2015年03月19日

出版本に池上先生の「はじめに」が4種投稿されました

sakurasinjuku





















三軸自在の会と関係者の方々、

昨日、20日が期限の「はしがき」を池上先生が

完成させてくれました。今回、本のタイトルもまだ

決まっていませんし、中身のイラストも見ていないので

「はしがき」になにが相応しいのか考えあぐねて

いたのです。だから1000文字の原稿を4本立てで

書いて、BABジャパンの選択に委ねることにしま

した。

池上六朗先生の「はじめに」1000文字で次の4種

1、壊せば直る、直れば治るのお話

2,六朗先生と他の人の視点の違いのお話

3,不死の人間、ストラドルブラグのお話

4,長男が病気になって気づかされたことの話

さて、この4編の中からどれがチョイスされるのか


捨てられるあと3点の「はじめに」ももったいないので

三軸自在の会の参加者には読んでいただく機会を

設けようかなとか考えているところです。

さあどれでしょう。どれもなかなかいい話ですが、

どれが選ばれるのかは私にもわかりません。



sanjiku_nova at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月10日

福岡で六朗先生の三軸修正法セミナー開催です

三軸修正法創案者の池上六朗先生による

三軸修正法セミナーです。自在の会1回目を受講された

方、すでに六朗先生の講習を受けたとき、分かる内容が

変わっていると思います。九州方面の方、1day セミナー

ですのでお気楽に参加下さい。

-----------------------------------------------------------------------

日時  2015年4月29日 (水曜日、祝日です)

受講料 20000円(昼食付き)

定員 50名

講師 池上六朗  (三軸修正法創案者)

場所 アクロス福岡 6階 608会議室
    福岡市中央区天神1−1−1 tel 092-725-9111

主催 申込先 

福岡三軸自在の会 / あーす★わーくす

     Tel/Fax 092−725−3108

電話またはFAXにてお申し込み下さい。受講料の振込先をご案内いたします。
当日受付はいたしません。振り込みの確認できた方のみの参加とさせて
いただきます。

また、講習会終了後、懇親会を予定しています。 参加ご希望の場合費用6000円を
添えてお申し込み下さい。(会場の関係上定員を20名とさせていただきます。)

また、お振り込みいただいた受講料はいかなる理由を持ちましても返却できません
あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。
 

sanjiku_nova at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年03月06日

受講された方々、練習して下さい。

0103_xlarge

 第一回三軸自在の会公認治療院セミナーが終了しました。

次回、5月にお会いする方が多いと思いますので二ヶ月の間

どんなことを練習して欲しいのかここに記そうと思います。

1 テキストを読んでください。

  特殊な(三軸修正法なのですから)ことが書いてあります。
  ですから何度も読み返して欲しいのです。二度目の受講時に
  もう一度同じ内容を聞くと初めて分かることも多いかと思います。
  三軸修正法を既存の治療法で理解することは不可能です。
  その理由は1日目に充分お伝えしたと思います。

2 あの「楽だ」という感覚で朝から晩まで生きてみてください。

  ここで言う「楽だ」は普通の人が思っている「楽だ」の感覚と
  まったく異質の感覚です。非常に厳密で精密で、練習するほど
  ダイナミックに強く感じられるので、こればかりは練習を繰り返し
  て貰うしかありません。自習用のDVDをお持ちの方はあの中
  の練習を繰り返す度に結果が違うことが分かると思います。

  考えてみれば「楽では無い」患者さんを診る治療家が「楽とはなにか」
  をしらないとはおかしな話です。それを売っている仕事のはずです。

3 プレセッションを身につけてください。

  この「身につける」という意味ですが、考えて分かるという意味では
  ありません。「考えなくても身体が動くようになる」という意味です。
  そのためには同じ事をナン百回も繰り返すこと。そして絶対にその
  ことで機嫌が悪くなってはいけないのです。機嫌が悪くなると「できない」
  行動しか取れなくなってゆくからですね。

