産経新聞「くらしの百科」編集部ブログ

産経新聞発行・くらししの百科編集室+αがお送りする、ごゆるりブログ。 くらしの百科は、毎月15日に発行の生活情報誌。 購読などの詳細はこちらへ! http://www.sankei-kurashi.com/

台風13号が強い勢力を伴ったままで本日夜遅くから明日の朝にかけて関東にかなり接近し、西よりの進路を通った場合は房総半島に上陸する恐れがあります。



皆様、時間を追って段階的に発表される「注意報」や「警報」などの防災気象情報を有効に活用し、早め早めの防災行動をとるようにして下さい。


今日は台風の影響で暑さも若干和らいでいますが、今夏の暑さは危険レベルです。こまめな水分・塩分補給やエアコンを控え過ぎない事も大切です。

そして不要な外出を避けるなどして健康管理に注意して下さい。



くらしの百科8月号の巻頭特集は『2018年 熱中症対策』です。



表紙_2018年8月号_NO.716

東日本緊急相談窓口一覧掲載の保存版です。


是非皆様のお手元に置いて頂きたい1冊です。






そしてこの暑さを乗り切るにはやはり食事が大切だと思います。


今、テツandトモさんのCMが好評のモスバーガーさん「ナンタコス」が4年ぶりに復活


DSC_2801

旨辛のタコスミートと濃厚なチーズソースが絡みあう、野菜たっぷりのナンタコス





これはホント美味しいし飽きの来ない味ですね

期間限定ですので、味わうなら、今



(くらしの百科T)

皆様、今日もこの猛烈な暑さです。
午後は各地で一段と気温が高くなる予想で、危険レベルの暑さとなる所がありそうです。不要な外出を避けるなどして健康管理に注意して下さい。

そして西日本の豪雨により被災された皆さまに、謹んでお見舞い申し上げます。皆さまの安全と、一日も早い復旧を心からお祈り申し上げます。




少しでも気分を変えたい時、私にはやっぱり音楽です。


極上のモダン・ソウルから最高のAORまでレーベル名すらないプライヴェート・プレス盤ながら、その内容の素晴らしさで世のソウル~AOR~レアグルーヴ・コレクター達をとろけさせてきた魅惑の激レア・アルバムが遂に世界初リイシュー

pcd24717

『ポジティヴ・フォース・フィーチャリング・デニス・ヴァリン/ポジティヴ・フォース』

プロデューサー兼ギタリストのスティーヴ・ラッセルを軸に、サックス・プレイヤーのビル・リストン、キーボーディストのラリー・ケスター、そしてシンガーのデニス・ヴァリンからなる西海岸のグループ、ポジティヴ・フォースによる唯一のアルバム♪本作は噂以上に完璧な内容を誇る1枚




続いては歴史的発掘音源全ギター・ファン必携の世紀の大発掘
テレキャスターの魔術師ロイ・ブキャナン、これがあの大名盤『Live Stock』の全貌だ

pcd17784_5

『ライヴ・アット・タウン・ホール1974 ~ライヴ・ストック完全盤~ /ロイ・ブキャナン』

代表作『Live Stock』の元となった74年のライヴ音源を2枚組21曲にわたり完全収録
 同作には未収録だったジミ・ヘンドリックス「Hey Joe」、ニール・ヤング「Down By The River」のカヴァーも垂涎
エリック・クラプトンやジェフ・ベック、ロビー・ロバートソンがリスペクトし、ローリング・ストーンズからの正式な加入要請を断った“世界最高の無名ギタリスト”=ロイ・ブキャナン
本作は、ロイ・ブキャナンの新たなマスターピース



さらにUK産甘茶ソウルの名盤ソウル・ファン血眼の激レア盤!全世界初リイシュー決定!!


pcd24721
『ジャスト・ア・リトル・モア/ デラックス』


女性シンガー、デロレス・スプリンガーと、コンポーザーのトイン・アグベトゥによるUKのストリート・ソウル・デュオ、デラックス。
デラックスの作品の中で、断トツのレア度で知られているのがこのデビュー・アルバム





そして最後にCDが付いている雑誌ブルース&ソウル・レコーズ
現在発売中の最新号の特集は、ドゥ・ワップ入門 最高のヴォーカル・グループ・ハーモニーです

B07CXFK8NT

特集は美しいハーモニー、独創的なコーラス・リフレイン、ユニークなベース・パート、切ないファルセットなど、その後のR&Bヴォーカル表現の原点ともなった「ドゥ・ワップ」。1950年代から60年代初頭にかけて大流行し、ヴォーカル・グループ・ハーモニーの頂点との声もあるドゥ・ワップの世界を紹介




