覧下さい。

BABジャパンの社員の方は全員「機能姿勢」が出来るようになったとか

それなら、必ず沢山の人に伝わります。


 「機能姿勢」は三軸修正法の基本、しかし自在の会で私の話を聞いて

下さった方々は、「機能姿勢」が三軸だけの基本でないことはもうおわかり

ですね。とてつもなく大きな事を三軸修正法は始めました。

その元になる部分はなんと30年も前からあったのですから、このまま

方法の一つとして消えて言ってしまっては絶対にいけない。

「機能姿勢」を知らない人が、探してもどこにもいないという状況に

なるまで頑張らなければと気を引き締める昨今です。


写真の上部に写っているキーボード、「機能姿勢に気づく本」が出版を

決めるまでに正味3冊分原稿を書きました。初代のキーボードは文字も

薄れ、つぶれてしまった。キーボードも大量に文章を書くと壊れてゆくのです。

この2代目のキーボードもだんだん文字が薄れてきていますね。これからも

どんどん壊すつもりで発信をつづけます。

それでは皆さん、明日また本の紹介でお会いしましょう。

                           池上 悟朗



sanjiku_nova at 20:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月11日

長谷川選手おめでとうございます!

Still001


新宿で二回目の「三軸自在の会」が開催されました。二ヶ月前に

機能姿勢の素晴らしさ、具体的に「機能姿勢に気づく本」のタイトル

にあるとおり

「ほんの数ミリ動くだけでほっと楽になり見える世界が変わる」

このような非常識な能力が誰にもあるのかどうか、また、二月間の

練習でこの能力が蘇ってきたのか、会場の受講者に聞いてみました。


すると、なんと!少なくとも9割以上の会員が手を挙げてくれました。

よかった。やはり誰でも三軸修正法の機能姿勢に必要な能力があるのです。


皆さん口々に「ホッとします」「気が静まります」「自信が湧きます」

など、正しく「ほんの数ミリ動くだけで」気持ちが良くなる、「感動体験」

と同じ感覚が得られることが確認できました。

さて、土曜日の夜。嬉しいニュースが入っていました。

自在の会の皆さんの本 「機能姿勢に気づく本」で対談させていただいた

長谷川穂積選手が、大差の判定で勝利されたのです!

写真のシーンは治療家が自然に手を出すのならここしかない!という

大切な感覚が世界一のチャンプにもあるのか確認させていただいている

ところ。14日の「秘伝」15日の「機能姿勢に気づく本」で詳細は

お読み下さい。  ともかく、おめでとうございました!

私はこれから、認定治療院のテストの採点です。お一人ずつの

問い22問についてコメントをお返しいたしますので、しばらくお待ち

下さい。
hasegawa


sanjiku_nova at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月22日

よく治るようになってきたんです!