三軸修正法は池上六朗先生を見本としています。いつでもロマンを忘れず

好奇心でいっぱいに生きるそのためには、機嫌が悪くなり始めたらすぐに

「外す」のでしたね。受講された人はわかりますね。

それでは次回、お会いするのを楽しみにしています。 池上 悟朗



sanjiku_nova at 19:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2015年02月25日

いよいよ自在の会が始まります

長いようでとても短かった準備期間に

会員の皆さんがたったの4日間で三軸修正法

が出来るようになる工夫を詰めたテキスト

を書きました。A4で約70Pにも及ぶ大作

(出版本1冊にも匹敵する)ですが、とても

分かり易い。それに続いて二度目のセミナーに

本当に三軸修正法が身についた認定治療院

と言えるのかどうかのテストがあるので、

例えば3月と5月ならば二ヶ月間の間、セミナーの

ノートを見て思い出しながらなにかを練習すると

言っても忙しい毎日、効率よくこれさえ練習すれば

テストも通る(実際二度目のセミナーで出来ないと

私と事務局も困るのです。)ように今まで聞いたことの

無いような練習を自習できるDVDを完成させました。

三軸自在の会自習ビデオ-01

















ほぼ、コンピューターグラフィックスを自作、練習法に

私のナレーション入りの部分も有り、これだけで

絶対に二ヶ月間を有意義に過ごせる自信作になりました。

コンピューターのクラッシュに泣かされっぱなしで(突然

画面が真っ暗、再起動状態)完成したのがなんと

昨日というより朝方、一番鶏が鳴く頃でした。

これで、セミナーで聞き漏らしたり分からなかったところも

次回に出来るようになっていると私も安心です。

もちろん、自習DVDが無くても今まで三軸とプレセッションに

精通している人なら楽々テストに通ると思います。

テストの不安な人が一人でもあってはいけないのが本部の

仕事なのです。

それではご参加の皆さん、お会いするのを楽しみにしています。

                            池上 悟朗

sanjiku_nova at 19:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月09日

卓上のプレセッションマスターが完成

master1

三軸自在の会で一度にたくさんの参加者にプレセッションを

理解して最短で使いこなせるようになってもらうため、

卓上のプレセッションマスターを開発。今までの大きなマスター

もいいけれど大きいからセミナーでないともって歩けないとの

声もありました。今回ジャイロの直径が15cmで卓上です。

しかし、小さくするということは簡単なことではありません。

第一、もっとも大事な回転円盤の質量が小さくなってしまい、

以前作ったアルミ製のものは30秒程度しか回っていなかった。

それではいけないので今回は工業用樹脂を旋盤で円盤状に

削り出し、芯のふれは0.1舒焚爾任后そこに非常に小さな

ベアリングを二つ圧入しています。回転する芯棒はベアリングの

繊細さを考慮してプラス公差の圧入用シャフトを一本ずつやすりで

数ミクロンとぎ落して使っています。

それによりこのプレセッションマスターは2分から3分近く回り

続けます。 周りの木製枠はやっと作ってくれる会社を突き止め

ました。なんと絵画用のキャンバス枠やイーゼルのシェアが

日本の8割ある木曽のメーカーだからできたのです。交渉には

ものづくりを二十年以上続けてきた経験が生きています。たぶん

普通の話し方ではOKはもらえないでしょう。蛇の道は蛇と申します。

とても人の良い初老の職人が一台一台組み立てます。これは

見ていて気持ちがいい作りですね。なんでもプロはすごいです。

master2



sanjiku_nova at 19:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年02月02日

どんな姿勢が楽なのかわかりましたか? 池上悟朗

 三軸自在の会にご参加の皆さん、自分はどんな姿勢を

していると楽なのだろうか、よくよく注意して毎日の生活を

送ってください。これは軽くて簡単な練習ではありません。

凄まじく強い動機と共に「知りたい!」と追求し続ければそのうち

今回の自在の会で説明するテキストの内容をすべて導き

出すことが出来るのです。

世の中には数限りない方法論がたくさんありますが、それらの

どれでも、元々「知りたい!」内容は単純なはず。

どうしてうちの子供は自分に似ないでどちらかと言えば自分の親に

にているような気がする。というような疑問もずっと持ち続ければ

