2018年JOY耐のレースウィークは6月28日金曜日から始まった。

この日、関東地方には6月としては異例の梅雨明け宣言が出され、ツインリンクもてぎには朝から真っ青な空が広がっている・・本格的な夏の到来。

明日の予選、明後日の決勝は酷暑の中で人にもクルマにも厳しい戦いになることが予想される。

6月29日の予選、Aドライバーの森下陽介、Bドライバーの銘苅翼共にクラス最速のラップを刻むことが出来た。
Cドライバー登録の私もクラス2位を記録する。

狙い通り、クラス(フィット1.5チャレンジカップ)のポールポジション、総合でも21位の好位置。
勝利に向けた第一関門を越えることが出来た!
写真 2018-07-01 9 30 19 (1)
スターティンググリッドでの記念写真。
IMG_4609

そして、7月1日日曜日午前10時に7時間耐久レースがスタート。

スタートドライバーの森下陽介は順調に周回を重ね、スタートから1時間後には総合2位までポジションを上げる。

昨年、大失敗をした1回目の給油ストップ、ドライバー交代も無事にクリア(ここが第二関門!)
DSCF5177

銘苅翼操る我が6号車はスタートから2時間後の正午すぎには総合トップへ。
写真 2018-06-30 14 22 14

その後、順調に6号車は周回を重ねる。
給油ストップ、タイヤ交換、ドライバーチェンジもスムースに行い、我が6号車は上位争いをしながらレースは中盤から終盤へ。

スタート後、接戦を続ける7号車フィット、9号車フィット、そして75号車シビック、813号車ロードスター、そして我々の6号車フィットに優勝争いが絞られてくる。

いよいよ勝負も残り1時間。
スタートから6時間を経過した134周目から、我が6号車が、この日4度目のトップに立ちます・・ここからが、いよいよ詰めの第三関門。

そして・・
ebi5
最終ランナーである私が『第18回JOY耐7時間耐久レース』をトップでチェッカーフラッグを受けることが出来ました!!
ebi7
周回数は154周、距離にして740kmを走破しての総合優勝。
あわせて”フィット1.5チャレンジクラスの優勝。

チェッカーフラッグを受けスローダウンすると、コース上各ポストのマーシャルの方々が皆さん、手を叩き、手やフラッグを振って祝福してくれます。私も「勝った!」という喜びと安堵感、そして何とも言えない感謝の気持ちで一杯になって、精一杯手を振り、彼らに応えます。

マーシャルカーに導かれメインストレートに戻って来ると、我がチームのメンバーたちが総出でピットフェンス越しに喜ぶ様子が目に飛び込んできます。

7時間ノントラブルで走ってくれたフィットのエンジンを止めたとき、
「ああ、終わったんだ」
昨年のレースから、ずうーっと続いてきた悔しい気持ちから、やっと解放された気がします。

クルマから降りると、共に戦った7号車フィットの浅野選手が祝福の言葉と握手を求めてきました。
「おつかれさま!」
お互いの健闘を称え合う。

ピットウォールのフェンス越しにはレースマネージャーのサダト君とミミさん、そしてレオ君。喜びの握手を交わす。
IMG_3321

今回の勝利の中でサダト君の果たした役割はとても大きかった。
わが社のブレインメンバーからも絶大の信頼を得ていたし、私にとっても最高のレースマネージャーとして活躍してくれた。
DSCF5163
ありがとう、サダト。

ピットロードへの入り口には、海老澤紳一さんが待ち受けてくれていた。
海老澤さんと歓喜の中、抱き合う。
ebi
2年前に海老澤さんの"ヴァーサスレーシングサービス"の門を叩いて以来、私たちのJOY耐にかける夢を真正面から受け止めてクルマのセットアップを進めてもらって来た。

今年の6号車フィットには、海老澤さん自身が"フィット1.5チャレンジカップレース“で培ってきたノウハウの全てがつぎ込まれた結果の勝利。
海老澤さんの汗と涙が私たちに総合優勝の栄冠をもたらしたと言っても過言ではない。
ebi8
勝利の瞬間、海老澤さんの目に涙が・・
わが社のスタッフが見ていましたよ!
ありがとう、海老澤さん!

そして、チーフメカを務めてくれた吉成さん・・プロの仕事を見せてくれました。ありがとう!
写真 2018-06-30 13 38 24


あの若いふたり・・森下陽介と銘苅翼が・・
写真 2018-07-01 17 12 41
写真 2018-07-01 17 12 42
3人でしっかりと抱き合う。
写真 2018-07-01 17 12 45
「いやあ、おまえたち、よく走ったなぁ。陽介も銘苅も、この日のもてぎで間違いなく最速、最高のレーシングドライバーだよ。俺もお前たちから一杯刺激を受けて、みっともない走りは出来ない!そんな気持ちで走ったよ!」
写真 2018-07-01 17 12 46

ふたりには、予選で「頭をとってこい!」と送り出し、それに応えてそれぞれ見事ポールタイム。
銘苅は昨年の悔しさを晴らしたことが嬉しいね。
ふたりとも、決勝の走りも同じクラスの他のドライバーを圧倒していた。そんなふたりから刺激を受けて走れるしあわせ。
写真 2018-06-30 16 20 40
ありがとう、陽介、銘苅。

ブレインメンバーひとりひとりと握手をしてお互いの労をねぎらう。

7時間に渡って、サインエリアからドライバーにサインボードを掲示し続けた佐野誠と野口英一。
IMG_3320
君たちにとっても長い耐久レースだったね。
DSCF5199 2
サーキットの路面温度が60度に達する中での作業はお疲れ様でした。
ありがとう。


キッチンタイマーを握りしめながら、給油所の混雑状況を刻々と伝えてくれた嶋田貴之と天野隆一のふたり。
DSCF5207
給油後はキッチンタイマーを持ってピットへ走り、大声でピットアウトへ向けたカウントダウン始める姿は我がチームではお馴染みの光景。
DSCF5210

そして、司令塔付きの小山純、梶田裕吾、大俣克興の3名。

小山がブレインメンバー全員の動きに目を光らせてくれたことが統率されたチームの雰囲気を作ってくれた。
DSCF5211

梶田は昨年までのドライバーへのヘルプに加えて、今年は司令塔でタイミングモニターからの情報を整理する役割も担ってくれた・・大活躍だった。
ebi3


大俣は広報活動や清掃を行う。
ebi4

そして、会社のブレインメンバーへの最高の研修プログラムを提供してくれたCS研究所の浜田先生、ありがとう。
ebi2


3年前から我々のチームの幸運の女神の舞ちゃん、遠くから応援にやってきてくれてありがとう!
IMG_4605

我が社からもレースクイーンズのふたりが・・青木さん、酒井さん、熱い声援をありがとうございました。
写真 2018-06-30 14 23 38

チームの皆と喜びをかみしめる表彰式。
IMG_4563

そして、歓喜のシャンパンファイト・・
IMG_4586

この日の最後は、3日間苦楽をともにした13番ピットでヴァーサスレーシングの僚友7号車のメンバーと記念写真。
写真 2018-07-01 18 58 27

7号車は153周して総合4位。
惜しくも表彰台へ上がれなかったけど、来年は一緒に上がりましょう・・
もちろん、僕たちが壇上では上だからね!!