2006年10月

2006年10月19日

講習会に多忙な池上先生!

青木湖が今月の1日で、6日に朝日カルチャーセンターでの講習会が、8日に三宅先生主催の関西三軸修正法講習会、28日に日本咬合学会学術大会(弘前)、次の日に秋田と・・・。

毎週木曜日は、新宿でアシュラムでの教室。

不死身ですか?!池上先生。

あの〜アシュラムの集中講習会も11月にあるんですけど。。。
忘れてないですよね?!

とにかく、移動距離が凄いですよね。

船乗りだったので、乗り物は慣れているのでしょうか?!

いや〜疲れますよねふつう。

この間の青木湖研修の時に「あずさ」に乗りましたが、もう半年に1回でいいですね私は。

本当にタフです。

「お疲れ様ですm(__)m」と声をかけると、「俺は疲れてないよ!」といつも言われます。
なので最近では「ご苦労様です。」と声をかけることにしています(笑)。

そうすると、うんうんと頷いてくれるので。。。

皆さんも講習会が終わったら、「お疲れ様です!」ではなく「ご苦労様です!」と声をかけてましょう。

すると、口が三日月になって喜んでくれるでしょう。

私は口が三日月になった池上先生を見ると、トラウマで緊張してしまうので、遠くから見守っています。


sanjiku_nova at 18:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)三軸講習会 

2006年10月12日

青木湖研修無事終了。

今年の青木湖研修(旅行?!)も無事終了。

前回、書いたように、今回は鍵盤ハーモニカの「はざま ゆか」さんをお招きして、音楽会を開催♪
これも三軸ならではの企画ですよね。
他の治療家集団で音楽会を開催しているなんて聞いたことがないですから。

ピアニカかよ〜と言っていたら、ピアニカではないようです(焦)。。。
ピアニカとはYAMAHAの登録商品ではざまさんが使用しているものは、「鈴木楽器製作所」が製作しているメロディオン・YUKAModelというらしい。

YUKAModelって?!自分のモデルがあるってことですよね?やはり一流は凄い。
普通のハーモニカとどこが違うのかと聞いたところ、微妙なタッチや音質が違うらしいのです。

素人の私にはさっぱりわかりませんでしたが・・・。

微妙な音や専門的なことはわかりませんが、演奏を見た感じもうプロです!!
指使いが早いこと早いこと!!
前世は絶対「ムカデ」ですね。よくもまぁ指が縺れないで、あんな早い曲が弾けるなぁ〜と。

想像を絶する量と時間をかけて練習をされているんだろうな〜とヒシヒシと伝わってきます。

会場にも2時間前に入られて、入念なリハーサル。
少人数のコンサートにも関わらず、決して手抜きのない本気ステージ。

青木湖の大自然と一流の音楽家とのコラボレーション。

もう感動体験と表現するしかありません!!

感動しすぎて、夢の世界に誘われてしまった方も多々いらしたようですが(笑)。

あとは、青木湖の大自然を感じながら、カヌーをしたり、日頃の疲れを癒しに温泉に入ったりと。

そして最後に、おいしい夕食をいただいて、大満足の研修(旅行?!)になったんじゃないかと思います。

宴会をやるところには、ピアノやキーボードもあるので、弾ける人はどんどん披露しちゃってください♪
弾けない人もあと1年あるので、練習をして、披露するのもいいかもしれません。
今年の私は練習する時間がなかったので、披露ではなく疲労させてしまった感がありますが・・・。

池上先生は曲名を言うだけでピアノを弾いてしまいます。
半年、練習して完成させた曲も、一度聞いて、それをその場で演奏してしまうのですから。。。

なんともまぁ〜見せつけてくれちゃうお師匠さんです(汗)。

宴会では音楽を奏でながら、皆でワイワイ騒いで、普段では聞けないような、池上先生の裏話も満載です!!

参加したことのない方は是非来年一緒に行きましょう!!

三軸修正法を知識をして理解するのではなく、感覚でカラダに染み込ませるには絶好の機会です。感性が磨かれます!!


藤巻吉貴

sanjiku_nova at 18:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)