2012年07月

2012年07月31日

いわもとQとTAMIYAで池袋が今一番アツい!!

本日のブログは文字数&写真数が多く、個人的に思い入れの強い内容になっていますので、目を休めながらお付き合いくださいませ。

 

暑い日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。夏休みに入ったお子様連れの方で、まだどこにも行っていない方。もしくは、カップルの方で「ねー、どっかいこうよぉ~」「あー・・・そーだねー」みたいに行き先が決まっていない方、もちろんシングルでも充実した一日を過ごしたい方。そんな方にワタクシが今一番おすすめするスポットはスカイツリーでもなくヒカリエでもなく、ましてやヒルズでもない。あえて今一番熱いのは・・・

 

IKEBUKURO!!

 

そう、埼玉からの玄関口池袋。幼少を埼玉で過ごした私にとって池袋=東京。「東京行ってくる」=「池袋に冒険に行く」という具合でして。それは池袋は田舎の人間にとっては※イリーガルかつ勇気のいる場所でして。

※イリーガル=ここでは無法都市の意

丸井はあるは、西が東武で東は西武だわ、もちろんロマンス通りなんて大学生になって初めて足を踏み入れたわけでして。「○○がカツアゲにあった」とか、「○○がお昼ご飯食べたらボッたくられた」だの、挙句の果てには「○○が古着屋の入店を断られた」という話まで。今考えると微笑ましいのですが、当時“頑張って川越”の私たちにとって池袋に行くことは素手で38度線を超えるようなもの。週末になると学校内で「○○が池袋に行くらしい・・・」「まじか・・・」「親は一緒だよね?」みたいな世界だったのです。もう映画『マチェーテ』の世界というか、国境超えるぞみたいな。

 

ここまでが枕でして。そんな私が池袋で今おすすめの場所はこちら。

①東武百貨店催事場のTAMIYAイベント@無料!!

 

TAMIYAですよタミヤ。RCカーの!!ミニ四駆の!!プラモの!!

ドンぴしゃ世代の私にとってはまさに天国。懐かしい世界が広がるのです。当時の私もご多分に漏れず“子供の王道=コロコロ(もしくはボンボン)買ってミニ四駆”のど真ん中にいたわけでして。

 

そんな私にとってこれは度肝を抜かされました。

 

 

左上から古い順だと思いますが、ホットショットからホーネット・・・もうタマラン。

 

そしてこれがミニ四駆の革命児↓

 

 

でたッ!!アバンテJr.!!

 

もうこれが欲しくって欲しくって。自転車で隣町まで行ったり、それはもう大変な騒ぎになりました。

 

今回のイベントが世代の隔てなく、家族連れ、カップルでも楽しめる物になっているのがこちらの展示。

 

ジープ フォードGPWの本・物!!

 

 

で、デカい!!どうやって搬入したんだろうか。

 

そしてここから始まるプラモデル・ジオラマエリア。

良いですか皆さん、これ無料で見れますからね!!ここから必見!!

 

 

あの『ワイルド7』望月三起也先生の作品展示。それがこちら↓

 

 

当然ですが、写真の百倍迫力がありまっせ。

お次がこちら・・・

 

 

『ドラゴンボール』『Dr.スランプ~』説明不要、鳥山明先生。展示がこちら↓

 

 

ルノーFTってのがセンスを感じます。もちろん写真より現物は百倍すばらしいでっせ。そしてお次が・・・

 

 

『ああっ女神様っ』藤島康介先生先生の展示がこちら↓

 

 

こっそり漫画も置いてありますな。。。

 

他にもRCカーのコーナーやオリジナルグッズの販売など盛りだくさん。そしてちょっとおなかが減ってきたら・・・地下C1出口丸井の近くにあるのが

 

いわもとQ

 

いわもとQさんHP

http://iwamotoq.co.jp/

 

“ありえない店を目指す”で有名ないわもとQが池袋についにオープン。低価格高クオリティーのお蕎麦屋さん。説明不要でうまいです。いわもとQが食べられるのはここと新宿歌舞伎町と麹町のみ。これ、実はすごく恵まれてることですよ、皆様!!