 前回新宿の自在の会に出席してくれた先生が

うれしい報告をくれました。遠くから参加してくださって

ありがとうございます。その言葉の中に大変大事な

内容が含まれているので、現在練習中の人は

よく読んでください。「よく治るようになってきたんです」

はその先生の言葉です。

それからそれから、私のダイエットのトレーナー先生も

DVDで練習してくれているのですが、私が患者の立場で

ハッキリ分かるほど手技が変わってきました。一言で言えば

「いちいち、ハッキリとした意図があって手を動かしてくれている」

と感じるのです。 そうです!自分が患者になったらわかる

のです。この信頼感が三軸には必要なので、皆さん頑張って練習してくださいね。


〇 DVDで二人から一人を選ぶ練習について

それではDVDの練習で起きた疑問点を教えてもらったので

皆さんにシェアします。

最初のうち、「医師と患者だ」とか「こっちの色が好きだ」とかの

考えに引っ張られて正しく「同調」するほうが選べなかったとのこと。

そうなのです。あのDVDはそのためにあるのです。二つの対象が

人間だろうと犬だろうと、赤だろうと青だろうと関係なく、純粋に

どっちを選んだら「楽かどうか」を基準にする練習。

この選び方が普通の人には無いのです。「選ぶ意味」を頭で

考えてしまう。でも、ちゃんと正しく選べたかどうかはハッキリと確認

出来ることなのです。「同調」したかどうかはご自身でわかります。

選んだ方に絶対の自信が感じられたら間違いなく出来ています。

もし、「こっちだと思うけど」と感じたらその時点で「出来ていない」こと

が決定です。 余地も遊びも一切無い練習ですので皆さんしっかり

練習してくださいね。

だから、人の体をゆっくり移動してゆく間に「同調」できる為の練習は

もっと厳しいのです。「簡単だ」と思わないでください。

                        池上 悟朗



sanjiku_nova at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月20日

アシュラム・ノヴァの教室便り

150418_161759


 アシュラム・ノヴァより毎週木曜日の教室の様子を

お話しします。新宿中央公園の桜はすでに終わり、

すでに初夏の空気がただより始めました。最近の教室で

池上先生は「自分で考える」というテーマでお話しして

下さいます。ちょっと難しい勉強の話もありますが結局

私たちは体験したことしか身につかないのだと思います。

ただ、聞きっぱなしにするのでは無く、自分の頭で考え

ると池上先生のお話が、ただのお話ではない自分の

体験に変わると思います。それこそが生きた知識です。

数日前に新聞を眺めていたら、信州大学の学長が

「自分で考える」ことの大切さを入学式に話したという

記事がありました。今までは自分で考えるなんて当たり前

のような気がしていた人も、これからは「自分で考える」

ことが身につけるべきスキルになってきたというコトなのです。

このアシュラム・ノヴァは最先端かもしれないですね。

初夏の予感にベランダの蝶のさなぎも色が変わり、羽化の

準備を始めました。教室に通えない人は7月の集中講習会で

お会いしましょう。お待ちしています。 http://sanjiku.com


150418_162654







 

sanjiku_nova at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月14日

三軸自在の会 in 神戸 が開催されました。

0011_xlarge

 三軸自在の会 の関西開催、第一回目が開催されました。

非常に大勢の参加を得て、5月15日出版の「機能姿勢に気づく本」

の内容をすみから隅までお伝えしました。三軸自在の会の内容は

二本立てです。まず、患者の調整はおなじみプレセッションで行います。

このプレセッションによる調整は例えば前屈が楽になる方法だけで

原理的に4種類になります。今回非常にスムーズに練習が進み、

自在の会の目玉である機能姿勢の応用としての「見立て」に時間を

向けることが出来ました。受講された皆さん、ありがとうございました。

たった数ミリ動くだけで健康法を実践したことになる。

この驚きのアイディアが実体験として御納得いただけたと思います。

それでは次回は新宿の二回目プレセッションと機能姿勢、毎日の

練習の成果を見せていただくのを楽しみにお待ちしています。

                         

sanjiku_nova at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月09日

7月定例3日間の集中講習会です。

 今年もアシュラム・ノヴァの集中講習会が開催される

時期となりました。池上六朗先生による三軸修正法の

すべてを是非体験して下さい。

 詳細は www.sanjiku.com のHPにて、三軸修正法は

ご存じの通り、その日、そのとき、その場所でしか最適な

テーマは決まらないので、今回も通例通り内容はその日の

参加メンバーと会ったときに最適な内容となります。

初日、二日目、三日目と、やはり状況の変化と同時に

内容は変わってゆきます。池上先生がその日の空気を読んで

いつも最適な中身となる不思議な講習会だから30回以上

続いているのでしょう。自在の会の参加者もご期待下さい。


「機能姿勢に気づく本」の認定治療院名簿、ゲラの段階ですが

かなり見やすく、スッキリしています。お楽しみに。

IMGP2048



sanjiku_nova at 20:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月31日

三軸自在の会からひと月ですね

 7月の集中講習会、受講生募集中です!

