2005年10月

2005年10月28日

青木湖に行ってきました!

毎年恒例の青木湖に行ってきました。

なんで恒例なんですかね?いつから始まったのかな?

ここはひとつ、赤羽先生にコメント貰いましょう!!←強制的。

『大変なんだから〜!!』が口癖の赤羽先生。

だいじょうぶだいじょうぶ♪コメントは簡単だよ♪

毎年、いろいろ企画をしてミュージシャンを呼んで音楽会などをやっているのですが、今年は静かにやろうということになり、ゆとりある青木湖でした。

出発の日、新宿ではシトシト雨が降っていたので、「こりゃ〜信州は寒いよな〜」とビビッていたのですが、お天気にも恵まれ、思ったより寒くなく快適な旅。
去年は非常に寒かった(涙)。

皆さん、温泉に浸かったり、カヌーに乗ったり、非常に充実した週末、感動体験をされていたように思われます。

『カヌーが上手に出来るようになれば、三軸はわかるよ!』と池上先生は木曜日の教室でよくおっしゃります。

しかし。。。

他にもあるのです。このての話が・・・。

『ウクレレをマスター出来れば三軸はわかるよ!』
『数学がわかれば三軸はわかるよ!』

さて池上先生は何をおっしゃいたいのでしょうか?

基本的にはモノゴトの本質は同じなんだ!

ということでしょうか?

1つのコトを継続して時間をかけて本物を会得したなら、違う分野にも応用でき、自分で考えることが出来る。何でもいいからある一定レベルのモノを仕入れましょう!
これはあくまで私個人の意見なので。

池上先生に聞いたら全然違うかもしれませんが・・・。

『はぁ〜。この青年はまったくわかってない。』と言われそうです(笑)。

是非皆さんの意見を聞いて見たいのでコメントよろしくお願いします。

あっ!カヌーで思い出した!!

今回のカヌー指導は池上先生の息子さんの悟朗さんで、悟朗さんも商船学校を出ていらっしゃいます。

悟朗さんといえば『これタネ』ですよね。

『これタネ』を早速UPしますね。↓をクリックしてみてください。

『これからまくタネ』

以前はオフシャル三軸HPで動画を組み込んでやっていました。

しかし、動画は非常に大変だそうです!!夏はPCを扇風機で冷やしながら動画を作成するとのこと(驚)。そうしないとPCが熱でやられちゃうんだって。時間もメチャメチャかかる。

それで静止画になったのですが、私のPCスキルがなかった為、なかなかホームページにUPすることが出来ずに、今まできてしまいました。

そこで、今回、ブログ形式でUPします。

また、恐ろしい六朗お父さんの爆裂、暴走っぷりがお届けできます(汗)。

あら?青木湖の感想を書こうと思ったのに全然違う所に落ち着いちゃいましたね(笑)。

ちなみに前回書いた連弾の「アヴェ マリア」はずたぼろで、何事にも準備が必要だということを身に染みて感じた信州旅行でした。


以上。

藤巻 吉貴

sanjiku_nova at 13:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)感動体験 | 感動体験

2005年10月21日

逃げてはいけません!!

未来完了形で物事を考えるのがいいと「身体の言い分」に書いてありましたが、女性関係はどうしても過去完了形の藤巻です(笑)。

過去に生きているってことなのね。とほほ。

さて話は変わりまして、

今週のアシュラムですが、なんとか誤魔化して、宿題発表はなし(喜)。

何でかって?池上先生はご本に夢中だったからではないでしょうか?

その本とは?

街場のアメリカ論 内田樹 NTT出版

11月の集中講習会に参加される皆様には資料として配られる本です。

三軸の考え方がわかりやすく書いてある、まさに三軸の為の本である。と池上先生はおっしゃっていました。

内田先生も「三軸修正法 BABジャパン」の前書きに

「三軸修正法」の今日的意味について一般読者にアナウンスするという愉快なお仕事を引き受けていきたいと考えている

と述べられています。

それで、この本をお書きになったのか?!

そう思ってもおかしくない内容です。お勧め本として紹介させていただきます。

藤巻苛めを救ってくれた本なので、私も一生懸命読みたいと思っています(笑)。

題名になっている「逃げてはいけません!!」とはなんなのか?

