2011年10月

2011年10月29日

映画『人生、ここにあり!』へと舞い戻ったカッコーたちに、またもや号泣!!

今年も残すところ2ヶ月余りになりました。現在年間150本弱の映画を観ており、

以前紹介した「SUPER!」で今年分の涙は出し尽くしたと思っていたのですが・・・

 

またしても号泣っ!!

 

しかも今回は 笑い、涙、笑い、涙、うーん・・・、号泣っ!!

 

噂の映画「人生、ここにあり!」(原題:Si può fare) を観てきました。

本国イタリアでは54週のロングランを達成、イタリア・ゴールデングローブ賞を受賞。

 

(c) 2008 RIZZOLI FILM

 

以前から識者の間で注目を浴びていた本作品。理由は明白、バザリア法を扱った作品だからです。

バザリア法とは78年にイタリアで施行された世界初の精神科病院廃絶法であり、

簡潔な説明をすると地域社会での扶助と、患者の意思を尊重した医療法です。

もちろん、緊急時の医療体制や病院の受け入れなど、補完も整っています。

 

間接的に精神医療を扱う作品であれば、ザックスナイダー監督が独自の作家性でエンターテインメントに昇華させた「エンジェルウォーズ」や、以前このブログで絶賛したジェームズ・ガン監督の「SUPER!」など好事家の評価が高い作品が公開されていますが、真正面から精神医療を扱ったという意味において、興味深い作品になっております。

 

【あらすじ】

保守・革新の両派から煙たがれる元労働組合員ネッロがたどり着いたのは、とある精神病院。ネッロは投薬によって受動的な日々を送る患者を目の当たりにし、改革に着手。

(c) 2008 RIZZOLI FILM

組合制の導入や議会の開催を経て、患者に主体性が芽生え始める。社会に復帰すべく床張りの仕事を患者と始めるが、世間の対応は冷ややか。

(c) 2008 RIZZOLI FILM

そんななか受注した仕事先で木材が届かないアクシデントが発生。苦汁の中生まれたアイデアから、物語はドラマチックに展開し始める・・・。

「人生、ここにあり!」を語る上で避けることができないのが、1975年公開のミロシュ・フォアマン監督、ケン・キージー原作の不朽の名作「カッコーの巣の上で」です。

閉鎖社会からの開放と精神医療へのアンチテーゼを扱った「カッコーの巣の上で」は共通点も多いのですが、観後に寂寥感や疑問が残った方も多いはず。その答えが「人生、ここにあり!」にありました。

 

「カッコーの巣の上で」がシリアスな作風をジャックニコルソンやダニーデビート、ルイズ・フレッチャーなど名役者の演技で見せているのに対し、「人生、ここにあり!」はコメディの要素を多く取り入れ、観るものの間口を広げています。

 

30年以上前、「カッコーの巣の上で」を見た世代の方は勧め、日常に素朴な疑問を持つ方にも断然お勧め、単純にいい映画を見たい人もちろんお勧め、週末にいい時間を過ごしたい人にも絶対お勧め、家族のコミュニケーションのためにもお勧め

 

・・・つまり、すべての人にお勧めの今年度あくまでも(毎度おなじみ)満足度No1映画です!!

 

 

↓以下URLは公開情報になりますので、ご確認くださいませ。全国順次絶賛公開中です。

http://jinsei-koko.com/

 

(チーフY)

 



sankei_kurashi at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)指定なし 

2011年10月07日

『Perle de Verre 』 展

 

  ペルルー ドゥ ヴェール

Perle de Verre 』展 

 

 JR赤羽駅近くにある、ギャラリーにて素敵なイベントが開催されています。

 

コスチューム・ジュエリー サークルの5人による

手作りアクセサリーの展覧会。

 

 

 

 

バス通りに面した綺麗なギャラリーを通りかかると、
思わずふと足を止めたくなるような、
綺麗で可愛いアクセサリーがたっくさん!

 

こういうギャラリーって一人じゃ中々入りにくいんですが… 

いざ入ってみるとかなりアットホームな雰囲気で、
アレコレ見せてもらったり教えて貰ってついつい長居をしてしまいました。

先生たち5人それぞれの個性が揃っているので、
自分にあったアクセサリーが見つかるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

ストラップやネックレス等、

1000円台のお手ごろ価格のものもたくさんありました。

 

ギャラリーとは関係ないんですが、
驚いたのが赤羽駅の構内が新しくなってすごい変わってたこと!(笑)

 

スウィーツ、お惣菜、イートインもとっても充実。

つけ麺で有名な「六厘舎」が手がける「舎鈴」もあります。

 

 この連休のお出かけの際、電車の乗り換えのついでに寄ってみてはどうですか?