★山下達郎選曲によるCD『ドゥー・ワップ・ナゲッツVol.1~3』発売記念ードゥ・ワップ放談
★ ドゥ・ワップは最高の映画音楽
★ 1000のドゥ・ワップ、傾向と対策
★ ドゥ・ワップの礎となったジャイヴ・コーラス
★ ドゥ・ワップは今どこに
★ 重要ドゥ・ワップ/ヴォーカル・グループ21選
キャデラックス/シャンテルズ/クレフトーンズ/クローヴァーズ/コースターズ/クレスツ/デルズ/ビリー・ワード&ザ・ドミノズ/ドリフターズ/
ファイヴ・キーズ/ファイヴ・ロイヤルズ/ファイヴ・サテンズ/フラミンゴス/ハンク・バラード&ザ・ミッドナイターズ/ハープトーンズ/ハートビーツ/ムーングロウズ/オリオールズ/レイヴンズ/スパニエルズ/フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ



【付録CD】THIS IS THE NIGHT - The Golden Era Of Doo Wop 
ドリーミーなバラードから心躍るロックンロールまで、1950年代後半から60年代前半に録音されたドゥ・ワップ黄金時代の知る人ぞ知る名演を収録
1. THE COBRAS: I Will Return
2. TONY ALLEN & THE WANDERERS: If Love Was Money
3. THE FLAIRS: This Is The Night For Love
4. THE CADETS: Love Can Do Most Anything
5. THE SOUNDS: Anything For You (Robert Byrd, Sam Ling)
6. ARTHUR LEE MAYE & THE CROWNS:Truly
7. THE PALMS: Girl Of Mine
8. THE SHEPPARDS: Sherry
9. THE MOROCCOS: Bang Goes My Heart
10. THE DANDELIERS: My Love
11. THE FIVE CHANCES: Gloria
12. THE PASTELS: Goodbye (audition)





今回の4枚のCDはかなりマニアックですが全て貴重で良い音楽です

音楽がほんの少しの時間でも、皆様の癒しになれば幸いです。





(くらしの百科T)


最新の7月号巻頭特集は『楽しもう!スポーツ観戦』です。

表紙_2018年7月号_NO.715


MLBからプロ野球
そして開幕して盛り上がっていますサッカーW杯
相撲、テニス、ゴルフ、ラグビーを分かりやすく特集しております。
スポーツ好きは勿論、スポーツに興味はあるけどちょっと…という方にも是非とも読んで頂きたい1冊です



今号のBOOKのページでは大谷選手のこれまでが詰まった一冊『道ひらく、海わたる~大谷翔平の素顔~』を紹介しております


幼少期から花巻東高校の監督、プロ野球時代では栗山監督をはじめとする北海道日本ハムファイターズの関係者の方、そしてメジャーへ
大谷翔平選手の軌跡と裏側を追った渾身の書
これはファン必読な1冊です


180③道ひらく、海わたるサシカエ

『道ひらく、海わたる ~大谷翔平の素顔~』は扶桑社より好評発売中です




そして故障者リストから復帰した大谷選手
ぜひとも活躍してほしいです






(くらしの百科T)


先週関東地方も梅雨入りが発表されました、今日は台風5号が接近しています。
大気の状態は不安定ですので、急に降る強い雨や豪雨には皆様どうぞお気を付けてください。



しかしこのジメジメした陽気は嫌ですね、
明日は気温も上がり真夏日に迫る予報ですので、
皆様この急激な気温の変化にどうぞお体をご自愛くださいませ。



季節はもうすぐ夏ですね。

夏といえばビールの美味しい季節です

ビールと食物の幸せな組み合わせ完全ガイド

料理とのおいしい関係!『ビールのペアリングがよくわかる本』が6月29日発売されます


ビールのペアリングがよくわかる本 OBI付き

ビール好きな私には興味深い1冊です




そして全てのお酒好きに、晩酌の話から人柄や人生も見えてくる
ほっこりインタビュー集『晩酌百景 ~11人の個性派たちが語った酒とつまみと人生~』が好評発売中です


晩酌百景

多くの酒飲みが、一日の終わりを晩酌によってホッと締めくくっている
「酒場ライター」として人気のパリッコが、11人のお相手たちと差しつ差されつ語り合った夜の記録と記憶
すべての酒好きはもちろん、下戸な方にも染み入る「ちょっといい話」
気軽に楽しく読める、けれど味わい深い一冊



