2019年01月18日

くらしの百科2月号について

くらしの百科2月号への反響ありがとうございます。

在庫の確認のお問合せが増えております。
在庫はまだございますので、引き続きご応募お待ちしております!

【1月18日現在】
弊社へ届いたお申込みに関しましては、昨日、本日付で全て発送させていただきました。

ヤマト運輸のDM便での発送で、
1月19~21日頃の到着予定となっております。

万が一、不着や冊数違いなどがございましたら、
下記問合せ番号までお手数ですがご連絡お願いいたします。

産経新聞開発㈱
くらしの百科編集室
03-5283-7511
(平日10:00~17:00)


sankei_kurashi at 17:56|PermalinkComments(0)

2019年01月12日

くらしの百科2月号について


くらしの百科は1月15日発売です。

産経新聞のご購読様について
販売店によっては取り扱わない店舗や、集金が早かったり月末だったりと各店舗で様々です。
お手数ですが、お取りいただいている販売店へお問い合わせください。

また、西日本エリアでは「暮らしの百科」という別媒体になりますのでご了承ください。

今回お申し込みいただいたお客様には連休が挟みますので、順次早めに発送させて頂いており、全て発送完了しております。
次の発送は15日着のものからになります。

15日過ぎまして届かないなどの不着などありましたら下記電話番号までご連絡願います。

くらしの百科
0352837511



sankei_kurashi at 21:06|PermalinkComments(0)

2019年01月11日

くらしの百科2月号発送しました

くらしの百科2月号への反響ありがとうございます。

【1月11日現在】
弊社へ届いたお申込みに関しましては、本日全て発送させていただきました。

ヤマト運輸のDM便での発送で、
1月15日前後には到着予定となっております。

万が一、不着などがございましたら、
下記問合せ番号までお手数ですがご連絡お願いいたします。

産経新聞開発㈱
くらしの百科編集室
03-5283-7511
(平日10:00~17:00)

木村さんのファンの皆様から、スタッフへの励ましのお手紙なども入っていて、本当にありがとうございます!
少しでも映画の面白さや、木村さんのかっこよさが伝われば!!!
と思ってますが、誌面の都合で全部掲載できなかったのがとても残念です。

問合せも多く頂いておりますが、在庫がある限りは2月以降もお申込みいただけます。


(編集E)


sankei_kurashi at 17:40|PermalinkComments(0)

2019年01月07日

新年あけましておめでとうございます

くらしの百科2月号について

お申込み、問合せを多く頂いております。
ありがとうございます!
詳しくは下記URLの記事を参照願います。

http://blog.livedoor.jp/sankei_kurashi/archives/1073341019.html





遅くなりましたが皆様、新年あけましておめでとうございます。

今年もくらしの百科と編集ブログを宜しくお願いします。

編集部も今日が仕事初めとなりました。



最新の1月号の巻頭特集は『平成をふりかえる』です

平成も今年の4月30日でお別れです。
この30年は様々な記憶に残る出来事がありました。
くらしの百科では、身近なテーマを中心に、私たちが生きた平成時代を振り返ります。


インタビュー面では、2月に明治座で再演されます、人情喜劇「夫婦漫才」で出演を務めます大地真央さんが登場しております。

ファンの方は勿論、これから見られる方にも楽しんで頂ける内容となっております。

是非ともお手にとって見て頂ければ幸いです。






音楽好きの私はこの冬休み、久しぶりにエルヴィス・コステロの昔のアルバムを聴きながら「THE DIG Special Edition エルヴィス・コステロ」を読んでいましたミュージック・ライフやクロスビートが取材した貴重なインタビューやコステロの多岐にわたる活動を丁寧に検証しています、これは読み応えがありましたね
是非ともロックファンにとどまらずカントリー、ジャズ、クラシックなどお好きな方にも読んで頂きたい1冊です



THE DIG Special Edition エルヴィス・コステロ





そして社会現象的大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』で再燃するクイーン


クイーン伝説を改めて振り返る大特集!『Young Guitar2月号』は、10日発売です♪

YOUNG GUITAR 2月号


私も映画を見ましたが、ラストは凄いですね


ライヴ・エイドはリアルタイムで見ていましたので、感動はひとしおでした

映画は今冬絶対見逃しちゃいけない作品です







(くらしの百科T)




sankei_kurashi at 18:06|PermalinkComments(0)

2018年12月28日

くらしの百科2月号について


くらしの百科2月号は、1月15日発売です。

巻頭特集は、映画「マスカレード・ホテル」特集。
公開を記念しまして、
主演の木村拓哉さんと、フジテレビアナウンサー笠井信輔さんのスペシャル対談。

201902


購読を希望の方は、

郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いた用紙、希望冊数分の切手

を同封の上、下記住所までお送りください。

1冊 203円(送料込)
2冊 306円(送料込)
3冊 409円(送料込)
4冊 512円(送料込)
5冊 615円(送料込)

6冊以上は、(103円×希望冊数)+送料300円

1~5冊はクロネコDM便、6冊以上はネコポスにての発送となります。

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル8F
産経新聞開発㈱ くらしの百科係 


くらしの百科は、産経新聞をご購読いただいている読者の方へ集金時に配布している、A4フルカラー、32ページの生活情報誌となります。
(販売店により取扱いがない場合もございます。ご了承ください)

*書店での扱いはございません。

問合せTEL:03-5283-7511
(12月29日~1月6日まではお休みとなります)



sankei_kurashi at 13:56|PermalinkComments(0)

2018年12月14日

渋谷に珈琲館の進化系カフェ「VELUDO COFFEE-KAN渋谷店」がオープン!

