今日のくわとかいこ

京都府亀岡市の 株式会社 山嘉精練が育てるカイコと その餌となる桑の木の成長をレポートしていきます。

2011年06月

今日のくわとかいこ < 2011年6月28日 >

皆さん、こんにちは。

鍛治です。

先週はもう夏でしたね。

工場内では汗の出方が尋常じゃないです。

0628-1


さて、カイコ達はみんな繭になってしまったので、
様子にあまり変化がありません。
0628-2



ですので、今回は依然撮影したカイコ達の写真を使って、

ふと思った疑問を調べていきたいと思います。

0628-3

みなさん、カイコの背中にある、この模様は何だと思いますか?

調べてみると、「半月紋」と呼ばれているそうです。

確かに、お月さまにも見えますね。

半月というよりは三日月にも見えますけどね。

でも、いったい何の為にあるのでしょう??

同じ品種でも模様が違うのもいるので、オシャレをしているのでしょうか?

0628-4

カイコの体色の謎に迫った際に、読んでいた資料によると・・・


詳しいことは分かっていないそうです!
専門家も分かっていないなんて・・・
ならば、意地でも調べてやろうじゃないですか。
かなり時間をかけて調べました。
すると、大体、次の様な説明に落ち着きました。

・半月紋の出現は、優性遺伝によるものである。
(カイコの種類によって形や模様が違うのはこの為)
・目のように見える模様は眼状紋と呼ばれていて、敵を威嚇する為にある。
・眼状紋のあるところは、実は頭ではなく、胸。
・カイコは敵を威嚇する際に胸(眼状紋)と背中(半月紋)を膨らませて
体を大きく見せる。



0628-5

うーん・・・要は擬態ということでしょうか?

さらに、それの裏付けとして東京大学の偉い先生の論文に、
次の一節がありました。


0628-6
東京回遊録ブログ より画像引用


「背中の中央に2対ある半月紋は、馬のひづめの跡のようであり、

見方によっては目玉の一部と見えなくもない。

実際、数あるカイコの遺伝系統をうまくかけ合わせると、

立派な目玉模様が背中に浮かびあがるという。

こうなると補食者の鳥にとっては馬というより

蛇の如く見え、襲う気力も失せるやもしれない。」


どうやら、背中の模様は外敵から身を守る擬態と考えて間違いなさそうですね。
でもですよ、疑問が残ります。
以前、養蚕の歴史を取り上げた際に、「カイコは人の手無しでは
生きられなくなった」と学びました。しかも、家の中で飼っているわけです。
鳥などの外敵はいないんじゃあ・・・?
0628-7
絹の会 HPより引用


この疑問に内藤君が明確な答えをくれました。

「先祖がえりか、進化のなごりじゃないですか?」

0628-8

間違いない!!それに違いない!!

はぁ〜すっきりしました。



カイコの様子も繭になってしまい、あまり変化はなくなりましたが、

次回の更新も楽しみに待っていてくださいね。

2011628

鍛治 慎一

今日のくわとかいこ < 2011年6月24日 >

皆さん、こんにちは。

内藤です。

ここ最近は梅雨の晴れ間どころか、早くも夏を感じさせる暑さですね。

0624-1

カイコ達は、ほとんど蔟(まぶし)の中に入ってしまって、繭になっています。

下の桑の葉には1頭もいません。


0624-20624-3

繭をよ〜く観察してみると、以前、ブログでも取り上げた、

カイコのオシッコと思われるものを発見しました。

0624-4

普段の緑色のフンとは明らかに異なり、茶色っぽい塊と、

黄色い液体が一緒にありました。

これがカイコの一生で初めてのオシッコです。

寝る前にはちゃんとトイレに行かないとね。

0624-5

繭の中でオネショをするおっちょこちょいのカイコもいるのでしょうか?



でも、何故、カイコ達は繭を作る前にオシッコをする必要があるのでしょう??



以前、ブログでも軽く紹介しましたが、ちょっとだけ詳しく調べてみました。


調査結果は



「繭を作る為にカイコ達は体を小さくするから」



だそうです。

小さくする為に胃や腸の中にある液体をオシッコとして出すみたいです。

それと、自分のベッドである繭を汚さない為と、不要なタンパク質を

体外へ出す為みたいですね。



なんでも、体の中にタンパク質がありすぎると、タンパク質過剰症に

なってしまい、死んでしまうそうです・・・

0624-6
↑繭になる前のカイコ達


タンパク質過剰症は人間だと、体温上昇、頻脈、肥満、骨粗鬆症、腎機能・肝機能低下などが起きるそうです。

現代人は割とタンパク質を過剰摂取しているそうなので、皆さんもご注意くださいね。

0624-7
ホエイプロテイン100 株式会社 明治 SAVASさまネットショップより画像引用


さらに、繭を作るために糸を吐いているのは、体内のタンパク質量を

調整する為に行っている防衛本能らしいです。

タンパク質過剰症を防ぎ、且つ外敵からも身を守る繭を作る・・・

0624-8

神様はなんという完璧なシステムを作り上げたのでしょう!!



