2010年07月

2010年07月30日

くらしの百科8月号 好評発売中です

 

Tばっかり更新してるので、

マニアックなブログになってしまってることに

ちょっと焦りを覚えつつ、

先週、誕生日を迎えたばかりのEです。

 

数日前、9月号の編集作業が終わりました。

9月号は、お盆がはいる関係で

作業日程がいつもよりちょっと早いのです。

最後の一週間は、本当に怒涛の編集作業でした。

 

8月号は好評発売中。

 

特集は、

親子で考えよう!

 

本を通じて「心」と「脳」をはぐくもう

 

です。

 

近年、共働きの夫婦が増え、子供との接点が限られている人も多いのでは?

限られた時間の中で積極的に取り入れて欲しいことは、

本が身近にある生活。

一日数分でも毎日、子供に読み聞かせを行うこと、

子供自身が積極的に本に触れることは、

得られることがいっぱいです。
 

読み聞かせで増える親子コミュニケーションや、

オススメ絵本を紹介します。

 

くらしの百科8月号

 

体裁:カラーB5判表紙共32ページ
定価(郵便切手):160円 (送料込)
年間購読料(郵便切手):1,800円 (送料込)
オール

 

購読をご希望の方は、

郵便切手(購読料)、
住所、氏名、電話番号、希望の号を記入したものを同封し、

下記あて先までお送り下さい。

 

あて先

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町1-21-1 昭栄神田橋ビル2F
産経新聞開発株式会社
「くらしの百科編集室」ホームページ係

 

 

本日は、くらしの百科8月号の情報と一緒に、

オススメのスペイン料理のお店を紹介します。

 

冒頭で、誕生日だったと言いましたが、

誕生日当日は、長崎の友達がたまたま東京に来ていたので

残業した後に祝っていただいちゃいました。

 

青山にあるスペイン料理へGO。 

調べてみると、けっこう有名なお店だったので、期待して行ったんですが…期待通り、うまうま!

 あんまり好きではなかったパエリヤの対する価値が上がりました(笑)


最後に食べた、ティラミスも、さいっこーでした(^^)

 

 

お店はこちら。

 

モンテアスル

東京都港区南青山2-27-18 Passage Aoyama 2F

TEL:03-6807-0654

地下鉄銀座線外苑前駅 1a出口 徒歩3分

 

ランチのバイキングが大変好評みたいなので

この夏、ぜったい行ってみたいと思います。

 

写真は上手に撮れなかったので掲載できず。無念。

次回は撮影してきます~。

 

 

かわりに、まったく関係ない

近所に咲いていた朝顔?夕顔?(自信ない)
 

 

 

 

(編集E) 

 

 

  



sankei_kurashi at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)くらしの百科 

デトロイト・メタル・シティ

 

 

こんにちは

デスメタルギャグ漫画デトロイト・メタル・シティ

現在発売中のこの10巻で、とうとう最終回を迎えました

クラウザーさんの大団円は

 

 





Tは、DMCにはまりましたね

2008年には、松山ケンイチさん主演で史上初のデスメタル・コメディ映画として公開もされました。
もちろんTも見に行きましたょ
KISS
のジーン・シモンズがメタルの帝王、ジャック・イル・ダークとして出演
「デトロイト・ロック・シティ」vs「デトロイト・メタル・シティ」の夢のコラボレート(対決)が実現しましたこれは、最高でしたね
音楽映画としても楽しめました


そして、2009年には、アニメ化もされました。
アニメでは、実写映画ではないDMCの世界が描かれていましたアニメも面白かったですね


デスメタルと渋谷系音楽という真逆のジャンルを分かりやすくコミカルに対峙させたDMC
DMCの影響で、Tもデスメタルと渋谷系音楽も少しは聴くようになりました
そのおかげで、Tの音楽の幅も広がったと思います…
クラウザーさんと根岸君のおかげですね(笑)





そして、この夏

DMC10巻発売記念

DMCサイン会ファイナル4大ドームツアー開催

詳細は、こちらまで

http://www.hakusensha.co.jp/sign/wakasugi/


クラウザーさんの伝説に終わりはない

GO TO DMC GO TO DMC GO TO DM

 

Tでした。




今日のBGMは、 DETROIT ROCK CITY by KISS 

(編集T)



 



sankei_kurashi at 12:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然 

2010年07月28日

BOYFRIEND ♪ おおくぼひさこ写真集 文・仲井戸麗市

 

 

こんにちは

 
青山ロックン・ロール・ショー以後、 忌野清志郎さんの本はたくさん発売されましたが、

この写真集は、ちょっと特別ですね

 

 

BOYFRIEND
おおくぼひさこ写真集 文・仲井戸麗市
発行所: ぴあ株式会社

 

 

 




