2014年01月28日

アシュラムのHPが新しくなりました。

asyramHP

 アシュラム・ノヴァの新ホームページ

 アシュラム・ノヴァのHPが出来たのが2003年だから、なんと
12年経ってホームページが新しくなりました。私、池上悟朗の手作り
ですので、格好いい画像が何十も貼り付けてあるわけではありま
せんが、これから自由にいくらでも更新できるので、絶えず変化する
三軸修正法には相応しいと思います。今までのものは12年前に
弟が作ったやはり手作りです。

 今回、池上先生と私で三軸修正法の新しい本を書いています。
そのなかでアシュラム・ノヴァの会員さんにはアナウンスが先生から
あったと思いますが、ついに「三軸修正法とは」という定義
が定まったのです。二十年あまり進化し続けた三軸ですが、新しい
時代に向けて動き始めました。


        定義の話をしましょう。

 三軸修正法が産声を上げたとき、人間の意識と体の不思議な関係を
表す複雑系の科学がやっと世の中に出始めたばかりでした。その後、
絶えず勉強を続けて三軸修正法でお見せする

現象が説明できるような参考書籍が出そろってきたのはつい最近です。
ところが、ここ数年の科学においてはとんでもないことが起きているのです。

マクスウェルの悪魔を実現。情報と熱を変換できた

こちらの記事を読んでみてください。中学で習うように熱エネルギーと
運動エネルギーの変換は自動車のエンジンでいつもしていることですが、
なんと! 「情報」と「熱」が変換できるのです!

こういうことが分かってきた時代には施術方法も変わってこなければ。
その進化を邪魔しない三軸修正法の定義を作り上げて、本の原稿に
お話として込めました。ご期待下さい。

アシュラム・ノヴァのHP、なにぶん作者が私なので、リンク切れや
不都合な部分がありましたらHP担当としてお聞きしたいので是非
ご意見よろしくお願いします。

sanjiku_nova at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月19日

長谷川さんのトロンパス超え

 ネパールに登山に行っていた長谷川さんが元気な姿で
戻ってきてくれました。
こちらがその様子を綴ったブログです。とても面白いので
是非どうぞ。

http://ameblo.jp/muneya/entry-11664036056.html

最高高度 5416m(トロンパス)
最低気温 −11℃
最低気圧 522mbar
総距離 ナディ〜ジョムソン+チリチョレイク 全178km
の世界で一番でかい峠道

だそうで、頂上から貴重な石を持ち帰ってくれました。
140116_125818
140116_103536


sanjiku_nova at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月15日

今年もよろしくお願いします。寒中おみまい。

140101_113446













今年の正月は石垣島を拠点にし、竹富島、波照間島に行ってきました。
お天気も良く、海がこの世のものとも思えないほどきれいでした。
池上六朗先生がよく話されている通り。地球が自転をし、北の方角に体の動きが
大きく変化するという事、緯度によってその変化も違うはずです。

有人島としては最南端の波照間島で、東京と波照間島では体の変化の仕方が
確かに違うという事も実験をしてきました。

また、経度によって日の出、日の入りも違い、石垣島では夕方の5時は
まだ日が出ていて、朝の7時はまだ暗いのです。

同じ日本なのに面白いですね。

今年も池上六朗先生に、直接たくさんの方の為になるような楽しい講習会を
お願いしていこうと思っていますので今年もよろしくお願いします。

140101_110757

sanjiku_nova at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

繁盛治療院のしくみ

hanjouS


























 花谷先生が新しく本をお書きになりました。「繁盛治療院のしくみ」
この本は花谷先生が非常に多くの治療院をサポートしてきた経験の
集大成です。これからますます治療院経営が厳しくなってくる昨今
暗闇に光る灯台として皆さんのガイドとなる一冊でしょう。
この本のはじめに、全文を花谷先生の許可をいただいて掲載いたします。