その中に法則性を見いだすことも出来るのです。ですから

「自分が一番楽な姿勢は今、どんな姿勢なのか」という疑問に

ずっと注目し続けるとその中にも大変大きな発見が眠っている。

きっと何に対してもそうです。望遠鏡で宇宙の一部を覗いていても

無限に発見の種が見つかるようなもの。だから

「自分の楽な姿勢はどんな姿勢なのか」という問いから三軸修正法

が出来ていると聞けば、この中から全部が分かるのです。

ですから、セミナーの当日まで追求してください。最初の質問は

これにします。「一番楽な姿勢が分かる人はいますか?」

150201_132236





sanjiku_nova at 14:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月26日

これからセミナーまでにすること

三軸自在の会の参加者の皆さんへ

2月末の開講まであとひと月となりました。

さて、当日にはどさっと厚みのあるテキストを

製本してお渡しすべく準備が進んでいます。

自在の会の教材として卓上のプレセッションマスター

(プレセッションの教育具)も特別に開発しています。

さて、皆さんの当日の練習がスムーズに進むためには

事務局から、父の著書を出来るだけ読んできてください

と連絡が届いているはずですが、三軸修正法の

もっとも大事な部分は「機能姿勢」です。治療法より

先に見立てとしてこの「機能姿勢」が分からなければ

治療法に進む意味がありません。自分で楽な姿勢が

分からない人に患者の見立ては出来ないからです。

ですので、毎日数回、「今自分の一番楽な姿勢とは

どんな姿勢のことなのか」と自問自答して欲しいのです

立位で良いですが、座位でも「楽な姿勢」はこれなのか

あれなのかと考えてきて下さい。これが立派な練習の

一部になっているのです。

                  池上 悟朗

sanjiku_nova at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月16日

「機能姿勢」を長谷川チャンプにお話しました。

hasegawa

 三軸自在の会にご参加の皆様、認定治療院のリストを掲載させて

いただく出版本と、同時に「秘伝」にも掲載される予定ですが、

長谷川穂積チャンピオンに、三軸自在の会でレクチャーを受けていただく

「機能姿勢」がどのようなものか、お話しする機会を得ましたので13日に

神戸に行ってきました。詳しくはBAB出版から出版されたらそちらを

ご購入下さい。勿論自在の会のセミナーでも販売をする予定です。

「機能姿勢」の可能性についてお話しすると、チャンプはそのとき必要な

感覚的な部分を「即座に」理解して下さいました。そして可能性について

自らすぐに体験されて、また即座に使えるようになってくれました。

後半私が自在の会で解説する三軸修正法でチャンプを調整すると

数秒の内に体が大きく変化することに大いに驚いて下さったのですが


自在の会に参加していただく方に、とても大事なことをお伝えします。


「私(池上悟朗)は、全く三軸の調整をして変化を起こすことが出来ない人」

だったということです。それが、世界のチャンピオンに驚いていただく施術

が出来るようになった。そう、チャンプにも分かったその解説を持ってすれば

本当に三軸流の施術が出来るようになるのです!しかも今までの治療

スタイルはまったく変えずに、短時間、動きもほとんど無しのまま、効果だけが

三軸流に人を驚かせるようになるということなので、楽しみにして下さい。




sanjiku_nova at 19:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年01月06日

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

アシュラム ノヴァは今年で34年目となりました。

雨宿りの場所としてのアシュラムノヴァには

昔から、決まったカリキュラムがない独特の

スタイルを守りつつ、たくさんの会員さんに

支えられてここまできました。そして2015年

会員の皆さんへの感謝とともにまた 新しい年を迎え

ることが出来ました。ありがとうございます。

年末年始は池上先生と有志で石垣島へ行って

きました。そこから船で西表島へ、さらに水牛の引く

牛車に引かれて渡る浅い海を渡って由布島の植物園

へゆくととても珍しい蝶(オオゴマダラ蝶)を保護して

いました。とても不思議なのですが蝶になる前のさなぎ

がまばゆいばかりの黄金色なのです。 とても縁起が

良いので、皆さんの実り豊かに輝く今年一年を祈念して