三軸修正法の最高学府、3日間の集中講習会

三軸自在の会を受講した方は非常に楽しく理解の

深い集中講習会になることを保証します。


-------練習していますか--------

第一回三軸自在の会を受講された方、練習して

いますか、テスト用にプレセッションの3本指が

なにを示しているのかすぐに言えるようにして

置いて下さい。まだひと月ありますので是非毎日

10分間の練習を欠かさず続けて下さい。人の

動きを見てなんの調整をしようとしているのかが

分かる必要があります。

それから、見立てに必要な感覚を磨いて下さい。

相手のことが分かるためには自分の機能姿勢が

完璧に、数秒の間に分かる必要があります。

そのとき、どんな感じがするのかお話ししましたし

練習でほとんどの人が「ホッ」とする、「スーッと」する

そのた、正しい感覚を得られていることを会場で

確認して回りましたので、あとは回数です。朝から

晩まで、池上先生はずっと「楽な」ほうしか注目しません

問題点にも注目しませんし、患部にも注目しません。

全体が調整できればあとはクライアント自身の能力

で回復してゆくのです。施術者のご機嫌が良いことが

三軸修正法の絶対条件。池上先生を見ていて、関係

のある0ゼロ期の皆さんは分かるはずです。あの

スマイルを欠かしては三軸と言えません。機能姿勢から

離れないように生きればそれがあなたの物となるのです。

あとひと月、頑張って下さい。   


sanjiku_nova at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月28日

三軸修正法の新たな本のタイトルが決まりました。

書店員向けチラシ



 BABジャパンの方は大変ご苦労されたと思います。

やっとタイトルが決まってきましたが、私はなかなか

ぴったりだと思います。「機能姿勢に気づく本」とは

本当に私が言いたいことをそのままコピーにして

下さいました。価格は予想よりもかなり低めで1300円

です。内田樹先生の推薦の言葉をいただきました。

「池上先生と違う言葉で語ってくれる」そうです。その通り、

長谷川チャンプとの対談を通じて、この機能姿勢を

無意識に使えている人が一流の人、意識的に使えば

今までの自分のパフォーマンスを10倍に出来るのです。

世の中にすでにあることを書くのが出版の王道ですが

いままでに無かったことを伝える本は難しいのです。

関係者の皆さん、ありがとうございます!


sanjiku_nova at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月19日

出版本に池上先生の「はじめに」が4種投稿されました

sakurasinjuku





















三軸自在の会と関係者の方々、

昨日、20日が期限の「はしがき」を池上先生が

完成させてくれました。今回、本のタイトルもまだ

決まっていませんし、中身のイラストも見ていないので

「はしがき」になにが相応しいのか考えあぐねて

いたのです。だから1000文字の原稿を4本立てで

書いて、BABジャパンの選択に委ねることにしま

した。

池上六朗先生の「はじめに」1000文字で次の4種

1、壊せば直る、直れば治るのお話

2,六朗先生と他の人の視点の違いのお話

3,不死の人間、ストラドルブラグのお話

4,長男が病気になって気づかされたことの話

さて、この4編の中からどれがチョイスされるのか


捨てられるあと3点の「はじめに」ももったいないので

三軸自在の会の参加者には読んでいただく機会を

設けようかなとか考えているところです。

さあどれでしょう。どれもなかなかいい話ですが、

どれが選ばれるのかは私にもわかりません。



sanjiku_nova at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月10日

福岡で六朗先生の三軸修正法セミナー開催です

三軸修正法創案者の池上六朗先生による

三軸修正法セミナーです。自在の会1回目を受講された

方、すでに六朗先生の講習を受けたとき、分かる内容が

変わっていると思います。九州方面の方、1day セミナー

ですのでお気楽に参加下さい。

-----------------------------------------------------------------------

日時  2015年4月29日 (水曜日、祝日です)

受講料 20000円(昼食付き)

定員 50名

講師 池上六朗  (三軸修正法創案者)

場所 アクロス福岡 6階 608会議室
    福岡市中央区天神1−1−1 tel 092-725-9111

主催 申込先 

福岡三軸自在の会 / あーす★わーくす

     Tel/Fax 092−725−3108

電話またはFAXにてお申し込み下さい。受講料の振込先をご案内いたします。
当日受付はいたしません。振り込みの確認できた方のみの参加とさせて
いただきます。

また、講習会終了後、懇親会を予定しています。 参加ご希望の場合費用6000円を
添えてお申し込み下さい。(会場の関係上定員を20名とさせていただきます。)

また、お振り込みいただいた受講料はいかなる理由を持ちましても返却できません
あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。
 

sanjiku_nova at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月06日

受講された方々、練習して下さい。

0103_xlarge

 第一回三軸自在の会公認治療院セミナーが終了しました。

次回、5月にお会いする方が多いと思いますので二ヶ月の間

どんなことを練習して欲しいのかここに記そうと思います。

1 テキストを読んでください。

  特殊な(三軸修正法なのですから)ことが書いてあります。
  ですから何度も読み返して欲しいのです。二度目の受講時に
  もう一度同じ内容を聞くと初めて分かることも多いかと思います。
  三軸修正法を既存の治療法で理解することは不可能です。
  その理由は1日目に充分お伝えしたと思います。

