舞鶴(まいづる)という優美な名の町は日本海に面した若狭湾の奥のさらに入江になったところにあります。
この日、冬の日本海は波も高く荒れていましたが、舞鶴の港はとても静かなものでした。

明治になると、日本海側唯一の軍港として整備され、海軍の重要な基地となります。現在も海上自衛隊の基地として活かされています。

港を見下ろす丘に『引揚記念公園』が作られ、その一角に『舞鶴引揚記念館』があります。

IMG_9407

エントランスからタイムトンネルをくぐると、そこでは引き揚げに伴う数々の苦難の歴史を知ることが出来ます。

『引き揚げ』という言葉や歴史が風化してゆく時代かもしれませんが、若いカップルや家族連れの方々がこの『引揚記念館』に足を運ぶ姿を見ると、明日の平和への希望となってゆくような気持ちとなりました。

IMG_3134



舞鶴という港町は、横須賀、呉、佐世保というかつて海軍があった町と同様の雰囲気を感じます。
しかし、横須賀や佐世保の町から受けるインターナショナルな感はなく、日本的な静かな佇まいを思います。


IMG_9409

この町には、
旧日本帝国海軍が建造した赤レンガ倉庫群12棟が今でも残り、これらは国の重要文化財及び近代化産業遺産の一つに数えられています。


IMG_3142

現在この赤レンガ倉庫群は、
『舞鶴赤レンガパーク』として広く一般に公開活用されています。映画のロケ地としてもお馴染みですね。
やはり倉庫という建物はいいですね。
好きです(笑)

InFrame_1718068099722

mai