はじめに

「3000万円」。
これがまだ私が貧乏治療家だったころの憧れの数字であり、成功だと目標にした
数字でした。私は、2002年まだ専門学生だったときに開業をしました。3年間の
中国留学の経験もあり鼻高々での開業でした。しかし、実際にはそれから6〜7年
ずっとうまくいかない時期を過ごしました。独身だったので継続しましたが、妻子が
いれば転職をしていたことでしょう。今となってはこの経験があったから繁盛できない
治療家の気持ちを理解することができたわけで、全国最大の治療院経営研究会
を主宰することになったのだと思います。

この治療業界はこの20年で大きく変わりました。
20年前まではそれまでの高度経済成長とバブル景気により治療院が潰れることなど
はまずありませんでした。逆に言えば相当無駄遣いしてもベンツが乗れる時代でした。
それからバブルがはじけ、規制緩和により専門学校が増え、同時期にリラクセーション
という時間売りのクイックマッサージ、リフレクソロジーが大流行し、患者層の拡大が
起こりました。このクイックマッサージが革命的に業界のパイを大きくしたのですが、
参入障壁も無くなり異業種からの参入、素人向けの整体スクールが増えました。
そして今、デフレ不況によるリラクゼーションマッサージ価格のダンピングが起こり
60分3000円のリラクゼーションがこの治療業界に登場しました。20年前と比べると
競争率はおよそ10倍以上あがったのが今なのです。

これからの治療院はただ治療ができるからではやっていけません。過去の栄光も意味を
持ちません。なぜなら「競争率」が変わったからです。昔の治療院の話を聞くと本当に雑で、
院長が怒鳴りちらしていても患者さんが我慢していた、そんな話は枚挙にいとまがない。
時代は変わりました。治療業界は競争の激しい業界になったのです。
そしてまだまだ競争率は高まっていくのです。

私は2003年からPCC<プロフェッショナル・コーディネーターズ・クラブ>という治療院経営の
研究会を組織主宰しました。その規模は業界最大の研究会となり、会員さんから年間500件
以上の質問を10年以上答えてきました。また年間20本ほどの経営、コミュニケーション術、
治療術などのセミナーを毎年開催し、出版4冊、DVD教材も30本以上作ってきました。
その結果、私は普通の方に比べ数百倍の治療院や治療院経営者と出会ってきました。
その業種にはその業種なりに良い面、悪い面の特徴があるものです。例えば治療業界の
最大の特徴は「メシアコンプレックス」という病気です。神様願望とも言えるでしょうか?
再現性はともかく、治療現場では奇跡的な治癒が起きたり、毎回「ありがとうございます」と
頭を下げられたり、白衣を着たりしているうちに勘違いが起こるのです。
この仕事をしていると自然とメシアに祭り上げられることはしばしばあり、元々メシア
コンプレックスを持っている人こそが参入してくるのも要素の一つです。
このメシアコンプレックスは治療院経営においてもブロックの一つになります。あまりに強く
なると患者さん心理と乖離が起こり成長期というステージを越えられないのです。

どんな人が治療業界で成功するのか、どんな経営をしていかなければいけないのか、
治療現場で20年以上患者さんを治療しながら、全国で最も大きな治療院経営研究会を
10年以上主宰してきながら感じている危機感をこの書籍を通して読者の皆様と共有
していきたいと思います。治療現場を全く知らない、マーケティング知識だけを売るコンサルが
跋扈していますが、そんなものだけで治療院経営はやっていけません。トップ20%、
10年単位で発展していくには目先のスキルだけではなく、長期的な人格形成が
この仕事には必要不可欠です。それを直視するのはつらいことですが、やってきた先達が
多くいるのもこの業界の特徴なのです。

 私はこの書籍を通してどうしたら一介の治療家が治療院経営者としてトップ20%になれるか
を描いてみようと思います。治療家の方には一人一冊必携していただき治療院経営で迷った時
治療家として壁にぶつかった時に読み返していただければ数多くのヒントがたくさんあるかと思います。

追伸
このような本を書けるようになったのも、私の人生の師匠である三軸修正法創案者の
池上六朗先生からの指導啓発しかありません。徒弟制度がなくなった手に職の世界において、
一生の師に出会えたことに改めて感謝いたします。


柳瀬川が見える新しい事務所より





sanjiku_nova at 08:27|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年01月06日

おめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

三軸修正法の池上です。

さて、年末年始に石垣島周辺で感動体験を沢山積んできました。
波照間島の空や海、素晴らしい。それから、竹富島には
是非、一度立ち寄られた方がいい。今までにない感動が
得られます。私たち一行は非常に運よく元旦から快晴でした。

haterumablue














シーサーにもいろいろなデザインがあるのですね。
シーサー














ここでも地球が回っているというコトから私たちが受けている
影響の実験をしてきました。どちらが北向きに立っていて、
どちらが南向きに立っているの会員の皆さんにはわかりますね。
これほどの影響を様々なものから受けながら私たちは地球表面
で生きているのです。今年も上手に無理なく生きましょう。

よろしくお願いします。

magarikata

sanjiku_nova at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年12月16日

集中講習会が終了しました。

遅くなってしまいましたが、11月の集中講習会が終わりました。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。
131123_142737
今回も、一般の方、歯医者さん、助産婦さんなどなど

遠いところからは沖縄の方も参加して下さいました。

ちょっと触れるだけで変化する。

また、それ以前に意識を向けるだけでも人の体は変化する。

ということをお互いに体験する練習時間もあり、今までよりも

もっと三軸に確信を深めていただいたのではないでしょうか。

今回、池上先生の息子さんの悟朗さんにも「複雑系」と

「創発現象」について分かりやすくお話ししていただきました。

なるほど、私たちの住む環境は、一つの現象に一つの原因を

特定することはもともと無理なのですね。よくわかりました。

131125_122309

三軸修正法のコンセプトを上手に取り入れて、お仕事、生活など

に活用していただき、快適な生活を送っていただければ

主催者として非常にうれしいです。皆さん、有り難うございました。



sanjiku_nova at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月07日

集中講習会のおさそい

いよいよ集中講習会が近づいてきました。

三軸修正法は「考え方」です。クリエイティブな
仕事をする方の考え方のエッセンスになる、
きわめて原則的な学習を通じて、「考え方」
どのように治療法を生み出すのか、百聞は
一見にしかずです。

一般の方をはじめとして幅広い分野の方に
活用していただける、生産効率の良いコンセプトです。
池上先生のお話はとにかく難しいとご意見いただいた
のは過去の話。優しく分かり易く進化した3日間の
三軸修正法集中講座にご期待下さい。

アシュラム・ノヴァのベランダに季節外れのカマキリが
やってきました。どこか人間に似た表情が憎めません。

131031_135858


sanjiku_nova at 12:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月18日

長谷川宗也さんより

会員の 長谷川 宗也 さんから外国へ登山に向かう
              前に投稿いただきました。


アシュラム・ノヴァに数ヶ月通わせていただきましたが、
来月からネパールとインドの山々を巡るたびに出ます。

 体育大学、大学院では主にトレーニングとコーチングの
勉強を積んできたので、治療に詳しいわけではないのですが、
かえって既成概念にとらわれず素直に池上先生の考え方を受け
入れやすかったように思います。ネパールのトロンパス山(5416m)、
その後エベレストなど8000m峰に囲まれたメラピーク山(6473m)
に向かいますが、教えていただいたことがどこかで役に立つ
かも知れません。

 もともと、教科書に載っているような知識には疑問が多かった
私です。勉強が深まるにつれ誰しも一つの限られた領域の勉強
ばかりになります。しかし範囲の狭いことを極めても、具体的に
目の前の一人のコンディションを整える実践法が成り立たない
のはおかしいと思っていたので、広い観点から、人間の健康の背景に、
宇宙や地球の回転の影響があるとする考え方は非常に面白かった
です。
 
 きっちり直立の姿勢でなく、ねじれたり曲がったり、その人の
機能する姿勢にするだけで痛みが取れたり、を何度も体験しま
したが、常識を度外視する池上先生の考え方がどこか自分の
好みにも合ったような気がして、楽しい、貴重な体験となりました。
ありがとうございました。
                          長谷川 宗也


有り難うございました。 管理人No3
トロンパス山で検索すると、非常に険しい道のりなことが分かります。

sanjiku_nova at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月11日

花谷先生からのメッセージ

先日池上先生より雑誌の企画で三軸について話してくれないかとお話がありました。
先程出版社の方と電話でインタビューをしたのですが、私にとって三軸とはどんなものかを語ってみました。
そのことを通して、今回「さんじくひろば」に投稿します。

003

まず計算すると既に28年間もアシュラムに通っていました。
最初に行ったのは高校一年生。
恐らく学ランを来て三軸の授業を受けたのは私だけではないでしょうか?