写真を撮って来ました。虫が苦手の人も本物を見たら

このあり得ないほどの輝きにきっと驚くと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

141230_114932

141231_120539

141231_120737

141231_120840


sanjiku_nova at 09:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月31日

「機能姿勢」はすごいんです。 来年お会いしましょう

池上悟朗です。

たくさんの方に参加していただけそうで私も

事務局も大いに張り切っています。三軸修正法

には他のどの治療法とも違う特徴があります。

それが「機能姿勢」です。

ここで少し考えてみて下さい。「機能姿勢」には

古代からの文献や、遠い国の神聖な求道者から

得た知恵など、難しくて解釈のわからない勉強

や、とても遠くの憧れで有り続ける秘密などが

一切ありません。誰でも自分の姿勢の取り方

一つで健康法にも治療法にもなるんですと

言っているのです。

健康に関する秘密があるのなら今、ここに、

自分の中に全部あるはず。それが三軸の自由を

持つ自由な見方。とても自己肯定的なのです。

来年、出版される「機能姿勢」の本にも書きましたが

「素晴らしいものを得るのなら見返りに、つらく、苦しい
旅に出ないといけない」

という考え方とは真逆に、三軸修正法は性善説の極み。

「誰でも素晴らしいものを全部持っている。それが発揮
出来ないのなら、邪魔しているのも自分自身だ。」

と考えているのです。自分に無くて他人が持っているもの

などない。だから誰でも遠くまで道を求めに行かなくても

素晴らしいものは最初から持っている。そんな体験を

三軸自在の会でしましょう。

それではまた、新年よりプレセミナーを再開します。

良いお年をお迎え下さい。

sanjiku_nova at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月23日

自在の会 事務局のお知らせブログ開設しました。 

rokurousensei

三軸自在の会、大変好評をいただいています。今年も年暮れです

会場へのアクセスや、お知らせの細かな修正事項など具体的かつ

詳細なお知らせをいつでも確認できる事務局からのブログが開設

されました。今後、必要な連絡事項はこちらをご覧ください。

      「三軸自在の会」事務局ブログ


三軸修正法HP、池上先生の写真が変わりました。先日秋の集中講習会

の撮影です。 この三軸修正法HP

から、三軸自在の会事務局ブログに1クリックで行けますので、時々ご確認を

お願いいたします。

sanjiku_nova at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月06日

朝日カルチャーで三軸修正方セミナー

IMGP0584

こんにちは、池上悟朗です。今日はまずお知らせです。


          「三軸修正法 セミナー」

新宿住友ビルの朝日カルチャーセンターにて三軸修正法セミナーが

開催されます。なかなか無いほど長寿セミナーだそうで、来年1月から

3回に渡り 1/9(金) 2/6(金) 3/6(金) 15時30分〜17時30分  

受講料は 朝日カルチャーセンターの会員は9720円 一般 11664円

です。チラシからの紹介文を掲載します。



「肩こり、腰痛などの不快感は、身体内に歪みがあり、無理が生じていることの

現れです。一般的には悪い姿勢が痛みや運動制限を引き起こすのだという

ことが信じられ、それが常識になっています。しかし、臨床的には社会通念上の

良い姿勢を無理にとり続けることで身体内に歪みが生まれ、その結果として様々な

症状が出現することが多々認められます。見かけ上の良い姿勢を続けたり

縮んだ筋肉を強引にストレッチすることは百害を招く恐れがあります。いわゆる

良い姿勢と本当に身体が快適に機能する姿勢との間のギャップを埋めるための

工夫が必要です。簡単なイメージとわずか動作で、短時間に心身をコントロールする

ためのコンセプトが三軸修正法です。」

金曜日ではありますが、これ以上にリーズナブルな三軸修正法セミナーは他に

有りません。ふるってご参加お待ちします。


この、「わずかな動作」がどのくらいわずかなのか、三軸自在の会認定セミナーにて

解説します。申し込みをされた方はお楽しみに。きっと驚かれますが、30年以上も

主張し続けているのに、納得していただける方が少なかった。あなたが想像している

よりもっとずっと「わずか」なのです。


   

