その場に立つ

浦和興産株式会社・社長ブログ


IMG_7990

幻冬舎から発行された『ベビーカー・イノベーション』(飯田美恵子著)を読みました。

ひとりの若い女性が 起業し幾多の困難を乗り越えて成功を収めるというストーリーですが、この本からは単なるビジネス書として括られる以上に、人として生きる上でとても大切なことを教えてくれます。

『ベビーカー・イノベーション』の飯田美恵子さん(以下〝美恵子さん〟と称します)にとっての原点はベビーカーに乗ってのお母さんとの散歩。細長くて甘いパンを買ってもらい、四季折々の街の風景が幼き日の美恵子さんの五感を育んだようです。
そして、洋裁好きのお母さん手作りの服を着てのお出かけが、のちのファッションセンスやアパレルへの関心のきっかけになったこと。やはり、そのひとの成長のなかで親の影響は大きいことを教えてくれます。

美恵子さんのお父さんは転勤が多く、美恵子さんは転校生として多くのいじめにあったそうです。それが原因で不登校にもなりました。けれど、どうすれば、いじめから逃れられるか考えて実行に移します。
積極的に自己開示をして、むしろクラスの人気者になって行きます。
子どものときに周りが認めてくれる術を体得することが、のちのビジネスシーンで活きてくることは言うまでもありません。

ブロック玩具で家を作るのが好きで、だんだんとエスカレートして、家にある食器棚のガラス扉をすべて外してしまって食器棚まるごとをマンションに見立て、巨大なドールハウスにしてしまったくだりには笑ってしまいました。
また、プラモデルの車を作るのですが、ただ設計図通りに作るのでは飽き足らず、パーツとパーツを組み合わせて何か別のものを作るというのも、その後のビジネスを考えると、子どもの頃に基礎が出来ていたように思えます。

とても興味深いエピソードとして、中学生時代の文化祭で教室の隅に自分の店を出したところ大成功を収め、自分の作品が売れることの喜びを知ることがありました。美恵子さんは偶然知ってしまったと書かれていますが、口コミで人が集まりファンとなる、そのファンのチカラが、商品のファン、経営者のファン、社員のファン、スタッフのファン、そして会社のファンとなって、これら全てがものすごいチカラを持っているということになる。という、その後の人生を大きく左右させるような真理を会得するんですね。
いやあ凄いです。

小学生の頃から学校へ着ていく洋服を1週間分コーディネイトしてみたり、徐々に楽しむことがエスカレートしていき、デパートへ行っても子供服売り場ではなく、大人の服売り場へ行ってはあれこれと一式をお母さんにおねだりしていたのですから、本当に洋服やファッションが好きだったのですね。

それが、高校生くらいになると、美恵子さんの将来への夢となっていきます。
洋服のデザイナーになること。
小さな頃から何かを作り出すこと、そして自らの手で生み出したものを世の中へ送り出すこと。

その夢に向かって、青春を懸命に生きて行きます。
つかんだ幸せと挫折。

そして、
失った自信と気持ちの整理を求めたハワイへの旅。
そこで偶然出会ったベビージョガー。
ランニングウェアを身にまとい、ブロンドの髪をふわりとなびかせて、タイヤの大きなベビーカーを押しながらジョギングする女性を追いかけて、
「これは何?」
と、尋ねる美恵子さん。

旅先でのちょっとした偶然からの出会い。
美恵子さんが持って生まれた好奇心、知らないものを知ろうとするチカラ。
この時のとっさの行動がこののち『AIRBUGGY』を生むことになります。

もちろん、この時これから先のことを美恵子さん自身も知りません。
けれど、この瞬間に美恵子さんの人生における第2章の幕が開いたのだと思います。

これまでの人生(第1章)幼少期や子どもの頃、好きなことやモノへの好奇心と探究する行動力、そして人に認められるための心得や姿勢、人やモノに対するファンのチカラの凄さ。
青春の日々を好きなことに対して全力で向き合って来たからこそ、他の人からみれば何げない日常の一コマが第2章の幕開けとなり、そこから生まれた『AIRBUGGY』が、とてつもない幸せを多くの人に分けあたえることになったのだと思います。

飯田美恵子さんの著書『ベビーカー・イノベーション』から、私たちは多くの生きるヒント、それも豊かに生きるヒントが得られると思います。

とりわけ、『好きなこと』を徹底的に行うこと。
それには、『好きなこと』をみつけないとね。
そうすれば、「豊かな人生を送る権利は得た」といえるのではないでしょうか?

