2007年04月07日

4/7 おはようございます

おはようございます。米労働省が発表した3月の雇用統計で、非農業部門の雇用者数は前月比18万人増と市場予想(14万2000人程度の増加)を上回った。過去の雇用者数の増加幅が上方修正されたうえ、失業率は4.4%と5カ月ぶりの低水準となった(日経)と市場筋が注目していたと言う米雇用統計は数字的には良いもので終わり、米国市場は休場の中でGLOBEX時間外取引は上昇で終わる。いち早く反応したのは為替で、円売り・ドル買いが加速した。一時は119円39銭まで売られ、2月27日以来の円安・ドル高水準を付けた。月曜日の思惑売買は大口個人投資家の一段は買いを意識しているようで薄い出来高の中CMEは17620円で終了しています。


懸念しているのは日経すら株式市場の解説でも取り上げていないほど無視された2月景気動向の数字の悪さです。今日は詳しく取り上げませんが、自国の経済指標を無視して米国の雇用統計が良いから上昇と判断する気質には問題があるでしょう。為替の動きが日本売りとは対ユーロでもドル高に向いているので言い切れませんが、有る意味波乱の1週間になる可能性はありそうですね。個人的には下げると見ていますが、都合上上げないといけないのかな?

今から来週の相場を考える必要はありませんから、天気も良いしリフレッシュしてくださいね。私は今からボランテイアで作った緑道の草刈をしてきます。1週間お疲れさまでした。


戦略結果の方は指値が付くも出来ないことが多く、以下に示しますが収益はとんとんと言うところです。表記は出来たものだけですが、5分チャートの法則に沿りある程度自主対応していただきました。利が出ているものと思います。旨く行く日もあれば行かない日も有る。仕方ないですね。

225先物取引において日ばかり者の1枚単価あたりの収支
通常会員
2007/04/06 12:50 17520円売り17500円返済OR
17520円返済

2007年4月6日+20000円(4月集計+250000円)

1クリックお願いいたします

にほんブログ村 先物取引ブログへ






sankyominowa at 08:37│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