現在私は「PCC」という治療院経営の研究会を主宰しており、お陰様で業界では最も大きな団体になっています。本来の自分ならそんな大それたことはまずしなかったでしょうが、池上先生に触れていると「できるかな?」と思ってしまうのです。

正直、治療院は苦節7年間繁盛しませんでしたが、その後は順調に治療院経営を進めていました。
しかし、「俺はこのまま治療院のオヤジになるのか
と言う疑問と池上先生のようになりたいという気持ちと、池上先生を見返したい、認められたいという気持ちがありました。

結果、PCCを立ち上げるのですが、当初は「花谷何するモノぞ」と先輩等にもかなり色々なことを言われました。きっと池上先生だって「???」だったはずでしたが、池上先生はずっと黙って私をそばに置いてくれました。
私の中にはどうしたら池上先生に恩返しができるのか、どうしたら不義理をしないでいられるか、そればかりを考えていたのですが、それをそのまま言うのはカッコ悪かったし、結果で証明もしたかったのです。

そしてPCC2年目で初めて池上先生とジョイントセミナーを企画することができ、その頃もまだ「花谷の三軸利用か」と言われる始末でしたが、100名ほどの人を集めて「どうだ俺の師匠は」と池上先生をご紹介できたことが嬉しかったです。
さすがに初回のジョイントセミナーではプレッシャーで苦しんでいたのですが、ジョイント前のあるアシュラムの授業の際、池上先生が黒板に絵をかいてくれたのを覚えています。その絵は「花ちゃんのプレッシャーを俺が引受けるぜ」というものでした。言葉では表現できないのですが、私と池上先生の人の絵を書いて、大きくマルを書いただけなのですが、私はそれだけで救われてしまい「あーただお願いするだけでいいのだ」ということを気づかされたのでした。

その後9年間、毎年池上先生にジョイントをお願いすることができました。
そしてこのたび、PCCも2013年末で解散することで、私も池上先生のような自由な生き方を求めて進むことになります。


三軸とは何か?
それが治療術と言うのは小さすぎます。
我々お弟子は実はもっと大きなことを学んでいるはずです。
感じられないのは弟子側のキャパが小さいだけなのです。


池上先生より好奇心のあるお弟子はいますか?
私は先生のどんなことにも天の邪鬼に興味を示す姿勢を「学習に対する姿勢」として影響を受け学んでいます。

三軸は士官教育です。
与えられた作業をやるのは士官の仕事ではありません。
三軸は自らの頭で考えられる姿勢作りのための教育だと私は思います。
カラダと言うツールを使い自由自在にその学習姿勢を教えて頂いているのだと私は思っています。

この業界は一言で言えば「安直」です。
やり方を知ればできる。
背景よりも手先
未来よりも目先
3日で整体師
3日間でマスターできますか? 
そんなことばかりです。

残念ながら三軸の学びはその対極にあり、自ら学ぶ気にならなければ教えてはくれません。
学ぶには、準備も覚悟も必要です。

しかし、それさえあれば三軸をインストールでき、人生の成功者になることはあまりにも簡単なことなのです。
どうぞ後輩諸君も、勇気を持ってもう数センチ池上先生に近づいてみて下さい。
同じ空気を吸ってみて下さい。

一緒に池上先生の求める世界に触れてみましょう。

花谷博幸


sanjiku_nova at 16:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月19日

三軸修正法とはこんなもの

管理人 No.1 です。東京の秋の空もどこまでも澄んでいます。

130917_162755













 池上先生はよく、「学んだり、触れたりしたことの背景を調べて
それに自分なりの「工夫」を重ねていく姿勢が大切だよ。」と
おっしゃいます。

 「工夫」をするには、まず、自分がどれだけたくさんの情報を
持っているかということが重要です。普段、こんなもの使ってないし、
無駄かなと思うような小さなねじとかか、押しピンとか、両面テープ
とか、そんな物がなければポスターを飾るような簡単なことでも
出来ませんよね?