飯田美恵子さん、ありがとうございます。
これからのご活躍をお祈りいたします。





 

IMG_6864


絵描き・やまぐちめぐみさんを知ったきっかけは『暮しの手帖 2022夏号』でした。

『暮しの手帖 夏号』をめくっていたら、
ブルーの服を着る男の子なのか?女の子なのか?腕に子猫を抱いてこちらを見ている。
その子がどんな気持ちでいるのか?いろいろにとれる、ちょっと不思議な感じのする絵が目に飛び込んできました。

タイトルと絵に続いて、

その絵で、生きざまで、多くの人に愛された絵描きがいた。
2015年、病のために49歳で早世した、やまぐちめぐみさん。
友人のひとりであるライターの石川理恵さんが綴るのは、
小さき者たちと、足元の暮らしを慈しみながら、つよく生きた姿。
彼女が生涯で追い求めたものとは、何だったのだろう。

と記されていました。

『暮しの手帖』に紹介された、やまぐちめぐみさんの描かれた絵とライターの石川理恵さんの文を読んでいると、やまぐちめぐみさんの生きたあかし(残した絵や生き方)をもっと知りたくなりました。
3ヶ月ほど先の10月下旬から11月上旬にかけて、彼女の作品展が長野県の安曇野で開かれると案内されていたので、その日を心待ちにしました。

その後、私は10月にコロナの濃厚接触者、さらには感染と、危うい状況が続きましたが、11月上旬に
安曇野の作品展が開かれている、カフェ・ギャラリー『月とビスケット』さんへ行くことが出来ました。
IMG_1265

『月とビスケット』さんは北アルプスを望む安曇野にあり、いろいろなイベントや展示を行っているようです。
店内にある本棚には絵本を中心とした蔵書も多くあり、オリジナルブレンドのコーヒーや紅茶、そして、店内で焼かれる季節ごとのお菓子も楽しむことができます。

この日の焼菓子は私の大好物のタルトタタン
IMG_1255
まさにこの土地ならではの旬のもの。
あまりの美味しさにお代わりしちゃいました。

IMG_1262
店内に『やまぐちめぐみ作品集』がありました。

2018年4月に出版されたものですが、残念ながら現在は絶版となっているそうです。
この作品集には製作年が不詳のものから2015年の絶筆となった作品までの80点が紹介される他、彼女の残した一文も収められています。

この日、やまぐちめぐみさんの作品に魅了された私は、後日『やまぐちめぐみ作品集』の中古本を入手することが出来ました。
この作品集には『月とビスケット』さんで見せていただいた絵のほとんどが収められていますので、いくつかの作品を紹介させていただきます。

IMG_6833

〝風船を持つ少女〟(製作年不詳)
作品集の冒頭を飾るこの作品は店内のギャラリーでもひときわ目を引くものでした。
赤い風船と赤い水玉の白いワンピース姿の少女からは強い意志のちからのようなものを感じます。

IMG_6835

〝ハーモニカを吹く女〟(1999年)
左手にハーモニカを持ち、瞳は真っ直ぐに前方に。
私には少女に見えるこの子にも強いものを思います。


「ひとりになるなら、全く知らない、違う土地がいいと思ったの」

やまぐちめぐみさんは、小学生だった子どもたちと別れるしかなく、生まれ育った関西から知り合いもいない東京へ、思いを断ち切るようにやって来たのは1997年、31歳の時だったそうです。
その頃の、彼女のおかれた厳しい状況や自身の決意が絵に表現されているような気がします。

中野にある無国籍料理店『カルマ』で働くようになり、彼女の第2の人生が始まりました。
この店には、画家やイラストレーターが多く出入りしていたので、彼女の中に眠っていた創作意欲が高まってきて、2000年、34歳で美術の専門学校へ通い始め本格的に絵を描き始めます。

IMG_6825
〝入り江の風景〟(2007年)
冷たい空気と静けさを感じる風景画。

IMG_6836
〝蝶の髪飾りの女〟(2008年)

人物画では女性を描くことが多かったようですが、初期のころの絵にある厳しさを思わせる眼差しが優しくなって来ているように思います。
すでに、自身の病気が深刻になっていたようです。

IMG_6865
〝花〟(2013年)

大きなパネルに向かうことが困難な病状となっていた、やまぐちめぐみさんは画用紙にオイルパステルで描き始めます。
そして、このころから、めぐみさんは、花、天使、鳥や猫やうさぎなどの生き物、幼子などをやわらかく描くようになっていきます。

IMG_6841
〝髑髏のネックレスの女〟(2013年)

IMG_6849
〝小舟の黒猫〟(2014年)

IMG_6852
〝木の下の二人〟(2014年)

