2020年01月30日

台湾一人鍋専門店 “BOILING POINT”(ボイリングポイント)が、渋谷に1月31日(金)グランドオープン!

台湾一人鍋専門店【BOILNG POINT】(ボイリングポイント)が日本初上陸



渋谷で本格的な台湾鍋が味わえます


店内はアメリカンタッチのポップなアニメーション見ているだけで楽しくなりますね~


DSC_1651


本場台湾の味そのままの『ハウススペシャル鍋』をはじめ『ジャパニーズ味噌鍋』や『ローズミルク鍋(日本限定メニュー)』、ラム肉と高菜をブレンドした『高菜ラム鍋』、激辛スープで痺れる『スパイシー台湾鍋』等々、全9種類のお鍋の中から、私は『ローズミルク鍋』を食しました



20-01-24-13-41-47-870_photo


スープがまろやかで美味でした

中にありますサツマイモが特に良い味を出していましたね




サイドメニューでは『台湾唐揚げ』や『麻辣臭豆腐』など日本の味とはちょっと違うオリジナルテイストさらに ドリンクは、タピオカはもちろん、台湾本場の茶葉を使用した伝統の紅茶や緑茶、ヤクルトやパッションフルーツの緑茶ブレンドなど多彩に充実しています





【BOILING POINT (ボイリングポイント)店舗情報】
URL :
https://www.bphotsoup.jp/

Instagram:
https://www.instagram.com/boilingpoint_jp/


所在地 : 東京都渋谷区宇田川町33-1 グランド東京渋谷ビル3F(JR渋谷駅ハチ公出口より徒歩6分)


営業時間:11:30~22:00(ラストオーダー21:30) 年中無休

TEL : 03ー6455ー3226






おひとり様はもちろん、大人数でも楽しめる台湾一人鍋、渋谷に行った時は、本格的な台湾鍋をごゆっくりお楽しんでみては







いよいよ明日グランドオープンします
 









(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 17:53|PermalinkComments(0)

2020年01月22日

2月号の特集は、備える気持ちを日常に!備蓄の特集です♪

初雪もあり寒い日が続きますが、皆様、お元気ですか。


今年もくらしの百科をよろしくお願いします。

くらしの百科最新の2月号!巻頭特集は、備える気持ちを日常に『いつもの買い物で備蓄のススメ』です


表紙_2020年2月号

昨今は日本全国で甚大な災害がおきています、

自分だけは大丈夫と考えてはいけない時代…

いつもの暮らしでできる「備蓄」の特集です。



備えあれば憂いなしですから、
是非ともお手にとって読んでいただけば幸いです。




そして笠井アナの僕のえいが百三十科157では、先月のスペシャルインタビューに登場して頂きました長渕剛さん主演の映画「太陽の家」を紹介しております。

『太陽の家』の舞台挨拶では、全快した長渕さんの笑顔が見られました




DSCN2906.JPG剛

入場の際の剛コールはまさにコンサート会場さながらの熱気で「コンサート会場じゃないんだから、少しは考えろよ!」とツッコミ、笑顔で応えていました


DSCN2976.JPG太陽の家

メインキャストと監督が勢ぞろいの舞台挨拶は凄い熱気で盛り上がりました


最後は長渕さんから「みんな一緒に走って作り上げました。この時代にこの映画がどう映るか、心の中にいろんな心象を与えると思いますが、少しでも皆さんの心に明かりが灯ったら、ぜひお友達に紹介していただきたいです」とコメントし舞台挨拶は終了。
劇場内は、優しさにみち溢れていました




そして長渕さんに続いて笠井アナも1日でも早く快復して、元気な顔が見られることを願っております。

 




(くらしの百科T)




sankei_kurashi at 13:02|PermalinkComments(0)

2019年12月27日

僕の映画の130科 12月号


笠井アナの「僕の映画の130科」コーナー。
くらしの百科12月号・連載155回。

「カツベン」
周防正行監督5年ぶりの新作は、映画が活動写真と呼ばれていた頃、無声映画の上映に重要な役割を果たしていた「活動弁士」を主人公にしたエンターテインメント。もちろん、その存在は知っていたが、例えば、作品の良しあしよりも、活動弁士が誰かで客の入りが違うとか、活動弁士が勝手に物語を変えてしゃべったら大ウケだったとか、アイドル活動弁士がいたとか…楽しい活弁トリビア満載なのだ。主人公(成田凌)が人気活動弁士のフリをして全国を回っていた〝 ニセ弁士 〟という設定もいい。警察から逃げ回りながらホンモノの活動弁士を目指す成長記であり、無声映画女優との恋愛、劇場同士の引き抜きトラブルなどなど、これらの要素を、どこか懐かしい活動写真風の演出でワクワクさせ続ける周防監督。映画っていいなと思える一本。