2 あの「楽だ」という感覚で朝から晩まで生きてみてください。

  ここで言う「楽だ」は普通の人が思っている「楽だ」の感覚と
  まったく異質の感覚です。非常に厳密で精密で、練習するほど
  ダイナミックに強く感じられるので、こればかりは練習を繰り返し
  て貰うしかありません。自習用のDVDをお持ちの方はあの中
  の練習を繰り返す度に結果が違うことが分かると思います。

  考えてみれば「楽では無い」患者さんを診る治療家が「楽とはなにか」
  をしらないとはおかしな話です。それを売っている仕事のはずです。

3 プレセッションを身につけてください。

  この「身につける」という意味ですが、考えて分かるという意味では
  ありません。「考えなくても身体が動くようになる」という意味です。
  そのためには同じ事をナン百回も繰り返すこと。そして絶対にその
  ことで機嫌が悪くなってはいけないのです。機嫌が悪くなると「できない」
  行動しか取れなくなってゆくからですね。

三軸修正法は池上六朗先生を見本としています。いつでもロマンを忘れず

好奇心でいっぱいに生きるそのためには、機嫌が悪くなり始めたらすぐに

「外す」のでしたね。受講された人はわかりますね。

それでは次回、お会いするのを楽しみにしています。 池上 悟朗



sanjiku_nova at 19:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年02月25日

いよいよ自在の会が始まります

長いようでとても短かった準備期間に

会員の皆さんがたったの4日間で三軸修正法

が出来るようになる工夫を詰めたテキスト

を書きました。A4で約70Pにも及ぶ大作

(出版本1冊にも匹敵する)ですが、とても

分かり易い。それに続いて二度目のセミナーに

本当に三軸修正法が身についた認定治療院

と言えるのかどうかのテストがあるので、

例えば3月と5月ならば二ヶ月間の間、セミナーの

ノートを見て思い出しながらなにかを練習すると

言っても忙しい毎日、効率よくこれさえ練習すれば

テストも通る(実際二度目のセミナーで出来ないと

私と事務局も困るのです。)ように今まで聞いたことの

無いような練習を自習できるDVDを完成させました。

三軸自在の会自習ビデオ-01

















ほぼ、コンピューターグラフィックスを自作、練習法に

私のナレーション入りの部分も有り、これだけで

絶対に二ヶ月間を有意義に過ごせる自信作になりました。

コンピューターのクラッシュに泣かされっぱなしで(突然

画面が真っ暗、再起動状態)完成したのがなんと

昨日というより朝方、一番鶏が鳴く頃でした。

これで、セミナーで聞き漏らしたり分からなかったところも

次回に出来るようになっていると私も安心です。

もちろん、自習DVDが無くても今まで三軸とプレセッションに

精通している人なら楽々テストに通ると思います。

テストの不安な人が一人でもあってはいけないのが本部の

仕事なのです。

それではご参加の皆さん、お会いするのを楽しみにしています。

                            池上 悟朗

sanjiku_nova at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月09日

卓上のプレセッションマスターが完成

master1

三軸自在の会で一度にたくさんの参加者にプレセッションを

理解して最短で使いこなせるようになってもらうため、

卓上のプレセッションマスターを開発。今までの大きなマスター

もいいけれど大きいからセミナーでないともって歩けないとの

声もありました。今回ジャイロの直径が15cmで卓上です。

しかし、小さくするということは簡単なことではありません。

第一、もっとも大事な回転円盤の質量が小さくなってしまい、

以前作ったアルミ製のものは30秒程度しか回っていなかった。

それではいけないので今回は工業用樹脂を旋盤で円盤状に

削り出し、芯のふれは0.1舒焚爾任后そこに非常に小さな

ベアリングを二つ圧入しています。回転する芯棒はベアリングの

繊細さを考慮してプラス公差の圧入用シャフトを一本ずつやすりで

数ミクロンとぎ落して使っています。

それによりこのプレセッションマスターは2分から3分近く回り

続けます。 周りの木製枠はやっと作ってくれる会社を突き止め

ました。なんと絵画用のキャンバス枠やイーゼルのシェアが

日本の8割ある木曽のメーカーだからできたのです。交渉には

ものづくりを二十年以上続けてきた経験が生きています。たぶん

普通の話し方ではOKはもらえないでしょう。蛇の道は蛇と申します。