安全・快適な繭のベッドで、ゆっくり眠って欲しいですね。

元気な姿で、もう一度僕達に顔を見せてくれる日が本当に待ち遠しいです。

0624-9

2011624

内藤 翔大

今日のくわとかいこ < 2011年6月21日 >

皆さん、こんにちは。

鍛治です。

カイコ達の様子が変わってきましたよ。

なんだか、少し黄色っぽくなってきました。

0621-1

調べてみると、「熟蚕」(じゅくさん)と呼ばれる状態だそうで、

もうしばらくしたら、繭を作るために、糸を吐き始めるそうです。

ここまでくると、あの旺盛だった食欲は収まり、じっとしていることが多くなってきます。

たくさん食べた後は眠くなるのは人間と同じですね。


0621-2

いよいよだなぁと、感慨にふけっています。

ひと月近く毎日見ていると、なんだか愛情にも似た気持ちがわいてきます。

いままでは毎日会えたのに、繭になるとしばらく会えなくなるんだな〜と寂しくなりました。子供が他府県の大学に進学する親の気持ちはこんな感じでしょうか?



と、思っていたら、とうとう繭作りが始まりました!!

蔟(まぶし)と呼ばれる、繭を作るための小部屋にどんどん入っていきます。

0621-3

上の方に登る習性があるらしく、入りきれないカイコも出てきています。

0621-4

こちらでは早くも繭作りをしているカイコも。

取り掛かるスピードには個体差があるようなので、

何匹かを撮影して、繭作りの段階をご紹介します。

0621-50621-6
0621-70621-8

まだ、桑の葉を食べているのんびり屋さんもいますが、

カイコの飼育もいよいよ大詰めです!!



初めてカイコを見た僕としては、最初あんなに小さかったカイコ達がここまで大きくなり、絹糸を吐いている姿を見ると、生き物の神秘を感じざるを得ません。

0621-9

次回の更新の時にはみんな繭になって寝ているかもしれませんね。



お楽しみに!!



2011621

鍛治 慎一

今日のくわとかいこ < 2011年6月17日 >

皆さん、こんにちは。内藤です。

昨日からまた梅雨らしくなってきましたね。

0617-1

この雨が、おいしいお米を育み、色々な生き物に

恩恵を与えてくれているのだと思えば、

雨も日もまたいいものですよね。


さて、今日のカイコの様子はどうでしょう??

なんだか、昨日よりも大きくなっている様な・・・

一日で違いが分かるくらい大きくなってきています。

0617-2

そして、カイコ達の食欲は止まりません!!

2時間もすれば置いた桑の葉が無くなってしまいます。


会長によると、この大きさになってくると一日に5〜6回は

桑の葉を与えなければいけないとのことでした。

恐るべき食欲です。

0617-3

桑の木もおいしいところの葉っぱが段々無くなってきました。

カイコは、孵化したばかりの頃と5齢最大時の頃を比較すると

8,000〜10,000倍の重さになるそうです。

人間でいえば、仮に出生時の平均体重を3.5kgと仮定して・・・

28,000kg〜35,000kg!!!!

想像がつきませんね。

ところで、皆さんは、世界で一番大きなカイコは

どのくらいかご存知でしょうか?

前回まで、鍛治&内藤で色々と調べていた際に、

初めて知ったのですが、ちょっとご紹介したいと思います。


まず、基礎知識として、カイコには野生のものと、

屋内で人間が飼っているものとがある事を知っておいてください。

そして、野生のものを「野蚕(やさん)」、屋内のものを

「家蚕(かさん)」と言うそうです。

日本では研究目的で遺伝資源として飼育されている種を含めると

600種以上あるそうです。

そこに野蚕を加えた場合はもっと沢山の種類になりそうですね。

これはまた別の機会にご紹介したいと思います。


で、肝心の世界で一番大きなカイコですが・・・

ギネスブックによると、成虫で一番大きなものは、

野蚕の一種で、ニューギニアに生息している

ヘルクレスサンが、羽を広げた幅が約28センチで世界一とされています。

日本のヨナクニサン(与那国蚕)も約2530センチと

ほぼ同じ大きさだそうです。

0617-4
ヨナクニサン成虫 世界仰天生物日記 HPより

0617-5
ヨナクニサン幼虫 与那国町立比川小学校 HPより


いやぁ〜弊社で飼っているカイコ達がかわいく見えて仕方ありません。

さて、この大きさで満足する内藤ではありません。

もっと、多角的に調査してみました。

すると・・・

なんと、幼虫で長さ25メートルの巨大カイコを発見!! 無題ttttt



環境破壊による突然変異なのでしょうか!?

