3knot(サンノット) 神奈川県横須賀市秋谷 www.3knot.com san@navy.plala.or.jp
ARAHABAKIの『そとごはんのすすめ』展、ハイクツアーの当日を迎えました。
気になる天気予報は終日『雨』マーク。しかもお昼をピークに6mmの雨量と7メートルの風が吹くと...
朝、ARAHABAKIの田村さんと三ヶ岡に下見登山しました。
IMGP0244
食事を予定している山頂は濃い霧に包まれて、とても幻想的なムードでした。
悩んだ挙句、『そとごはんのすすめ』ですから、多少の雨でも決行しよう!ということになりました。

真名瀬に集合した大人子供あわせて総勢18名のパーティーで予定どおり、三ヶ岡登頂を目指しました。
ほぼ海抜0メートルから急勾配な階段を一段登るにつれ、山の気配が濃厚になっていくのを感じます。
IMGP0250
途中で木耳(きくらげ)を採取。生をはじめてみるという人も多かったです。これはあとでのお楽しみ。

途中、本来は見晴らしのいい場所から真っ白な霧に向かって大声を出したり、みえない富士山を空想したり、とそれなりに霧中を楽しみました。


1時間近くかけて山頂の休憩場に全員無事に到着。
さぁ、さっそくキッチンをつくってオズボーンさんの料理作りが始まります。
IMGP0252
ガスバーナー、アルコールバーナー、ケリーケトル、ジェットボイルと燃焼オールスターズ総出演。現場で手際よく料理がつくられていきます。なかでも参加者の皆さんにも協力いただいた、ケリーケトルでのお湯沸しは大好評でした。

オズボーンさんの料理が出来上がる間、途中で採った木耳を調理します。
IMGP0260
水洗いしてゴマ油でさっと炒めて、お塩と醤油で味付け。
コリコリとした新鮮な食感は最高!なにより、いま登ってきた山で採れたということに感動があります。

そんなことをしている間に出来上がったようです。
IMGP0278
入れ子の器に綺麗に飾り付けられ、瑞々しい植物なんかも添えられて、どんな素敵なロケーションの飲食店にもない、最高の『そとごはん』の完成です。

参加者のみなさんもそれぞれが持参した器によそおい、いただきまーす!!
途中、バラバラと落ちてきた雨もなんのその。オズボーンさんの心のこもったお料理は体に染み渡りましたし、雨の中を登ってきた最高のご褒美となりました。


子供達は霧中で、いや夢中でスラックライン(綱渡り)に興じます。
IMGP0267
もちろん天気はいいにこしたことはないのだけど、誰もいない場所でいろんなことを共有できたことは後になればとてもかけがえのない体験だったことに気がつきます。
そして、そんな気持ちを有する参加者の皆様だったことにこころより感謝!です。

こうして、悪天候のなか『そとごはんのすすめ』山の部のハイクツアーは無事、完遂されました。
ARAHABAKIに戻りついたころには雨も上がり、すがすがしい気分。
『まるで屋久島を歩いたようだった』
参加者の皆さんもニコニコ顔でそれぞれ帰路につかれていきました。



さて、夕方からは浜辺の部です。
こちらは雨が降ったら焚火ができません。
雨の浜辺はそこはかとなく寂しい絵面です。 一時あがったとはいえ、いつまた降りだしてもおかしくない空模様。
もう祈る気持ちで現場に入ります。
cafe manimaniのユミさん、参加者のみなさんが到着する前に、セッティングをすすめます。
IMGP0281
2台の焚火台ではあらかじめ火をおこして、火床をつくっておきます。

準備がほぼ整ったところにユミさんや参加の皆さんも到着。
天気もいまのところ、ぎりぎりもっています。
IMGP0284
さすがは葉山を代表するカフェオーナー。カリスマオーラがでてますねぇ。

まずは参加者がみずから、パン生地を伸ばして棒に巻き付け、焚火の炎で焼き上げる『焚火マキマキパン』づくりです。
IMGP0289
manimaniのパン生地の粉は秋谷から仕入れているそうです。

大人も子供も一緒になってマキマキ。
2台の焚火台には桜とメープルシュガーの薪をそれぞれ用意しました。
IMGP0292
焼くだけではなく、甘い煙にも燻される焚火パン。出来上がりが楽しみだ〜。

三脚に吊られたダッヂオーブンの中はmanimani特製チキンカレー。
焚火の炎でグツグツと煮込まれます。
IMGP0298
パンも遠火でふっくら焼けてきたね。

manimaniの浜辺の料理も完成です。
IMGP0299
料理と器が互いにひきつけあって、とっても美味しそう。

それぞれ持参した器に取り分けて海と焚火を眺めながら、食事をいただきました。
やっぱり大勢で外で食べるご飯はうまいものです!

食後のデザートに、焚火の炎でバナナとキャラメルをグツグツと煮詰めます。
屋内ではだせないこのワイルド感がたまりません。
IMGP0307
このソースをたっぷりとケーキにかけて完成させます。
もう、その美味しさといったら... 

焚火とコラボレートした数々の料理はすべて大成功でした。
日が暮れて薄暗くなっても誰も帰りそうにないまったりムード。
いいイベントになった証拠ですね。

結局あんなに気をもんだ天気も、妨げられるようなことは一度もありませんでした。
この梅雨真っ只中で、一日中外で遊べたのは奇跡ともいえるでしょう。
ARAHABAKIの田村ご夫妻をはじめ、オズボーンさんやユミさんの周到な準備と熱意、そして雨模様とわかりつつも集まっていただいた参加者のみなさんの気持ちが天に通じたとしかおもえませんでした。
みなと別れ、道具を満載したジムニーを自宅に向けて走らせた直後にワイパーを動かすほどの雨粒がフロントガラスに落ちてきたのでした。


個性豊かな料理人の方々とこのようなかたちでイベントを共有できたことを心から嬉しく、そして自分達の役割を際立たせてくれたARAHABAKIに深謝いたします。
またなにかやりたいですね。
IMGP0243
ARAHABAKIでは今週末まで素敵な器やサウダージブックスのセレクトした本なんか楽しめる『そこごはんのすすめ』展を開催しています。とても質の高いエキシビジョンだとおもいます。ぜひ足を運んでみてください。

そしてその帰り道にでもよかったら3knotにもお立ち寄りください。
雨の日に楽しめるのは外だけではないですから。 お待ちしています。



Comments

    • hide's comment
    • 2009年06月22日 22:10
    • 昨日はおつかれさまでした(v_v)
      楽しい一時を過ごさせてもらいました。
      山ごはんも美味しそうですね〜
      でも、manimaniファンの私としては大満足の浜辺ごはんでした。
      帰りはまとわりつく夜霧に苦戦しましたσ(^^)

      ところで、また楽しそうな遊びを企ててください〜
      また遊びに行きますから(*^^)v
    • 3G's comment
    • 2009年06月23日 09:50
    • hideさん
      こちらこそご参加ありがとうございました!
      雨に中のツーリング、ご苦労様でした。
      (荷物運搬も手伝ってもらってありがとう!)
      楽しんでいただけたようでなによりでした。
      こういった食のプロとのジョイント企画もよいものですね。
      もうじき夏の企画発表します。
      カヤックとかどうですか?ぜひまたいらしてくださいねー。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Archives
livedoor 天気
  • ライブドアブログ