参加型評価で改善!のブログ

NGO/NPOなど非営利活動をより良くする参加型評価について、一般社団法人参加型評価センター代表理事の田中博が知識・経験を情報発信し、関心を同じくする皆さんと共有・意見交換するブログです。Eメール: tanaka.pecenter@gmail.com

MSC入門オンライン・フルバージョン研修成功裏に終了(6/27)

6/27にMSC入門オンライン研修のフルバージョンを10名の参加で行いました。

参加者は、NGOワーカーや大学教員、大学院生、会社員、全国から遠くはミャンマーから参加がありました。距離を問わず参加できるところがオンライン研修の強みですね。

講義の後、ペアに別れてステップ4「重大な変化を集める」演習、2グループに別れて事例にもとづくステップ5「最も重大な変化を選ぶ」、お互いのグループの選択結果を発表し合うステップ6「フィードバック」まで、MSCの主要3ステップを体験しました。オンラインでも対面研修のようなグループワークができるところがZoomアプリのすごいところです。最後にMSCの有効活用について意見交換を行い、90分があっという間に過ぎました。

アンケートからは「自分で物語を話す際に、非常に難しいと感じました」「MSCが評価の目的が学習(と改善)に着目している点(が印象に残りました)」「最初は、よいストーリーを探してくるのが大事だと思っていましたが、選択の過程こそが大事で、その団体が大事にしたい価値観などが浮き上がってくるのがポイントかと思いました」など、手法の本質を捉えた感想がありました。

一方「時間が短かった」なども要望や、私のZoom操作に改善の余地があるなど課題もわかりました。
次回からは、もっと上手にやりたいと思います。参加者の皆さん、ありがとうございました。

国際開発学会の春季バーチャル大会で発表してます

今年から国際開発学会に再入会しました。
本来は月末京都で行われるはずだった春季大会が、コロナ禍のため、バーチャル開催になりました。
なので、ウェブ上でMSCについて発表しています(7月中旬まで)。タイトルは参加型・質的評価手法MSC(Most Significant Change)-国際NGOがログフレームと併用して活用する学習と改善のための評価手法-です。

MSCはこれまで評価学会では何度か発表してきましたが、国際開発学会での紹介は初めてです。したがって、内容は手法の紹介が中心で、 バングラデシュやフィリピンでの実践も載せました。さっそくコメンテーターの先生からコメントがきて嬉しいです。よく考えて返信せねば。

MSC入門オンライン研修フルバージョン(6/27:¥2,000)

MSC入門セミナー(フルバージョン)を6/27(土)にオンラインで行います。なんと10名様限定¥2,000-(通常¥5,000-)です。奮ってお申し込み下さい! (満員御礼になりました。ありがとうございます)
 
MSC(モスト・シグニフィカント・チェンジ)は、欧米のNGOが活用している参加型・質的モニタリング・評価手法です。ログフレームのような事前設定の指標を用いず、現場から「重大な変化」を集めて「最も重要な変化」を選択することが基本的流れです。人間の意識・行動変容など、想定外・質的変化の把握や分析ができ、学習や改善を促進する特徴があります。手法の詳細はこちらをご覧ください。 


(1)日時:2020年6月27日(土)13:30-15:00(日本時間)
(2)場所:Zoomを活用して、オンラインで行います。マイクとカメラのついたPCと安定したインターネット環境が必要です(スマホやタブレットでもアプリをダウンロードすれば参加できます)。配布資料は事前にEメールでPDFファイルをお送りします。

(3)こんな方にお勧めします:NGO/NPO、コンサルタント、教育・福祉、学術関係者など非営利活動に従事している、またモニタリング・評価や研究に携わっている方。今後予定している方。「説明責任」だけでなく「学習」目的の評価に興味のある方。国際協力だけでなく国内活動にも有効です。

(4)セミナーのねらい
・MSC手法の概略・目的・特徴などの知識を学ぶ。
・手法の中核3ステップの体験。
前回のオンライン研修(2020/5/30:体験版)の報告はこちらを、
リアル研修(2018/6/2:フルバージョン)はこちらをご参照ください。

(5)プログラム
・講義:MSCの概略・目的・特徴・事例紹介
・演習:「重大な変化を集める」ステップの体験
・演習:「最も重大な変化を選ぶ」ステップの体験
・発表、まとめと振り返り

(6)講師:田中 博
 一般社団法人参加型評価センター代表理事、(特活)ヒマラヤ保全協会元事務局長。日本評価学会認定資格評価士。英国サセックス大学国際開発研究所大学院修了。国際協力機構(JICA)や(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)、トヨタ財団、環境省などで評価に関する研修講師、NGO/NPOの海外・国内プロジェクトの評価ファシリテーターを多数行う。JICA草の根技協評価スキーム検討委員や、(特活)日本NPOセンター、(公財)京都市ユースサービス協会、所沢市社会福祉協議会などで評価アドバイザーを務めた。共著に「自分達で事業を改善できるようになった!」源由理子編著(2016)『参加型評価〜改善と改革のための評価の実践』晃洋書房、がある。
(7)参加費:キャンペーンにつき今回に限り先着10名様限定で¥2,000-です(通常¥5,000-)
5/30体験版に参加された方は、ご遠慮ください。

(8)申し込み・問い合わせ
・主催:一般社団法人参加型評価センター https://pecenter.jimdofree.com
こくちーず、でお申し込みください。
・しめ切り:6/23(火)・定員:10名 最少催行人数:4名
・問い合わせ先Eメール:tanaka.pecenter@gmail.com 
・個人情報は本講座と参加型評価の情報提供以外に使用しません。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

ぺぺ

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