そして一日の終わりにゆったり過ごす時間に特に聞きたくなる音楽
私ならトム・ウェイツですかね

発掘インタヴューと詳細な全アルバム評でトム・ウェイツの45年に及ぶキャリアを総括したムック本『CROSSBEAT Special Edition トム・ウェイツ』が好評発売中です


TomWaits


1973年にアサイラム・レコードから『クロージング・タイム』でデビュー
トム・ウェイツのミュージシャンとしてのキャリアや役者として出演してきた数々の映画も改めて検証
なんといっても初期からの貴重なインタヴューを発掘掲載
トム・ウェイツの多面体的な魅力を読み解く
トム・ウェイツのムック本はそんなに多くはないので、これは貴重な一冊です
是非、お手に取って読んでほしいと思います






そしてくらしの百科6月号からは紙面がリニューアルしまして、
音楽好きな私には念願のMUSICのページができました



05hyoushi

こちらも是非見て頂きたいと思います




(くらしの百科T)

ただいまGW真っ只中、皆様いかがお過ごしですか


我が編集部は6月号の進行が無事に終わりホッとしております。


この6月号からは内容をリニューアルしました、進行はかなりドタバタしました






このGWはのんびり音楽でも聴きたいと思っております♪


ライブブルーレイ&DVDが好評発売中の浜田省吾


それに合わせて好評発売中のシンコー・ミュージック・ムック『ロックジェット Vol.72』の特集は、浜田省吾です


72


この“Journey of a Songwriter”は何度聴いても飽きないし、その都度新鮮な気分にさせてくれます。


本誌を読むと新たな発見があるかもしれませんね


他の注目記事はライヴ・リポート エレファントカシマシ
エレファントカシマシ「30th ANNIVERSARY TOUR 2017 “THE FIGHTING MAN”」




さらにこれは完全永久保存版ですね『ミュージック・ライフ完全読本』
60年代から90年代まで、日本の洋楽シーンをリードしてきた『ミュージック・ライフ』のすべてを初公開



ミュージック・ライフ完全読本


日本で洋楽の歴史はどう動いてきたのか!?


今まで見たことがない貴重な表紙コレクション、ロック史を飾ってきた主要記事、歴代編集長&関係者インタビューなど、全洋楽ファン必見の企画が満載。


ビートルズ、レッド・ツェッペリン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、KISS、ジャパン、デュラン・デュラン、ボン・ジョヴィ、ガンズ・アンド・ローゼズ 


洋楽ファン必見の一冊です。





今年公開40周年のザ・バンドの『THE LAST WALTZ』


映画のなかでロビー・ ロバートソンが『音楽はどこにでも連れて行ってくれる、精神的に、肉体的に…』と語っています


音楽で深く感動しているときは遠くまで旅ができると私も思います。


ぜひこのGWは、MUSICな旅に出られてみては


(くらしの百科T)

今日は暑いですね、今週末は夏日になるみたいでこの陽気は異常ですねなかなか体が慣れないとは思います、皆様どうぞお体をご自愛下さい。

街の緑は青々と綺麗です



DSC_2078

明日21日から、すべてのアナログ・レコード・マニアに捧げる映画『さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物』が、新宿K’s cinemaにて公開されます


 まだ誰も聞いたことのない音楽を求めて
 さぁ、今日もゴキゲンな音楽を聞きながらレコード・ハンティングに出かけよう

JoeRecords

解説

アメリカに暮らすレコードコレクター、ジョー・バザードのレコード探しの日常を追った音楽ドキュメンタリー。
アメリカ・メリーランド州に暮らし、レコードコレクターとして知られるジョー・バザードは、発売当時10セントで売られていたブルース、カントリー、ブルーグラスなどさまざまなジャンルのレコードを収集し、自宅の地下室には壁一面にその膨大なコレクションが鎮座している。
78回転のSPレコードを一枚一枚大事にターンテーブルに乗せ、踊ったり口ずさんだりしているバザード。
音楽を心から愛しながらも、ロックもヒップホップも大嫌いという一面も持つ頑固なコレクターであるバザードは、一枚でも多くの「本物のアメリカン・ルーツ・ミュージック」のレコードを探し出し、救うことを自らの使命としていた。

sasurai_7



ジョー・バザードの地下室へ行ってみたくなりました
ここならずっといても飽きませんね


sasurai__1




そして音楽好きな私には嬉しいことに今は若者にもアナログレコードの人気が再燃しています

さらにアナログレコードのリリースも増えていますし、今よりもっとアナログレコードが注目されたら嬉しいですね



sasurai_8


『さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物』

原題:Desperate Man Blues

製作年:2003年

製作国:オーストラリア

配給:スリーピン

監督:エドワード・ギラン
 

sasurai_flyer_omote_new

『さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物』
http://sasurai-record.info/