 池上先生ならきっと何にもなくても米つぶで貼ればいいじゃないか、
昔はみんなそのくらいの工夫はしていたぞ。と厳しい言葉を
くださるでしょう。「工夫を重ねる姿勢」とはそんな意味だと思います。

 施術者としては役に立つとか立たないとかという実利主義
ではない本当の教養をたくさん身につけると、それがなぜか
役に立つときがやって来ます。

 例えば出来るだけ異業種の人と会い、幅広い文化に触れ、
出来るだけ多くの感動体験を積み重ねるとそれが自然と引き出しに
整理されてここぞという時の力になるんです。
私も何度も経験しています。

 毎日一つの物を幅広い幾通りの角度から見られる習慣を付けて
みませんか?そのためにアシュラム・ノヴァの教室は

 「音楽の原理の話」、「物理の話」、「気象の話」
など盛りだくさんの内容となっています。ついでにもっと書きます。
 「映画の話」、「謡(うたい)の話」、「宇宙の話」、「政治と歴史の話」
「ピアノの話(これは私のことですが)」などなど。これらが「工夫」の
材料となって会員の皆さんを大事な場面で助けるのです。

いつでも通用する一つの「やり方」などどこにもないので
                         「支え」にはなりません。

 宇宙は モノ、コト、それを束ねる法則が非常に精緻に組み合わ
さって働く。しかもとても暖かで寛容なフィールドです。逆らわずに
上手な「工夫」で利用して各々がそれぞれが快適に生きるための
考え方、私はそれが三軸修正法だと思っています。

130919_144735






















うたい【謡】 とは

能楽,すなわち能と狂言の声楽部分の称。ただし,ふつうには能の声楽のみを指す。
謡は,広義には狂言をも含めて,演唱や鑑賞の対象として音楽的あるいは芸能的に
扱うときに使う名称

こちらは言わずと知れた「金のなる木」スクスクと育っています。

sanjiku_nova at 18:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月16日

期待はずれ について

会員の宮本さんから、池上先生の「期待はずれ」について投稿をいただきました。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------



アシュラム・ノヴァに新しく来ら れた会員さんに、池上先生はよく
「ここには何を期待して来ましたか期待通りというのは、もう
わかっていること。つまり来なくても良かったと言うこと。
ここでは期待はずれのことしか起きません。」
私は社寺、聖地巡りが好きで日本中を旅しているのですが、
その中でも印象に残っているのは 期待はずれのモノゴトばかり。
予定通りの行き方で予定通りに到着した期待通りの目的地には、
ネットやガイドブッ クから以上の感慨はありません。ある意味、
「行かなくても良かった」のかもしれません。情報が少なく、
行き方も 不便で、天候も荒れてて、ようやくたどり着いたり、
結局たどり着けもしなかったり、帰りの便に送れそうになった
り。

予想外の旅ほど、感動体験も大きく、強い思い出となります。
「期待ハズレ」すばらしいかも。

                        千殊むすび鍼灸院 宮本啓佑 
130409_170146

sanjiku_nova at 07:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月15日

ロープワークに学ぶ

9月1日の防災の日にちなんで

救急救命のロープワークを学びました。

ゆっくり教えていただいてもなかなか上手く縛れず、覚えられない。

池上先生は「治療も同じだよ、形だけ真似しても大事なところが

見えていないと、ダメだよ」とおっしゃいます。

常にそのようなものの見方が出来るように心がけたいと

思います。「治療を見せてください」と問い合わせが来ます。

見ても良いですが、そうやって見える物はその見学者の

知っている範囲の事だけです。それだったらそもそも勉強に

なっていないと思うのでお断りすることにしています。

今までの判断基準でみても新たなことは一切学べません。

管理人No1 

130914_190618

sanjiku_nova at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月10日

金魚お見合い写真

こんにちは、管理人No3です。

今日はさんじくひろばを私用で使わせていただきます。

実は、池上研究所のとなりの我が家で飼っている(4歳ぐらい)金魚たちに
親金魚







(右からコメットの雄(25僉法餌ねだりのうまいメス(16僉法
  オレンジのかわいい顔のメス(14僉法△い弔睫妓な(あまり口を開かない)雄(20僉砲4匹)

