その場に立つ

浦和興産株式会社・社長ブログ

激動の昭和を生きた大物政治家の家を訪ねて大磯へ行きました。
そう、旧吉田茂邸です。
IMG_1905

吉田茂(1878~1967年)は、戦後の混乱の時代に通算5回首相を努め、日本の復興と今日の繁栄の礎を築いた人物として知られています。

国道1号線沿いに位置するこの屋敷は、元は吉田茂の養父である横浜の豪商吉田健三が1884年(明治17年)に別荘として建てたものだそうです。
吉田健三の跡を継いだ吉田茂は1944年頃(昭和19年)から亡くなる1967年(昭和42年)まで暮らします。
その間に吉田茂は都合8回増改築を繰り返したそうです。(きっと、愛着も湧きますね)

吉田茂の死後から40年以上の時を経た2009年3月、この邸宅は原因不明の出火で消失してしまいます。
この事態に大磯町は「大磯町旧吉田茂邸再建基金」を設置して寄付金を募り、それから7年後の2016年に
消失した建物を再建してしまいました。(凄いです)
そして、今年2017年4月から一般にも公開されています。

旧吉田茂邸への来訪者が最初に目にするのは「兜門(かぶともん)」です。
image1
この立派な門はサンフランシスコ講和条約を記念して建てられたそうで、前述の火災による消失を免れました。

兜門をくぐり、見事な日本庭園を左手に上ると数寄屋風の玄関が来訪者を迎えてくれます。
image2


玄関を入った右手が「楓の間」です。
IMG_1877
この楓の間は応接室として使われ、内外の要人たちがやって来ました。

正面南から東の方角には相模湾が広がり、冬の明るい日差しがキラキラと輝いています。

左手に見える階段を上がります。
IMG_1879
立派な階段を・・ドキドキしますね。

応接間の2階は吉田茂の書斎です。
IMG_2226
佇まいが良いです。
この部屋は吉田茂にとっても、気持ちが安らぐ場所だったであろうことを思います。

FullSizeRender
書斎の北西の縁からも冬の富士がくっきりと見えます。

書斎に隣接して浴室が・・
IMG_1880
30年以上に渡り外交官としてきた吉田茂にとっては浴室と云うよりはバスルーム。
洋風のバスタブに似せたものを船大工に造らせたものが・・まさに『湯船!』
吉田茂の茶目っ気のある人柄が見えてきます。
ちなみに、ここからも富士山は見えます。

応接間棟の階段を降りてゆくと・・
IMG_1889
アール・デコ風の「ローズルーム」(食堂)が現れます。
地階にはワインセラーもあり、この大きなダイニングルームでは晩餐会が開かれたそうです。

左手から中庭を望み、新館2階の「金の間」「銀の間」へ。
IMG_1899
こちらは「金の間」
装飾に金を多用し、床は寄木細工(箱根も近いですし、関係しているのでしょうか?)

当時、国賓の来日の際には旧朝香宮邸(現在の東京都庭園美術館)が使用されていましたが、吉田茂は、ここでお迎えしようと考えたそうです。
なるほど・・
旧朝香宮邸は「アール・デコの館」と呼ばれる洋館に対して、こちらは近代の数寄屋建築です。
美しい富士の眺めも相まって、純日本風のこちらの方が外国からの要人には受けるかも知れません。
外交官暮らしも永く、とてもユニークな発想を好む吉田茂らしいですね。

それにしても・・
この部屋からの眺めは絶景です。
正面には煌めく相模湾。
右手には冠雪の富士山。
それぞれが冬の透明な空気の中にあって美しく輝いています。

そして、「銀の間」
IMG_1901
1967年(昭和42年)10月20日、この部屋で吉田茂は息を引き取ります。
享年89歳。
明治に生まれ、大正、昭和を外交官として生き、太平洋戦争開戦には反対し、開戦後は戦争終結を画策、いわゆる「ヨハンセングループ(吉田反戦)」と軍部・憲兵隊から監視下におかれ、ついに投獄。
戦後は内閣総理大臣を5度に渡り勤め、戦後日本の復興とその後の発展に大きく寄与した人でした。

IMG_2278
邸宅に隣接した高台に吉田茂の像が立ちます。

そのおだやかな眼差しは眼下に広がる太平洋に向けられています。

彼の目には、今の時代はどう写っているのでしょうか?

今、私たちの国は戦後の復興から高度成長を成し遂げ、多くの人々が豊かさを享受しています。
しかし、世界の平和はさまざまな危うさの中にあり、日本の安全保障の問題も大きな曲がり角を迎えています。
戦後、制定された世界に誇るべき平和憲法も改憲への動きが現実のものとなりつつあります。

吉田茂・・
あなたの眼には今の日本はどう写っているのでしょうか?