「決算!忠臣蔵」
「忠臣蔵」っていったいどれだけ映像化されてるんだ! でも今回は「角度」が入ってますぞ。よく考えたら、討ち入りは「予算」がないと動けない。討ち入りまでの赤穂浪士の生活費は? 江戸までの移動費は? 情報を得るための袖の下はいくら? 大石内蔵助が実際に書き残した決算書を基に紐解いた書籍を実写化。今までの「忠臣蔵」が完全にスルーしていた部分にのみこだわりにこだわるとまあ面白い面白い。筆頭家老・大石内蔵助(堤真一・快演!)がなぜ中々討ち入りできずにグズグズしてたのか? なぜあの日に討ち入りしたのか? すべてはお金が原因だったのだ。それを仕切るのが、幼馴染みの勘定方・矢頭長助(経理担当)の岡村隆史。「ダメです。お金ありません」が口癖で出色の芝居。映画賞に名乗りを上げた。ただ、ラストに関しては、評価がわかれるかもね。


「影踏み」
横山秀夫ミステリーの映画化といえば、「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「64 ―ロクヨン ―」。どれも、超大好きな作品だ。ここに、本作が加わった。
 深夜に在宅の家に忍び込み窃盗を働く主人公(歌手・山崎まさよしが、渋い芝居!)。すると、忍び込んだ家の女が、寝ている夫に火をつけようとしているところに出くわしてしまう。ところがこの事件を警察が内々に処理しようとしたので、窃盗犯である主人公がその謎を解いてゆくという異色作だ。篠原哲雄監督は、本作においてミステリーという謎解きはそこそこに、山崎まさよしの影の部分をうまく引き出して、人間ドラマを掘り下げてゆく。そのキーワードは「一卵性双生児」。顔が同じ人間が自分の他にもう一人いる。そんな人生模様を複雑に交差させ、トリッキーな演出に胸が熱くなった。





sankei_kurashi at 17:49|PermalinkComments(0)

仕事納め

我が編集部も今日が仕事納めです。

皆様、本年もありがとうございました。


本日迄の到着分は本日発送しております。
不着の際は年明けにご連絡ください。


来年もくらしの百科を、よろしくお願いいたします。

それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。





(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 16:05|PermalinkComments(0)

2019年12月24日

1月号のスペシャルインタビューには映画「太陽の家」に主演する長渕剛さんが登場♪

早いもので今年ももぅすぐ終わりますね。


時代も令和になり、時の早さがよりましたように感じます。



くらしの百科最新の1月号巻頭特集は、ビールをもっとおいしく楽しく『冬はじっくりクラフトビール』です。



表紙_2020年1月号

専門のお店ができるほど、最近人気の『クラフトビール』の特集です。

おいしいビールができるまで!

ビール通の三度つぎ等々、

クラフトビールが飲めるお店も紹介しております。


そしてスペシャルインタビューには映画「太陽の家」に主演する長渕剛さんが登場

20年ぶりの出演となる作品のテーマは優しさです


taiyo_main_RR
(c)2019映画「太陽の家」製作委員会





取材は、熱く、優しく、時折ユーモアを交えて盛り上がりとても楽しい一時でした。


紙面には掲載されておりませんが、愛犬レオとのエピソードもお話をされていました。


レオは今も長渕さんにとって特別な存在だと思いましたね。


是非ともお手にとって読んでいただけば幸いです。



たくさん泣いて、たくさん笑って、そして誰かと手をつなぎたくなる感動の贈り物映画「太陽の家」

taiyo_honposter_R


出演:長渕 剛/飯島直子、山口まゆ、潤浩/瑛太、広末涼子
監督:権野 元  脚本:江良 至
製作:喜本孝  プロデューサー:遠藤茂行、飛田野和彦  制作:楽映舎  配給:REGENTS





映画「太陽の家」
https://taiyonoie-movie.jp/

2020年1月17日(金)、TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

taiyo_sub8

(c)2019映画「太陽の家」製作委員会



映画は見た後、とても温かい気持ちにさせてくれます。
私的には今冬一番のお気に入りです、是非とも劇場へ足を運んで頂ければ幸いです。


そして長渕さんが1日でも早く快復して、来年1月17日公開での初日舞台あいさつで元気な顔が見られることを願っております。

 




