日々是好日(にちにちこれこうじつ)

めまぐるしく移り変わる日々に一喜一憂するなかで、昭和47年生まれの若輩が人と出会い、書物と出合い、多くを考え、学び、
そしてシルクの糸と社員の成長へと注ぎ込む。そんなプロセスを断片的ではありますが、お伝えしていきたいと思います。

2013年09月

台風18号

平成259 16日 午前5時頃でしょうか?

突然玄関から水が入って来たそうです。

まさかこんな大きな事に成るとは思ってなかったので、
とりあえず身の安全を考えて
2階に避難。
そうこうしている間に家電や衣類等々は泥の中。

本当にあっという間の出来事だった。

冷静であれば、家財道具を高いところに動かせたのに・・・。

これは今回被害にあった弊社社員の体験談です。

「無事か?」の私からの問い掛けに

「今、市役所に避難していて、今夜は市役所が用意してくれた
避難者用の部屋に泊まる事に成りそうです。」

リアルな会話の遣り取りの後、家族で我が家に宿泊してもらう事に成りました。


こうして体験してみると、

当事者として被害に直面している時は、目の前の事に追われ、
なかなか周囲にまで意識が向けられず、全容が理解出来るまでには
時間が掛かることが分かります。

今回は広範囲に渡り被害が出た事は午後になってから知りました。

この地域から人命に関わる被害が出なかった事が幸いでした。

さて、

全国的に被害が出た台風18号、皆様のところでは被害は無かったでしょうか?

お陰様で我が家や会社、工場は一部浸水しましたが被害無く無事でした。

しかし、会社の前の川は水が溢れ、あっという間に田んぼが
大きな池と成りましたので、このまま降り続くと・・と考えるとゾッとしました。

台風18号時の渡月橋
↑嵐山の渡月橋

雨が止み、太陽が顔をのぞかせたのでホッとしていると、
嵐山にある渡月橋が濁流に飲み込まれる寸前の映像がテレビから流れ、
上流の日吉ダムの貯水量は360%とまさに満杯で有る事をヘリからの映像で知りました。

台風18号通過時の日吉ダム
↑台風18号時の日吉ダム
普段の日吉ダム
↑普段の日吉ダム

満水によるダム崩壊の危険水域を超えた時点でダムからの放水量を
増やさなければダム自体が危うい、しかし放水量を増やせば下流の町が
濁流に飲み込まれる・・・
上流側も下流側もギリギリの選択を迫られていた事が伺えます。


弊社のあるJR亀岡駅もご覧の様子。

http://matome.naver.jp/odai/2137928088955815401


激甚災害に指定するかの検討も進んでいるようですが、

地震・ゲリラ豪雨・洪水・竜巻と自然の猛威が増すなかで、
日々穏やかに過ごせる事が如何に有り難い事かを、台風一過、
秋晴れの太陽の下で痛切に感じます。

経験を糧にすれば、大概の事は想定外と言わなくて済むと思いますので、

怠ける事無く、日々シッカリと過ごしたいものです。


山内 伸介
社長落款 データサイズ縮小 背景透明

 

 

 

 

映画:風立ちぬ

久しぶりに映画を見に行きました。

映画館に到着後、何を見るか迷った末に「風立ちぬ」の映画に決めました。

描かれた人物は,皆シンプルでまっすぐ生きていて、
その姿に・・妙に安心してしまいました。

風立ちぬ












善し悪しは別にして各人がそれぞれ優先順位を明確に持っていた事に対する

安心感を感じたのだとだと思います。

要するに自立した各人に力強さを感じたのかと。。

それと、時間には限りがあることも納得出来ました。

 

この映画を見れて本当に良かった。

 

そんな想いに浸っていた矢先、宮崎駿監督が引退という報道が出ました。

宮崎駿さん

















「君は遣りきったのか?」

映画の中の台詞は,自分自身への問いかけだったのかもしれませんね。

宮崎駿監督の作品が産まれなく成るのは寂しい事ですが,また新しい才能と

感性を兼ね備えた監督が現れる事を期待しています。

 

今年は年頭から様々な動きが有り、ブログに書く事で気持ちを解放する事を
止めていましたが,お盆がおわり,映画「風立ちぬ」を思い起こす事で、
様々な事が整いはじめた様な気になりましたので、再度更新をはじめました。

 

今年が始まり早9月、仕事・政治・経済・地域・日本国など
様々な変化が目の前を通り過ぎて行くのですが、気ばかりが先走って
結果の確認・検証が出来ていないのではないかと不安にも成ります。

そんな中であっても慌てず焦らず、周囲の騒音に振り回されず
次の準備のためにジックリと腰を据えた行動を心掛けたいと考えています。

収穫の秋は目前ですね。

 

山内 伸介

 社長落款 データサイズ縮小 背景透明

  • ライブドアブログ