sanjiku_nova at 07:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年12月02日

11月の集中講習会が大盛況でした

141124_124337

アシュラム・ノヴァ主催、秋の三軸修正法集中講習会が開催されました

今回はたくさんの参加をいただき、いつものセミナー会場が一杯でした。

参加者の皆様、ご苦労様、そして有り難うございました。

テーマはいつもの通り特に定めず始まったセミナーですがこれは

三軸修正法の伝統ではありません。患者さんとの関係はいつでも

即興的なものです。あらかじめ決めておかずにその場に講師として

立ったときに浮かんできた内容が、会場の人達に最適な内容となる

ことを池上先生は誰よりよくご存じです。ですからライブ形式になって

しまうため、レジュメの配布も無いのですが、今回の受講者に最適な

情報を提供出来たと感じます。いつでもその場にすべての情報があるのです。

教室への参加希望の方も増えましたので、教室の紹介を少々することに

します。アシュラム・ノヴァで開催される三軸修正法の教室には治療家の

人も多いのですが、一般の方もいらっしゃいます。そこで池上先生が勧められる

本は直接治療法と関連しないような気もするかもしれません。しかし

手技治療家が自分勝手に治療術を極めても、相手の患者さんと共通の

話題を持っていなければ「ここで良くなる」と感じてはもらえないでしょう。

治療は術者と患者の共同創造の場なのです。ですからパートナーと

理解し合わなければいけません。術者1対患者多数なのですから

術者は幅広い分野の知識を浅くてもよいから持っていなくてはなりません。

それでは受講者の皆様またのお越しを楽しみにしています。

またお会いしましょう。

141124_122847

141122_142204



sanjiku_nova at 17:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月19日

「機能姿勢は凄いんです」9 インパクトのある小さな健康法

 このプレセミナー、三軸自在の会を楽しみにして下さっている

受講者の皆さんに読んでもらいたいが、ブログなので一般の人

にも公開している。三軸修正法の「機能姿勢」は単なる治療法の

一種ではないからだ。

ここまでの記事をご覧になった方は、「機能姿勢」が正しく取れれば

ほとんど体を動かす必要も無く数秒の内に体調が良くなるのだと

いう情報を聞いてどう思ったのだろう。

「へえ、それは便利だな、肩こりや腰のだるさが自分で治るなら」

そのくらいに考えていたら、「機能姿勢」のパワーをほとんど

わかっていない。その一つの例を挙げてみよう。三軸修正法では

手技によって「自分の力(技術や体力)が相手を治す」とは最初から

言っていないことを思いだして欲しい。訓練によって手からパワーが

ほとばしる人達がいるのかも知れないが私も父もそんなことは分から

ないし超能力があるとも思っていない。人は全員「機能姿勢」によって

瞬時に体調が良くなってしまう能力があるしそれは練習によって誰でも

出来ると仮定しよう。

施術者が地球の裏側(例えばブラジル)にいる体調不良の人に電話を

して「もう治ったよ」と言ったとする。もしも、「機能姿勢」の威力がないと

すれば、この電話で相手がよくなってしまったら施術者の不思議な力

が相手を治したことになる。ところが「機能姿勢」によって呼吸が楽に

なり、目が明るくなり、簡単な腰痛や肩こりが数秒の内に改善すること