 

Perle de Verre 』展

2011104日~10()

AM 11:00PM 6:00(最終日 PM 4:00)


コスチューム ジュエリー サークル

金井正子・木下千恵子・力石展子

宮本なみ子・金野美那子

 

ぎゃらりー遊 1

東京都北区赤羽西1-35-8レッドウイングビル

(滝野川信用金庫隣)
Tel. 03-6808-7575
 

 

 

 

 



sankei_kurashi at 16:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然 

2011年10月05日

モスの秋冬季節限定商品

朝夕はめっきり冷え込んできて、寒いですね~

寒暖の差が激しいです、皆様体調管理には気をつけて下さいね、Tでございます。

 

先日、モスバーガーの2011年秋冬シーズン商品の発表会に行ってきました。

 

季節限定のとびきりハンバーグサンド「焼きトマト&チーズデミ」とあったかプリン「ショコラ」を食しました。

 

 

とびきりハンバーグサンド「焼きトマト&チーズデミ」【季節限定】

 

「焼きトマト&チーズデミ」は、以前商品化されました、デミソースの進化系商品です。

国産肉のハンバーグ+きのこ&根菜類+焼きトマト+デミグラスソースの合体は、それぞれにしっかり味がついており、ボリューム満点で美味しいです。

 

トマトは焼くことによって甘みが増しまして、とてもジューシーです。

 

 

 

あったかプリン ショコラ【季節限定】

 

 

優しい口溶けのあったかスイーツは、たっぷりチョコレートソースで、癖になる味ですね。

 

その他にも、季節限定商品は、とびきりハンバーグサンド「チーズデミ」やあったかプリン「チーズスフレ」、「玄米餅のおしるこ(粒あん)」もあります。

 

季節限定商品は、10月4日~12月25日までの期間です。


食欲の秋! モスの秋ですね!!

今日のBGM Still Crazy After All These Years by  Paul Simon     

 

(営業T



sankei_kurashi at 13:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)指定なし 

産経新聞社後援 「秋雅展」 招待券プレゼント

 

小品盆栽(しょうひんぼんさい)という言葉を知ってますか?

盆栽のなかでも「小品盆栽」と呼ばれる品種は、手のひらに乗るサイズ。

小品盆栽は、誰でも手軽で簡単に楽しむことができ、
持ち運べ、庭がなくてもベランダやオフィスなどで
育てられるところも注目されています。

 

 

 
価格も手ごろなものからあり、初心者でも始めやすく、
小品盆栽にはまる人が年々増加しています。

小さくたって、繊細な曲線美を描くまさに芸術作品。
自然の美しさや壮大さが感じられます。

 

 実がとっても可愛い姫りんご。若い女性にも人気があります。

 


まずは実際に触れて味わってみませんか?

小品盆栽の全国大会と言われているイベントが

この秋、行なわれます。
 

  小品盆栽フェア 第19回 秋雅展

 

【会 期】 11月3日(木)~6日(日)

 

【時 間】 10時~17時(入場は16時30分まで)

 

【開 場】 上野グリーンクラブ

       (東京都台東区上野公園3-42)

 

【お問い合わせ】 上野グリーンクラブ

            03-5685-5656

 

主 催/公益社団法人全日本小品盆栽協会秋雅展実行委員会

協 賛/日本小品盆栽組合

後 援/▼農林水産省・文化庁・外務省・環境省・経済産業省
        ・東京都・台東区・NHK・産経新聞社他7団体

 
こちらの招待券を25組50名様にプレゼント!

 

 

【応募要項】下記内容を明記の上、ハガキにてご応募ください。

郵便番号、住所、名前、年齢、電話番号、購読している新聞

 

【応募先】

〒101-0054

東京都千代田区神田錦町1-21-1

産経新聞開発㈱

くら100秋雅展 係

 

【締切】

10月17日(消印有効)

 

厳正なる抽選の結果、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

個人情報、応募に関して

http://www.sankei-kurashi.com/present/izablog.html

 

 

 

 



sankei_kurashi at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)プレゼント 

2011年10月03日

9月号プレゼントの発送。

 

今日は、くらしの百科9月号に掲載のプレゼントの発送してます。

 

リラックマ「カラビナ」&「ケータイ乾電池アダプタ」セット。

 

 

リラックマをかたどった可愛い「カラビナ」。

こちら、色んな種類の色が揃ってるんです。

男女ともに使えそうな青を選んでみました。

 

くらしの百科では毎月、サンエックスさんから可愛いグッズをプレゼント用に提供して頂いてますが、

どれも可愛いので迷ってしまって選ぶのが大変!でも楽しい(笑)

 

当選者には、明日には届くと思うのでお楽しみにー!

 

 

商品についての問合せ先

サンエックス株式会社

03-3256-7624

 

カラビナ 609円(税込み)

ケータイ乾電池アダプタ 1344円(税込み)

 

 



sankei_kurashi at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)くらしの百科