お久しぶりでございます

本編のTVドラマや劇場版実写化が成功し、
現在放映中の阿知賀実写と並行して全国公開中の
阿知賀実写(劇場版)を観に行きましたので書いていきます
IMG_1550

なお、当ブログ管理人は環境の都合上本編やTVドラマや
劇場版を見ておらず、阿知賀編もTV版をツイッターのフォロワーから
「ドラマ同様とてもヨカッタ」と聞いたくらいですので 少々心を踊らせながら
劇場に足を運びました では感想を

劇場版の内容は全国予選から準決勝までのものとなってて
アニメ版でも特に盛り上がった先鋒と大将戦を濃ゆく時間配分をされているも
エンディング含めて二時間というかなりコンパクトのものとなっておりました

ですが 二時間とは思えないほどの情報量の多さに驚きを隠せませんでした
削られた所や改変された所もありましたが
それがストレスには余り感じませんでした(個人的には ですが)

(セーラ推し、美子推しには少し物足りなさを感じたと思う・・・)

特に良かった所
・キャスティングにドンピシャが多く、誰もが「あのキャラを演じてきってる!」と
 納得のものとなってた
↪特に花田煌役の矢野優花さんと怜役の咲良菜緒さんのドンピシャのキャスティング
 劇場で見ててとても深く頷いた
↪菜緒さんの怜の体温が冷たくなっていくような演技がとても素晴らしかった
 観てて凍えを感じるような演技 すばらでした!

・すこやんのギャグ成分が抜けて 本編より大物感が強くなった
↪映画から咲の世界に入る人でも「あっこの人強そう」という印象を植え付けていったと思う

・亦野や泉の失点するシーンを限りなく抑えてくれた
↪これによりキャラを演じているキャスティングの方々にマイナスのイメージが付かないで
 俳優さんのファンの方もそこまで不快にならずに気持ちスッキリに観れる
(あと亦野誠子役を演じた岩田華怜さんがツイッター上にて「マタンゴ」
 というネガティブなワードをクリーンなイメージに変えていったのも高ポイント)

岩田さん 本当に有難う御座います・・・!

個人的にとても素晴らしいと思ったのは
山の中で歩いている穏乃のシーン カメラワークがとても好みで
「引き絵」という映画のスクリーンならではのとても冴える絵を撮ってくれたから
もしこれから観るのであれば ぜひともそのシーンは瞬きをせず診て欲しい

不満点は2つほど
推しキャラが思っている以上に出てない と嘆く人が出てしまうことだろうか
時間の都合上 こればかりはとても仕方がない
(時間配分は絶妙だった故に 何ともむず痒い・・・)

もう一つは個人的なものだが準決勝の先鋒で玄がドラを捨てるシーンで
もう一度回想シーンが入るのだが二回目ともなると少々クドく感じた
(ただ、その分玄のドラに対する思いを伝えるにはこれが最適解なのかもしれない)

総合点
これから咲を知る人にも、また咲の世界に改めて触れる人にも
自信を持って紹介出来る素晴らしい映画
個人的に気になる点はあれどさほど気にならないものとなっており
原作のイイところを濃縮した最高の一作となっている
CGや音楽周りも素晴らしいので二時間という時間が濃ゆく、しかしあっという間に過ぎていく
点数をつけるなら「98点」として この記事に筆を置くとする

オマケ
IMG_1554

ブログ管理人が劇場得点で貰えたブロマイドは此方

管理人「・・・あれ?姫子は?ヒメコドコ!?」
ハギヨシ「恐らく この写真の撮影者が姫子様なのでは?」
管理人「あっ成る程」

(えっそんなことより数年前のように毎日SSを更新しろ?・・・ハイショウジンシマス)