4月21日(土)~新宿K’s cinemaにてロードショー、以下全国順次公開






音楽ファン必見の映画


ここには本物のアメリカン・ミュージックがある


是非、劇場に足を運んで頂きたい作品です





(くらしの百科T)

4月になりだいぶ暖かくなりました

もう今日は暑いぐらいで昼間は汗ばむくらいの陽気でしたね、早くも紫外線に注意です



こんな時は、冷たいレモンサワーが飲みたい私です。

明日からの3日間、歌舞伎町シネシティ広場にて 「レモンサワーフェスティバル2018」が開催されます



■日時
5日(木)15:00〜20:00
6日(金)11:00〜20:00
7日(土)11:00〜18:00


■会場
歌舞伎町シネシティ広場


東京を代表する名店のレモンサワーとこだわりの美味しい料理が味わえます

美味しいフードフェス

ぜひ足を運んでみてくだい



DSC_1753

そして今年の桜は綺麗です




そしてこの春、最高ROCKな事件です

“The Street Sliders” のデビュー35周年企画として 村越“HARRY”弘明と土屋”蘭丸”公平のユニットJOY-POPSが、TOURを行います

フロントマンだった二人が同じステージに立つのは18年振り

まさにミラクルな出来事です
この時が来るとは…このライブが見られる人は超ラッキーですね






古いのも良いですが、新しい音楽も良いですよ~

最近のMUSICで、私が注目する新譜は





比類なき歌声で聴く者を魅了するシンガー・ソングライター、優河

待望の2年強ぶりとなるセカンド・アルバム『魔法』が好評発売中



pcd25248

『魔法/優河』



エレクトリックなサウンドを多く導入し、その歌声がよりいっそうの説得力をもって迫ってくるこのアルバムの世界観はまさに唯一無二です



4月にはこのNew Album『 魔法』リリース記念のライブが東名阪であります。生の歌声この機会ぜったい逃さないでください






続いて、ギターがカッコいい

今注目の日本のロックバンド すばらしか

待望の1stフル・アルバム『二枚目』が、4月18日に発売

pcd20393

『二枚目/すばらしか』


アルバムは、ヴァラエティ豊かな楽曲で全10曲収録

私のお薦めは特に1、3、8、9曲目

新たな日本ロックの金字塔

古き良きロック好きには必聴の1枚です




さらに昨年発売されたCDでは、リリース前にもかかわらず、ライ・クーダーが称賛ツイートをしたり

ピーター・バラカン氏が監修する音楽フェスティヴァル、“Peter Barakan’s LIVE MAGIC!”に出演したり

大きな注目を集めている今話題のバンド、民謡クルセイダーズ

待望の1stアルバム『エコーズ・オブ・ジャパン』は好評発売中です

 

pcd25239

『エコーズ・オブ・ジャパン/ 民謡クルセイダーズ』


誰もが知っている日本民謡が、ラテンやブーガルー、クンビア、レゲエ、さらにはアフロビートやエチオ・ファンク等々、奇想天外なアレンジで生まれ変わる民謡や音頭好きはもちろん、ラテン音楽愛好家、スカやレゲエのファン、アフロビートや辺境グルーヴ好きも魅了するまったく新しいサウンド、このグルーヴ



大滝詠一氏が居たらきっとこのバンドのプロデューサーしたかったと思いました


民謡+ラテン+何か=民謡クルセイダーズ


日本民謡とラテン・リズムの融合を、21世紀に再生させます


民謡しなけりゃ意味ないね





3枚とも個性が強いアルバムです

ぜひ聴いてほしいと思っています





(くらしの百科T)

