朝イチ治療院のすすめ自分の器の小ささ

2009年05月12日

失礼

私は結構落ち込む。

特に池上先生と比べてしまって、実力の違いや人間力の圧倒的な差を感じては毎週凹んでしまう。

でも、これって冷静に考えてみると

落ち込むってかなり失礼なことだよなって最近思いはじめた。比べることは傲慢。池上先生が何十年もかけて構築してきたことを一瞬でできるわけがない。それこそほんとに自意識過剰もいいとこ。

比べるほうが失礼で、差があって当たりまえ。同じように出来なくて当然。

「俺には全然出来ない・・・。」と落ち込むことが出来るってほんとに凄い勘違いだと思うわけです。

自分のことを、どれだけデキる人間だと思っていたのだろうと。。。

自分は人よりも短時間で凄いことが何か出来ると勘違いしている。
何もできない癖に、根拠もなく出来ると思い込んでいるから、実際に出来ない現実を目の当たりにすると落ち込み、凹んでしまう。

落ち込む原因は、「根拠のない、そして誇れるものなど何もないプライドの高さ」にあった。あぁ、情けない・・・。わかるのに8年もかかりました・・・。

今、出来ていることがまぎれもない自分の実力。
いくら悔しがって泣いてみたところで現実は1つも変わらない。
ここは冷静に自分の実力を分析して、自分のポジションを客観的に把握する必要がある。確か、そんなようなことが「三軸修正法の原理」に書いてあった。

今の実力、ポジションがわかれば、どうやったら出来るようになるのか?そのためには何をしなければならないのか?何を仕入れる必要があるのか?とすべて逆算して、今やるべきことをおのずと知ることが出来る。

少しでも、あのでっかい人間力に近づけるように日々努力していくしかないですね。

今週も木曜日行きますか!!


藤巻由崇

sanjiku_nova at 07:39│Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 矢口   2009年05月12日 11:32
いつも拝読させていただいております。m(_ _)m

池上先生の元で勉強すればするほど、
今までいかに自分が無知であったかというコトを思い知り、ドップリ凹みます。

先生の言葉に素直に従うようになりました。
「さんじくひろばにどんどんコメントして。
 藤巻を急かして♪」
はい。どんな言葉にも・・・です。

2. Posted by 藤巻由崇   2009年05月13日 13:31
>矢口先生

人は常に自分が正しいと思い込んでいます。
自分の世界からしかモノを見ることが出来ません。
自分の価値観と違うことを言われた瞬間、心を閉ざしてしまう傲慢さが私にはまだまだあります。
自分の頭、自分の世界で物事を捉えないこと。
俯瞰的な視点で物事を捉えるようにする。
この2点を踏まえて日々精進です。
3. Posted by 花谷   2009年05月20日 11:19
学ぶことより、触れること。
その非言語の世界を感じられると世界が広がる気がしています。
そして非言語は言語の世界よりもすごく広い。
まぁその体験学習ツールが三軸だね。
4. Posted by 藤巻 由崇   2009年05月22日 17:00
>花谷先生

コメントありがとうございます。
なるほどですね。

学ぼうとするのではなく、触れるのですね。
学ぼうとしている時点で、自分の枠の中に池上先生の教えを無理やり押し込もうとしているため、ほんのちょっとしか得ることが出来ていません。

言語ではなく、非言語での学び。

奥が深いです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
朝イチ治療院のすすめ自分の器の小ささ