出産ラッシュがやってきて約500匹稚魚が育っています。(丈夫でほとんど死なないんです。)

近くの幼稚園で150匹もらってくれたり、ペットボトルに入れて5,6ずつもらっていただき、

(結構1日ぐらいはなんともないですね) 残り100匹ほど、もうそろそろ色づき始めたらしい

稚魚がいます。飼ってみたい方には差し上げますよ。

池上先生がかわいがっているのは金魚鉢の2匹、昨日から頭が赤くなり始めたのです。

赤い頭








このように先生が指を近づけると寄ってきて餌をねだります。熱帯魚と違って金魚は人に

よく慣れるのです。部屋の中で人が立ったり近づいたりすると早速寄ってきて体全体を

左右に振って「ちょうだい、ちょうだい!」とねだります。これにイチコロになって餌をどんどん

あげるとどんどん大きくなり、うちの親金魚のサイズになるので要注意ですが、おねだりの

圧力は凄まじく、これに毎日何回耐えられるかどうかぜひ試してみてください。絶対に勝てないと

思います。(笑)

寄ってくる金魚













さて、戦後間もない日本と違うので、結婚する日に初めて会った、というのも変です。

いま、もらわれていくのを待っている金魚たち、ちょっとごらんにいれましょう。

カタログ





No1 M先生 、管理人No2 F先生  ありがとうございました。












sanjiku_nova at 11:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年08月06日

押方さん、おめでとう!!!

先週末に会員の押方さんがキックボクシングの大事な試合に
勝ちました!!押方さんおめでとう!!
こちらに記事が載っていますので是非ご覧ください。

試合の記事
▲押方(右)がタイ人選手を撃破
http://efight.jp/result-20130804_20666

格好いい!、、ところが、私管理人No3はせっかくお誘いいただいたのに
応援に行けなかったので、ここに載せる写真がありません。
今度の試合はまた誘ってください。 見たかったなあ!

sanjiku_nova at 19:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2013年07月29日

韓氏意拳の一日体験のこと

日本韓氏意拳学会会長 光岡英稔先生の 1day 基本講座に池上先生と行ってきました。

武道の稽古を一日中頑張ってしまったら1日、2日後には

もしかしたら動けなくなるかも知れないと思っていたのですが

光岡先生が仰るには、「体は今までに筋肉痛になったことがない

ところが多少活性化するかも知れないけれど、武道の型は

やり過ぎて体の部分を痛めたりしない、いや、痛まないように

作ってあるから」とのこと。動きの中にはどうやったって今の

私には無理と思われる動きも多々あり、心配しました。ところが

実は夜の間にトイレに頻繁に起きるたびに体中に滞った水分が

どんどん出るでる。そして、走ったりしたあとの様な局所的な痛みはない。

のです。松本では池上先生を毎日調整している私(管理人No3)は

先生の体にも別段つらそうな部分が全く無かったことを報告しておきます。

韓氏意拳と、導師光岡先生に感謝です。池上先生も元気ですねえ。

光岡先生に直接教えていただかないと、1/10も伝えられないので

控えめに内容を報告しますが、「自分が存在しなければこの世は存在

しない。」という気持になり、自分自身の指先から足先まで気持を

行き渡らせることがとても大事。そして自分自身が自然と一体である

ことはとてもデリケートなバランスだと今日の稽古を通じて教えていただきました。

原野で生きていればそのバランスを保ち続けることで今より何倍も

パフォーマンスを上げないと生きられなかったし、実際私たち人間は超人的な能力を

発現できるのです。そのパフォーマンスの一例として先生が見せてくださった

のは「女性でも米俵5俵(300kg)を担いでいる姿。(明治時代、

写真が残っています。)!!!!つい、最近のことじゃないですか!!」

くしゃみをしたらぎっくり腰になる昨今の人類は大いに反省し、

韓氏意拳の「型」を通じて本来あるべき体の使い方を思い出されたら

いかがでしょう。




sanjiku_nova at 18:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月23日

背景が見えてしまう話

集中講習会に池上先生が読んだ本の中で心に残った本を

受講者へのプレゼント兼教材にするのです。今回は島地勝彦 (著)