御徒町駅下車すぐに旭川味噌ラーメン ばんから 上野店がNEW OPENしました


先日、さっそくお店に行ってきました




DSC_1794

「旭川味噌ラーメン」は厳寒の大地、北海道旭川の天然伏流水を使用して育てた味噌がベースです。


私は角煮味噌ラーメンと餃子を食しました



DSC_1745

席に着くと小ライスのサービスがありますと、いただきました



なんといってもこの味噌が濃厚で美味しい~味噌は自家製ですよと店員さん



そしてトッピングでバターを注文しました、やはり味噌にはバターが合いますね徐々に溶かして食すとスープの味が、まろやかに変わり最後まで楽しめました




さらにばんから伝統の角煮は、とろとろで大きく厚みがあり柔らかいです~これは美味いですここに来たら角煮は外せませんね



麺は中太縮れ麺モチっとして食べ応えありますね。


このボリュームガッツリ食したい時は最高です





店舗は明るく綺麗でお洒落です、これなら女性客や買い物に来られた家族連れでも入りやすいですね



このトロトロに仕上げた角煮は、匠の技ですと店員さん。
「味噌」と「角煮」が抜群の相性
私のお気に入りの一杯となりました





(くらしの百科T)

お家で簡単!手軽に出来る!お水がいらないシリーズで人気のキンレイさん。

先日、キンレイさんの新商品『皿うどん』を食しました

DSC_1672


これは長崎皿うどん発祥の店『四海樓』監修の商品です。



濃厚なちゃんぽんベースのタレともっちりとしたちゃんぽん麺
これは美味い



いつかは長崎に店を構える『四海樓』でも食したいと思いますが、中々行けないので食べたくなった時はこの『皿うどん』を食したいと思います


『皿うどん』は簡単レンジの調理も出来ますが、より美味しく味わいたい人にはフライパンでの調理がお薦めです



そして先月も『お水がいらない 1/2 日分の国産野菜が摂れるタンメン 菜宝』や幸楽苑監修商品『お水がいらない 味噌野菜らーめん幸楽苑』も販売されました



今度、どちらも食したいと思います



真心の手仕事を大切にされているキンレイさん
今後の新商品にも乞うご期待です



食後は今年発売されたビートルズ本の一つシンコー・ミュージック・ムック本『MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド』を読みました

MUSIC LIFE ジョンとヨーコのバラッド


今年は、1968年にジョン・レノンとオノ・ヨーコが共作を始め、アート作品を世に問うようになってから50年という節目の年です。


あまりに時代を先取りし過ぎていたがゆえに理解されることのなかった、この二人による数々の作品と活動を現在の視点から紹介


本誌を読むとこの時代にジョンがいたら何を歌ったんだろうか!?
どんなアクションを起こすのか!?
…考えてしまいました。




そして2017年のビートルズを写真とデータで総括では、去年のポール・マッカートニー「ワン・オン・ワン」ツアーでの来日等々、感動と興奮のライブからもう1年、時の早さを感じます



これから今年も多くのビートルズ本が出ると思いますが、

『ジョンとヨーコのバラッド  愛の軌跡と愛の歌』

これは私のお薦めの1冊です







(くらしの百科T)

感動の平昌オリンピックも終わり、今日からパラリンピックが開幕です
選手の皆様には怪我無く頑張ってほしいと思います


そして春の嵐も吹き去りやっとすこしずつ暖かくなってきましたかね。



先日モスバーガーで期間限定商品の「スパイシーマルデピザ」を食しました


DSC_1380
チーズがたっぷりです~


こだわりの白バンズにモスオリジナルのピザソースと焼きトマトの組み合わせは本当に美味です


ハンバーガーなのに味はピザこれぞまさにマルデピザ

モスさんのハンバーガーの中でも私は特に気に入りました


3月下旬までの期間限定販売ですので是非食してほしいですね



モスさんで食事をしながら少し読んでましたブルース&ソウル・レコーズの最新号特集は、サニー・ボーイ・ウィリアムスン

bsr140

特集『サニー・ボーイ・ウィリアムスン ハーモニカを手にしたブルースの化身』

ロバート・ジョンスン、ハウリン・ウルフ、エルモア・ジェイムズ、ロバート・ロックウッド・ジュニアら、ブルースの巨人たちを活動を共にし、晩年にはヨーロッパに渡り若き英国のミュージシャンたちにも多大な影響を与えたサニー・ボーイ。その謎に満ちた生涯と、誰もを虜にするハーモニカ奏法に迫る




家で付録CDのサザンブルースを聞きながら、じっくり読もうと思います




(くらしの百科T)

このページのトップヘ