日々是好日(にちにちこれこうじつ)

めまぐるしく移り変わる日々に一喜一憂するなかで、昭和47年生まれの若輩が人と出会い、書物と出合い、多くを考え、学び、
そしてシルクの糸と社員の成長へと注ぎ込む。そんなプロセスを断片的ではありますが、お伝えしていきたいと思います。

2011年06月

今の若者たちは凄いんです!!

社長の顔写真弊社では3年前から「きょうのくわとかいこ」というブログをはじめています。

http://blog.livedoor.jp/sankaiko/
既にご覧頂いた方もいらっしゃるかもしれませんが、社内に桑の木を植えて、

桑の木を育て、その葉で蚕を育て観察記録をとっています。

 0624-1

0624-6
 

弊社はシルク糸専門の染屋さんですから、シルクに感してはいろいろと興味を持つのですが、新しく入社してくる新人さんの中には、蚕を見るのが初めて・・・なんて当たり前。

シルクが蚕から採取していることすら知らない方もいて、とても良い学びの場となっています。

 

当初、蚕を育てることで日々扱うシルクに対して更に深い関心が生まれたり、

大切に扱えるようになったりすればいいなぁ〜と思っていました。

 

しかし、蓋を開けてみればそんな次元ではございません。

手前味噌になりますが、今の若者たちは凄いです。

 

新鮮な疑問。

それを解決するための研究や情報収集の奥深さ。

 

今では、私の方が教えてもらう事ばかり。。

 

 

1番素晴らしい事は、入社数カ月でPDCAを自ら動かし、更に制度を上げて行く姿勢。

 0610-11

この様な若者が育つ日本は捨てたもんじゃございません!!!

 

蚕から始まる小さな芽が、いつの日か大きな大木となり、

次の時代を担ってくれる。

 

これが社長業の醍醐味なのか!!社長落款 データサイズ縮小 背景透明
と、感動した瞬間でした。

点から線へ

社長の顔写真バタバタと慌ただしく過ごしていますが、気が付けば既に6月に突入していました。

もう梅雨の季節なんですね。

どうりで毎日曇り空な訳です。

 

もうすぐ震災から3カ月が経過しようとしている今日、政局は混乱を極めていますね。

こちらは曇り空なんて生易しい雰囲気ではなく真っ暗です。

今まで愚痴やマイナス思考な意見は書かないように意識してきましたが、

日本のリーダー2人が

「あなたがおやめなさい」

「いや、一緒にやりましょう」と言い合っています。

日本の未来はどうなるのでしょうか?

「被災地を救援する」という言葉だけが虚しく響いています。

 

本気で「被災地を救援する」というのであれば、

国会の場を臨時仮設会場として安全と定義付けしている強制避難区域のギリギリ外に

設置すればサクサクと決議が決まると思うのですが。。

 

 

愚痴はこの辺りで留めておいて、

私の住む亀岡市の復興支援有志達のパワーは物凄いものが有ります。

主婦の方でも午前4時辺りからメールがビュンビュン行き交っています。

たぶん家族が起きる前の時間を活用されてらっしゃると思うのですが、その内容の精密さと優しい配慮、相手を思いやる心遣いなどなど、感動モノです。

篠町自治会 回覧用 

自分の時間・考える力・行動力・財力等々、出し惜しみすることなく人の為に犠牲を払われてるこのポテンシャルの高さには尊敬致します。

それが一人ではなく複数名いらっしゃる亀岡って凄い街だな~!!

雄心へ
 

この様な取り組みが各地ではじまり、点から線へと繋がることで足し算ではないパワーが生まれるのだと信じています。

 

日本全国でこの復興支援の輪を広げてまいりましょう。

お一人ではちょっと・・・とか、何をしていいのか分からないという方がいらっしゃいましたら、お気軽に弊社までお問い合わせください。

一緒に頑張りましょう。社長落款 データサイズ縮小 背景透明

  • ライブドアブログ