6月30日に行われる「夏越の大祓」

これは、1年を上半期と下半期に分け、上半期の終わりにあたる6月30日に半年間の罪けがれを祓い清める古来よりの神事です。

 

『水無月の夏越の祓をする人は、千年(ちとせ)の命延ぶと云うなり』

 

作法は、この神歌をとなえながら茅の輪を3度くぐります。

最初は左回りにくぐり、次いで右回り、最後にはまっすぐ神社の正面に進んで、

残る下半期の諸災解除と開運降昌を祈ります。

茅(ち)の輪をくぐる理由は、古来より生き生きとした茅(かや)が清浄の具として用いられた事から、茅で輪を作り、この輪をくぐる事で罪けがれを祓い清められると言われています。

 茅の輪くぐり

早いもので今年も半年が過ぎました。

梅雨の時期であっても雨が例年の半分にも満たない地域が有ったり、数倍の雨量や雹(ひょう)を記録する地域があったり。もう何が「例年の・・」なのか分からなくなってきましたが、弊社におきましては大きな事故や作業中の怪我にも見舞われる事無く、無事に過ごす事が出来ました。

「夏越の大祓」を受けることで、上半期を振り返る機会を得て、これまでの無事に改めて感謝すると共に、残る下半期が喜びの多い日々に繋がるよう気持ちを引き締める事が出来ました。

本日から7月です。

エネルギーの満ちあふれた、気持ちの良い“熱い夏”を過ごしましょう。