はブラジルの人にも出来ることなのだ。しかもほとんど動く必要もない。


もうお分かりだろうか。横から見たらこれは立派な「遠隔治療」なのだが

中身は全く全くまったく違うメカニズムだと言うことになる。

「機能姿勢」によって自分で勝手に治ってしまう能力をたくさんの人が

思いだしたときなにが起きるのかあれこれ考えて欲しい。

認定治療院の皆さんが、今書いている本の内容「機能姿勢」を一般の

人に指導していただき、世の中に幸せの輪を広げたいそんな望みを

もって来年の自在の会へ向けて準備をする毎日です。 G.Ikegami


 

sanjiku_nova at 10:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年11月13日

「機能姿勢はすごいんです」8 何もしないで元気な人を説明できる。

 機能姿勢に焦点を当てた本を今執筆中。この機能姿勢

をもってすると、こんなことになってしまうという例を一つ。

台所で料理の最中、「なんだか疲れちゃった」と思ったとき

頭の向きをほんのちょっと別の場所に向ける。その角度は?

と言えばほんの数度、だから本当にちょっと。

それで体中のなにかとどまってしまったものが流れて

肩こりとか腰が痛いとかもなくなって、もくもくと次の作業が

続けられることになるのです。

そんなことなら、健康法、エクササイズみたいなのはもう

要らないのかといえば、「楽しんで出来る事ならなんでも

やった方がいいよ」という答えになるけれど、健康を維持するには

要らないのかもしれない。これは「機能姿勢」を本当に体験した

人ならわかるけれど、体験していない人にはまず全くわからない

と思う。

とりたてて何もしていないのに気分がよくなってしまうなんて

バカバカしいと思うなかれ。これが、世界で初めて「何もしないのに

元気で気分よく居続ける人と、一生懸命健康維持のためになにか

している人との差」 だと言い切れると思う。

健康法なら「何もしないのに元気な人」を説明できなければならない。

そうでしょう?

sanjiku_nova at 19:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月27日

池上悟朗「機能姿勢はすごいんです」7 自信と確信が付いてくる

 今日は、なぜ池上先生が自信満々で、とても信じられないような

技を連発しながら平気なのかという秘密に迫ってみたいと思います。

それも「正確に機能姿勢が分かっているから」なのです。

池上先生に聞いても多分「なんでわからないの?」という答えしか

返ってこないでしょう。それどころか「これが出来なきゃ治療家やめた

ほうがいいよ」と言われて終わりなのではありませんか(笑)?


 何を隠そう、この私こそが「治療家やめろよ」と言われた人その人

なのです。よく考えて下さい、世の中中のどの施術も理系の人から

見たら不思議世界のど真ん中です。こういう考え方を「頭が堅い」

と叱られ続けたのでしたが、今でもここは絶対に譲れない。

納得しようにも物理法則のような実験で確かめられるような

原理原則がありません。(反論がある方には申し訳ないのですが

工業界の人で、「手技治療界の原理と呼ぶもの」を受け入れる人は

一人もいないと思います。敢えて言うのなら「さっきと違う状況を作った

から」という池上先生のいつもの言葉のままになってしまうでしょう。

それよりも、最も大事なのはここからですが、それにも

かかわらず、治療界には自分の治療に絶対の自信を持っている人が

たくさん居て、本当に奇跡を起こし続けているのです!!!



