激動の昭和を生きた大物政治家の家を訪ねて大磯へ行きました。
そう、旧吉田茂邸です。
IMG_1905

吉田茂(1878~1967年)は、戦後の混乱の時代に通算5回首相を努め、日本の復興と今日の繁栄の礎を築いた人物として知られています。

国道1号線沿いに位置するこの屋敷は、元は吉田茂の養父である横浜の豪商吉田健三が1884年(明治17年)に別荘として建てたものだそうです。
吉田健三の跡を継いだ吉田茂は1944年頃(昭和19年)から亡くなる1967年(昭和42年)まで暮らします。
その間に吉田茂は都合8回増改築を繰り返したそうです。(きっと、愛着も湧きますね)

吉田茂の死後から40年以上の時を経た2009年3月、この邸宅は原因不明の出火で消失してしまいます。
この事態に大磯町は「大磯町旧吉田茂邸再建基金」を設置して寄付金を募り、それから7年後の2016年に
消失した建物を再建してしまいました。(凄いです)
そして、今年2017年4月から一般にも公開されています。

旧吉田茂邸への来訪者が最初に目にするのは「兜門(かぶともん)」です。
image1
この立派な門はサンフランシスコ講和条約を記念して建てられたそうで、前述の火災による消失を免れました。

兜門をくぐり、見事な日本庭園を左手に上ると数寄屋風の玄関が来訪者を迎えてくれます。
image2


玄関を入った右手が「楓の間」です。
IMG_1877
この楓の間は応接室として使われ、内外の要人たちがやって来ました。

正面南から東の方角には相模湾が広がり、冬の明るい日差しがキラキラと輝いています。

左手に見える階段を上がります。
IMG_1879
立派な階段を・・ドキドキしますね。

応接間の2階は吉田茂の書斎です。
IMG_2226
佇まいが良いです。
この部屋は吉田茂にとっても、気持ちが安らぐ場所だったであろうことを思います。

FullSizeRender
書斎の北西の縁からも冬の富士がくっきりと見えます。

書斎に隣接して浴室が・・
IMG_1880
30年以上に渡り外交官としてきた吉田茂にとっては浴室と云うよりはバスルーム。
洋風のバスタブに似せたものを船大工に造らせたものが・・まさに『湯船!』
吉田茂の茶目っ気のある人柄が見えてきます。
ちなみに、ここからも富士山は見えます。

応接間棟の階段を降りてゆくと・・
IMG_1889
アール・デコ風の「ローズルーム」(食堂)が現れます。
地階にはワインセラーもあり、この大きなダイニングルームでは晩餐会が開かれたそうです。

左手から中庭を望み、新館2階の「金の間」「銀の間」へ。
IMG_1899
こちらは「金の間」
装飾に金を多用し、床は寄木細工(箱根も近いですし、関係しているのでしょうか?)

当時、国賓の来日の際には旧朝香宮邸(現在の東京都庭園美術館)が使用されていましたが、吉田茂は、ここでお迎えしようと考えたそうです。
なるほど・・
旧朝香宮邸は「アール・デコの館」と呼ばれる洋館に対して、こちらは近代の数寄屋建築です。
美しい富士の眺めも相まって、純日本風のこちらの方が外国からの要人には受けるかも知れません。
外交官暮らしも永く、とてもユニークな発想を好む吉田茂らしいですね。

それにしても・・
この部屋からの眺めは絶景です。
正面には煌めく相模湾。
右手には冠雪の富士山。
それぞれが冬の透明な空気の中にあって美しく輝いています。

そして、「銀の間」
IMG_1901
1967年(昭和42年)10月20日、この部屋で吉田茂は息を引き取ります。
享年89歳。
明治に生まれ、大正、昭和を外交官として生き、太平洋戦争開戦には反対し、開戦後は戦争終結を画策、いわゆる「ヨハンセングループ(吉田反戦)」と軍部・憲兵隊から監視下におかれ、ついに投獄。
戦後は内閣総理大臣を5度に渡り勤め、戦後日本の復興とその後の発展に大きく寄与した人でした。

IMG_2278
邸宅に隣接した高台に吉田茂の像が立ちます。

そのおだやかな眼差しは眼下に広がる太平洋に向けられています。

彼の目には、今の時代はどう写っているのでしょうか?

今、私たちの国は戦後の復興から高度成長を成し遂げ、多くの人々が豊かさを享受しています。
しかし、世界の平和はさまざまな危うさの中にあり、日本の安全保障の問題も大きな曲がり角を迎えています。
戦後、制定された世界に誇るべき平和憲法も改憲への動きが現実のものとなりつつあります。

吉田茂・・
あなたの眼には今の日本はどう写っているのでしょうか?

そんなことを知りたい。
叶わぬ願いを想う、旧吉田茂邸への訪問になりました。