これは最近、池上先生から教えていただいたことで、「ああ、なるほど」と私が膝を打ったお話です。


藤巻『最近、講習会が続けて行われていますが、池上先生は講習会前は緊張しないんですか?何喋ろうか?とか。』

池上『緊張はしないね。なに喋るかはその時にならないと分からないから、決めていっても意味ね〜だ。』

藤巻『えっ!そうなんですか?』

池上『(黙って頷く)』

藤巻『ほう。』

池上『昔は命がけの仕事してたから、それに比べると全然。』

藤巻『ああ、なるほど。僕ならお腹痛くなりますけどね(笑)。』

池上『それは逃げだね。そういうのなんて言うか知ってる?』

藤巻『さぁ〜?』

池上『現実逃避って言うんだよ』

藤巻『・・・。』

池上『プライドの高い人に多いんだけど。自分の中の理想と現実にギャップがあるんだよ。現実を認めたくないから逃げる。』

藤巻『ああ、自己防御機構が働くんですね。それで病気になったりするんですか?』

池上『うん。』

藤巻『藤巻の腹痛も現実逃避・・・?』

池上『そうそう。』

藤巻『どうすればいいんですか?』

池上『とにかく、嫌なものでもやるの。そうすると、脳の繋がりがそういう方向になってくるから。』←おそらくシナプスの連絡のことだと思われます。

藤巻『とにかくやってみる?』

赤羽『そうよ!お腹痛いって行って、家に戻っちゃうんだから(笑)』←いきなり出てきた藤巻の宿縁。

藤巻『だって大変なんだよ、お腹痛いと冷汗だらだらなんだから。』

赤羽『家に帰れるなら、来れるでしょ?』

そういわれてしまうと何もいえないですな(笑)。確かに途中駅でお腹が痛くなっても、家に戻れるなら、新宿にも行ける様な・・・。移動距離はそんなに変わらない・・・。

でも安心感が違うよね???

池上『とにかく、やるの。丹田に力を入れて、ふぅ〜って息を吐いて、吐ききったら「よしっ!」って行動するの。』←実践してくれました。

藤巻『中村天風先生みたいですね。わかりました。』

池上『だれしも多かれ少なかれ逃げる傾向はあるんだけど、そこで逃げないでやるの。その逃げてない自分が格好いいの。自分に酔える。』

藤巻『なるほど!電車に酔ってる場合ではないと(笑)。』

赤羽『そうよ!講習会近いんだから休まれると困るんだから(怒)。』

藤巻『へいへい。』


ということで、何事も逃げては駄目ということです。

しかし・・・。

明日から毎年恒例の信州青木湖に行きます。そこで、今週の火曜日に、赤羽先生からメールが・・・。

『アベマリア出来ますか?』

去年、「アベマリア」という曲を強制的に赤羽先生とピアノで連弾したのですが、
今年も出来る?とのメールです。

出来るわけなかろ〜が!!(汗)

赤羽先生はピアニストだから直ぐに出来るかもしれませんが・・・。

もっと早く言ってくださいよ。無理無理。準備出来ないじゃん!!

これを逃げというのでしょうか?あぁ〜ホント明日やるのかな〜(心配)。

たまには、気楽に旅行というものがしたい今日この頃です。でも逃げません。逃げません。←二回言って、なんとか自己催眠をかける(笑)。

以上。

藤巻 吉貴

街場のアメリカ論


sanjiku_nova at 14:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)藤巻の独り言 | 藤巻の独り言

2005年10月14日

朝日カルチャーセンター講習会

今日は、朝日カルチャーでの講習会でしたね。

どうだったんだろ?池上先生の毒は炸裂したのでしょうか?

藤巻はそろそろ国家試験モードにならないといけないので、今日はパスさせていただきました。

そこで先輩の松井真一郎氏に今日の感想を書いてもらうことに。

コメントをクリックすると感想が読めます!!

