失礼学び

2009年05月25日

自分の器の小ささ

どうしても、自分の小さな小さな枠組みの中に今目の前で起きていることを無理やり押し込んでしまうので、折角の池上先生の言葉が台無しにしてしまう。

いけない私の癖。
池上先生がいろいろやってみせてくれて現実が変化するのに、「これってどういうことなんですか?〇〇ですか?」と今までの自分の知識や経験に照らし合わせて判断してしまう。

これをやっている限り、自分よりも大きなものを仕入れることが出来ない。

まずは自分を置いといて「うゎ、すげー!!」って素直に感じられればいいのですが・・・。

これがなかなか難しい。

↑ほら、こうやって自分の枠組みで判断してしまうのです。
「これがなかなか難しい」って言うのをグッと我慢できる自分になれば、もっと現実が変わってくるように思えるのです!!

「難しいなぁー」って思うのはいいと思うんですよ。だって自動制御でそういう思いが出てきてしまうのだから。無意識ですからね。

でもここで言葉や文字で書くことっていうのは意識的にコントロールできますよね。
無意識は鍛えることは出来ないけど、意識は自分の意思で鍛えることが出来る。

ここで、簡単に「難しい」と言ってしまう自分はかなり甘い。
言ってしまったら、どんどん無意識に「難しい」という暗示が入ってしまう。

「長年の癖だから長年かけて解決していかなければならない。よ〜し、頑張るぞ!!」と気合を入れていたら、『その考え方が良くない』とまたご指導を受ける(苦笑)。

ど、ど、ど、どうすればいいんですか。。。

『一瞬で人間なんて変わるぜ』と池上先生からレクチャーを受ける。
ホントにすぐに変わる。やっぱり何でも自分で決めている。
そしてそれが現実化してしまう。

自分の頭で考えるのではなく、目の前で起こっている現象をただただ認めて、非言語の三軸ワールドにどっぷり浸るのがいいんですね。

たまに温度が熱くて出たくなりますが・・・。


藤巻由崇

sanjiku_nova at 09:55│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
失礼学び