1977
年から忌野清志郎さんを撮り続けてきた写真家・おおくぼひさこさん。
これまで撮りためた膨大な忌野清志朗さんの写真から彼女自身が68枚を厳選した写真

その写真に添えられるのは、RCサクセション時代からの忌野清志郎さんの盟友であり、

おおくぼひさこさんのパートナーである仲井戸麗市さんの言葉。

ページをめくると、RC時代からの本、雑誌、ツアーパンフに使われた写真が多く懐かしいです
写真を見ていて、Tもあの時代あの時代のRCサクセションが聞こえました

写真の中の清志郎さんは、気を許しているような感じがしましたね
おおくぼさんだから撮れた写真だと思います

そしてチャボさんの言葉チャボさんのソロ作品「ティーンエイジャー」の
ワンフレーズ
チャボさんの清志郎さんやRCへの想いが感じられました。

「キヨシローファミリーに捧げる」と銘打たれたこの本は、二人にとってかけがえの
ないボーイフレンドである忌野清志郎さんの素顔と、3人が共有したかけがえのない時間

に触れられるファンには、たまらない写真集です

あとがきで、チャボさんが、清志朗さんの不在を今も実感できない
Tも同じ気持ちです、今もそんな気持ちの方々が多いんじゃないかと思いました

Tでございます


今日のBGMは、 コーヒー・サイフォン by 古井戸

(編集T)












sankei_kurashi at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然 

2010年07月27日

ノーザン・ソングス ♪ ビートルズ

 

 

こんにちは

音楽権利のビジネス・サイドから見たもうひとつのビートルズ史
『ノーザン・ソングス
誰がビートルズの林檎をかじったのか』
著者 ブライアン・サウソール、ルパート・ペリー(共著)、上西園 ()
発行所:シンコーミュージック・エンタテイメント

 

 




ビートルズ・ナンバーのほとんどを占めるレノン=マッカートニーの楽曲
この黄金のコンビによる楽曲から発生するさまざまな権利を守ることを目的に設立されたのが

音楽出版会社ノーザン・ソングスだった
今なお巨万の富をもたらし続けるレノン=マッカートニー楽曲だが、作者であるジョン・レノンと

ポール・マッカートニーのもとを離れ、さまざまな人々に買収されていきます
ブライアン・エプスタイン、ディック・ジェイムズ、レノン、マッカートニー、

そしてマイケル・ジャクソンらの愛と苦悩の日々が綴られている。
本書に書かれている内容は、

目次
序文
第一章 ロビン・フッド、谷を駆ける
第二章 巨額の分け前の行方
第三章 買収、入札、分配
第四章 マペットたちとの仕事
第五章 売るべきか、売らざるべきか
第六章 スリラーがビートルズを買収
第七章 ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロードの終点?


ビートルズは、去年、リマスター盤が発売されましたそして大ヒットしまし
多くの方は既にビートルズのCDを購入済みだと思いますが、デジタルリマスター盤
の音質がこれまでよりはるかに向上していることは大きな魅力ですね

なにより、ビートルズは今も格別の存在です

いつ聴いてもまったく輝きを失わない。ビートルズの音楽は、いつだって最高です

このノーザン・ソングスの物語は、終わりのない物語なんじゃないかと思いましたT
でございます


今日のBGMは、 マネー by ザ・ビートルズ 


(編集T)



sankei_kurashi at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然 

2010年07月22日

稲葉篤紀選手&小谷野栄一選手

 

 

 

こんにちは

いよいよ明日の金・土曜日にマツダ・オールスターゲーム2010が開催されます

日程は、
1戦が福岡Yahoo! JAPANドーム
2戦がHARD OFF ECOスタジアム新潟


北海道日本ハムファイターズから出場する、稲葉篤紀選手と小谷野栄一選手の本を紹介します

まずは、キャプテン稲葉選手


『HOP STEP
 稲葉 JUMP』



著者:稲葉 篤紀
出版社: ロングセラーズ



目次
1章 いつだって明るい方向へと向かって生きる
2章 日本ハムファイターズは僕の心の太陽
3章 何度やってもできない!どうしてなんだ!
4章 いじめが僕を強くした
5章 人生は悩んだもん勝ち
6章 新庄さんが教えてくれた「何でも楽しい」
7章 熱くて優しい野球人
8章 ホップステップ 稲葉ジャンプ



内容は、
稲葉選手の生い立ちから今までのことが書かれています。
稲葉選手の人柄の良さが出ていて、温かい真面目な言葉で表現されています
野球好きな方や野球少年にお勧めの一冊です


『今年のオールスターは、ホームラン狙ってみようかなと思います』by 稲葉選手

オールスターでの稲葉JUMP期待しています。



つづいて、4番 小谷野栄一選手


『心で勝つ 技で勝つ』



著者:小谷野 栄一
出版社: 潮出版社


目次
はじめに――苦悩を突き抜け、勝利へ
第一章 七年目の栄冠
第二章 病との闘争
第三章 僕の野球少年時代
第四章 「人間野球」という原点
エピローグ~これからも「KEEP MY STYLE」

内容は、
いまもなおパニック障害を抱えながら野球を続けている小谷野選手の半生記です。
『病気に苦しんでいる人に勇気や希望を与えられたら』小谷野選手の闘病記としての側面もあります。
老若男女問わず、共感できる本だと思います

『守備に行く機会があったら、そちらで何かを見せられたらいいですね』by 小谷野選手

去年の日本シリーズで原監督に『ヒット1本損させた』と言わせた小谷野選手の守備見たいですね。




今年のオールスターゲームは、どのようなドラマが生まれるのか

楽しみなTでございます


今日のBGMは、 ホームラン・ブギ2003 by 吉田拓郎 

(編集T)


 



sankei_kurashi at 12:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然