以上。

藤巻 吉貴


sanjiku_nova at 23:43|PermalinkComments(7)TrackBack(0)三軸講習会 | 三軸講習会

最近のアシュラムは・・・。

今日の教室はのっけからミサイルが飛んできました(苦笑)。

「先週、関西セミナーでいいこと聞いたから今週は教室お休みしちゃおうかな?!今週はお腹いっぱいだし。むにゃむにゃ・・・。」と寝ぼけながら思ったことが伝わったんですねきっと・・・。

恐ろしい(冷汗)。

教室が始まるやいやな。

池上『何か話題はありませんか?』←生徒さんを見回す。

一同『・・・。』

池上『ないですね。』←笑いながら藤巻を見る。

藤巻『えっ?!』

池上『じゃあ、宿題!!』

藤巻『え〜、3週連続なんですけど・・・。』

池上『え〜じゃない!はい、やる!!』

アシュラムの教室では、毎週苛められるのですが、その都度、宿題が出ます。

自分が曖昧で答えられなかった箇所を

来週までに他の生徒さんにわかりやすく説明できるようにしてくる!!

という無理難題なのです(笑)。

そんな簡単にできねぇ〜っつ〜の!!

おっと、言葉が悪くなってしまいました(笑)。

「来週までに調べてきて発表して!」と言われるのですが、大抵池上先生が忘れていてやりません(笑)。それで、忘れかけた頃に「そういえば、宿題あったよね?」となるわけです。え〜、やり方が汚いです(笑)。

しかしここのところ3週続けて宿題攻撃(焦)。

皆さん、藤巻を助ける為に話題提供をお願いしますm(_ _)m

藤巻は池上先生の目の前に座っているので、よく質問されます。

他の生徒さん達は私のへんてこりんな回答を聞いて

『なんで、あいつはこんな簡単なこと答えられね〜んだ?アホか???』

と思われていることでしょう・・・。

しかし、あの三日月様の口で微笑みながら質問されて、前に出ると、頭の中が真っ白になってしまうのです(汗)。

よくTVでクイズ番組を見ていると、簡単な問題を答えられない人がいますよね。

たぶん、藤巻と同じ状況に陥っているんだと思います。

『あいつ、ばっかじゃね〜。こんな問題も答えられないのかよ。情けない・・・。』となるじゃないですか。

でも本人は緊張してて頭が真っ白なのです。

とほほ。

アシュラムでは何を言ってもダメなのです(笑)。完璧な回答が出来ないようになっているのです。

身体には感動体験がいい!!と講習会などでおっしゃってますが、どうもあの苛めは身体に悪いような・・・。どんどん自信低下していくんですけど・・・。気のせいですか???

『なにを言われても平気にならなきゃ駄目だよ♪』って言われて終わりそうなので聞いていませんが(笑)。

毎回、最後は藤巻が笑われて終了♪

次回は頑張りますよ!!トリッキーな回答をしたいと思います。

さて、アシュラムではどんな宿題が出るのか気になりますよね?

ではご紹介いたしましょう。

/拌咾録びないのに、なんで前屈や後屈が出来るのか?

⊃軋力と錐体外路の違いと走行。(普通に筋肉が動くには脳のどこから出て、どういう経路を通って、最終的に筋肉に達するのか?)

H深佑砲弔い得睫世垢襦(筋紡錘と腱紡錘の違い。繊維の太さや働きも詳しく。)

ど┫慇瓩凌拌咾砲弔い董覆覆鵑如∪戯造覆鵑峠侏茲襪里?)

シ埔突起はなんであんな尖がった形状をしているのか?

ζ酸ってどうなるの?どこに戻るの?その経路は?


などなど。最近の宿題はこんな感じです。まだまだいっぱいありますが(苦笑)。

こりゃ〜苛めがいがありますよね(涙)。しかも忘れかけた頃に言われるので・・・。

ぜひ皆さんもやってみてください。

アシュラムに通っている人はドンドン助けてください。よろしくお願いいたします。

以上。

藤巻 吉貴

sanjiku_nova at 00:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)藤巻苛め?! | 藤巻苛め?!

2005年10月13日

三軸修正法の訂正箇所です。

自然法則がカラダを変える!三軸修正法(BABジャパン)の訂正箇所をお知らせいたします。

徐々に訂正されてきていますが、以下の3点は修正が必要です。

P104 前から7行目 〜かなり遠く感じられます。→〜かなり速く感じられます。

P222 後ろから3行目 PRに回せば〜 → PBに回せば

P223 後ろから6行目 任意のモノをYRの回すと、〜 → 任意のモノをYR回すと、

の3点が修正箇所です。

兵庫県の中尾 勝則先生から指摘されました。ありがとうございました。

以上。

藤巻 吉貴

sanjiku_nova at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)お知らせ | お知らせ

2005年10月11日

関西三軸修正法講習会

関西講習会無事終了♪

参加された皆様お疲れ様でした!