 

 

“大盛りが食べられない=風邪”と認識している大食漢のワタクシことチーフYは上天丼と蕎麦のセット。780円だっけかな?セットの蕎麦は“もり”で。蕎麦がうまいのがよくわかる。上天丼は言わずもがな。ぷりっぷりの海老がどでーんと3尾も鎮座。思わずピントもボケるスケールなのです。

 

ということでくらしの百科ブログ史上最長の内容になってしまったので本日はここら辺でおしまい。

 

【チーフY】



sankei_kurashi at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)指定なし 

2012年07月27日

岡田准一主演・天地明察 映画試写会プレゼント

「おくりびと」の滝田洋二郎監督最新作!

2010年本屋大賞第1位の作品が原作。

 

9月15日(土)全国ロードショー

 

 

C2012「天地明察」製作委員会

監督:滝田洋二郎 原作:冲方 丁 音楽:久石譲

出演:岡田准一 宮﨑あおい ほか

 

 

時代をひっくり返す大計画、それは日本初の暦を作ること!?

【STORY】

江戸時代前期。碁打ちとして徳川家に仕えながらも、算術や星に夢中な青年・安井算哲(岡田准一)。何かに熱中すると周りが見えなくなる、ちょっぴり頼りない算哲だが、四代将軍徳川家綱の後見人、会津藩主・保科正之(松本幸四郎)は、そんな算哲に、秘かに注目していた。

その頃、日本には、重大な問題が起こり始めていた。それは、800年にわたり使われていた中国の暦が数日ずれ始めたこと。当時、暦は、宗教家、公家、武士、庶民の生活の拠り所。暦を司ることは、国を治めるほどの意味を持っていた。だが、当時、朝廷が暦を扱い、幕府が簡単には手を出せない。しかも、暦作りには、星や太陽を観測するという途方もない労力と知識が必要とされる。そこで、保科が、正しい暦を作るという大計画のリーダーに据えたのは、なんと安井算哲。幕府の人間でもなく、学者でもない算哲が選ばれたこと、それは、異例の大抜擢だった。えん(宮﨑あおい)、水戸光圀(中井貴一)との出会い、そして、和算家・村瀬義益(佐藤隆太)、天才和算家・関孝和(市川猿之助)、囲碁界の革命児・本因坊道策(横山裕)らとの友情…。算哲の、挫折と失敗だらけの、暦りへの挑戦の日々が始まった!

 

 

こちらの公開を記念しまして、映画試写会に5組10名様をご招待!

 

【日 時】  9月5日(水)

 

【時 間】  18時開場/18時開映

 

【場 所】  日本教育会館

 

【応募締切】 8月6日

 

【応募要項】

下記内容を明記の上、ハガキにてご応募ください。

郵便番号、住所、名前、年齢、電話番号、購読している新聞

 

〒101-0054

東京都千代田区神田錦町1-21-1

産経新聞開発㈱

くらしの百科「天地明察」係

 

 

 (編集E)

 

 



sankei_kurashi at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)映画 

2012年07月23日

植え替えの季節です②

週末は植え替えの作業です。近くのJAさんにて諸々物色。今日の課題は成長中の植物10コ分の植え替え作業です。

 

まずは素焼きの鉢を探します。

 

もう、私はこの段階で楽しい。鉢選びは水受けのサイズや成長の速さなど、いろいろ考えてサイズを選ぶのが基本。

 

そして鉢が決まったら土も購入。

 

園芸の買い物は台車が基本。培養土も最大の17ℓを購入。この培養土が使い勝手がいいんです。水はけがよく、この土は汎用性が高い。

 

肝心の植え替え。鉢の下にネット、石を敷きます。

 

・・・格闘すること1時間。

 

すべての作業が終了しました♪

 

これで心置きなく夏を越すことができます。

 

☆本日は更新ラッシュです。

  

■くらしの百科お薦めエンタメ情報

ちょっと一息♪注目の公開前作品のご紹介

http://kurashi-enter.iza.ne.jp/blog/entry/2767867/

■くらしの地域情報“ぷらっと”

お散歩商店街【鍋屋横町(中野区)】

http://kurashi-local.iza.ne.jp/blog/entry/2767807/

 

【チーフY】



sankei_kurashi at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)指定なし 

2012年07月19日

坦々麺の中の坦々麺。つまりKING OF KINGS!!

