その場に立つ

浦和興産株式会社・社長ブログ

カラッと晴れ渡った夏の日の昼下がり、松戸市五香を訪ねました。

駅前通りの外れにあるパーキングにクルマを停めて、五香駅に向かって歩きはじめます。
若い頃から旅好きの私は、今でも知らない場所や街を訪れる際には決まって胸がドキドキします。
こんな気持ちはいくつになっても変わりません。

ヨークプライス(旧イトーヨーカドー )のかどを曲がると五香の駅前通りが目に飛び込んできました。
IMG_6170

「わぁー!アーケードがある!」

駅前通りの両側のゆったりとした歩道が続き、その上には立派なアーケードがかかっています。
正面に見える五香の駅に向かって駅前通りはわずかにカーブを描いています。
その様子に美しさを感じます。

この日は夏の日差しが強かったのですが、アーケードが見事に日陰を作ってくれています。
もちろん、雨の日も雪の日も、通りを行く人にとって、このアーケードはありがたいものです。
少し前まではアーケードのかかった街を良く見たものですが、最近は商店街そのものが郊外のショッピングモールに移り、アーケード商店街が役割りを終えてきていることは悲しいですね。

さて、今日の目的地は『白樺書房』さんです。
最近、町の本屋さんが一軒、また一軒と消えていっています。

しかし、私たちの会社の社員さんであるMさんのお父さんとお母さんが、この町で本屋さんを50年以上続けていると聞き、そのお店である『白樺書房』を尋ねてみました。

「あっ、ありましたよ!」
IMG_6172

Mさんから小さなお店ですよ、と聞いていましたが、なかなか立派なお店です。

さっそく店内に入ると、Mさんのお母様が出迎えてくれました。
初めてお会いするのですが、気さくな笑顔が素適なので、こちらの緊張感も自然とほぐれて行きます。
そして、お店の奥にいらっしゃるMさんのお父様にもご挨拶させていただきます。

お父さんの目元がMさんにそっくりなので、やはりまた私の緊張感もいくらか下がります??
お父さんは今年88歳。
耳が遠くなっているので、私がメモ帳に質問を書き、それをお母様がサインペンを使って紙に大きく書いて(筆談の通訳?)くださいました。

1970年にイトーヨーカドー五香店がオープンして、当時は五香駅からイトーヨーカドーへ向かう大勢の人でこの駅前アーケードも賑わい、その1年後に『白樺書房』を出したところ、非常に多くのお客様がいらっしゃて大変繁盛したそうです。
時は高度成長時代、雑誌や本がよく売れて、一時は五香の街の中だけで本屋さんが8店あったそうです。

お父様、お母様はもちろんのこと、Mさんたち4人のお子さんは小学生の頃から、さらにはお孫さんたちも高校生の頃からお店を手伝っているそうです。
お正月休みも取らずに年中無休で続けてきました。

しかし、お店の経営状況が良かったのは開店してから数年。
年々、売り上げは悪くなるばかり。
何度も店をたたんでしまおうと思ったそうです。

けれども、

「この街に文化の灯りを灯し続ける」

この言葉を信念にお父様とお母様はお店を続けてきました。

先日、新聞のコラムで、
「書店は営利企業であると同時に、人々が触れ合い、地域文化の拠点となる社会共通の財産だ」
そして、その核となる性質は、
「用もないのに行くところ」
「無為の時間や目的性から離れたところから文化は生まれてくる」
そんな言葉が目にとまりました。

お父さん、お母さん、どうかお身体を大切になさってください。
そして『白樺書房』を通じて、五香の街に文化の灯をすえながく灯し続けてください。
IMG_6174

 

 

3月の中旬、九州からは桜の開花の知らせを聞く頃、私の母の住江(すみえ)は94年の生涯を閉じた。
私たちに見守れながら静かに眠るように息を引きとった。

私たち子供や孫、そしてひ孫による浦和の自宅での家族葬を行い、母は生まれ育った高崎へ。
母の愛した郷里高崎の街や榛名山、赤城山を見渡せる高崎斎場で母を荼毘に附したあと、お骨になった母と私たちは高崎の街をドライブした。
 