ここが治療界の不思議な魅力であり、神話が生まれる構造です。

これらのことから私のような、治療界に全く向かない頭の堅い人間が

はじき出した結論とは次の一言。これしかあり得ないと思います。

 「自信とか、確信とかを得ることと、治療理論の種類は関係ない」


それでは、池上六朗先生が触りもしない、何もしていないように見えるのに

治療効果だけ出る。そのことに確かな確信があるのはなぜか、どうして

そんなことが可能なのかと言えば、その秘密が「正確な機能姿勢」にある

のです。これこそお金と時間を割いて学び、練習する価値のあることです。

何度も言いますが30年以上前からそのことを言っているのに、だれも

わからないし伝わらないのでした。

今の治療に確信がない人、結果にこころが揺れやすい人には何にも変え

られない価値では無いかと思います。 「機能姿勢」を正しく使うと、

どんな種類の治療をしているかどうかにかかわらず「自信」「確信」が得られ

るのです。どんなスタイルの治療家でも、今までの療法はそのままで、

変更する必要はありません。三軸修正法はコンセプト、邪魔にはならないのです。

ですが、三軸自在の会のセミナーの後、なぜか確実に自信が増すのです。

そして、それは確実に相手に伝わるものです。早速申し込んで下さった方々に

感謝します。





sanjiku_nova at 11:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月21日

池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」6

機能姿勢はどうやって実現できるのか

これをブログ上で説明しようとして随分考えた

のですが、やっぱり難しい。なぜかと言えばきちんと

機能姿勢を数回から10回ほど実現できれば

あとは「あの感じか!」と分かるのですが、指導者が

一緒にみて、ヒヤリングしながらでないと、確認が

出来ないからです。本当を分からない人の質問に

答えるわけにもいかないですからね。

台所に立って包丁を持ったまま、機能姿勢が取れると

その途端に疲れが数分の一になり、考えることも明るく

なって、機嫌が良くなる。

こんなふうに書いても誰も信じられないでしょう。信じられ

ないことを実現したのかどうか、先輩がそこにいないで

分かるはずが無いのです。

アシュラム・ノヴァの会員さんは「機能姿勢」と「感動体験」

は別なことだと思っておられることと思います

でも、実際には両者はこういう関係なのです。

「機能姿勢」が正確にとれれば「感動体験」を想うのと同じ

ことが起きます。

「感動体験」を正確に想えたら「機能姿勢」をとったことに

なります。

これがそのまま施術の効果を決めるという授業をたくさん

父の指導の下に体験されていると思いますが、その通り

なのです。キーワードは「正確に」です。正確に出来ていなければ

意味が無いのです。それほど非常に厳密ですが、練習を通じて

誰でも出来ることなのです。ここまでは10年かかるなどという

ものでは有りません。 それでないとセミナーの意味が無い。


機能姿勢が世の中に広く知られるようになれば治療院の

仕事は「機能姿勢の指導」となってしまうかもしれません。

なぜかと言えばいつでも機能姿勢を保つことが出来るまで

になったら、いわれの無い(つまり医療機関で検査しても

なんともない)身体の不調は無くなってしまうかもしれないから。

ついでに心を病んだりもしなくなるからです。

でも、実際30年も父が言い続けているのにちっとも広まらない

それこそ今度の三軸自在の会がついに解こうとしている課題です。

141014_145712

アシュラム・ノヴァMさん撮影です


sanjiku_nova at 15:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月15日

秋の集中講習会が開催されます。

141014_145712

台風一過の雲一つ無い青空。久々にこんなに澄んだ青色を見ることが出来て

感動しました。ところが、さすがに変わりやすい秋の空のこと。

夕方には、まるで魔王が出てきそうな空に変わってしまいました。

この空、不気味ですよね。
141014_170933

今年は日本中が天候に振り舞わされました。せっかくの秋晴れの空にもどってくれる

ことを祈りつつ、ひんやりとした風に季節の変化をはっきりと感じました。

あと、ひと月で集中講習会です。今回もすでに初めての方、久しぶりに参加される方、