そんなことを知りたい。
叶わぬ願いを想う、旧吉田茂邸への訪問になりました。











 

 

秋から冬にかけて見た中から、ふたつの建築を振り返ってみます。

先ずは、『安藤忠雄展 挑戦』
国立新美術館開館10周年を記念して、建築家安藤忠雄の出発点から今日、そして未来へと・・
安藤忠雄が渾身のチカラと圧倒的なスケールで見せてくれました。 

この展示会の為に、野外に原寸大で建ててしまった!『光の教会』
いつか、大阪の茨木へ見に行きたいと思っていた『光の教会(1989年)』が東京のど真ん中で見られる。
しかも、教会の建物にガラスを埋め込んでいない・・安藤忠雄が望む本来の姿で。

ちょっとした物語性のあるエントランスから教会の中へ・・

礼拝堂の正面に開けられた十字のスリット から差し込む光。
ああ、なんて素敵な光だろうか。

打ち放しのコンクリートと型枠の木材を使った床。
とてもシンプルだけれども、その教会の内部には豊かな空間と時間を感じます。
IMG_1313

「(『光の教会 1989年』のガラスを)いつか取ってやろうと思っている!」
安藤忠雄が茶目っ気たっぷりに言っていた言葉を思い出します。

それにしても・・
自身の建築展に代表作の一つである『光の教会』を自腹で建ててしまうなんて(建築確認許可はもとより建築費も以前の倍くらいかかったそうです!)
あっぱれな人です!


若き日の安藤忠雄はヨーロッパへ旅に出て、いろいろな建築を見て歩きます。

その彼が強く印象を受けた建物がフランスにある『ロンシャン礼拝堂』だそうです。
ここで彼は、教会の内部に差し込む光をを見て衝撃を受けたといいます。
そして、この若い日の強烈な出会いは、その後の建築に大きな影響を与え、この『光の教会』が生まれます。

ロンシャン礼拝堂は20世紀を代表する建築家ル・ゴルビュジェの作品ですが、その弟子である坂倉準三が岡本太郎の依頼で青山に建てたのが『岡本太郎邸』(1954年竣工)です。

現在は『岡本太郎記念館』として一般に公開されています。
DSCF4430
右手の庭園から岡本太郎の家を見てみましょう。
DSCF4432
モダニズムを感じさせるバルコニーには・・
いますね、太陽の塔くん。
鎧戸の雨戸がいい感じです。

家の中に入ると・・
DSCF4434
岡本太郎さんと彼が生み出したキャラクターたちが迎えてくれます。

2階の展示室へ。
DSCF4487
この建物のユニークな屋根を支える構造が判ります。
おそらく、当時のものと思われる空調のダクトが目を引きます。

そして、アトリエへ。
DSCF4438
創作活動の空間として、興味津々・・
岡本太郎の想像力が形になって行った場所なんですね。
このアトリエから『太陽の塔』も生まれたそうです。


最後に、このアトリエを外から見てみましょう。
DSCF4535
坂倉準三は岡本太郎の求めに応じてコンクリートブロックを積み上げました。
予算の関係でしょうか?

このコンクリート打ち放しの部分は竣工時はどうだったのでしょうか?
坂倉準三がコンクリートの打ち放しを使うのは、もう少しあとかな?
とても微妙な時期・・?

いろいろと疑問が湧いてくる建物です。
教えて頂ける方がいたら・・知りたいところです。

人の住む家、あるいは住んでいた家を見るのは楽しいですね。
その主(あるじ)のいろいろな思いや生活が浮かんできます。
 

みんな大好きな自転車が誕生して200年。
世界最高峰の自転車レースとして知られるツールドフランスも100年の歴史を越えました。

今回は「誕生から200年、新たな自転車の100年が始まる」と銘打った『自転車の世紀』展を紹介します。

この自転車の世紀展は、今年の春から茅ヶ崎市美術館で開催されていました。
夏から会場が変わり、この日は郡山市立美術館での展示会です。

まだ行ったことのない美術館に行く・・ちょっぴり心が躍りますね。
数多くの公共建築の中にあって、設計者のこだわりを感じさせる・・

思うに、美術館を設計するというのは、建築家にとっても特別なものではないでしょうか? 
美術館はアートを発信する公共の場ですから、そこに様々なものが求められたり 、
多くの制約・・勿論、コスト上の問題も大きいでしょう。
しかし、建築家ならば、自身の思いや芸術的な側面も表現したいはずです。
だから、美術館は面白いですね。

この郡山市立美術館には何も予備知識がなく行ったのですが・・

エントランスへのアプローチを歩くと、すぐに設計者の思いが伝わってきます。
敷地の中に建築物をどう配置して、どう誘い、魅せるのか。
来訪者に、いくばくかの高揚感が沸き起これば・・
設計者にしてみればしてやったり! ではないでしょうか?
DSCF4628
良かったですよ。
駐車場にクルマを停めて、エントランスまでのアプローチ。
平らな石を敷き詰めた庭園が石の大海原のよう。
海を渡って美術館へ入ってゆく・・
そんな感じです。


自転車の魅力は色々とありますが、そのひとつに開放感があると思います。
風を切って走るのですから当たりまえですね。
漕ぐペダルの足を止めたときの滑空感もいいです。
まっ、漕がなきゃ駄目ですけど。