31歳で別れた子どもたちと、11年後に再会を果たしたそうです。
めぐみさんの病気を知った家族がつないで、大人になった息子と娘がそろって会いにきました。
その後、連絡を取り合うようになって、めぐみさんの家に何度も通ったそうです。
めぐみさんの娘さんの梅地萌美さんは、自身の悩みに対するめぐみさんの助言から、今になって母の生き方を理解できるようになったそうです。


IMG_6851
〝雪だるまを抱く少女〟(2015年)

IMG_6853
〝猫を抱く少年〟(2015年)

IMG_6866

好きなことができる機会が目の前に現れた時、
「私なんかに無理」と反射的に浮かんでくる気持ちをぐっと押し込めて、
「やってみよう」と動いてみる。
やると決めたら、とことん向き合って自分のものにする。勇気を振り絞って切りひらいた道の上を、めぐみさんは歩いていた。
『絵描き・やまぐちめぐみ 愛らしさは、つよさ』(取材・文 石川理恵 暮しの手帖 2022夏号より)


「ありがと、みんな」

この言葉を前日のツイッターに残して、
2015年9月1日、やまぐちめぐみさんは旅立った。








 

カラッと晴れ渡った夏の日の昼下がり、松戸市五香を訪ねました。

駅前通りの外れにあるパーキングにクルマを停めて、五香駅に向かって歩きはじめます。
若い頃から旅好きの私は、今でも知らない場所や街を訪れる際には決まって胸がドキドキします。
こんな気持ちはいくつになっても変わりません。

ヨークプライス(旧イトーヨーカドー )のかどを曲がると五香の駅前通りが目に飛び込んできました。
IMG_6170

「わぁー!アーケードがある!」

駅前通りの両側のゆったりとした歩道が続き、その上には立派なアーケードがかかっています。
正面に見える五香の駅に向かって駅前通りはわずかにカーブを描いています。
その様子に美しさを感じます。

この日は夏の日差しが強かったのですが、アーケードが見事に日陰を作ってくれています。
もちろん、雨の日も雪の日も、通りを行く人にとって、このアーケードはありがたいものです。
少し前まではアーケードのかかった街を良く見たものですが、最近は商店街そのものが郊外のショッピングモールに移り、アーケード商店街が役割りを終えてきていることは悲しいですね。

さて、今日の目的地は『白樺書房』さんです。
最近、町の本屋さんが一軒、また一軒と消えていっています。

しかし、私たちの会社の社員さんであるMさんのお父さんとお母さんが、この町で本屋さんを50年以上続けていると聞き、そのお店である『白樺書房』を尋ねてみました。

「あっ、ありましたよ!」
IMG_6172

Mさんから小さなお店ですよ、と聞いていましたが、なかなか立派なお店です。

さっそく店内に入ると、Mさんのお母様が出迎えてくれました。
初めてお会いするのですが、気さくな笑顔が素適なので、こちらの緊張感も自然とほぐれて行きます。
そして、お店の奥にいらっしゃるMさんのお父様にもご挨拶させていただきます。

お父さんの目元がMさんにそっくりなので、やはりまた私の緊張感もいくらか下がります??
お父さんは今年88歳。
耳が遠くなっているので、私がメモ帳に質問を書き、それをお母様がサインペンを使って紙に大きく書いて(筆談の通訳?)くださいました。

1970年にイトーヨーカドー五香店がオープンして、当時は五香駅からイトーヨーカドーへ向かう大勢の人でこの駅前アーケードも賑わい、その1年後に『白樺書房』を出したところ、非常に多くのお客様がいらっしゃて大変繁盛したそうです。
時は高度成長時代、雑誌や本がよく売れて、一時は五香の街の中だけで本屋さんが8店あったそうです。

お父様、お母様はもちろんのこと、Mさんたち4人のお子さんは小学生の頃から、さらにはお孫さんたちも高校生の頃からお店を手伝っているそうです。
お正月休みも取らずに年中無休で続けてきました。

しかし、お店の経営状況が良かったのは開店してから数年。
年々、売り上げは悪くなるばかり。
何度も店をたたんでしまおうと思ったそうです。

けれども、

「この街に文化の灯りを灯し続ける」

この言葉を信念にお父様とお母様はお店を続けてきました。

先日、新聞のコラムで、
「書店は営利企業であると同時に、人々が触れ合い、地域文化の拠点となる社会共通の財産だ」
そして、その核となる性質は、
「用もないのに行くところ」
「無為の時間や目的性から離れたところから文化は生まれてくる」
そんな言葉が目にとまりました。

お父さん、お母さん、どうかお身体を大切になさってください。
そして『白樺書房』を通じて、五香の街に文化の灯をすえながく灯し続けてください。
IMG_6174

 

 

↑このページのトップヘ