(くらしの百科T)




sankei_kurashi at 18:11|PermalinkComments(0)

2019年11月18日

くらしの百科12月号について


くらしの百科12月号ができました。


20191212


産経新聞発行・生活情報誌『くらしの百科』12月号ができました。

巻頭特集はときめくストーリーと過ごす冬「素晴らしきかな映画の世界」です。

『午前0時、キスしに来てよ』公開記念・片寄涼太さんのインタビュー他、今年の冬におすすめ映画を紹介します。その他、健康、旬な素材を使った料理レシピ、クロスワードパズルなど好評連載中。


くらしの百科をご購読希望の方は、

郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いた用紙、希望冊数分の切手を同封の上、下記住所までお送りください。

1冊 210円(送料込)
2冊 312円(送料込)
3冊 418円(送料込)
4冊 524円(送料込)
5冊 630円(送料込)

6冊以上は、(103円×希望冊数)+送料300円

1~5冊はクロネコDM便、6冊以上はネコポスにての発送となります。

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル8F
産経新聞開発㈱ くらしの百科係 


くらしの百科は、産経新聞をご購読いただいている読者の方へ集金時に配布している、
A4フルカラー、32ページの生活情報誌となります。

産経新聞、サンケイスポーツ、産経新聞社発行物をご購読のお客様はお取りいただいている販売店へお問合せください。
(販売店により取扱いがない場合もございます。ご了承ください)


*書店での扱いはございません。


問合せTEL:03-5283-7511









sankei_kurashi at 17:24|PermalinkComments(0)

2019年11月12日

50年目に聴き直す「アビイ・ロード」♪

最近、めっきり寒くなりましたね。

季節の変わり目で体調を崩す人も増えているかもしれません。

皆様、どうぞお体ご自愛下さいませ。


多くのロックの名盤がありますが、これは名盤の中の名盤
ザ・ビートルズの『アビイ・ロード』


『アビイ・ロード』50周年記念盤を軸に、ザ・ビートルズ不朽の名盤の魅力、作品にまつわる背景を多角的に掘り下げるガイド本『50年目に聴き直す「アビイ・ロード」深掘り鑑賞ガイド』が好評発売中です

50年目に聴き直す

監修者として日本におけるビートルズ研究の第一人者として知られる藤本国彦氏を迎え、ミュージシャン、音楽評論家、美術評論家、音響エンジニア、コレクターなどが“最強のマニア”たちがそれぞれの視点から『アビイ・ロード』への想いを綴る。

ジャイルス・マーティン・ミックスによる新音源の聴きどころも徹底的に検証!

これぞ最強のマニア本です(これは将来お宝本になるんじゃないですかね


本書の発売を記念して、本書の監修・藤本国彦氏のトークイベントを開催
ゲストは、ムーンライダーズの岡田徹氏


『50年目に聴き直す「アビイ・ロード」深掘り鑑賞ガイド』発売記念トーク&サイン会


■日時:2019年11月14日(木)19:00開始
■場所:HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペース
■内容:藤本国彦×岡田 徹(ムーンライダーズ)トーク&サイン会
■参加方法:HMV&BOOKS SHIBUYAにて、『50年目に聴き直す「アビイ・ロード」深掘り鑑賞ガイド』を購入された方が参加可能です
■ 詳しくは右記にて
https://www.hmv.co.jp/store/event/40365/




マニアなお二人のトークをお楽しみに


さらにビートルズが主演しました映画史
シンコー・ミュージック・ムック『MUSIC LIFE ビートルズ主演映画』が好評発売中です


201909_ML_movies_cover

ビートルズ映画の魅力と評価、名場面と聴きどころ、メイキング映像の見どころ、映画の中のファッション、映画の中の楽器などなど、ビートルズが主演した映画を徹底分析



いよいよ来年は、レット・イット・ビーの50周年
何が起きるのか!?楽しみです~
是非とも映画の公開はしてほしいと思っています



(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 18:24|PermalinkComments(0)

2019年10月29日

東京国際映画祭 2019 その①

第32回東京国際映画祭が10月28日、東京の六本木ヒルズにて開幕しました。
10月28日から11月5日までの期間にて、世界各国から優れた映画が集まり、色々なジャンルの映画を楽しむことができます。
才能溢れる新人監督から熟練の監督までを対象に、世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集結。国際的な審査委員によってグランプリが選出される「コンペティション」には今年、115の国と地域から1,804本もの応募があったそうです。

各映画の上映情報等は公式まで。
公式サイト
https://2019.tiff-jp.net/ja/

今年の東京国際映画祭フェスティバル・ミューズは、広瀬アリスさん。

DSC_0347

DSC_0358

「この映画祭でみなさまにとって素敵な一本と出会えますように、映画が身近なものになってもらえるように映画を届けていきたいと思います。楽しんでいってください」とステキな笑顔でコメント。



続きましては、われらがくらしの百科の笠井アナ。
今年もセレモニー司会をされています!