「まよったら二つとも買え」です。超訳すると「無駄遣いの勧め」

なのだけれど、集英社、プレイボーイ誌で重役を務め、発行部数を

倍以上にのばした著者が日本の名だたる作家達とのおつきあいの中で

得た生きるための心得集とも言えます。かなり色艶のあるお話を

オブラートにしてますが、実は芯のしっかりした生き方読本。

受講者にも賛否両論あったのですが、持ち前の行動力で会場近くの

デパートに出店している著者の店にさっそく突入、運良く著者と

会えた上に集中講習会で習ったばかりの技で治療までして、

著者の身体の調子がよくなり、とても良い関係をあっと言う間に築いて

しまった受講生がいるのです。その二人組のうち、喫茶店のマスターOさん

からお話を伺いました。もう一人のMさんはさんじくひろばの集中講習会の

記事にコメントをくださっていますのでそちらを読んでください。



まず、その超高級品ばかり置いている店で、本物のブルーマウンテンを

飲めることを発見、喫茶店30数年のOさんがブルマンをありがたがるのは

日本人だけだとか、ちょっとだけ蘊蓄を披露すると、著者がすぐに興味を持って

「君たちはなんで来たんだ?」「かれこれ然々で、講習会の帰りです。」

「僕も肩痛いんだけどね。」というわけで覚え立ての治療を試したところ

著者だけでなく、その友達2名、ついでにOさんもお客さんまで調整をしたら

良くなってしまった!島地さんはシガーの味が元に戻ったと喜ばれたそうです。

Oさんは、非常に高級店なのに起きていることがとても場違いで可笑しかった

そうですが、あっという間に5人も治療して効果を出してしまった二人は凄い!!

それにしても、店主(売れっ子作家でもある)がすぐに「出来るな!」と

対等に話をしてくれたのは今原稿を書いている管理人No3の考えでは

間違いなく、Oさん達2人が今まで生きてきた背景が、価値のある後光を発していた

からだと思います。人間づきあいとはそういうもので、そのとき何を言ったとか

どんな物を身につけているとか、そんなことでは無いと思う。ちらっと見たら

分かる、、一言、言葉を交わしたらわかる。いや、立っているだけで感じる

そういうものでしょう。三軸修正法は「やりかた」の習得ではないんです。

立ってるだけで周りの人の体調も良くなってしまう。皆さんそんな人を目指しましょう!




sanjiku_nova at 22:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年07月22日

集中講習会を終えて

集中講習会に出席してくれた会員がアシュラム・ノヴァの教室

に来てくれた。今回池上先生はいつもとちょっと違いを出して

くださって、見せてくださっている行為自体はちょっと超能力に

見えたり、ただ一瞬触っただけでなにもしていないように

見える内容もあったのですが、きめ細やかに説明してくれたのです。

大事なのは別なことだと日頃の教室で聞いている会員達には

普段いまひとつはっきりしなかったことが霧が晴れたように感じ

たようで、今までに見たことの無いような感じの表情の明るさから

自信のような確信のようなものが見えました。今回の集中講習会

はよかったなあと思います。またこれからもお楽しみに。

              管理人 No1

building
(何かが起こりそうな、そんな予感のする当日の空)


sanjiku_nova at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月17日

集中講習会風景と健康にいい音の予告

130715_104421

130713_154806

























集中講習会の一幕、みなさんご苦労様でした。

今度11月には皆さんの「脳力」アップをします。

今、研究中の「頭が良くなる音」を皆さんにお聞かせしますね、

池上先生含め3人である研究者のオーディオ装置から出る音で

身体がどう変わるのか体験してきました。

そして共同で脳力(誤植ではありません。頭が良くなるのです。)