高崎の中心街に今まで通ったことのない路地があった。
進入禁止でなかったので思い切ってクルマを入れる。
すると突然、レトロな雰囲気の映画館が私たちの前に現れた。
IMG_5649
高崎で最古の映画館「電気館」
 
私たち兄弟のあいだでは有名な父と母の初デートにまつわる話を思いだす。

1952年(昭和27年)2月
母 住江24歳、父 彰28歳の初デートは高崎の映画館でした。
若いふたりは洋画を見て気分が高揚し、映画館を出たのち、おしゃべりに夢中になってしまいました。
住江がハッと気づくと帰りの電車の時間。
当時は東武鉄道伊香保軌道線の高崎線が「井出」(母の家のあった町)の近くを走っていました。
住江と彰は駅に走りましたが、すんでのところで電車が走り出しました。
とっさに彰は電車の前に両手を広げて立ちはだかりました。
驚いた電車の運転手は直ちに急停車!
彰は住江をエスコートし電車に乗せました。

「あの人は私のために電車を停めてくれた・・」

その年の4月、彰と住江は結婚しました。
翌年には私、翌々年には妹、その1年半後には弟が誕生しました。
彰の一世一代の大勝負とそれを受けとめた住江。
若き日のふたりのおかげで私たちの今日があることを思うエピソードです。

突然現れた「電気館」を前にして、高崎斎場からの帰り道、お骨になった母ではあるけれど、母にとっての思い出の場所に私たちを導いたのでは?
そんなふうに思えてなりませんでした。
 
「最初のデートでふたりが行った映画館は?見た映画は?停めた電車って何?その駅は?」
いろいろな疑問が湧いてきました。

「母にもっといろいろな思い出を聞いておくんだった・・」


それから1か月後の早朝(この日はちょうど私の誕生日)
私は高崎の駅前から自転車を走らせた。

私の父が停めた電車は「東武伊香保軌道線・高崎線」
明治時代に馬車鉄道として開業し、1927年(昭和2年)に東武鉄道の路線となり、1953年(昭和28年)に廃線となった路面電車。

母と父の初デートの場所や停めた駅、そして若き日の母が見た車窓の風景を知りたくて、この路線の跡をたどってみます。

IMG_0631
今の高崎駅
そして、
515f5c08e00427d0f14a859ff1255d9d
これが、おそらく母と父の初デートの頃の高崎駅と伊香保軌道線。

4月の中旬、朝の空気は冷たい。
駅前通り(シンフォニーロード)を進みます。 
IMG_0632

この先の「あら町」から駅前通りを振り返ると、
 takasaki-line01
タイムスリップ!
これは当時ですね。
正面に小さく見えるのが高崎駅です。
駅前通りの中央に伊香保軌道線の線路があります。

ここ「あら町交番前」から、かつての 「電車道」に入ります。
IMG_0638

IMG_0639

この先の右手に「高崎銀星座」という映画館がありました。
開館は1952年1月。
母と父の初デートの直前にオープンしています。
当時いちばんの繁華街に出来た新しい映画館。
新しいもの好きの母はここに父を誘った可能性も大きいと思います。
最寄りの駅は「あら町交番前」か「大手町」です。
「高崎銀星座」は残念ながら1963年頃閉館し現存していません。

IMG_0641
高崎のメインストリートには「田町1丁目」「田町2丁目」「田町3丁目」「九蔵町」と駅がありました。

IMG_0645
この「電車道」実は旧中山道でした!
自転車で走るとこんなことに気づかされます。
母の青春時代の場所とその後、暮らすことになる浦和がつながっていることが嬉しい発見になります。