フリーになられてからとても忙しそう&腰を痛めたみたいで心配しております。

DSC_0367



でも編集部を見つけてくれてこの笑顔。

6



くらしの百科11月号ですが、現在編集部に届いているお申込みは本日全て発送完了しております。
届かない、または折れていたなどございましたら、下記電話番号までお問合せください。

くらしの百科
03-5283-7511




sankei_kurashi at 17:47|PermalinkComments(0)

2019年10月17日

くらしの百科購入について

くらしの百科 購読方法について

くらしの百科をご購読希望の方は、

郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いた用紙、希望冊数分の切手を同封の上、下記住所までお送りください。

1冊 210円(送料込)
2冊 312円(送料込)
3冊 418円(送料込)
4冊 524円(送料込)
5冊 630円(送料込)

6冊以上は、(103円×希望冊数)+送料300円

1~5冊はクロネコDM便、6冊以上はネコポスにての発送となります。

101-0052
東京都千代田区神田小川町1-1 山甚ビル8F

産経新聞開発㈱ くらしの百科係 


くらしの百科は、産経新聞をご購読いただいている読者の方へ集金時に配布している、
A4フルカラー、32ページの生活情報誌となります。

産経新聞、サンケイスポーツ、産経新聞社発行物をご購読のお客様はお取りいただいている販売店へお問合せください。
(販売店により取扱いがない場合もございます。ご了承ください)


*書店での扱いはございません。


問合せTEL:03-5283-7511



sankei_kurashi at 17:08|PermalinkComments(0)

2019年10月11日

台風19号にはお気をつけて下さいね


大型で非常に強い台風19号。

東日本を中心に広い範囲で猛烈な風が吹き、記録的な大雨となる可能性があります。

早めの対策をして、皆様、どうぞお気をつけて下さいね。




今秋は元ザ・バンドのロビー・ロバートソンの新作が発売されたり音楽好きの私には嬉しいほど多くの素晴らしいアルバムが発売されています


新譜以外でも、ザ・ビートルズの『アビイ・ロード』50周年記念エディションなどがあります。


それに合わせて1969年、ビートルズ《アビイ・ロード》vs.ローリング・ストーンズ《レット・イット・ブリード》を特集した『ROCK JET Vol.78』が好評発売中です


ROCK-JET

ビートルズ《アビイ・ロード》とローリング・ストーンズ《レット・イット・ブリード》
インタヴュー!!モーガン・フィッシャー/立川直樹/油井大三郎/廣田龍人/板屋宏幸。


アルバム全曲解説♪


その他
この秋公開、映画『イエスタデイ』がくれる不思議な幸福感。
『ブリッジズ・トゥ・ブレーメン』は1990年代のローリング・ストーンズの到達点だ。
[ウィークエンドカフェ Vol.13]1970年代の浜田省吾、再び。

69の年に発売されました名盤の特集は老若男女問わず全てのロックファン必読です!!





ジャズでも10年ぶりのソロ・ピアノ作『SPECTRUM』をリリースした上原ひろみ

上原ひろみが表紙を飾る『JAZZ JAPAN VOL.110』が好評発売中です



JAZZ JAPAN Vol.110


【特集1】
表紙は10年ぶりのソロ・ピアノ作『SPECTRUM』をリリースする上原ひろみ。88鍵が織りなす虹,ピアノはどこまで色彩を引き出せるか…


【特集2】
『The John Coltrane Reference』にも載っていない真の幻の録音,映画に遺されたコルトレーン・サウンド

【特集3】
ビンス・ウィルバーン Jr.が語る『ラバーバンド/マイルス・デイビス』 Part2


来月には、チェット・ベイカー最期の数日に焦点をあてた映画『マイ・フーリッシュ・ハート』も公開されます



ロックも良いけど~ジャズも良いね




(くらしの百科T)



sankei_kurashi at 17:52|PermalinkComments(0)