さっそく、その写真をご覧いただきたいと思います。


0617-6
趣味の事典 ブログ より


・・・すいません。

ちょっと悪乗りしすぎましたね。

ちなみにこれは、慶尚北道ヨンチョンにある

蚕体験学習館近くに作られた蚕の模型だそうです。

にしても、大きいですね。

初めに見たときは新幹線だと思ってしまいました。


でも、日本だって負けていません。

そう、「モスラ」です!

0617-7
ジョージア:ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京フィギュア より


シリーズによって、大きさは異なるようですが、幼虫で25mから180mの間のようです。

大きいですね〜そりゃあ、ゴジラにも勝ってしまいますよね。


今回はかなり脱線してしまいましたが、

もうそろそろ、繭を作り始める大きさになってきましたので、

次回の更新もお楽しみに。

0617-8


2011年6月17日

内藤 翔大

今日のくわとかいこ < 2011年6月14日 >

皆さん、こんにちは。

鍛治&内藤です。


休み明けのカイコの様子はどうでしょうか?

んん?

めっちゃ大きくなっている!!

0614-1

女性の小指ほどの大きさでしょうか?

「しらうおの様な指」とはよく聞きますが、

「カイコの様な指」って新しいほめ言葉にならないですかね?


またしても、見ていない間に脱皮されてしまいました・・・

よ〜く見てみると、脱皮した皮が、桑の葉のはしっこに落ちてありました。

0614-2

一体、どれだけ大きくなるのでしょう。


大きくなるにつれて、食べる桑の葉の量も増えてきました。

置いた桑の葉はすぐに穴だらけになってしまいます。

桑の葉を与える回数も段々と増えてきました。


この日は、社長の愛娘であるひろみちゃんがお手伝いしてくれました。

「かいこさん、これでお腹いっぱいになるかなぁ?」

0614-3

大きな葉っぱをたくさん採りました。

そして、カイコ達がおいしそうに桑の葉を食べる様子をずーっと見ていました。

0614-4

カイコには人を惹き付ける何かがあるのでしょうか。

僕達も癒されています。

みんなに見守られて、今日もカイコ達はすくすくと育っています。


さて、過去3回に渡り、「カイコはなぜ白いのか」を調べてきたわけですが、

ついにその秘密が明らかになりますよ!!


一応、過去三回の話をおさらいしましょう。

詳しくは、それぞれの回のブログをご覧くださいね。

あくまでも、ほんまでっか!?無題tttttなスタンスでお楽しみください。


1
回目

カイコの体が白いエピソード

・金子みすずの詩「ふしぎ」

・室内で飼っているから白い?


2回目

いつから白いのか

 ・カイコとクワコの違い

 ・様々な模様のカイコ

 ・養蚕の歴史


3回目

逆に桑に白さの秘密が?

 ・色素を分解する酵素がない

 ・桑に美白効果がある!?


さあ、この2週間、調べに調べまくった「カイコがなぜ白いのか」。

みなさん、お待たせいたしました。

いよいよ、答えの発表です!!無題ttttt


ヒントは意外なところに隠されていました。

カイコはなんと、一生の間でたったの2回しかオシッコをしないんですって。無題ttttt

2回ですよ?2回。僕にはとても我慢できません。

もちろん、フンは大量にしますけどね。

1回目は、繭を作る途中に、一生で初めての尿を排泄するそうです。
尿を排泄する訳は、繭を汚さないためと、不要なタンパク質や、体液を排泄する為らしいです。

2回目は、羽化した後です。それを蛾尿と言うそうです。


つまり、幼虫の時はずーっとおしっこをしない訳です。無題ttttt

そのキーワードをもとに調べてみると・・・

「カイコは真皮細胞に蓄積した尿酸結晶が光を

反射するため、白く不透明な皮膚になる」無題ttttt

この答えにたどりつきました。

0614-5

http://homepage2.nifty.com/ichikawa-ph/kounyousan.htm より


尿酸が白いのは、塩や砂糖の結晶が単体では透明に見えているのに、たくさんあると光を乱反射して白く見えるのと同じ原理だと思います。

色々な模様の理由も、遺伝子の差により、尿酸結晶の代謝部位に差があるので、

まだらになったり、シマシマになったりするんだそうです。無題ttttt


カイコは痛風だったのか・・・にしてはよく動き回ってるけどなぁ・・・

0614-6

それはさておき、とうとう、「カイコはなぜ白いのか?」の全ての謎が

説明できる答えに行きつきました。

素人が調べた割にはかなり専門的な領域にまで踏み込んでしまいました。

出来るだけわかりやすくほんまでっか!?無題tttttテイストに

噛み砕いてお送りしましたが、このブログを読んでくださっている方には

果たして上手く伝わっていたでしょうか?

楽しんで読んでいただけたのであれば、幸いです。


僕達も、調べている過程の中で、楽しみながらカイコについて

色々と知ることが出来ました。

また、興味深い問題が見つかれば、特別編としてお届けしたいと思います。


それでは、次回からの通常版「くわとかいこ2011」もお楽しみに。


2011614日 

鍛治&内藤

プロフィール

sankaiko

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