とても人の良い初老の職人が一台一台組み立てます。これは

見ていて気持ちがいい作りですね。なんでもプロはすごいです。

master2



sanjiku_nova at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月02日

どんな姿勢が楽なのかわかりましたか? 池上悟朗

 三軸自在の会にご参加の皆さん、自分はどんな姿勢を

していると楽なのだろうか、よくよく注意して毎日の生活を

送ってください。これは軽くて簡単な練習ではありません。

凄まじく強い動機と共に「知りたい!」と追求し続ければそのうち

今回の自在の会で説明するテキストの内容をすべて導き

出すことが出来るのです。

世の中には数限りない方法論がたくさんありますが、それらの

どれでも、元々「知りたい!」内容は単純なはず。

どうしてうちの子供は自分に似ないでどちらかと言えば自分の親に

にているような気がする。というような疑問もずっと持ち続ければ

その中に法則性を見いだすことも出来るのです。ですから

「自分が一番楽な姿勢は今、どんな姿勢なのか」という疑問に

ずっと注目し続けるとその中にも大変大きな発見が眠っている。

きっと何に対してもそうです。望遠鏡で宇宙の一部を覗いていても

無限に発見の種が見つかるようなもの。だから

「自分の楽な姿勢はどんな姿勢なのか」という問いから三軸修正法

が出来ていると聞けば、この中から全部が分かるのです。

ですから、セミナーの当日まで追求してください。最初の質問は

これにします。「一番楽な姿勢が分かる人はいますか?」

150201_132236





sanjiku_nova at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月26日

これからセミナーまでにすること

三軸自在の会の参加者の皆さんへ

2月末の開講まであとひと月となりました。

さて、当日にはどさっと厚みのあるテキストを

製本してお渡しすべく準備が進んでいます。

自在の会の教材として卓上のプレセッションマスター

(プレセッションの教育具)も特別に開発しています。

さて、皆さんの当日の練習がスムーズに進むためには

事務局から、父の著書を出来るだけ読んできてください

と連絡が届いているはずですが、三軸修正法の

もっとも大事な部分は「機能姿勢」です。治療法より

先に見立てとしてこの「機能姿勢」が分からなければ

治療法に進む意味がありません。自分で楽な姿勢が

分からない人に患者の見立ては出来ないからです。

ですので、毎日数回、「今自分の一番楽な姿勢とは

どんな姿勢のことなのか」と自問自答して欲しいのです

立位で良いですが、座位でも「楽な姿勢」はこれなのか

あれなのかと考えてきて下さい。これが立派な練習の

一部になっているのです。

                  池上 悟朗

sanjiku_nova at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月16日

「機能姿勢」を長谷川チャンプにお話しました。

hasegawa

 三軸自在の会にご参加の皆様、認定治療院のリストを掲載させて

いただく出版本と、同時に「秘伝」にも掲載される予定ですが、

長谷川穂積チャンピオンに、三軸自在の会でレクチャーを受けていただく

「機能姿勢」がどのようなものか、お話しする機会を得ましたので13日に

神戸に行ってきました。詳しくはBAB出版から出版されたらそちらを

ご購入下さい。勿論自在の会のセミナーでも販売をする予定です。

「機能姿勢」の可能性についてお話しすると、チャンプはそのとき必要な

感覚的な部分を「即座に」理解して下さいました。そして可能性について

自らすぐに体験されて、また即座に使えるようになってくれました。

後半私が自在の会で解説する三軸修正法でチャンプを調整すると

数秒の内に体が大きく変化することに大いに驚いて下さったのですが


自在の会に参加していただく方に、とても大事なことをお伝えします。


「私(池上悟朗)は、全く三軸の調整をして変化を起こすことが出来ない人」

だったということです。それが、世界のチャンピオンに驚いていただく施術

が出来るようになった。そう、チャンプにも分かったその解説を持ってすれば

本当に三軸流の施術が出来るようになるのです!しかも今までの治療

スタイルはまったく変えずに、短時間、動きもほとんど無しのまま、効果だけが

三軸流に人を驚かせるようになるということなので、楽しみにして下さい。




sanjiku_nova at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)