渋谷の井ノ頭通り沿い、渋谷モディ向かい側に「VELUDO COFFEE-KAN渋谷店」がオープン




通りは騒々しいですが、店内はゆったりして綺麗です


DSC_3725


私は人気の炭火珈琲&トラディショナル・ホットケーキを食しました
 

DSC_3719

炭火珈琲は国産備長炭を使用しての丁寧な焙煎から生みだされた、豊かな香りと深いコク、後味に広がるほのかな甘みがたまりませんね

 

トラディショナル・ホットケーキはオリジナルの生地を一枚一枚じっくり丁寧に焼きあがっています~


そのままでも甘く美味しいですが、生クリームやシロップなどのトッピングで様々な味が楽しめました





そうだ忘れてはいけない炭火珈琲ソフトクリーム

DSC_3723


深いコクと豊かな香りを最大限に活かすために選ばれた濃厚な北海道ミルクと炭火珈琲の織りなす絶妙なハーモニー

これはコーヒー専門店の珈琲館だからこそ提供できるソフトクリームですね


コーヒーと一緒に食すとさらに美味

ここはコーヒー好きにはたまりませんね~







渋谷に行った時は美味しいひと時を「VELUDO COFFEE-KAN渋谷店」で過ごされてみては






(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 18:31|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

明日はいい肉の日(^^♪

もぅめっきり寒くなりましたね。


皆様、体調など崩されておりませんか!?


やはり元気の源は食が大切だと思います。



DSC_3422



焼肉には人を元気にする魔法があるッ
焼肉ならそう「牛角」だ



牛角さんでは只今秋冬のグランドメニューとなっております。


グラム数を30g増量した「新牛角カルビ」


和風出汁で黒毛和牛をさっぱりと食べる「黒毛和牛の焼きしゃぶ 極み出汁」


デザートでは和スイーツとして「生スイートポテト」や「あんチーズもなか」



DSC_3418


などなど美味しい新メニューが多数あります


そのまま食べれれる”肉のおつまみ”うまっちょが私的には特に美味しかったですね


バジルのソースがさっぱりと食べられて、これは赤ワインがほしくなりました





明日は、11月29日の「いい肉の日」牛角さんでは様々なイベントがあります、店舗により異なりますので牛角さんのHPをチエックして下さい。


http://www.gyukaku.ne.jp/




DSC_3410


美味しいお肉を食べよう~




(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 17:03|PermalinkComments(0)

2018年11月21日

12月号は、この冬心ふるえる映画特集!

今朝は一段と寒かったですね、寒がりな私はネックウォーマーをして出勤しました。



早いもので今年もあとひと月ちょっとですね、くらしの百科も12月号となりました

表紙_2018年12月号


今月号の特集は、この冬心ふるえる映画です。

映画『人魚の眠る家』公開記念スペシャル対談、篠原涼子さんと笠井アナウンサー


さらに今後公開されますお薦め映画やもう一度見ておきたい名作の数々を紹介しておりますので、ぜひお手にとって見て頂けましたら幸いです





そしてプレゼントには、オタフクソースさんの『お好み焼きこだわりセット』



私も先日、お好み焼きこだわりセットを家で作ってみました

お好み焼こだわりセット4人前


より美味しくするには、5分蒸すのと、たっぷりとこのお好みソース



お好みソース300gSB




出来上がりました、どうですか!?

お好み焼きDSC_3322

見た目以上に、味は美味しかったですょ




くどいですがこのお好みソースをたっぷりかけるとより美味しくなりました



皆様も家庭で、お好み焼きを作られてみては如何ですか




プレゼントの応募方法や詳細は12月号に



皆様、ご応募どしどしお待ちしております











(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 18:24|PermalinkComments(0)

2018年11月16日

僕のえいがの百三十科11月号

フジテレビ笠井アナがオススメする今月のオススメの映画3作品!