この田町北交差点には「田町3丁目駅」がありました。
ここを西に入ると電気館通り。

「電車道」に並行して「高崎中央銀座」があります。
IMG_0660


IMG_0653
この辺りには昭和を思わせる懐かしさがあります。

「高崎中央銀座」を突っ切ると、
IMG_0648 2

IMG_0647 2
「電気館」です。
こんな風情の映画館が残っているなんていいですね。

「電車道」に戻りましょう。
IMG_0655
本町3丁目の交差点を左折します。
ここには「本町3丁目駅」がありました。

IMG_0662
「本町2丁目駅」を過ぎ本町1丁目交差点を伊香保軌道線は右に折れ、渋川街道に入ります。
ちなみに旧中山道はこの交差点を直進しています。

「本町1丁目駅」「相生町駅」を過ぎると「住吉町駅」のあった住吉町交差点があります。
IMG_0665
当時はこの交差点を東に曲がった先に母の通った高女(たかじょ・群馬県立高崎高等女学校)がありました。
母は自宅から自転車で片道5キロほどの道を通っていました。

この先、伊香保軌道線はしばらく渋川街道を離れます。
IMG_0666
ここを斜め右に入ります!(私のビアンキ があるところ)
電車1台分の幅しかない道ですが、ここを伊香保軌道線が走っていました。
IMG_0667
水路の先にある遊歩道があるのが判りますか?
遊具やあずまやが見えますね。
IMG_0670
この水路を渡る伊香保軌道線です。
IMG_0671
遊歩道の先は真っすぐに伸びる道になって信越本線にぶつかっています。
takasaki-line03-1
信越本線を跨いで走る伊香保軌道線。
なんだかユーモラスでかわいいですね。
晴れた日には正面に榛名山、右手に赤城山、そして左手には妙義山が良く見えたことでしょう。
母の少女時代から青春時代の日々にこれらの山々が常にあったと思います。

IMG_0678
信越本線を跨いで渋川街道に戻った辺りに「追分駅」がありました。
現在は信越本線の北高崎駅から渋川寄りの場所です。
この辺りから視界はグッと広がったのではないでしょうか?

IMG_0679
現在の高崎前橋バイパス(17号国道)を横切ります。

渋川街道を真っすぐに線路は伸びていました。
「大八木町駅」を過ぎて、
IMG_0684
「福島駅」

IMG_0685
「中泉駅」のあった辺り。
彰さんに会った帰り道の電車の中で24歳の母は何を思っていたのでしょうか?
恋心が芽生えたのだろうか?
彰さんが王子様のように思えたのだろうか?
青春時代の住江さんに会いたいものです。

IMG_0686
そして初デートの帰り道、母が電車を降りたと思われる「三ツ寺駅」のあった辺り。

ここから井出の自宅までは10分ちょっと。
家への道をどんな気持ちで歩いていたんでしょうね。
ワクワクした感じ?フワフワした感じ?
運命の人に出会ったと思ったのかな?
家に帰った時の様子は?
この夜は眠れたの?
いつか会ったら聞きたい母住江の謎です。






 

IMG_4664
旧中山道をゆく旅。
今朝はトーキョーバイクに乗って蕨宿から浦和宿まで走ってみます。

IMG_4667
それではスタート。
休日の朝は行き交うクルマも少なく、
気持ち良くトーキョーバイクを走らせます。 

トーキョーバイクはこぎ出しがとっても軽やか。 
だから気分も軽く走れるんです。


IMG_4669
 旧中山道の蕨宿のあたりでは古い建物が散見できます。
いいですね。
風雪に耐えてきた佇まいを感じます。 

IMG_0531

トーキョーバイクを気持ち良く走らせると〝一里塚の跡〟に出会います。
江戸の日本橋から5里。
私のホームタウンであるさいたま市南区辻にある、
この〝一里塚の跡〟は旧中山道と東京外環道が交わるところにあり、
高架を走る東京外環道はまるでチューブに覆われた未来都市の道路のようです。
昔、ここを行き来した人には想像もつかなかったでしょう。

ここから浦和宿までは1里。
六辻の交差点で17号国道と交差し直進します。
ここまでは平坦な道でスイスイとやって来ましたが、
この先には焼米坂が待ち構えています。

中山道をゆく旅人にとって、約160メートルというこの坂は難所であったようです。
〝新名物焼き米〟との看板を出して焼き米を食べさせる茶屋が数軒あったとと伝えられ、それがいつしか地名となったそうです。

かつて、私の祖母が焼米坂について語ってくれた言葉を覚えています。
「浦和(町へ)行くときにはいつも秋田犬の飼い犬が焼米坂まで送って来てくれたんだよ。焼米坂まで来ると家(辻にある)へ帰って行くんだよ。偉かったねぇ」
大きな秋田犬がリードなしで旧中山道を独りで行ったり来たり・・
今から80年ほど前の時代と思います。
もう戻ることのないおおらかな時です。
images-1
古い写真の焼米坂。その頃でしょうか?

