「機能姿勢はすごいんです」8 何もしないで元気な人を説明できる。11月の集中講習会が大盛況でした

2014年11月19日

「機能姿勢は凄いんです」9 インパクトのある小さな健康法

 このプレセミナー、三軸自在の会を楽しみにして下さっている

受講者の皆さんに読んでもらいたいが、ブログなので一般の人

にも公開している。三軸修正法の「機能姿勢」は単なる治療法の

一種ではないからだ。

ここまでの記事をご覧になった方は、「機能姿勢」が正しく取れれば

ほとんど体を動かす必要も無く数秒の内に体調が良くなるのだと

いう情報を聞いてどう思ったのだろう。

「へえ、それは便利だな、肩こりや腰のだるさが自分で治るなら」

そのくらいに考えていたら、「機能姿勢」のパワーをほとんど

わかっていない。その一つの例を挙げてみよう。三軸修正法では

手技によって「自分の力(技術や体力)が相手を治す」とは最初から

言っていないことを思いだして欲しい。訓練によって手からパワーが

ほとばしる人達がいるのかも知れないが私も父もそんなことは分から

ないし超能力があるとも思っていない。人は全員「機能姿勢」によって

瞬時に体調が良くなってしまう能力があるしそれは練習によって誰でも

出来ると仮定しよう。

施術者が地球の裏側(例えばブラジル)にいる体調不良の人に電話を

して「もう治ったよ」と言ったとする。もしも、「機能姿勢」の威力がないと

すれば、この電話で相手がよくなってしまったら施術者の不思議な力

が相手を治したことになる。ところが「機能姿勢」によって呼吸が楽に

なり、目が明るくなり、簡単な腰痛や肩こりが数秒の内に改善すること

はブラジルの人にも出来ることなのだ。しかもほとんど動く必要もない。


もうお分かりだろうか。横から見たらこれは立派な「遠隔治療」なのだが

中身は全く全くまったく違うメカニズムだと言うことになる。

「機能姿勢」によって自分で勝手に治ってしまう能力をたくさんの人が

思いだしたときなにが起きるのかあれこれ考えて欲しい。

認定治療院の皆さんが、今書いている本の内容「機能姿勢」を一般の

人に指導していただき、世の中に幸せの輪を広げたいそんな望みを

もって来年の自在の会へ向けて準備をする毎日です。 G.Ikegami


 

sanjiku_nova at 10:20│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「機能姿勢はすごいんです」8 何もしないで元気な人を説明できる。11月の集中講習会が大盛況でした