「人魚の眠る家」11月16日公開

こんなにも涙するとは…。東野圭吾原作映画で、ここまで心震えるなんて…。
 プールで溺れて決して起きることはないと診断され眠り続ける幼い娘(この子がかわいいんだ)を看病する両親(篠原涼子・西島秀俊)が、医療技術の進歩に翻弄されてゆくヒューマンミステリーだ。しかし、その内容は通常の医療モノよりはるかに深い物語になっている。「この子は死んでいるも同然」と診断する担当医。しかし蘇りにかける母(篠原)は、まだ医学会で認められていない禁断の最新医療技術を使うことを決断する。そこからの展開は我が目を疑うシーンの連続。見えてくるのは医療の希望と家族の狂気。自分だったらどうするか?涙しながら常に考えていた。人間の死の境界線を問う衝撃のクライマックスは見事なエンタメと化し、微動だにできない緊張感。さすが東野圭吾&堤幸彦監督だ。


「search/サーチ」10月26日公開
キターーー! 「カメラを止めるな」が興行収入25億円へ!「クワイエット・プレイス」も大評判。そんな中、スター不在でも面白い映画の決定打といえる作品がまた現れた!なんと映画の冒頭から最後まで、1台のパソコン(PC)画面だけで展開するのだ。
 忽然と姿を消した娘の手がかりを探すため、父が娘のPCを開き、記録された情報を見始める。メール、フェイスブック、インスタグラム…、自分の娘を検索(サーチ)するのだ。しかし、そこに映し出されたのは、いつも明るく活発だったはずの娘とはまるで別人の、自分の知らない娘の姿だった。若い観客は「それやめて!」。親世代は「そうやって検索するのか!」と目から鱗。しかも、冒頭5分で目頭が熱くなる。 今、個人のPCには人生のすべてが入っているからね。逆転また逆転の意外な結末も含め、おススメ。


「生きてるだけで、愛。」11月9日公開
「生きてるだけで丸儲け」とは明石家さんまの座右の銘だが、本作のヒロイン(趣里)は、「生きているだけで辛い」と日々を過ごす引きこもり過眠症の女。彼(菅田将暉)とは同棲3年。ゴシップ週刊誌のうだつの上がらぬ記者をしてるおとなしい彼は、1日中布団の中でゴロゴロしている彼女を怒りもせずに、淡々と生活を続けている。すると、二人の前に元彼女(仲 里依紗)が現れ、思わぬ展開を見せてゆく…。
 この若い2人を見ていると、「生きてるだけで、どうしたいんだ!」とオジサンは言いたくなるが、趣里の怒涛の演技に批判などしていられなくなった。圧倒的な存在感、体当たりの芝居、爆発的な演技力で賞レースに名乗りをあげた趣里。「趣里のお父さん」と、父娘のネームバリューが逆転する日はそう遠くない(笑)。


(くらしの百科11月号より転載)


sankei_kurashi at 18:12|PermalinkComments(0)

2018年11月12日

エリック・クラプトン~12小節の人生~

今秋冬は素晴らしい音楽映画が多いですね


その中の一つ『エリック・クラプトン~12小節の人生~』が、
11月23日(金・祝)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー



メイン
© BUSHBRANCH FILMS LTD 2017



“ギターの神様”エリック・クラプトン

『いとしのレイラ』『ティアーズ・イン・ヘヴン』 …名曲誕生の裏にあった、人生の苦悩と悲哀。
彼が本当に手に入れたかったものとは?
過去そして現在、貴重なアーカイブ映像とともにすべてを自ら赤裸々に曝け出す。珠玉の音楽ドキュメンタリー♪



映画は、ロック・スターのお祭り騒ぎというよりは、むしろシリアスな人間物語を描いています。
映画の後にクラプトンのブルースを聞くとより心に沁みます
是非とも劇場で見てほしい作品です


『エリック・クラプトン~12小節の人生~』
http://ericclaptonmovie.jp/


監督:リリ・フィニー・ザナック 
製作:ジョン・バトセック
編集:クリス・キング 
音楽:グスターボ・サンタオラヤ
出演ミュージシャン:エリック・クラプトン、B.B.キング、ジョージ・ハリスン、パティ・ボイド、ジミ・ヘンドリックス、ロジャー・ウォーターズ、ボブ・ディラン、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・ビートルズ etc.


配給:ポニーキャニオン/STAR CHANNEL MOVIES
11月23日(金・祝)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー





そしてクラプトンのニューアルバムは、キャリア初となるクリスマス・アルバムです


ニューアルバム『Happy Xmas』は好評発売中です
UICP-1188_VGD_extralarge


クラプトンが何故今クリスマスアルバムを発売したのかと思いましたが、
映画を見ると分かった気がしました。

映画からこのニューアルバムの物語は続いていますね


今年のクリスマスミュージックはクラプトンで決りですね、
私も早くこのアルバムを聞こうと思います






そして現在好評発売中のブルース&ソウル・レコーズ最新の第144号
特集は『エリック・クラプトン~12小節の人生~』です



bsr144


今号は映画の見所やクラプトンが取り上げたことで広く知られることとなったブルースの面白さ、深さを取り上げています。
映画を見る前に是非とも手に取ってほしい一冊







読んで聞いて見て
エリック・クラプトンの音楽を楽しんでみては








(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 18:12|PermalinkComments(0)