さて、トーキョーバイクですが、思いのほかスイスイと登ることが出来ました。
やっぱり、軽さが効いているのでしょう。
IMG_4676

実はこの焼米坂あたりまで今の東京湾が入り込んでいたんですよ。
今から3000年前はこのあたりから陸地だったそうです。
浦和とは浦曲(うらわ・海辺の曲がって入りこんだところ)が語源と言われ、歴史に最初に現れるのは今から1000年程前の鎌倉時代に読まれた歌人藤原家隆の歌に〝浦わ〟が登場します。
ですから、浦和には岸(岸辺)とか高砂(砂丘ですね)とかの地名が残っています。
私は旧浦和市立高砂小学校、同岸中学校の出身ですが、今の南浦和駅の周辺の台地で良く貝塚拾いをして遊びました。

焼米坂を登り切ると道はフラットになります。
やがて、右手にケヤキの森が見えると、調神社(つきのみや)です。
IMG_0532

この神社は狛犬ならぬ狛うさぎで広く知られています。
うさぎさんが迎えてくれます。
私たちにとっては氏神さまです。

このあたりから浦和の街並が続きます。
残念ながら、歴史を偲ぶ建物はあまり多く残っていませんが、
IMG_4696
〝青山茶舗〟は昨年、国の登録有形文化財に答申されたそうです。
IMG_0536
店の裏には喫茶ギャラリーの〝楽風〟があります。

IMG_4698
こちらは〝文壽堂・原田表具店〟歴史のある建物です。

IMG_4681
〝中山道浦和宿〟こんな記念碑がありました。

県庁前通りを過ぎると〝浦和銀座〟です。
IMG_4682
〝玉蔵院〟への門前通り。
奥には〝玉蔵院〟の山門が見えます。
ここのしだれ桜は美しいです。

左手に和式の洋風レストランの〝菱富〟
右手の奥にはイタリアン食堂で知られる〝サムシング本店〟
そういえば、コロナ禍でどちらの店にもずっとご無沙汰です。
〝菱富のオムレツ〟や〝サムシングの真夜中のスパゲッティー〟
心おきなく食べられる日がきますように。

コロナ禍でも浦和人としてやめられないのはこちら、
IMG_4683
〝山崎屋さんのうなぎ〟です。

最近はもっぱら〝鰻重の折詰〟
ここ2年間のコロナ禍でも「決算が無事終えた」とか「忘年会のつもりで」「新年会の代わり」にとかホントお世話になっています。
〝山崎屋〟さん、昔は奥までずーっと離れ家の座敷が作られていて、まるでうなぎの寝床のようでした。
私の父もお気に入りの鰻屋でした。

さて、浦和宿ですが、
IMG_4684
突然、現れた農婦さんにはギョッとしました。
かつて本陣のあった辺りは市場が定期的に開催されて賑わっていたそうです。
戦国時代から始まった市は毎月一と七のつく日に開催され、農作物や各種生活必需品が取引されていたそうです。江戸時代そして昭和の初めまで続いたとのことです。


IMG_4686
常盤公園の近くに浦和宿の本陣があり、江戸時代初期このあたりは〝浦和御殿〟と呼ばれ、徳川家康や徳川秀忠が鷹狩りの際の休憩所として使用され、その後は江戸幕府により保護管理されていました。

IMG_0538
常盤公園のキャラボクの木が見事です。

IMG_4690

トーキョーバイクで走ると普段気づかなかった景色やモノが見えてきます。
まさに寄り道ができるバイク。
コロナが落ち着いたら次はトーキョーバイクでのカフェ巡りが楽しみです。




 

 

↑このページのトップヘ