のアップのための特殊な装置を開発することになりました。

体験者としてどうなるのかというと、、後頭部に気持ちの良い

「広がり」を感じて、身体の血行がよくなり、顔を見ると

1時間ほどでうっすら上気して顔色が良くなってきます。

手も温かくなり、身体全体が気持ちよくなってくるのです。

すでに着々と準備が進んでいて、11月の集中講習会の

数日間、たっぷりとその「音」を浴びていただきたいと思います。

池上研究所は機械作りが大のお得意なのはご存じですね。

お楽しみに、お帰りには身体と脳がバージョンアップして

いいことが起き始めているかも知れません。

sanjiku_nova at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月16日

集中講習会にて

アシュラム・ノヴァの三軸修正法集中講習会が行われました。

今回の参加者はいつにも増してとても感受性豊かで視野の広い

方々でした。皆さんご苦労様でした。また、遠くからお越しいただき

ありがとうございました。

二日目の夜に懇親会が開かれるのですが、直前まで滅多にないほどの

豪雨、雷まで響き渡り、歩いて10分ほどの会場までどうやって移動しようか

気を揉んだスタッフでしたが、和気あいあいとした中に真剣さあふれる学びの

ムードが天に伝わったようで、移動直前にからりと晴れたのでした。

懇親会では、皆さんの感想を披露していただいたり、生のクラッシックギター演奏を

鑑賞したりします。池上先生のアイディアですが、治療法のセミナーだからといって

押したり引いたりの練習だけでは、味気ないし、患者さんと馴染んで抵抗がない

状態を作らなくてはならない私たちに必要なのは一にも二にも豊富な教養。

すばらしい人材育成の場に音楽ぐらいあって当然なのです。禁じられた遊び

やアルハンブラの思い出といった誰でも聴いたことのあるスタンダードも間近で

聴くと、CDとは全く違う曲に思えます。3日目は非常に良い質問が沢山出て

池上先生に全員が調整してもらえるだけでなく、考え方までハッピーになった皆さんが

お帰りになった後にはちょっとアカデミックなさわやかさが残っていました。

また11月の集中講習会にお待ちしています。

130713_152855




sanjiku_nova at 19:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月02日

MB整体&三軸修正法ジョイントセミナー報告

6月30日松井先生に並々ならぬ意気込み満載の記事を投稿していただいた
MB整体&三軸修正法ジョイントセミナーが行われた。

アシュラム・ノヴァからもnaniの会からも沢山の参加者が集まり、
大賑わいのセミナーは午前中にMB整体の実技練習。午後から
池上先生の三軸修正法セミナー、3分施術がメインテーマ
だ。

午前中は私、三軸広場管理人No3 のみ参加を特別に許していただき
初体験。会場は参加者の年齢が若いこともあり、非常に活気に満ちた
雰囲気の中、次から次へとMB整体の基本テクニックを、を身体を
実際に動かしながら練習した。実に合理的で無駄がない。

この場で多くはお伝えできないが、幅広い患者に対応できるように
非常によく練られている。半日間ただただ感心した。

松井先生の説明は細やかでジョークを交えながらも非常に親切。
さすがMBと感心しきりである。松井先生、スタッフの
皆さん、ありがとうございました。

Image2

午後からは池上先生の三軸修正法セミナー雰囲気ががらっと変わり
こんどは信じがたいほど僅かな刺激、いや触っても居ないのに
被験者の身体が変化し続ける、次の人も、また次の人も数秒で
違和感が緩解してしまう。3分ではない、3秒だ。

アシュラム・ノヴァでも、この領域に達するために練習を開発中なのだが、
とにかく誰から見ても多分奇跡にしか見えない(今回の参加者もそうだろう)
ので、いまだ、コンセプトと、それにより起きる現象をお見せするしかないが、
池上先生とアシュラム・ノヴァで基本知識を身につけながら時間を共有し、
その上に松井先生のように独自に様々な工夫を積み重ねると、MB整体が
誕生するという出来事が顕現する。それで十分なのである。








sanjiku_nova at 20:27|PermalinkComments(3)TrackBack(0)