大勢のいろいろな分野の方々にお申し込みいただいており、池上六朗先生も今から

張り切っております。今回はどのような角度からお話しいただけるのか楽しみです。

これからもたくさんの方の参加をお待ちします。



sanjiku_nova at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月10日

秋晴れの新宿と新たな動き

 都庁の背景にもすっかり秋らしい雲がたなびくように

なりました。スーパー台風の勢いが若干落ちてきたようで

今までの災害を思うとそのまま進路を東に東に変え続けて

ずっと今日みたいな青空が広がると夏の日照不足の影響も

少なくなるのかも知れないですね。

この写真の雲は絵に描いたような巻雲(けんうん)です。

雲の中でもっとも高いところ(高度5000m以上)にあります。

この巻雲(絹雲とも)からも雨が降るのですが地上まで達しない

らしいですね。

さば雲、イワシ雲、うろこ雲 の様な名前の雲では無いので

秋にしか無い特徴の雲かというと、ちょっと、でもこんなに

高い空まで澄み切っているのは間違いないですね。

 今年三軸修正法は新しい動きが活発になりました。悟朗さんが

三軸修正法の基本の最も大事な部分を、このさんじくひろばで

紹介してくれています。

池上先生が、普通で言えば「歪んだ姿勢」と呼ばれている

姿勢の中にこそ、健康にもっとも大切なのに、画一的な

ステレオタイプのものの見方しか出来ないことが邪魔をして

快適な「在り方」を体験出来ない人と治療家が非常に多い。

素直に本質が見えていないと「機能姿勢」という考え方を打ち

出してから数十年。アシュラム・ノヴァもその活動を影ながら

支えてきました。

 本当はすぐに日本中、いえ、世界中、「機能姿勢」が当たり前に

なると思っていたのです。秋の空にそんなことを思い描いていました。

「機能姿勢」以外にもたくさん画期的な考え方を持っている

池上先生の活動、もっとたくさんの人に一緒に歩いて欲しい。

新たな動きを応援します。

140926_104106

140926_104152





sanjiku_nova at 13:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年10月07日

池上悟朗のプレセミナー「機能姿勢はすごいんです」5

 三軸自在の会を発足するに辺り、DMの作成が完成間近となりました。

三軸修正法とは治療について言えば身体を今までと違う視点で捉えましょう

という事になるのですが、その結果としてただの哲学ではなく、具体的な

方法論まで繋がらなければコンセプトとしての意味は無いのです。

 今回、私が講師を務めるのは、三軸修正法から生まれた「方法」を

お伝えするためです。「やりかた」は三軸修正法のいわば「副産物」ですが、

治療を仕事にする人にはこれこそ、使える役立つ、治療法なのです。ただ、

研究に今まで時間が掛かってしまった理由は、父には持って生まれた感覚

の部分を説明出来なかったため。だから現象をひたすら提示し続けたのです。

それは無理もない事で、世の中全体に観察できる、「出来る人は元々出来る、

できない人はどうやっても出来るようにならない」そんなとてつもなく大きな問題

にチャレンジすることになるとは、研究当初、私にも全く気づきませんでした。

さあ、その父には当たり前の部分、幼少の頃から絵を描くことが好きで楽器の

演奏を楽しみ、様々な仕事を体験した。そんななかですべてに共通の絶対的

感覚があって、その使い方も知っていた。いや、当たり前だったのです。

「機能姿勢」はまさにその能力を体に適応するための答え、入り口でした。

30年前から、父が提言していながら、誰も、正確に理解することが出来なかったのです。

出来る人はそこからスタートして先の高度な世界を開拓すれば良いのですが、

残念なことにそのような人は1000人にひとりも居ないはず。

それが、三軸自在の会のセミナーで残り999人全員のものになるのです。

この感性を開拓する方法、そして応用のしかた(今回は治療法)はまさに

誰も見たことも、聞いたことも無いやりかたとなるでしょう。スピリチュアルな

話と思わないで下さい。自分の外にある「素晴らしいもの」は一切必要

ありません。一歩一歩すべて、受講するあなたが自分の能力を自分で証明

しながら当たり前のものとしてゆく道筋を一緒に歩きましょう。それが三軸流

なのですから。




sanjiku_nova at 10:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)