自転車を愛好する人や自転車の仕事をする人も開放的でフレンドリーな方が多いような気がします。
実は、この『自転車の世紀』展も、そんな開放的な展示会でした。

展示品の写真はご自由にどうぞ。
それらをSNSやブログに投稿もOKです。
嬉しくなります。

約200年前に生まれた自転車。
1817年、ドイツで生まれた「ドライジーネ」は木製で重く、方向を変えるハンドルは付いていたものの、まだペダルは無く、足で地面を蹴って進むものでした。

この、足で地面を蹴る方法は4年間変わりませんでしたが、1861年、フランスのミショー親子が、自転車にペダルとクランクを取り付け、現在のようにペダルを回して進むことが出来るようになりました。
DSCF4611

ミショー型自転車 「ボーンシェーカー」(1870年)


1867年、パリで始まった自転車レースは1870年頃には盛んに行われるようになり、速く走るための工夫が進んで行きます。
前輪を大きくしてペダル1回転で進む距離を大きくしてスピードが出るようにしました。
DSCF4613
オーディナリー型自転車(1884年)

前輪が大きく、人の乗る位置が高くて前方にあり、不安定で急ブレーキでは前方に投げ出される事故が多かったようです。
明治の頃、日本にも多く輸入され「だるま自転車」と呼ばれたそうです。

1879年、イギリスのハリー・ローソンが製造した自転車は前輪が方向を決め、後輪は前へ進ませるためと、前輪と後輪の役割を分けました。
この結果、前輪を小さくすることが出来、人の乗る位置も低くなった。
このことが、より速く、より安全な乗り物になりました。

この自転車は「ビシクレット」と名付けられました。(我らがビチクレッタ・ホッタのルーツかな?)

1885年、イギリスのスターレイはこの「ビシクレット」を参考に前後輪が等しい大きさの自転車「ローバー」を製造します。
この安全性の高まった「ローバー」自転車を「セイフティー・バイシクル」と呼びPRしました。

DSCF4553
セーフティ・バイシクル 安全型自転車(1892年)

明治28年(1895年)、日本でも初の自転車レースが横浜の外国人居留地内グラウンドで開催されたそうです。
翌年(1896年)には横浜〜国府津まで東海道を使いロードレースが行われました。
自転車レース熱は高く、明治31年(1895年)には上野不忍池畔で第1回内外連合自転車競争運動会が開催され約500人の選手が出場しました。

戦争という日本の自転車競技には暗黒の時代がありました。
しかし、昭和39年(1964年)の東京オリンピック開催が、日本の自転車競技の増加や競技車製作の進歩につながりました。
DSCF4562
「エバレスト チャンピオン」(1962年)

東京オリンピック候補選手のために土屋製作所が作った試作ロードレーサー。
日の丸のヘッドエンブレムが誇らしく見えます。

1970年のインターハイ(全国高校総体)自転車競技に出場した高校生の私は、当時、本郷3丁目の交差点にあった「エべレスト」(土屋製作所)へロードレーサーに乗って良く通いました。
ですから、この会場に展示されたエバレストを見て、懐かしい思いがこみあげて来ちゃいました。

「ツール・ド・フランス」の歴史は1903年に始まりました。
今年で104回の開催となりましたが、この展示会には興味深いバイクがありました。
DSCF4566
ロードレーサー「イノー」(1985年)

フランス人選手の「ベルナール・イノー」が1985年のツール・ド・フランスで5度目の優勝した時に乗っていたマシンです。
フレームの製作は「LOOK」社だそうです。

LOOK社はスキーのビンディング・メーカーとして知られていましたが、この年、LOOK社のビンディング付きペダルが初めて自転車レースに使用されました。
DSCF4567

近未来のスタイルで目を惹いたのが「スバル」の電動アシストバイク。
スバルのルーツはかつての航空機メーカー「中島飛行機」
航空機に大切なエアロダイナミクス(空気力学)は現代のバイクにも通ずるものがあります。
近い将来、是非市販して欲しいですね。
DSCF4600
「SUBARU VIZIV Two Wheels Concept」(2015年)

そうそう・・近未来と言えば、こんな美しいバイクも。
DSCF4596
「ケルビム  ハミングバード」(2012年)

イギリスのデザイナー集団TOMATOを牽引するSimon Taylorと、CHRUBIMUのチーフビルダー今野真一が共同でデザイン、製作をしたバイクです。
このバイク、実車はとても美しもありレトロな暖かみを感じさせてくれます。

まぁ、こんな感じで自転車の歴史を辿ることが出来ます。
郡山市立美術館での展覧会は終了しましたが、2017年10月28日〜12月17日まで千葉県の佐倉市立美術館で開催されます。

最初にご案内した、ここ郡山市立美術館は東京都現代美術館や新国立劇場など多くの公共建築を手がけて来た柳澤孝彦です。

石の大海原を想起させたエントランスへのアプローチ。
夜になったら、どうになるのかなぁ・・
美術館のカフェで日の暮れるのを待ちます・・

DSCF4632
やがて、こんな風景が現れました。
やはり、美術館は面白いですね。



















 

このページのトップヘ