突然ですが、ワタクシ坦々麺が好き

坦々麺の中にもいろいろな種類があるのですが、酸味、辛み、麻(山椒のしびれみ)など各々の店が個性を出す中、私が一番好きなタイプの坦々麺はすりごま系。

 

だからなんなんだと言われればその通りなのですが、それを言う前にこちらの画像を見てから、ね。

 

どやっ!!これが今一番おすすめの坦々麺、白ゴマの坦々麺。

だからなんなんだ、と侮るなかれ。こちらのお店、某有名料理番組でも取り上げられた坦々麺界の雄。辛さと濃厚なコクのバランスが最高なのです。

 

練馬区・西武線練馬駅が最寄なのですが、私もわざわざ自転車で2駅超えて食べに行く程。練馬区民の私にとって味噌は『味噌一』、つけ麺は『江古田大勝軒』もしくは『あさか』、困ったら『天下一品』、そして坦々麺なら・・・

 

麺や 天鳳@練馬駅から徒歩5分くらい

東京都練馬区豊玉北6-13-18

 

だからなんなんだ、という前に一度食べてみぃ!!

 

☆本日は更新ラッシュです。

 

■くらしのイベント百科

文部科学大臣杯 第55回小学生・中学生全国空手道選手権大会

http://kurashi-event.iza.ne.jp/blog/entry/2763129/

 

■くらしの百科お薦めエンタメ情報

スパイダーマン&芹那さんで恋愛成就!これは行かねば!

http://kurashi-enter.iza.ne.jp/blog/entry/2763110/

 

■くらしの地域情報“ぷらっと”(17日更新)

お散歩商店街【東海道品川宿】

http://kurashi-local.iza.ne.jp/blog/entry/2760470/

 

 

 

【チーフY】



sankei_kurashi at 17:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)指定なし 

2012年07月18日

長崎から初上陸です。

 

フルーツゼリーでおなじみの「たらみ」。

 

「たらみ」の本社は、長崎。

その長崎のショップでしか食べることができない

「たらみフルーツ工房」シリーズがあるんです。

 

日本国内の産地より厳選した、

その生の果肉を加熱加工せずにゼリーに閉じ込めた生ゼリー。

 

そちらが、東京駅の構内にあるGRANSTAで、

7月9日~7月22日(日)まで出店しています。


長崎で手作りしたものを、毎日空輸にてお届けだから、勿論新鮮!

 

 

 

グランスタ限定の3個セットは1,400円。

 

私のオススメは、

「熊本産 アールスメロンの生ゼリー」。

あまーいアールスメロンの果肉がごろごろと。

 

夏バテして食欲がない時にでもつるっと美味しくいただけちゃいます。

 

今回、買ったのはこちらの3品。

 

 

特製の可愛い保冷バックに入れてくれます。

 

また、公式HPからダウンロードできるチラシを、

グランスタ内のたらみフルーツ工房へ持ってお買い物をすると、

ステキなプレゼントが!

 

公式HP

http://www.tarami.co.jp/koubou/

 

その他、グランスタでは、自分でも食べたくなるお弁当、お惣菜、

可愛いスウィーツのお店がたっくさん。

日頃、旅行に行く時に、前もって買わずにすむので大変助かってます(笑)。 

 

 

 

グランスタと言えば…

7月19日(明日!)には、本格タイ料理が楽しめるmango tree kitchen」がオープン。

今までは、テイクアウト専門店だったデリがイートインもできるように。

ここのガパオがすごい美味しいのでオススメです。

 

ちなみに、グランスタの人気商品ラインキング(2011年)

 

編集Eは、カフェレルのチョコはよく買ってお土産に持ってきます。

てんとう虫や、きのこの瓶が入れ物になっていて、

とっても可愛くて美味しいので、お子様にも喜ばれるお土産だと思います。

 

みなさんのオススメがあったら教えて下さいね~。

 

(編集E)

 

 

 

 

 

 

 



sankei_kurashi at 16:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日々徒然