企画運営の三宅先生お疲れ様でした。

いろいろありがとうございました。ペコリ。

「身体の言い分」の出版記念パーティーでは、皆さん「さんじくひろば」を読んでくださっていたようで、会ったことがない初めての方も私のことを知っていて、緊張せず話すことが出来ました。

関西の人は顔は怖いけど、皆さん優しい方ばかり♪

はじめは、「関西こえ〜、誰も知ってる人いないし、完全にアウェーだな」と思っていたので(笑)。

『藤巻君、ひろば止めたの?』とか、『全然更新されてないけど・・・。』

と言われましたが・・・。笑って誤魔化しました(笑)。

9月は試験月間でして。。。←言い訳

これからはまた書いていきますのでよろしくお願いいたします。あと「これたね」も原稿を頂いているので、近日公開します!!

さて講習会はどうだったかといいますと、大成功!!今回は、何回も受講している方もいるし、初めて三軸修正法に触れるという方もいらっしゃったので、始まりは池上先生も様子を窺っているようでしたが、徐々にエンジン全開になり、「身体の言い分」のような毒を吐きつつ、お昼休みの後は最後まで休憩なしで突っ走ってました(驚)。

70歳とは思えない体力ですね。

先日も。。。

池上『若い時、空手やってたんだよ。結構強かったんだぜ。』

言い終わるやいなや、いきなり藤巻の大事なところに蹴りが飛んでくる(汗)。

藤巻『いやいや、危ないんで・・・。』

池上『今、足の親指がちょっと上に向いていたら、潰れてたね(笑)。』

藤巻『・・・。』

毎週、肉体的にも精神的にも追い詰められる藤巻(笑)。

今週からは朝日カルチャーセンターで講習会です。

池上先生はまた突っ走ることでしょう(笑)。

以上。

藤巻 吉貴

sanjiku_nova at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)三軸講習会 | 三軸講習会

2005年10月06日

悲しいお知らせ。1

先月の24日に、「さんじくひろば」でも紹介した「高田のお父さん」こと、高田明作氏がお亡くなりになりました。

お父さんは池上先生と同い年で、防衛大学校出身のモラルの高い自衛隊のリーダーだったお人。陸上自衛隊ではかなりのご身分だった方です。

ご夫婦で10年ほどアシュラムに通っておられました。

池上先生に聞いた話ですが、入会当初のお父さんは黙って座っているだけで非常に怖かったそうです。

顔はかなり怖い(汗)。デカイ(大汗)。

教室でも、お父さんが座る隣は必ず空いてたと聞きます。

アシュラムに通って、お茶目なお父さんに大変身。ほんと優しい笑顔のかわいいお父さん。
オカリナや篠笛をこよなく愛するお方でした。

アシュラムでも池上先生と育った環境が似ているということもあり、物理的な説明などをわかりやすくしてくださいました。

池上先生は「高田ご夫妻が入会してくれてホントに良かった。」と言っていました。
「やっと物理の話をわかってくれる人が来た!」と喜んでいました。

高田さんが来てなかったら、もう物理の話はやめていたかも・・・。とおっしゃっています。

ほんとに寂しくなります。。。

急なことで、私自身、気持ちの整理がなかなか出来ず、文章にするのに時間がかかってしまいました。個人的にもお付き合いをさせていただいていたので、なんとも言葉になりません。

亡くなる前の週まで元気にアシュラムに通っていて、話も楽しくしていたのに・・・。身体はどこも悪くないように見うけられました。

ご自身の著書の改訂版を出すんだと意気込んでいた矢先・・・。

ご冥福をお祈りいたします。

↓の本をクリックするとアマゾンに飛んで、高田のお父さんの本を購入することが出来ます。

以上。

藤巻 吉貴

THE SHISOKU


sanjiku_nova at 13:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)アシュラム ノヴァ | アシュラム ノヴァ