会員の上野さんが寄稿してくれました。記者の目から見た三軸修正法

2014年06月23日

諏訪市で三軸パフォーマンスセミナー

 アシュラム・ノヴァ会員の山田さんが、「きらら治療室」

患者さんを中心に呼びかけてくださり、諏訪市の施設で三軸修正法

のセミナーが実現しました。地方新聞の取材も入り、たくさんの受講者

のご参加を得てなかなかの賑わいです。

 池上先生は、いつものように全体の姿勢を整えるだけで、身体の

こまかな部位別の違和感や症状もたちどころに緩和することを

セミナー中に次々示し、二時間のうちに結局参加者全員を調整しました。

中でも大きな顎関節のクリック音が機能姿勢を取るだけでしなくなった

とき、とりわけ受講者から大きな驚きの声が湧きました。姿勢を、建物の

建て付けを直すように調製することで個別の症状が緩和する。三軸修正法

のコンセプトが体験を通してしっかりと参加者に伝わったようでした。

このような機会を下さいました。きらら治療室の山田先生。本当にありがとうございました。

10402897_532911033479959_8535632071198376059_n

10422566_532910850146644_3691915494975617150_n





sanjiku_nova at 07:32│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 山田恭正   2014年07月07日 08:55
三軸ひろばに当日の状況を掲載していただきましてありがとうございました。
当日参加された方々からとっても面白かったと感想をいただいています。
この様な機会を与えて下さったことに感謝しております。
ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
会員の上野さんが寄稿してくれました。記者の目から見た三軸修正法