三軸修正法集中講習会無事終了!!関西講習会のお知らせ

2006年07月20日

毒が回る・・・。

月曜日に集中講習会が終わり、3日後にアシュラム・・・。
三軸強化週間に突入しています。

今週は信州のほうで、大雨とニュースで流れていたで、こりゃ〜池上先生は信州から出てこられなくて、アシュラムは休講だね♪と予想していたのですが。

毎回のことながら、世の中そんなに甘くはない!!
普通にいらしてました(笑)。ありゃ?!どうやっていらしたのでしょうか?
確か水曜日から中央本線は運休のはず。

怪しい感じがしたから、前日に出てきたそうで・・・。しかも新幹線で(驚)。

講習会でもお話の中にあったように、池上先生はCELESTIAL VISITANT の存在を心底信じているようです。

ふと、「次の日だと危ないな・・・。」と感じられたようです。

『身体の言い分』でもおっしゃられていますが、この「ふと感じること」が重要なようです。

三軸修正法もふと感じて生まれたようです。
それだと、説明がつかないので、物理用語にリンクして説明されているようです。
なぜ、物理用語なのか?と言うと、共通言語を使わないと人によってちがった解釈になってしまうからだそうです。

よって、三軸修正法に触れられる方は必然的に物理用語を仕入れるはめになるのです(涙)。

「三軸修正法」は物理用語を仕入れて、原理原則さえ押さえてしまえば、あとは何をやってもいいのが長所でもあり短所でもあります。

何をやってもいいといわれてしまうと、実際何も出来ないことが多いですよね。
でも、いったん、自分で考えて自分流を作りあげてしまうと、それは無限に応用がきくわけです。

この物理用語、原理原則は始め、しつこいくらいやりこまないと駄目だと教室の中でも毎回、池上先生は仰っています。私も当てられてちょっとでも言わなければならない箇所を飛ばすと、必ず苛められます(汗)。
最近では、プレセッションの説明で使うドラムのバチで叩かれます!!

最近では避けるのが上手くなったとお褒めのお言葉を頂ける様になりました(笑)。
説明で褒められたことは、一度もない・・・。

それだけ原理原則は重要ということ。

そんなわけで、また淡々とやるしかないです!!
(尺八もね・・・。)


藤巻 吉貴

sanjiku_nova at 13:30│Comments(6)TrackBack(0) 恐怖の木曜日 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 早川 淳一   2006年07月21日 10:22
 集中講習会の後なので、数名新しい人が来るかと思ったが、午後の部は0だった。(午前はいたのかな?)
 私の経験談で恐縮なのですが、集中講習会で驚きと感動をしたのならば、そしてそれを自分の物にしたいならば、アシュラムに来る事は必須とはいいませんが、限りなく最短距離だと思います。
 たぶん、ほとんどの人は天才だとは思われませんので・・・もちろん、私も天才ではありません。
 ちょっと、説教調で悪しからず。
2. Posted by 京谷明弘   2006年07月21日 15:19
 ほんとに物理用語知らないといけないですね。

 私も「新しい高校物理の教科書」という本を買ったのですが、
さっぱり解らなかったんです。
前々回に池上先生が「あれは解る人が書いたから・・・」
と言っていたのでなるほどと思い、書店で中学の理科の参考書を
見たところ「解らない・・・」。
思い切って小学生の理科を見てみたらなんとか解る?といったところ。

 そこで自分は小学校の理科から解らなかったということが分かった。
滑車とか動滑車なんて小学生の問題だったなんて・・・。
おそらく、算数も同じようなもんでしょ。
ということで小学生の理科、算数から始めようと思ってます。
 
3. Posted by 京谷明弘   2006年07月21日 15:30
 桜が咲き出した頃から雨の季節までの短い期間ですが、得たものは
とてつもなく大きい。
今日、浅草を歩いていたら「健康」なんてものはないと
いうことが前より解った。
どうやら、うまく発酵したようです。
まだ解らないことだらけですが、次行くまでには
発酵も進んでいるはず?

 三軸のダークホースとなるよう、しばらく牧場に行きます。
奥さんにはダークホースというよりダークキャメルと言われるか?
(遅そー)

 藤巻さんのさんじくひろばは、夫婦で楽しみにしてます。


 すみませんが、これを池上先生に伝えて頂けますか。

先日話していた本です。

「人は何故左へ回るのか」   宮本敏雄著  近代文藝社

富山の商船高校を出て航海士もしていたようです。
4. Posted by 藤巻 吉貴   2006年07月21日 18:10
早川先生の言われているように、確かにアシュラムは最短距離かもしれません。
毎週、池上先生のお話(苛め?!)を聞けるのは、非常に恵まれていると思います。

しかしただただ池上先生のお話を伺っているだけでは、もったいないと思います。
多少の成長は見込まれるとは思いますが・・・。

常に自分の器を大きくして、少しでも多くのものを取り込めるよう、日々の努力が必要だと思います。
木曜日がアシュラムなのではなく、他の曜日が本番だと思います。(って勝手に思っています)
5. Posted by 藤巻 吉貴   2006年07月21日 18:11
日々の生活に応用できなきゃ、三軸自在ではないですよね。
アシュラムという狭い空間だけで通用しても全然意味がないので。
逆に言うと、三軸は原理原則がしっかりしているので、準備の出来ている人が池上先生のお話を伺うと、一瞬で三軸が理解できると思います。

私は全然、準備が出来ていないので、最短距離のはずなのに長距離走になっています(涙)。

頑張るのみです!!
6. Posted by 藤巻 吉貴   2006年07月21日 18:44
>京谷先生

物理は確かに難しいですよね。私も高校時代は化学と生物を専攻していたので、物理は三軸に触れてから学びだしました。

尺八もそうなのですが、池上先生と私の音はムカつくくらい違いますよね(笑)
商船学校を出られて日頃、生死をかけて生活してきた池上先生と、のほほんと学生時代を過ごしてしまった青年(ちょっと腹痛になったりしましたが・・・)とでは、物理の理解度も当然天と地であります(涙)。

そりゃ〜苛められますよね。
池上先生の趣味は弱いもの苛めなんですから(笑)。

私は京谷先生のように上手に発酵出来ているか微妙なところですが・・・。
最低でも腐らないようにしないと!!

本の件は伝えておきます!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
三軸修正法集中講習会無事終了!!関西講習会のお知らせ